本編 1時間46分
デジタル
ビスタ
カラー
92歳のパリジェンヌ 字幕
 t
●監督・脚本:パスカル・プザドゥー●出演:サンドリーヌ・ポネール(『親密すぎるうちあけ話』)/マルト・ヴィラロンガ(『私の好きな季節』)/アントワーヌ・デュレリ/ジル・コーエン(『真夜中のピアニスト』)/グレゴアール・モンタナ●フランス映画際2016エールフランス 観客賞 受賞●2015年/フランス

本当の自由を、母が教えてくれた。

「2ヶ月後の10月17日に私は逝きます」92歳のバースデーパーティでの突然の宣言――旅立ちの日を決めた母と、手を差し伸べた娘。フランスの心を震わせた実話から生まれた感動作。

■子供や孫にも恵まれ、穏やかな老後を過ごすマドレーヌ。まだまだ元気な彼女だが、92歳の誕生日のお祝いに駆けつけた家族に対して驚くべき発表をする。気力があるうちに、自らの手で人生に幕を下ろすというのだ。

絶対反対を唱える家族たちと、揺るがないマドレーヌの意志。しかし限られた日々を共に過ごす中で、次第に家族たちはマドレーヌの想い、そして彼女の生きてきた人生と触れ合っていき――。












































本編 1時間48分
デジタル
シネスコ
カラー
奇蹟がくれた数式 字幕
 the mam who new infinity
●監督・脚本:マシュー・ブラウン●出演:デヴ・パテル(『スラムドッグ$ミリオネア』)/ジェレミー・アイアンズ(『リスボンに誘われて』)/デヴィカ・ビセ/ジェレミー・ノーサム(『ミミック』)/ケヴィン・R・マクナリー(『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』)●トロント国際映画祭2015 正式出品●2015年/イギリス

私には二つの偉大な“発見”がある――それは彼の才能と、かけがえのない友情だ。

身分も国籍も違う、正反対のふたりの天才数学者。イギリスの伝統とインドの神秘が出会い、歴史を揺るがす奇蹟が起きる――インドの〈アインシュタインと並ぶ天才・ラマヌジャン〉を見出した英国人数学者。2人が起こした奇跡と友情を描いた感動の実話。

■1914年、英国。ケンブリッジ大学の数学者ハーディは、遠くインドから届いた一通の手紙に夢中になる。そこには驚くべき“発見”が記されていた。ハーディは差出人の事務員ラマヌジャンを大学に招聘するのだが、学歴もなく身分も低いことから教授たちは拒絶する。孤独と過労で、重い病に倒れてしまうラマヌジャンの代わりに、ハーディは奇蹟の照明に立ち上がるのだが――。












































本編 1時間52分
デジタル
シネスコ
カラー
小さな園の大きな奇跡 字幕
 little big master
●監督:エイドリアン・クワン(『6AM』)●出演:ミリアム・ヨン(『私の胸の思い出』)/ルイス・クー(『トリプルタップ』)/ホ・ユエンイン/フー・シュンイン/ケイラ・ワン●アジアフォーカス福岡国際映画祭2015 観客賞受賞●2015年/香港・中国

いっぱい抱きしめて、いっぱい泣いた。

リタイアした彼女の夢は夫との世界一周だった。あの日、あるニュースを見るまでは――決して夢をあきらめなかった女性と彼女を支えた夫、5人の少女とその家族がおこした奇跡の実話。2015年香港映画年間興収№1の感動作。

■有名幼稚園の園長だったルイは、エリート教育に疲れて退職。博物館で働く夫と世界一周の旅に出るつもりだった。そんなある日、テレビで見たのは、閉園危機にある幼稚園の給料わずか4500香港ドル(約6万円)の園長募集ニュース。家庭の事情で転園できない5人の園児が残され、新園長が来ないと園は閉鎖。5人は行き場を失うという。ルイは園長に応募する決意をするのだが…。












































本編 2時間02分
デジタル
カラー
オアシス:スーパーソニック 字幕
 oasis:supersonic
●監督:マット・ホワイトクロス(『グアンタナモ、僕達が見た真実』共同監督)●製作総指揮:リアム&ノエル・ギャラガー/アシフ・カパディア(『AMY エイミー』監督)●出演:リアム・ギャラガー&ノエル・ギャラガー(『LIVE FOREVER』)●2016年/イギリス

愛すべきロックンロール界の悪ガキ――オアシス伝説

'94年のデビューからわずか3年でロック界の頂点に到達した“オアシス”。アルバム7作品すべてがUKチャート1位、全世界でCDトータルセールス5,000枚以上を記録。結成から'96年のネブワース・ライヴまでの〈成功に至るまでの壮大な旅の日々〉その真実が今、語られる――製作総指揮。イギリスの伝説的ロック・バンド“オアシス”初の長編ドキュメンタリー。

■1991年、兄ノエル・ギャラガーが弟リアムのバンドに加入してオアシスが誕生する。同じ部屋で育った二人がステージを共にしてから3年足らずでファースト・アルバム「Definitely maybe/オアシス」をリリース。イギリス史上最速のスピードで売れたデビューアルバムになる。1年後にリリースしたセカンドアルバム「(What's the story) Morning Glory?/モーニング・グローリー」は、当時ビートルズが持っていた英国のアルバム売上記録を更新。

その翌年1996年のネブワースでの公演は2日間で25万人を動員し、当時の野外コンサートの記録を更新した。結成からわずか5年で、全世界の音楽シーンの頂点に立ったオアシスだったが、その頃すでに彼らの間には亀裂が入り始めていた…。












































本編 2時間07分
デジタル
ビスタ
カラー
弁護人 字幕
 the actorney
●監督:ヤン・ウソク●出演:ソン・ガンホ(『スノーピアサー』)/イム・シワン(『戦場のメロディ』)/キム・ヨンエ(『殺人の告白』)/クァク・ドウォン(『ある会社員』)/ソン・ヨンチャン(『アジョシ』)●第35回 青龍映画賞/最優秀作品賞/男優主演賞/女優助演賞/助演男優賞 受賞●2013年/韓国

国家を敵に回しても無罪を勝ち取る!

1970~80年代、軍事政権下の韓国では多くの学生や若者たちが不当逮捕、拘束され、スパイ容疑などをかけられる事件が多発していた――本作は、民主化勢力弾圧のため国家によって捏造された釜林(プリム)事件を題材に描いた社会派ヒューマンドラマ。韓国で観客動員数1100万人突破の大ヒットを記録し、韓国内の映画賞で20冠を獲得した話題作。

■高卒から弁護士になったソン・ウソク。学歴もコネもないウソクは、まだ誰も手を付けていなかった不動産登記業務に目を付け、釜山一の税務弁護士へとのし上がっていく。

ある日、馴染みのクッパ屋の息子・ジヌが公安当局に突然逮捕されたと知る。ジヌの母親・スネからの懇願を受け、拘置所へと出向くが、面会すら出来ない。ようやく会えたジヌは、すっかり痩せ細り、顔や身体には無数の痣がある衝撃的な姿だった。ウソクは拘置所での取り調べに不信感を抱き、ジヌの無実を証明しようと立ち上がる。時は軍事政権化、誰もが国家保安法違反で捕まった者を助けようとしない中で、ウソクは無罪を勝ち取ることができるのだろうか?












































本編 1時間32分
デジタル
ビスタ
カラー
ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た 字幕
 ants on a shrimp
●監督:モーリス・デッカーズ●出演:レネ・レゼピ(『ノーマ、世界を変える料理』)●2016年/オランダ

独創的で美しい料理の数々――

世界一に4度輝いたレストラン「ノーマ」が日本にやって来た。「ノーマ」に気付かされる日本の魅力。その土地の“時間”と“場所”を感じさせる、色鮮やかで独創的な料理の数々――天才シェフ、レネ・レゼピと食の世界で挑戦し続けるレストラン「ノーマ」が、日本で期間限定店を起ち上げるまでの日々を追ったドキュメンタリー。

■2015年、カリスマシェフ、レネ・レゼピが総勢77名のスタッフを引き連れ、世界初の試みとして「ノーマ・アット・マンダリン・オリエンタル・東京」を期間限定で開店するために来日。デンマークの本店を休業し、スタッフ全員で日本へ行くというニュースは、世界中で話題となった。本店と同様に、その土地の食材を使うというコンセプトを貫くレネ。食材探しは日本全国を巡り、1年以上を費やし、7回に渡って行われた。

「作り直しだ、これじゃお客には出せない」オープン15日前、レネはレシピ開発チームが提案したメニューを一蹴する。開店まで残り僅かな時間の中、一からレシピを練り直すスタッフたち。レネの望む究極のひと皿とは?日本でだからこそ味わうことのできるノーマのメニューとは一体何なのか?更なる進化を目指し、自問自答を繰り返す。

「おいしいよ、これで完成だ」オープン5日前、ようやく提供するメニューが完成。残りのスタッフが到着し、レネは調理方法を細かく伝授していく。スマフォで見本用の写真を撮り、レネの一挙手一投足を見逃さないよう緊張した面持ちのスタッフたち。オープン前日、最終リハーサルを行う。慣れない調理場と作業内容に失敗を続出するスタッフたちにレネの檄が飛ぶ。「失敗するなんてガッカリだ、全部やり直せ!」。そしていよいよオープン当日を迎える――。












































本編 1時間58分
デジタル
カラー
聖杯たちの騎士 字幕
 knight of cups
●監督・脚本:テレンス・マリック(『ツリー・オブ・ライフ』)●出演:クリスチャン・ベイル(『ダークナイト』)/ケイト・ブランシェット(『キャロル』)/ナタリー・ポートマン(『ブラック・スワン』)/イモージェン・プーツ(『マイ・ファニー・レディ』)/フリーダ・ピント(『猿の惑星/創世記〈ジェネシス〉』)●2015年/アメリカ

すべてが運命のひと。

迷える脚本家が巡り合う、6人の美しい女たち。彼女たちとの愛の記憶をたどりながら、過去の自分と向き合っていく――詩的な映像を紡いできた巨匠テレンス・マリックと名優たちが織りなすラブ・ロマンス。

■脚本家のリックは、ハリウッド映画の仕事を引き受け成功と手にする。豪勢な日々を送る反面、心の奥底に怯えや虚無感を抱え、進むべき道を見失っていた。そんな彼と巡り合った6人の女たち。彼女たちとの愛の記憶を通し、リックは過去と向き合っていく――。












































本編 1時間43分
デジタル
ビスタ
カラー
ミス・シェパードをお手本に 字幕
 the lady in the van
●監督:ニコラス・ハイトナー(『英国万歳!』)●出演:マギー・スミス(『パリ3区の遺産相続人』)/アレックス・ジェニングス(『夏の夜の夢』)/ジム・ブロードベント(『ウィークエンドはパリで』)/フランシス・デ・ラ・トゥーア(『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』)/ロジャー・アラム(『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』)●2015年/イギリス

ボロは着てても心は錦!ポンコツ車のレディがやってくる

謎のレディと劇作家の15年にもおよぶ奇妙な共同生活――イギリスを代表する劇作家アラン・ベネットの経験をもとにした驚きの物語は、名女優マギー・スミスが贈る、ユーモアたっぷりでちょっぴり切ない人生の“宝物”がつまった感動作。

■ロンドンのカムデン。誇り高き淑女“ミス・シェパード”は、路上に停めたオンボロの黄色い車で気ままに暮らしていた。近所の住人たちは、年老いた彼女を心配して世話を焼くが、お礼を言うどころか悪態をつくばかり。ある日、駐車をとがめられている姿を見かけた劇作家ベネットは、親切心から自宅の駐車場をひとまず避難場所として提供する。

…それから15年。駐車場に居座り続け、ふたりは奇妙な共同生活を送っている。彼女の高飛車な態度や突飛な行動に頭を抱えつつも、いつしか不思議な友情が生まれていた。そして、ベネットはなぜかフランス語が堪能で音楽にも造詣が深いミステリアスなミス・シェパードに作家としても惹かれてゆく…。












































本編 2時間06分
デジタル
カラー
この世界の片隅に
 kono sekai no katasumi de
●監督・脚本:片渕須直(『マイマイ新子と千年の魔法』)/●声の出演:のん(『ホットロード』)/細谷佳正(『ハル』)/稲葉菜月/尾身美詞/小野大輔(『GANTZ-O』)●原作:こうの史代(第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞)●2016年/日本

昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。

戦時中、身近で大事なものが奪われていっても、工夫を凝らして毎日を築くすずの営みは終わらない――「この映画が見たい」。日本中の想いが結集!100年先も伝えたい、珠玉のアニメーション。

■1944(昭和19)年2月。18歳のすずは、突然の縁談で軍港の街・呉へとお嫁に行くことになる。新しい家族には、夫・周作、そして周作の両親や義姉・径子、姪・晴美。配給物資がだんだん減っていく中でも、すずは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。

1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの艦載機による空襲にさらされ、すずが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。そして、昭和20年の春がやってくる――。












































本編 1時間43分
デジタル
カラー
天使にショパンの歌声を 字幕 
 la passion d'augustine
●監督:レア・プール(『天国の青い蝶』)●出演:セリーヌ・ボニアー/ライサンダー・メナード/ディアーヌ・ラヴァリー/バレリー・ブライス/ピエレット・ロビタイユ●第18回ケベック映画賞 作品賞/監督賞/主演女優賞 ほか最多6部門受賞●2015年/カナダ

少女が奏でたのは、未来の音色。

自然豊かな美しいケベックの小さな音楽学校に、突然訪れた廃校の危機。音楽の力を信じて、いま、彼女たちの心は一つになる――クラシックの名曲にのせて贈る、感動の音楽映画。

■白銀の世界に佇む小さな寄宿学校。そこは音楽教育に力を入れ、コンクール優勝者も輩出する立派な名門校だった。しかし、修道院による運営が見直され、採算の合わない音楽学校は閉鎖の危機に直面する。

校長オーギュスティーヌは抵抗し、音楽の力で世論を動かす秘策を考える。一方、転校してきた姪・アリスに天性のピアニストの才能を見出すが、孤独で心を閉ざしたアリスは一筋縄ではいかない問題児だった。












































本編 2時間33分
デジタル
シネスコ
カラー
PK -ピーケイ- 字幕
 pk
●監督:ラージクマール・ヒラニ(『きっと、うまくいく』)●出演:アーミル・カーン(『きっと、うまくいく』)/アヌシュカ・シャルマ(『命ある限り』)/スシャント・シン・ラージプート/サンジャイ・ダット/ボーマン・イラニ(『きっと、うまくいく』)●2014年/インド

この男に、常識は通じない

世間の常識を全く知らない男、PK。彼の“小さな”疑問は、やがて“大きな”奇跡を呼ぶ!――世界興収100億円突破!世界中が笑って泣いた!あの『きっと、うまくいく』監督&主演タッグが贈る、人生に迷うすべての人の心にも突き刺さる、笑いと涙の珠玉のドラマ。

■留学先で悲しい失恋を経験し、今は母国インドでテレビレポーターをするジャグーは、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男を見かける。チラシには「神さまが行方不明」の文字。

ネタになると踏んだ ジャグーは、“PK”と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、彼女がPKから聞いた話は、にわかには信じられないものだった――。驚くほど世間の常識が一切通用しないPKの純粋な問いかけは、やがて大きな論争を巻き起こし始める――。












































本編 1時間37分
デジタル
ビスタ
カラー
ブルーに生まれついて 字幕 
 born to be blue
●監督・脚本・製作:ロバート・バドロー●出演:イーサン・ホーク(『6才のボクが、大人になるまで。』)/カルメン・イジョゴ(『パ-ジ:アナーキー』)/カラム・キース・レニー(『天才スピヴェット』)/スティーヴン・マクハティ(『シューテム・アップ』)/ジャネット=レーヌ・グリーン●2015年/アメリカ・カナダ・イギリス

痛いほどの 音楽と、愛

まるでジェームズ・ディーンを彷彿とさせる甘いマスクを持つ伝説のトランペット奏者チェット・ベイカー――1950年代のウエストコーストJAZZシーンで一世を風靡した天才ミュージシャン。そんな彼の孤独な転落と、愛による再生を描いた伝記ドラマ。

■黒人アーティストが主流の1950年代モダン・ジャズ界において、その甘いマスクで女性を虜にし、ファンを熱狂させていたジャズ界の異端児、チェット・ベイカー。その後、麻薬に溺れどん底の日々を送っているが、自身の人生を描いた映画の出演で一人の女性と出会ったことをきっかけに、愛と償いの機会を模索する…。












































本編 1時間51分
デジタル
カラー
湾生回家(わんせいかいか)
 wansei back home
●監督:ホァン・ミンチェン●出演:冨永勝/家倉多恵子/清水一也/松本洽盛/竹中信子●台湾アカデミー賞「金馬奨」最優秀ドキュメンタリー作品ノミネート●大阪アジアン映画祭2016 オープニング上映/観客賞受賞●2015年/台湾

わが故郷、わが台湾――敗戦後、この日本に戻っても、いつも心は台湾にあった。

「湾生」とは、1945年までの50年間、日本統治下の台湾で生まれた日本人をさす――台湾を離れなければならなかった「湾生」たち。彼らを暖かく迎え入れた台湾のこころ。戦後70年、日台の絆の原点がよみがえる。台湾全土で16万の人たちが笑い、涙した。歴史に翻弄された人々の運命を描くドキュメンタリー。

■戦前の台湾で生まれ育った約20万人の日本人は「湾生」と呼ばれた。下関条約の締結された1895年から1945年までの50年間、台湾は日本に統治されていた。当時、日本から公務員や企業の駐在員が台湾へと海を渡り、農業従事者も移民としてその地を踏んだ。

そして、彼らのほとんどが敗戦後、中華民国政府の方針によって日本全土に強制送還されることになる。引揚者が持ち出しを許されたのは、一人あたり現金1,000円(当時)とわずかな食糧、リュクサック2つ分の必需品だけだった…。












































本編 1時間45分)
ブルーレイ
カラー
WHO KiLLED IDOL? -SiS消滅の詩-
 who killed idol?
●監督:エリザベス宮地●出演:BiS/SiS/GANG PARADE/渡辺淳之介(『劇場版 BiSキャノンボール 2014』)/清水大充●2017年/日本

アイドルは死んだ。私が殺した。

2014年の解散から2年、再始動したアイドルグループBiSの公式ライバルとして結成されたSiS。BiSオーディションの不合格者から選ばれたメンバーで結成されたSiSだったが、お披露目ライブの直後に活動休止がアナウンスされてしまう――AV監督が仕掛けて物議を醸した問題作『BiSキャノンボール』の続編とも言うべき衝撃のドキュメンタリー。

■元BiSのマネージャー及び現BiSHマネージャーの渡辺淳之介と、サウンドプロデューサー松隈ケンタ、そして元BiSのプー・ルイが改めてタッグを組み、再始動した元祖お騒がせアイドル、BiS。過酷なオーディションを経て、5人の新BiS合格者、6人の不合格者が決定、その6人の内4人でBiSの公式ライバルSiSを結成することが発表された。

2016年9月25日にSiSお披露目ライブが開催されるも、「結成責任者である清水マネージャーがグループ活動に対して重大な背任行為を行った為」、なんとライブ直後に活動休止がアナウンスされてしまう。果たして“重大な背任行為”とは?アイドルとは?ライバルとは?大人とは?












































本編 1時間38分
デジタル
シネスコ
カラー
王様のためのホログラム 
 a hologram for the king
●監督・脚本:トム・ティクヴァ(『クラウド アトラス』)●出演:トム・ハンクス(『ハドソン川の奇跡』)/アレクサンダー・ブラック/サリタ・チョウドリー(『しあわせへのまわり道』)/シセ・バベット・クヌッセン(『アフター・ウェディング』)/ベン・ウィショー(『追憶と、踊りながら』)●2016年/アメリカ

遠い遠い異国の地で気づいた。人生は、なんとかなる!

人生のどん底から一発逆転するために、砂漠の王様に最先端の映像装置“3Dホログラム”を売りに行くアラン。彼を待っていたのは、異文化の嵐だった――トム・ハンクスが大絶賛したベストセラー小説を映画化。人生に迷うすべての人を応援するハートフルストーリー。

■立派な車もステキな家も美しい妻も、煙のように消えてしまった。すべてを失くした男の名はアラン。大手自転車メーカーの取締役だったが、業績悪化の責任を問われ解任されたのだ。愛する娘の養育費を払うためにIT業界に転職し、一発逆転をかけて地球の裏側、はるばるサウジアラビアの国王に最先端の映像装置〈3Dホログラム〉を売りに行く。

ところが砂漠に到着すると、オフィスはただのボロテントでエアコンもなく、Wi-Fiもつながらなければランチを食べる店さえない。抗議したくても担当者はいつも不在(居留守かも?)、プレゼン相手の国王がいつ現れるのかもわからない。上司からはプレッシャーをかけられ、ついには体も悲鳴をあげる。追いつめられたアランを助けてくれたのは、予想もしない人物だった――。












































本編 1時間37分
デジタル
カラー
ワイルド わたしの中の獣 字幕 
 wild
●監督・脚本:ニコレッテ・クレビッツ(『バンディッツ』出演)●出演:リリト・シュタンゲンベルク/ゲオルク・フリードリヒ(『ミケランジェロの暗号』)/サスキア・ローゼンダール(『さよなら、アドルフ』)/ジルク・ボーデンベンダー●第32回サンダンス映画祭ワールド・シネマドラマ部門ノミネート●第45回ロッテルダム国際映画祭ビック・スクリーン アワード ノミネート●2016年/ドイツ

愛の対象は人間なんて――教わっていない。

味気のない生活をおくる女性が森で生きる“オオカミ”に惹かれていく――サンダンス映画祭を震撼させた、誰も観たことがないショッキングな映像体験。野生化していく女性の倒錯した愛を描く禁断のラブ・ストーリー。

■職場と自宅の往復で無機質な毎日を過ごす女性アニア。彼女はある日、自宅マンションの前に広がる森で一匹のオオカミを見かける。オオカミは彼女をじっと見つめ、再び森の中に姿を消した。嫌な上司ボリスにこき使われ、冴えない日々を過ごしていたアニアは、初めて触れる“野性”に心をかき乱され、激しく惹かれていく。

次第にオオカミに執着するようになった彼女はあらゆる手を尽くし、ついに捕えて自分の高層マンションに連れ込む。狭い部屋で暴れるオオカミに最初は命の危険を感じるが、次第に“彼”と心を通わせ、彼女が秘めていた欲望が露わになっていく。果たして獣と愛を交わした彼女を待ち受ける運命とは――。












































本編 1時間58分
デジタル
カラー
ネオン・デーモン 字幕 
 the neon demon
●監督:ニコラス・ウィンディング・レフン(『ドライヴ』)●出演:エル・ファニング(『マレフィセント』)/カール・グルスマン(『LOVE【3D】』)/ジェナ・マローン(『メッセンジャー』)/ベラ・ヒースコート(『Re:LIFE -リライフ-』)/アビー・リー(『マッドマックス 怒りのデスロード』)●第69回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 正式出品作品●第29回 東京国際映画祭 特別招待作品●2016年/フランス・デンマーク・アメリカ

無垢な夢が 邪悪な毒に 染まる

16歳の少女ジェシーは、夢を抱きファッション界のドアを開けた――モデル業界に渦巻く漆黒の野心。今、美にとり憑かれた悪夢が幕を開ける――『ドライヴ』でカンヌ国際映画祭監督賞を獲得したレフン監督が、美と官能と裏切りの女たちの世界に挑んだサスペンス・ミステリー。

■誰もが目を奪われる特別な美しさに恵まれた16歳のジェシーは、トップモデルになる夢を叶えるために、田舎町からロスへとやって来る。すぐに一流デザイナーやカメラマンの心をとらえチャンスをつかむジェシーを、ライバルたちが異常な嫉妬で引きずりおろそうとする。やがて、ジェシーの中に眠る激しい野心もまた、永遠の美のためなら悪魔に魂も売り渡すファッション界の邪悪な毒に染まっていく――。












































本編 2時間08分
デジタル
シネスコ
カラー
アラビアの女王 -愛と宿命の日々- 字幕
 queen of the desert
●監督・脚本:ヴェルナー・ヘルツォーク(『フィツカラルド』)●出演:ニコール・キッドマン(『めぐりあう時間たち』)/ジェームズ・フランコ(『127時間』)/ダミアン・ルイス(『われらが背きし者』)/ロバート・パティンソン(『トワイライト』シリーズ)/●第65回ベルリン映画祭 コンペティション部門出品●2015年/アメリカ・モロッコ

強く、気高く、そして美しく。時代が、彼女を選んだ――

叶わぬ愛の流転に翻弄されつつ、アラビアの砂漠で燃え立つような日々を選んだ英国貴婦人ガートルード・ベル。人々は彼女を“砂漠の女王”と呼んだ。アラビア半島に国境線を引いた彼女の平和的な手腕が、やがて世界を動かしていく――もうひとりの『アラビアのロレンス』と言われたひとりの女性の壮大な大河ロマン。

■20世紀初頭、ひとりの女性が英国を旅立ち、アラビアの地へ向かおうとしていた。彼女は英国鉄鋼王の家庭に生まれ社交界にデビュー、オックスフォード大学を卒業した才女ガートルード・ベル。自由なトラベラーであり、考古学者であり、諜報員となったベルは、やがて“イラク建国の母”と称されるほどにアラビアの地に根付き、情熱を注いでいくのだった。

望んでも叶わない2度の悲恋、アラビアのロレンスとの出会い、度重なる困難――。それらが彼女のこころを嵐のように翻弄し大きな傷跡を残したとしても、約束の地こそが、彼女の大いなる生命の源となっていく――。やがて時代は大きなうねりとともに転換し、彼女はその渦の中心の存在となっていくのだった…。












































本編 1時間39分
デジタル
カラー
たかが世界の終わり 字幕
 juste la fin du monde
●監督・脚本:グザヴィエ・ドラン(『Mommy/マミー』)●出演:ギャスパー・ウリエル(『SAINT LAURENT/サンローラン』)/レア・セドゥ(『アデル、ブルーは熱い色』)/マリオン・コティヤール(『サンドラの週末』)/ヴァンサン・カッセル(『美女と野獣』)/ナタリー・パイ(『わたしはロランス』)●第69回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞●アカデミー賞外国語映画賞 カナダ代表●2016年/カナダ・フランス

これが最後だなんて、僕たちは哀しいくらい不器用だった。

自らの死を告げるため、12年ぶりに帰郷した34歳の作家ルイ――美しき天才グザヴィエ・ドランが辿り着いた、家族の〈愛〉の答えとは。愛しているのに傷つけ合う家族を描いた人間ドラマ。

■「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気作家のルイ。母のマルティーヌは息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌは慣れないオシャレをして待っていた。

浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ、彼の妻のカトリーヌはルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の厳しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる――。












































本編 1時間51分
デジタル
ビスタ
カラー
うさぎ追いし -山極勝三郎物語-
 usagi oishi
●監督:近藤明男(『ふみ子の海』)●出演:遠藤憲一(『木屋町DARUMA』)/水野真紀(『ゴジラ FINAL WARS』)/豊原功補(『南極料理人』)/岡部尚(『おとぎ話みたい』)/高橋恵子(『ちゃんと伝える』)●2016年/日本

名声より、わが命よりも大事なもの

「癌が作れれば、癌は治せる。」100年前。世界が驚く実験を成功させたのは、信州上田生まれの病理学者だった――ノーベル賞の栄誉より、万人の幸福を願う癌研究の先駆者・山極勝三郎の魂。その壮絶な生涯に迫る伝記ドラマ。

■江戸から明治への転換期。上田藩の下級武士の家系に生まれ育った山本勝三郎は16歳のときに、東京で町医者を開業する山極吉哉の後継ぎとなるべく、親友の金子滋次郎とともに上京。吉哉の娘・かね子の婿養子に入る。やがて、東京帝国大学の医科に入学し、猛勉強を続けた勝三郎は、臨床医ではなく、病理学の道へ進むことを決心する。

数年後、32歳で東京大学教授に昇進した勝三郎は、かね子との間に3人の子を授かり、幸せの絶頂だった。しかし、そんな勝三郎を結核が襲う。病を患いながらも勝三郎がすべてを尽くした研究は“癌刺激説”の証明であった。それは、うさぎの耳にあらゆる手段で刺激を加え続けることで人工癌が出来るか…というものである。助手の市川厚一とともにさまざまな悪戦苦闘を乗り越え、人工癌の実験は進められていく。果たして実験は成功を遂げることが出来るのか……。












































本編 1時間28分
デジタル
ビスタ
カラー
トッド・ソロンズの子犬物語
 wiener-dog
●監督:トッド・ソロンズ(『ハピネス』)●出演:ダニー・デヴィート(『バットマン・リターンズ』)/エレン・バースティン(『アリスの恋』)/ジュリー・デルビー(『ビフォア・ミッドナイト』)/グレタ・ガーウィグ(『フランシス・ハ』)/キーラン・カルキン(『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』)●2015年/アメリカ

犬も歩けば不幸にあたる

観る者に爆笑と気まずい気分を提供してきた鬼才トッド・ソロンズ監督の最新作。アメリカをさまようダックスフントと、冴えない飼い主たちとの交流を過激に描く、未体験のブラックコメディ。


■病弱な子どもとその家族に引き取られるダックスフントだが、無邪気に問題ばかりをおこし、たちまち多くの人々の手に渡ることになる。ダックスフントが出会うのは、崖っぷちに立たされた映画学校の講師兼脚本家、偏屈なおばあさんとその孫娘、そして心優しい獣医の助手ドーン・ウィーナーたち。彼らは皆、満たされておらず何かを強く求めているのだが…。












































本編 1時間41分
デジタル
カラー
雨の日は会えない、晴れた日は君を想う 
 demolition
●監督:ジャン=マルク・ヴァレ(『わたしに会うまでの1600キロ』)●出演:ジェイク・ギレンホール(『ナイトクローラー』)/ナオミ・ワッツ(『ダイアナ』)/クリス・クーパー(『キングダム/見えざる敵』)/ジューダ・ルイス●2015年/アメリカ

僕はあまりにも、君に無関心だった。

妻の死後、身の回りのあらゆる物を壊し始めた男。そして見つけた、妻が遺したメッセージとは――自分の感情と上手く向き合えない男の喪失と哀しみ、そして再生を描いたヒューマンドラマ。

■デイヴィスは出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層界で、空虚な数字と向き合う日々。そんな会社へ向かういつもの朝、突然の交通事故で美しい妻を失った――。しかし一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたデイヴィス。彼女のことを本当に愛していたのか?俺の心は何処にいってしまったんだ?

「心の修理も車の修理も同じことだ。まず隅々まで点検して、組み立て直すんだ」義父からの言葉が引き金となり、デイヴィスは、身の回りのあらゆるものを破壊しはじめる。会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして自らの結婚生活の象徴である“家”さえも――。あらゆるものを破壊していく中で、デイヴィスは妻が遺していた幾つもの“メモ”を見付けるが…。












































本編 1時間41分
デジタル
ビスタ
カラー
MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間 字幕 
 miles ahead
●監督・主演・脚本:ドン・チードル(『ホテル・ルワンダ』出演)●出演:ユアン・マクレガー(『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』)/エマヤツィ・コーリナルディ/キース・スタンフィールド(『ショート・ターム』)/マイケル・スタールバーグ(『完全なるチェックメイト』)●2016年ベルリン国際映画祭 正式出品●2016年サンダンス映画祭 正式出品●2015年/アメリカ

繰り返しは退屈だ――昔のオレはどこにもいない。

新しいサウンドを求め続けたジャズの帝王。いま初めて明かされる天才の狂気と真実――トランペットを手放し創作活動を休止した“空白の5年間”。何がそうさせたのか?何があったのか?没後25年、マイルス・デイヴィスの真実に迫る意欲作。

■1970年代後半のニューヨーク。長らく音楽活動を休止中のマイルス・デイヴィスの自宅に、彼のカムバック記事を書こうとしている音楽記者デイヴが押しかけてくる。しかし体調不良に苦しみ、ドラッグと酒に溺れるマイルスは、創作上のミューズでもあった元妻フランシスとの苦い思い出にも囚われ、キャリア終焉の危機に瀕していた。

やがてデイブと行動を共にするうちに、悪辣な音楽プロデューサーに大切なマスターテープを盗まれたマイルスは、怒りに駆られて危険なチェイスに身を投じていく。その行く手に待ち受けるのは破滅か、それとも再起への希望の光なのか…。












































本編 1時間55分
デジタル
ビスタ
カラー
ある戦争 字幕
 krigen
●監督・脚本:トビアス・リンホルム(『偽りなき者』)●出演:ピルウ・アスベック(『LUCY/ルーシー』)/ツヴァ・ノヴォトニー(『ブライアン・ジョーンズ/ストーンズから消えた男』)/ソーレン・マリン/シャルロット・ムンク/ダール・サリム(『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』)●第88回アカデミー賞 外国語映画賞ノミネート●2016年デンマーク映画批評家協会賞 撮影賞●2016年ポートランド国際映画祭 観客賞/最優秀作品賞●2015年/デンマーク

正義の決断が、許されない罪を生んだ

アフガン紛争地域。部下の命を守るために、奪われた民間人の命。決断せざるを得なかった男の葛藤、それを支える家族との絆――戦場と法廷を舞台に、正義と命の尊さを問う、心揺さぶるヒューマンドラマ。

■アフガニスタンの平和維持のために駐留するデンマーク軍の部隊長、クラウス。ある日のパトロール中にタリバンの襲撃を受け、仲間を守るため、敵が攻撃していると思われる地区の空爆命令を行った。だがその結果、彼は、子どもを含む11名の罪のない民間人の命を奪ってしまったのだった。

軍法会議の為に帰国したクラウスは愛する家族に支えられながらも、罪の意識と部下たちを守るために“不可欠”だった決断との間で揺れ動く。そして、運命の結審が訪れようとしていた…。












































本編 1時間29分
デジタル
ビスタ
カラー
レミニセンティア 字幕
 reminisentia
●監督・脚本:井上雅貴●出演:ユリア・アサードバ/アレクサンダー・ツィルコフ/井上美麗奈/イリーナ・ツィルコバ/デニス・ヤコベンコ●ロサンゼルス シネマフェスティバル オブ ハリウッド 主演男優賞/監督賞/長編作品賞●第2回 新人監督映画祭 長編作品賞●2016年/日本

あなたの“記憶”は真実ですか?

レミニセンティア=記憶の万華鏡。
消したい記憶ありますか?取り戻したい記憶ありますか?――果たして自分の見ている世界は他人と同じ世界なのか?記憶をテーマに、哲学的でありながらも感動的に仕上げた本作は、日本映画史上初、日本人監督が描くオールロシア語、ロシアロケのロシアSF。

■ロシアのとある街、小説家のミハエルは愛する娘ミラーニャと二人で暮らしていた。彼の元には悩める人々がやってくる。「私の記憶を消して欲しい」――ミハエルは人の記憶を消す特殊な能力を持っていた。小説のアイデアは彼らの記憶を元に書かれたものだった。

そんなある日、娘との思い出の一部が無いことに気づく。過去が思い出せず、悩み苦しむミハエルは教会に行き神に祈る。すると、見たものすべてを記憶する超記憶症候群の女性マリアに出会う。彼女は忘れることが出来ない病気に苦しんでいた。そして、ミハエルと同じく特殊な能力も持っていた。それは記憶を呼び起こす能力だった。ミハエルは彼女に取引を持ちかける。「記憶を消すかわりに、娘との記憶を取り戻して欲しい」――彼女の能力によりミハエルは記憶のはざまへと落ちて行き、そこで、衝撃の真実を知ることとなる。












































本編 2時間00分
デジタル
シネスコ
カラー
恋愛奇譚集(れんあいきたんしゅう)
 ren-ai kitanshu
●監督:倉本雷大(『思春期ごっこ』)●出演:ヤオ・アイニン(『共犯』)/和田聰宏(『リップヴァンウィンクルの花嫁』)/内田慈(『下衆の愛』)/福田麻由子(『ヘブンズ・ドア』)/柳俊太郎(『雨女』)●2017年/日本

この場所で少し、愛することを覚えた

見えない彼女がくれた消えない想い――福島県を舞台に、恋愛は馬鹿馬鹿しいと思っている台湾からの留学生が、彼女にしか見えない謎の少女と出会い、心を開いていく青春ファンタジー。

■福島県天栄村。「感情は一瞬で変わるから、恋愛することは馬鹿馬鹿しい」と思っている台湾からの留学生・ユーウェンは、言葉が通じないもどかしさを抱えながら、ホームステイ先の涼太やクラスメイトたちと日々を過ごしていた。

ある日、彼女にしか見えていない赤いコートを着た謎の少女・ユリと出会ったユーウェンは、ユリに心の内を話すうちに笑顔を取り戻していく。ふたりは同じ国の人間なのかもしれないと感じたユーウェンが楽しい時間を共有していく中、ユリと涼太そして東京から出戻ったワケあり娘・彩子との関係と、そこに悲しい関係があることを知る。

ユリが幽霊だとわかったユーウェンは、彼女の心残りに気づき、大切な日に秘密の作戦を決行する。ユリとユーウェン二人の想いが届いて、彼女たちが誰かにとって忘れられない存在になれることを信じて――。












































本編 1時間40分
デジタル
ビスタ
カラー
はらはらなのか。
 haraharananoka
●監督:酒井麻衣(『いいにおいのする映画』)●出演:原菜乃華(『ピラメキ子役恋ものがたり』)/松井玲奈(『gift』)/吉田凛音(『劇場版 女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』)/栗島瑞丸(『アメイジング・グレイス-儚き男たちへの詩-』)/チャラン・ポ・ランタン(『飛べないコトリとメリーゴーランド』)●2017年/日本

幻を追い越して、憧れになるんだ。

迷える少女・原ナノカ12歳。いざ、「本当」(リアル)と「嘘」(フィクション)の世界へ――亡き母の後を追い女優をめざす女の子の奮闘をファンタジックに描く青春ドラマ。25歳の新鋭・酒井麻衣監督の商業デビュー作。

■冴えない子役女優・原ナノカ。自分が生まれると同時に亡くなった母・マリカに憧れて始めた道だが、オーディションでは不合格続きで鬱屈とした日々を送っている。父・直人の都合で田舎町に引っ越して来たナノカは、マリカが出演した舞台の再公演とキャスト募集のチラシを見つけ「絶対に主役をやりたい!」と事務所にも直人にも内緒でオーディションに挑むが…。

運命に導かれるように出会った喫茶店の店主のリナや、劇団Z-Lionの演出家と奇妙なメンバーたち、転校先のスター的存在の生徒会長たちと、いざ「本当」(リアル)と「嘘」(フィクション)の世界へ!ナノカは物語の向こう側に何を見るのか――?












































本編 1時間20分
デジタル
ビスタ
カラー/モノクロ
ヒッチコック/トリュフォー 字幕
 hitchcock/truffaut
●監督・脚本:ケント・ジョーンズ(『ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して』脚本)●出演:ウェス・アンダーソン(『ダージリン急行』監督)/オリヴィエ・アサイヤス(『夏時間の庭』監督)/ピーター・ボグダノヴィッチ(『マイ・ファニー・レディ』監督)/アルノー・デプレシャン(『クリスマス・ストーリー』監督)/デヴィッド・フィンチャー(『ゴーン・ガール』監督)●2015年カンヌ国際映画祭 クラシック部門上映●2015年/アメリカ・フランス

君たち、たかが映画じゃないか

マーティン・スコセッシ、デビッド・フィンチャー、ウェス・アンダーソン、黒澤清といった錚々たる現代の10名の監督たちが語る“ヒッチコックの映画術”――伝説の本「映画術 ヒッチコック/トリュフォー」にまつわるドキュメンタリー。

■1962年の春、トリュフォーは敬愛する監督ヒッチコックに長い手紙を送った。『大人は判ってくれない』でヌーヴェル・ヴァーグの旗手として時代の寵児であった若き映画監督による尊敬に満ちたその手紙は、ヒッチコックの心を動かし、ここに映画史に残る歴史的インタビューが実現、「映画術 ヒッチコック/トリュフォー」が生まれることとなる。

フランス、アメリカで同時に出版された書籍は、世界中のクリエイターたちにとって教科書となり、ヒッチコックの作家的評価を巨匠の域へと押し上げる契機となった。本作は、その貴重な音源とその後20年にわたるふたりの友情を感動的に映し出すドキュメンタリーである。












































本編 1時間20分
デジタル
カラー
ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映
「アニメーションの神さま、その美しき世界」
 字幕
 yuriy norshteyn
●監督:ユーリー・ノルシュテイン(『霧の中のハリネズミ』『話の話』)

■監督生誕75周年を記念し、代表作6本を2Kスキャンにて修復。驚きの画質・音質で蘇った作品を、世界に先駆けて一挙初上映!

 【上映作品】 
『25日・最初の日』
ロシア革命を描いたデビュー作
(1968年/10分)
『ケルジェネツの戦い』
中世の壁画が鮮やかに動きだす
(1971年/10分)
『キツネとウサギ』
初の子ども向け作品
(1973年/10分)
『アオサギとサル』
浮世絵・水墨画を取り入れた恋愛劇
(1974年/10分)
『霧の中のハリネズミ』
世界で最も愛されたノルシュテイン作品
(1975年/10分)
『話の話』
世界アニメーション史に残る最高傑作
(1979年/29分)

■1941年、旧ソ連に生まれたロシア人アニメーター、ユーリー・ノルシュテイン。切り絵を用いた緻密な作風で知られ、“アートアニメーションの神様”として日本の宮崎駿・高畑勲監督をはじめ、世界中のアニメーターからリスペクとされる存在である。

今回、ノルシュテイン監督がソ連時代に監督した6本の作品について、オリジナルネガから2Kスキャニングされたデータをロシアから取り寄せ、レストレーション(修復)、グレーディング(色調整)をおこなった。また音声も大元の磁気テープからデジタル化、日本の誇る音響エンジニア、オノ・セイゲン氏が修復・マスタリングを担当。映像、音声共にかつてない美しさで、世界アニメーション史に輝く傑作群が甦った。





本編 1時間56分
デジタル
シネスコ
カラー
幸せなひとりぼっち 字幕
 en man som heter ove
●監督・脚本:ハンネス・ホルム●出演:ロルフ・ラスゴード(『アフター・ウェディング』)/バハー・パール/フィリップ・ベリ/イーダ・エングヴォル/カタリナ・ラッソン●ゴールデン・ビートル賞(スウェーデンのアカデミー賞)主演男優賞/観客賞●シアトル国際映画祭 主演男優賞●2015年/スウェーデン

実は優しい?“不機嫌じいさん”

オーヴェ、59歳、ひとりぼっち。43年勤めた会社を突然クビに。愛する妻にも先立たれ、悲しみに暮れていた。しかし隣人との交流の中で、凍てついた彼の心は温かさを取り戻していく――スウェーデンで記録的大ヒット。孤独な男の人生を、笑いと涙で温かく包んだヒューマンドラマ。

■自治会のルールは厳格に守る。他人の車の駐車にいちいち口を挟む。何かと文句の多いオーヴェは近所の鼻つまみ者。しかし家に帰れば孤独に苛まれてたちまち気が弱くなり、亡き妻の思い出がよみがえり涙を流す。

そんな時、オーヴェの郵便受けに車をぶつけてしまったのが、隣に引っ越してきた主婦のパルヴァネとその家族。オーヴェはパルヴァネを罵るが、「車の運転を教えてくれない?」と言われたら断れない。悪態はいつしか愛嬌となり、パルヴァネに本音を語りだす…。かつての彼は妻を愛する優しい人間だった。ある衝撃の事件のせいで二人の運命は大きく変わったのだった。












































本編 1時間41分
デジタル
ビスタ
カラー/モノクロ
ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち 字幕
 nickys family
●監督:マティ・ミナーチュ●モントリオール世界映画祭 最優秀ドキュメンタリー映画賞●カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 観客賞●2011年/チェコ・スロヴァキア

未来は、子どもたちにしか変えられない。

第2次大戦開戦前夜、ナチスの脅威から数多くの子どもたちの命を救った奇跡の救出作戦。その全貌と感動の再会――これは“イギリスのシンドラー”と呼ばれた男と、「パディントン」のモデルになった子どもたちを追った感動のドキュメンタリー。

■1938年、イギリス人のビジネスマン、ニコラス・ウィントンは難民支援を行っていた友人を手助けするためにチェコスロバキアへ向かい、難民たちの危機的状況を目の当たりにする。やがて彼はユダヤ人の子どもたちのためにイギリスで里親を探し、列車で出国させる活動の中心人物となる。

彼が救った子どもたちはホロコーストを生き延び、各国で様々な職業に就き、また多くの子孫を生み育てた。しかし彼は、ある事情からそのことを家族にさえ語ることはなかった。それから50年後、ニコラスの妻グレタが屋根裏部屋で1冊のノートを見つける。そこにはニコラスが行った〈キンダートランスポート〉の詳細な記録と子どもたちの名簿が記されていた…。

1988年、イギリスのテレビ局BBCは発見されたノートをもとに、ニコラスに救われた子どもたちの行方を追い、生放送の番組内でニコラスと再会させるサプライズを計画。そしてそれは、ニコラスの名を世界に知らしめ、人々を涙と感動で包む奇蹟の瞬間となった。












































本編 1時間32分
デジタル
シネスコ
カラー
フィッシュマンの涙 字幕
 collective invention
●監督・脚本:クォン・オグァン●出演:イ・グァンス(『コンフェッション 友の告白』)/イ・チョニ(『犬どろぼう完全計画』)/パク・ボヨン(『私のオオカミ少年』)/●2015年トロント映画祭 正式出品●2015年釜山映画祭 正式出品●2015年/韓国

さようならヒューマンたち

「ボクは悪魔か英雄か?それとも食糧?」
フリーターは魚男になり、魚男は国民的スターに。腐敗しきった大人たちに闘いを挑んだ彼らが目にした光景とは――カンヌ映画祭短編部門パルムドール受賞作『Safe』の脚本を担当した新進監督が贈る、笑って泣ける、まさかの青春モンスタームービー。

■収入を得るために製薬会社の新薬治験に参加した主人公は、原因不明の副作用で魚男に変身してしまう。事件はあっという間にトップニュースとなり、魚男は一躍脚光を浴びて時代の寵児に。しかし、その栄光は長くは続かない――。

メディアはあっという間に手の平を返し、魚男は奈落の底へと落とされていく…。父親、恋人、人権派弁護士、そしてスクープ狙いの新米TV局記者がそれぞれの事情を背負いながらも、魚男を産み出した製薬会社に闘いを挑んでいく――。












































本編 1時間29分
デジタル
シネスコ
カラー
太陽を掴め
 taiyou wo tsukame
●監督・脚本:中村祐太郎●出演:吉村界人(『ディストラクション・ベイビーズ』)/浅香航大(『桜ノ雨』)/岸井ゆきの(『森山中教習所』)/三浦萌(『TOKYO CITY GIRL』)/森優作(『野火』)●第29回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 公式出品作品●2016年/日本

心燃やせ。震えるほど愛しい人よ。

心揺さぶる激唱で伝える、ヒリつくように純真な「青春×音楽」――新鋭・中村祐太郎監督が描く、89分間の“真っ赤な青春群像劇”。

■人気上昇中のミュージシャンであるヤットの歌声に、歓声が湧く。彼を撮るフォトグラファーのタクマ。タクマの元恋人であるユミカ。高校時代からの同級生である3人は、お互いに複雑な感情を抱きながら日々を過ごしていた――。












































本編 1時間39分
デジタル
シネスコ
カラー
こころに剣士を 字幕
 miekkailija
●監督:クラウス・ハロ(『ヤコブへの手紙』)●出演:マルト・アヴァンディ/ウルスラ・ラタセップ/レンビット・ウルフサク/リーサ・コッペル/ヨーナス・コッフ●2016年ゴールデングローブ賞 外国語映画賞 ノミネート●2016年アカデミー賞 外国語映画賞 フィンランド代表●2015年/フィンランド・エストニア・ドイツ

勇気の先に未来がある

エンデルがくれたのは、人生を切り開く剣。子供たちがくれたのは、未来を見つめる瞳――ナチスとスターリンに翻弄されるエストニアを舞台に、伝説のフェンシング選手と子供たちの絆を描く、実話から生まれた感動作。

■1950年初頭、エストニア。ソ連の秘密警察に追われる元フェンシング選手のエンデルは、小学校の教師として田舎町ハープサルに身を隠す。生徒たちの多くが、ソ連の圧政によって親を奪われていた。

やがてエンデルは課外授業としてフェンシングを教えることになるが、実は子供が苦手だった。そんなエンデルを変えたのは、学ぶことの喜びにキラキラと輝く子供たちの瞳だった。なかでも幼い妹たちの面倒を見るマルタと、祖父と二人暮らしのヤーンは、エンデルを父のように慕うようになる。

ある時、レニングラードで開かれる全国大会に出たいと子供たちからせがまれたエンデルは、捕まることを恐れて躊躇うが、子供たちの夢を叶えようと決意する。果たして彼らを待ち受ける予想もしない出来事とは?












































本編 1時間46分
デジタル
シネスコ
カラー
未来を花束にして 字幕
 suffragette
●監督:サラ・ガヴロン●出演:キャリー・マリガン(『華麗なるギャツビー』)/ヘレナ・ボナム=カーター(『アリス・イン・ワンダーランド』)/ブレンダン・グリーソン(『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』)/アンヌ=マリー・ダフ(『マグダレンの祈り』)/ベン・ウィショー(『追憶と、踊りながら』)●2015年/イギリス

百年後のあなたへ

思想も教養も富もない、私はひとりの母親。ただ我が子のその手に、希望をつなぎたかった――これは、女性の参政権を求めて立ち上がった“名もなき花”の、真実に基づく物語。

■1912年、ロンドン。劣悪な環境の洗濯工場で働くモードは、同じ職場の夫サニーと幼い息子ジョージの3人で暮らしている。ある日、洗濯物を届ける途中でモードが洋品店のショーウィンドウをのぞき込んでいると、いきなりガラスに石が投げ込まれる。女性参政権運動を展開するWSPU(女性社会政治同盟)の“行動”の現場にぶつかったのだ。それが彼女と“サフラジェット”との出会いだった。

同じ頃、女性参政権運動への取り締まりが強化され、アイルランドでテロ対策に辣腕をふるったスティード警部が赴任してくる。彼は歴史上初となるカメラによる市民監視システムを導入し、無関係だったモードもターゲットの1人として認識されてしまう。

やがてモードに大きな転機が訪れる。下院の公聴会で証言をすることになったのだ。工場での待遇や身の上を語る経験を通して、初めて彼女は“違う生き方を望んでいる自分”を発見する。けれども法律改正の願いは届かず、デモに参加した大勢の女性が警官に殴打され、逮捕された。そんな彼女たちを励ましたのが、WSPUのカリスマ的リーダーであるエメリン・パンクハーストの演説だった――。












































本編 1時間23分
デジタル
ビスタ
カラー
世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方 字幕
 quatsch und die nasenbarbande
●監督:ファイト・ヘルマー(『ツバル』)●出演:ファビアン・ブッシュ(『帰ってきたヒトラー』)/ベンノ・フユルマン(『アイガー北壁』)/ウド・シェンク/アレクサンダー・シェアー(『カルロス』3部作)●ルーヴィヒスハーフェン ドイツ映画際 最優秀子供映画賞“金のニルス賞”●チューリッヒ映画祭 最優秀子供映画賞●ベルファスト・シネマジック最優秀作品賞●2014年/ドイツ

子どもはみんな問題児。

老人ホームに閉じ込められたおじいちゃんとおばあちゃんを救い出せ!――世界一フツーで退屈な町で、やんちゃな4歳児たちと1匹のハナグマが巻き起こす奇想天外な大騒動。ウルトラ・ハッピーなチビッコ・スペクタクル映画の傑作誕生!

■目立つことや、特別なことをせず、平均的なことを美徳とする村ボラースドルフ。幼稚園を脱走したやんちゃな6人の子どもたちは、友だちのアカハナグマ“クアッチ”と協力して、ホームにいれられてしまった大好きなおじいちゃんとおばあちゃんを救い出す計画を実行する。

この村のお年寄りたちは、みんな世界ではじめての事を成しとげてきた特別な人ばかりだった。やがて子どもたちがんばりで、村には世界でいちばんのステキなことが起こる――。












































本編 2時間22分
デジタル
シネスコ
カラー
退屈な日々にさようならを
 taikutsu na hibi ni sayounara wo
●監督・脚本:今泉力哉(『サッドティー』)●出演:内堀太郎(『あの女はやめとけ』)/松本まりか(『ポルトレ PORTRAIT』)/矢作優/村田唯(『密かな吐息』)/清田智彦●2016年/日本

“いなくなる”ってことは、“ここにいた”ってこと。

『サッドティー』『知らない、ふたり』『こっぴどい猫』などで〈すきということ〉について問い続けてきた監督・今泉力哉が、震災から5年たった地元・福島と東京を舞台に描く、〈映画をつくること〉や〈誰かを想い続けること〉についての物語。

■東京。映画監督の梶原はまだ映画だけでは食べていけず、飲み会で知り合った男からMVの仕事を依頼されるも頓挫、あれよあれよと想像もつかない事態に巻き込まれていく。

一方、とある田舎。亡き父から継いだ造園業を営んでいる太郎は会社を畳む決心をする。太郎には18歳の時に家を飛び出して以来、10年近く連絡のつかない双子の弟・次郎がいた。会社を畳んで数年後のある夜、太郎の家に次郎の彼女を名乗る女性から電話がかかってくる。彼女曰く、同棲中だった次郎は彼女のもとからも最近いなくなったらしい…。












































本編 1時間59分
デジタル
ビスタ
カラー
ショコラ 君がいて、僕がいる 字幕
 chocolat
●監督:ロシュディ・ゼム(『デイズ・オブ・グローリー』出演)●出演:オマール・シー(『最強のふたり』)/ジェームス・ティエレ(『ラブバトル』)/クロチルド・エム(『恋人たちの失われた革命』)/オリヴィエ・グルメ(『ヴィオレット -ある作家の肖像-』)/フレデリック・ピエロ(『サラの鍵』)●2015年/フランス

君となら、世界を変えることもできるはず。

俺たちは、ふたりで一つだ――ベル・エポック期のパリで万人を魅了した、フランス史上初の黒人芸人ショコラ。相方フティットとの友情、妻マリーとの愛、そして涙。波瀾万丈なその半生を描く感動の実話。

■20世紀初頭のフランス。田舎町のさびれたサーカスに仕事を求めてやってきた白人芸人フティットは、そこで人食い族を演じる黒人の男カナンガに興味を持ち、“白人と黒人のコンビ”という前代未聞の組み合わせを提案する。カナンガはショコラと芸名を変え、フティット&ショコラの新コンビはサーカスを連日満員大入りにするほどの人気を集める。

ふたりの噂はパリにまで及び、名門ヌーヴォー・シルクの専属になると、ベル・エポック期のパリで一番の人気芸人となった。ショコラは贅沢品を買い漁り、酒とギャンブルにはまっていく。対照的に、舞台を下りると笑顔が消えるフティットはネタ作りに励んでいた。

ところがある日、不法滞在の容疑でショコラが突然逮捕される。連行され凄惨な拷問を受けたショコラは、数日後、ヌーヴォー・シルクの座長の計らいで釈放されるが、心に傷を負ってしまう。奴隷の子として生まれたショコラは、差別を受けてきたのだ。舞台に戻ったフティット&ショコラは相変わらずの人気だったが、ショコラは以前にも増して酒とアヘンに溺れ、ギャンブルにのめりこんでいくのだった…。












































本編 1時間45分
デジタル
シネスコ
カラー
アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男 字幕
 der staat gegen fritz bauer
●監督:ラース・クラウメ●出演:ブルクハルト・クラウスナー(『白いリボン』)/ロナルト・ツェアフェルト(『あの日のように抱きしめて』)/セバスチャン・ブロムベルグ(『アナトミー』)/イェルク・シュットアウフ/リリト・シュタンゲンベルク●ドイツ映画賞 最多6部門受賞(作品・監督・脚本・助演男優・美術・衣裳)●ロカルノ映画祭 観客賞●2015年/ドイツ

これは復讐ではない、正義と尊厳を賭けた闘いだ

1961年、世界を震撼させたナチス・ドイツ最重要人物アドルフ・アイヒマン拘束――諜報機関との頭脳戦、ナチス残党の妨害。敵だらけの中、検事長フリッツ・バウアーはどのようにしてアイヒマンを追い詰めたのか――アウシュビッツ裁判へと繋がる“極秘作戦”が半世紀を経て初めて明かされる、驚愕の実録サスペンス

■1950年代後半、ドイツ・フランクフルト。ナチス戦犯の告発に執念を燃やす検事長フリッツ・バウアーのもとに逃亡中のナチス親衛隊中佐アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツの法廷で裁くため、国家反逆罪に問われかねない危険も顧みず、その極秘情報をモサド(イスラエル諜報特務庁)に提供する。しかしドイツ国内に巣食うナチス残党の妨害や圧力にさらされたバウアーは、孤立無援の苦闘を強いられていくのだった…。












































本編 時間分
デジタル
カラー
君のまなざし
 kimi no manazashi
●監督:赤羽博(「教師びんびん物語」TV)●製作総指揮・原案:大川隆法●出演:梅崎快人/水月ゆうこ/大川宏洋/日向丈(『イン・ザ・ヒーロー』)/長谷川奈央●2017年/日本

■人は、何のために生きるのか

夏のあの日。思い返せばわかることだった。君のまなざしは、すべて知っていたのだと――ペンションの管理をまかされた4人の大学生。彼らにとって忘れられない夏が始まるはずだった。開いてしまった霊界の門、生と死の狭間で彷徨う「魂」――過去・現在・未来を超えた、新感覚のスピリチュアル・ミステリー。

■大学生の健太は、友人の朝飛に誘われ、夏休みに長野のペンション「たちばな」で住み込みのバイトをすることになる。そこで、以前に神社で出会った巫女のあかりと再会し、いっしょに働くことに。ある夜、不思議な現象に見舞われた健太は、ペンションに重大な秘密が隠されていたことを知る。そして、あかりとともに、その真相を探っていくのだが…。












































本編 2時間12分
デジタル
ビスタ
カラー
裏切りの街 
 uragiri no machi
●監督・脚本:三浦大輔(『何者』)●出演:池松壮亮(『無伴奏』)/寺島しのぶ(『キャタピラー』)/中村映里子(『スキマスキ』)/落合モトキ(『スイートプールサイド』)/駒木根隆介(『SRサイタマノラッパー』)●2016年/日本

人は、なんとなく、人を裏切る――

出会い系サイトで繋がったフリーターと主婦。何となく肉体関係を続ける二人…現実から逃げ続けた果てには何があるのか――鬼才・三浦大輔監督が自身の舞台作品を映像化。決断しない大人の逃避行劇を、過激な官能シーンを交えて描く禁断の恋愛ドラマ。

■同棲する彼女に小遣いをもらいながら怠慢な生活を続けるフリーターの裕一と、穏やかな夫と専業主婦として平穏な日々を送る智子。お互いのパートナーに対して特別な不満もない毎日。ただ何となく、はっきりとした目的もないまま出会い系サイトで偶然出会った二人は意味のない逢瀬を重ねる。

季節が変わり、二人の関係もすっかり惰性となったある日、とある出来事をきっかけに日常が揺らぎはじめる。それでも「選択」することを避け、現実から逃げて、逃げて、ただただ流れに身を任せる二人は、今日も中央線沿いの街の中をぐるぐるとあてどなく彷徨う…。












































本編 1時間23分
デジタル
カラー
ホームレス ニューヨークと寝た男 字幕
 homme less
●監督:トーマス・ヴィルテンゾーン●出演:マーク・レイ●ニューヨーク ドキュメンタリー映画祭2014 メトロポリス・コンペティション 審査員賞受賞●キッツビュール フィルムフェスティバル2014 ベストドキュメンタリー受賞●2014年/オーストリア・アメリカ

自由を追求したら、家は必要なくなっていた。

マーク・レイ、52歳。職業:ファッション・フォトグラファー。世界一スタイリッシュなホームレス。究極のミニマリスト?サバイバルの達人?――デザイナーズスーツを着こなす元モデルのフォトグラファーに密着した異色ドキュメンタリー。

■快活な話術でニューヨークの街ゆくモデルやファッショニスタたちに声をかけシャッターを切る、ファッション・フォトグラファーのマーク。元モデルのハンサムでチャーミングなルックス、スマートな身のこなしの彼は、一見誰もが羨む“勝ち組”。しかし、華やかなパーティ会場を後に向かった寝床は、マンハッタンのペントハウスではなく、雑居ビル街のアパートメントの屋上。マークはもう6年近くも屋上で寝袋にくるまる生活を送っている。

ある日、この秘密を打ち明けられ驚いた、旧知のモデル仲間で、ピエール・カルダン等の企業PVを手掛けるオーストリア出身ディレクター、トーマス・ヴィルテンソーンが3年にわたり密着。家族や恋人を持たず、厳しい競争社会で生き抜くために編み出した「家を持たない」ライフスタイルとは?












































本編 1時間49分
デジタル
ビスタ
カラー
ニーゼと光のアトリエ 字幕 
 nise: o coracao da loucura
●監督:ホベルト・ベリネール●出演:グロリア・ピレス/シモーネ・マゼール/ジュリオ・アドリアォン/クラウジオ・ジャボランジー/ファブリシオ・ボリベイラ●第28回東京国際映画祭 グランプリ&最優秀女優賞 W受賞●2015年/ブラジル

わたしの武器は、愛と鉛筆

アイスピックが最新の治療道具としてもてはやされた1940年代。心理療法の常識に屈することなく、アートや動物を介して人を癒した実在の女医、ニーゼ・ダ・シルヴェイラの気高き魂の物語。

■1944年、ブラジル。ひとりの女医が精神病院の門をたたく。彼女の名はニーゼ。そこでは毎日のように電気ショックなどの暴力的な治療が行われていた。患者を人扱いしない光景を目の当たりにし、ニーゼは言葉を失う。最新治療にしか興味のない男性医ばかりの院内で、彼女が身を置けるのは、ナースが運営する作業療法部門だけだった。

そこでニーゼは患者に絵の具や筆、粘土などを与えて、彼らが自由に表現できるよう病室をアトリエに作り変える。少しづつ開かれてゆく患者たちの心の扉。しかしそんな中、ある事件が起こる――。












































本編 1時間15分
デジタル
ビスタ
カラー
東京ウィンドオーケストラ
 tokyo wind ohchestra
●監督:坂下雄一郎(『らくごえいが』)●出演:中西美帆(『喰い女 -クイメ-』)/小市慢太郎(『ゾウを撫でる』)/松木大輔(『+1〈プラスワン〉』)/星野恵亮(『変態だ』)/遠藤隆太●2016年/日本

このまま本物ってことでいきましょう。

有名オーケストラと間違えてアマチュア楽団を屋久島に呼んでしまった役場の職員・樋口さんの下した決断は――舞台は世界遺産・屋久島。間違いで呼ばれたアマチュア楽団と、彼らを“本物”として押し通そうとする島の女性職員が巻き起こす、笑いと感動のハート・ウォーミング・コメディ。

■屋久島で日本有数の吹奏楽団を招いたコンサートが開催されることになった。担当の役場職員・樋口が港に迎えに行くと、そこにいたのは観光気分の10人の楽団員たち。だが島をあげての大歓迎を不審に思った彼らは、自分たちが有名オーケストラと間違われていることに感づき、島から逃亡しようとする。

同じ頃、彼らが偽者だと気づいた樋口は自分のミスを隠すため、彼らを“本物”としてだまし通すことを決意する。刻一刻と迫る開演時間。果たして樋口と素人同然のアマチュア楽団員たちは、このピンチを乗り切ることができるのか!?












































本編 1時間32分
デジタル
シネスコ
カラー
ラビング 愛という名前のふたり 字幕
 loving
●監督:ジェフ・ニコルズ(『MUD -マッド-』)●出演:ジョエル・エドガートン(『ブラック・スキャンダル』)/ルース・ネッガ(『ウォークラフト』)/マートン・ソーカス(『イコライザー』)/ニック・クロール/テリー・アブニー●第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門 正式出品作品●第89回アカデミー賞 主演女優賞ノミネート●2016年/イギリス・アメリカ

ただ、一緒にいたかった――その切なる願いが、世界を変えた。

1958年アメリカ、ある夫婦が逮捕される。ふたりの肌の色が違うというだけで――異人種間の結婚が違法だった時代に結ばれた、ラビング夫妻の感動の実話。アメリカ史上最も純粋なラブストーリー。

■レンガ職人のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。

二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。二人は、離婚か生まれ故郷を捨てるか、二つに一つの選択を迫られる――。












































本編 1時間32分
デジタル
シネスコ
カラー
マイ ビューティフル ガーデン 字幕
 this beautiful fantastic
●監督:●出演:ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ(『ダウントン・アビー』)/トム・ウィルキンソン(『フル・モンティ』)/アンドリュー・スコット(『SHERLOCK/シャーロック』)/ジェレミー・アーヴィン(『戦火の馬』)/●20年/

美しい庭は人生の意味を教えてくれる。

不器用で引っ込み思案のベラ。イングリッシュガーデンをこよなく愛する隣人アルフィー。二人が見つけた美しく素晴らしい世界――ガーデニング大国として知られる英国のロンドン。美しいイングリッシュガーデンから生まれた現代のシンデレラストーリー。

■ある日、庭を荒れ放題にしていたヒロイン、ベラに届いた知らせ。「一ヶ月以内に庭を元どおりにできなければアパートを出ていくこと」。何から手をつけていいかわからないベラは、料理人ヴァーノンの助けもあって、犬猿の仲だった隣人アルフィーの力をかりることになった。

ベラの悪戦苦闘を見かね、大切な教えを伝授していくアルフィー。互いを疎ましいと感じながらも2人は庭づくりを通して特別な関係を築いていく。そして、最後にベラが手にしたものは――。












































本編 2時間08分
デジタル
カラー
エリザのために 字幕
 bacalaureat
●監督:クリスティアン・ムンジウ(『汚れなき祈り』)●出演:アドリアン・ティティエニ/マリア・ドラグシ/リア・ブグナル/マリナ・マノヴィッチ/ヴラド・イヴァノフ(『4ヶ月、3週と2日』)●第69回カンヌ国際映画祭 監督賞受賞●2016年/ルーマニア・フランス・ベルギー

必ず守る 娘だけは

卒業試験を前に襲われた娘エリザのため、ロメオは決断する。口利き、裏工作、謝礼、コネ社会のどんな手を使っても娘の将来を守ると。果たして、娘が手にする未来とは――カンヌ映画祭で3度の受賞に輝くムンジウ監督の最新作は、緊張感みなぎる5日間の家庭崩壊の物語。

■医師ロメオには、イギリス留学を控える娘エリザがいる。彼には愛人がおり、家庭は決してうまくいっているとは言えない。ある朝、ロメオは車で娘を学校に送っていくが、校内に入る手前で降し、彼女は徒歩で登校することに。しかし白昼人通りもあるなかで、エリザは暴漢に襲われてしまう。大事には至らなかったが、娘の動揺は大きく、留学を決める翌日の卒業試験に影響を及ぼしそうだ。

これまで優秀な成績を収めてきたエリザは、何もなければ合格点を取り、ケンブリッジ大学で奨学生になれるはずだった。ロメオは娘の留学をかなえるべく、警察署長、副市長、試験官とツテとコネを駆使し、ある条件と交換に試験に合格させてくれるように奔走する。しかしそれは決して正しいとは言えない行動で、ついに検察官が彼の元へやってくる…。












































本編 1時間51分
デジタル
シネスコ
カラー
僕と世界の方程式 字幕 
 x+y
●監督:モーガン・マシューズ●出演:エイサ・バターフィールド(『ヒューゴの不思議な発明』)/レイフ・スポール(『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』)/サリー・ホーキンス(『パディントン』)/エディ・マーサン(『おみおくりの作法』)/ジョー・ヤン●2014年 英国インディペンデント映画賞 4部門ノミネート●2014年ローマ映画祭 プロデューサー賞受賞●2015年パームビーチ国際映画祭 作品賞受賞●2014年/イギリス

間違いなんか、どこにもない。

数学と図形だけが友だちだった天才少年ネイサン。彼は、亡き父の思い出と母の深い愛情に支えられて国際数学オリンピックで金メダルを目指す――数学オリンピックを目指す天才少年が見つけた幸せのアルゴリズム。イギリス発、世界が絶賛した最高に爽やかでハートウォーミングな人生の応援歌。

■大好きだった父を事故で亡くし、母親や周囲にも心を閉ざしてしまった少年ネイサンは、他人とのコミュニケーションが苦手な反面、数学の理解力に関しては飛びぬけた才能を持っていた。母親ジュリーは、普通の学校に適応できない息子の才能を伸ばそうと、数学教師マーティンに個人指導を依頼し、ネイサンは国際数学オリンピックのイギリス代表チームの一員に選ばれるまでになる。

代表チームの台北合宿に参加したネイサンは、そこでライバルの中国チームの少女チャン・メイと出会う。彼女と共に学ぶ日々は、数学一色だったネイサンの人生をカラフルに変えていく。そして、数学オリンピック当日、ネイサンは人生最大の選択を迫られる…。












































本編 1時間40分
デジタル
ビスタ
カラー
島々清しゃ (しまじまかいしゃ)
 shimajima kaisha
●監督:新藤風(『転がれ!たま子』)●出演:伊東蒼(『湯を沸かすほどの熱い愛』)/安藤サクラ(『百円の恋』)/金城実(『あんにょん・サヨナラ』)/山田真歩(『アレノ』)/渋川清彦(『下衆の愛』)●2016年/日本

奏でることが、心を解き放つ――

沖縄・慶良間(けらま)諸島。雄大な自然と美しい音楽に抱かれ、人と人との心が通じ合っていく――耳が良すぎることをコンプレックに思い心を閉ざしていたな少女が、吹奏楽を通して成長していくひと夏の物語。

■那覇市から西に約40kmに位置する慶良間諸島。耳が良すぎて、少しでも音のズレを感じると頭痛がしてしまう小学生のうみは、三線の名手でもあるおじいと二人で暮らしていた。ある夏の日、島で開催されるコンサートのためにヴァイオリニストの祐子がやってくる。

耳のせいで変わり者扱いされ、母親や友だちとの関係に悩むうみは、祐子と出会い、フルートを練習し吹奏楽部に参加することで、少しづつ頑なに閉ざしていた自分自身を解放していく。祐子もまた、島で漁を営む元サックス奏者の真栄田や、おじいの三線に触れ、都会で荒んでいた心を取り戻していく。祐子の訪れがうみに変化をもたらし、さらには島の人たちもそれぞれの悩みや問題を乗り越えていく――。












































本編 1時間38分
デジタル
ビスタ
カラー
アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発 字幕
 experimenter
●監督・脚本:マイケル・アルメレイダ(『アナーキー』)●出演:ピーター・サースガード(『完全なるチェックメイト』)/ウィノナ・ライダー(『ブラック・スワン』)/ジム・ガフィガン(『遠距離恋愛 彼女の決断』)/アントン・イェルチン(『僕が生きた証』)/ジョン・レグイザモ(『タブロイド』)●ロサンゼルス映画祭 アルフレッド・P・スローン賞受賞●サンダンス映画祭 正式出品●2015年/アメリカ

人はどこまで残酷になれるのか――。

人間は権威への服従を避けられず、過ちを犯し続けるのか?!――ホロコーストに関与したアイヒマンの人間性を明らかにするため一人の学者が行った衝撃の実験をクローズアップした伝記ドラマ。

■アイヒマン裁判がはじまった1961年。米・イエール大学で、世界を震撼させたアイヒマン実験が行われようとしていた。ユダヤ系アメリカ人である社会心理学者のスタンレー・ミルグラムは、“なぜ、どのようにホロコーストが起きたのか”“人間はなぜ権威へ服従してしまうのか”を実証するため、電気ショックを用いての実験を繰り返し行う。

その結果は、ハンナ・アーレントが提唱した「悪の凡庸さ」を科学的に実証し、被験者だけでなく社会全体に様々な影響と波紋をなげかけることになる。実験の方法を学会から非難され名指しで攻撃されながらもミルグラムは、人間社会のタブーを曝け出し、人生を懸けた実験に挑むことになる。












































本編 2時間13分
デジタル
シネスコ
カラー
アシュラ 字幕 
 asura:the city of madness
●監督:キム・ソンス(『MUSA -武士-』)●出演:チョン・ウソン(『グッド・バッド・ウィアード』)/ファン・ジョンミン(『国際市場で逢いましょう』)/チュ・ジフン(『私は王である』)/クァク・ドゥオン(『弁護人』)/チョン・マンシク(『息もできない』)●2016年/韓国

この修羅の果ては、闇か 光か。

再開発の利権を巡り狂気に走る市長と、利用される刑事たち、そして彼らを執拗に追う検事たちの闘争――スクリーンを突き破るほどの激しい痛みと哀み。映画史上最も刺激的な〈悪〉を描いたノワールエンタテインメント。

■アンナム市の刑事ドギョンは、街の利権を牛耳る市長ソンペのために裏の仕事を引き受けてきた。しかし市長の逮捕に燃える検事チャインがドギョンを脅し、市長の不正の証拠を掴もうと画策。

事態はドギョンを慕う刑事ソンモをも巻き込み、生き残りを賭けた欲と憎悪が剥き出しの闘争へとなだれ込んでいく――。












































本編 1時間32分
デジタル
シネスコ
カラー
フレンチ・ラン 字幕 
 bastille day
●監督:ジェームズ・ワトキンス(『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』)●出演:イドリス・エルバ(『マンデラ 自由への長い道』)/リチャード・マッデン(『シンデレラ』)/シャルロット・ルボン(『イヴ・サンローラン』)/ケリー・ライリー(『ニューヨークの巴里夫』)/ジョセ・ガルシア(『ル・ブレ』)●2016年/イギリス・フランス・アメリカ

この二人、パリ出禁。

ヤバい2人で、テロ特捜班。タイムリミットは36時間。革命記念日を守りぬけ――CIAのアウトロー×天才スリ、アメリカから来たはみ出し者コンビが凶悪テロ組織に挑む。『48時間』『ラッシュ・アワー』etc.数々の名コンビが生まれてきたアクション映画史に新たなバディムービーが誕生。

■パリ、革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。容疑者として浮上したのは、スリの若者マイケル。捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明するために、捜査に協力することを持ちかける。

誕生した“CIAとスリ”による前代未聞のコンビは、真犯人を探すため、パリの街を疾走する。そして、「36時間後の革命記念日にパリの街を制圧する」という犯行声明が出たことから、事件はフランスの国家的危機へと発展していく。真犯人は誰なのか?事件に隠された巨大な陰謀とは――?












































本編 1時間42分
デジタル
ビスタ
カラー
未来よ こんにちは 字幕 
 l'avenir
●監督・脚本:ミア・ハンセン=ラブ(『EDEN/エデン』)●出演:イザベル・ユベール(『間奏曲はパリで』)/アンドレ・マルコン(『偉大なるマルグリット』)/ロマン・コリンカ(『EDEN/エデン』)/エディット・スコブ(『ホーリー・モーターズ』)/サラ・ル・ピカール●ベルリン国際映画祭 銀熊賞(監督賞) 受賞●2016年/フランス・ドイツ

自分のために花を買う

子育てが終わったら夫と離婚、介護していた母は他界、仕事も時代の波に乗り切れずと、気づけば予想もしていなかったおひとり様。けれそ、孤独も時の流れもしなやかに受け入れたなら、未来は再び微笑みかけてくる――逆境にくじけず凛として生きるヒロインが魅力的な、愛に満ちた感動の人間ドラマ。

■パリの高校で哲学を教えているナタリーは、教師の夫と独立している二人の子供がいる。年老いた母親の面倒をみながらも充実していた日々。ところがバカンスシーズンを前にして突然、夫から離婚を告げられ、母は他界、仕事も時代の波に乗りきれずと、気づけばおひとり様となっていたナタリー。

まさかというくらいに、次々と起こる想定外の出来事。だがナタリーは、うろたえても立ち止まりはしない。「孤独」や「時」は残酷であるけれど、そうまんざら悪いことばかりでもない。孤独は自由を手に入れることであり、自分のための時間が増えることでもある。まだまだ輝く未来が必ずある、そう信じるナタリーだった――。












































本編 1時間55分
デジタル
ビスタ
カラー
ブラインド・マッサージ 字幕
 blind massage
●監督:ロウ・イエ(『天安門、恋人たち』)●出演:ホアン・シュエン/チン・ハオ(『スプリング・フィーバー』)/グオ・シャオドン(『天安門、恋人たち』)/メイ・ティン(『追憶の上海』)/ホアン・ルー●第64回 ベルリン国際映画祭 銀熊賞(芸術貢献賞)受賞●第51回 台湾金馬奨(台湾アカデミー賞)6冠(作品賞/脚色賞/撮影賞/編集賞/音響効果賞/新人賞)受賞●2014年/中国・フランス

光を見る目、闇を見る目。

己の“美”に嫌気がさした女、“美”に執着する男、欲望の中で己を失う男――南京の盲人マッサージ院で巻き起こる人間模様を苛烈に描き、生きることの希望と絶望を凝視する衝撃作。

■南京のマッサージ院。ここでは多くの盲人が働いている。幼い頃に交通事故で視力を失い、「いつか回復する」と言われ続けた若手のシャオマー、結婚を夢見て見合いを繰り返す院長のシャー、客から「美人すぎる」と評判のドゥ・ホン。

ある日、マッサージ院にシャーを頼って同級生のワンが恋人のコンと駆け落ち同然で転がり込んできたことで、それまでの平穏な日常が一転、マッサージ院に緊張が走る――。












































本編 1時間45分
デジタル
カラー
ストロングマン 字幕 
 chevalier
●監督・脚本:アティーナ・レイチェル・トサンガリ●出演:ヨルゴス・ケンドロス/パノス・コロニス(『ビフォア・ミッドナイト』)/ヴァンゲリス・ムリキス●第89回 アカデミー賞 外国語映画賞 ギリシャ代表作品●第59回 ロンドン映画祭 最優秀作品賞 受賞●2015年/ギリシャ

最低オヤジの最悪ゲーム。目指すは最高の勲章!!!!!!

「ストロングマン(最高の男)は誰だ?」、6人の男たちが船上で繰り広げる意地とプライドを懸けた戦いは、世間の“常識”や“体裁”をぶち破る!その結果は、誰も予想だにしない笑撃の方向へ――『ロブスター』のスタッフが再集結!奇妙でイケてる海上決定戦!

■ギリシャのエーゲ海でクルージングを楽しむ中年男性6人組。船がアテネに帰港するまでの間に誰がストロングマン(最高の男)かを決めるゲームをしようという話になる。そして勝者には指輪を贈ることに。

“ズボンのベルトの位置”、“コレステロール値”から“料理の知識”まで一挙一動をお互いに評価し、点数を付けてあらゆる面で一番優れた男を決めるこのゲームに最初は冗談半分で楽しんでいた6人。しかし、次第にムキになり男の意地とプライドを懸けた争いへと発展してしまう。












































本編 1時間40分
デジタル
ビスタ
カラー
わたしは、ダニエル・ブレイク 字幕 
 i, daniel blake
●監督:ケン・ローチ(『麦の穂をゆらす風』)●出演:デイヴ・ジョーンズ/ヘイリー・スクワイアーズ/ディラン・フィリップ・マキアナン/ブリアナ・シャン/ケイト・ラッター●第69回 カンヌ国際映画祭 パルムドール(最高賞)受賞●2016年/イギリス・フランス・ベルギー

■人生は変えられる。隣の誰かを助けるだけで。

急な心臓疾患で仕事を失ったダニエルは、複雑な社会制度のため国の支援を受けられないという厳しい現実に直面する――名匠ケン・ローチが“今、だからこそ”全世界に伝えたいメッセージ。人間の尊厳と優しさを描く、感動の最高傑作。

■イギリスで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、突然、心臓の病におそわれ医師から働くことを止められる。ダニエルは国の援助を受けようとするが、複雑に入り組んだ制度に押し潰されそうになる。

そんな中、シングルマザーのケイティと出会い、二人の幼い子供を抱えて仕事もない彼女を何かと手助けするダニエル。やがて彼らの間に、家族のような温かな絆が生まれていく。しかし、容赦ない現実が彼らを待ち受けていた――。












































本編 1時間30分
デジタル
ビスタ
カラー
ボヤージュ・オブ・タイム 吹替
 voyage of time : life's journey
●監督:テレンス・マリック(『ツリー・オブ・ライフ』)●製作:ブラッド・ピッド●日本語版語り:中谷美紀(『嫌われ松子の一生』)●2016年/フランス・ドイツ・アメリカ

本能と、出会う。90分 未踏の映画体験

描かれるのは、宇宙の始まり、そして、生命の歩み。訪れるのは、感動か?それとも、ミステリーか?――偉才テレンス・マリック監督が40年の集大成として世に放つ、宇宙の壮大な足跡を映し出すドキュメンタリー。

■爆発によって宇宙が誕生し、惑星が変化を遂げていく中で命が宿り、育まれてきた。自然科学から見たその年代記を映像で辿りながら、過去―現在―未来への生命の歩みの本質を探るかのようにマリックは観客をいざなう。












































本編 1時間32分
デジタル
カラー
ミューズ・アカデミー 字幕
 la academia de las musas
●監督:ホセ・ルイス・ゲリン(『シルビアのいる街で』)●出演:ラファエレ・ピント/エマヌエラ・フォルゲッタ/ロサ・デロール・ムンス/ミレイア・イニエスタ●2015年/スペイン

美と愛の女神(ミューズ)のいたずら

現代のミューズ(女神)を探る画期的な授業、のはずだった。だが教授と女たちの対話は、やがて芸術論議から自分たちへの恋愛問題へと発展し…。はたしてミューズとは何なのか?教え子のひとりは言う、「美はすべてじゃないわ」――フィクションとドキュメンタリーの境目を漂い、知的なのにどこかユーモラスな人間ドラマ。

■バルセロナ大学哲学科で教鞭をとるピント教授は、ダンテの「神曲」における女神の役割を皮切りに、現実社会における“女神論”の講義を行っていた。芸術家に発想をあたえた女神のような女性に関するものだったが、やがて生徒たちとの活発な議論が予期せぬ方向へ進んでいく。そして教授と妻が激しく口論するシーンから、彼の行動倫理の問題まで浮き彫りにされてしまうのだった…。












































本編 1時間49分
デジタル
シネスコ
カラー
エゴン・シーレ 死と乙女 字幕 
 egon shiele:too und madchen
●監督:ディーター・ベルナー●出演:ノア・サーベトラ/マレシ・リーグナー/ファレリエ・ペヒナー/ラリッサ・アイミー・ブレイドバッハ/マリー・ユンク●2016年/オーストリア・ルクセンブルク

愛も、命さえも、この絵に捧げて――

魂を揺さぶる鮮烈な作風で独特の美とエロスを描き、28年の生涯を駆け抜けた天才画家エゴン・シーレ。スキャンダルとエゴイズム、そしてシーレをめぐる女たち。名画「死と乙女」に秘められた愛の物語が今、明かされる――人間味あふれるシーレを描ききった伝記ドラマ。

■第一次大戦末期のウィーン。天才画家エゴン・シーレはスペイン風邪の大流行によって、妻エディットとともに瀕死の床にいた。そんな彼を献身的に看病するのは、妹のゲルティだ。

――時を遡ること、1910年。美術アカデミーを退学したシーレは、画家仲間と“新芸術集団”を結成、16歳の妹ゲルティの裸体画で頭角を現していた。そんなとき、彼は場末の演芸場でヌードモデルのモアと出逢う。褐色の肌を持つエキゾチックな彼女をモデルにした大胆な作品で一躍、脚光を浴びるシーレ。

その後、敬愛するグスタフ・クリムトから赤毛のモデル、ヴァリを紹介されたシーレは、彼女を運命のミューズとして数多くの名画を発表。幼児性愛者という誹謗中傷を浴びながらも、シーレは時代の寵児へとのし上がっていく。しかし、第一次世界大戦が勃発。シーレとヴァリの愛も、時代の波に飲み込まれていく――。












































本編 1時間35分
デジタル
カラー
百日告別 (ひゃくにちこくべつ) 字幕
 zinnia flower
●監督・脚本:トム・リン(『九月に降る風』)●出演:カリーナ・ラム(『パティシエの恋』)/シー・チンハン(『五月の恋』)/チャン・シューハオ(『GF*BF』)/リー・チエンナ/ツァイ・ガンユエン●第52回金馬奨 最優秀主演女優賞●第28回東京国際映画祭 ワールド・フォーカス部門上映作品●2015年/台湾

大切な人との忘れられない愛の記憶

同じ交通事故で愛する人を失った二人。一人は婚約者を、もう一人は妻と子を…。深い悲しみの中、明日のためになすべきこととは。ショパンの旋律とともに、優しさと温もりを伝えながら、台北、高雄、そして沖縄へ――トム・リン監督の体験をもとに映画化した台湾発の感動ドラマ。

■婚約者のレンヨウと自分たちのレストラン開店を夢見るシンミン。妻のシャオウェンと間もなく生まれる子どもを楽しみにしているユーウェイ。だが、交通事故が運命を大きく変えてしまう。シンミンは婚約者を、ユーウェイは妻と未だ見ぬ我が子を失ってしまったのだ。

人生の羅針盤を失ったかのように立ち尽くす二人。合同葬儀の場で始めてその存在を知った二人は、出口のない哀しみの迷路から抜け出せずにいた。哀しみの中、ユーウェイはピアノ教師だった妻の生徒たちの家を尋ね歩く…。シンミンは新婚旅行をかねて新メニューを探しに行くはずだった沖縄へと旅立つ…。それぞれの旅の行く先に待ち受けていたものとは…。












































本編 1時間58分
デジタル
シネスコ
カラー
PARKS パークス
 parks
●監督:瀬田なつき(『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』)●出演:橋本愛(『リトル・フォレスト』)/永野芽郁(『俺物語!!』)/染谷将太(『寄生獣』)/石橋静河/森岡龍(『あぜ道のダンディ』)●2016年/日本

君と、歌いたい曲がある。

100年目の公園。僕らの物語がここから始まる。公園の過去、現在、そして未来。50年前に作られたひとつの曲がひきがねとなり、1960年代の恋人たちの記憶が、2017年の吉祥寺に生きる若者たちの夢と冒険につながっていく――人生のとば口にたたずむ若者たちの軽やかでせつない青春群像劇。井の頭恩賜公園100年実行委員会100年事業企画作品。

■満開の桜の下、春の風に吹かれながら自転車で公園をめぐる純は、吉祥寺で一人暮らしをする大学生。10年前に子役として注目されたが、その後ブレイクするきっかけもなく、何をやっても中途半端。友人の理沙はモデル業やイラストで活躍しているのに…。

そんな純のもとに突然、高校生のハルが現れる。ハルの父親の昔の恋人を探すうちに、ふたりは地元の青年トキオと知り合う。小説を書こうとしているハルと、スタジオで働いてミュージシャンを目指すトキオ。無限の可能性を前にしながらまだ何者にもなっていない3人の、それぞれの未来に向けての曲作りが始まる――。












































本編 2時間03分
デジタル
ビスタ
カラー
僕とカミンスキーの旅 字幕 
 ich unt kaminski
●監督:ヴォルフガング・ベッカー(『グバイ、レーニン!』)●出演:ダニエル・ブリュール(『グバイ、レーニン!』)/イェスパー・クリステンセン(『007 スペクター』)/ドニ・ラヴァン(『ホーリー・モーターズ』)/ジェラルディン・チャップリン(『トーク・トゥ・ハー』)/アミラ・カサール(『トランシルヴァニア』)●2015年/ドイツ・ベルギー

『グッバイ、レーニン』監督×主演、12年ぶりの最新作

ピカソかダリかウォーホルか。かつて美術界が熱狂した盲目の天才画家カミンスキーが忘れられない恋人に会いに行く――老人画家と青年の奇想天外なロードムービーは、虚実入り混じる大人のおとぎ話。

■金と名声ほしさに芸術家の伝記を書こうと思い立った無名の美術評論家セバスティアンはスイスの山奥で隠遁生活を送る画家カミンスキーを訪ねる。彼はマティスの最後の弟子でピカソの友人。ポップアート隆盛の1960年代NYで“盲目の画家”として脚光を浴びた伝説的な人物だ。

ゼバスティアンは新事実を暴く為、年老いたカミンスキーを言葉巧みに自宅から誘い出し、若き日に愛した女性のもとへ連れて行こうとする。しかしトラブル続きの旅はいつしか奇妙な方角にねじれ、思いがけない終着点に向かっていくのだった…。












































本編 1時間34分
デジタル
ビスタ
カラー
人類遺産 字幕
 homo sapiens
●監督:ニコラウス・ゲイハルター(『いのちの食べかた』)●第66回ベルリン国際映画祭 フォーラム部門出品作品●2016年/オーストリア・ドイツ・スイス

そうして、人類(ホモ・サピエンス)の時代は終わりました。

放置され、朽ちゆく人工建造物の風景からは、人々が去った後もなお、不思議な息吹が感じられる。“彼ら”が私たちに伝えようとしているメッセージとは何か?いま、時空を超えた“人類遺産”との対話が始まる――撮影期間4年、世界70ヶ所以上にも及ぶ“廃墟”にカメラを向けた新感覚の映像ドキュメンタリー。

■約30年前の大雨で湖底に水没し、近年の干ばつによって奇跡的にその全貌を現わしたヴィラ・エペクエン(アルゼンチン)の町並み。アメリカ・ニュージャージー州の海上遊園地を襲ったハリケーンにより、海へと崩落した巨大なローラーコースター。そして、日本の高度成長期を支え、最盛期には5000人以上が生活していた炭鉱の島・端島(軍艦島)の鉄骨アパートの部屋では、時を止めたカレンダーが風にゆれている――。

誰もいない廃墟の風景に、まるでその場にいるかのような臨場感と不思議な生命力さえも感じさせられる。私たちが見ている光景は過去の産物なのか?それともこれが未来の世界なのか?そもそも人類がこの地球に存在する意味とは何なのか?“棄てられた風景”が、今静かに語りかけてくる――。












































本編 1時間31分
デジタル
シネスコ
カラー
マン・ダウン 戦士の約束 字幕
 man down
●監督:ディート・モンティエル(『陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル』)●出演:シャイア・ラブーフ(『ヒューリー』)/ケイト・マーラ(『オデッセイ』)/ジェイ・コートニー(『スーサイド・スクワッド』)/ゲイリー・オールドマン(『裏切りのサーカス』)/クリフトン・コリンズJr.(『エクスペリメント』)●ベネツィア国際映画祭 正式出品●2015年/アメリカ

愛する者を守ること。ただそれだけが男の願いだった――。

アフガニスタンから帰還した海兵隊員。だが、安息を求め辿り着いた懐かしき故郷はまるで異世界に迷い込んだかのように荒廃していた。そして、愛する妻と息子の消息も途絶えてしまう。戦火に運命を狂わされた男に、残された道とは――戦争がもたらす傷跡と不条理な世界を描いた人間ドラマ。衝撃のラスト7分46秒、あなたの心は“えぐられる”。

■米軍の海兵隊員ガブリエル・ドラマーは、妻ナタリーと息子ジョナサンを故郷に残し、アフガニスタンへと向かう。戦場での任務は想像以上に過酷なものであったが、故郷で待つ妻と息子の存在がガブリエルを奮い立たせた。そしてついに、アフガニスタンからアメリカへと帰還する。

しかし、辿り着いた故郷の街は、建物や橋が崩壊し住人たちの姿も消えていた。まるで異世界に迷い込んだかのように、懐かしき面影は失われていた。この街に一体何が起こったのか?ガブリエルは、共に帰還したデビンと、荒廃した街でナタリーとジョナサンの行方を探すが――。












































本編 2時間00分
デジタル
カラー
タレンタイム 優しい歌 字幕
 talentime
●監督・脚本:ヤスミン・アフマド(『ムアラフ -改心-』)●出演:パメラ・チョン/マヘシュ・ジュガル・キショール/モハマド・シャフィー・ナスウィ/ハワード・ホン・カーホウ●2009 シネマニラ国際映画祭 最優秀東南アジア映画賞●2009年/マレーシア

歌ってごらん、笑ってごらん すべてを越えて、心は届く

たくさんの民族が暮らす街で、音楽コンクール“タレンタイム”に挑戦する、かけがえのない青春を描く――アジアの宝物、今は亡きヤスミン・アフマド監督の最高傑作。8年の時を経て“伝説の映画”がついに待望の劇場公開。

■ある高校で、音楽コンクール“タレンタイム”(Talent Time/才能の時間)が開催される。ピアノの上手な女子高生ムルーは、耳の聞こえないマヘシュと祝福されない恋に落ちる。二胡を演奏する優等生カーホウは、成績優秀で歌もギターも上手な転入生ハフィズが嫌いだ。マヘシュの叔父に起きる悲劇、難病を続けるハフィズの母…。マレー系、インド系、華人…民族や宗教の違いによるわだかまりや葛藤も抱えながら、彼らはいよいよコンクール当日を迎える……。












































本編 1時間28分
デジタル
シネスコ
カラー
逆行 字幕
 river
●監督:ジェイミー・M・タグ●出演:テッド・アザートン/ロッシフ・サザーランド(『ハイエナ・ロード』)/サラ・ボッツフォード/ドゥアンマニー・ソリパン/ヴィタヤ・パンスリンガム(『オンリー・ゴッド』)●第40回 トロント国際映画祭 ディスカバリー部門正式出品●第15回ウィスラー映画祭 最優秀監督賞・最優秀脚本賞・最優秀カナダ映画賞受賞●2015年/カナダ・ラオス

――逃げるな、走れ

突然、悪夢に変貌した異国の地でのバカンス。罪悪感と恐怖に駆られて逃亡者となった若きアメリカ人医師が、絶望的な疾走の果てに迫られる重大な決断とは――人間の本質に切り込み、贖罪というテーマを問う、壮絶な逃亡サスペンス。

■東南アジアのラオスでNGOの医療活動に従事するアメリカ人男性ジョンが、激務で疲れきった心身を癒すため南部のリゾート地を訪れる。しかし、そこで若き医師を待ち受けていたのは、まったく想像が及ばない衝撃的な事態だった。

バーで酩酊した後の宿への帰り道で、地元の女性を暴行した外国人観光客と揉み合いになり、図らずも相手を撲殺してしまったのだ。投獄されることを恐れ、孤独な国際指名手配犯となったジョンは、必死の逃走に次ぐ逃走を重ね、隣国のタイを経由してアメリカへ帰国する道を探るのだが…。












































本編 2時間06分
デジタル
シネスコ
カラー
モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 字幕 
 mon roi
●監督・脚本:マイウェン(『ハイテンション』出演)●出演:ヴァンサン・カッセル(『ブラック・スワン』)/エマニュエル・ベルコ(『太陽のめざめ』)/ルイ・ガレル(『恋人たちの失われた革命』)/イジルド・ル・ベスコ(『彼は秘密の女ともだち』)/(『』)●第68回 カンヌ国際映画祭 女優賞受賞●2015年/フランス

感じあうことだけが、ふたりの真実

理想の男のはずが、結婚した途端、思いがけない素顔を見せ始める――『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』の鮮烈な愛から30年、アムールの国フランスが贈る、運命の再会を果たし、激しい恋に落ちた男と女の10年間の物語。

■弁護士のトニーはスキーで大けがを負いリハビリをしながら、ジョルジオとの波乱に満ちた関係を振り返る。あれは10年前、トニーは学生時代に密かに憧れていたジョルジオとパリで再会。機転の利いたアプローチで彼の心をつかみ、激しい恋に落ちる。いつも美女を引き連れていた彼の過去を心配しながらも、「運命の女だ」という彼の言葉を信じるトニー。やがて妊娠が判明、愛情に満ちた結婚式を挙げるが…。












































本編 1時間31分
デジタル
シネスコ
カラー
メットガラ ドレスをまとった美術館 字幕
 the first monday in may
●監督:アンドリュー・ロッシ●出演:アナ・ウィンター(『ファッションが教えてくれること』)/アンドリュー・ボルトン/ウォン・カーウァイ(『恋する惑星』監督)/ジョン・ガリアーノ/ジャン=ポール・ゴルチエ(『モード・イン・フランス』)●2016年/アメリカ

ようこそ、華麗なる美の祭典へ

“プラダを着た悪魔”ことアナ・ウィンターがN.Y.メトロポリタン美術館を舞台に仕掛けるファッション界最大のイベント“メットガラ”。一流メゾンと豪華セレブリティが彩る一夜をドラマチックに映し出す世紀のドキュメンタリー。

■2015年5月2日、N.Y.メトロポリタン美術館。アート・ファンとファッショニスタが注目する伝説のイベント“メットガラ”が華やかに幕を開けた。大階段にはレッドカーペットが敷き詰められ、ポップスターのリアーナやレディ・ガガ、アカデミー賞の常連、ジョージ・クルーニーやアン・ハサウェイ、フランスを代表するデザイナーのジャン=ポール・ゴルチエなど、世界中から招待されたセレブがフラッシュの光を浴びてそぞろ歩く舞台に早変わり。

豪華セレブリティと一流メゾンの鮮やかなオートクチュールが競い合う一夜の饗宴を主催したのは“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。一人あたり25,000ドルと高額な席料にもかかわらず600席が瞬時に満席になるのは、彼女の人脈と情熱の賜物だった。












































本編 1時間22分
デジタル
ビスタ
カラー
人生タクシー 字幕
 taxi
●監督:ジャファル・パナヒ(『オフサイド・ガールズ』)●出演:ジャファル・パナヒ●2015年 ベルリン国際映画祭 金熊賞受賞●2015年/イラン

喜びと悲しみを乗せて

巨匠アッバス・キアロスタミ監督の愛弟子にして、世界三大映画祭を制覇したイランの名匠ジャファル・パナヒ監督。反体制的な活動を理由に映画監督禁止令を受けながらも、監督自身がタクシー運転手に扮し、情報統制下にあるテヘランの人生模様を描き出す――勇気とユーモアに満ち溢れた、映画史に残るドキュメンタリー風ドラマ。

■死刑制度について議論する路上強盗と教師、一儲けを企む海賊版レンタルビデオ業者、交通事故に遭った夫と泣き叫ぶ妻、映画の題材に悩む監督志望の大学生、金魚鉢を手に急ぐ二人の老婆、国内で上映可能な映画を撮影する小学生の姪、強盗に襲われた裕福な幼なじみ、政府から停職処分を受けた弁護士など、タクシーのダッシュボードに置かれたカメラを通して、個性豊かな乗客たちが繰り広げる悲喜こもごもの人生、そして知られざるイラン社会の核心が見えてくる――。

























































本編 時間分
デジタル
シネスコビスタ
カラー

 t