本編 1時間56分
デジタル
カラー
テルマ 字幕 
 thelma
●監督:ヨアキム・トリアー(『母の残像』)●出演:エイリ・ハーボー(『キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神』)/カヤ・ウィルキンス/ヘンリク・ラファエルソン/エレン・ドリト・ピーターセン)●第90回アカデミー賞&第75回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ノルウェー代表作●2017年/ノルウェー・フランス・デンマーク・スウェーデン

少女の中の“願い(タブー)”が目を醒ます

胸躍る青春の扉を開け、大人への階段を上り始めた少女テルマ。だが、その先には想像もしなかった“見知らぬ自分”が待ち受けていた。神に背く許されぬ初恋は、封印されたはずの“恐ろしい力”を呼び起こす――ラース・フォン・トリアーの遺伝子を受け継ぐ鬼才ヨアキム・トリアー監督が放つ、美しくも恐ろしいイノセントホラー。

■ノルウェーの人里離れた田舎町で、信仰心が深く抑圧的な両親のもとで育てられてきた少女テルマ。なぜか彼女には幼少期の記憶がなかった。オスロの大学に通うため、親元を離れ一人暮らしを始めたテルマは、奔放な同級生アンニャに惹かれていく。それはテルマにとって初めての恋であった。一方のアンニャも、どこか他人とは違う魅力を秘めたテルマに惹かれていく。そしてある時、二人は口づけを交わすのだが、厳しい戒律のもとで育てられたテルマは激しい罪悪感に苦悩する。だが、それは封印されたはずの“恐ろしい力”を解放するスイッチだった。

テルマは不可解な発作に襲われるようになり、その度に周囲で不気味な出来事が起こる。そしてある日、アンニャが忽然と姿を消してしまう。やがて、両親が隠し続けてきたテルマの悲しき過去が明かされる。なぜ、父親は幼いテルマを殺そうとしたのか?テルマの発作とアンニャの失踪の関係は?はたして、テルマが秘めた“恐ろしい力”とは――。











































本編 1時間47分
デジタル
カラー
えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。
 echitetsu monogatari -watashi kokyo ni kaettekimashita-
●監督:児玉宜久(『妻の恋人』)●出演:横澤夏子/萩原みのり(『ハローグッバイ』)/山崎銀之丞(『サニー/32』)/笹野高史(『武士の一分』)/松原智恵子(『ゆずの葉ゆれて』)●2018年/日本

笑顔と涙を乗せて、人生が再び走り出す――

福井県からお笑いタレントを目指し上京するもまったく売れない山咲いづみは、友人の結婚式に出席するために帰郷し、その披露宴でえちぜん鉄道の社長からアテンダントにスカウトされ――お笑いタレントの横澤夏子が映画初主演。福井県えちぜん鉄道を舞台にした、泣いて笑える人間ドラマ。

■「人を笑顔にしたい」という夢を抱き、お笑いタレントを目指し福井から上京した山咲いづみ。しかし、コンビを結成するもまったく売れず解散寸前に。そんな心が折れそうな時、友人の結婚式で帰郷し、披露宴で出会ったえちぜん鉄道の社長・越智からアテンダントにスカウトされ、新しい道を歩みだす。

血のつながらない兄・吉兵の家族が住む実家で居候を始めるが、自分が養女だというわだかまりを抱き続けるいづみは、兄とギクシャクした関係のまま。職場では腰掛け的な態度が出てしまい空回りが続き、整備士の南部がいづみの心のオアシスになっていた。そんななか、列車内である事件が起る。その時、いづみがとった行動は…。












































本編 1時間17分
デジタル
カラー
マイ・サンシャイン 字幕 
 kings
●監督:デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン(『裸足の季節』)●出演:ハル・ベリー(『チョコレート』)/ダニエル・クレイグ(『007 スペクター』)/ラマー・ジョンソン/カーラン・ウォーカー/レイチェル・ヒルソン●2017年/フランス・ベルギー

なによりも大切な家族。私の太陽。

1992年、サウスセントラル。ただ一緒にいられるだけで良かった――家族と暮らせない子どもたちを育てているミリーと、彼女たちを見守る隣人オビー.。ロサンゼルス暴動に巻き込まれた彼らを通して、人種偏見の問題を描くヒューマン・ドラマ。

■1992年、ロサンゼルス・サウスセントラル。家族と暮らせない子どもたちを育てているミリー。貧しいながらも、ミリーの愛情は光に溢れ、誰もが居場所を見つけていた。隣人のオビーは騒々しいミリーたち家族に文句をつけながらも、陰ながら彼女たちを見守っている。しかし、黒人が犠牲になった事件に対し不当な判決が出たことから暴動が始まり、ささやかに暮らしていたはずの彼らの生活にも変化が訪れる…。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
バグダッド・スキャンダル 字幕
 backstabbing for beginners
●監督:ペール・フライ(『ストックホルムでワルツを』)●出演:テオ・ジェームズ(『アンダーワールド』)/ベン・キングズレー(『ガンジー』)/ジャクリーン・ビセット(『ブリット』)/レイチェル・ウィルソン●2018年/デンマーク・カナダ・アメリカ

200億ドルの巨額マネーはどこへ消えた?

国連史上最悪の政治スキャンダルがこれだ――イラク戦争直前の2000年代初頭。経済制裁が敷かれ、困窮が続くイラク市民を救うため、国連がイラクの石油を管理し、その販売金で食料を買い市民に配給するという目的で始められた人道支援計画。しかし、その裏で総額640億ドルという巨額の予算のため賄賂や不正が横行した。この未曾有の汚職事件に迫るポリティカル・サスペンス。

■2002年。24歳のアメリカ人青年マイケルは、念願だった国連事務次長の特別補佐官に任命され、国連が主導する“オイル・フォー・フード”プロジェクトを担当することになった。これはイラクがクウェートに侵攻したことによる経済制裁の影響で、貧困にあえぐイラクの民間人を救う人道支援計画。国連の管理の元でイラクの石油を販売し、食料に変えてイラクの国民に配る。一見理想的な政策に見えるこのプロジェクトに実はフセイン自身が関与し、国連を中心とした世界各国の企業や官僚機構がかかわっていることを知る。やがて世界に例を見ない巨額の詐欺事件に発展していくのであった――。












































本編 1時間35分
デジタル
カラー
負け犬の美学 字幕
 sparring
●監督・脚本:サミュエル・ジュイ●出演:マチュー・カソヴィッツ(『裏切りの戦場 葬られた誓い』)/オリヴィア・メリラティ/ソレイマヌ・ムバイエ/ビリー・ブレイン●2017年/フランス

人生を踊れ!

負けっぱなしの父が、最後のリングで娘に伝えたかった思いとは――40代半ばの中年ボクサーが、娘の夢を叶えるために危険なスパーリングパートナーとして奮闘するさまを描き出す。愛する家族のため、そして男として自らの信念を貫く生きざまに涙が溢れる感動作。

■40代半ばを迎え盛りをすぎた中年ボクサー、スティーブ。たまに声のかかる試合とバイトで家族をなんとか養っていたが、ピアノを習ってパリの学校に行きたいという娘の夢を叶えたい一心で、誰もが敬遠する欧州チャンピオンのスパーリングパートナーになることを決意する。

ボロボロになりながらも何度でも立ち上がり、スパーリングパートナーをやり遂げたスティーブにチャンピオンからある提案が舞い込む。そしてスティーブは愛する家族、そして自身の引き際のために最後の大勝負に出る。引退試合のリングで父として娘に伝えたかった思いとは――?












































本編 1時間21分
デジタル
カラー
オンネリとアンネリのふゆ 字幕
 onnelin ja annelin talvi
●監督・脚本:サーラ・カンテル(『オンネリとアンネリのおうち』)●出演:アーヴァ・メリカント(『オンネリとアンネリのおうち』)/リリャ・レフト(『オンネリとアンネリのおうち』)/エイヤ・アフヴォ(『オンネリとアンネリのおうち』)/ヤッコ・サアリルアマ(『オンネリとアンネリのおうち』)/ヨハンナ・アフ・シュルテン(『オンネリとアンネリのおうち』)●2015年/フィンランド

ふたりだけの秘密のおうちにやってきた、小さな訪問者たち。

オンネリとアンネリのもとに、こびとの一家がやってくる。ふたりは、悪い人間たちから逃げているというこびとの一家をドールハウスに匿うが――北欧から届いた、ちょっぴりおませな女の子たちと、ちっちゃなこびとたちの、幸せクリスマス。フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミの児童文学を映画化。『オンネリとアンネリのおうち』に続くシリーズ第2弾。

■クリスマスの近づくある日、バラの木夫人から買った小さなかわいいおうちで暮らすオンネリとアンネリのもとに、プティッチャネンというこびとの一族の家族がバラの木夫人をたずねてやってくる。おうちをなくしたこびとの家族は、彼らをつかまえようとする悪い人間たちから逃げているという。そこでふたりは、夫人の居場所が分かるまで、ふたりのドールハウスに家族をかくまうことに。しかし、お金に困っているガソリンスタンド店の夫婦がこびとの家族の存在に気づいて――。












































本編 2時間06分
デジタル
カラー
シシリアン・ゴースト・ストーリー 字幕
 tsicilian ghost story
●監督:ファビオ・グラッサドニア/アントニオ・ピアッツァ●出演:ユリア・イェドリコヴスカ/ガエターノ・フェルナンデス/ヴィンチェンツォ・アマート(『デカメロン』)/ザビーネ・ティモテオ(『夏をゆく人々』)●2017年/イタリア・フランス・スイス

いつも、そばにいるよ やっと、見つけた

1993年、シチリアの村で13歳の少年ジュゼッペが姿を消し、村人たちは沈黙を決め込む。ジュゼッペに想いを寄せていた少女ルナは、彼を隠してしまった闇の世界へと踏み込んで行く――美しい自然の風景とともに描かれる、実際に起きた誘拐事件から紡ぐ寓話的なラブストーリー。

■シチリアの小さな村で、13歳の少年ジュゼッペが突然、姿を消した。彼に思いを寄せていた同級生の少女ルナは、謎だらけの失踪を受け入れられず、村の誰もが従う沈黙の掟に抗ってゆく。ジュゼッペを探すため、ルナは不思議な湖にある入り口から、彼を飲み込んでしまった闇の世界へと下ってゆく。彼女をこの世界に戻せるのは、二人の不滅の愛だけ――。












































本編 1時間47分
デジタル
カラー
台北暮色 字幕
 missing johnny
●監督・脚本:ホアン・シー●出演:リマ・ジタン/クー・ユールン(『台北の朝、僕は恋をする』)/ホアン・ユエン●2017年/台湾

どこまでも孤独、どこまでももろく、どこまでも強く。

反射する暮色の街〈台北〉に、いま、生きている。女と、男と、少年――ホウ・シャオシェンは言った。「台北の現在の姿を描けたのは、『台北ストーリー』のエドワード・ヤン以来だ」と。ホウ・シャオシェンの現場で映画を学んできた女性監督、ホアン・シーのデビュー作品。台北の街、地、鉄道、道路、そこに降る雨、そこにある水たまり、その美しさ。そこに生きる人、家族、その強さ。もろくも孤独な魂たちが、美しく、強く結ばれるときが映し出される。

■車で生活する中年の男。人と混じり合えない少年。「ジョニーはそこにいますか?」という間違い電話を何度も受ける独り暮らしの女。そんな3人が孤独の中、出逢い、また、新しい未来が見えてきたとき、彼女の思いがけない過去が明らかになっていく ──。台北の<暮色>。物語のクライマックス、そこに、何を見るのか ──。












































本編 1時間33分
デジタル
カラー
ジュリアン 字幕
 jusqu'a la galde
●監督:グザヴィエ・ルグラン●出演:レア・ドリュッケール(『イン・マイ・スキン/人には言えない、私が本当にしたいこと 』)/ドゥニ・メノーシェ(『疑惑のチャンピオン』)/トーマス・ジオリア/マティルド・オネヴ●第74回ベネチア国際映画祭 最優秀監督賞(銀獅子賞)受賞●2017年/フランス

ジュリアンは母親を守るため、必死で嘘をつく

家族は、衝撃の結末を迎えた――フランス映画界の新しい才能、グザヴィエ・ルグラン監督、衝撃の長編デビュー作。離婚した父と母の間で揺れ動く息子ジュリアンの苦悩を描きながら、張り詰めた緊張感が終始途切れず最後まで続き、観る者を圧倒する。車の音、エレベーターの音、暗闇など、身近な物音を効果的に使った傑作サスペンス。

■両親が離婚したため、母ミリアム、姉と暮らすことになった11歳の少年ジュリアン。離婚調整の取り決めで親権は共同となり、彼は隔週の週末ごとに別れた父アントワーヌと過ごさねばならなくなった。母ミリアムはかたくなに父アントワーヌに会おうとせず、電話番号さえも教えない。アントワーヌは共同親権を盾にジュリアンを通じて母の連絡先を突き止めようとする。ジュリアンは母を守るために必死で父に嘘をつき続けるが、それゆえに父アントワーヌの不満は徐々に溜まっていくのであった。家族の関係に緊張が走る中、想像を超える衝撃の展開が待っていた――。












































本編 2時間19分
デジタル
カラー
ポルトの恋人たち 時の記憶 
 poruto no koibitotachi
●監督:舩橋淳(『谷中暮色』)●出演:柄本佑(『素敵なダイナマイトスキャンダル』)/アナ・モレイラ(『熱波』)/アントニオ・ドゥランエス/中野裕太(『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』)●2018年/日本・ポルトガル・アメリカ

あの日、あの場所で、私たちはまた出逢う

18世紀ポルトガル、21世紀日本。時代をこえた愛と復讐の記憶たち――どちらの時代もあらがえぬ運命よって引き裂かれ、その挙げ句に恋人を殺害された女。その恨みを晴らすために選んだ手段は、思いもよらぬものだった…。3人のキャストがそれぞれ1人2役に挑んだ異色のラブミステリー。

■18世紀リスボン大震災後のポルトガル。復興事業のためにインドからつれてこられた日本人召使の宗次と四郎。屋敷で働く雑役女中、マリアナと通わす宗次だったが、理不尽な雇い主にたてついたことで銃殺されてしまう。21世紀東京オリンピック後の日本。工場縮小に伴い、リストラされ夢破れた日系ブラジル人の幸四郎は、ポルトガル人の妻マリナを残し自死を選ぶ。リストラ宣告をくだしたのは加勢柊次だった…。












































本編 1時間32分
デジタル
カラー
イット・カムズ・アット・ナイト 字幕 
 it comes at night
●監督・脚本:トレイ・エドワード・シュルツ●出演:ジョエル・エドガートン(『ラビング 愛という名前のふたり』)/クリストファー・アボット/カルメン・イジョゴ(『ブルーに生まれついて』)/ケルビン・ハリソン・ジュニア/ライリー・キーオ(『アンダー・ザ・シルバーレイク』)●2017年/アメリカ

外には恐怖。中には狂気。

夜襲い来る“それ”の感染から逃れるため、ある一家が森の奥深くにある一軒家に、外界との接触を断ちひっそりと暮らしていた。しかしある日、そこに別の家族が助けを求めて転がり込んでくる。そしてある夜、固く閉ざされていた禁断の赤いドアが開き、彼らの静寂が破られる――『イット・フォローズ』製作陣が仕掛ける、極限の心理スリラー。

■森の奥深く。ポール一家が夜にやってくる“それ”の感染に怯えながらひっそりと暮らしていた。ある夜、一家の元にウィル一家が助けを求めてやってきた。迎え入れられた新しい家族とともに、初めて一つのテーブルを囲んだ夜、ポールはこの家のルールを話し始める。それは夜来る“それ”の感染を防ぐために「夜、入口の赤いドアは常にロックする」こと。この決まりに従うことを条件に、彼らを受け入れることにしたのだ。

交流が増えるにつれ、互いに心を開き、上手く回り始めたかに見えた集団生活だったが、ある夜、赤いドアが開け放たれていたことが発覚。誰かが感染したことを疑うも、今度はポール一家の犬が何者かによる外傷を負って発見され、さらにはある人物が不可解な発言を口走る…“それ”の正体とは一体何なのか?疑心暗鬼に陥った彼らは、予想だにしない結末へと突き進んでいく――。












































本編 1時間40分
デジタル
カラー
北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ 字幕
 liberation day
●監督:ウギス・オルテ/モルテン・トローヴィク●出演:ライバッハ(『アイアン・スカイ』音楽)●2016年/ノルウェー・ラトビア

世界一クレイジーなバンド、世界一閉ざされた国に現る!

2015年8月15日。北朝鮮の祖国解放70周年記念日に招待された“初”の海外ミュージシャン。それは、ナチスを彷彿させるパフォーマンスで物議を醸すロックバンド、ライバッハだった――スロベニア出身のインダストリアル・ロックバンドが奇跡のライブ実施に至るまで、悪戦苦闘の1週間を追ったロックなドキュメンタリー。

■ライバッハ一行を北朝鮮側で待ち受けていたのは、予想を越える厳しい監視体制だった。着いた初日から空港でコンサート用のデータを没収され、北朝鮮政府が世界中から集めたライバッハに対する厳しい批評記事を読み上げられる。常に誰かに監視されているようで、ライバッハはもちろん、北朝鮮のコーディネーター、リさんも気が休まる暇がなかった。

それでも、ライバッハは何とかコンサートを成功させようと、ミーナがチマチョゴリを着て北朝鮮の最新ヒット曲「行こう白頭山へ」や国民的民謡「アリラン」のカヴァーを歌うアイデアを思いつき、平壌の音楽学校からやってきた少女達とリハーサルに励んだ。彼女達の美しい歌声を聴いて感動するメンバー。また、一人歩きは厳禁!と言われているにも関わらず、ホテルを抜け出して町を散策したイヴァンは「ここはユートピアだ」と呟く。彼らは、これまで自分達が北朝鮮に対して抱いていたイメージとの違いに驚いていた。

しかし、コンサートをめぐる厳しい現実は相変わらない。公演日の2日前になって、北朝鮮の検閲官からコンサートで使う映像に細かくダメ出しをされて、映像スタッフは突貫工事で映像を修正することに。曲に対しても検閲は厳しく、「行こう白頭山へ」のカヴァーではミランのパートの歌い方が不評で、「観客が怒り出すかもしれない」と忠告されてしまう。タイムリミットが刻々と迫るなか、なかなか許可がおりないために演奏できる曲はどんどん少なくなり、解決すべき問題は山積み。さらに韓国と北朝鮮の間で重大事件が発生する。果たしてライバッハは無事ステージに立つことができるのか…。












































本編 2時間01分
デジタル
カラー
メアリーの総て 字幕 
 mary shelly
●監督:ハイファ・アル=マンスール(『少女は自転車にのって』)●出演:エル・ファニング(『パーティで女の子に話しかけるには』)/ダグラス・ブース(『ゴッホ-最期の手紙-』)/ベル・パウリー(『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』)/トム・スターリッジ(『オン・ザ・ロード』)/スティーヴン・ディレイン(『GOAL!2』)●2017年/イギリス・ルクセンブルク・アメリカ

「不幸」に抱かれ、「死」に口づけられ、世紀の傑作を産んだ。

英文学史上最も若く、最もセンセーショナル。18歳で「フランケンシュタイン」を書き上げたメアリー・シェリー。なぜ彼女は孤独な〈怪物〉を産み落としたのか――英文学史に名を残す女流作家でありながら、これまでヴェールに包まれてきた彼女の波乱に満ちた人生を初めて映画化。哀しくも美しい人生ドラマ。

■19世紀、イギリス。作家を夢見るメアリーは、折り合いの悪い継母と離れ、父の友人のもとで暮らし始める。ある夜、屋敷で読書会が開かれ、メアリーは“異端の天才詩人”と噂されるパーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれ合う二人だったが、パーシーには妻子がいた。

情熱に身を任せた二人は駆け落ちし、やがてメアリーは女の子を産むが、借金の取り立てから逃げる途中で娘は呆気なく命を落とす。失意のメアリーはある日、夫と共に滞在していた、悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれる彼女の中で、何かが生まれようとしていた──。












































本編1 時間59分
デジタル
カラー
迫り来る嵐 字幕
 the rooming storm
●監督・脚本:ドン・ユエ●出演:ドアン・イーホン/ジャン・イーイェン(『修羅の剣士』)/トゥ・ユアン(『草ぶきの学校』)/チェン・ウェイ/チェン・チュウイー●第30回東京国際映画祭 最優秀男優賞/芸術貢献賞 W受賞●2017年/中国

真実は目の前でこぼれ落ちる――

1997年、小さい町で起きた連続女性猟奇殺人事件。捜査に取り憑かれた男の運命――香港返還が近づく90年代後半、経済発展に向けて中国社会が激変し、古き良き工場文化は廃れ、人々は心の拠り所を失っていた。そんな時代を象徴するようなダークで重厚な迫力に満ちた本格サスペンスかつ、殺人事件を追うことで時代に取り残され、事実から目を背けようとする男の切ないドラマ。

■1997年。中国の小さな町の古い国営製鋼所で保安部の警備員をしているユィ・グオウェイは、近所で起きている若い女性の連続殺人事件の捜査に、刑事気取りで首を突っ込み始める。警部から捜査情報を手にいれたユィは、自ら犯人を捕まえようと奔走し、死体が発見される度に事件に執着していく。 ある日、恋人のイェンズが犠牲者に似ていることを知ったユィの行動によって、事態は思わぬ方向に進んでいく…。果たして、ユィに待ち受ける想像を絶する運命とは――。












































本編 1時間39分
デジタル
カラー
バルバラ セーヌの黒いバラ 字幕
 barbara
●監督・脚本:マチュー・アマルリック(『さすらいの女神〈ディーバ〉たち』)●出演:ジャンヌ・バリバール(『ランジェ公爵夫人』)/マチュー・アマルリック(『潜水服は蝶の夢を見る』)/ヴァンサン・ペイラニ/オロール・クレマン(『ゴダールのマリア』)/グレゴワール・コラン(『七夜待』)●2017年カンヌ国際映画祭 ある視点部門“ポエティックストーリー賞”受賞●2017年/フランス

私には愛という翼がついている――。

人生とは愛であり、哀しみであり、歓びである――「黒いワシ」「ナントに雨が降る」などの名曲で知られ、1950年代からシャンソン界の女王として君臨したフランスの伝説的歌手バルバラ。彼女を主人公にした映画の製作に情熱を注ぐ主演女優と映画監督の姿を描き、実際のステージ映像を交えながら、謎に満ちた彼女の人生をたどる、熱情の愛のドラマ。

■フランス、パリ。撮影スタジオでは、フランスを代表する国民的シャンソン歌手バルバラを描く映画の撮影準備に入っていた。主演はブリジット。監督はイヴ。ブリジットは役作りのため、憑かれたようにバルバラの仕草や表情をまねる。わずかな口角のあげ方、手先の動き、もちろんその特徴のある歌声。やがて、誰も演じえないと言われていた伝説の歌手が、カメラの前に姿を現すのだった。

一方、イヴはバルバラが歌ったキャバレーや劇場での証言を集め、彼女の人生に足を踏み入れていく。少年のころに出会った彼女の曲に救われた経験のあるイヴは、映画監督という立場を超えて、ブリジット演じるバルバラに憑りつかれていき、自分を見失っていくのだった。

その生涯はツアーの連続で、自分の家をもたなかったバルバラは、映画の最後にこう語る。 「ステージは、わたしの船」と――。 愛を求め、しかしその愛に苦しんだ永遠の旅人、バルバラ。彼女の名曲は永遠に色褪せることはなく、今日もどこかで耳にする。バーのカウンターで泣く男の耳元にも、それは届くのだった――。












































本編 1時間57分
デジタル
カラー
ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。
 bokuwaboku, kujirawakujirade, oyoideiru.
●監督:藤原知之●出演:矢野聖人(『サクラサク』)/武田梨奈(『海すずめ』)/岡本玲(『憐 Ren』)/末野卓磨(『十年愛』)/秋吉織栄●2018年/日本

へこたれない。だって、夢がある。

クジラしかいない博物館の未来を、クジラバカの新人トレーナーが背負ってしまった!――和歌山県に実在するクジラだけを飼育している「太地町立くじらの博物館」を舞台にした人間ドラマ。

■くじらしか飼育されていない、和歌山県南部にある「太地町立くじらの博物館」。来客も増えず、次々に飼育員が辞めていく中、館長は、経験豊富なベテランスタッフから強い反対を受けても、飼育員リーダーに純粋にくじらを愛する青年・鯨井太一を任命する。東京の水族館からピンチヒッターとして呼ばれた白石唯や、学芸員の間柴望美ら、同僚たちの中にも懸命に太一をサポートする人も現れるが、皆を悩ませていたのは来客が少ないことだった。そんな中、博物館を盛り上げるために太一は、スタッフの手作りによる「くじらまつり」を行うことを思いつく。しかし、開催を目前に控えたある日、「くじらまつり」中止の危機が訪れる…。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
いつだってやめられる 闘う名誉教授たち 字幕
 smetto quando voglio-ad honorem
●監督・脚本:シドニー・シビリア(『いつだってやめられる』シリーズ)●出演:エドアルド・レオ(『いつだってやめられる』シリーズ)/グレタ・スカラーノ(『いつだってやめられる』シリーズ)/ヴァレリア・ソラリーノ(『いつだってやめられる』シリーズ)/ヴァレリオ・アプレア(『いつだってやめられる』シリーズ)/パオロ・カラブレージ(『ある天文学者の恋文』)●2017年/イタリア

集結!団結!完結!

文句なしのグランドフィナーレ。落ちこぼれ教授たちの最後の名誉挽回劇――世界各地に点在する、定職に就けない博士、教授=“ポスドク”たち。彼らのリベンジを痛快なコメディで描き、イタリアで大ヒットとなった『いつだってやめられる』。本作は3部作の最終章として、不遇で落ちこぼれの犯罪者集団が最後の名誉挽回に向かって闘った少し切ないコメディ。

■神経生物学者・ピエトロは、最大のライバルであるヴァルテルが神経ガスを開発して大量殺りくを企てていると知る。服役中のピエトロはかつて研究施設で起きた大爆発の犠牲となった科学者が、今は犯罪組織のボスと知らされ接触を図る。ヴァルテルもまたこの爆発事故の犠牲者であり、恋人まで失っていたのだ。神経ガス開発がその復讐と気づき、その大量殺りくを阻止しようと、彼らは脱獄して動き出したが、果たして、その先で見たものは…。












































本編 1時間19分
デジタル
カラー
バスキア、10代最後のとき 字幕
 boom for real: the late teenage years ob jean-michel basquiat
●監督:サラ・ドライバー(『豚が飛ぶとき』)●出演:アレクシス・アドラー/ファブ・ファイブ・フレディ(『スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-』)/リー・キュノネス●2017年/アメリカ

すべては、ニューヨークからはじまった――

アートを凌駕し、ファッション、音楽をも刺激する天才アーティストは、どのように生まれたのか?没後30年の今、その秘密に迫る――アンディ・ウォーホルにインスピレーションを与え、一流のアート・コレクターでもあるデヴィッド・ボウイのコレクションにも名を連ねた天才画家ジャン=ミシェル・バスキア。27歳という若さでこの世を去ってから30年。まだ名声を得る前、1970~80年代の社会やムーブメントに焦点を当て、初期の作品や影響を受けた詩や音楽を交えながら、アーティストとして活躍していく姿に迫る最新ドキュメンタリー。

■1978年、18歳のバスキアは、ニューヨーク、イースト・ビレッジで路上生活をし、友人の家のソファで寝ていた。後に新時代を代表するアーティストとなり、27歳でこの世を去った画家だ。破綻し暴力に溢れた1970~80年代のニューヨークのムーブメント、政治、ヒップホップ、パンクロック、人種問題、ファッション、文学、アート・シーン…それらすべてが彼の心を動かし、彼をアーティストとして育てていった。名声を得る前のバスキアの生活や、ニューヨークとその時代を追い、どのように天才アーティストが生まれたか、その真実に迫る。












































本編 1時間38分
デジタル
カラー
レディ in ホワイト
 lady in white
●監督:大塚祐吉(『罪の余白』)●出演:吉本実憂(『ゆめはるか』)/波岡一喜(『おかあさんの木』)/矢本悠馬(『ポンチョに夜明けの風はらませて』)/笛木優子(『ジャンプ』)/宮川浩明(『罪の余白』)●2018年/日本

毒には毒で、クズにはゲスで

クズ新人vsゲス上司。有毒社員たちの仁義なき戦いがいま始まる!――苦労知らずのお嬢様新入社員が、パワハラ全開のエリート上司との闘いを通して成長していく、最高にムカついて最高に笑える猛毒フレッシャーズ・コメディ。

■社長令嬢・彩花は、何不自由なく育ち、何事にも物怖じしない強気な態度、そして何色にも染まらない、生粋の名古屋嬢。就活でも高飛車な発言と奇抜なファッションで周囲を戸惑わせる彼女は、白が好きな色で、ホワイト企業だからという理由で尾張製作所に就職。企画部に配属されるが、そこは部下は上司に奴隷のようにひたすら従うパワハラ体質のところで、彩花はこれまでに味わったことのない屈辱に直面する。

それでも敬語が使えないどころか指示に従わず、白スーツをキメてやってくる彼女は、部の実質的リーダーでカリスマプレゼンターである翔平と衝突してばかり。社内で厄介者と噂されるようになった彩花はついにクビを宣告され、時同じくして父の会社が倒産。そんな中、社運を賭けたコンペティションに翔平のかつての部下で因縁のライバルが現れる。苦難の中、彩花に女性ならではの企画が託される――。












































本編 1時間49分
デジタル
カラー
彼が愛したケーキ職人 字幕 
 the cakemaker
●監督・脚本:オフィル・ラウル・グレイツァ●出演:ティム・カルクオフ/サラ・アドラー(『ジェリーフィッシュ 』)/ゾハル・シュトラウス/ロイ・ミラー/サンドラ・シャーディー●2018年 オフィール賞(イスラエル・アカデミー賞) 作品賞/監督賞/脚本賞/主演女優賞/編集賞/美術賞/サウンドトラック賞 受賞●2017年/イスラエル・ドイツ

悲しみが、甘い涙に変わるまで

ベルリン、“恋人”を不慮の事故で失った青年。エルサレム、“夫”を亡くした妻。ふたりを結びつけたのは、愛した“同じ男”と甘くてほろ苦いケーキだった――哀愁漂うエルサレムを舞台に、国籍や文化、宗教や性差を超えてめぐり逢う男女の人間賛歌。

■ベルリンのカフェで働くケーキ職人のトーマス。イスラエルから出張でやって来るなじみ客のオーレンといつしか恋人関係に発展していく。オーレンには妻子がいるが、仕事でベルリンに滞在する限られた時間、ふたりは愛し合う。ある日「また一カ月後に」と言ってエルサレムの家へ帰って行ったオーレンから連絡が途絶えてしまう。実は交通事故で亡くなっていたのだった…。

エルサレムで夫の死亡手続きをした妻のアナト。休業していたカフェを再開させ、女手ひとつで息子を育てる多忙ななか、客としてトーマスがやってくる。職探しをしているという彼をアナトは戸惑いながらも雇うことに。次第にふたりの距離は近づいていき…。












































本編 1時間33分
デジタル
カラー
セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー! 字幕
 sergio and sergei
●監督:エルネスト・ダラナス・セラーノ●出演:トマス・カオ/ヘクター・ノア/ロン・パールマン(『ヘルボーイ』)●第7回パナマ国際映画祭 観客賞受賞●2017年/スペイン・キューバ

SOS!!地球に帰れない宇宙飛行士を救え!

東西冷戦末期。ソビエト崩壊により地球に帰れなくなったソ連最後の宇宙飛行士セルゲイ。キューバの無線愛好家セルジオは、大気圏を超えて親友になったセルゲイを救うため、ある奇策を思いつく。世界を驚かせた予想外の大作戦とは!?――実際に起きた奇跡のような出来事を、ソ連の友好国キューバでファンタジックにアレンジ。国境も宇宙も政治も飛び越えた異色のバディ・コメディ。

■1991年。ベルリンの壁崩壊から始まった社会主義陣営崩壊の波は、ソビエト連邦にも達しつつあった。その余波はソ連の友好国であるキューバを直撃し、国民は深刻な経済危機に苦しんでいた。モスクワの大学でで教鞭を執るエリート共産主義者のセルジオですら、食費に事欠く有様だ。アマチュア無線愛好家の彼はキューバでは報道されない不都合な情報をNYの無線仲間ピーターから教えてもらい、生き残る道を探っている。

ソ連の激動に翻弄される男は、宇宙にもいた。ソ連が誇る国際宇宙ステーション「ミール」に長期滞在中の宇宙飛行士セルゲイだ。母国の政変のために帰還無期限延長を宣告され、事情を知らない国民は彼が宇宙連続滞在日数の世界記録(当時)を更新する!と大騒ぎしている。蚊帳の外に置かれたセルゲイは孤独を紛らわすように無線で青い地球に語りかけていた。「CQ CQDX こちらU5MIR」… 聞こえるのは雑音だけだった。

セルジオの苦境を心配したピーターから、最新式無線機が贈られた翌日、つけっぱなしだった無線機から「CQ CQDX こちらU5MIR」の声が。交信は短時間だったが、セルジオは宇宙飛行士と会話できた!と大興奮。セルゲイもロシア語で雑談を交わせるセルジオとの交信につかの間の安らぎを得るのだった。夜な夜な語り合うふたりはいつしか国境も身分も大気圏すら越えて親友になっていた。12月、ソ連は崩壊してロシアとなり、政局も国民も混乱状態に陥る。不安を訴える家族の元へ早く帰りたいと願うセルゲイのために、セルジオは世紀の一大プロジェクトを思いつく。かつて熾烈な冷戦を繰り広げたアメリカをセルゲイ救出作戦に巻き込もうというのだ。果たしてかつての超大国は団結できるのか!?












































本編 1時間53分
デジタル
カラー
私は、マリア・カラス 字幕
 maria by callas
●監督:トム・ヴォルフ●出演:マリア・カラス(『マリア・カラスの真実』)/グレース・ケリー(『上流社会』)/イヴ・サン=ローラン(『イヴ・サンローラン』)/アリストテレス・オナシス(『マリア・カラスの真実』)●2017年/フランス

“マリアとして生きるにはカラスの名が重すぎるの――”

むき出しの魂でうたい、愛した世紀の歌姫(ディーバ)の〈告白〉。紐解かれる未完の自叙伝、封印された手紙、秘蔵映像・音源の数々――伝説的オペラ歌手マリア・カラス。スキャンダルやバッシングの中でも歌い続ける“カラス”と、一人の女性として愛を切望する“マリア”の姿を彼女自身の言葉と歌で綴るドキュメンタリー。

■音楽史に永遠に輝く星となったオペラ歌手マリア・カラス。20世紀最高のソプラノと称された世界にひとつの歌声と、高度なテクニックを自在に操る歌唱力、役柄とひとつになる女優魂、さらにエキゾティックな美貌と圧倒的なカリスマ性で、観衆を虜にした不世出のディーバ。だが1977年9月、パリの自宅で心臓発作により死去。享年53。その人生は壮絶なものであった…。

カラスが書き残した未完の自叙伝の中の文章と未公開の手紙。そこには、連日のようにゴシップ紙の一面を飾った数々のスキャンダルの真相と、カラスの心の叫びが切々と吐露されている。28歳年上の男性との結婚、大統領やセレブも駆け付けたローマ歌劇場の舞台を第1幕で降りたことへの激しいバッシング、カラスに“クビ”を宣告したメトロポリタン歌劇場の支配人とのバトル、ギリシャの大富豪オナシスとの大恋愛と夫との離婚、愛し合っていたはずのオナシスが暗殺されたアメリカ大統領ケネディの未亡人ジャクリーンと結婚したことを新聞で知るという衝撃の顛末…。そこには、スキャンダルやバッシングの嵐の中、プロフェッショナルとしての信念に、倒れても歌うことを諦めなかった壮絶な“カラス”と、ひとりの女性として愛を切望し、心乱され苦悩しながらも全てを受け入れようと変化していく“マリア”の姿があった。












































本編 1時間17分
デジタル
カラー
キックス 字幕
 kicks
●監督・脚本:ジャスティン・ティッピング●出演:ジャキング・ギロリー/クリストファー・ジョーダン・ウォーレス/クリストファー・メイヤー/コフィ・シリボー/マハーシャラ・アリ(『ムーンライト』)●201年/

これは、ただのスニーカーじゃないんだ!

冴えない毎日を送る15歳のブランドンは、必死に小遣いを貯めて手に入れたスニーカーをチンピラに奪われてしまう。友人と共に、その奪回を決意するブランドンだったが――ギャング、麻薬、銃、そして仲間とスニーカー。新鋭ジャスティン・ティッピング監督が実体験を元に、カリフォルニアの闇と、少年が男へと成長する瞬間を描いたニューエイジ・フッドムービー。

■カリフォルニア、リッチモンド。15歳の少年ブランドンは背が低く女子にもモテず、いつもボロボロのスニーカーを履いていてバカにされていた。だが、彼のそんな人生も転機を迎える…はずだった。コツコツ貯めたお小遣いで最強のスニーカー“エア ジョーダン1”を手に入れた! 仲間からは羨望の眼差しで見られ、女子からも気にかけられ、これで自分の人生もイケイケになると思っていたブランドン。だが、そんな最高な時間の終わりは瞬時にやってきた。仲間と別れた帰り道、地元のチンピラに襲われスニーカーを盗られてしまう。ブチ切れたブランドンは、友だち二人を巻き込み、命よりも大切なスニーカーを奪い返しに行くことを決心するが…。












































本編 1時間45分
デジタル
カラー
40万分の1
 40manbun no 1
●監督・脚本:井上博貴(『狂い華』)●出演:副島和樹/立石晴香(『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』)/佐藤輝/久保陽香(『見栄を張る』)/菊池修司●2018年/日本

就活が、青春を終わらせる。

三流大学に通う徹はイケメンだがコミュ障で童貞。恋人にフラれた腹いせに、大手広告代理店への就職を狙っていると嘘をつく。後に引けなくなった徹は、伝説のOBの指導を受けることに――ときに泥臭く成長していく、就活青春エンターテインメント。

■初めて付き合った美人な彼女・真美にフラれてしまった奥手で童貞の徹は、真美の新しい彼氏・大谷に対抗するため、うっかり業界No.1広告代理店の内定獲得を狙っていると、真美に嘘をついてしまう。しかし、漠然と大学生活を送ってきた徹は、三流大学のうえに就活準備ゼロの大学三年生。何から手をつけて良いかすらわからず絶望する徹は、友人から伝説のOB・荻野を紹介される。荻野の奇想天外な就活トレーニングに挑戦していくなかで、社会の厳しさとともに、徐々に「働く」ことに対して真剣に向き合いはじめる徹。果たして、徹の就活と恋の行方は?












































本編 1時間48分
デジタル
カラー
マチルダ 禁断の恋 字幕
 mathilde
●監督:アレクセイ・ウチーチェリ●出演:ラース・アイディンガー(『ブルーム・オブ・イエスタディ』)/ミハリーナ・オルシャンスカ(『ゆれる人魚』)/ダニーラ・コズロフスキー(『VIKING バイキング 誇り高き戦士たち』)/ルイーゼ・ウォルフラム/トーマス・オスターマイアー●2017年/ロシア

最も切なく、最も官能的な、仕掛けられた恋。

滅びゆく帝政ロシア。最後の皇帝が恋をしたのは、男たちを狂わす美しきバレリーナ。最大のスキャンダルにして、最大のタブーが、今、幕を上げる――ロシア国内では「聖人」として神格化されているニコライ2世の禁断の恋とセックスを描いたセンセーショナルな一大ロマンス。

■19世紀ロシア。ロシア帝国の次期継承者ニコライには、イギリスのヴィクトリア女王の孫娘でアリックスという婚約者がいた。ある日、王室の列車が大事故に巻き込まれ、家族を助けようとした父アレクサンドル3世は重傷を負う。ニコライは父の死期とともに王位継承者として自由気ままな生活の終わりを悟るのだった。

ある時、帝国旅団のための競技会で、多くの見物客に交じり華やかなバレリーナたちがいた。その中でもひときわ美貌を放っていたマチルダ・クシェシンスカヤにニコライは釘付けとなる。二人は惹かれあうが、マチルダを一方的に恋い慕うヴォロンツォフ大尉が突然、皇帝に襲い掛かる。嫉妬に狂ったヴォロンツォフは、駆け付けた護衛たちに取り押さえられる。

王位継承者の新しいお気に入りとなり、他のバレリーナたちから激しい嫉妬の対象となるマチルダだったが、どんなときも気高く振る舞っていた。一方、拘束されたヴォロンツォフは拷問されフィッシェル医師の研究室で実験対象となってしまう。彼は、マチルダへの想いに取り付かれ発狂してしまったのだ。一方で王位継承者のニコライとマチルダの情熱的な情事は、宮廷では歓迎されない禁断の恋となっていく。さらに、ニコライの婚約者アリックスはロシア入りし、マチルダというライバルがいることを知り激しい嫉妬と憎悪を燃やすのだった――。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
未来を乗り換えた男 字幕
 transit
●監督・脚本:クリスティアン・ペッツォルト(『あの日のように抱きしめて』)●出演:フランツ・ロゴフスキ(『ヴィクトリア』)/パウラ・べーア(『婚約者の友人』)●2018年/ドイツ・フランス

パリ→マルセイユ。祖国を逃れ、他人の人生を手に入れた男。退路も進路もない逃避行に、終着点はあるのか――

ドイツ軍の侵攻が近づき、ビザ発給を待つ難民であふれかえる「現代」のマルセイユ。故郷を追われた人々が希望のありかを求める――ナチスによる悪夢的史実と現代の難民問題を、1940年を現代に置き換えるという驚くべき発想で重ね合わせたサスペンスフルな野心作。

■現代のフランス。祖国ドイツで吹き荒れるファシズムを逃れてきた青年ゲオルクが、ドイツ軍に占領されようとしているパリを脱出し、南部の港町マルセイユにたどり着いた。行き場をなくしたゲオルクは偶然の成り行きで、パリのホテルで自殺した亡命作家ヴァイデルに成りすまし、船でメキシコへ発とうと思い立つ。

そんなとき一心不乱に人捜しをしている黒いコート姿の女性とめぐり合ったゲオルクは、美しくもミステリアスな彼女に心を奪われていく。しかしそれは決して許されず、報われるはずのない恋だった。なぜなら、そのマリーという黒いコートの女性が捜索中の夫は、ゲオルクが成りすましているヴァイデルだったのだ…。












































本編 2時間00分
デジタル
カラー
ホイットニー オールウェイズ・ラヴ・ユー 字幕
 t
●監督・脚本:ケヴィン・マクドナルド(『消されたヘッドライン』)●出演:ホイットニー・ヒューストン(『ボディガード』)/シシー・ヒューストン/エレン・ホワイト/メアリー・ジョーンズ/パット・ヒューストン●2018年/イギリス

ただ、愛されたいと思っていた――

あの時代、あの瞬間、あの美声は確かにそこに存在していた。あの歌声を、あの笑顔を決して忘れない――世界を熱狂させたアメリカ・ポップシーン史上最高の歌姫ホイットニー・ヒューストン。その知られざる素顔に迫るドキュメンタリー。

■どこまでも伸びる圧倒的な歌唱力を備え、ポップス史上に燦然と輝く奇跡のミューズ、ホイットニー・ヒューストン。80年代から90年代の全盛期、メディアを通して見る彼女は常に溌剌としていて、眩いばかりの笑顔を弾けさせていた。そのパワフルな存在感は、性別、国境、世代、そして人種までをも超えて、同時代を生きた人々に大きな活力を与えた。しかし、『ボディーガード』の成功とボビー・ブラウンとの結婚を境に、薬物問題、複雑な家族問題ばかりが取り沙汰される様になり、48歳という若さで不慮の死を遂げてしまう。いったい彼女に何があったのか?

メディアの前では常に笑顔で陽気なスター、でも心の奥底は傷ついた少女。抱えていた複雑な感情をさらけ出し、波乱万丈な自らの人生と重ね合わせ歌にぶつけ続けた。世間に溢れたゴシップにとらわれることなく、膨大な映像記録を丹念にリサーチし、また初公開となるホームビデオや貴重なアーカイブ映像、未発表音源とともに、家族、友人、仕事仲間などの証言を紡ぎ、彼女の知られざる素顔に迫る。












































本編 1時間27分
デジタル
カラー
アストラル・アブノーマル鈴木さん
 astral abnormal suzukisan
●監督・脚本:大野大輔(『ウルフなシッシー』)●出演:松本穂香(『あの頃、君を追いかけた』)/西山繭子(『千の風になって』)/田中偉登(『アイスと雨音』)/広山詞葉(『青銅の基督』)/谷のばら●2018年/日本

■普通ってやつが一番難しい。

明日はどっちだ?――財政破綻まっしぐら、地獄の様に娯楽がない田舎町で生きるグレート(?)ユーチューバー・鈴木ララの“ジワる”大暴走!その果てに見つけたものとは――TAMA NEW WAVEでグランプリに輝いた新鋭・大野監督が、今最も旬な女優・松本穂香を迎え、ユーモアとオフビートな世界観で贈る、YouTube配信ドラマの再編集ディレクターズカット劇場版。

■鈴木ララは、ブランドもエスカレーターもWi-Fiスポットもない地獄のような田舎町で、Youuberや塾講師として働きながら、のらりくらりと日々を過ごしていた。家族はシングルマザーの久美子と、引きこもりの弟・ルルオ。そんな彼女の元にある日、ディレクターの神野率いるTVクルーが取材にやってくる。ところが突然、取材内容が変更となり…。次第に明らかになる双子の妹の存在。それは、東京で活躍する人気女優・リリだった。それを知った自称“グレートユーチューバー”のララが取った行動とは――。











































本編 1時間24分
デジタル
カラー
ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス 字幕
 westwood: punk, icon, activist
●監督:ローナ・タッカー●出演:ヴィヴィアン・ウエストウッド(『ヴィヴィアン・ウエストウッド』)/アンドレアス・クロンターラー/ベン・ウエストウッド/ジョー・コーレ/パメラ・アンダーソン(『バーブ・ワイヤー ブロンド美女戦記』)●2018年/イギリス

女王の流儀、教えましょう

<デイム>の称号を持つ栄告初のファッションデザイナーが教えてくれる、刺激的な人生のこころざし――英国カルチャーのトップの座に君臨しながら、77歳にして生涯現役を誓うヴィヴィアン・ウエストウッド。そのパワーの秘密に迫る刺激と情熱に満ちたドキュメンタリー。

■2016年ロンドン・ファッション・ウィーク秋冬ショー前夜。ヴィヴィアン・ウエストウッドのアトリエでは、デザイナーとスタッフたちが最終チェックに追われている。デザイナーであるヴィヴィアンは、1枚1枚を細かくチェック、ショー直前まで厳しいダメ出しが続くが、翌日のショーは拍手喝采、大成功を収める。そんななか、60年代から現代に至るまで、数々の伝説を持つヴィヴィアン・ウエストウッドにキャメラが向けられ、自らの波乱万丈な半生について語り始める…。

音楽史を変えたパンクムーブメントを生み出すまでの秘話、デザイナーとしての躍進と挫折、無一文からの再出発。そして世界的人気ブランドとして成功するまでの知られざる道のりが、自由で痛快な名言を織り交ぜながら披露される。また、2度の離婚と25歳年下の公私にわたるパートナーとの関係も、家族の証言で明かされる。さらに、スーパーモデルとして時代を牽引したケイト・モスやナオミ・キャンベル、ファッションエディターのカリーヌ・ロワトフェルドやアンドレ・レオン・タリーら、豪華な顔ぶれが証言者として多数登場。そして2014年に環境保護団体グリーンピースと訪問した北極視察に密着、環境保護アクティヴィストとして精力的に活動するヴィヴィアンの勇姿も映し出される。












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト 字幕 
 modern life is rubbish
●監督:ダニエル・ギル●出演:ジョシュ・ホワイトハウス(『ノーザン・ソウル』)/フレイア・メーバー(『サンシャイン/歌声が響く街』)/ジェシー・ケイブ(『ハリー・ポッターと謎のプリンス』)/ウィル・メリック/マット・ミルン●2017年/イギリス

いつも、音楽が一緒だった。終わりも。始まりも。

終わりから始まる恋のストーリーは、ロンドン発、“泣き虫ギタリスト”が起こす小さな奇跡――90年代「プリットポップ♪」が全盛だった頃のロンドンを舞台に、音楽を通じて知り合った男女の出会いと恋をいきいきと描く青春ドラマ。

■レコード店で「blur」のアルバムを選んでいる時に出会った、リアムとナタリー。リアムは、デジタル化した音楽のダウンロードコレクションを忌み嫌い、昔ながらの「アナログ感」のあるCD、レコードコレクションを大切にしている夢見るミュージシャン。ナタリーは、レコードジャケットデザイナーになる夢をもちながらも夢を諦め、二人の生活を支えるために、広告会社で働くキャリアウーマン。そんなリアムとナタリーは生活のすれ違いにより別れの時を迎える事になる。想い出の品々を整理し、それぞれが選んだ道へ歩みだす二人。

リアムのバンド“ヘッドクリーナー”は伝説の音楽プロデューサー、ザ・カーブと出会い徐々に活動の幅を広げ始め、ナタリーは会社の同僚エイドリアンに惹かれていく。そんな中、“ヘッドクリーナー”にやってきた待望のチャンス。ステージに立ったリアムは即興であの曲の演奏をはじめる。ナタリーと一緒にいた時に書いたあの曲。曲が最高潮に達した時、リムは突如感情を抑えきれず、泣き出してしまう…。












































本編 3時間09分
デジタル
カラー
ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ 字幕
 in jackson heights
●監督:フレデリック・ワイズマン(『パリ・オペラ座のすべて』)●2015年/アメリカ・フランス

ニューヨークがニューヨークであるために、なくてはならない町の今

通りを歩けば英語以外の言葉がたくさん聞こえる。世界中からの移民とその子孫が暮らし、167もの言語が話され、マイノリティが集まり、エスニックな味と多様な音楽があふれる町、ジャクソンハイツ。「ここがニューヨーク?」と聞きたくなるけれど、実はニューヨークがニューヨークであるために、なくてはならない町だ。その理由は?そして今、その町のアイデンティティーが危機に瀕しているとしたら?――巨匠フレデリック・ワイズマンによる“町ドキュメンタリー”の傑作。

■本作でワイズマンの視線はジャクソンハイツのあらゆる場所、あらゆる人に向けられる。教会、モスク、シナゴーグ、レストラン、集会、コインランドリー…。地域のボランティア、セクシャル・マイノリティ、不法滞在者、再開発の波にのまれる商店主たち…。町を徹底して見つめることで、さまざまな人間が見えてくる。社会も歴史も見えてくる。What is ニューヨーク? What is アメリカ?ここに生きる市井の人々は、変化に直面し、時に憤りながら互いの悩みを話し合い、決して希望を諦めない――。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
西北西
 seihokusei
●監督・脚本:中村拓朗●出演:韓英恵(『菊とギロチン』)/サヘル・ローズ(『愛の果実』)/山内優花/林初寒/松村龍樹●2015年/日本

あなたの見つめる世界に、答えを探した

イスラム教徒のナイマの生き方に触れ心の疼きを感じるレズビアンのケイ。やがてケイや恋人のアイ、ナイマの関係性が変化する――痛みも、国境も、ジェンダーも、知らないふりをしたわたしたちの愛の話。性別、国、文化、宗教のボーダーで揺れるマイノリティの女性たちの揺れる心を写し取ったラブストーリー。

■モデルの仕事をしている恋人アイとの関係や自分自身の生き方に不安を感じているレズビアンのケイ。日本画を学ぶ一方でビザや将来的な日本での暮らし、そして同級生との交流について不安を抱くイスラム教徒のイラン人留学生ナイマ。ナイマと出会い彼女の信仰心や生き方に触れたケイの中で、何かが変わりはじめる。三人の関係性は揺らいでいき、それぞれ迫りくる現実と向き合っていく――。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
赤い雪 Red Snow 
 akai yuki
●監督・脚本:甲斐さやか●出演:永瀬正敏(『光』)/菜葉菜(『Bad Moon Rising』)/井浦新(『返還交渉人』)/夏川結衣(『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』)/佐藤浩市(『64 -ロクヨン-』)●2019年/日本

あの雪の日、記憶からも現実からも弟は消えた――

30年前に弟が失踪し心に深い傷を負った兄のもとに、当時事件の容疑者として浮かびながら無罪となった女の娘が見つかったとの知らせが入り、運命が動き始める――10年に1本と言われた脚本に日本映画界屈指の俳優陣が集結。人の記憶の曖昧さを浮き彫りにしたサスペンス。

■ある雪の日、小さな村で一人の少年が忽然と姿を消した。少年と一緒にいた兄・白川一希は、自分のせいで弟を見失ったと思い、心に深い傷を負う。一希の曖昧な記憶に捜査は混乱するが、やがて少年誘拐の容疑者として江藤早奈江が浮かび上がる。他に何件もの殺人容疑がかかるが、早奈江は完全黙秘。ついには無罪となる。

それから30年後、事件の真相を追う記者・木立省吾が容疑者だった早奈江の一人娘・早百合を見つけ出し、さらに一希のもとを訪ねてくる。被害者の兄と容疑者の娘。一つの事件により心に傷を負った人間の曖昧な記憶をたどるうちに垣間見えた真実が、それぞれの運命を思わぬ方へ動かしていく――。












































本編 1時間34分
デジタル
カラー
ピアソラ 永遠のリベルタンゴ 字幕
 astor piazzolla inedito
●監督:ダニエル・ローゼンフェルド●出演:アストル・ピアソラ(『ラテンアメリカ 光と影の詩』音楽)/ダニエル・ピアソラ●2017年/フランス・アルゼンチン

自由に粋に音楽で人々を魅了したタンゴ界の革命児

名曲リベルタンゴの生みの親、アストル・ピアソラ。バンドネオンの音色の中で、時代に、そして音楽に、闘いを挑んだ男の生き様が見えてくる――アルゼンチン・タンゴに革命を起こしたアストル・ピアソラ。タンゴの枠を超えて世界中で演奏されるピアソラの音楽は、どこから産まれたのか。没後25周年となる2017年に母国アルゼンチンで開催された回顧展にあわせ製作された、彼の功績と家族の絆を紡いだドキュメンタリー。

■ピアソラはアルゼンチン出身の作曲家・バンドネオン奏者。アルゼンチン・タンゴの前衛派として1940年代から活躍し、踊るためのタンゴから聴くためのタンゴに転化させた先駆者で、「ロコへのバラード」「リベルタンゴ」などのヒット曲を送り出した。新しいタンゴを厳しい態度で批判するタンゴ純粋主義者やメディアと闘い、正当な評価が受けられないストレスから一時はタンゴを捨てたピアソラ。そんな彼を献身的に支えた妻と、尊敬の眼差しで見つめる子供たち。

本作では、8mmフィルムで撮影された家族の日常や趣味の鮫釣りの映像を始め、ピアソラの自伝を執筆した娘のディアナが録音したピアソラへのインタビュー音声など、未公開の素材を選りすぐり、けんかっ早くてお茶目なピアソラのもうひとつの素顔に迫る。また、ツアー先などで行われた各国のインタビュー映像やライブ映像に加え、彼のタンゴを酷評する評論家と電話で口論する生々しい肉声も収録。辛く厳しい闘いの日々を想起させる。












































本編 1時間30分
デジタル
カラー
シンプル・ギフト はじまりの歌声
 daddy long legs
●監督:篠田伸二●ナレーション:紺野美沙子(『姉妹坂』)●2017年/日本

悲しみに負けないキミへ、神様からの贈りもの。

あしなが育英会創設者の玉井は、アフリカ・ウガンダの親を失くした子どもたちが、N.Y.ブロードウェイの舞台に立って歌い踊るという奇想天外なプロジェクトを思いつく。その夢に、同じ境遇にある東北の津波遺児が合流。子どもたちは、音楽やダンスを楽しむことを覚え、自分が誰かにチカラを与えられるうれしさを感じ始める――パリでデビューし、多くの国の観客を感動させた愛と再生のドキュメンタリー。

■たいせつな家族と暮らす毎日、自分が生きていく場所。それが、神様からのシンプル・ギフト――エイズで親を失くしたアフリカの子どもたちと、津波に親を奪われた東北の子どもたち。その出会いは、運命的だった。子どもたちは互いの悲しみを共有し、音楽や文化の違いを乗り越え、力を合わせて歌や演奏、踊りの練習に打ち込んでいく。彼らは奇跡的な成長を見せ、悲しみに溢れていたその瞳にも輝きが灯り始めた。やがて、舞台の幕が上がる日。はたして、子どもたちの受け取る<シンプル・ギフト>とは?












































本編 1時間43分
デジタル
カラー
あまのがわ
 amanogawa
●監督・脚本:古新舜(『ノー・ヴォイス』)●出演:福地桃子/柳喬之(『劇場版 仮面ライダーゴースト -100の眼魂とゴースト運命の瞬間-』)/吉満寛人(『みんな好いとうと♪』)/マツモトクラブ(『ヴィヴィアン武装ジェット』)/住岡梨奈●2018年/日本

心を無くした彼女は、身体を無くした彼と、旅に出る

親との葛藤に悩み不登校となる女子高生が、全身が不自由な青年の操るロボットと旅に出る――鹿児島、屋久島を舞台に、困難やトラブルに見舞われながら、自分自身の心を探す様を描いたヒューマンドラマ。

■主人公の史織は東京生まれの高校生。周りの子から目立たないように、いつも周囲の顔色を伺っている。母・聡美は人工知能の研究者。研究熱心な聡美は、家にいる時間はほとんどない。が、史織に対しての教育熱は人一倍である。史織はおばあちゃん子で、祖母・菊江から習った祭の太鼓の演奏に興味、関心があった。しかし、聡美のしつけで太鼓を叩く機会を奪われてしまい、かつ不登校になってしまう。自分のやりたいことを見失ってしまった史織は、ある日、菊江の入院で鹿児島に行くことになる。菊江からの頼みで、史織は一人屋久島に旅立つ。その道中で、実は人が遠隔操作をしている分身ロボットと出会う――。












































本編 1時間25分
デジタル
カラー
マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ! 字幕 
 my generation
●監督:デイヴィッド・パッチ●出演:デイヴィッド・ベイリー/ポール・マッカートニー(『ハード・デイズ・ナイト』)/ツィッギー(『ボーイフレンド』)/ザ・ローリング・ストーンズ(『ワン・プラス・ワン』)/マイケル・ケイン(『グランドフィナーレ』)●2018年/イギリス

世界を変えたあの'60s

ようこそ60年代のロンドンへ。マイケル・ケインが青春のタイム・トリップにご招待――ミニスカート、ボブ・ヘアー、そしてロックンロール。初めて若者たちによって未来が作られた60年代イギリス。今なお世界に影響を与えるUKストリートカルチャー“スウィンギング・ロンドン”の誕生と熱狂を、貴重なアーカイブ映像と楽曲満載で描くドキュメンタリー。

■本作には60年代のカルチャー・アイコンともいうべき数多くの人々が登場する。元ビートルズのポール・マッカートニー、ローリング・ストーンズのミック・ジャガー、ザ・フーのロジャー・ドールトリーといった大物ミュージシャン、女優で歌手のマリアンヌ・フェイスフル、人気モデルのツィギー、カリスマ的なカメラマンのデイヴィッド・ベイリー、ミニスカートの発案者であるファッション・デザイナーのメアリー・クヮント。こうしたキーパーソンに取材し、現在の映像ではなく、若き日の姿に現在の声をかぶせるという大胆な手法をとることで、当時の表現者たちの生々しい創造の息吹きが伝わる。他にもジョン・レノン、デイヴィッド・ボウイ、ヴィダル・サスーン、デイヴィッド・ホックニー、ジョーン・コリンズ、サンディ・ショウ等、数多くの開拓者たちの貴重なアーカイヴ映像もたっぷり盛り込まれる。

マイケル・ケインは60年代を「英国史において初めて若い労働者階級が声をあげた時代」と考えているが、時代をリードした人々のコメントを通じて、音楽、映画、ファッション、アートと文化の新しい発信地だった「スウィンギング・シティ」=ロンドンのカラフルな魅力が伝わる。タイトルの「マイ・ジェネレーション」は、ザ・フーの大ヒット曲からとられているが、劇中では他にもビートルズ、ローリング・ストーンズ、アニマルズ、キンクス、クリーム等、幅広い選曲が行われ、その歌詞が時代の気分を伝える。












































本編 1時間56分
デジタル
カラー
きばいやんせ!私
 kibaiyanse! watqshi
●監督:武正晴(『百円の恋』)●出演:夏帆(『海街diary』)/太賀(『海を駆ける』)/岡山天音(『ポエトリーエンジェル』)/鶴見辰吾(『日日是好日』)/徳井優(『Shall we ダンス?』)●2018年/日本

「クソ女」のまんまじゃ終われない。

人生につまづき投げやりに生きている女子アナの貴子は、命じられた鹿児島県肝属郡南大隅町・御崎まつりの取材を嫌々ながら進めるうちに、伝統文化を守り抜こうとする人々の思いに動かされていく――「きばいやんせ」とは、鹿児島弁で「がんばれ」の意味。笑いと涙の“復活”エンターテイメント。

■フリン騒ぎで週刊誌に叩かれて左遷され、仕事にやる気も目標も見いだせず、投げやりな日常を送る女子アナ、児島貴子。そんな彼女が命じられたのは、本土最南端の町・鹿児島県肝属郡南大隅町に伝わる祭りの取材。ここは貴子が子供時代の一年を過ごした町でもあった。かつての同級生・太郎をはじめとする人々の町に対する熱い思いや、子供時代の思い出によって、今の自分を見つめ直す貴子。そしてついに彼女は目標を見出す。それは、伝統の姿を失っていた祭りを昔の姿に復活させること。果たして祭りは完全復活できるのか?そして迷走中の貴子の人生の復活は?












































本編 1時間59分
デジタル
カラー
ちいさな独裁者 字幕
 der hauptmann
●監督・脚本:ロベルト・シュヴェンケ(『フライトプラン』)●出演:マックス・フバッヒャー(『まともな男』)/ミラン・ペシェル(『僕とカミンスキーの旅』)/(『』)/フレデリック・ラウ(『THE WAVE ウェイヴ』)●2017年/ドイツ・フランス・ポーランド

丈の長い軍服 借り物の権力

ドイツ敗戦まで1ヶ月。偶然に軍服を拾った若き脱走兵は、ナチス将校の威光をも手に入れた――軍服が象徴する権力の魔力に魅了される者、そのパワーに盲従する者、ただ傍観する者。そんな人間の醜さ、愚かさ、弱さを容赦なくえぐり出す。これは、尋常ならざるサスペンスに満ちた、驚愕の実話。

■第二次世界大戦末期の1945年4月、敗色濃厚なドイツでは兵士の軍規違反が相次いでいた。命からがら部隊を脱走したヘロルトは、道ばたに打ち捨てられた車両の中で軍服を発見。それを身にまとって大尉に成りすました彼は、ヒトラー総統からの命令と称する架空の任務をでっち上げるなど言葉巧みな嘘をつき、道中出会った兵士たちを次々と服従させていく。かくして“ヘロルト親衛隊”のリーダーとなった若き脱走兵は、強大な権力の快楽に酔いしれるかのように傲慢な振る舞いをエスカレートさせるが…。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
誰がための日々 字幕
 mad world
●監督:ウォン・ジョン●出演:ショーン・ユー(『インファナル・アフェア』シリーズ)/エリック・ツァン(『九月に降る風』)/エレイン・ジン(『モンスター・ハント』)/シャーメイン・フォン/アイバン・チャン●2016年/香港

一番大切なものは、目には見えない

寝たきりの母の介護を1人で行って来たトンは、やがてうつ病を発症。ある事件を起こし、母を亡くす。1年後、うつ病の治療を終えたトンは、疎遠だった父と暮らし始めるが――介護うつの末に最愛の母親を亡くした青年の苦悩と心の再生を描く、実話を元にしたヒューマンドラマ。

■婚約者と家を買い、結婚をして家族を作る、そんな将来を考えていたトンには寝たきりの母親がいた。父は長く家に寄り付かず、毎月お金だけを送ってくる。弟はアメリカに行ったきり帰ってこない。その上、身体が思うようにならない苛立ちをトンにぶつける母。それでも施設には入れたくはなかったトンは会社を辞め、自宅でひとり母の介護にあたっていた。しかし、ぎりぎりの生活を送るトンは、ついにうつ病を発症。ある事件を引き起こし、最愛の母を亡くしてしまう。それから1年。躁うつ病の治療を終えて退院するトンの迎えに来たのは、ずっと会うことを避けていた父ホイだった。こうして、二段ベットを置いた狭い部屋で父子は暮らし始めるが…。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
ノーザン・ソウル 字幕 
 northern soul
●監督・脚本:エレイン・コンスタンティン●出演:エリオット・ジェームズ・ラングリッジ/ジョシュ・ホワイトハウス(『モダンライフ・イズ・ラビッシュ』)/スティーヴ・クーガン(『イタリアは呼んでいる』●2014年/イギリス

1974年、イギリス。若者たちは60年代のソウルで激しく踊り狂った。

「誰も知らないレコードで、この町から抜け出すんだ」。退屈な毎日にうんざりしていた高校生ジョンは、ユースクラブでソウル・ミュージックに合わせて踊る青年マットと出会う――1970年代のイングランド北部を舞台に、労働者階級から生まれた音楽ムーヴメント“ノーザン・ソウル”に魅了された若者たちが織りなす青春ドラマ。

■1974年、イングランド北部の町バーンズワースの高校生ジョンは、学校にも家庭にも居場所がなく、退屈な毎日にうんざりしていた。気の合う祖父と過ごす時間と、可愛い黒人の看護師を毎朝バスで見かけることが唯一の慰めだった。そんなある日、気乗りしないまま両親の勧めでユースクラブに行き、ソウル・ミュージックに合わせて激しく踊る青年マットと出会う。初めて聴く音楽と軽快なダンスに魅了されたジョンは、マットが傾倒する“ノーザン・ソウル”にのめり込んでいく。ジョンは高校を中退し、家も出て、マットとコンビを組みノーザン・ソウルDJとして活動し始める。やがてナンバーワンDJを目指して、マットと共にアメリカへ新しいレコードを探しに行くことを夢見るようになるが…。












































本編 1時間20分
デジタル
モノクロ/カラー
サイドマン:スターを輝かせた男たち 字幕
 sidemen: long journey to glory
●監督:スコット・ローゼンバウム●出演:パイントップ・パーキンス(『ゴッドファーザー&サン』)/ウィリー“ビック・アイズ”スミス/ヒューバート・サムリン(『ライトニング・イン・ア・ボトル/ラジオシティ・ミュージックホール 奇蹟の夜』)/グレッグ・オールマン(『黄金のメロディ -マッスル・ショールズ-』)/ジョー・ボナマッサ(『トム・ダウド/いとしのレイラをミックスした男』)●2016年/アメリカ

■伝説的大スター、マディ・ウォーターズとハウリン・ウルフ。ステージ上にはいつも、彼らを照らし続ける男たちの存在があった――アメリカを代表するブルースシンガー、そして彼らビッグアーティストの音楽を支えた3人のサポートミュージシャン“サイドマン”の音楽人生を描いた至極のドキュメンタリー。

■現代のロックのルーツとも言える20世紀が生んだアメリカの文化、ブルースを世界に浸透させた巨人、マディ・ウォーターズとハウリン・ウルフ。そのレコーディングやライブで、マディをサポートしたのが、ピアニストのパイントップトップ・パーキースと、ドラマーのウィリー“ビッグ・アイズ”スミスの2人。さらに、ウルフのギタリストを務めたのが、ヒューバート・サムリン。歴史を作り上げたこの3人のサイドマンの魅力について、キース・リチャーズ、エリック・クラプトン、ジョニー・ウィンター、ボニー・レイット、ジョー・ペリーほか、音楽業界の第一線で活躍する多数のミュージシャンが語る。さらに2011年にこの世を去った3人の生前最後のインタビュー、そして最後の共演となった貴重なステージ映像などから3人の男たちの生き様に迫っていく。












































本編 1時間16分
デジタル
カラー
奇跡の小学校の物語 この学校はなくさない!
 kiseki no shougakkou no monogatari
●監督・撮影・編集:安孫子亘●ナレーション:ダイアモンド☆ユカイ●2018年/日本

■おらが学校は俺たちで守る!

「5年以内に複式学級(2つ以上の学年をひとつにした学級)が解消されなければ統廃合」――栃木県宇都宮私立城山西小学校に突然、廃校危機が宣告された。地域住民は一様にショックで固まった。前途多難な学校にひょいと赴任してきた校長がこの学校の運命を変えた。次々と奇策を打ち出し、みるみる学校を変えていく校長の5つの約束。「この学校はなくさない」と、地域の絆が一つに結び児童を増やす大作戦。そして枯れかけた校庭の一本の桜が織りなす奇跡と感動のドキュメンタリー。












































本編 時間 分
デジタル
カラー
僕の彼女は魔法使い
 boku no kanojo wa mahoutsukai
●監督:清田英樹●出演:千眼美子(『さらば青春、されど青春。』)/梅崎快人(『君のまなざし』)/春宮みずき(『君のまなざし』)/佐伯日菜子(『アサルトガールズ』)/高杉亘(『ゴジラ×メカゴジラ』)●2019年/日本

愛の魔法が、世界を包む。

ある日、突然目の前に現れたキミは、地上に舞い降りた“最後の白魔女”だった――人々の幸せを奪い去る黒魔術の脅威から、“愛の魔法“で世界を守る白の魔法使い・風花が、赤い糸で結ばれた“運命の人“を探し出し、時空を超えた戦いに立ち向かっていく。『さらば青春、されど青春。』の千眼美子が主演を務める感動ファンタジー。

■「やっとみつけた!」――高校3年生のある日、優一のクラスに転校生の風花が現れる。そのときから、優一のまわりで不思議な現象が起き始める。そう、風花は魔法使い。しかも世界で最後の“白魔術の継承者”だったのだ。優一は戸惑いながらも次第に心惹かれていく。しかし、ある事件をきっかけに突然、風花は姿を消してしまう。それから5年後、二人は偶然に再会を果たすが――それは時空を超えた“白魔術と黒魔術の戦い”の始まりだった。












































本編 時間分
デジタル
カラー
LAPSE
 lapse
●監督:志真健太郎(『TOKYO CITY GIRL』)/アベラヒデノブ(『7s [セブンス] 』脚本・出演)/HAVIT ART STUDIO●出演:アベラヒデノブ(『SLUM-POLIS』)/柳俊太郎(『チェリーボーイズ』)/内田慈(『神と人との間』)/比嘉梨乃(『TOKYO CITY GIRL』)/手塚とおる(『紀子の食卓』)●2018年/日本

未来は、何処へいってしまうのか。

人はラプス(=時の経過)の中で、未来に期待も不安も抱いている――映画『デイアンドナイト』『青の帰り道』など、話題作が続いている映像ディレクター集団BABEL LABEL。今注目を浴びている彼らが、オリジナル映画製作プロジェクト<BABEL FILM>を始動させ、実力派俳優たちが集結した。BABEL FILM 第1作目となる今作『LAPSE(ラプス)』は、3篇から成る未来を描くオムニバスSF。

■『SIN』:政府による教育管理が進んだ2062年。5歳のアマは政府公認の教育機関エルサに呼び出される。「20年後…アマ君はお母さんを殺す。その確率が高いんだ」。エルサによって見せられたシミュレーションには、犯罪に手を染め、大切な人たちを傷つけてしまう、自分の暗い未来が映っていた。アマは告知された自分の未来に抗いながら、必死に生きていく。友人や親、好きな女性とともに運命は少しずつ変化し、運命の25歳の誕生日を迎える…。

『失敗人間ヒトシジュニア』:クローンと人間が共生する2050年。20歳になった大学生ヒトシジュニアは自分がクローン人間の失敗作であることを聞かされ、恋人にも振られ、絶望の淵に立たされる。そんな彼の隣りに現れたのは美女・初美(ハッピー)。彼女もまた親に捨てられたクローンの失敗作だった。20歳を迎えたクローンは、クローン元の人間に捨てられると、国に回収され廃棄されるという。ヒトシジュニアは生きるために、育ての親を殺して戸籍を奪う決断を迫られる…。

『リンデン・バウム・ダンス』:人間が人工知能に医療を委ねている2038年。大学生のヨウは夢を見ていた。人工知能Satiによる延命治療を受け10年間寝たきりの祖母の若い頃を想像し、色どり豊かな音楽世界で、深夜に一緒にダンスホールで踊る夢。ヨウは何でも理解しているように振る舞うSatiにも、それを頼りきっている家族にも苛立ちを募らせていた。人工知能の法律改正により祖母の延命中止が決まると、ヨウはある行動に出る――。












































本編 1時間26分
デジタル
カラー
ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード 字幕
 here to be heard: the story of the slits
●監督・脚本:ウィリアム・E・バッジリー●出演:ドン・レッツ(『フー・キルド・ナンシー』)/ヴィヴ・アルバータイン/ポール・クック(『セックス・ピストルズ/勝手にやったぜ!!』)/アリ・アップ/デニス・ボーヴェル●2017年/イギリス

世界で最初の女性パンクにして、ポスト・パンクの先駆――

世界初の女性だけのパンクロック・グループ、スリッツの歩みを辿るドキュメンタリー。彼女たちは、いかにして世界に影響を与える存在となったのか。アーカイヴ映像や初公開となる貴重な写真、メンバーや関係者などのインタビューからその足跡を振り返る。

■本作は世界初の女性のみのパンクロック・グループ、スリッツの歴史を70年代中ごろのバンド結成時から、解散以後のメンバー個々のストーリー、2005年の再結成、そして2010年、本作の制作中に癌でヴォーカルのアリ・アップが亡くなるまでを追った。アーカイヴ映像や初めて公となる写真の数々、メンバーの証言やファン、プロデューサーや評論家などスリッツに影響を受けてきた面々のインタビューで構成された本作は、まさにアリ・アップの言葉が最も端的に作品を表わしている。「私は人に好かれようと思ってここにいるのではない。私は人に聴いてもらうためにここにいるの」。

インタビューはスリッツのメンバーのほか、ROXY CLUBのDJ兼パンクドキュメンタリー作家のドン・レッツ、アルバム『CUT』のプロデューサーであるデニス・ボーヴェル、THE SEX PISTOLSのポール・クック、THE RAINCOATSのジーナ・バーチ、BRATMOBILEのアリソン・ウルフなど多岐に渡る。スリッツが如何に進化し、世界中に影響を与えたのか。そのすべてが明らかになる。












































本編 1時間27分
デジタル
カラー
L7:プリテンド・ウィ・アー・デッド 字幕 
 l7: pretend we're dead
●監督:セーラ・プライス●出演:ドニータ・スパークス/スージー・ガードナー/ディー・プラカス/ジェニファー・フィンチ/シャーリー・マンソン●2017年/アメリカ

ヘヴィ&クレイジーな陰鬱サウンド、<グランジ/オルタナの女王>――

1985年~2001年まで活動したロサンゼルスの女性4人組ロックバンド“L7”の歩みを辿るドキュメンタリー。ほぼ全編、メンバーが撮影した100時間超に及ぶホームビデオの映像と新規インタビューで構成され、一時代を築いたバンドの軌跡を明らかにする。

■1985年~2001年に活動していた米国ロサンゼルスの女性4人組ロックバンド“L7”。1985年の結成時のエピソードから<グランジの女王>に上りつめた時代、そして2001年の解散まで、多くの未発表映像とともに完全にメンバーの視点でそのキャリアを描いていく。

アメリカのパンク/ハードコアシーンから頭角を現したL7は、エピタフレコードで1stアルバム発売後、グランジ/オルタナ・ムーブメントの象徴であるサブポップで2ndを発売。3rdからはワーナー傘下スラッシュレコードでメジャーに進出する。ヘヴィでノイジーなギターを軸にした陰鬱なサウンドで一部メタル界からも支持を集めた他、ニルヴァーナやレッド・ホット・チリ・ペッパーズとのツアー、巨大フェスの94年ロラパルーザでは、ビースティ・ボーイズやグリーン・デイらとメインステージを務めるなど、オルタナバンドの代表格と言える存在感を示した。この他、ジョン・ウォーターズ監督のリクエストを受け、映画『シリアル・ママ』に出演。また、『ナチュラル・ボーン・キラーズ』、『タンクガール』などでも楽曲が使用されている。












































本編 1時間36分
デジタル
カラー
カメラを止めるな!
 kamera wo tomeruna !
●監督・脚本:上田慎一郎(『4/猫 -ねこぶんのよん-』)●出演:濱津隆之/真魚/しゅはまはるみ/長屋和彰(『FUKUSHIMA DAY』)/細井学(『アルビノの木』)●ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018ゆうばりファンタランド大賞受賞●2017年/日本

■最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。

人里離れた廃墟に来た自主映画クルーはゾンビ映画の撮影を開始。やがて本物のゾンビが現れクルーを襲撃しても、監督は嬉々として撮影を続行するが――監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品は、他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバルをはじめ、挑戦に満ちた野心作。昨年“カメ止め”旋風を巻き起こした話題作は、無名の新人監督と俳優達が創った”まだどこにもないエンターテインメント”サバイバル・コメディ。

■とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。​本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!​大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”を撮った彼らとは…。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー 字幕
 rebel in the rye
●監督・脚本:ダニー・ストロング(『大統領の執事の涙』脚本)●出演:ニコラス・ホルト(『ジャックと天空の巨人』)/ケヴィン・スペイシー(『アメリカン・ビューティー』)/ゾーイ・ドゥイッチ(『エブリバディ・ウォンツ・サム!! -世界はボクらの手の中に-』)/ホープ・デイヴィス(『アバウト・シュミット』)/サラ・ポールソン(『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』)●2017年/アメリカ

孤独のなかで言葉があふれ出す――

全世界の若者に衝撃を与えてきた“青春のバイブル”「ライ麦畑でつかまえて」。語ることが許されなかった天才作家の真実が、ついに明かされる――何が彼を創作に駆り立てたのか? あのみずみずしい文体はいかにして生まれたのか? そして何故、人気絶頂の中で表舞台から姿を消したのか?その生前は本人の意思によって語ることが一切許されなかった作家の謎に満ちた半生と名作誕生前夜の真実が、ついに明かされる。J.D.サリンジャーの半生を綴る伝記ドラマ。

■1939年の華やかなニューヨーク。作家を志す20歳のサリンジャーは編集者バーネットのアドバイスのもと短編を書き始め、その一方で劇作家ユージン・オニールの娘ウーナと恋に落ち、青春を謳歌していた。だが第二次大戦勃発とともに入隊し、戦争の最前線での地獄を経験することになる。終戦後、苦しみながら完成させた初長編小説「ライ麦畑でつかまえて」は発売と同時にベストセラーとなり、サリンジャーは一躍天才作家としてスターダムに押し上げられた。しかし彼は次第に世間の狂騒に背を向けるようになる…。












































本編 1時間28分
デジタル
カラー
THE GUILTY/ギルティ 字幕
 den skydiget
●監督・脚本:グスタフ・モーラー●出演:ヤコブ・セーダーグレン(『光のほうへ』)/イェシカ・ディナウエ/ヨハン・オルセン/オマール・シャガウィー●第91回アカデミー賞 外国語映画賞デンマーク代表●第34回サンダンス映画祭 観客賞(ワールド・シネマ・ドラマ部門)受賞●2018年/デンマーク

犯人は、音の中に、潜んでいる

事件解決のカギは電話の声だけ。88分、試されるのはあなたの<想像力>――「電話からの声と音だけで、誘拐事件を解決する」というシンプルな設定ながらも、予測不可能な展開で観る者を圧倒。視覚情報がない中、劇中に溢れる様々な“音”の中から、犯人を見つけ出すことができるのか――これは誰も体験したことがない、新感覚サスペンス。

■緊急通報指令室のオペレーターであるアスガー・ホルムは、ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、交通事故による緊急搬送を遠隔手配するなど、些細な事件に応対する日々が続いていた。そんなある日、一本の通報を受ける。それは今まさに誘拐されているという女性自身からの通報だった。彼に与えられた事件解決の手段は”電話”だけ。車の発車音、女性の怯える声、犯人の息遣い…。微かに聞こえる音だけを手がかりに、“見えない”事件を解決することはできるのか――。












































本編 1時間38分
デジタル
カラー
僕の帰る場所 字幕
 passage of life
●監督・脚本:藤元明緒●出演:カウン・ミャッ・トゥ/ケイン・ミャッ・トゥ/アイセ/テッ・ミャッ・ナイン/來河侑希(『Heart Beat~ハートビート~』)●第30回 東京国際映画祭 アジアの未来部門 作品賞&国際交流基金アジアセンター特別賞 受賞●2017年/日本・ミャンマー

いつか会える、その日まで――

日本とミャンマー、二つの国で揺れる家族の愛――世界的な関心事項である”移民“という題材を、ミャンマーでの民主化の流れや在日外国人の家族を取り巻く社会を背景に描く。ある在日ミャンマー人家族に起きた切なくも心温まる感動ドラマ。演技経験のないミャンマーの人々を多数起用し、まるでドキュメンタリーを思わせる映像は、ミャンマー人一家の生活を優しく見守りつつ、彼らが置かれた厳しい環境をありのままに映し出すシビアな眼差しで貫かれている。

■東京の小さなアパートに住む、母のケインと幼い二人の兄弟。入国管理局に捕まった夫アイセに代わり、ケインは一人家庭を支えていた。日本で育ち、母国語を話せない子ども達に、ケインは慣れない日本語で一生懸命愛情を注ぐが、父に会えないストレスで兄弟はいつも喧嘩ばかり。ケインはこれからの生活に不安を抱き、ミャンマーに帰りたい想いを募らせてゆくが――。












































本編 1時間43分
デジタル
カラー
We Margiela マルジェラと私たち 字幕
 we margiela
●監督:メンナ・ラウラ・メイール●出演:ディアナ・フェレッティ・ヴェローニ●2017年/オランダ

姿を消したデザイナー “白”に隠された秘密――。

顔を見せず、インタビューは書面のみで、「私」ではなく「私たち」と答えるファッション業界の異端児の真実とは――ファッションブランド“メゾン・マルタン・マルジェラ“のデザイナーとして世界的に活躍しながら、2008年に表舞台から姿を消した、マルタン・マルジェラの秘密に迫るドキュメンタリー。

■ファッショニスタから熱烈に支持され、メディアには匿名性を貫いた「メゾン マルタン マルジェラ」のデザイナー、マルタン・マルジェラは、2009年、表舞台から突然姿を消した。ファッション界の異端児に一体何があったのか。マルタン・マルジェラと共にモードを築いたブランドの共同創始者であるジェニー・メイレンスや、初期のデザインに関わっていたミス・ディアナことディアナ・フェレッティ・ヴェローニ、メイクアップ・アーティストのインゲ・グログニャール、自身のブランドを持つルッツ・ヒュエル、アレキサンダー・マックイーンで活躍しているハーレー・ヒューズなど、当時のクリエイティブ・スタッフの「私たち」が、今まで語られることのなかった激動の20年間を語り始める。数々のアーカイブと証言から、傷ついた天才と引退の舞台裏が浮き彫りになる。












































本編 2時間13分
デジタル
カラー
鈴木家の嘘 
 suzukike no uso
●監督・脚本:野尻克己●出演:岸部一徳(『北の桜守』)/原日出子(『リップヴァンウィンクルの花嫁』)/木竜麻生(『菊とギロチン』)/加瀬亮(『劇場版 SPEC』シリーズ)/吉本菜穂子(『茜さす部屋』)●2018年/日本

嘘も方便。

ある日突然、兄が死んだ。母にはまだ本当のことは言えないけれど――それは、悲しみを乗り越えるための優しい嘘。母への嘘がばれないよう奮闘する父と娘の姿をユーモアたっぷりに描きつつ、悲しみと悔しみを抱えながら再生しようともがく家族の姿を丁寧に優しく紡ぐ感動作。

■鈴木家の長男・浩一がある日突然この世を去った。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。「引きこもりだった浩一は家を出て、アルゼンチンで働いている」と。父は原宿でチェ・ゲバラのTシャツを探し、娘は兄に成りかわって手紙をしたため、親戚たちも巻き込んでのアリバイ作りにいそしむ。すべては母の笑顔のために――。












































本編 時間 分
デジタル
カラー
まく子
 makuko
●監督:鶴岡慧子(『過ぐる日のやまねこ』)●出演:山崎光(『真夏の方程式』)/新音/草彅剛(『中学生円山』)/須藤理彩(『小川町セレナーデ』)●2019年/日本

今、忘れたくない、かけがえのない“あの頃”に涙する――

大人になりたくない僕が恋をした不思議な少女。彼女がまく奇跡に世界は美しく輝きだす――直木賞作家・西加奈子の傑作、ついに映画化。現代を生きる大人たちへ贈る、再生と感動の物語。

■ひなびた温泉街の旅館の息子・サトシは、小学5年生。自分の身体の変化に悩み、女好きの父親に反感を抱いていた。そんなある日、彼の学校に美少女コズエが転入してくる。言動がどこか不思議なコズエに最初は困惑していたサトシだったが、次第に彼女に魅せられていく。そして「ある星から来たの」と信じがたい秘密を打ち明けるコズエが、やがて町の人々みんなに“撒(ま)いた”ものとは…。












































本編 2時間39分
デジタル
カラー
バジュランギおじさんと、小さな迷子 字幕
 bajrangi bhaijaan
●監督・脚本:カビール・カーン(『タイガー 伝説のスパイ』)●出演:サルマーン・カーン(『タイガー 伝説のスパイ』)/ハルシャーリー・マルホートラ/カリーナー・カプール(『きっと、うまくいく』)/ナワーズッディーン・シッディーキー(『めぐり逢わせのお弁当』)/シャーラト・サクセーナ●2015年/インド

ふたりなら、どんな壁でも越えられる

インドからパキスタン、700キロの二人旅が、世界を笑顔に変えていく――『ダンガル きっと、つよくなる』『バーフバリ 王の凱旋』に次ぐインド映画の世界興収歴代第3位。底抜けに正直でお人好しなインド人青年と、声を出せないパキスタンからの迷子の少女の二人旅を、国や宗教、人間愛についてのメッセージと、ほっこりとした笑いに包んで描いた人間ドラマ。

■パキスタンの小さな村に住む女の子シャヒーダー。幼い頃から声が出せない彼女を心配したお母さんと一緒に、インドのイスラム寺院に願掛けに行くが、帰り道で一人インドに取り残されてしまう。そんなシャヒーダーが出会ったのは、ヒンドゥー教のハヌマーン神の熱烈な信者のパワンだった。

これも、ハヌマーンの思し召しと、母親とはぐれたシャヒーダーを預かることにしたパワンだったが、ある日、彼女がパキスタンのイスラム教徒と分かって驚愕する。歴史、宗教、経済など様々な面で激しく対立するインドとパキスタン。それでもパスポートもビザもなしに、国境を越えてシャヒーダーを家に送り届けることを決意したパワン。国境では警備隊に捕まり、パキスタン国内ではスパイに間違われて警察に追われる波乱万丈の二人旅が始まった。果たしてパワンは無事にシャヒーダーを母親の元へ送り届けることができるのか?そこには、思いもよらなかった奇跡が待っていた…。












































本編 2時間03分
デジタル
カラー
愛がなんだ
 ai ga nanda
●監督:今泉力哉(『知らない、ふたり』)●出演:岸井ゆきの(『おじいちゃん、死んじゃったって。』)/成田凌(『ニワトリ★スター』)/深川麻衣(『パンとバスと2度目のハツコイ』)/若葉竜也(『サラバ静寂』)/片岡礼子(『大和(カリフォルニア)』)●2019年/日本

好きになって、ごめんなさい。

最高にしあわせ。でも、彼は恋人じゃない――『八日目の蝉』『紙の月』などの原作で知られる直木賞作家・角田光代の同名恋愛小説を映画化。好きになってくれない相手をいちずに追う女性の恋模様を描く、アラサー女性の片思い恋愛ドラマ。

■28歳のOL山田テルコ。マモルに一目ぼれした5カ月前から、テルコの生活はマモル中心となってしまった。仕事中、真夜中と、どんな状況でもマモルが最優先。仕事を失いかけても、友だちから冷ややかな目で見られても、とにかくマモル一筋の毎日を送っていた。しかし、そんなテルコの熱い思いとは裏腹に、マモルはテルコにまったく恋愛感情がなく、マモルにとってテルコは単なる都合のいい女でしかなかった。テルコがマモルの部屋に泊まったことをきっかけに、2人は急接近したかに思えたが、ある日を境にマモルからの連絡が突然途絶えてしまう…。












































本編 2時間01分
デジタル
カラー
ドキュメンタリー映画 岡本太郎の沖縄
 okamoto taro no okinawa
●監督:葛山喜久●ナレーション:井浦新(『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』)●2018年/日本

一つの恋のようなものだった。

痛切な生命のやさしさ。ここはまるで別な天地であるかのような透明な空間のひろがりと、キラキラした時間の流れがある――日本を代表する芸術家・岡本太郎の二度に渡る沖縄への旅を振り返るドキュメンタリー。

■芸術家・岡本太郎は、1959年と1966年に沖縄へ旅に出た。彼の究めたかったものは、日本人とはなにか?自分自身とは何かの答えを求めることだった。その旅の一番最後にたどりついたのが、沖縄であった。岡本太郎は、「沖縄とは、私にとって一つの恋のようなものだった」と言うほど、全身、全存在をこの対象にぶつけた。岡本太郎は、自ら沖縄へ溶け込み、そして自分自身と出逢ったのだ。岡本太郎の沖縄は、今の私たちに何を投げかけ、今の私たちとどうつながるのか――?












































本編 2時間06分
デジタル
カラー
あなたはまだ帰ってこない 字幕
 la douleur
●監督・脚本:エマニュエル・フィンケル●出演:メラニー・ティエリー(『海の上のピアニスト』)/ブノワ・マジメル(『ピアニスト』)/バンジャマン・ビオレ(『ザ・パック -餌になる女-』)/シュラミ・アダール/グレゴワール・ルプランス=ランゲ(『キリマンジャロの雪』)●第91回アカデミー賞 外国語映画賞フランス代表●2017年/フランス・ベルギー・スイス

わたしは待つ。それがわたしの愛の炎――。

1944年ナチス占領下のパリ、デュラス30歳、彼女は捕らえられた夫の帰還をひたすらに待ち続けた――フランスの文豪マルグリット・デュラスの自伝的小説「苦悩」を映画化。彼女自身の苦悩とわずかな希望が戦争の記憶とともに語られる、激動の愛のドラマ。

■1944年6月、第二次世界大戦中、ナチス占領下のパリ。ジャーナリストでもあり、作家の道を歩み始めたマルグリットは、夫ロベール・アンテルムとともにレジスタンスの一員として活動していたが、ロベールはゲシュタポに連れ去られ収監されてしまう。日ごとパリのナチス本拠地に通い、夫の情報を得ようとするが、周りには彼女と同じように夫や恋人、家族の安否を知ろうとする女たちで溢れていた。誰もが表情は暗く、短い時間の間に刻み込まれて皺が、顔を覆っていた。

そんなとき、一人の謎めいた男がマルグリットに近づいてくる。夫を逮捕したというゲシュタポの手先ラビエだった。しかしマルグリットが知りたい夫の情報は、小出しにしかせず、彼女との次の逢瀬を取りつけるのだった。さらには自分の口添えで、ロベールを労働免除にした、拷問もしていない、とマルグリットの耳元でささやく。 彼女はラビエの言われるままに、彼の指定する場所、時間に、一分の狂いもなく駆けつけるようになっていく。まるでつき合いたての恋人同士が、時間を惜しむかのように。しかし、それが、マルグリットにとっての、ロベールへの愛の証だった。彼を無事奪還すること、そして待ち続けること。そのための手段以外、彼女にはなかった――。












































本編 1時間14分
デジタル
カラー
ジ・アリンズ 愛すべき最高の家族 字幕 
 the allins
●監督:サミ・サイフ(『メイキング・オブ・ドッグヴィル/告白』)●出演:アリータ・ベアード/マール・アリン(『《TRASH ROCKIN’ PICTURE SHOW》』)/GGアリン(『《TRASH ROCKIN’ PICTURE SHOW》』)/THE MURDER JUNKIES●2017年/デンマーク

母と兄に、心から拍手を!静かにあふれる感動がここに。

夭折したロック史上最大の破壊者、GGアリン。遺された家族の、信頼と絆の物語――GGアリンという無類のキャラクターゆえに、過激な方向にスポットが当たりがちだが、<家族の物語>という主題をブレることなく誠実かつ優しいトーンで描いた、まさかの感動ドキュメンタリー。

■米ニューハンプシャー州でとんでもない父親によって「ジーザス・クライスト・アリン」というイエス・キリストと同名の出生名で誕生、その後究極の破滅型ヴォーカリストとしてその名を全世界に轟かせたGGアリン。ライヴで大流血、汚物を撒き散らして客に襲いかかり、通報されて警察から全裸で逃走するなど狂気の大スペクタクルを展開して「ロック史上もっとも見事な変質者」と評される、全身でハードコアを体現したパンクロッカーである。

そんなGGアリンが93年にヘロインの過剰摂取でこの世を去って以降、世界中のファンが追悼で墓を訪れ汚物を撒いて帰っていく。本作はGGのバンド、THE MURDER JUNKIESのメンバーでもあった兄のマール・アリンがGGの遺志を受け継ぎ音楽活動や汚物アートに勤しむ様子と、どんなに狂っていても温かい眼差しで子供たちを支える母親アリータの、一家がたくましく強く生きる模様を描く。












































本編 2時間14分
デジタル
カラー
盆唄
 bon-uta
●監督:中江裕司(『ナビィの恋』)●声の出演:余貴美子/柄本明/村上淳/和田總宏/桜庭梨那●2018年/日本

虹のむこうのアロハの国で、見つけましたよボンダンス。希望のかなたへ踊れや踊れ

震災により長引く避難で存続の危機にある、故郷・福島県双葉町の伝説「盆歌」。しかし、生きる土地が変わっても、100年以上福島の盆歌を唄い継ぐ人々がハワイにいた――過去から未来へ、海を渡り時を超えるドキュメンタリー。

■2015年。東日本大震災から4年経過した後も、福島県双葉町の人々は散り散りに避難先での生活を送り、先祖代々守り続けていた伝統「盆唄」存続の危機にひそかに胸を痛めていた。そんな中、100年以上前に福島からハワイに移住した人々が伝えた盆踊りがフクシマオンドとなって、今も日系人に愛され熱狂的に踊られていることを知る。町一番の唄い手、太鼓の名手ら双葉町のメンバーは、ハワイ・マウイ島へと向かう。自分たちの伝統を絶やすことなく後世に伝えられるのではという、新たな希望と共に奮闘が始まった――。

映画は福島、ハワイ、そして富山へと舞台を移し、やがて故郷と共にあった盆唄が、故郷を離れて生きる人々のルーツを明らかにしていく。盆踊りとは、移民とは。そして唄とは何かを見つめ、暗闇の向こうにともるやぐらの灯りが、未来を照らす200年を超える物語。












































本編 1時間35分
デジタル
カラー
マチルド、翼を広げ 字幕
 demain et tous autres les jours
●監督・脚本:ノエミ・ルヴォウスキー)●出演:リュス・ロドリゲス/ノエミ・ルヴォウスキー(『カミーユ、恋はふたたび』)/マチュー・アマルリック(『バルバラ -セーヌの黒いバラ-』)/アナイス・ドゥムースティエ(『バードピープル』)/ミシャ・レスコー(『グッバイ・ゴダール!』)●2017年/フランス

あまりにも大きな愛と、ほんの少しの魔法

マチルドと母のもとにやってきた小さなフクロウ。その存在がふたりを未来へと繋ぐ――フランスの実力派監督兼女優ノエミ・ルヴォウスキーが色彩豊かに紡ぐ、ファンタジックな自伝的ドラマ。

■フランス、パリ。精神不安定なママの突飛な行動に振り回され、学校でも友人ができず孤独な日々をおくる9歳のマチルド。ある日、ママが小さなフクロウを連れてきた。驚くことに、フクロウはマチルドに話しかけてきた。度重なるピンチに、理知的な言葉を投げかけながらマチルドを守るフクロウはまるで守護天使のよう。幸せに見えたのも束の間、やっぱりママは騒動を起こしてしまう…。












































本編 1時間27分
デジタル
カラー
YUKIGUNI
 yukiguni
●監督:渡辺智史(『おだやかな革命』)●出演:井山計一●ナレーション:小林薫●2018年/日本

古びない「美しさ」「愛おしさ」とは何か。

平成が終わるという大きな節目の今年、くしくも誕生から60年を迎えるスタンダードカクテル「雪国」。1958年度にサントリーの前身・壽屋のカクテルコンペで優勝したカクテルは、いつしか日本各地のバーテンダーの中で愛され、作られ続けてスタンダードカクテルとして知られるようになる――大正15年生まれ、日本最高齢バーテンダー井山計一の半生と、カクテル「雪国」の誕生秘話を描いたドキュメンタリー。

■BARは人なり、あるBAR評論家が残した格言。この言葉を体現するように、井山計一さんのカクテルを飲み、話を聞くため、全国からカクテルファンが訪れる。その姿はまさに、カクテル巡礼とも呼べる光景だ。誕生から60年を迎えるカクテル「雪国」の誕生秘話、時代を超えて愛されるカクテル、そのグラス越しに映る井山さんの半生、撮影中に最愛の妻を亡くし、別れを機に家族との絆を取り戻していく姿、激動の時代を経ても古びない「美しさ」「愛おしさ」をめぐる珠玉の物語。












































本編 1時間26分
デジタル
カラー
サッドヒルを掘り返せ 字幕
 sad hill unearthed
●監督:ギレルモ・デ・オリベイラ●出演:セルジオ・レオーネ(『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』監督・脚本)/エンニオ・モリコーネ(『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』音楽)/クリント・イーストウッド(『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』』)/ジェイムズ・ヘットフィールド(『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』)/クリストファー・フレイリング●2018年シッチェス映画祭 ニュー・ビジョンズ部門最優秀作品賞受賞●2017年/スペイン

夢見たのは、スクリーンの向こう側

荒地と化した名作映画のロケ地を甦らせろ!――『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』の舞台となった「サッドヒル墓地」に再び命を吹き込もうとする有志のファンたちによる巨大プロジェクト。その熱き映画への想いが奇跡を呼ぶ、感動のドキュメンタリー。

■マカロニ・ウエスタンの名作『続・夕陽のガンマン』(日本劇場公開時の題名は『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』)における伝説のシーンの舞台となった「サッドヒル墓地」。墓地といっても、撮影用に作られた大きな墓地で、そこには誰も埋まっていない。2015年10月、スペインのブルゴス。草や土に埋もれたまま50年近くもの間人知れず眠っていたサッドヒル墓地を掘り返し、再び命を吹き込もうとする有志のファンたちによる巨大プロジェクトが始まった。

そのニュースは瞬く間に広まり、毎週末、ヨーロッパ中の映画ファンがクワやスキやシャベルを担いでスペインの荒野へ駆けつけた。そして、誰かに頼まれたわけでもなく、褒められるためでもなく、大金が埋まっているわけでもないが、それぞれの想いを胸にひたすら掘った。“記憶”を辿るようにして――。












































本編 2時間33分
デジタル
カラー
ひかりの歌
 hikari no uta
●監督・脚本:杉田協士(『ひとつの歌』)●出演:北村美岬/伊東茄那/笠島智(『夜があけたら』)/並木愛枝(『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程〈みち〉』)/廣末哲万(『14歳』)●第30回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門正式出品作品●2017年/日本

だれかをおもう気持ちが、この世界のひかりになる

それぞれ孤独のなかを生きる主人公4人の女性を、ときに静かに、やさしく包む光がある。この世界で生きるための支えになるささやかな光のありかを描き出す――歌人の枡野浩一と映画監督の杉田協士が、映画化を前提に開催した「光」をテーマにした短歌コンテストで、1200首のなかから選出した4首の短歌を原作に制作した4章からなる長編映画。

■都内近郊に住む4人の女性、美術講師として高校に勤務する詩織、ガソリンスタンドでアルバイトをしている今日子、バンドのボーカルとして活動する雪子、写真館で働く幸子。それぞれ誰かを思う気持ちを抱えながら、それを伝えられずに日々の生活をつづけている。旅に出てしまう同僚、他界した父親、閉店が近いアルバイト先の仲間、長い年月行方知れずの夫のことを思いながら、彼女たちは次の一歩を踏みだしていく――。












































本編 1時間52分
デジタル
カラー
マイ・ブックショップ 字幕
 the bookshop
●監督・脚本:イザベル・コイシェ(『死ぬまでにしたい10のこと』)●出演:エミリー・モーティマー(『ラースと、その彼女』)/ビル・ナイ(『パレードへようこそ』)/パトリシア・クラークソン(『しあわせへのまわり道』)●2018年ゴヤ賞 作品賞・監督賞・脚色賞 主要3部門受賞●2017年/イギリス・スペイン・ドイツ

私と本との一期一会

本と過ごす時間、そして、ちょっとの勇気があれば人生は豊かになる――英ブッカー賞受賞作家ペネロピ・フィッツジェラルドの原作をイザベル・コイシェ監督が映画化。1959年のイギリス、書店が一軒もなかった小さな町に、周囲の反対にあいながらも読書の楽しみを広めたいという願いを胸に、今は亡き夫との夢だった書店を開店した一人の女性のささやかな奮闘記。

■1959年のイギリス、海辺の小さな町。戦争で夫を亡くしたフローレンスは、それまで一軒も書店がなかった町に夫との夢だった書店を開こうとする。保守的な町でそれを快く思わない町の有力者ガマート夫人の嫌がらせに遭いながらも何とか開店にこじつける。レイ・ブラッドベリの「華氏451度」など、先進的な作品を精力的に紹介し、書店は物珍しさで多くの住民がつめかける。だがガマート夫人の画策により、次第に経営が立ち行かなくなっていく。フローレンスの味方は40年も邸宅に引きこもっている読書好きの老紳士ブランディッシュ氏だけ――。












































本編 1時間41分
デジタル
カラー
たちあがる女 字幕
 kona fer i strid
●監督・脚本:ベネディクト・エルリングソン(『馬々と人間たち』)●出演:ハルドラ・ゲルハルスドティル/ビョルン・シグルダーソン/ヨルンドゥル・ラグナルソン/マルガリータ・ヒルスカ●2018年カンヌ国際映画祭 批評家週間 SACD賞受賞●2018年/アイスランド・フランス・ウクライナ

幸せは、歩いてこない

「彼女はアイスランドから世界を救う」。セミプロ合唱団講師と、アルミニウム工場に孤独な闘いを挑む謎の環境活動家という2つの顔を持つ女性が養子を迎えることになり、騒動が巻き起こる――とぼけたユーモアと人生の苦味、音楽と自然に彩られた、強さと優しさのヒューマンドラマ。

■風光明媚なアイスランドの田舎町。この町で暮らすハットラは、セミプロ合唱団の講師。だがその裏で、周囲に知られていないもう一つの顔を持っていた。実は彼女は、謎の環境活動家“山女”として、地元のアルミニウム工場に対して、密かに孤独な闘いを繰り広げていたのだ。そんな彼女のもとに、ある日、長年の願いであった養子を迎える申請がついに受け入れられたとの知らせが届く。母親になるという夢の実現に向け、アルミニウム工場との決着をつけるため、ハットラは最終決戦の準備に取り掛かるが…。












































本編 1時間33分
デジタル
カラー
ともしび 字幕
 hannah
●監督・脚本:アンドレア・パラオロ●出演:シャーロット・ランプリング(『さざなみ』)/アンドレ・ウィルムス(『ル・アーヴルの靴みがき』)/ステファニー・ヴァン・ヴィーヴ/シモン・ビショップ/ファトゥ・トラレオ●第74回ヴェネチア国際映画祭 主演女優賞受賞●2017年/フランス・イタリア・ベルギー

わたしはあの時、いったい何を失ったのだろう――。

人生の終盤、アンナに何が起きたのか?犯してしまった罪は、二度と許されないのか?そもそも彼女は自分の人生を生きていたのか?そして、決して明らかにしてはならぬ“家族の秘密”とは?――ひとりの女性が、もう一度“生きなおし”を図るまでの、哀しみと決意を追う人生最後のドラマ。『さざなみ』『まぼろし』につづくシャーロット・ランプリング渾身の感動作。

■ベルギーの小さな地方都市。老年に差し掛かったアンナと夫は、慎ましやかな暮らしをしていた。小さなダイニングでの、煮込みだけの夕食は、いつものメニューだ。会話こそないが、そこには数十年の時間が培った信頼があるはずだった。しかし、次の日夫は、ある疑惑により警察に出頭し、そのまま収監される。

しかしアンナの生活にはそれほどの変化はないかに見えた。豪奢な家での家政婦の仕事、そのパート代で通う、演劇クラスや会員制のプールでの余暇など、すべてはルーチンの中で執り行われていく。自分ひとりの食事には、もはや煮込み料理ではなく、簡単な卵料理だけが供されることくらいが、わずかな変化だった。

けれどその彼女の生活は、少しづつ、狂いが生じていく。上の階から漏れ出す汚水、ぬぐうことができなくなった天井のシミ、そして響き渡るような音を立てるドアのノックの音…。なんとか日常を取り戻すべく生活を続けるアンナだったが、そこに流れ込むのは、不安と孤独の冷たい雫だった。やがてそれは見て見ぬふりが出来ないほどに、大きな狂いを生じていくのだった…。












































本編 2時間09分
デジタル
カラー
金子文子と朴烈(パクヨル) 字幕 
 anarchist from colony
●監督:イ・ジュンイク(『王の男』)●出演:イ・ジェフン(『高地戦』)/チェ・ヒソ(『空と風と星の詩人-尹東柱の生涯-』)/キム・インウ(『空と風と星の詩人-尹東柱の生涯-』)/キム・ジュンハン/山野内扶●2017年/韓国

朴と共に死ねるなら、私は満足しよう――

大正期の日本に実在したアナーキスト・朴烈とその恋人・金子文子。1923年関東大震災後の混乱の中、囚われたふたりは、愛と誇りのため、強大な国家に立ち向かう――韓国で235万人の動員を記録した、激しくも心揺さぶる真実の歴史ドラマ。

■1923年、東京。社会主義者たちが集う有楽町のおでん屋で働く金子文子は、「犬ころ」という詩に心を奪われる。この詩を書いたのは朝鮮人アナキストの朴烈。出会ってすぐに朴烈の強靭な意志とその孤独さに共鳴した文子は、唯一無二の同志、そして恋人として共に生きる事を決めた。ふたりの発案により日本人や在日朝鮮人による「不逞社」が結成された。しかし同年9月1日、日本列島を襲った関東大震災により、ふたりの運命は大きなうねりに巻き込まれていく。

内務大臣・水野錬太郎を筆頭に、日本政府は、関東大震災の人々の不安を鎮めるため、朝鮮人や社会主義者らを無差別に総検束。朴烈、文子たちも検束された。社会のどん底で生きてきたふたりは、社会を変える為、そして自分たちの誇りの為に、獄中で闘う事を決意。ふたりの闘いは韓国にも広まり、多くの支持者を得ると同時に、日本の内閣を混乱に陥れていた。そして国家を根底から揺るがす歴史的な裁判に身を投じていく事になるふたりには、過酷な運命が待ち受けていた…。












































本編 2時間05分
デジタル
カラー
希望の灯り 字幕
 in den gangen
●監督:トーマス・ステューバー●出演:フランツ・ロゴフスキ(『未来を乗り換えた男』)/サンドラ・ヒューラー(『ありがとう、トニ・エルドマン』)/ペーター・クルト(『僕とカミンスキーの旅』)●第68回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品●2018年/ドイツ

はかなく密やかに、祝福のように、ままならない人生にも、美しい瞬間がある

「飲料担当」と「お菓子担当」、訳ありの二人の淡い恋。旧東ドイツへの郷愁を秘める上司の切ない嘘。同僚たちとのゆるやかな絆。ベルリンの壁崩壊後、置き去りにされた人達の哀しみをスーパーマーケットの灯りが優しく包む――旧東ドイツの巨大スーパーで働く人たちの日常を穏やかにつづったヒューマンドラマ。

■内気で引きこもりがちなクリスティアン(27歳) は、ある騒動の後に建設現場での仕事をクビになり、在庫管理担当としてスーパーマーケットで働き始め、レジでの雑踏やフォークリフトなど、自分にとって全く未知の世界に放り込まれる。そして彼はルディ、クラウス(職場で唯一ハンドパレットトラックの操縦を許可されている) 、ユルゲン、飲料セクションのブルーノと出会う。

ブルーノは、クリスティアンに仕事のいろはやフォークリフトの操縦の仕方を教え、クリスティアンにとって父親のような存在になる。通路で、クリスティアンはスイーツセクションの同僚のマリオン(39歳) (ザンドラ・ヒュラー)と出会い、彼女の謎めいた魅力に一瞬で惹かれる。コーヒーマシーンのある休憩所が彼らのおきまりの場所となり、二人は親密になっていくが…。












































本編 2時間00分
デジタル
カラー
空の瞳とカタツムリ 
 sora no hitomi ro katatsumuri
●監督:斎藤久志(『なにもこわいことはない』)●出演:縄田かのん/中神円/三浦貴大(『世界は今日から君のもの』)/藤原隆介/利重剛(『禅と骨』)●2018年/日本

青春のおわり、人生のはじまり。

男でも女でもない雌雄同体の心。カタツムリのようにたゆたう4人の愛と性――求めあうがゆえに傷つけあうしかなかった男女四人。触ろうとすればするりと逃げる儚い青春の終わりを繊細なタッチで叙情的に描きだす、新しい愛の物語。

■祖母の残した古いアトリエでコラージュ作品を作りつづける岡崎は、消えない虚無感を埋めるため、男となら誰とでも寝る生活を送っていた。一方、夢鹿の美大時代の友人である高野は極度の潔癖症。性を拒絶し、夢鹿にしか触れられない。そして二人の友人、吉田は、夢鹿への想いを捨てきれないまま堅実に生きようと努めていた。学生時代、とても仲の良かった三人。しかし月日が経つにつれ、少しずつバランスは崩れていった。

そんな中、十百子は夢鹿に紹介されたピンク映画館でアルバイトを始めるが、行動療法のような日々に鬱屈していく。その映画館に出入りする青年、大友は、満たされなさを抱える十百子に心惹かれていくが…。夢鹿と十百子、永すぎたモラトリアムは終わろうとしていた。












































本編 0時間39分
デジタル
カラー
カランコエの花
 karankoe no hana
●監督・脚本:中川駿(『尊く厳かな死』)●出演:今田美桜(『デメキン』)/永瀬千裕(『ゴメンナサイ』)/笠松将(『このまちで暮らせば』)/須藤誠/有佐●第26回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~グランプリ受賞●2016年/日本

ただ、あなたを守りたかった。

ある高校のクラスで、唐突にLGBTの授業が行われる。だが他の教室ではその授業は行われていないことを知った生徒たちは、クラスにLGBTの人がいるのではないかと疑念を抱く――国際的にも社会問題になっている“LGBT“をテーマに、周囲の過剰反応に翻弄される当事者を描いたヒューマンドラマ。

■「うちのクラスにもいるんじゃないか?」とある高校2年生のクラス。ある日唐突に“LGBTについて”の授業が行われた 。しかし他のクラスではその授業は行われておらず、 生徒たちに疑念が生じる。「うちのクラスにLGBTの人がいるんじゃないか?」生徒らの日常に波紋が広がっていき…。思春期ならではの心の葛藤が起こした行動とは…?












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
チワワちゃん 
 chiwawa chan
●監督・脚本:二宮健(『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティ』)●出演:門脇麦(『世界は今日から君のもの』)/成田凌(『ニワトリ★スター』)/寛一郎(『菊とギロチン』)/玉城ティナ(『わたしに××しなさい!』)/吉田志織●2019年/日本

息もできないほど、キスして、笑って、恋をしていた――

チワワちゃんが死んじゃった。一緒に遊んでたわたしたちは、チワワちゃんの本名すら知らなかった――最新の映像と音楽センスを誇る26歳の監督のもと、20代の超実力派俳優が集結し岡崎京子の短編最高傑作を実写映画化。友だちの死をきっかけに、揺れる若者たちの姿をエモーショナルに描く、新たな青春のバイブル。

■その日、東京湾バラバラ殺人事件の被害者の身元が判明した。千脇良子・20歳・看護学校生。ミキはそれが、自分の知っている“チワワちゃん”のことだとは思わなかった。

ミキがいつものミュージックバーで、仲間のヨシダ、カツオ、ナガイ、ユミらと飲んでいる時、ヨシダの新しいカノジョとして“チワワ”が現れた。以前、ヨシダのことが好きだったミキは、フクザツな気持ちで二人を見ていた。その時、バーテンダーのシマから、VIP席にいる男たちのバッグの中に、政治家に届ける600万円が入っていると教えられる。皆がザワつくなか、意を決したチワワが、あっという間にバッグを奪って、走り出した。

翌朝、昨夜の男たちが贈賄罪の疑いで逮捕されたとニュースで報じられていた。宙に浮いた大金をめでたく頂いて、バカンスに繰り出すミキたち。毎晩が豪華なパーティと、最高のお祭り騒ぎ。だが、600万円をたった3日で使い切り、皆は日常に戻っていった。 そんななか、チワワだけが“パーティ”を続けていた。インスタがきっかけとなり人気モデルとなったチワワは、サカタという有名カメラマンと付き合い始めていた。やがてチワワとミキたちは住む世界も違い始めていった。

チワワを偲ぶために、仲間たちが久しぶりに集まったが、誰も最近のチワワを知らなかった。そんな中、ファッション雑誌のライターのユーコから、チワワの追悼記事の取材を受けるミキ。もっと話を聞かせてほしいと頼まれたミキは、仲間たちにあらためてチワワとの思い出を聞きに行く。しかし、ミキを待ち受けていたのは、それぞれの記憶の中の全く違うチワワだった──。












































本編 1時間52分
デジタル
カラー
ヴィクトリア女王 最期の秘密 字幕
 victoria & aboul
●監督:スティーブン・フリアーズ(『クィーン』)●出演:ジュディ・デンチ(『あなたを抱きしめる日まで』)/アリ・ファザル(『きっと、うまくいく』)/エディ・イザード(『ウイスキーと2人の花嫁』)/アディール・アクタル(『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』)/ティム・ピゴット=スミス(『ジョニー・イングリッシュ』)●第90回アカデミー賞 衣装デザイン賞/メイクアップ&ヘアスタイリング賞 ノミネート●2017年/イギリス・アメリカ

心をひらいた。人生が愛おしくなった――。

女王の即位50周年記念式典で記念金貨を献上するため英国にやってきたインドの若者アブドゥル。最愛の夫と従僕を亡くし塞いでいたヴィクトリア女王は、王室のしきたりにとらわれない彼に心を開く――女王の晩年を輝かせた、インド人従者との強い絆。一世紀もの間、隠されてきた<真実>の物語を、壮観の映像美でユーモラスに綴る、愛すべき珠玉の人間ドラマ。

■1887年、インドが英領となって29年目。アグラに住む若者アブドゥル・カリムは、ヴィクトリア女王の即位50周年記念式典で記念金貨“モハール”を献上する役目に任命され、もう一人の献上役モハメドと共に英国へ渡ることになる。

18歳で即位してから、長年女王の座に君臨してきたヴィクトリア。細かく決められる1日のスケジュール、思惑が飛び交う宮廷生活…。心休まらない日々を送っていた。そんな中、金貨を献上しに現れたアヴドゥルに心を奪われる。物怖じせず、本音で語りかけてくる真っ直ぐな彼を気に入ったヴィクトリアは、祝典期間中、従僕にすることにした。インド皇帝でもありながら、現地に行ったことがない女王は、アブドゥルから教えてもらう言葉や文化に魅了されていく。次第に、身分も年齢も超えて強い絆が芽生えていくが、周囲はふたりの関係に猛反対。やがて事態は英国王室を揺るがす大騒動へと発展していく――。












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
ゴッズ・オウン・カントリー 字幕
 god's own country
●監督・脚本:フランシス・リー●出演:ジョシュ・オコナー/アレック・セカレアヌ/ジェマ・ジョーンズ(『ブリジット・ジョーンズの日記』)/イアン・ハート(『マイケル・コリンズ』)●2017ベルリン国際映画祭 パノラマ部門出品テディ賞 受賞●2017年/イギリス

“神の恵みの地”で、僕らは出逢い、愛し合った――

イギリスのヨークシャーから、世界を魅了した心に沁みるラブストーリーが到着――豊かな自然を背景に、孤独な青年たちの間に芽生える愛の行方をリアルに描いたヒューマン・ドラマ。第27回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~上映作品。

■孤独でやり甲斐を感じられない寂れた牧場での日々の労働を、酒と行きずりの不毛なセックスで紛らわす青年ジョニー。ある日、季節労働者のゲオルゲが羊の出産シーズンに雇われる。初めは衝突する二人だったが、羊に優しく接するゲオルゲに、ジョニーは今まで感じたことのない恋心を抱き、突き動かされていく…。












































本編 1時間58分
デジタル
カラー
チャンブラにて 字幕 
 a ciambra
●監督・脚本:ジョナス・カルピニャーノ●出演:ピオ・アマート/ヨランダ・アマート/パトリツィア・アマート/スザンナ・アマート/ロッコ・アマート●第90回アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表選出●2017年/イタリア・アメリカ・フランス・スウェーデン

出会いは盗み。ロマたちの非情な暮らし。

家族、生活のために盗み売り、子供ですら、タバコを吸い、酒を飲む。境遇を忘れ去ろうとするかのように――イタリアにあるスラム、チャンブラで、大昔から差別を受けているロマたちの本当の生活に即した、超ドキュメンタリスティックな人間ドラマ。

■イタリアのラブリア州レッジョ・カラブリア県に位置するジョイア・タウロと呼ばれるコムーネ(=共同体)。そこにあるスラムと化したひとつの通り、チャンブラには大昔から差別を受け続けているロマという民族の一部の人たちが住んでいる。ロマは元々、旅をしながら暮らす流浪の民だったが、異教徒と揶揄されるようになり、移動や行商の制限を受け、さらには生活、福祉、教育、仕事、医療といった生活に関わるあらゆることの迫害を受けたため、劣悪な環境にも関わらずチャンブラに定住せざるを得ない状況にある。まともな職に就けないロマたちの生活手段は、他人の物を盗み、それを売ることである。術はそれしかないのだ。

14歳にして飲酒喫煙をするピオは、兄のコジモからストリートで生きる術を教えられ、家族やロマの仲間を支えている。しかし、父親と兄が警察に拘留され、ピオが家族を背負うことになる。ピオはアフリカの移民アイヴァと知り合い、彼の協力を得て金を稼ぎ始めるが…。












































本編 2時間22分
デジタル
カラー
サンセット 字幕
 sunset
●監督・脚本:ネメシュ・ラースロー(『サウルの息子』)●出演:ユリ・ヤカブ(『サウルの息子』)/ヴラド・イヴァノフ(『エリザのために』)/モーニカ・バルシャイ(『リザとキツネと恋する死者たち』)●第91回アカデミー賞外国語映画賞ハンガリー代表選出●2018年/ハンガリー・フランス

栄華に狂い、破滅と踊る――

1913年オーストリア=ハンガリー帝国。ウィーンの王侯貴族が集うブダペストで、伯爵殺しの兄を探すイリス。“欲望”と“闇”が渦巻く場所で、彼女が見たものとは――『サウルの息子』で第88回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した、若き巨匠ネメシュ監督待望の長編2作目は、家族を探し求め、大戦前の激動の時代を駆け抜けた女性の物語。

■1913年、オーストリア=ハンガリー帝国が栄華を極めた時代。イリスはヨーロッパの中心ブダペストのレイター帽子店で働くことを夢見て店を訪れる。そこは、彼女が2歳のときに亡くなった両親が遺した高級帽子店だったが、現オーナーのブリルは、突然現れた彼女を歓迎することはなく追い返す。

オーストリア皇太子も訪れる華やかで憧れの場所に見えた帽子店だったが、裏では王侯貴族に店の女性を捧げているという大きな闇が隠されていた。さらに、イリスには兄がいたことを初めて知るが、その兄カルマンは、伯爵殺しという大事件を起こしていた。イリスは失踪したカルマンを必死に探し始めるが見つからない。やがてカルマンとその仲間たちは、貴族への暴動を起こし、イリスもまた第一次世界大戦前に激動するヨーロッパの渦に巻き込まれていく。彼女は兄とめぐり逢うことができるのか? そして高級帽子店の運命は――。












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡 字幕
 beside bowie: the mick ronson story
●監督:ジョン・ブルーワー●出演:ミック・ロンソン(『すべての若き野郎ども モット・ザ・フープル』)/ルー・リード(『ブルー・イン・ザ・フェイス』)/グレン・マトロック(『フー・キルド・ナンシー』)/ロジャー・テイラー(『クイーン ハンガリアン・ラプソディ:ライブ・イン・ブダペスト’86』)/リック・ウェイクマン(『MOOG〈モーグ〉』)●2017年/イギリス

デヴィッド・ボウイの成功を支えた、ひとりのギタリストがいた――。

先に旅立った盟友に贈る デヴィッド・ボウイのナレーション――音楽史上最も謙虚で誠実な天才ギタリスト、ミック・ロンソン。その知られざる生涯に迫るドキュメンタリー。

■デヴィッド・ボウイのバック・バンド、スパイダーズ・フロム・マースのギタリストであり、彼の盟友だったミック・ロンソン。その名を世界に知らしめたアルバム「世界を売った男」(71)、「ハンキー・ドリー」(71)、「ジギー・スターダスト」(72)、全英チャート1位を記録した「アラジン・セイン」(73)とその大ヒット先行シングル「ジニー・ジーン」など、デヴィッド・ボウイの名曲の数々に参加してきた。

ボウイが提供した「すべての若き野郎ども」がキャリア最大のヒットを記録したバンド、モット・ザ・フープルにも一時在籍し、他にもルー・リードやリッチ・キッズ、モリッシーらのアルバムをプロデュースするなど、縁の下の力持ちとしてロック界を支えたギタリストだ。だが、華やかなヒット曲の数々にもかかわらず、ミック自身は常に一歩引いたところに存在し、表舞台に出ることはなかった。その豊かな才能に見合う賞賛を得ることなく1993年にこの世を去った男の軌跡とは……。












































本編 1時間15分
デジタル
カラー
ハッピーアイランド
 happy island
●監督・脚本:渡邉裕也●出演:吉村界人(『サラバ静寂』)/大後寿々花(『 桐島、部活やめるってよ』)/三輪江一(『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』)/岡村多加江(『飯と乙女』)/中村尚輝(『劇場版「媚空-ビクウ-」』)●2015年/日本

まっすぐ生きることを教えてくれた、幸せの島で過ごした物語

“辛くもどかしい状況の中でも、生きなきゃいけない”。生き場のない青年が出会ったのは、行き場のない野菜たちだった――福島県出身の渡邉監督が、原発事故の風評被害の中、農業を続ける祖父の姿にインスパイアされて製作。3.11以後の福島の農家を舞台に描く、ほろ苦くてほのかに甘い青春譚。

■金ナシ職ナシやる気ナシ。東京で暮らす23歳の真也は飲み屋の店主の薦めから福島の農家で働くが、さむい・きつい・朝がはやい農作業に初日から嫌気がさす。しかもそもそも野菜は大きらい!ただ、そんな彼にも優しく厳しく向き合う農家の先輩たち。初めは地元の保育士里紗への下心で居残った真也だが、やがて手塩にかけた農作物の収穫や、彼のボス正雄の農業への誇りに触れるうち、福島の日々を好きになる。

そんな中、ある日真也は初めて売り子をした県外の直売所で、福島県産の野菜を毛嫌いする客にキレて殴りかかる。真也は諫められるが、どうしても納得がいかず…。











































本編 時間分
デジタル
カラー

 t