本編 1時間29分
デジタル
カラー
顔たち、ところどころ 字幕
 visages,villages
●監督・出演:アニエス・ヴァルダ(『アニエスの浜辺』)/JR(『知らない、ふたり』)●第70回カンヌ国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞受賞/第90回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー部門ノミネート●2017年/フランス

行先は、はじめてなのなになつかしい あの場所

映画監督アニエス・ヴァルダと、写真家でアーティストのJR。年の差54歳の二人がフランスの田舎町を旅しながら、人々とふれあい育む、でこぼこで優しい友情――市井の人々と接し作品を一緒に作り残していくロード・ムービースタイルのドキュメンタリー。

■女性映画監督の先駆者で“ヌーヴェル・バーグの祖母”とも呼ばれるアニエス・ヴァルダと、人々の大きなポートレイトを街に貼るプロジェクトで知られる新進気鋭のストリートアーティストJR(ジェイアール)。年の差54歳の2人がフランスの田舎を旅しながら、村々に住む市井の人々と接し友好を深め、作品を一緒に作っていく様子を記録していく。












































本編 1時間14分
デジタル
カラー
クレイジー・フォー・マウンテン 字幕
 mountain
●監督・脚本:ジェニファー・ピードン●ナレーション:ウィレム・デフォー(『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』)●2017年/オーストラリア

生きていることを実感する。だから人は山に夢中になる。

山に対する我々の飽くなき執念を目の眩むような映像で掘り下げ、山を愛する人に捧げた、地球上で最も美しい風景を描いた壮大なるオデッセイ――オーストラリア室内管弦楽団と『Sherpa』(15)で英国アカデミー賞にノミネートされた女性監督ジェニファー・ピードンの、映画と音楽のユニークなコラボレーション。第61回ロンドンフィルムフェスティバルで高い評価を受け、オーストラリアではNo.1のヒットを記録したドキュメンタリー。

■本作は、ロバート・マクファーレンの著書「Mountains of the Mind」をもとに構成され、人はなぜ山に登るのか、そしてなぜ山を愛するのか、の理由に迫る。登山の歴史を紐解きながら世界各地の名峰をたどり、エクストリームスポーツとしての山に至るまで、幅広く山への憧憬をうたった映像叙事詩である。

山岳撮影の第1人者、レナン・オズタークの協力のもと、多彩なフッテージ映像を使いながら、世界各地に広がる数々の難峰や名所を見せてくれる。ジェニファー・ピードン監督の前作『Sherpa』で描いたヒマラヤ山麓の映像や、エベレスト、モンブラン、メルー、アマ・ダブラムなどクライマー憧れの山映像がふんだんに使われており、世界各地のロケーションは、カナダ、フランス、日本、ネパール、パキスタン、スイス、チベット、アメリカなど22か国に及ぶ。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
ポップ・アイ 字幕
 pop eye
●監督・脚本:カーステン・タン(長編デビュー作)●出演:ボン(ゾウ)/タネート・ワラークンヌクロ(『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』)/ペンパック・シリクン(『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』)/チャイワット・カムディ/ユコントーン・スックキッジャー●第33回サンダンス映画祭 ワールド・シネマドラマ・コンペティション部門脚本賞受賞●第90回アカデミー賞 外国語映画賞シンガポール代表●2017年/シンガポール・タイ

旅は道連れ 世は情け

ゾウと中年男、タイ縦断500キロの摩訶不思議な旅がはじまる――タイに魅了され、"野良ゾウ"にインスピレーションを得たシンガポール出身の女性監督カーステン・タンが描く、かつてない奇想天外なロードムービー。

■かつて一級建築家として名を馳せたタナー。今は会社で居場所がなくなり、妻にも相手にされず、人生に疲れ切った中年男。ある日、彼はバンコクの路上で偶然、幼い頃に飼っていたゾウのポパイを見つける。いても立ってもいられなくなった彼は、数十年を経て巨大に成長したポパイを買い取って家に連れ帰るも、妻にキレられてしまう。

家庭も仕事も放り出したくなったタナーは、ポパイと二人で家出をして、幼い頃に一緒に暮らした故郷を目指して長い長い旅を始める。道中では、ちょっと間抜けな警官コンビや人生を悟ったホームレス、哀愁漂うニューハーフなど、個性豊かな人々と出会っていき…。












































本編 1時間40分
デジタル
カラー
悲しみに、こんにちは 字幕
 estiu 1993
●監督・脚本:カルラ・シモン(長編デビュー作)●出演:ライラ・アルティガス/パウラ・ロブレス/ブルーナ・クッシ/ダビド・ヴェルダグエル/フェルミ・レイザック(『ベラスケスの女官たち』)●第67回ベルリン国際映画祭 新人監督賞/ジェネレーションKplus部門グランプリ(青少年・子供映画の最高賞)受賞●第90回アカデミー賞 外国語映画賞スペイン代表●2017年/スペイン

かつて少女だった私たちへ――

スペイン・カタルーニャの陽光にきらめく、少女の“特別な夏”。小さな子どもから少女へと至る、人生でもっとも異質な時間。幼き心がはじめて生と死に触れる時。宝石の原石のような輝きとシャボン玉のような儚さをた携えた少女の“ひと夏”を描いた夏を瑞々しく描く――実話から生まれた忘れがたい名作。

■フリダは部屋の片隅で、荷物がダンボールに詰められるのを静かに見つめていた。その姿は、まるで母親が最後に残していった置物のようだ。両親を“ある病気”で亡くし一人になった彼女は、バルセロナの祖父母の元を離れ、カタルーニャの田舎に住む若い叔父家族と一緒に暮らすことになる。母親の入院中、祖母たちに甘やかされて育てられていた都会っ子のフリダ。一方、田舎で自給自足の生活を送っている叔父と叔母、そして幼いいとこのアナ。彼らは、家族の一員としてフリダを温かく迎え入れるが、本当の家族のように馴染むのには互いに時間がかかり…。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
ALONE アローン 字幕 
 mine
●監督・脚本:ファビオ・レジナーロ(『YES/NO イエス・ノー』脚本)/ファビオ・グアリョーネ●出演:アーミー・ハマー(『君の名前で僕を呼んで』)/アナベル・ウォーリス(『アナベル 死霊館の人形』)/トム・カレン(『ラスト・デイズ・オン・マーズ』)/ジェフ・ベル(『未来を花束にして』)/ジュリエット・オーブリー(『スティル・クレイジー』)●2016年/アメリカ・スペイン・イタリア

一歩踏み出して死ぬか、このまま死ぬか――

誰もいない何もない砂漠で地雷を踏み、取り残された兵士。救援まで52時間――途方もない極限状況に陥った青年の運命を、今、世界を魅了するスター俳優アーミー・ハマーが、全編出ずっぱりの入魂演技で体現した“絶対絶命”のワン・シチュエーション・スリラー。

■射撃の名手である米軍兵士マイクが砂漠でのテロリスト暗殺のミッションに失敗し、相棒のトミーとともに退却を余儀なくされる。しかし徒歩での移動中、ふたりは3000万個以上の地雷が埋められた危険地帯にさまよい込み、トミーが爆死してしまう。自らも地雷を踏んでしまったために身動きを封じられたマイクは、昼は灼熱の太陽が照りつけ、夜は極寒地獄と化す過酷な自然環境に身も心も疲弊していく。

たった独り。水なし。食料なし。通信手段なし。救助部隊が到着するまで52時間。一歩でも動いたら即死。予測不能のアクシデントに見舞われ続けるマイクは、極度の疲労で意識が混乱するさなか、幼少期の恐ろしいトラウマに襲われ、いよいよ自らの生死を分かつ決断に迫られる…。












































本編 1時間50分
デジタル
カラー
追想 字幕
 on chesil beach
●監督:ドミニク・クック(『劇場版 嘆きの王冠 -ホロウ・クラウン-/リチャード三世』)●出演:シアーシャ・ローナン(『レディ・バード』)/ビリー・ハウル(『ベロニカとの記憶』)/エミリー・ワトソン(『奇跡の海』)/アンヌ=マリー・ダフ(『未来を花束にして』)/サミュエル・ウェスト(『私が愛した大統領』)●2017年/イギリス

一生忘れられない恋だった。

たった1日で終わった結婚。若い2人の狂った歯車は、止まることはなかった――20代前半の若い男女の揺れ動く心情、誰もが経験する“ 大人になる瞬間”の儚さと美しさ。愛するがゆえに生まれてしまうすれ違いには胸を締めつけられ、最後には静かな波のような感動が押し寄せてくる唯一無二のラブストーリー。天才女優としてアカデミー賞の常連になっているシアーシャ・ローナンが、出世作『つぐない』の原作者イアン・マキューアンと再タッグを組んだ話題作。

■1962年、夏。世界を席巻した英国ポップカルチャー「スウィンギング・ロンドン」が本格的に始まる前のロンドンは、依然として保守的な空気が社会を包んでいた。そんななか、幸せいっぱいの若い夫婦が誕生する。カルテットの一員となり、大きな舞台でコンサートを開くことを夢見ていたのは、美しく野心的なバイオリニストのフローレンス。一方のエドワードは、歴史学者になることを目指しながら自由に暮らしていた。まるで接点のなかった2人だったが、ある日偶然出会い、一目で恋に落ちる。

そしてついに、フローレンスとエドワードは人生をともに歩んでいくことを決意する。偶然の出会いをきっかけに恋に落ち、それぞれが抱える問題を乗り越えて強く結ばれていた。結婚式を無事に終えて向かった先は、新婚旅行先のチェジル・ビーチ。そこで幸せの絶頂を迎えるはずだった。ところが、初夜にある出来事が起きてしまい、フローレンスとエドワードの運命が少しずつ狂い始める。幸せを夢見た2人が出した答えとは…。












































本編 1時間57分
デジタル
カラー
セラヴィ! 字幕 
 le sens de la pete
●監督・脚本:エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ(『最強のふたり』)●出演:ジャン=ピエール・バクリ(『みんな誰かの愛しい人』)/ジャン=ポール・ルーヴ(『ダリダ』)/ジル・ルルーシュ(『友よ、さらばと言おう』)/ヴァンサン・マケーニュ(『メニルモンタン 2つの秋と3つの冬』)/アイ・アイダラ(『ゴダール・ソシアリスム』)●2017年/フランス

ハレの日もあれば、悩める日もあるさ

「セラヴィ!―まぁ、これも人生さ!」フランス人が日常でしばしばつかう、エスプリを効かせた幸せの合言葉。ポンコツなウェディングスタッフが集まったパーティはトラブル続出の大惨事――『最強のふたり』監督・スタッフ最新作は、結婚式を舞台に繰り広げられる、遊びゴコロと優しさに満ち溢れた、私たちへの人生賛歌。

■ウェディングプランナーとして30年間、数え切れないほどの結婚式をプロデュースしてきたマックスは、そろそろ引退を考えていた。そんなある日、17世紀の城を舞台にした豪華絢爛な結婚式の依頼が舞い込んだ。いつも通り式を成功させようと、完璧な準備を整えたのだが、なんと集まったスタッフたちが全員ポンコツ!!

バンドのボーカルは新郎の希望と真逆の歌を熱唱しワンマンショー気取り、カメラマンは写真撮影よりもつまみ食い、ウェイターは新婦にうつつを抜かし、おしゃべりに夢中…。マックスの努力も虚しく、次第に式は大惨事と化す…。前途多難すぎる結婚式、果たして、チーム一丸となって成功させることはできるのか!?












































本編 1時間15分
デジタル
カラー
世界が愛した料理人 字幕
 soul
●監督:アンヘル・パラ/ホセ・アントニオ・ブランコ●出演:エネコ・アチャ/マルティン・ベラサテギ/カルメ・ルスカイェーダ/ジョエル・ロブション(『和食ドリーム』)/小野二郎(『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』)●2016年/スペイン

世界中から賞賛を浴びるミシュラン★★★料理店。創作の極意がここにある!

スペイン・バスクから東京へ。スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得した天才料理人エネコ・アチャ。料理の真髄を極めるために辿り着いたのは“和食”。そして世界最年長三ツ星の寿司店「すきやばし次郎」の小野二郎だった――ミシュランガイドで三ツ星を獲得したレストランが続々登場する、料理の神髄を探求するドキュメンタリー。

■スペインとフランスにまたがるバスク地方。そこはミシュラン星付きレストランも多く、世界的に美食の街として知られる。バスク州ビルバオ近郊の名店「アスルメンディ」をプロデュースする料理人エネコ・アチャ。スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得した彼の華麗でサステナブル(持続可能)な料理には世界中から多くの顧客が集まる。昨年は六本木に「エネコ東京」もオープンさせた。

農園とレストランが隣接する独特の環境の中で、料理を極めることに命を懸ける彼は、最高の料理に必要なもの、料理に込めるべき魂とは何かを求めるため、東京・銀座にある「すきやばし次郎」の主人、小野二郎に会いに行く旅に出た…。サンパウ、ジョエル・ロブションなど世界的な名店の創作の秘密も紐解きながら、エネコが目指す究極の料理の姿が次第に明らかになる。












































本編 1時間37分
デジタル
モノクロ/カラー
 
 juu
●監督:武正晴(『百円の恋』)●出演:村上虹郎(『2つ目の窓』)/広瀬アリス(『巫女っちゃけん。』)/日南響子(『桜姫』)/新垣里沙(『ブラック・フィルム』)/岡山天音(『ポエトリーエンジェル』)●2018年/日本

これほど美しく、手に持ちやすいものを、私は他に知らない――。

河原で偶然にも拳銃を拾ってしまった大学生のトオルは、銃が放つ緊張感とスリルに魅了され、やがて銃を持ち歩くようになる――芥川賞作家・中村文則の同名デビュー作を映画化。銃に支配され、徐々に狂気が満ちていく青年を描く衝撃のフィルムノワール。

■俺は拳銃を拾った――。大学生、西川トオルは、雨の夜の河原で、ひとりの男の死体と共に放置されていた拳銃を手にし、それを自宅アパートに持ち帰った。まもなく、その銃は彼にとって、かけがえのない宝物のような存在になった。見つめれば見つめるほどに、触れたならば触れるほどに、愛しさがこみあげてくる。誰かを脅すことも、守ることも、殺すことも、また自ら死ぬことも可能にする銃という〈道具=武器〉は、大学生活の心的様相もあざやかに変えていく。

そんなある日、トオルのアパートをひとりの刑事が訪れた。刑事は、トオルと銃のすべてを知っているようだった。部屋に入ろうとする刑事をなんとか防いだトオルだったが、喫茶店に移動して、尋問を受ける。「人間を殺すとね、不思議なことかもしれませんが、普通の理性でいれなくなるそうですよ」そして、刑事からある言葉が発せられたとき、トオルは後戻りのできない「どこか」に、否応なく踏み出していくのだった――。












































本編 1時間55分
デジタル
カラー
モダン・ラブ
 modern love
●脚本・監督:福島拓哉(『アワ・ブリーフ・エタニティ』)●出演:稲村梓(『LEGACY TIME』)/高橋卓郎(『あの娘、早くババアになればいいのに』)/芳野正朝(『Please Please Please』)/今村怜央/佐藤睦(『ヴァージン』)●2018年/日本

この恋が終わるとき、新しい世界がはじまる。

「起きてないことはすべて、起こり得るってことだから。気づいてないだけで」――パラレルワールドを題材に、5年前に失踪した恋人を思うヒロインの孤独と葛藤を描き出すサイコファンタジー。東京国際映画祭ほか世界各国の映画祭で絶賛、全国公開された『アワ・ブリーフ・エタニティ』の福島拓哉による、8年ぶりのオリジナル長編作品。

■東京、現在。NASAが太陽系内に生命体が存在する可能性のある新惑星・エマノンを発見したと発表。衝撃的なニュースは世界中を駆け巡り、新惑星ブームが到来する。しかし人々の盛り上がりと裏腹に、異常気象が頻発するようになる。

旅行代理店でアルバイトをしながら、大学で理論物理学を専攻している大学院生・ミカは、5年前に失踪してしまった恋人・テルのことが忘れられない。彼女は一見普通の大学院生だが、出会い系アプリで男を漁り孤独を埋めつつ、妄想でテルと会話している。そんなミカの様子を、親友のゲイ・シゲや、研究室の先輩・高山は心配している。

ある日、ミカは発作的に既視感を覚えるようになり、もう一人の自分と出会ってしまう。互いに驚く二人のミカだが、どうすればいいかわからない。テルの親友・バードに相談しに行くと、さらにもう一人のミカが現れ、それぞれが本来は違う世界線に存在するミカだということがわかる。パラレルワールドが交錯してしまっているのは、エマノンの影響かもしれない、とバードは語る。

テルが失踪した世界のミカ、テルと出会い恋が始まる世界のミカ、そしてテルが既に死んでいる世界のミカ。三人はそれぞれの人生を変える選択を迫られる…。












































本編 1時間51分
デジタル
カラー
太陽の塔
 taiyo no to
●監督:関根光才(『BUNGO ~ささやかな欲望~ 告白する紳士たち』)●2018年/日本

「何だったんだ、これは!!」

土偶の怪獣?宇宙人の建造物?岡本太郎は何のために創ったのか?――1970年開催の日本万国博覧会(大阪万博)で、ひときわ異彩を放っていたのが芸術家・岡本太郎の意匠により制作され、大阪のシンボルのひとつとして親しまれる太陽の塔だった。約半世紀ぶりに内部公開が実現し、再び脚光を浴びる“太陽の塔“。その魅力と謎に迫る、最初で最後のドキュメンタリー映画。

■2018年3月、48年ぶりに内部展示「生命の樹」の一般公開が始まるやいなや、見学希望者が殺到。一時はサイトのサーバーがダウンする事態にまでとなった。今秋には、「太陽の塔」展の開催も決まっており、48年の時を超えて、再び太陽の塔に注目が集まっている。

80年代、「芸術は爆発だ!」という言葉で、一躍世間の注目を浴びた岡本太郎。「凡人の理解を超えた変わり者」というタレントのイメージもあるが、画家・写真家・彫刻家・建築家・思想家の顔を持ち、芸術家という言葉にはとうてい収まり切らないスケールの大きな人物だ。本作では岡本太郎に影響を受けた人々をはじめ、総勢29名へのインタビューを敢行。芸術論だけでなく、社会学・考古学・民俗学・哲学の結晶としての岡本太郎が語られ、「太陽の塔」に込められたメッセージを解き明かす。












































本編 2時間08分
デジタル
カラー
乱世備忘 僕らの雨傘運動 字幕
 yellowing
●監督:チャン・ジーウン●2016年/香港

未来は一瞬じゃ変えられない でもこの時間がいつか未来をつくる

「僕たちは何かを変えたか――」。2014年、自分たちで香港の代表を選ぶ民主的な普通選挙を求めて若者が街を占拠した「雨傘運動」79日間の記録――香港の新世代による、香港、そしてアジアの未来を見つめる社会派青春群像劇ドキュメンタリー。

■僕が生まれる前、1984年に香港が1997年に中国に返還される事が決まった。2014年、香港にはいまだに民主主義はない。自分たちで香港の代表を選ぶ「真の普通選挙」を求めて若者が街を占拠した、雨傘運動。同じ「香港人」であるはずの警官たちからの浴びせられる催涙弾に皆が雨傘を手に抵抗し、僕はカメラを手にデモに向かった。そこで映画の主人公となる仲間たち、大学生のレイチェル、ラッキー、仕事が終わってからデモに駆けつけてくる建築業のユウ、授業のあと1人でデモに来た中学生のレイチェルたちに出会った。

香港の街が占拠され、路上にはテント村ができ、自習室ではラッキーの英語無料教室が開かれた。テントをたて、水を運び、そして夜は一緒にマットを敷いて路上に寝る日々。討議がまとまらず言い争いになると「これが民主主義」だと、皆で笑いあう。こんな香港を見るのははじめてだった。

当時27歳だった陳梓桓(チャン・ジーウン)監督が仲間たちと過ごした、未来のための備忘録。香港に暮らす「普通」の僕たちが、「香港人」として「香港の未来」を探した79日間の記録――。












































本編 1時間26分
デジタル
カラー
クリミナル・タウン 字幕
 november criminals
●監督・脚本:サーシャ・ガバシ(『ヒッチコック』)●出演:アンセル・エルゴート(『ベイビー・ドライバー』)/クロエ・グレース・モレッツ(『彼女が目覚めるその日まで』)/デヴィッド・ストラザーン(『グッドナイト&グッドラック』)/キャサリン・キーナー(『キャプテン・フィリップス』)●2016年/アメリカ

真実が潜む場所は、どこだ。

優等生の親友はなぜ殺された?卒業の前に僕らは謎を解く――最旬キャストで贈るスタイリッシュ・クライム・サスペンス。ワシントンD.C.は、アメリカのシンボルタウンであると同時に、殺人件数、強盗件数がトップの犯罪の街でもある。そんな街が持つ裏の世界を繊細な10代の視点で語るベストセラー・クライムノベル「November Criminals」待望の映画化。

■ワシントンD.C.に暮らす優等生のケビンがカフェでのバイト中、銃殺される。警察は、チンピラの黒人少年が麻薬を巡るギャング同士の抗争に巻き込まれたものであり、犯人は組織内で始末されたとして、早々に捜査を畳もうとする。しかしケビンが麻薬に関わって殺されたなどありえないと考えた親友のアディソンは、彼の名誉を取り戻すため、恋人未満の幼なじみフィービーと一緒に独自に事件を追い始める。

しかし警察は証言を取り合わず、学校は大学への推薦状を餌に捜査を牽制するなど、まるで街中が事件から目を背けているようであり、ケビンの両親も息子はこの街に殺されたと口をつぐむ。まるで街全体がこの事件をなかったかのように処理しようとする様に違和感を抱くアディソンとフィービー。やがて二人は戻れぬところへと足を踏み入れていく――。












































本編 2時間20分
デジタル
カラー
アンダー・ザ・シルバーレイク 字幕
 under the silver lake
●監督・脚本:デヴィッド・ロバート・ミッチェル(『イット・フォローズ』)●出演:アンドリュー・ガーフィールド(『ハクソー・リッジ』)/ライリー・キーオ(『ローガン・ラッキー』)/トファー・グレイス(『エージェント・ウルトラ』)●第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品●2018年/アメリカ

この街は、何かに操られている。

恋に落ちた美女の突然の失踪。オタク青年サムは、暗号解読、都市伝説、サブリミナルなどの知識を活かし、光溢れる街L.A.〈シルバーレイク〉の闇に近づいていく――『イット・フォローズ』監督が放つ、新感覚ネオノワール・サスペンス。

■ロサンゼルス・シルバーレイク。大物になる夢を抱いて出てきたサムは、気付けば仕事もなく、家賃まで滞納していた。ある日、向かいに越してきた美女サラにひと目惚れした彼は、何とかデートの約束を取り付ける。しかし翌朝、彼女は忽然と消えていた。もぬけの殻になった部屋を訪ねたサムは、壁に書かれた奇妙な記号を発見し、そこに陰謀の匂いをかぎ取る。

そんな中、大富豪や映画プロデューサーらの失踪や謎の死が相次ぎ、真夜中になると犬殺しが出没する。巷では街を操る謎の裏組織の存在が噂されていた。暗号、サブリミナルメッセージ、都市伝説や陰謀論をこよなく愛するサムは、無敵のオタク知識を総動員してシルバーレイクの下に蠢く闇へと迫っていく――。












































本編 1時間56分
デジタル
カラー
テルマ 字幕 
 thelma
●監督:ヨアキム・トリアー(『母の残像』)●出演:エイリ・ハーボー(『キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神』)/カヤ・ウィルキンス/ヘンリク・ラファエルソン/エレン・ドリト・ピーターセン)●第90回アカデミー賞&第75回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ノルウェー代表作●2017年/ノルウェー・フランス・デンマーク・スウェーデン

少女の中の“願い(タブー)”が目を醒ます

胸躍る青春の扉を開け、大人への階段を上り始めた少女テルマ。だが、その先には想像もしなかった“見知らぬ自分”が待ち受けていた。神に背く許されぬ初恋は、封印されたはずの“恐ろしい力”を呼び起こす――ラース・フォン・トリアーの遺伝子を受け継ぐ鬼才ヨアキム・トリアー監督が放つ、美しくも恐ろしいイノセントホラー。

■ノルウェーの人里離れた田舎町で、信仰心が深く抑圧的な両親のもとで育てられてきた少女テルマ。なぜか彼女には幼少期の記憶がなかった。オスロの大学に通うため、親元を離れ一人暮らしを始めたテルマは、奔放な同級生アンニャに惹かれていく。それはテルマにとって初めての恋であった。一方のアンニャも、どこか他人とは違う魅力を秘めたテルマに惹かれていく。そしてある時、二人は口づけを交わすのだが、厳しい戒律のもとで育てられたテルマは激しい罪悪感に苦悩する。だが、それは封印されたはずの“恐ろしい力”を解放するスイッチだった。

テルマは不可解な発作に襲われるようになり、その度に周囲で不気味な出来事が起こる。そしてある日、アンニャが忽然と姿を消してしまう。やがて、両親が隠し続けてきたテルマの悲しき過去が明かされる。なぜ、父親は幼いテルマを殺そうとしたのか?テルマの発作とアンニャの失踪の関係は?はたして、テルマが秘めた“恐ろしい力”とは――。











































本編 1時間54分
デジタル
カラー
輝ける人生 字幕 
 finding your feet
●監督:リチャード・ロンクレイン(『ニューヨーク、眺めのいい部屋売ります』)●出演:イメルダ・スタウントン(『ヴェラ・ドレイク』)/ティモシー・スポール(『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)/セリア・イムリー(『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』)/デビッド・ハイマン(『私が愛したギャングスター』)/ジョン・セッション●2017年/イギリス

泣いて、笑って、恋をして。踊りましょう、幸せのステップで

順風満帆の人生を送っていたが、長年連れ添った夫の浮気を目撃し傷心のまま姉の家に転がり込むサンドラ。ある日、姉はサンドラをダンス教室へ連れて行く――『ニューヨーク、眺めのいい部屋売ります』のリチャード・ロンクレイン監督がロンドン、ローマを舞台に描く、もっと豊かに生きるためのヒントが詰まった心温まる人生賛歌。

■35年寄り添った夫がナイトの称号を授与され“レディ”となったサンドラ。順風満帆の人生だったが、夫と親友の浮気現場を目撃、傷心でロンドンに住む姉ビフの団地に転がり込む。金や名誉とは無縁のビフは、なんでも話せる親友のチャーリーやダンス教室の仲間に囲まれて、人生を心から謳歌していた。妹の窮地を心配する姉は、サンドラをダンス教室へ無理やり連れていく。音楽とダンスは、かつてダンサーを目指したこともあるサンドラの心を癒し、忘れかけていた情熱を思い出させるのだった――。












































本編 1時間19分
デジタル
カラー
エンジェル、見えない恋人 字幕 
 mon ange
●監督・脚本:ハリー・クレフェン●出演:フルール・ジフリエ/エリナ・レーヴェンソン(『ルルドの泉で』)/マヤ・ドリー/ハンナ・ブードロー/フランソワ・ヴァンサンテッリ●2016年/ベルギー

ふたりにだけ、見える愛がある――

「こんにちは、はじめまして」「……ぼくのことが見えるの?」「見えないけど、声と匂いがするから」――“姿の見えない少年”と“盲目の少女”。世界の片隅で出会ったふたりの、とびきりピュアな小さな恋の物語は、『ぼくのエリ 200歳の少女』や『シザーハンズ』に続く、切なくも愛おしい究極のラブロマンス。

■エンジェルが生まれ育つのは、ある閉ざされた施設の中。彼の母親、ルイーズはマジシャンの恋人に捨てられ、心を病んでしまい施設に入居。その後、特異体質を持つ赤ん坊エンジェルを生む。母親と仲良く暮らしていたある日、初めて施設を抜け出して外の世界に出たエンジェルは、盲目の女の子マドレーヌと知り合う。エンジェルの秘密に気が付かないマドレーヌ。次第にふたりは心惹かれ合っていく。そんな時、マドレーヌは目の手術を受けることになるが…。












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
いつも月夜に米の飯 
 itsumo tsukiyoni komenomeshi
●監督・脚本:加藤綾佳(『おんなのこきらい』)●出演:山田愛奈(『最低。』)/和田聰宏(『恋愛奇譚集』)/高橋由美子(『四月の永い夢』)/渡辺佑太朗(『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』)/春花(『空と海のあいだ』)●2018年/日本

わたしの人生は、炊きたてのごはんみたいにあったかくて、塩引鮭よりもばかしょっぱい。

母親と離れて東京で暮らす女子高生の元に突然、地元で小料理屋を営む母親が突如失踪したとの連絡が入り、代わりに働くことになるが――新潟県を舞台にした、おいしそうでちょっぴり焦げついた、ごはんと恋と家族の物語。

■母親と離れて東京で暮らす女子高生の千代里の元に、地元の新潟で居酒屋を営む母親・麗子が突然失踪したとの連絡を受ける。女手一つで千代里を育てた麗子は、昔から男癖が悪く、自由奔放。そんな母へのわだかまりを抱えたまま新潟に戻った千代里は、店を守ろうとしている料理人のアサダと出会う。母の代わりに女将として働くことになるが、個性豊かな地元の客たちを相手にするうち、徐々に心を開いていく。やがて仕事に慣れるにつれ、次第にアサダに心惹かれていく千代里。そんな幸せな日々の中、突然、麗子が帰ってくるが…。












































本編 1時間36分
デジタル
カラー
最後のランナー 字幕
 on wings of eagles
●監督・脚本:スティーヴン・シン(『項羽と劉邦 -その愛と興亡-』)/マイケル・パーカー●出演:ジョゼフ・ファインズ(『恋におちたシェイクスピア』)/リシャール・サンデルソン/ブルース・ロック(『ロボコップ3』)/ショーン・ドウ(『サンザシの樹の下で』)/オーガスタ・シュ・オランダ●2016年/中国・香港・アメリカ

たとえ燃え尽きようとも、走った先にある、希望《ゴール》を信じて――。

あの熱い感動が再び――世界中が胸を熱くした、アカデミー賞受賞の名作『炎のランナー』。伝説の金メダリストの知られざる、壮絶な“その後”の物語。無限の可能性を秘めた若きランナーは、スポンサー契約を申し出てきた数多くの有名企業の誘いを断り、なぜアジアの新天地へと旅立ったのか。その驚くべき真実に迫り、リデルの波瀾万丈の軌跡を今に伝える感動作。

■パリ・オリンピックで金メダルを獲得したエリック・リデルが、その翌年の1925年に中国の天津へ旅立った。敬虔なクリスチャンである彼はアスリートとしてのさらなる栄光を追い求めず、両親と同じく宣教師として生きる道を選んだのだ。

しかし1937年、日本軍が天津を占領。妻子をカナダに退避させ、ひとりこの地に留まったリデルは人道支援を続けようとする。やがて中国における外国人を取り巻く状況は悪化し、リデルは大勢の欧米民間人とともにウェイシン収容所に入れられてしまう。外界と隔絶したその施設で過酷な抑圧と体調不良に苦しむリデルは、“走る”ことで不屈の情熱と信念を示し、仲間や子供たちに尊い希望をもたらすのだった…。












































本編 1時間39分
デジタル
カラー
十年 Ten Years Japan
 juunen
●監督:早川千絵/木下雄介(『水の花』)/津野愛/藤村明世(『見栄を張る』)/石川慶(『愚行録』)●出演:杉咲花(『湯を沸かすほどの熱い愛』)/田中哲司(『病葉流れて』)/太賀(『海を駆ける』)/木野花(『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』)/川口覚(『アレノ』)●2018年/日本

未来とは、今を生きること

高齢化、AI教育、デジタル社会、原発、徴兵制。5人の新鋭監督が《十年後の今》を見つめる――10年後の香港を舞台に5つの近未来を描き、世界の映画祭を席巻した『十年』。この香港版を元にした国際共同プロジェクトの日本版で、『万引き家族』の是枝裕和が総合監修を務めたオムニバス映画。75歳以上の高齢者に安楽死を奨励する未来版“姥捨て”の「PLAN75」、AIによる道徳教育を描く「いたずら同盟」など全5話。

■「PLAN75」:75歳以上の高齢者に安楽死を奨励する国の制度“PLAN75”。公務員の伊丹は、貧しい老人達を相手に“死のプラン”の勧誘にあたっていた。/「いたずら同盟」:AIにより理想的な道徳を刷り込まれているIT特区の小学校。用務員の重田が世話する老馬に殺処分の判断が下された時、クラスのはみ出し者の亮太は…。

「DATA」:母の生前のデータが入った“デジタル遺産”を手に入れた舞花。データを元に母の実像を結ぶことに喜びを感じていたが、知られざる一面を見つけてしまい…。/「その空気は見えない」:原発による大気汚染から逃れるために地下の世界に住む少女・ミズキ。友達のカエデから地上の話を聞き、母の意向に反発して地上の世界に憧れを抱くようになり…。/「美しい国」:自衛隊徴兵制が導入された日本。告知キャンペーンを担当する広告代理店の渡邊は、ベテランデザイナー・天達のもとに、ある報告をしに訪れるが…。












































本編 1時間25分
デジタル
カラー
黙ってピアノを弾いてくれ 字幕
 shut up and play the piano
●監督・脚本:フィリップ・ジェディック●出演:チリー・ゴンザレス/ピーチズ/トマ・バンガルテル(ダフト・パンク))●第68回ベルリン国際映画祭 正式出品●2018年/ドイツ・フランス・イギリス

その旋律に、人生が詰まっている。

〈狂気〉と呼ばれた男が奏でるピアノ。その音色は、なぜこんなにも美しく、感動的なのか――挑発的な言動、強烈すぎるキャラクター、そして唯一無二の音楽性で知られるピアニスト・作曲家、チリー・ゴンザレス。ビョーク、ダフト・パンク、ジェーン・バーキンらが心酔する天才音楽家の破天荒で感動的な魅力に迫る傑作ドキュメンタリー。

■チリー・ゴンザレスは、グラミー賞受賞歴のある作曲家であり、名ピアニスト、そしてエンターテイナーである。ラップ、エレクトロ、ピアノの間を縦横無尽に交差し、従来の枠にとらわれない唯一無二のポップパフォーマーとなった。このエキセントリックなアーティストは、ファイストやジャーヴィス・コッカー、ピーチズ、ダフト・パンク、ドレイクといったようなアーティストたちにインスピレーションを与え、共にコラボレーションをしている。

本作は、ゴンザレスを、母国カナダから90年代後半のベルリン、そしてパリを経て、世界の名だたるフィルハーモニーホールの演奏まで追う。ゴンザレスの自信喪失と誇大妄想がコインの裏表になっており、彼のステージでの人格のダイコトミー(二分法)に深く潜り込んでいく。ゴンザレスの遊び心に満ちたキャラクターは、本作の演出にも反映されている。ゴンザレスの幅広い映像アーカイブを用いた本作は、新たに撮影されたインタビューやコンサートシーンに全く異なる時間の架空の素材を織り交ぜることで、彼の人物像を探索していく。私たちがチリー・ゴンザレスの世界へと旅をするにつれ、現実とフィクションの境が不鮮明になっていく。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
オーケストラ・クラス 字幕
 la melodie
●監督・脚本:ラシド・ハミ●出演:カド・メラッド(『プチ・ニコラ』)/サミール・ゲスミ(『カミーユ、恋はふたたび』)/アルフレッド・ルネリー●第74回ベネチア国際映画祭 特別招待作品●2017年/フランス

人生も音楽も、こんなにも素晴らしい。

挫折したバイオリニストと夢を見つけた子どもたち。パリの空に奇跡のメロディーが響きだす――フランスで2,000人以上が体験した実在の音楽教育プロジェクト「Démos(デモス)」。音楽に触れる機会の少ない子供たちに、無料で楽器を贈呈しプロの音楽家が音楽の技術と素晴しさを教えるこの情操教育プログラムにインスピレーションを得て描かれ、音楽を奏でることの喜びと人生の素晴らしさを愛おしく紡ぎ上げた感動のヒューマンドラマ。

■パリ19区にある小学校へ音楽教育プログラムの講師としてやってきたバイオリニストのシモン。音楽家として行き詰まったシモンは、気難しく子供が苦手。6年生の生徒たちにバイオリンを教えることになるが、楽器に触れたこともなく、いたずら盛りでやんちゃな彼らに音楽を教えるのは至難の業で、たちまち自信を喪失してしまう。しかし、クラスの中でひとり、バイオリンの才能を持った少年アーノルドと出会ったことをきっかけにシモンの人生が再び動き出す。

アーノルドの影響もあって、感受性豊かな子供たちは音楽の魅力に気づき、演奏することに夢中になっていく。ときには、練習中に喧嘩になったり、他校との合同練習で赤っ恥をかいたり、失敗や経験を重ねながら音楽をとおして少しずつ成長していく子供たち。そんな彼らに向き合うことで、音楽の喜びを取り戻していったシモンは、生徒たちと共に一年後に開かれるフィルハーモニー・ド・パリでの演奏会を目指していく…。












































本編 1時間45分
デジタル
カラー
チャーチル ノルマンディーの決断 字幕
 churchill
●監督:ジョナサン・テプリツキー(『レイルウェイ 運命の旅路』)●出演:ブライアン・コックス(『ボーン・アイデンティティー』)/ミランダ・リチャードソン(『愛しすぎて 詩人の妻』)/ジョン・スラッテリー(『スポットライト 世紀のスクープ』)/エラ・パーネル(『わたしを離さないで』)/ジェームズ・ピュアフォイ(『その女諜報員 アレックス』)●2017年/イギリス

史上最大の作戦に最後まで抵抗した男の知られざる苦悩と真実。

映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』の舞台から4年後、1944年6月。第二次世界大戦末期、イギリス首相チャーチルは、連合国軍がナチスドイツ占領下の北西ヨーロッパへ侵攻する“ノルマンディー上陸作戦”を止めるために必要な説得の言葉を吟味していた――ダンケルクから4年、ノルマンディー上陸作戦決行までの96時間を追った、夫婦愛と人間愛に満ちた感動の物語。

■1944年6月、第二次世界大戦中のイギリス。 “ダンケルク救出作戦”から4年、英国首相ウィンストン・チャーチルは、ナチスドイツ占領下の北西ヨーロッパに侵攻する“ノルマンディー上陸作戦”の遂行に反対していた。第1次世界大戦中の1945年、自らの計画で遂行した“ガリポリ上陸作戦”で50万人もの死傷者を出した惨敗が繰り返されることを恐れていたからだった。

チャーチルは英国王ジョージ6世が同席する前で、この作戦を率先して推し進める連合国軍最高司令官であるアイゼンハワーに真っ向から反対意見を述べる。しかし意見は却下され、チャーチルは遂行阻止のために奔走することになる。すでに、連合国軍はイギリス南岸に100万人もの兵士を配備していた。長年の戦争と不況に疲弊しきった国民には、チャーチルがヒトラーの電撃戦に「抵抗し続けた」という貢献度は評価されていなかった。秘書に八つ当たりをするなどチャーチルの行動に心が離れそうになりながらも懸命に支え続けていた妻クレメンティーンの愛情あふれる行動が、チャーチルの心に深く刺さる。そして、1944年6月6日午前6時。チャーチルの国民を勇気づける演説が始まった――。












































本編 2時間00分
デジタル
カラー
妻の愛、娘の時 字幕
 love education
●監督・脚本:シルヴィア・チャン(『君のいた永遠〈とき〉』)●出演:シルヴィア・チャン(『山河ノスタルジア』)/ティエン・チュアンチュアン(『ウォーリアー&ウルフ』監督)/ラン・ユエティン/ウー・イエンシュー/ソン・ニンフォン●2017年/中国・台湾

同じお墓に入りたいって、お祖母ちゃん、本当に言った?

それぞれが信じる家族への想い――『恋人たちの食卓』など数多くの香港・台湾映画に出演してきた大女優、シルヴィア・チャン。映画監督・プロデューサーとしてもアジア映画界を代表する存在として活躍してきたチャン監督の最新作は、母の死をきっかけに、田舎にある父の墓をめぐる3世代の女性たちのそれぞれの想いを切実に、時にユーモアを交えて描いた感動作。

■母の死を看取ったフイインは、母を父と同じ墓に入れるため、田舎にある父の墓を自宅のそばへ移そうとする。夫や娘と共に、父の故郷を久しぶりに訪れるが、父の最初の妻ツォンや、彼女に同情した村人たちに激しく抵抗され、大きな波紋を巻き起こしてゆく。長年務めた学校教師の職をもうすぐ定年退職することも相まって、思い通りに事が進まずイライラを募らせていく。

そんな妻を優しく見守る夫・シアオピンは、彼女のために定年祝いのメッセージカードを買いに行ったりと陰ながら支えようとするのだが、ひょんなことから、勤め先の自動車教習所の生徒・ワンさんとの仲を、妻に疑われてしまう。フイインの娘・ウェイウェイはミュージシャンのボーイフレンド、アダーから北京に一緒に行こうと言われ迷っていた。そんな折に、彼女が働いているテレビ局が、フイインとツォンの「お墓をめぐるトラブル」に目をつけ取材をしようとする。フイイン、ウェイウェイ、ツォン。大切に想う人への気持ちが複雑に交錯するなか、それぞれが最後に下した決断とは…。












































本編 1時間57分
デジタル
カラー
恋のしずく
 koi no shizuku
●監督:瀬木直貴(『ラーメン侍』)●出演:川栄李奈(『センセイ君主』)/小野塚勇人(『丑刻ニ参ル』)/宮地真緒(『人間椅子』)/中村優一(『スレイブメン』)/蕨野友也(『リアル鬼ごっこ2』)●2018年/日本

一生忘れられないもの、みつけました。

詩織が実習先の酒蔵で出会ったのは、命が宿る幻の酒造り――日本三大酒処の一つとして有名な東広島市・西条を舞台に、伝統文化の象徴である日本酒造りを軸としながら、その土地で暮らす人々の生活、そして幻の日本酒を巡る出会いと別れを繊細に描いた心温まる人間ドラマ。

■東京の農大でワインソムリエを目指す“日本酒嫌い”のリケジョ・橘詩織の実習先は、意に反して東広島・西条の日本酒の酒蔵に決まってしまった。酒蔵での実習を終えないと単位が取得できず、夢のワインの本場フランスでの海外留学への道も閉ざされてしまう。渋々実習先の乃神酒造へ訪れた詩織だったが、今年は実習生の受け入れ予定はないと言われてしまう。

実は、蔵元が受け入れを断ったにも関わらず、息子である莞爾が父親への反抗心から勝手に進めていたのだった。絶対に単位が欲しい詩織は食い下がる。農家の娘美咲の助けもあり、なんとか杜氏の坪島から蔵に来るように言われ、酒蔵で修行に近い「実習」が始まる。人々との出会いや日本酒造りを通じて、今までにない喜びを見出す詩織。そんな時、蔵元の体調が急変し、思わぬ転機が訪れる。詩織は好きになった日本酒、西条の街や人々、そして思いがけず抱いた莞爾へのほのかな思いをどう決断していくのか――。












































本編 1時間48分
デジタル
カラー
ファイティン! 字幕
 champion
●監督:キム・ヨンワン●出演:マ・ドンソク(『新感染 ファイナル・エクスプレス』)/クォン・ユル(『バトル・オーシャン 海上決戦』)/ハン・イェリ(『ハナ -奇跡の46日間-』)●2018年/韓国

絆のために頂点を目指す!

かつて世界レベルのアームレスリング選手だったマークは、チャンピオンになることを夢見ている。そこに加わる自称業界最高のスポーツエージェントのジンギ。そしてマークが新しく見つけた家族スジンと彼女の子供たち。一人一人が自分自身の夢を追う――『新感染 ファイナル・エクスプレス』で注目され、個性的かつマッチョな風貌で人気上昇中のマ・ドンソク主演。50センチの上腕筋パワーが放つ、感動の腕相撲(アームレスリング)アクション・ドラマ。

■アメリカ・ロサンゼルス。子供の頃に韓国から養子に出されたマークは、アームレスリングの世界で頂点を目指したが、八百長疑惑をかけられて除名されて諦め、今はクラブの警備係として働いていた。そこにスポーツエージェントを名乗るパク・ジンギが現れ、マークを韓国で行われる大会に誘う。考えた末に韓国へ向かったマークは、ジンギから教えられた実母が住む家の住所に向かうが、家の反応はなく、やむなく立ち去る。それを部屋の中から見ていたのは、ジュニョンとジュニの二人の子供とその母親のスジンだった…。












































本編 1時間37分
デジタル
カラー
ライ麦畑で出会ったら 字幕 
 coming through the rye
●監督・脚本:ジェームズ・サドウィズ●出演:アレックス・ウォルフ(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』)/ステファニア・オーウェン/クリス・クーパー(『アダプテーション』)/エイドリアン・パスダー(『カリートの道』)2015年/アメリカ

明日はきっと、今日よりはマシさ。たぶんね。

1969年、アメリカのさえない高校生ジェイミーは小説「ライ麦畑でつかまえて」の舞台化を思いつき、許可を得るため作者のサリンジャーを探すが、居所がつかめない。そんな中、学校である事件が発生し――青春小説の金字塔として、世代を超えて愛されているJ.Dサリンジャー著「ライ麦畑でつかまえて」。そんな不朽の名作に心を奪われた青年の成長を描いた珠玉の青春映画。

■1969年、アメリカ・ペンシルベニア州。学校一冴えない高校生のジェイミーは、周囲ともなじめない孤独な生活を送っていた。そんなある日、若者のバイブル「ライ麦畑でつかまえて」に感銘を受け、演劇として脚色することを思いつく。しかし、舞台化には作者であるJ.D.サリンジャーの許可が必要だと知る。そこで、連絡を取ろうと試みるものの、隠遁生活をする作家の居所はつかめないまま。

その最中、学校である事件が発生し、ジェイミーは寮を飛び出してしまう。そして、演劇サークルで出会った少女のディーディーとともに、サリンジャー探しの旅に出ることを決意するのだった。新たな一歩を踏み出したジェイミーが見つけた“人生のヒント”とは…?












































本編 1時間36分
デジタル
カラー
ペギー・グッゲンハイム アートに恋した大富豪 字幕
 peggy guggenheim art addict
●監督:リサ・インモルディーノ・ヴリーランド(『ダイアナ・ヴリーランド 伝説のファッショニスタ』)●出演:ペギー・グッゲンハイム/ラリー・ガゴシアン/ハンス・ウルリッヒ・オブリスト●2015年/アメリカ

魅力的な世間知らず。自己顕示欲のかたまり。自由な女性の“荒れた”見本。20世紀美術のミューズ

20世紀を代表するアートコレクションをたった一人で築き上げ、華麗な恋愛遍歴とともに、多くの伝説を生んだ女性の痛快な一生――20世紀美術の綺羅星のような芸術家たちとの愛の遍歴も含め、いまや伝説となった女性の華麗な生の魅力を描いたドキュメンタリー。

■水の都、ヴェネツィア。アートの都としても有名なこの地に、個人のものとしては質・量ともに世界最大級のコレクションを有する美術館が存在する。その名も「ペギー・グッゲンハイム・コレクション」だ。

NYの富裕な家系に生まれたペギーは、20代の頃、伝統と格式だらけの世界から逃れるため、第一次大戦後の開放的な雰囲気にあふれるパリへ単身渡欧。当時、まだ価値を認められていなかったシュルレアリスムや抽象絵画のような同時代の革命的な表現に出会う。自由を謳歌する反骨的な芸術はペギーの肌になじみ、芸術家たちを支援する傍ら、世間知らずの令嬢から現代美術のコレクター、そして伝説のパトロネスへと華麗なる転身を遂げていく――。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
ステータス・アップデート 字幕
 status update
●監督:スコット・スピアー(『ミッドナイト・サン -タイヨウのうた-』)●出演:ロス・リンチ(「オースティン&アリー」TV)/オリヴィア・ホルト/コートニー・イートン(『キング・オブ・エジプト』)/グレッグ・サルキン/ロブ・リグル(『ミッドナイト・サン タイヨウのうた』)●2018年/アメリカ

願いを叶える魔法のアプリがくれたものとは――?

様々な問題に直面していた平凡な青年が、ある日、願いが何でも叶う魔法のアプリを手に入れる。「ブルーノ・マースのように歌って踊りたい」「好きな人と両想いになりたい」「リッチになりたい」全てが思い通りになる世界で彼が見つけ出した人生の答えとは?――『ヘアスプレ-』製作チーム最新作。幸せを探す全ての人に贈る、愛と人生の青春ドラマ。

■カリフォルニア出身の青年カイルは、両親の別居により、母と妹と3人で祖父のいるコネチカット州へ移り住む。自分に自信のないカイルは学校になじめず、恋人がいないのが悩みだった。そんなある日、不思議な男が、“ユニバース”というソーシャルアプリがダウンロードされたスマホをカイルに手渡す。“ユニバース”に投稿したことは全て現実になるという。魔法のアプリを駆使して望むものを何でも手に入れたカイルだったが、やがて重大なことに気がつく。さらに、人生最大の選択が目の前に迫っていた――。












































本編 1時間37分
デジタル
カラー
若い女 字幕
 jeune femme
●監督・脚本:レオノール・セライユ●出演:レティシア・ドッシュ/グレゴワール・モンサンジョン/スレイマン・セイ・ンディアイ/ナタリー・リシャール(『ヴィオレット-ある作家の肖像-』)●2017年/フランス

嘘つき、泣き虫、見栄っぱり

交際10年の恋人は去り、額の傷と白い猫だけが残った。やけっぱちのポーラが繰り広げる、等身大のパリ暮らし――何もかも失くした孤独なヒロインが、新たな人生に向かって少しずつ前へと進んでいく。現代に生きるすべての女性に贈る、孤独と自由、そして希望の物語。

■フランス、パリ。31歳のポーラは、10年付き合った写真家の恋人に突然別れを告げられる。お金も、家も、仕事もないポーラは、恋人の飼い猫とともにパリを転々とするはめに。ところが、気ままな性格が災いし、居候先の友人宅からも、安宿からも追い出され、疎遠だった母親にも拒絶されてしまう。パリにはポーラの居場所などなかったのだ。なんとか住み込みのベビーシッターのバイトを探し出し、ショッピングモールの下着屋でも働き始める。ようやく自分の居場所を見つけたかに思えたが…。













































本編 1時間45分
デジタル
カラー
チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛 字幕 
 tulip fever
●監督:ジャスティン・チャドウィック(『 マンデラ 自由への長い道』)●出演:アリシア・ヴィキャンデル(『トゥームレイダー ファースト・ミッション』)/デイン・デハーン(『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』)/ジュディ・デンチ(『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』)/クリストフ・ヴァルツ(『007 スペクター』)/マシュー・モリソン(『恋愛だけじゃダメかしら?』)●2017年/アメリカ・イギリス

花に狂い、愛に狂う

17世紀オランダ。人々を魅了する希少な品種のチューリップ。その球根一つの値段は邸宅一軒分にまで高騰し、史上最古のバブル“チューリップバブル”を巻き起こしていた――チューリップへの熱と、愛する人への想いが交わる中、それぞれの人生が交錯する。豪華実力派俳優とオスカー常連スタッフが贈る、フェルメールの絵画から生まれた愛と裏切りのヒューマン・ミステリー。

■17世紀のオランダ・アムステルダム。遥か東の国から来た珍しく美しい花―チューリップ―を、人々は我を忘れて手に入れようとした。その中でも特に高価なのが、希少な縞模様のチューリップ。それを人々は“ブレイカー(色割れ)”と呼んだ。この神々しく、真紅の縞模様が入った白い花が、人々の運命を変えていくことになる――。

孤児として修道院で育った美しい少女ソフィアは成人し、富豪で有力者の商人コルネリスに嫁ぐ。しかし、いつまでたっても子どもを授からないソフィアとの生活にコルネリスは焦りを感じる。気晴らしとして、コルネリスは絵画商人マテウスに頼み、ソフィアとの肖像画を描いてもらうことを思いつく。そのマテウスが紹介したのが、将来を嘱望されている若手画家ヤン・ファン・ロースであった。階段から降りてくるソフィアの姿を見た瞬間、恋に落ちたヤン。彼の横柄な態度に最初は嫌悪感を抱いていたソフィアだったが、絵を通じて向き合う時間の中で、徐々に彼に惹かれるようになっていく。

一方、サンツフォールト家の女中マリアは、魚売りのウィレムに恋をし、日々の逢瀬に幸せを感じていた。ウィレムは、愛するマリアとの結婚の為、一攫千金をかけてチューリップ売買の世界に飛び込み、球根の所有権証明書を手に入れる。それは一般的な白いチューリップの証明書のはずだった…。












































本編 1時間20分
デジタル
カラー
モーターヘッド/クリーン・ユア・クロック 字幕
 motorhead/clean your clock
●出演: レミー・キルミスター(『地獄に堕ちた野郎ども』)/フィル・キャンベル//ミッキー・ディー●2016年/アメリカ

大極悪!!計画なし。昼寝なし。後悔なし。

怒涛のスピードと圧倒的音圧によるシンプルで攻撃的なロックンロールを40年間続け、メインストリームとは真逆のロックの裏街道を驀進したが、2015年レミー・キルミスターが70歳でこの世を去り活動終了――不眠不休の曲作りとツアーを続けた、人類史上部類の暴走ロックンロールバンド《モーターヘッド》最期の公式ライヴ映像。

■1975年の結成以来、シンプルで攻撃的なロックンロールを40年間にわたって演奏し続け、常に孤高の存在でありながらも世界に多大な影響を及ぼした暴走ロックンロールバンド《モーターヘッド》の最後の公式ライブ映像を劇場公開。ボーカル&ベースをつとめたフロントマン、レミー・キルミスターが2015年12月28日に他界する約1カ月前にドイツ・ミュンヘンで行われたライブを収録。衰えながらも当時69歳とは思えないほどの暴走を見せるレミーの超人ぶりや、それを支えるギターのフィル・キャンベルとドラムのミッキー・ディーの奮闘ぶりなど、モーターヘッドという唯一無二なバンドの底力を、スクリーンを通して伝える。












































本編 1時間34分
デジタル
カラー
ムタフカズ 
 mutafukaz
●監督:西見祥示郎(『下妻物語』アニメパート演出)/ギヨーム・ルナール●声の出演:草なぎ剛(『ストリングス~愛と絆の旅路~』)/柄本時生(『彼女の人生は間違いじゃない』出演)/満島真之介(『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』)/上坂すみれ(『劇場版 艦これ』)/成河(『美女と野獣(2017)』吹替え)2018年/日本・フランス

■カラーギャングが日夜抗争を繰り広げるL.A.のダウンタウンを舞台に、見た目はキュートなキャラクターたちが死にもの狂いのサバイバル劇を展開するバイオレンス・アクション・ファンタジー――『鉄コン筋クリート』『マインド・ゲーム』など、刺激的かつ先鋭的なアニメを世に放ってきたSTUDIO4℃が、フランスのバンド・デシネ(コミック)とコラボした日仏合作アニメ。

■ここはDMC(ダーク・ミート・シティ)、犯罪者と貧乏人の吹き溜まり。この街に生まれ育ったアンジェリーノ、通称“リノ”は、ガイコツ頭の親友ヴィンスとボロアパートの一室に同居中。バカで臆病な友人ウィリーと共に3人で毎日つるんでダラダラと過ごしているが、将来の見通しは全くない。そんなある日、リノは天使のような美少女ルナにひと目惚れ。直後に遭った交通事故のせいで、人間のなかに混じった奇怪な存在の幻覚を見るようになる。さらに、謎の黒服集団や武装警官に命を狙われ、街じゅうを逃げ回るはめに。絶体絶命の危機に陥るなか、突然スーパーパワーに目覚めたリノは、またたく間に追手たちを血祭りに上げてゆく――。












































本編 1時間11分
ブルーレイ
カラー
人間機械 字幕
 machines
●監督・脚本:ラーフル・ジャイン●サンダンス映画祭 ワールドシネマドキュメンタリー 審査員特別賞●チューリッヒ映画祭 ドキュメンタリー国際長編部門 最優秀賞●2016年/インド・ドイツ・フィンランド

超絶音響 工場労働 記録映画

インドの繊維工場の過酷な労働を驚異的な音響と映像美で描き出す――1895年、リュミエール兄弟が『工場の出口』を発表して以来、映画は工場を捉えてきた。絶えず「労働」と「人間」を巡って来たともいえる映画の歴史に、本作はどのように位置づけられるのか?「記録」と「芸術」の境界を探求する、新鋭ラーフル・ジャイン監督による、世界中の映画祭で話題を集めたドキュメンタリー。

■今日、著しい経済成長を遂げているインド。北西部グジャラート州にある巨大な繊維工場内部に入っていくカメラが捉えるのは、劣悪な環境で働く労働者たちの姿。中には幼い子供もいる。あからさまな労働力の搾取。グローバル経済の下で歴然と進行する労使の不平等。出稼ぎ工場労働者が囚われる過酷な労働状況の告発を主題とする一方で、流麗なカメラワークによる画面はまるで宗教絵画のような「美しさ」を漂わせている。そして、画面を凌駕する圧倒的なまでの音響。作業機器から出る音の反復とその独特のうねりには、高揚感すら生まれるだろう。高精細・高解像度で記録され構築されたオーディオ・ビジュアルは、嗅覚や皮膚感覚まで刺激するかのように見る者の体感に訴える。












































本編 1時間50分
デジタル
カラー
ディヴァイン・ディーバ 字幕 
 divine divas
●監督・脚本:レアンドラ・レアル●出演:ブリジッチ・ディ・ブジオ/マルケザ/ジャネ・ディ・カストロ/カミレK/フジカ・ディ・アリディ●2016年/ブラジル

女として生きてきた 歌うことが生きること

1960年代、軍事独裁政権下で自由と権利を求めて花開いたディーバ達。ブラジル発“ドラァグクイーン版”『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』――日本ではお茶の間でおなじみの異性装、もしくはトランスジェンダーのタレント、広く“オネエ系”と称されるさまざまな才能が活躍している。そんな芸能に長けた異性装のパフォーマー、ドラァグクイーン達のブラジルにおけるカルチャー黎明期を追ったドキュメンタリー。

■ドラァグクイーン達の拠点となったヒバル・シアターは、レアンドラ・レアル監督の祖父がリオ・デ・ジャネイロに設立した劇場。創立70周年を記念し、この劇場から巣立ったレジェンド達を集めて「ディヴァイン・ディーバ・スペクタクル」が開催された。本作では、2014年に行われた彼女達のデビュー50周年祝賀イベントのプレミアに向かう様子が映し出される。長い間舞台の仕事からは遠ざかっていた高齢の彼女達に輝かしい60年代のシーンを振り返ってもらう構成だ。彼女達が語る波乱万丈でドラマチックな人生に貴重な歴史映像や写真が織り込まれ、ブラジルのサブカルチャーを紐解く史料的な価値をも見出すことができる。












































本編 1時間32分
デジタル
カラー
A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー 字幕
 a ghost story
●監督:デビッド・ロウリー(『セインツ -約束の果て-』)●出演:ケイシー・アフレック(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)/ルーニー・マーラ(『キャロル』)●2017年/アメリカ

これは、記憶の旅の物語――

不慮の事故で他界した主人公は、シーツ姿の幽霊となり、悲しむ妻を見守り続ける。やがて妻は前に進むためある決断をし――死んでもなお、愛する妻への想いを胸に、何十年もの時を彷徨い続ける幽霊の旅路を、切ない音楽とともに紡ぎ出す感動ファンタジー。

■アメリカ・テキサスの郊外、小さな一軒家に住む若い夫婦のCとMは幸せな日々を送っていたが、ある日夫Cが交通事故で突然の死を迎える。妻Mは病院でCの死体を確認し、遺体にシーツを被せ病院を去るが、死んだはずのCは突如シーツを被った状態で起き上がり、そのまま妻が待つ自宅まで戻ってきた。Mは彼の存在には気が付かないが、それでも幽霊となったCは、悲しみに苦しむ妻を見守り続ける。しかしある日、Mは前に進むためある決断をし、残されたCは妻の残した最後の想いを求め、彷徨い始めるーー。












































本編 1時間54分
デジタル
カラー
ごっこ
 gokko
●監督:熊澤尚人(『ユリゴコロ』)●出演:千原ジュニア(『劇場版 新・ミナミの帝王』)/優香(『羊の木』)/平尾菜々花/ちすん(『ヒーローショー』)/清水富美加(『暗黒女子』)●2017年/日本

「パパやん」と呼ばれた日、オレは本物の父になった。

大阪の帽子店で仲睦まじく暮らすアラフォーの城宮と5歳の娘ヨヨ子。だが実はこの二人、他人に知られてはいけない秘密を抱えた親子だった――早世の鬼才・小路啓之が遺した伝説の漫画、ついに映画化。狂気を内包する不器用な父性愛と自己犠牲の連鎖を描いた父と娘の物語。

■大阪の寂れた帽子店には、40歳目前にも関わらずニートの城宮と、5歳児・ヨヨ子の親子が仲睦まじく暮らしていた。実はこの二人、他人に知られてはいけない秘密を抱えた親子だった。十数年ぶりに城宮が実家に戻ったことを知る幼馴染で警察官のマチは、突如現れたヨヨ子に疑いの目を向ける。ごっこ生活のような不安定な二人のその日暮らしはある日突然、衝撃の事実によって崩壊してしまう…。












































本編 1時間58分
デジタル
カラー
嘘はフィクサーのはじまり
 norman: the moderate rise andtragic fall of a newyork fixer
●監督・脚本:ヨセフ・シダー(『ボーフォート レバノンからの撤退』)●出演:リチャード・ギア(『HACHI 約束の犬』)/リオール・アシュケナージ(『オオカミは嘘をつく』)/マイケル・シーン(『フロスト×ニクソン』)/スティーヴ・ブシェミ(『スターリンの葬送狂騒曲』)/シャルロット・ゲンズブール(『パパの木』)●2016年/イスラエル・アメリカ

あなたのゴタゴタ引き取ります。

ニューヨークの自称フィクサー、ノーマンは、出世のためにイスラエルのカリスマ政治家エシェルに近づき、やがてエシェルが大統領に就任すると、ノーマンも超大物たちの間で暗躍し始めるが――リチャード・ギアが、過度の”忖度”で混乱を巻き起こしてしまうフィクサーを演じたブラックコメディ

■世界金融の中心地、ニューヨーク。その一端を牛耳るユダヤ人上流社会に食い込むべく、自称フィクサーのノーマン・オッペンハイマーは小さな嘘を積み重ねて人脈を広げてきた。ある日、ニューヨークを訪れていたイスラエルのカリスマ政治家エシェルの肩書きを利用することを思つく。偶然を装って彼に近づき一流ブランドの革靴をプレゼントして、私用の電話番号を手に入れるのだった。しかし、せっかく招待した有名投資家主催の食事会にはエシェルは現れなかった。

それから3年後、エシェルはイスラエル首相に大出世した。ノーマンはワシントンD C で開催された支援者パーティに参加する。そして、奇跡は起きた。あの夜以来、音信不通だったエシェルが、感激した面持ちでノーマンを抱きしめ、“ニューヨークのユダヤ人名誉大使”と人々に紹介したのだ。あらゆる業界の人々から羨望の眼差しで見つめられ、ノーマンは成功を確信した。帰りの車中、興奮冷めやらぬ彼は、イスラエル法務省の女検察官アレックス(シャルロット・ゲンズブール)と知り合う。壮大な計画を得意げに語るノーマンだったが、怪しいやり口に彼女が疑惑を持ったとは気づくはずもなかった…。












































本編 1時間41分
デジタル
カラー
真っ赤な星 
 makkana hoshi
●監督・脚本:井樫彩●出演:小松未来/桜井ユキ(『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』)/毎熊克哉(『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』)/大原由暉/小林竜樹(『走れ、絶望に追いつかれない速さで』)●2018年/日本

14歳の少女と27歳女性の交わることのない愛の日々。

怪我で入院した14歳の陽は、27歳の優しい看護師・弥生に特別な感情を抱く。しかし退院の日、弥生が突然看護師を辞めたことを知る。1年後、ふたりは再会するが――2017年、日本人最年少で第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門にノミネートした22歳の新鋭・井樫彩の最新作は異色のラブ・ストーリー。

■14歳の陽は、怪我をして片田舎の病院に入院する。いつも優しくしてくれていた看護師の弥生に対し特別な感情を抱き始めるが、退院の日、弥生が突然看護師を辞めたことを知る。1年後、陽は買い物の帰り道で偶然弥生と再会するが、彼女は男たちに体を売って生計を立てており、過去の優しい面影はすっかり消えていた。学校にも家にも居場所がない陽は弥生に近づいていくが、弥生は誰にも言えない悲しい過去を抱えていた。互いに孤独なふたりは弥生のアパートで、心の空白を埋めるような生活を始める…。












































本編 1時間33分
デジタル
カラー
いろとりどりの親子
 far from the tree
●監督:レイチェル・ドレッツィン●2018年/アメリカ

どんなときも、わたしはあなたを愛してる

“普通”とは違う子どもたち。その親の戸惑いと、愛情――身体障がいや発達障がい、LGBTなど、さまざまな“違い”を抱える子を持つ300以上の親子に取材し、家族の本質を探ることに尽力し、世界24カ国で翻訳された大ベストセラー「FAR FROM THE TREE」を映画化。大きな困難を抱える子どもと親が語る、飾らない真実のストーリー。6組の親子の感動のドキュメンタリー。

■本作では、さまざまな“違い”を持った子どもが直面する困難とその経験から得られる喜びについてのプロセスが描かれる。映されるのは、原作者であるソロモンとその父ハワード、かつてダウン症の人々の可能性を世に示す代弁者として人気を博し「セサミストリート」にも出演していたジェイソンと、母エミリー、タイピングを覚えるまで言葉を発することがなかった自閉症のジャックと、彼のためにあらゆる治療法を試したオルナット夫妻ら、6つの親子だ。“違い”をどう愛するかを学んでいく親子の姿を追いながら、その“違い”を欠陥としてではなく光として祝福する方法を見出していく本作は、しあわせの形は無限に存在していることを、私たちに気づかせてくれる。












































本編 1時間47分
デジタル
カラー
えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。
 echitetsu monogatari -watashi kokyo ni kaettekimashita-
●監督:児玉宜久(『妻の恋人』)●出演:横澤夏子/萩原みのり(『ハローグッバイお笑いタレントの横澤夏子が映画初主演』)/山崎銀之丞(『サニー/32』)/笹野高史(『武士の一分』)/松原智恵子(『ゆずの葉ゆれて』)●2018年/日本

笑顔と涙を乗せて、人生が再び走り出す――

福井県からお笑いタレントを目指し上京するもまったく売れない山咲いづみは、友人の結婚式に出席するために帰郷し、その披露宴でえちぜん鉄道の社長からアテンダントにスカウトされ――お笑いタレントの横澤夏子が映画初主演。福井県えちぜん鉄道を舞台にした、泣いて笑える人間ドラマ。

■「人を笑顔にしたい」という夢を抱き、お笑いタレントを目指し福井から上京した山咲いづみ。しかし、コンビを結成するもまったく売れず解散寸前に。そんな心が折れそうな時、友人の結婚式で帰郷し、披露宴で出会ったえちぜん鉄道の社長・越智からアテンダントにスカウトされ、新しい道を歩みだす。

血のつながらない兄・吉兵の家族が住む実家で居候を始めるが、自分が養女だというわだかまりを抱き続けるいづみは、兄とギクシャクした関係のまま。職場では腰掛け的な態度が出てしまい空回りが続き、整備士の南部がいづみの心のオアシスになっていた。そんななか、列車内である事件が起る。その時、いづみがとった行動は…。












































本編 1時間10分
デジタル
カラー
初恋スケッチ まいっちんぐマチ子先生
 hatsukoi sketch
●監督:神村友征(『夏ノ日、君ノ声』)●出演:大澤玲美/村上純(しずる『ワラライフ!! 』)/池田一真/関町知弘/前田けゑ●2018年/日本

あなたはボクの青春の全部…

スランプに陥った漫画家ケンタは、気分転換にと田舎へ帰る。そこで母校あらま学園の教師・響子と出会い、昔のマチコ先生の面影を見る――セクシーかつキャッチーな魅力で1980年代に人気を博した人気漫画『まいっちんぐマチコ先生』。原作者えびはら武司の画業45周年を記念して制作された実写版青春ドラマ。

■学校を卒業して10年。池上ケンタは漫画家になる夢を叶えて東京に出てきたものの、漫画が描けなくなりスランプに陥ってしまう。そんな折、ケンタの幼馴染で母校・あらま学園の体育教師・網走金三から、学園が取り壊しになるので帰ってきてくれと連絡が入る。気分転換も兼ねて田舎に帰ってきたケンタは、旧友のカメこと亀山タマ夫)、成城ヒロミ、金三と合流して“取り壊し反対メンバー”に参加。そこで、学園の教師・高代響子と出会い、昔のマチコ先生の面影を見る。マチコ先生との想い出を巡るうち、次第に漫画を描く楽しさを思い出していくケンタ。そんななか、取り壊し推進派の中心人物である松本ヒロシと君嶋ナナオは圧力を高め、本格的な対立が深まっていく――。












































本編 1時間17分
デジタル
カラー
マイ・サンシャイン 字幕 
 kings
●監督:デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン(『裸足の季節』)●出演:ハル・ベリー(『チョコレート』)/ダニエル・クレイグ(『007 スペクター』)/ラマー・ジョンソン/カーラン・ウォーカー/レイチェル・ヒルソン●2017年/フランス・ベルギー

なによりも大切な家族。私の太陽。

1992年、サウスセントラル。ただ一緒にいられるだけで良かった――家族と暮らせない子どもたちを育てているミリーと、彼女たちを見守る隣人オビー.。ロサンゼルス暴動に巻き込まれた彼らを通して、人種偏見の問題を描くヒューマン・ドラマ。

■1992年、ロサンゼルス・サウスセントラル。家族と暮らせない子どもたちを育てているミリー。貧しいながらも、ミリーの愛情は光に溢れ、誰もが居場所を見つけていた。隣人のオビーは騒々しいミリーたち家族に文句をつけながらも、陰ながら彼女たちを見守っている。しかし、黒人が犠牲になった事件に対し不当な判決が出たことから暴動が始まり、ささやかに暮らしていたはずの彼らの生活にも変化が訪れる…。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
バグダッド・スキャンダル 字幕
 backstabbing for beginners
●監督:ペール・フライ(『ストックホルムでワルツを』)●出演:テオ・ジェームズ(『アンダーワールド』)/ベン・キングズレー(『ガンジー』)/ジャクリーン・ビセット(『ブリット』)/レイチェル・ウィルソン●2018年/デンマーク・カナダ・アメリカ

200億ドルの巨額マネーはどこへ消えた?

国連史上最悪の政治スキャンダルがこれだ――イラク戦争直前の2000年代初頭。経済制裁が敷かれ、困窮が続くイラク市民を救うため、国連がイラクの石油を管理し、その販売金で食料を買い市民に配給するという目的で始められた人道支援計画。しかし、その裏で総額640億ドルという巨額の予算のため賄賂や不正が横行した。この未曾有の汚職事件に迫るポリティカル・サスペンス。

■2002年。24歳のアメリカ人青年マイケルは、念願だった国連事務次長の特別補佐官に任命され、国連が主導する“オイル・フォー・フード”プロジェクトを担当することになった。これはイラクがクウェートに侵攻したことによる経済制裁の影響で、貧困にあえぐイラクの民間人を救う人道支援計画。国連の管理の元でイラクの石油を販売し、食料に変えてイラクの国民に配る。一見理想的な政策に見えるこのプロジェクトに実はフセイン自身が関与し、国連を中心とした世界各国の企業や官僚機構がかかわっていることを知る。やがて世界に例を見ない巨額の詐欺事件に発展していくのであった――。












































本編 2時間09分
デジタル
カラー
1987、ある闘いの真実 字幕
 1987
●監督:チャン・ジュナン(『ファイ 悪魔に育てられた少年』)●出演:キム・ユンソク(『海にかかる霧』)/ハ・ジョンウ(『トンネル 闇に鎖された男』)/ユ・ヘジン(『ベテラン』)/キム・テリ(『お嬢さん』)/ソル・ギョング(『TSUNAMI -ツナミ-』)●2017年/韓国

誰もが驚愕する。これは、わずか31年前の事件――

1987年、一人の大学生の死が人々の心に火をつけた――反政権デモに関係したとして警察の取り調べを受けていた1人の大学生が死亡。警察は隠蔽を図るが、検死解剖により原因が拷問であると知った新聞記者たちは、事件を明るみにしよううと奔走し大騒動へと発展する。国民が国と闘った韓国民主化闘争を描く衝撃の実話。

■1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。南営洞警察のパク所長は、徹底した北分子の排除を目的に、取り調べを日に日に激化させてゆく。そんなある日、ソウル大学の学生が取り調べ中に死亡する事故が発生。行き過ぎた取り調べが原因だった。隠ぺいを目論む警察は、親にも遺体を見せないまま火葬を申請。ところが、その成り行きを不審に思ったチェ検事は、検死解剖を命じる。これにより、学生は拷問致死であったことが判明する。

だが、政府は取り調べを担当した刑事2人の逮捕で事件の幕引きを図ろうとする。これに気付いた新聞記者や刑務所看守たちは、事件を白日の下に晒そうと奔走。これに対して、警察の妨害もエスカレート。その一方で、拷問で仲間を失った大学生たちも、立ち上がろうとする。やがて韓国全土を巻き込む民主化闘争へと発展してゆく――。












































本編 2時間18分
デジタル
カラー
アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語 字幕
 anna karenia: vronsky's story
●監督・脚本:カレン・シャフナザーロフ(『ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火』)●出演:エリザヴェータ・ボヤルスカヤ/マクシム・マトヴェーエフ(『オーガストウォーズ』)/ヴィタリー・キシュチェンコ/キリール・グレベンシチコフ/マカール・ミハルキン●2017年/ロシア

■アンナが鉄道に身を投げた後、成長した息子セルゲイは母の愛人だったヴロンスキーと日露戦争中の満州で偶然出会い、母の真実を聞かされる――文豪トルストイの「アンナ・カレーニナ」をベースに、レサーエフの日露戦争文学の要素を交え、人生と愛の本質に迫る文芸大作。

■日露戦争の時代、1904年。セルゲイ・カレーニンは満州の戦地で、ある大佐に出会う。彼の名はアレクセイ・ヴロンスキー。母アンナを死に追いやった男――。1872年の冬、モスクワ駅で若きヴロンスキーは政府高官カレーニンの妻に出会う。彼女はアンナ・カレーニナ。二人は許されないと知りつつ、恋におぼれていった。どんな悲劇が待っているかも知らずに…。












































本編 1時間35分
デジタル
カラー
負け犬の美学 字幕
 sparring
●監督・脚本:サミュエル・ジュイ●出演:マチュー・カソヴィッツ(『裏切りの戦場 葬られた誓い』)/オリヴィア・メリラティ/ソレイマヌ・ムバイエ/ビリー・ブレイン●2017年/フランス

人生を踊れ!

負けっぱなしの父が、最後のリングで娘に伝えたかった思いとは――40代半ばの中年ボクサーが、娘の夢を叶えるために危険なスパーリングパートナーとして奮闘するさまを描き出す。愛する家族のため、そして男として自らの信念を貫く生きざまに涙が溢れる感動作。

■40代半ばを迎え盛りをすぎた中年ボクサー、スティーブ。たまに声のかかる試合とバイトで家族をなんとか養っていたが、ピアノを習ってパリの学校に行きたいという娘の夢を叶えたい一心で、誰もが敬遠する欧州チャンピオンのスパーリングパートナーになることを決意する。

ボロボロになりながらも何度でも立ち上がり、スパーリングパートナーをやり遂げたスティーブにチャンピオンからある提案が舞い込む。そしてスティーブは愛する家族、そして自身の引き際のために最後の大勝負に出る。引退試合のリングで父として娘に伝えたかった思いとは――?












































本編 1時間21分
デジタル
カラー
オンネリとアンネリのふゆ 字幕
 onnelin ja annelin talvi
●監督・脚本:サーラ・カンテル(『オンネリとアンネリのおうち』)●出演:アーヴァ・メリカント(『オンネリとアンネリのおうち』)/リリャ・レフト(『オンネリとアンネリのおうち』)/エイヤ・アフヴォ(『オンネリとアンネリのおうち』)/ヤッコ・サアリルアマ(『オンネリとアンネリのおうち』)/ヨハンナ・アフ・シュルテン(『オンネリとアンネリのおうち』)●2015年/フィンランド

ふたりだけの秘密のおうちにやってきた、小さな訪問者たち。

オンネリとアンネリのもとに、こびとの一家がやってくる。ふたりは、悪い人間たちから逃げているというこびとの一家をドールハウスに匿うが――北欧から届いた、ちょっぴりおませな女の子たちと、ちっちゃなこびとたちの、幸せクリスマス。フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミの児童文学を映画化。『オンネリとアンネリのおうち』に続くシリーズ第2弾。

■クリスマスの近づくある日、バラの木夫人から買った小さなかわいいおうちで暮らすオンネリとアンネリのもとに、プティッチャネンというこびとの一族の家族がバラの木夫人をたずねてやってくる。おうちをなくしたこびとの家族は、彼らをつかまえようとする悪い人間たちから逃げているという。そこでふたりは、夫人の居場所が分かるまで、ふたりのドールハウスに家族をかくまうことに。しかし、お金に困っているガソリンスタンド店の夫婦がこびとの家族の存在に気づいて――。












































本編 2時間10分
デジタル
カラー
バッド・ジーニアス 危険な天才たち 字幕 
 chalard games goeng
●監督・脚本:ナタウット・プーンピリヤ●出演:チュティモン・ジョンジャルーンスックジン/チャーノン・サンティナトーンクン/イッサヤー・ホースワン/ティーラドン・スパパンピンヨー/タネート・ワラークンヌクロ(『ポップ・アイ』)●2017年/タイ

まとめて合格、請け負います。

目指すは大学統一入試試験突破。高校生ドリーム・チームが仕掛けた史上最大の頭脳ゲーム――一人の天才少女をリーダーに、高校生の犯罪チームが頭脳と度胸だけを武器に世界を股にかけたカンニング・プロジェクトを仕掛ける。“高校生版『オーシャンズ11』”の呼び声高く、世界16の国と地域でサプライズ大ヒット。スタイリッシュでスリリングなタイ発クライム・エンタテインメント。

■小学生の頃からずっと成績はオールA、さらに中学時代は首席と天才的な頭脳を持つ女子高生リン。裕福とは言えない父子家庭で育った彼女は、その明晰な頭脳を見込まれ、晴れて進学校に特待奨学生として転入を果たす。新しい学校で最初に友人となったグレースを、リンはテストの最中に“ある方法”で救った。その噂を聞きつけたグレースの彼氏・パットは、リンに“ビジネス”をもちかけるのだった。

それは、より高度な方法でカンニングを行い、答えと引き換えに代金をもらう――というもの。“リン先生”の元には、瞬く間に学生たちが殺到した。リンが編み出したのは、“ピアノ・レッスン”方式。指の動きを暗号化して多くの生徒を高得点に導いたリンは、クラスメートから賞賛され、報酬も貯まっていく。しかし、奨学金を得て大学進学を目指す生真面目な苦学生・バンクはそれをよく思わず…。そして、ビジネスの集大成として、アメリカの大学に留学するため世界各国で行われる大学統一入試を舞台に、最後で最大のトリックを仕掛けようとするリンたちは、バンクを仲間に引き入れようとするが…。












































本編 1時間24分
デジタル
カラー
世界で一番ゴッホを描いた男 字幕
 china's van goghs
●監督:ユイ・ハイボー/キキ・ティンチー・ユイ●2016年/中国・オランダ

職人か芸術家か

自分の命を削りながら一筆、一筆をキャンパスに自身をぶつけ、芸術に人生を捧げて芸術の高みを目指したゴッホ。そんなゴッホに魅せられた男が中国にいた――20年にわたりゴッホの複製画を描き続け、本物の絵画を見たいと夢み、ゴッホに人生を捧げる男の姿を追った感動のドキュメンタリー。

■複製画制作で世界の半分以上のシェアを誇る油絵の街、中国大芬(ダーフェン)。出稼ぎでこの街にやって来た趙小勇(チャオ・シャオヨン)は独学で油絵を学び、20年もの間ゴッホの複製画を描き続けている。絵を描くのも食事も寝るのも全て工房の中。いつしか趙小勇はゴッホ美術館へ行くという夢ができた。本物の絵画からゴッホの心に触れて何か気づきを得たい、今後の人生の目標を明確にしたいという思いと共に。

どうしても本物のゴッホの絵画を見たいという想いは日増しに募り、ついに夢を叶えるためにアムステルダムを訪れる。本物のゴッホの絵画を見て衝撃を受けた趙小勇はいつしか、自分の人生をゴッホの生き様に写し合わせ、何をすべきか自分を見つめ直すようになる。果たして自分は職人か芸術家か。思い悩んだ趙小勇はある決断をする――。












































本編 2時間06分
デジタル
カラー
シシリアン・ゴースト・ストーリー 字幕
 tsicilian ghost story
●監督:ファビオ・グラッサドニア/アントニオ・ピアッツァ●出演:ユリア・イェドリコヴスカ/ガエターノ・フェルナンデス/ヴィンチェンツォ・アマート(『デカメロン』)/ザビーネ・ティモテオ(『夏をゆく人々』)●2017年/イタリア・フランス・スイス

いつも、そばにいるよ やっと、見つけた

1993年、シチリアの村で13歳の少年ジュゼッペが姿を消し、村人たちは沈黙を決め込む。ジュゼッペに想いを寄せていた少女ルナは、彼を隠してしまった闇の世界へと踏み込んで行く――美しい自然の風景とともに描かれる、実際に起きた誘拐事件から紡ぐ寓話的なラブストーリー。

■シチリアの小さな村で、13歳の少年ジュゼッペが突然、姿を消した。彼に思いを寄せていた同級生の少女ルナは、謎だらけの失踪を受け入れられず、村の誰もが従う沈黙の掟に抗ってゆく。ジュゼッペを探すため、ルナは不思議な湖にある入り口から、彼を飲み込んでしまった闇の世界へと下ってゆく。彼女をこの世界に戻せるのは、二人の不滅の愛だけ――。












































本編 1時間47分
デジタル
カラー
台北暮色 字幕
 missing johnny
●監督・脚本:ホアン・シー●出演:リマ・ジタン/クー・ユールン(『台北の朝、僕は恋をする』)/ホアン・ユエン●2017年/台湾

どこまでも孤独、どこまでももろく、どこまでも強く。

反射する暮色の街〈台北〉に、いま、生きている。女と、男と、少年――ホウ・シャオシェンは言った。「台北の現在の姿を描けたのは、『台北ストーリー』のエドワード・ヤン以来だ」と。ホウ・シャオシェンの現場で映画を学んできた女性監督、ホアン・シーのデビュー作品。台北の街、地、鉄道、道路、そこに降る雨、そこにある水たまり、その美しさ。そこに生きる人、家族、その強さ。もろくも孤独な魂たちが、美しく、強く結ばれるときが映し出される。

■車で生活する中年の男。人と混じり合えない少年。「ジョニーはそこにいますか?」という間違い電話を何度も受ける独り暮らしの女。そんな3人が孤独の中、出逢い、また、新しい未来が見えてきたとき、彼女の思いがけない過去が明らかになっていく ──。台北の<暮色>。物語のクライマックス、そこに、何を見るのか ──。












































本編 1時間33分
デジタル
カラー
ジュリアン 字幕
 jusqu'a la galde
●監督:グザヴィエ・ルグラン●出演:レア・ドリュッケール(『イン・マイ・スキン/人には言えない、私が本当にしたいこと 』)/ドゥニ・メノーシェ(『疑惑のチャンピオン』)/トーマス・ジオリア/マティルド・オネヴ●第74回ベネチア国際映画祭 最優秀監督賞(銀獅子賞)受賞●2017年/フランス

ジュリアンは母親を守るため、必死で嘘をつく

家族は、衝撃の結末を迎えた――フランス映画界の新しい才能、グザヴィエ・ルグラン監督、衝撃の長編デビュー作。離婚した父と母の間で揺れ動く息子ジュリアンの苦悩を描きながら、張り詰めた緊張感が終始途切れず最後まで続き、観る者を圧倒する。車の音、エレベーターの音、暗闇など、身近な物音を効果的に使った傑作サスペンス。

■両親が離婚したため、母ミリアム、姉と暮らすことになった11歳の少年ジュリアン。離婚調整の取り決めで親権は共同となり、彼は隔週の週末ごとに別れた父アントワーヌと過ごさねばならなくなった。母ミリアムはかたくなに父アントワーヌに会おうとせず、電話番号さえも教えない。アントワーヌは共同親権を盾にジュリアンを通じて母の連絡先を突き止めようとする。ジュリアンは母を守るために必死で父に嘘をつき続けるが、それゆえに父アントワーヌの不満は徐々に溜まっていくのであった。家族の関係に緊張が走る中、想像を超える衝撃の展開が待っていた――。












































本編 2時間19分
デジタル
カラー
ポルトの恋人たち 時の記憶 
 poruto no koibitotachi
●監督:舩橋淳(『谷中暮色』)●出演:柄本佑(『素敵なダイナマイトスキャンダル』)/アナ・モレイラ(『熱波』)/アントニオ・ドゥランエス/中野裕太(『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』)●2018年/日本・ポルトガル・アメリカ

あの日、あの場所で、私たちはまた出逢う

18世紀ポルトガル、21世紀日本。時代をこえた愛と復讐の記憶たち――どちらの時代もあらがえぬ運命よって引き裂かれ、その挙げ句に恋人を殺害された女。その恨みを晴らすために選んだ手段は、思いもよらぬものだった…。3人のキャストがそれぞれ1人2役に挑んだ異色のラブミステリー。

■18世紀リスボン大震災後のポルトガル。復興事業のためにインドからつれてこられた日本人召使の宗次と四郎。屋敷で働く雑役女中、マリアナと通わす宗次だったが、理不尽な雇い主にたてついたことで銃殺されてしまう。21世紀東京オリンピック後の日本。工場縮小に伴い、リストラされ夢破れた日系ブラジル人の幸四郎は、ポルトガル人の妻マリナを残し自死を選ぶ。リストラ宣告をくだしたのは加勢柊次だった…。












































本編 1時間32分
デジタル
カラー
イット・カムズ・アット・ナイト 字幕 
 it comes at night
●監督・脚本:トレイ・エドワード・シュルツ●出演:ジョエル・エドガートン(『ラビング 愛という名前のふたり』)/クリストファー・アボット/カルメン・イジョゴ(『ブルーに生まれついて』)/ケルビン・ハリソン・ジュニア/ライリー・キーオ(『アンダー・ザ・シルバーレイク』)●2017年/アメリカ

外には恐怖。中には狂気。

夜襲い来る“それ”の感染から逃れるため、ある一家が森の奥深くにある一軒家に、外界との接触を断ちひっそりと暮らしていた。しかしある日、そこに別の家族が助けを求めて転がり込んでくる。そしてある夜、固く閉ざされていた禁断の赤いドアが開き、彼らの静寂が破られる――『イット・フォローズ』製作陣が仕掛ける、極限の心理スリラー。

■森の奥深く。ポール一家が夜にやってくる“それ”の感染に怯えながらひっそりと暮らしていた。ある夜、一家の元にウィル一家が助けを求めてやってきた。迎え入れられた新しい家族とともに、初めて一つのテーブルを囲んだ夜、ポールはこの家のルールを話し始める。それは夜来る“それ”の感染を防ぐために「夜、入口の赤いドアは常にロックする」こと。この決まりに従うことを条件に、彼らを受け入れることにしたのだ。

交流が増えるにつれ、互いに心を開き、上手く回り始めたかに見えた集団生活だったが、ある夜、赤いドアが開け放たれていたことが発覚。誰かが感染したことを疑うも、今度はポール一家の犬が何者かによる外傷を負って発見され、さらにはある人物が不可解な発言を口走る…“それ”の正体とは一体何なのか?疑心暗鬼に陥った彼らは、予想だにしない結末へと突き進んでいく――。












































本編 1時間33分
デジタル
カラー
家へ帰ろう 字幕
 el ul timo traje
●監督:パブロ・ソラルス●出演:ミゲル・アンヘル・ソラ(『タンゴ』)/アンヘラ・モリーナ(『ブランカニエベス』)/オルガ・ボラズ/ユリア・ベアホルト/マルティン・ピロヤンスキー●2017年/スペイン・アルゼンチン

待っていたのは70年越しの奇跡でした。

アルゼンチンから故郷ポーランドへ。ホロコーストから逃れた仕立屋が約束を果たすために旅に出る。約束とは、自分の命を救ってくれた親友に自分が仕立てた「最後のスーツ」を渡すこと――ソラルス監督自身の祖父の家が「ポーランド」という言葉がタブーであったことから発想を得、自身のアイデンティティーを確認するために避けて通れないテーマを結実させた感動のロードムービー。

■88歳のユダヤ人仕立屋アブラハムは、住み慣れた仕立屋兼自宅を引き払い、老人施設に入ることになっていた。最後に1着だけ残ったスーツを見てアブラハムはあることを決意する。家を抜け出しブエノスアイレスからマドリッド行きの航空券を手配。ブエノスアイレスから、マドリッド、パリを経由して、ポーランドに住む70年以上会っていない親友に最後に仕立てたスーツを届けに行く旅が始まる。
アブラハムは、決して「ドイツ」と「ポーランド」という言葉を発せず、紙に書いて行く先を告げていく。飛行機で隣り合わせた青年、マドリッドのホテルの女主人。ドイツ人の歴史学者など、旅の途中で出会う人たちは、アブラハムの旅を支えようとそれぞれの環境の中で受け入れることで、アブラハムの尖った部分を柔らかくしていく。

ポーランドに住む親友は、ユダヤ人であるアブラハムが第2次大戦中、ナチスドイツによるホロコーストから逃れたアブラハムを助け、匿ってくれた命の恩人であった。アブラハムが70年前に受けた足の傷が悪化し、看護師から車いすを押されて、過去の壮絶な思い出と一緒にたどり着いた場所は、70年前と同じ佇まいをしていた。アブラハムの人生最後の旅に人と人が繋ぐ“奇跡”が訪れようとしていた――。












































本編 1時間40分
デジタル
カラー
北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ 字幕
 liberation day
●監督:ウギス・オルテ/モルテン・トローヴィク●出演:ライバッハ(『アイアン・スカイ』音楽)●2016年/ノルウェー・ラトビア

世界一クレイジーなバンド、世界一閉ざされた国に現る!

2015年8月15日。北朝鮮の祖国解放70周年記念日に招待された“初”の海外ミュージシャン。それは、ナチスを彷彿させるパフォーマンスで物議を醸すロックバンド、ライバッハだった――スロベニア出身のインダストリアル・ロックバンドが奇跡のライブ実施に至るまで、悪戦苦闘の1週間を追ったロックなドキュメンタリー。

■ライバッハ一行を北朝鮮側で待ち受けていたのは、予想を越える厳しい監視体制だった。着いた初日から空港でコンサート用のデータを没収され、北朝鮮政府が世界中から集めたライバッハに対する厳しい批評記事を読み上げられる。常に誰かに監視されているようで、ライバッハはもちろん、北朝鮮のコーディネーター、リさんも気が休まる暇がなかった。

それでも、ライバッハは何とかコンサートを成功させようと、ミーナがチマチョゴリを着て北朝鮮の最新ヒット曲「行こう白頭山へ」や国民的民謡「アリラン」のカヴァーを歌うアイデアを思いつき、平壌の音楽学校からやってきた少女達とリハーサルに励んだ。彼女達の美しい歌声を聴いて感動するメンバー。また、一人歩きは厳禁!と言われているにも関わらず、ホテルを抜け出して町を散策したイヴァンは「ここはユートピアだ」と呟く。彼らは、これまで自分達が北朝鮮に対して抱いていたイメージとの違いに驚いていた。

しかし、コンサートをめぐる厳しい現実は相変わらない。公演日の2日前になって、北朝鮮の検閲官からコンサートで使う映像に細かくダメ出しをされて、映像スタッフは突貫工事で映像を修正することに。曲に対しても検閲は厳しく、「行こう白頭山へ」のカヴァーではミランのパートの歌い方が不評で、「観客が怒り出すかもしれない」と忠告されてしまう。タイムリミットが刻々と迫るなか、なかなか許可がおりないために演奏できる曲はどんどん少なくなり、解決すべき問題は山積み。さらに韓国と北朝鮮の間で重大事件が発生する。果たしてライバッハは無事ステージに立つことができるのか…。












































本編 2時間01分
デジタル
カラー
メアリーの総て 字幕 
 mary shelly
●監督:ハイファ・アル=マンスール(『少女は自転車にのって』)●出演:エル・ファニング(『パーティで女の子に話しかけるには』)/ダグラス・ブース(『ゴッホ-最期の手紙-』)/ベル・パウリー(『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』)/トム・スターリッジ(『オン・ザ・ロード』)/スティーヴン・ディレイン(『GOAL!2』)●2017年/イギリス・ルクセンブルク・アメリカ

「不幸」に抱かれ、「死」に口づけられ、世紀の傑作を産んだ。

英文学史上最も若く、最もセンセーショナル。18歳で「フランケンシュタイン」を書き上げたメアリー・シェリー。なぜ彼女は孤独な〈怪物〉を産み落としたのか――英文学史に名を残す女流作家でありながら、これまでヴェールに包まれてきた彼女の波乱に満ちた人生を初めて映画化。哀しくも美しい人生ドラマ。

■19世紀、イギリス。作家を夢見るメアリーは、折り合いの悪い継母と離れ、父の友人のもとで暮らし始める。ある夜、屋敷で読書会が開かれ、メアリーは“異端の天才詩人”と噂されるパーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれ合う二人だったが、パーシーには妻子がいた。

情熱に身を任せた二人は駆け落ちし、やがてメアリーは女の子を産むが、借金の取り立てから逃げる途中で娘は呆気なく命を落とす。失意のメアリーはある日、夫と共に滞在していた、悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれる彼女の中で、何かが生まれようとしていた──。












































本編1 時間59分
デジタル
カラー
迫り来る嵐 字幕
 the rooming storm
●監督・脚本:ドン・ユエ●出演:ドアン・イーホン/ジャン・イーイェン(『修羅の剣士』)/トゥ・ユアン(『草ぶきの学校』)/チェン・ウェイ/チェン・チュウイー●第30回東京国際映画祭 最優秀男優賞/芸術貢献賞 W受賞●2017年/中国

真実は目の前でこぼれ落ちる――

1997年、小さい町で起きた連続女性猟奇殺人事件。捜査に取り憑かれた男の運命――香港返還が近づく90年代後半、経済発展に向けて中国社会が激変し、古き良き工場文化は廃れ、人々は心の拠り所を失っていた。そんな時代を象徴するようなダークで重厚な迫力に満ちた本格サスペンスかつ、殺人事件を追うことで時代に取り残され、事実から目を背けようとする男の切ないドラマ。

■1997年。中国の小さな町の古い国営製鋼所で保安部の警備員をしているユィ・グオウェイは、近所で起きている若い女性の連続殺人事件の捜査に、刑事気取りで首を突っ込み始める。警部から捜査情報を手にいれたユィは、自ら犯人を捕まえようと奔走し、死体が発見される度に事件に執着していく。 ある日、恋人のイェンズが犠牲者に似ていることを知ったユィの行動によって、事態は思わぬ方向に進んでいく…。果たして、ユィに待ち受ける想像を絶する運命とは――。












































本編 1時間39分
デジタル
カラー
バルバラ セーヌの黒いバラ 字幕
 barbara
●監督・脚本:マチュー・アマルリック(『さすらいの女神〈ディーバ〉たち』)●出演:ジャンヌ・バリバール(『ランジェ公爵夫人』)/マチュー・アマルリック(『潜水服は蝶の夢を見る』)/ヴァンサン・ペイラニ/オロール・クレマン(『ゴダールのマリア』)/グレゴワール・コラン(『七夜待』)●2017年カンヌ国際映画祭 ある視点部門“ポエティックストーリー賞”受賞●2017年/フランス

私には愛という翼がついている――。

人生とは愛であり、哀しみであり、歓びである――「黒いワシ」「ナントに雨が降る」などの名曲で知られ、1950年代からシャンソン界の女王として君臨したフランスの伝説的歌手バルバラ。彼女を主人公にした映画の製作に情熱を注ぐ主演女優と映画監督の姿を描き、実際のステージ映像を交えながら、謎に満ちた彼女の人生をたどる、熱情の愛のドラマ。

■フランス、パリ。撮影スタジオでは、フランスを代表する国民的シャンソン歌手バルバラを描く映画の撮影準備に入っていた。主演はブリジット。監督はイヴ。ブリジットは役作りのため、憑かれたようにバルバラの仕草や表情をまねる。わずかな口角のあげ方、手先の動き、もちろんその特徴のある歌声。やがて、誰も演じえないと言われていた伝説の歌手が、カメラの前に姿を現すのだった。

一方、イヴはバルバラが歌ったキャバレーや劇場での証言を集め、彼女の人生に足を踏み入れていく。少年のころに出会った彼女の曲に救われた経験のあるイヴは、映画監督という立場を超えて、ブリジット演じるバルバラに憑りつかれていき、自分を見失っていくのだった。

その生涯はツアーの連続で、自分の家をもたなかったバルバラは、映画の最後にこう語る。 「ステージは、わたしの船」と――。 愛を求め、しかしその愛に苦しんだ永遠の旅人、バルバラ。彼女の名曲は永遠に色褪せることはなく、今日もどこかで耳にする。バーのカウンターで泣く男の耳元にも、それは届くのだった――。












































本編 1時間57分
デジタル
カラー
ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。
 bokuwaboku, kujirawakujirade, oyoideiru.
●監督:藤原知之●出演:矢野聖人(『サクラサク』)/武田梨奈(『海すずめ』)/岡本玲(『憐 Ren』)/末野卓磨(『十年愛』)/秋吉織栄●2018年/日本

へこたれない。だって、夢がある。

クジラしかいない博物館の未来を、クジラバカの新人トレーナーが背負ってしまった!――和歌山県に実在するクジラだけを飼育している「太地町立くじらの博物館」を舞台にした人間ドラマ。

■くじらしか飼育されていない、和歌山県南部にある「太地町立くじらの博物館」。来客も増えず、次々に飼育員が辞めていく中、館長は、経験豊富なベテランスタッフから強い反対を受けても、飼育員リーダーに純粋にくじらを愛する青年・鯨井太一を任命する。東京の水族館からピンチヒッターとして呼ばれた白石唯や、学芸員の間柴望美ら、同僚たちの中にも懸命に太一をサポートする人も現れるが、皆を悩ませていたのは来客が少ないことだった。そんな中、博物館を盛り上げるために太一は、スタッフの手作りによる「くじらまつり」を行うことを思いつく。しかし、開催を目前に控えたある日、「くじらまつり」中止の危機が訪れる…。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
いつだってやめられる 闘う名誉教授たち 字幕
 smetto quando voglio-ad honorem
●監督・脚本:シドニー・シビリア(『いつだってやめられる』シリーズ)●出演:エドアルド・レオ(『いつだってやめられる』シリーズ)/グレタ・スカラーノ(『いつだってやめられる』シリーズ)/ヴァレリア・ソラリーノ(『いつだってやめられる』シリーズ)/ヴァレリオ・アプレア(『いつだってやめられる』シリーズ)/パオロ・カラブレージ(『ある天文学者の恋文』)●2017年/イタリア

集結!団結!完結!

文句なしのグランドフィナーレ。落ちこぼれ教授たちの最後の名誉挽回劇――世界各地に点在する、定職に就けない博士、教授=“ポスドク”たち。彼らのリベンジを痛快なコメディで描き、イタリアで大ヒットとなった『いつだってやめられる』。本作は3部作の最終章として、不遇で落ちこぼれの犯罪者集団が最後の名誉挽回に向かって闘った少し切ないコメディ。

■神経生物学者・ピエトロは、最大のライバルであるヴァルテルが神経ガスを開発して大量殺りくを企てていると知る。服役中のピエトロはかつて研究施設で起きた大爆発の犠牲となった科学者が、今は犯罪組織のボスと知らされ接触を図る。ヴァルテルもまたこの爆発事故の犠牲者であり、恋人まで失っていたのだ。神経ガス開発がその復讐と気づき、その大量殺りくを阻止しようと、彼らは脱獄して動き出したが、果たして、その先で見たものは…。












































本編 1時間19分
デジタル
カラー
バスキア、10代最後のとき 字幕
 boom for real: the late teenage years ob jean-michel basquiat
●監督:サラ・ドライバー(『豚が飛ぶとき』)●出演:アレクシス・アドラー/ファブ・ファイブ・フレディ(『スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-』)/リー・キュノネス●2017年/アメリカ

すべては、ニューヨークからはじまった――

アートを凌駕し、ファッション、音楽をも刺激する天才アーティストは、どのように生まれたのか?没後30年の今、その秘密に迫る――アンディ・ウォーホルにインスピレーションを与え、一流のアート・コレクターでもあるデヴィッド・ボウイのコレクションにも名を連ねた天才画家ジャン=ミシェル・バスキア。27歳という若さでこの世を去ってから30年。まだ名声を得る前、1970~80年代の社会やムーブメントに焦点を当て、初期の作品や影響を受けた詩や音楽を交えながら、アーティストとして活躍していく姿に迫る最新ドキュメンタリー。

■1978年、18歳のバスキアは、ニューヨーク、イースト・ビレッジで路上生活をし、友人の家のソファで寝ていた。後に新時代を代表するアーティストとなり、27歳でこの世を去った画家だ。破綻し暴力に溢れた1970~80年代のニューヨークのムーブメント、政治、ヒップホップ、パンクロック、人種問題、ファッション、文学、アート・シーン…それらすべてが彼の心を動かし、彼をアーティストとして育てていった。名声を得る前のバスキアの生活や、ニューヨークとその時代を追い、どのように天才アーティストが生まれたか、その真実に迫る。












































本編 1時間38分
デジタル
カラー
レディ in ホワイト
 lady in white
●監督:大塚祐吉(『罪の余白』)●出演:吉本実憂(『ゆめはるか』)/波岡一喜(『おかあさんの木』)/矢本悠馬(『ポンチョに夜明けの風はらませて』)/笛木優子(『ジャンプ』)/宮川浩明(『罪の余白』)●2018年/日本

毒には毒で、クズにはゲスで

クズ新人vsゲス上司。有毒社員たちの仁義なき戦いがいま始まる!――苦労知らずのお嬢様新入社員が、パワハラ全開のエリート上司との闘いを通して成長していく、最高にムカついて最高に笑える猛毒フレッシャーズ・コメディ。

■社長令嬢・彩花は、何不自由なく育ち、何事にも物怖じしない強気な態度、そして何色にも染まらない、生粋の名古屋嬢。就活でも高飛車な発言と奇抜なファッションで周囲を戸惑わせる彼女は、白が好きな色で、ホワイト企業だからという理由で尾張製作所に就職。企画部に配属されるが、そこは部下は上司に奴隷のようにひたすら従うパワハラ体質のところで、彩花はこれまでに味わったことのない屈辱に直面する。

それでも敬語が使えないどころか指示に従わず、白スーツをキメてやってくる彼女は、部の実質的リーダーでカリスマプレゼンターである翔平と衝突してばかり。社内で厄介者と噂されるようになった彩花はついにクビを宣告され、時同じくして父の会社が倒産。そんな中、社運を賭けたコンペティションに翔平のかつての部下で因縁のライバルが現れる。苦難の中、彩花に女性ならではの企画が託される――。












































本編 1時間49分
デジタル
カラー
彼が愛したケーキ職人 字幕 
 the cakemaker
●監督・脚本:オフィル・ラウル・グレイツァ●出演:ティム・カルクオフ/サラ・アドラー(『ジェリーフィッシュ 』)/ゾハル・シュトラウス/ロイ・ミラー/サンドラ・シャーディー●2018年 オフィール賞(イスラエル・アカデミー賞) 作品賞/監督賞/脚本賞/主演女優賞/編集賞/美術賞/サウンドトラック賞 受賞●2017年/イスラエル・ドイツ

悲しみが、甘い涙に変わるまで

ベルリン、“恋人”を不慮の事故で失った青年。エルサレム、“夫”を亡くした妻。ふたりを結びつけたのは、愛した“同じ男”と甘くてほろ苦いケーキだった――哀愁漂うエルサレムを舞台に、国籍や文化、宗教や性差を超えてめぐり逢う男女の人間賛歌。

■ベルリンのカフェで働くケーキ職人のトーマス。イスラエルから出張でやって来るなじみ客のオーレンといつしか恋人関係に発展していく。オーレンには妻子がいるが、仕事でベルリンに滞在する限られた時間、ふたりは愛し合う。ある日「また一カ月後に」と言ってエルサレムの家へ帰って行ったオーレンから連絡が途絶えてしまう。実は交通事故で亡くなっていたのだった…。

エルサレムで夫の死亡手続きをした妻のアナト。休業していたカフェを再開させ、女手ひとつで息子を育てる多忙ななか、客としてトーマスがやってくる。職探しをしているという彼をアナトは戸惑いながらも雇うことに。次第にふたりの距離は近づいていき…。












































本編 1時間33分
デジタル
カラー
セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー! 字幕
 sergio and sergei
●監督:エルネスト・ダラナス・セラーノ●出演:トマス・カオ/ヘクター・ノア/ロン・パールマン(『ヘルボーイ』)●第7回パナマ国際映画祭 観客賞受賞●2017年/スペイン・キューバ

SOS!!地球に帰れない宇宙飛行士を救え!

東西冷戦末期。ソビエト崩壊により地球に帰れなくなったソ連最後の宇宙飛行士セルゲイ。キューバの無線愛好家セルジオは、大気圏を超えて親友になったセルゲイを救うため、ある奇策を思いつく。世界を驚かせた予想外の大作戦とは!?――実際に起きた奇跡のような出来事を、ソ連の友好国キューバでファンタジックにアレンジ。国境も宇宙も政治も飛び越えた異色のバディ・コメディ。

■1991年。ベルリンの壁崩壊から始まった社会主義陣営崩壊の波は、ソビエト連邦にも達しつつあった。その余波はソ連の友好国であるキューバを直撃し、国民は深刻な経済危機に苦しんでいた。モスクワの大学でで教鞭を執るエリート共産主義者のセルジオですら、食費に事欠く有様だ。アマチュア無線愛好家の彼はキューバでは報道されない不都合な情報をNYの無線仲間ピーターから教えてもらい、生き残る道を探っている。

ソ連の激動に翻弄される男は、宇宙にもいた。ソ連が誇る国際宇宙ステーション「ミール」に長期滞在中の宇宙飛行士セルゲイだ。母国の政変のために帰還無期限延長を宣告され、事情を知らない国民は彼が宇宙連続滞在日数の世界記録(当時)を更新する!と大騒ぎしている。蚊帳の外に置かれたセルゲイは孤独を紛らわすように無線で青い地球に語りかけていた。「CQ CQDX こちらU5MIR」… 聞こえるのは雑音だけだった。

セルジオの苦境を心配したピーターから、最新式無線機が贈られた翌日、つけっぱなしだった無線機から「CQ CQDX こちらU5MIR」の声が。交信は短時間だったが、セルジオは宇宙飛行士と会話できた!と大興奮。セルゲイもロシア語で雑談を交わせるセルジオとの交信につかの間の安らぎを得るのだった。夜な夜な語り合うふたりはいつしか国境も身分も大気圏すら越えて親友になっていた。12月、ソ連は崩壊してロシアとなり、政局も国民も混乱状態に陥る。不安を訴える家族の元へ早く帰りたいと願うセルゲイのために、セルジオは世紀の一大プロジェクトを思いつく。かつて熾烈な冷戦を繰り広げたアメリカをセルゲイ救出作戦に巻き込もうというのだ。果たしてかつての超大国は団結できるのか!?












































本編 1時間53分
デジタル
カラー
私は、マリア・カラス 字幕
 maria by callas
●監督:トム・ヴォルフ●出演:マリア・カラス(『マリア・カラスの真実』)/グレース・ケリー(『上流社会』)/イヴ・サン=ローラン(『イヴ・サンローラン』)/アリストテレス・オナシス(『マリア・カラスの真実』)●2017年/フランス

“マリアとして生きるにはカラスの名が重すぎるの――”

むき出しの魂でうたい、愛した世紀の歌姫(ディーバ)の〈告白〉。紐解かれる未完の自叙伝、封印された手紙、秘蔵映像・音源の数々――伝説的オペラ歌手マリア・カラス。スキャンダルやバッシングの中でも歌い続ける“カラス”と、一人の女性として愛を切望する“マリア”の姿を彼女自身の言葉と歌で綴るドキュメンタリー。

■音楽史に永遠に輝く星となったオペラ歌手マリア・カラス。20世紀最高のソプラノと称された世界にひとつの歌声と、高度なテクニックを自在に操る歌唱力、役柄とひとつになる女優魂、さらにエキゾティックな美貌と圧倒的なカリスマ性で、観衆を虜にした不世出のディーバ。だが1977年9月、パリの自宅で心臓発作により死去。享年53。その人生は壮絶なものであった…。

カラスが書き残した未完の自叙伝の中の文章と未公開の手紙。そこには、連日のようにゴシップ紙の一面を飾った数々のスキャンダルの真相と、カラスの心の叫びが切々と吐露されている。28歳年上の男性との結婚、大統領やセレブも駆け付けたローマ歌劇場の舞台を第1幕で降りたことへの激しいバッシング、カラスに“クビ”を宣告したメトロポリタン歌劇場の支配人とのバトル、ギリシャの大富豪オナシスとの大恋愛と夫との離婚、愛し合っていたはずのオナシスが暗殺されたアメリカ大統領ケネディの未亡人ジャクリーンと結婚したことを新聞で知るという衝撃の顛末…。そこには、スキャンダルやバッシングの嵐の中、プロフェッショナルとしての信念に、倒れても歌うことを諦めなかった壮絶な“カラス”と、ひとりの女性として愛を切望し、心乱され苦悩しながらも全てを受け入れようと変化していく“マリア”の姿があった。












































本編 1時間17分
デジタル
カラー
キックス 字幕
 kicks
●監督・脚本:ジャスティン・ティッピング●出演:ジャキング・ギロリー/クリストファー・ジョーダン・ウォーレス/クリストファー・メイヤー/コフィ・シリボー/マハーシャラ・アリ(『ムーンライト』)●201年/

これは、ただのスニーカーじゃないんだ!

冴えない毎日を送る15歳のブランドンは、必死に小遣いを貯めて手に入れたスニーカーをチンピラに奪われてしまう。友人と共に、その奪回を決意するブランドンだったが――ギャング、麻薬、銃、そして仲間とスニーカー。新鋭ジャスティン・ティッピング監督が実体験を元に、カリフォルニアの闇と、少年が男へと成長する瞬間を描いたニューエイジ・フッドムービー。

■カリフォルニア、リッチモンド。15歳の少年ブランドンは背が低く女子にもモテず、いつもボロボロのスニーカーを履いていてバカにされていた。だが、彼のそんな人生も転機を迎える…はずだった。コツコツ貯めたお小遣いで最強のスニーカー“エア ジョーダン1”を手に入れた! 仲間からは羨望の眼差しで見られ、女子からも気にかけられ、これで自分の人生もイケイケになると思っていたブランドン。だが、そんな最高な時間の終わりは瞬時にやってきた。仲間と別れた帰り道、地元のチンピラに襲われスニーカーを盗られてしまう。ブチ切れたブランドンは、友だち二人を巻き込み、命よりも大切なスニーカーを奪い返しに行くことを決心するが…。












































本編 1時間45分
デジタル
カラー
40万分の1
 40manbun no 1
●監督・脚本:井上博貴(『狂い華』)●出演:副島和樹/立石晴香(『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』)/佐藤輝/久保陽香(『見栄を張る』)/菊池修司●2018年/日本

就活が、青春を終わらせる。

三流大学に通う徹はイケメンだがコミュ障で童貞。恋人にフラれた腹いせに、大手広告代理店への就職を狙っていると嘘をつく。後に引けなくなった徹は、伝説のOBの指導を受けることに――ときに泥臭く成長していく、就活青春エンターテインメント。

■初めて付き合った美人な彼女・真美にフラれてしまった奥手で童貞の徹は、真美の新しい彼氏・大谷に対抗するため、うっかり業界No.1広告代理店の内定獲得を狙っていると、真美に嘘をついてしまう。しかし、漠然と大学生活を送ってきた徹は、三流大学のうえに就活準備ゼロの大学三年生。何から手をつけて良いかすらわからず絶望する徹は、友人から伝説のOB・荻野を紹介される。荻野の奇想天外な就活トレーニングに挑戦していくなかで、社会の厳しさとともに、徐々に「働く」ことに対して真剣に向き合いはじめる徹。果たして、徹の就活と恋の行方は?












































本編 1時間48分
デジタル
カラー
マチルダ 禁断の恋 字幕
 mathilde
●監督:アレクセイ・ウチーチェリ●出演:ラース・アイディンガー(『ブルーム・オブ・イエスタディ』)/ミハリーナ・オルシャンスカ(『ゆれる人魚』)/ダニーラ・コズロフスキー(『VIKING バイキング 誇り高き戦士たち』)/ルイーゼ・ウォルフラム/トーマス・オスターマイアー●2017年/ロシア

最も切なく、最も官能的な、仕掛けられた恋。

滅びゆく帝政ロシア。最後の皇帝が恋をしたのは、男たちを狂わす美しきバレリーナ。最大のスキャンダルにして、最大のタブーが、今、幕を上げる――ロシア国内では「聖人」として神格化されているニコライ2世の禁断の恋とセックスを描いたセンセーショナルな一大ロマンス。

■19世紀ロシア。ロシア帝国の次期継承者ニコライには、イギリスのヴィクトリア女王の孫娘でアリックスという婚約者がいた。ある日、王室の列車が大事故に巻き込まれ、家族を助けようとした父アレクサンドル3世は重傷を負う。ニコライは父の死期とともに王位継承者として自由気ままな生活の終わりを悟るのだった。

ある時、帝国旅団のための競技会で、多くの見物客に交じり華やかなバレリーナたちがいた。その中でもひときわ美貌を放っていたマチルダ・クシェシンスカヤにニコライは釘付けとなる。二人は惹かれあうが、マチルダを一方的に恋い慕うヴォロンツォフ大尉が突然、皇帝に襲い掛かる。嫉妬に狂ったヴォロンツォフは、駆け付けた護衛たちに取り押さえられる。

王位継承者の新しいお気に入りとなり、他のバレリーナたちから激しい嫉妬の対象となるマチルダだったが、どんなときも気高く振る舞っていた。一方、拘束されたヴォロンツォフは拷問されフィッシェル医師の研究室で実験対象となってしまう。彼は、マチルダへの想いに取り付かれ発狂してしまったのだ。一方で王位継承者のニコライとマチルダの情熱的な情事は、宮廷では歓迎されない禁断の恋となっていく。さらに、ニコライの婚約者アリックスはロシア入りし、マチルダというライバルがいることを知り激しい嫉妬と憎悪を燃やすのだった――。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
未来を乗り換えた男 字幕
 transit
●監督・脚本:クリスティアン・ペッツォルト(『あの日のように抱きしめて』)●出演:フランツ・ロゴフスキ(『ヴィクトリア』)/パウラ・べーア(『婚約者の友人』)●2018年/ドイツ・フランス

パリ→マルセイユ。祖国を逃れ、他人の人生を手に入れた男。退路も進路もない逃避行に、終着点はあるのか――

ドイツ軍の侵攻が近づき、ビザ発給を待つ難民であふれかえる「現代」のマルセイユ。故郷を追われた人々が希望のありかを求める――ナチスによる悪夢的史実と現代の難民問題を、1940年を現代に置き換えるという驚くべき発想で重ね合わせたサスペンスフルな野心作。

■現代のフランス。祖国ドイツで吹き荒れるファシズムを逃れてきた青年ゲオルクが、ドイツ軍に占領されようとしているパリを脱出し、南部の港町マルセイユにたどり着いた。行き場をなくしたゲオルクは偶然の成り行きで、パリのホテルで自殺した亡命作家ヴァイデルに成りすまし、船でメキシコへ発とうと思い立つ。

そんなとき一心不乱に人捜しをしている黒いコート姿の女性とめぐり合ったゲオルクは、美しくもミステリアスな彼女に心を奪われていく。しかしそれは決して許されず、報われるはずのない恋だった。なぜなら、そのマリーという黒いコートの女性が捜索中の夫は、ゲオルクが成りすましているヴァイデルだったのだ…。












































本編 2時間15分
デジタル
カラー
エリック・クラプトン 12小節の人生 字幕 
 eric clapton life in bars
●監督:リリ・フィニー・ザナック(『ドライビング・MISS・デイジー』製作)●出演:エリック・クラプトン(『ラスト・ワルツ』)/B.B.キング(『ブルース・ブラザース2000』)/ジョージ・ハリスン(『永遠のヨギー ヨガをめぐる奇跡の旅』)/バティ・ボイド/ジミ・ヘンドリックス(『スーパーメンチ』)●2017年/イギリス

ギターを弾いているときだけは、痛みがどこかへ消えた

「いとしのレイラ」「ティアーズ・イン・ヘヴン」…名曲誕生の裏にあった、人生の苦悩と悲哀。彼が本当に手に入れたかったものとは?――天才ギタリスト、エリック・クラプトン自らが、波乱に満ちた壮絶な人生を赤裸々に曝け出す珠玉の音楽ドキュメンタリー。

■グラミー賞を18回受賞、ロックの殿堂入りを3回果たすなど、長年音楽界を牽引し続ける世界的スーパースター、エリック・クラプトン。“ギターの神様”と評され、お金や名声よりも音楽性を優先し、愚直なまでにブルースに身を捧げ、天才の名を欲しいままにしていたが、私生活では欲望と愛情、快楽と幸せの区別もつかないまま、いつも“何か”を探して彷徨い続けてきた。酒、ドラッグ、女、そして音楽、全てのものに溺れていく。

母親に拒絶された少年時代の孤独、共にギターの腕を競いあった仲間たちの喪失、親友ジョージ・ハリスンの妻への恋をはじめとする病的なまでの女性遍歴、ドラッグとアルコールに溺れた日々、そして最愛の息子コナーの死。天国と地獄を行きつ戻りつするような、過酷で数奇に満ちた人生を経て、初めて自分の居場所を見つけた今だから振り返ることができる、エリック・クラプトン自らが語る、音楽と愛と魂の軌跡。












































本編 2時間00分
デジタル
カラー
ホイットニー オールウェイズ・ラヴ・ユー 字幕
 t
●監督・脚本:ケヴィン・マクドナルド(『消されたヘッドライン』)●出演:ホイットニー・ヒューストン(『ボディガード』)/シシー・ヒューストン/エレン・ホワイト/メアリー・ジョーンズ/パット・ヒューストン●2018年/イギリス

ただ、愛されたいと思っていた――

あの時代、あの瞬間、あの美声は確かにそこに存在していた。あの歌声を、あの笑顔を決して忘れない――世界を熱狂させたアメリカ・ポップシーン史上最高の歌姫ホイットニー・ヒューストン。その知られざる素顔に迫るドキュメンタリー。

■どこまでも伸びる圧倒的な歌唱力を備え、ポップス史上に燦然と輝く奇跡のミューズ、ホイットニー・ヒューストン。80年代から90年代の全盛期、メディアを通して見る彼女は常に溌剌としていて、眩いばかりの笑顔を弾けさせていた。そのパワフルな存在感は、性別、国境、世代、そして人種までをも超えて、同時代を生きた人々に大きな活力を与えた。しかし、『ボディーガード』の成功とボビー・ブラウンとの結婚を境に、薬物問題、複雑な家族問題ばかりが取り沙汰される様になり、48歳という若さで不慮の死を遂げてしまう。いったい彼女に何があったのか?

メディアの前では常に笑顔で陽気なスター、でも心の奥底は傷ついた少女。抱えていた複雑な感情をさらけ出し、波乱万丈な自らの人生と重ね合わせ歌にぶつけ続けた。世間に溢れたゴシップにとらわれることなく、膨大な映像記録を丹念にリサーチし、また初公開となるホームビデオや貴重なアーカイブ映像、未発表音源とともに、家族、友人、仕事仲間などの証言を紡ぎ、彼女の知られざる素顔に迫る。












































本編 1時間33分
カラー
息の跡
 iki no ato
●監督:小森はるか(『 《桃まつり presents すき》』)●2016年/日本

今は昔、世界の果てに、小さな“たね屋”が
あったとさ。


陸前高田から届いた、忘れられない風景の記録――東日本大震災で、自宅兼店舗を流された岩手県陸前高田市の種苗店経営者・佐藤貞一の姿を追ったドキュメンタリー。

■岩手県陸前高田市。荒涼とした大地に、ぽつんとたたずむ一軒の種苗店「佐藤たね屋」。津波で自宅兼店舗を流された佐藤貞一さんは、その跡地に自力でプレハブを建て、営業を再開した。なにやらあやしげな手描きの看板に、瓦礫でつくった苗木のカート、山の落ち葉や鶏糞をまぜた苗床の土。水は、手掘りした井戸からポンプで汲みあげる。

一方で佐藤さんは、みずからの体験を独習した英語で綴り、自費出版していた。タイトルは「The Seed of Hope in the Heart」。その一節を朗々と読みあげる佐藤さんの声は、まるで壮大なファンタジー映画の語り部のように響く。さらに中国語やスペイン語での執筆にも挑戦する姿は、ロビンソン・クルーソーのようにも、ドン・キホーテのようにもみえる。彼は、なぜ不自由な外国語で書き続けるのか? そこには何が書かれているのだろうか?












































本編 1時間27分
デジタル
カラー
アストラル・アブノーマル鈴木さん
 astral abnormal suzukisan
●監督・脚本:大野大輔(『ウルフなシッシー』)●出演:松本穂香(『あの頃、君を追いかけた』)/西山繭子(『千の風になって』)/田中偉登(『アイスと雨音』)/広山詞葉(『青銅の基督』)/谷のばら●2018年/日本

■普通ってやつが一番難しい。

明日はどっちだ?――財政破綻まっしぐら、地獄の様に娯楽がない田舎町で生きるグレート(?)ユーチューバー・鈴木ララの“ジワる”大暴走!その果てに見つけたものとは――TAMA NEW WAVEでグランプリに輝いた新鋭・大野監督が、今最も旬な女優・松本穂香を迎え、ユーモアとオフビートな世界観で贈る、YouTube配信ドラマの再編集ディレクターズカット劇場版。

■鈴木ララは、ブランドもエスカレーターもWi-Fiスポットもない地獄のような田舎町で、Youuberや塾講師として働きながら、のらりくらりと日々を過ごしていた。家族はシングルマザーの久美子と、引きこもりの弟・ルルオ。そんな彼女の元にある日、ディレクターの神野率いるTVクルーが取材にやってくる。ところが突然、取材内容が変更となり…。次第に明らかになる双子の妹の存在。それは、東京で活躍する人気女優・リリだった。それを知った自称“グレートユーチューバー”のララが取った行動とは――。











































本編 1時間53分
デジタル
カラー
夜明け
 yoake
●監督・脚本:広瀬奈々子●出演:柳楽優弥(『ディストラクション・ベイビーズ』)/YOUNG DAIS(『日本で一番悪い奴ら』)/鈴木常吉(『わたしたちの夏』)/堀内敬子(『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』)/小林薫(『深夜食堂』)●2019年/日本

その他人が、昨日を消してくれるはずだった。

ある秘密を抱えた青年と、決して忘れられない過去を内に秘めた初老の男が、何かを埋め合うようにして信頼関係を築いていく――是枝裕和、西川美和の制作者集団“分福”に所属し、両監督の助手を務めてきた広瀬奈々子の監督デビュー作は、孤独な男たちの魂の深淵を描く人間ドラマ

■木工所を営む初老の男・哲郎が、ある日、水際で倒れていた1人の青年を見つける。シンイチと名乗る青年を自宅で介抱してやった哲郎は、彼に木工所で技術を教えていく。やがて周囲の人々もシンイチを受け入れるようになるが、彼は自分の本名を明かせない秘密を抱えていた。哲郎もまた決して忘れることができない過去があった…。












































本編 1時間24分
デジタル
カラー
ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス 字幕
 westwood: punk, icon, activist
●監督:ローナ・タッカー●出演:ヴィヴィアン・ウエストウッド(『ヴィヴィアン・ウエストウッド』)/アンドレアス・クロンターラー/ベン・ウエストウッド/ジョー・コーレ/パメラ・アンダーソン(『バーブ・ワイヤー ブロンド美女戦記』)●2018年/イギリス

女王の流儀、教えましょう

<デイム>の称号を持つ栄告初のファッションデザイナーが教えてくれる、刺激的な人生のこころざし――英国カルチャーのトップの座に君臨しながら、77歳にして生涯現役を誓うヴィヴィアン・ウエストウッド。そのパワーの秘密に迫る刺激と情熱に満ちたドキュメンタリー。

■2016年ロンドン・ファッション・ウィーク秋冬ショー前夜。ヴィヴィアン・ウエストウッドのアトリエでは、デザイナーとスタッフたちが最終チェックに追われている。デザイナーであるヴィヴィアンは、1枚1枚を細かくチェック、ショー直前まで厳しいダメ出しが続くが、翌日のショーは拍手喝采、大成功を収める。そんななか、60年代から現代に至るまで、数々の伝説を持つヴィヴィアン・ウエストウッドにキャメラが向けられ、自らの波乱万丈な半生について語り始める…。

音楽史を変えたパンクムーブメントを生み出すまでの秘話、デザイナーとしての躍進と挫折、無一文からの再出発。そして世界的人気ブランドとして成功するまでの知られざる道のりが、自由で痛快な名言を織り交ぜながら披露される。また、2度の離婚と25歳年下の公私にわたるパートナーとの関係も、家族の証言で明かされる。さらに、スーパーモデルとして時代を牽引したケイト・モスやナオミ・キャンベル、ファッションエディターのカリーヌ・ロワトフェルドやアンドレ・レオン・タリーら、豪華な顔ぶれが証言者として多数登場。そして2014年に環境保護団体グリーンピースと訪問した北極視察に密着、環境保護アクティヴィストとして精力的に活動するヴィヴィアンの勇姿も映し出される。












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト 字幕 
 modern life is rubbish
●監督:ダニエル・ギル●出演:ジョシュ・ホワイトハウス(『ノーザン・ソウル』)/フレイア・メーバー(『サンシャイン/歌声が響く街』)/ジェシー・ケイブ(『ハリー・ポッターと謎のプリンス』)/ウィル・メリック/マット・ミルン●2017年/イギリス

いつも、音楽が一緒だった。終わりも。始まりも。

終わりから始まる恋のストーリーは、ロンドン発、“泣き虫ギタリスト”が起こす小さな奇跡――90年代「プリットポップ♪」が全盛だった頃のロンドンを舞台に、音楽を通じて知り合った男女の出会いと恋をいきいきと描く青春ドラマ。

■レコード店で「blur」のアルバムを選んでいる時に出会った、リアムとナタリー。リアムは、デジタル化した音楽のダウンロードコレクションを忌み嫌い、昔ながらの「アナログ感」のあるCD、レコードコレクションを大切にしている夢見るミュージシャン。ナタリーは、レコードジャケットデザイナーになる夢をもちながらも夢を諦め、二人の生活を支えるために、広告会社で働くキャリアウーマン。そんなリアムとナタリーは生活のすれ違いにより別れの時を迎える事になる。想い出の品々を整理し、それぞれが選んだ道へ歩みだす二人。

リアムのバンド“ヘッドクリーナー”は伝説の音楽プロデューサー、ザ・カーブと出会い徐々に活動の幅を広げ始め、ナタリーは会社の同僚エイドリアンに惹かれていく。そんな中、“ヘッドクリーナー”にやってきた待望のチャンス。ステージに立ったリアムは即興であの曲の演奏をはじめる。ナタリーと一緒にいた時に書いたあの曲。曲が最高潮に達した時、リムは突如感情を抑えきれず、泣き出してしまう…。












































本編 3時間09分
デジタル
カラー
ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ 字幕
 in jackson heights
●監督:フレデリック・ワイズマン(『パリ・オペラ座のすべて』)●2015年/アメリカ・フランス

ニューヨークがニューヨークであるために、なくてはならない町の今

通りを歩けば英語以外の言葉がたくさん聞こえる。世界中からの移民とその子孫が暮らし、167もの言語が話され、マイノリティが集まり、エスニックな味と多様な音楽があふれる町、ジャクソンハイツ。「ここがニューヨーク?」と聞きたくなるけれど、実はニューヨークがニューヨークであるために、なくてはならない町だ。その理由は?そして今、その町のアイデンティティーが危機に瀕しているとしたら?――巨匠フレデリック・ワイズマンによる“町ドキュメンタリー”の傑作。

■本作でワイズマンの視線はジャクソンハイツのあらゆる場所、あらゆる人に向けられる。教会、モスク、シナゴーグ、レストラン、集会、コインランドリー…。地域のボランティア、セクシャル・マイノリティ、不法滞在者、再開発の波にのまれる商店主たち…。町を徹底して見つめることで、さまざまな人間が見えてくる。社会も歴史も見えてくる。What is ニューヨーク? What is アメリカ?ここに生きる市井の人々は、変化に直面し、時に憤りながら互いの悩みを話し合い、決して希望を諦めない――。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
西北西
 seihokusei
●監督・脚本:中村拓朗●出演:韓英恵(『菊とギロチン』)/サヘル・ローズ(『愛の果実』)/山内優花/林初寒/松村龍樹●2015年/日本

あなたの見つめる世界に、答えを探した

イスラム教徒のナイマの生き方に触れ心の疼きを感じるレズビアンのケイ。やがてケイや恋人のアイ、ナイマの関係性が変化する――痛みも、国境も、ジェンダーも、知らないふりをしたわたしたちの愛の話。性別、国、文化、宗教のボーダーで揺れるマイノリティの女性たちの揺れる心を写し取ったラブストーリー。

■モデルの仕事をしている恋人アイとの関係や自分自身の生き方に不安を感じているレズビアンのケイ。日本画を学ぶ一方でビザや将来的な日本での暮らし、そして同級生との交流について不安を抱くイスラム教徒のイラン人留学生ナイマ。ナイマと出会い彼女の信仰心や生き方に触れたケイの中で、何かが変わりはじめる。三人の関係性は揺らいでいき、それぞれ迫りくる現実と向き合っていく――。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
赤い雪 Red Snow 
 akai yuki
●監督・脚本:甲斐さやか●出演:永瀬正敏(『光』)/菜葉菜(『Bad Moon Rising』)/井浦新(『返還交渉人』)/夏川結衣(『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』)/佐藤浩市(『64 -ロクヨン-』)●2019年/日本

あの雪の日、記憶からも現実からも弟は消えた――

30年前に弟が失踪し心に深い傷を負った兄のもとに、当時事件の容疑者として浮かびながら無罪となった女の娘が見つかったとの知らせが入り、運命が動き始める――10年に1本と言われた脚本に日本映画界屈指の俳優陣が集結。人の記憶の曖昧さを浮き彫りにしたサスペンス。

■ある雪の日、小さな村で一人の少年が忽然と姿を消した。少年と一緒にいた兄・白川一希は、自分のせいで弟を見失ったと思い、心に深い傷を負う。一希の曖昧な記憶に捜査は混乱するが、やがて少年誘拐の容疑者として江藤早奈江が浮かび上がる。他に何件もの殺人容疑がかかるが、早奈江は完全黙秘。ついには無罪となる。

それから30年後、事件の真相を追う記者・木立省吾が容疑者だった早奈江の一人娘・早百合を見つけ出し、さらに一希のもとを訪ねてくる。被害者の兄と容疑者の娘。一つの事件により心に傷を負った人間の曖昧な記憶をたどるうちに垣間見えた真実が、それぞれの運命を思わぬ方へ動かしていく――。












































本編 1時間34分
デジタル
カラー
ピアソラ 永遠のリベルタンゴ 字幕
 astor piazzolla inedito
●監督:ダニエル・ローゼンフェルド●出演:アストル・ピアソラ(『ラテンアメリカ 光と影の詩』音楽)/ダニエル・ピアソラ●2017年/フランス・アルゼンチン

自由に粋に音楽で人々を魅了したタンゴ界の革命児

名曲リベルタンゴの生みの親、アストル・ピアソラ。バンドネオンの音色の中で、時代に、そして音楽に、闘いを挑んだ男の生き様が見えてくる――アルゼンチン・タンゴに革命を起こしたアストル・ピアソラ。タンゴの枠を超えて世界中で演奏されるピアソラの音楽は、どこから産まれたのか。没後25周年となる2017年に母国アルゼンチンで開催された回顧展にあわせ製作された、彼の功績と家族の絆を紡いだドキュメンタリー。

■ピアソラはアルゼンチン出身の作曲家・バンドネオン奏者。アルゼンチン・タンゴの前衛派として1940年代から活躍し、踊るためのタンゴから聴くためのタンゴに転化させた先駆者で、「ロコへのバラード」「リベルタンゴ」などのヒット曲を送り出した。新しいタンゴを厳しい態度で批判するタンゴ純粋主義者やメディアと闘い、正当な評価が受けられないストレスから一時はタンゴを捨てたピアソラ。そんな彼を献身的に支えた妻と、尊敬の眼差しで見つめる子供たち。

本作では、8mmフィルムで撮影された家族の日常や趣味の鮫釣りの映像を始め、ピアソラの自伝を執筆した娘のディアナが録音したピアソラへのインタビュー音声など、未公開の素材を選りすぐり、けんかっ早くてお茶目なピアソラのもうひとつの素顔に迫る。また、ツアー先などで行われた各国のインタビュー映像やライブ映像に加え、彼のタンゴを酷評する評論家と電話で口論する生々しい肉声も収録。辛く厳しい闘いの日々を想起させる。












































本編 1時間30分
デジタル
カラー
シンプル・ギフト はじまりの歌声
 daddy long legs
●監督:篠田伸二●ナレーション:紺野美沙子(『姉妹坂』)●2017年/日本

悲しみに負けないキミへ、神様からの贈りもの。

あしなが育英会創設者の玉井は、アフリカ・ウガンダの親を失くした子どもたちが、N.Y.ブロードウェイの舞台に立って歌い踊るという奇想天外なプロジェクトを思いつく。その夢に、同じ境遇にある東北の津波遺児が合流。子どもたちは、音楽やダンスを楽しむことを覚え、自分が誰かにチカラを与えられるうれしさを感じ始める――パリでデビューし、多くの国の観客を感動させた愛と再生のドキュメンタリー。

■たいせつな家族と暮らす毎日、自分が生きていく場所。それが、神様からのシンプル・ギフト――エイズで親を失くしたアフリカの子どもたちと、津波に親を奪われた東北の子どもたち。その出会いは、運命的だった。子どもたちは互いの悲しみを共有し、音楽や文化の違いを乗り越え、力を合わせて歌や演奏、踊りの練習に打ち込んでいく。彼らは奇跡的な成長を見せ、悲しみに溢れていたその瞳にも輝きが灯り始めた。やがて、舞台の幕が上がる日。はたして、子どもたちの受け取る<シンプル・ギフト>とは?












































本編 1時間43分
デジタル
カラー
あまのがわ
 amanogawa
●監督・脚本:古新舜(『ノー・ヴォイス』)●出演:福地桃子/柳喬之(『劇場版 仮面ライダーゴースト -100の眼魂とゴースト運命の瞬間-』)/吉満寛人(『みんな好いとうと♪』)/マツモトクラブ(『ヴィヴィアン武装ジェット』)/住岡梨奈●2018年/日本

心を無くした彼女は、身体を無くした彼と、旅に出る

親との葛藤に悩み不登校となる女子高生が、全身が不自由な青年の操るロボットと旅に出る――鹿児島、屋久島を舞台に、困難やトラブルに見舞われながら、自分自身の心を探す様を描いたヒューマンドラマ。

■主人公の史織は東京生まれの高校生。周りの子から目立たないように、いつも周囲の顔色を伺っている。母・聡美は人工知能の研究者。研究熱心な聡美は、家にいる時間はほとんどない。が、史織に対しての教育熱は人一倍である。史織はおばあちゃん子で、祖母・菊江から習った祭の太鼓の演奏に興味、関心があった。しかし、聡美のしつけで太鼓を叩く機会を奪われてしまい、かつ不登校になってしまう。自分のやりたいことを見失ってしまった史織は、ある日、菊江の入院で鹿児島に行くことになる。菊江からの頼みで、史織は一人屋久島に旅立つ。その道中で、実は人が遠隔操作をしている分身ロボットと出会う――。












































本編 1時間25分
デジタル
カラー
マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ! 字幕 
 my generation
●監督:デイヴィッド・パッチ●出演:デイヴィッド・ベイリー/ポール・マッカートニー(『ハード・デイズ・ナイト』)/ツィッギー(『ボーイフレンド』)/ザ・ローリング・ストーンズ(『ワン・プラス・ワン』)/マイケル・ケイン(『グランドフィナーレ』)●2018年/イギリス

世界を変えたあの'60s

ようこそ60年代のロンドンへ。マイケル・ケインが青春のタイム・トリップにご招待――ミニスカート、ボブ・ヘアー、そしてロックンロール。初めて若者たちによって未来が作られた60年代イギリス。今なお世界に影響を与えるUKストリートカルチャー“スウィンギング・ロンドン”の誕生と熱狂を、貴重なアーカイブ映像と楽曲満載で描くドキュメンタリー。

■本作には60年代のカルチャー・アイコンともいうべき数多くの人々が登場する。元ビートルズのポール・マッカートニー、ローリング・ストーンズのミック・ジャガー、ザ・フーのロジャー・ドールトリーといった大物ミュージシャン、女優で歌手のマリアンヌ・フェイスフル、人気モデルのツィギー、カリスマ的なカメラマンのデイヴィッド・ベイリー、ミニスカートの発案者であるファッション・デザイナーのメアリー・クヮント。こうしたキーパーソンに取材し、現在の映像ではなく、若き日の姿に現在の声をかぶせるという大胆な手法をとることで、当時の表現者たちの生々しい創造の息吹きが伝わる。他にもジョン・レノン、デイヴィッド・ボウイ、ヴィダル・サスーン、デイヴィッド・ホックニー、ジョーン・コリンズ、サンディ・ショウ等、数多くの開拓者たちの貴重なアーカイヴ映像もたっぷり盛り込まれる。

マイケル・ケインは60年代を「英国史において初めて若い労働者階級が声をあげた時代」と考えているが、時代をリードした人々のコメントを通じて、音楽、映画、ファッション、アートと文化の新しい発信地だった「スウィンギング・シティ」=ロンドンのカラフルな魅力が伝わる。タイトルの「マイ・ジェネレーション」は、ザ・フーの大ヒット曲からとられているが、劇中では他にもビートルズ、ローリング・ストーンズ、アニマルズ、キンクス、クリーム等、幅広い選曲が行われ、その歌詞が時代の気分を伝える。












































本編 1時間56分
デジタル
カラー
きばいやんせ!私
 kibaiyanse! watqshi
●監督:武正晴(『百円の恋』)●出演:夏帆(『海街diary』)/太賀(『海を駆ける』)/岡山天音(『ポエトリーエンジェル』)/鶴見辰吾(『日日是好日』)/徳井優(『Shall we ダンス?』)●2018年/日本

「クソ女」のまんまじゃ終われない。

人生につまづき投げやりに生きている女子アナの貴子は、命じられた鹿児島県肝属郡南大隅町・御崎まつりの取材を嫌々ながら進めるうちに、伝統文化を守り抜こうとする人々の思いに動かされていく――「きばいやんせ」とは、鹿児島弁で「がんばれ」の意味。笑いと涙の“復活”エンターテイメント。

■フリン騒ぎで週刊誌に叩かれて左遷され、仕事にやる気も目標も見いだせず、投げやりな日常を送る女子アナ、児島貴子。そんな彼女が命じられたのは、本土最南端の町・鹿児島県肝属郡南大隅町に伝わる祭りの取材。ここは貴子が子供時代の一年を過ごした町でもあった。かつての同級生・太郎をはじめとする人々の町に対する熱い思いや、子供時代の思い出によって、今の自分を見つめ直す貴子。そしてついに彼女は目標を見出す。それは、伝統の姿を失っていた祭りを昔の姿に復活させること。果たして祭りは完全復活できるのか?そして迷走中の貴子の人生の復活は?












































本編 1時間59分
デジタル
カラー
ちいさな独裁者 字幕
 der hauptmann
●監督・脚本:ロベルト・シュヴェンケ(『フライトプラン』)●出演:マックス・フバッヒャー(『まともな男』)/ミラン・ペシェル(『僕とカミンスキーの旅』)/(『』)/フレデリック・ラウ(『THE WAVE ウェイヴ』)●2017年/ドイツ・フランス・ポーランド

丈の長い軍服 借り物の権力

ドイツ敗戦まで1ヶ月。偶然に軍服を拾った若き脱走兵は、ナチス将校の威光をも手に入れた――軍服が象徴する権力の魔力に魅了される者、そのパワーに盲従する者、ただ傍観する者。そんな人間の醜さ、愚かさ、弱さを容赦なくえぐり出す。これは、尋常ならざるサスペンスに満ちた、驚愕の実話。

■第二次世界大戦末期の1945年4月、敗色濃厚なドイツでは兵士の軍規違反が相次いでいた。命からがら部隊を脱走したヘロルトは、道ばたに打ち捨てられた車両の中で軍服を発見。それを身にまとって大尉に成りすました彼は、ヒトラー総統からの命令と称する架空の任務をでっち上げるなど言葉巧みな嘘をつき、道中出会った兵士たちを次々と服従させていく。かくして“ヘロルト親衛隊”のリーダーとなった若き脱走兵は、強大な権力の快楽に酔いしれるかのように傲慢な振る舞いをエスカレートさせるが…。











































本編 時間分
デジタル
カラー

 t