本編 1時間40分
デジタル
ビスタ
カラー
島々清しゃ (しまじまかいしゃ)
 shimajima kaisha
●監督:新藤風(『転がれ!たま子』)●出演:伊東蒼(『湯を沸かすほどの熱い愛』)/安藤サクラ(『百円の恋』)/金城実(『あんにょん・サヨナラ』)/山田真歩(『アレノ』)/渋川清彦(『下衆の愛』)●2016年/日本

奏でることが、心を解き放つ――

沖縄・慶良間(けらま)諸島。雄大な自然と美しい音楽に抱かれ、人と人との心が通じ合っていく――耳が良すぎることをコンプレックに思い心を閉ざしていたな少女が、吹奏楽を通して成長していくひと夏の物語。

■那覇市から西に約40kmに位置する慶良間諸島。耳が良すぎて、少しでも音のズレを感じると頭痛がしてしまう小学生のうみは、三線の名手でもあるおじいと二人で暮らしていた。ある夏の日、島で開催されるコンサートのためにヴァイオリニストの祐子がやってくる。

耳のせいで変わり者扱いされ、母親や友だちとの関係に悩むうみは、祐子と出会い、フルートを練習し吹奏楽部に参加することで、少しづつ頑なに閉ざしていた自分自身を解放していく。祐子もまた、島で漁を営む元サックス奏者の真栄田や、おじいの三線に触れ、都会で荒んでいた心を取り戻していく。祐子の訪れがうみに変化をもたらし、さらには島の人たちもそれぞれの悩みや問題を乗り越えていく――。












































本編 1時間38分
デジタル
ビスタ
カラー
アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発 字幕
 experimenter
●監督・脚本:マイケル・アルメレイダ(『アナーキー』)●出演:ピーター・サースガード(『完全なるチェックメイト』)/ウィノナ・ライダー(『ブラック・スワン』)/ジム・ガフィガン(『遠距離恋愛 彼女の決断』)/アントン・イェルチン(『僕が生きた証』)/ジョン・レグイザモ(『タブロイド』)●ロサンゼルス映画祭 アルフレッド・P・スローン賞受賞●サンダンス映画祭 正式出品●2015年/アメリカ

人はどこまで残酷になれるのか――。

人間は権威への服従を避けられず、過ちを犯し続けるのか?!――ホロコーストに関与したアイヒマンの人間性を明らかにするため一人の学者が行った衝撃の実験をクローズアップした伝記ドラマ。

■アイヒマン裁判がはじまった1961年。米・イエール大学で、世界を震撼させたアイヒマン実験が行われようとしていた。ユダヤ系アメリカ人である社会心理学者のスタンレー・ミルグラムは、“なぜ、どのようにホロコーストが起きたのか”“人間はなぜ権威へ服従してしまうのか”を実証するため、電気ショックを用いての実験を繰り返し行う。

その結果は、ハンナ・アーレントが提唱した「悪の凡庸さ」を科学的に実証し、被験者だけでなく社会全体に様々な影響と波紋をなげかけることになる。実験の方法を学会から非難され名指しで攻撃されながらもミルグラムは、人間社会のタブーを曝け出し、人生を懸けた実験に挑むことになる。












































本編 2時間13分
デジタル
シネスコ
カラー
アシュラ 字幕 
 asura:the city of madness
●監督:キム・ソンス(『MUSA -武士-』)●出演:チョン・ウソン(『グッド・バッド・ウィアード』)/ファン・ジョンミン(『国際市場で逢いましょう』)/チュ・ジフン(『私は王である』)/クァク・ドゥオン(『弁護人』)/チョン・マンシク(『息もできない』)●2016年/韓国

この修羅の果ては、闇か 光か。

再開発の利権を巡り狂気に走る市長と、利用される刑事たち、そして彼らを執拗に追う検事たちの闘争――スクリーンを突き破るほどの激しい痛みと哀み。映画史上最も刺激的な〈悪〉を描いたノワールエンタテインメント。

■アンナム市の刑事ドギョンは、街の利権を牛耳る市長ソンペのために裏の仕事を引き受けてきた。しかし市長の逮捕に燃える検事チャインがドギョンを脅し、市長の不正の証拠を掴もうと画策。

事態はドギョンを慕う刑事ソンモをも巻き込み、生き残りを賭けた欲と憎悪が剥き出しの闘争へとなだれ込んでいく――。












































本編 1時間32分
デジタル
シネスコ
カラー
フレンチ・ラン 字幕 
 bastille day
●監督:ジェームズ・ワトキンス(『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』)●出演:イドリス・エルバ(『マンデラ 自由への長い道』)/リチャード・マッデン(『シンデレラ』)/シャルロット・ルボン(『イヴ・サンローラン』)/ケリー・ライリー(『ニューヨークの巴里夫』)/ジョセ・ガルシア(『ル・ブレ』)●2016年/イギリス・フランス・アメリカ

この二人、パリ出禁。

ヤバい2人で、テロ特捜班。タイムリミットは36時間。革命記念日を守りぬけ――CIAのアウトロー×天才スリ、アメリカから来たはみ出し者コンビが凶悪テロ組織に挑む。『48時間』『ラッシュ・アワー』etc.数々の名コンビが生まれてきたアクション映画史に新たなバディムービーが誕生。

■パリ、革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。容疑者として浮上したのは、スリの若者マイケル。捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明するために、捜査に協力することを持ちかける。

誕生した“CIAとスリ”による前代未聞のコンビは、真犯人を探すため、パリの街を疾走する。そして、「36時間後の革命記念日にパリの街を制圧する」という犯行声明が出たことから、事件はフランスの国家的危機へと発展していく。真犯人は誰なのか?事件に隠された巨大な陰謀とは――?












































本編 1時間42分
デジタル
ビスタ
カラー
未来よ こんにちは 字幕 
 l'avenir
●監督・脚本:ミア・ハンセン=ラブ(『EDEN/エデン』)●出演:イザベル・ユベール(『間奏曲はパリで』)/アンドレ・マルコン(『偉大なるマルグリット』)/ロマン・コリンカ(『EDEN/エデン』)/エディット・スコブ(『ホーリー・モーターズ』)/サラ・ル・ピカール●ベルリン国際映画祭 銀熊賞(監督賞) 受賞●2016年/フランス・ドイツ

自分のために花を買う

子育てが終わったら夫と離婚、介護していた母は他界、仕事も時代の波に乗り切れずと、気づけば予想もしていなかったおひとり様。けれそ、孤独も時の流れもしなやかに受け入れたなら、未来は再び微笑みかけてくる――逆境にくじけず凛として生きるヒロインが魅力的な、愛に満ちた感動の人間ドラマ。

■パリの高校で哲学を教えているナタリーは、教師の夫と独立している二人の子供がいる。年老いた母親の面倒をみながらも充実していた日々。ところがバカンスシーズンを前にして突然、夫から離婚を告げられ、母は他界、仕事も時代の波に乗りきれずと、気づけばおひとり様となっていたナタリー。

まさかというくらいに、次々と起こる想定外の出来事。だがナタリーは、うろたえても立ち止まりはしない。「孤独」や「時」は残酷であるけれど、そうまんざら悪いことばかりでもない。孤独は自由を手に入れることであり、自分のための時間が増えることでもある。まだまだ輝く未来が必ずある、そう信じるナタリーだった――。












































本編 1時間55分
デジタル
ビスタ
カラー
ブラインド・マッサージ 字幕
 blind massage
●監督:ロウ・イエ(『天安門、恋人たち』)●出演:ホアン・シュエン/チン・ハオ(『スプリング・フィーバー』)/グオ・シャオドン(『天安門、恋人たち』)/メイ・ティン(『追憶の上海』)/ホアン・ルー●第64回 ベルリン国際映画祭 銀熊賞(芸術貢献賞)受賞●第51回 台湾金馬奨(台湾アカデミー賞)6冠(作品賞/脚色賞/撮影賞/編集賞/音響効果賞/新人賞)受賞●2014年/中国・フランス

光を見る目、闇を見る目。

己の“美”に嫌気がさした女、“美”に執着する男、欲望の中で己を失う男――南京の盲人マッサージ院で巻き起こる人間模様を苛烈に描き、生きることの希望と絶望を凝視する衝撃作。

■南京のマッサージ院。ここでは多くの盲人が働いている。幼い頃に交通事故で視力を失い、「いつか回復する」と言われ続けた若手のシャオマー、結婚を夢見て見合いを繰り返す院長のシャー、客から「美人すぎる」と評判のドゥ・ホン。

ある日、マッサージ院にシャーを頼って同級生のワンが恋人のコンと駆け落ち同然で転がり込んできたことで、それまでの平穏な日常が一転、マッサージ院に緊張が走る――。












































本編 1時間45分
デジタル
カラー
ストロングマン 字幕 
 chevalier
●監督・脚本:アティーナ・レイチェル・トサンガリ●出演:ヨルゴス・ケンドロス/パノス・コロニス(『ビフォア・ミッドナイト』)/ヴァンゲリス・ムリキス●第89回 アカデミー賞 外国語映画賞 ギリシャ代表作品●第59回 ロンドン映画祭 最優秀作品賞 受賞●2015年/ギリシャ

最低オヤジの最悪ゲーム。目指すは最高の勲章!!!!!!

「ストロングマン(最高の男)は誰だ?」、6人の男たちが船上で繰り広げる意地とプライドを懸けた戦いは、世間の“常識”や“体裁”をぶち破る!その結果は、誰も予想だにしない笑撃の方向へ――『ロブスター』のスタッフが再集結!奇妙でイケてる海上決定戦!

■ギリシャのエーゲ海でクルージングを楽しむ中年男性6人組。船がアテネに帰港するまでの間に誰がストロングマン(最高の男)かを決めるゲームをしようという話になる。そして勝者には指輪を贈ることに。

“ズボンのベルトの位置”、“コレステロール値”から“料理の知識”まで一挙一動をお互いに評価し、点数を付けてあらゆる面で一番優れた男を決めるこのゲームに最初は冗談半分で楽しんでいた6人。しかし、次第にムキになり男の意地とプライドを懸けた争いへと発展してしまう。












































本編 1時間40分
デジタル
ビスタ
カラー
わたしは、ダニエル・ブレイク 字幕 
 i, daniel blake
●監督:ケン・ローチ(『麦の穂をゆらす風』)●出演:デイヴ・ジョーンズ/ヘイリー・スクワイアーズ/ディラン・フィリップ・マキアナン/ブリアナ・シャン/ケイト・ラッター●第69回 カンヌ国際映画祭 パルムドール(最高賞)受賞●2016年/イギリス・フランス・ベルギー

■人生は変えられる。隣の誰かを助けるだけで。

急な心臓疾患で仕事を失ったダニエルは、複雑な社会制度のため国の支援を受けられないという厳しい現実に直面する――名匠ケン・ローチが“今、だからこそ”全世界に伝えたいメッセージ。人間の尊厳と優しさを描く、感動の最高傑作。

■イギリスで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、突然、心臓の病におそわれ医師から働くことを止められる。ダニエルは国の援助を受けようとするが、複雑に入り組んだ制度に押し潰されそうになる。

そんな中、シングルマザーのケイティと出会い、二人の幼い子供を抱えて仕事もない彼女を何かと手助けするダニエル。やがて彼らの間に、家族のような温かな絆が生まれていく。しかし、容赦ない現実が彼らを待ち受けていた――。












































本編 1時間30分
デジタル
ビスタ
カラー
ボヤージュ・オブ・タイム 吹替
 voyage of time : life's journey
●監督:テレンス・マリック(『ツリー・オブ・ライフ』)●製作:ブラッド・ピッド●日本語版語り:中谷美紀(『嫌われ松子の一生』)●2016年/フランス・ドイツ・アメリカ

本能と、出会う。90分 未踏の映画体験

描かれるのは、宇宙の始まり、そして、生命の歩み。訪れるのは、感動か?それとも、ミステリーか?――偉才テレンス・マリック監督が40年の集大成として世に放つ、宇宙の壮大な足跡を映し出すドキュメンタリー。

■爆発によって宇宙が誕生し、惑星が変化を遂げていく中で命が宿り、育まれてきた。自然科学から見たその年代記を映像で辿りながら、過去―現在―未来への生命の歩みの本質を探るかのようにマリックは観客をいざなう。












































本編 1時間32分
デジタル
カラー
ミューズ・アカデミー 字幕
 la academia de las musas
●監督:ホセ・ルイス・ゲリン(『シルビアのいる街で』)●出演:ラファエレ・ピント/エマヌエラ・フォルゲッタ/ロサ・デロール・ムンス/ミレイア・イニエスタ●2015年/スペイン

美と愛の女神(ミューズ)のいたずら

現代のミューズ(女神)を探る画期的な授業、のはずだった。だが教授と女たちの対話は、やがて芸術論議から自分たちへの恋愛問題へと発展し…。はたしてミューズとは何なのか?教え子のひとりは言う、「美はすべてじゃないわ」――フィクションとドキュメンタリーの境目を漂い、知的なのにどこかユーモラスな人間ドラマ。

■バルセロナ大学哲学科で教鞭をとるピント教授は、ダンテの「神曲」における女神の役割を皮切りに、現実社会における“女神論”の講義を行っていた。芸術家に発想をあたえた女神のような女性に関するものだったが、やがて生徒たちとの活発な議論が予期せぬ方向へ進んでいく。そして教授と妻が激しく口論するシーンから、彼の行動倫理の問題まで浮き彫りにされてしまうのだった…。












































本編 1時間49分
デジタル
シネスコ
カラー
エゴン・シーレ 死と乙女 字幕 
 egon shiele:too und madchen
●監督:ディーター・ベルナー●出演:ノア・サーベトラ/マレシ・リーグナー/ファレリエ・ペヒナー/ラリッサ・アイミー・ブレイドバッハ/マリー・ユンク●2016年/オーストリア・ルクセンブルク

愛も、命さえも、この絵に捧げて――

魂を揺さぶる鮮烈な作風で独特の美とエロスを描き、28年の生涯を駆け抜けた天才画家エゴン・シーレ。スキャンダルとエゴイズム、そしてシーレをめぐる女たち。名画「死と乙女」に秘められた愛の物語が今、明かされる――人間味あふれるシーレを描ききった伝記ドラマ。

■第一次大戦末期のウィーン。天才画家エゴン・シーレはスペイン風邪の大流行によって、妻エディットとともに瀕死の床にいた。そんな彼を献身的に看病するのは、妹のゲルティだ。

――時を遡ること、1910年。美術アカデミーを退学したシーレは、画家仲間と“新芸術集団”を結成、16歳の妹ゲルティの裸体画で頭角を現していた。そんなとき、彼は場末の演芸場でヌードモデルのモアと出逢う。褐色の肌を持つエキゾチックな彼女をモデルにした大胆な作品で一躍、脚光を浴びるシーレ。

その後、敬愛するグスタフ・クリムトから赤毛のモデル、ヴァリを紹介されたシーレは、彼女を運命のミューズとして数多くの名画を発表。幼児性愛者という誹謗中傷を浴びながらも、シーレは時代の寵児へとのし上がっていく。しかし、第一次世界大戦が勃発。シーレとヴァリの愛も、時代の波に飲み込まれていく――。












































本編 1時間35分
デジタル
カラー
百日告別 (ひゃくにちこくべつ) 字幕
 zinnia flower
●監督・脚本:トム・リン(『九月に降る風』)●出演:カリーナ・ラム(『パティシエの恋』)/シー・チンハン(『五月の恋』)/チャン・シューハオ(『GF*BF』)/リー・チエンナ/ツァイ・ガンユエン●第52回金馬奨 最優秀主演女優賞●第28回東京国際映画祭 ワールド・フォーカス部門上映作品●2015年/台湾

大切な人との忘れられない愛の記憶

同じ交通事故で愛する人を失った二人。一人は婚約者を、もう一人は妻と子を…。深い悲しみの中、明日のためになすべきこととは。ショパンの旋律とともに、優しさと温もりを伝えながら、台北、高雄、そして沖縄へ――トム・リン監督の体験をもとに映画化した台湾発の感動ドラマ。

■婚約者のレンヨウと自分たちのレストラン開店を夢見るシンミン。妻のシャオウェンと間もなく生まれる子どもを楽しみにしているユーウェイ。だが、交通事故が運命を大きく変えてしまう。シンミンは婚約者を、ユーウェイは妻と未だ見ぬ我が子を失ってしまったのだ。

人生の羅針盤を失ったかのように立ち尽くす二人。合同葬儀の場で始めてその存在を知った二人は、出口のない哀しみの迷路から抜け出せずにいた。哀しみの中、ユーウェイはピアノ教師だった妻の生徒たちの家を尋ね歩く…。シンミンは新婚旅行をかねて新メニューを探しに行くはずだった沖縄へと旅立つ…。それぞれの旅の行く先に待ち受けていたものとは…。












































本編 1時間58分
デジタル
シネスコ
カラー
PARKS パークス
 parks
●監督:瀬田なつき(『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』)●出演:橋本愛(『リトル・フォレスト』)/永野芽郁(『俺物語!!』)/染谷将太(『寄生獣』)/石橋静河/森岡龍(『あぜ道のダンディ』)●2016年/日本

君と、歌いたい曲がある。

100年目の公園。僕らの物語がここから始まる。公園の過去、現在、そして未来。50年前に作られたひとつの曲がひきがねとなり、1960年代の恋人たちの記憶が、2017年の吉祥寺に生きる若者たちの夢と冒険につながっていく――人生のとば口にたたずむ若者たちの軽やかでせつない青春群像劇。井の頭恩賜公園100年実行委員会100年事業企画作品。

■満開の桜の下、春の風に吹かれながら自転車で公園をめぐる純は、吉祥寺で一人暮らしをする大学生。10年前に子役として注目されたが、その後ブレイクするきっかけもなく、何をやっても中途半端。友人の理沙はモデル業やイラストで活躍しているのに…。

そんな純のもとに突然、高校生のハルが現れる。ハルの父親の昔の恋人を探すうちに、ふたりは地元の青年トキオと知り合う。小説を書こうとしているハルと、スタジオで働いてミュージシャンを目指すトキオ。無限の可能性を前にしながらまだ何者にもなっていない3人の、それぞれの未来に向けての曲作りが始まる――。












































本編 2時間03分
デジタル
ビスタ
カラー
僕とカミンスキーの旅 字幕 
 ich unt kaminski
●監督:ヴォルフガング・ベッカー(『グバイ、レーニン!』)●出演:ダニエル・ブリュール(『グバイ、レーニン!』)/イェスパー・クリステンセン(『007 スペクター』)/ドニ・ラヴァン(『ホーリー・モーターズ』)/ジェラルディン・チャップリン(『トーク・トゥ・ハー』)/アミラ・カサール(『トランシルヴァニア』)●2015年/ドイツ・ベルギー

『グッバイ、レーニン』監督×主演、12年ぶりの最新作

ピカソかダリかウォーホルか。かつて美術界が熱狂した盲目の天才画家カミンスキーが忘れられない恋人に会いに行く――老人画家と青年の奇想天外なロードムービーは、虚実入り混じる大人のおとぎ話。

■金と名声ほしさに芸術家の伝記を書こうと思い立った無名の美術評論家セバスティアンはスイスの山奥で隠遁生活を送る画家カミンスキーを訪ねる。彼はマティスの最後の弟子でピカソの友人。ポップアート隆盛の1960年代NYで“盲目の画家”として脚光を浴びた伝説的な人物だ。

ゼバスティアンは新事実を暴く為、年老いたカミンスキーを言葉巧みに自宅から誘い出し、若き日に愛した女性のもとへ連れて行こうとする。しかしトラブル続きの旅はいつしか奇妙な方角にねじれ、思いがけない終着点に向かっていくのだった…。












































本編 1時間34分
デジタル
ビスタ
カラー
人類遺産 字幕
 homo sapiens
●監督:ニコラウス・ゲイハルター(『いのちの食べかた』)●第66回ベルリン国際映画祭 フォーラム部門出品作品●2016年/オーストリア・ドイツ・スイス

そうして、人類(ホモ・サピエンス)の時代は終わりました。

放置され、朽ちゆく人工建造物の風景からは、人々が去った後もなお、不思議な息吹が感じられる。“彼ら”が私たちに伝えようとしているメッセージとは何か?いま、時空を超えた“人類遺産”との対話が始まる――撮影期間4年、世界70ヶ所以上にも及ぶ“廃墟”にカメラを向けた新感覚の映像ドキュメンタリー。

■約30年前の大雨で湖底に水没し、近年の干ばつによって奇跡的にその全貌を現わしたヴィラ・エペクエン(アルゼンチン)の町並み。アメリカ・ニュージャージー州の海上遊園地を襲ったハリケーンにより、海へと崩落した巨大なローラーコースター。そして、日本の高度成長期を支え、最盛期には5000人以上が生活していた炭鉱の島・端島(軍艦島)の鉄骨アパートの部屋では、時を止めたカレンダーが風にゆれている――。

誰もいない廃墟の風景に、まるでその場にいるかのような臨場感と不思議な生命力さえも感じさせられる。私たちが見ている光景は過去の産物なのか?それともこれが未来の世界なのか?そもそも人類がこの地球に存在する意味とは何なのか?“棄てられた風景”が、今静かに語りかけてくる――。












































本編 1時間31分
デジタル
シネスコ
カラー
マン・ダウン 戦士の約束 字幕
 man down
●監督:ディート・モンティエル(『陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル』)●出演:シャイア・ラブーフ(『ヒューリー』)/ケイト・マーラ(『オデッセイ』)/ジェイ・コートニー(『スーサイド・スクワッド』)/ゲイリー・オールドマン(『裏切りのサーカス』)/クリフトン・コリンズJr.(『エクスペリメント』)●ベネツィア国際映画祭 正式出品●2015年/アメリカ

愛する者を守ること。ただそれだけが男の願いだった――。

アフガニスタンから帰還した海兵隊員。だが、安息を求め辿り着いた懐かしき故郷はまるで異世界に迷い込んだかのように荒廃していた。そして、愛する妻と息子の消息も途絶えてしまう。戦火に運命を狂わされた男に、残された道とは――戦争がもたらす傷跡と不条理な世界を描いた人間ドラマ。衝撃のラスト7分46秒、あなたの心は“えぐられる”。

■米軍の海兵隊員ガブリエル・ドラマーは、妻ナタリーと息子ジョナサンを故郷に残し、アフガニスタンへと向かう。戦場での任務は想像以上に過酷なものであったが、故郷で待つ妻と息子の存在がガブリエルを奮い立たせた。そしてついに、アフガニスタンからアメリカへと帰還する。

しかし、辿り着いた故郷の街は、建物や橋が崩壊し住人たちの姿も消えていた。まるで異世界に迷い込んだかのように、懐かしき面影は失われていた。この街に一体何が起こったのか?ガブリエルは、共に帰還したデビンと、荒廃した街でナタリーとジョナサンの行方を探すが――。












































本編 2時間00分
デジタル
カラー
タレンタイム 優しい歌 字幕
 talentime
●監督・脚本:ヤスミン・アフマド(『ムアラフ -改心-』)●出演:パメラ・チョン/マヘシュ・ジュガル・キショール/モハマド・シャフィー・ナスウィ/ハワード・ホン・カーホウ●2009 シネマニラ国際映画祭 最優秀東南アジア映画賞●2009年/マレーシア

歌ってごらん、笑ってごらん すべてを越えて、心は届く

たくさんの民族が暮らす街で、音楽コンクール“タレンタイム”に挑戦する、かけがえのない青春を描く――アジアの宝物、今は亡きヤスミン・アフマド監督の最高傑作。8年の時を経て“伝説の映画”がついに待望の劇場公開。

■ある高校で、音楽コンクール“タレンタイム”(Talent Time/才能の時間)が開催される。ピアノの上手な女子高生ムルーは、耳の聞こえないマヘシュと祝福されない恋に落ちる。二胡を演奏する優等生カーホウは、成績優秀で歌もギターも上手な転入生ハフィズが嫌いだ。マヘシュの叔父に起きる悲劇、難病を続けるハフィズの母…。マレー系、インド系、華人…民族や宗教の違いによるわだかまりや葛藤も抱えながら、彼らはいよいよコンクール当日を迎える……。












































本編 1時間28分
デジタル
シネスコ
カラー
逆行 字幕
 river
●監督:ジェイミー・M・タグ●出演:テッド・アザートン/ロッシフ・サザーランド(『ハイエナ・ロード』)/サラ・ボッツフォード/ドゥアンマニー・ソリパン/ヴィタヤ・パンスリンガム(『オンリー・ゴッド』)●第40回 トロント国際映画祭 ディスカバリー部門正式出品●第15回ウィスラー映画祭 最優秀監督賞・最優秀脚本賞・最優秀カナダ映画賞受賞●2015年/カナダ・ラオス

――逃げるな、走れ

突然、悪夢に変貌した異国の地でのバカンス。罪悪感と恐怖に駆られて逃亡者となった若きアメリカ人医師が、絶望的な疾走の果てに迫られる重大な決断とは――人間の本質に切り込み、贖罪というテーマを問う、壮絶な逃亡サスペンス。

■東南アジアのラオスでNGOの医療活動に従事するアメリカ人男性ジョンが、激務で疲れきった心身を癒すため南部のリゾート地を訪れる。しかし、そこで若き医師を待ち受けていたのは、まったく想像が及ばない衝撃的な事態だった。

バーで酩酊した後の宿への帰り道で、地元の女性を暴行した外国人観光客と揉み合いになり、図らずも相手を撲殺してしまったのだ。投獄されることを恐れ、孤独な国際指名手配犯となったジョンは、必死の逃走に次ぐ逃走を重ね、隣国のタイを経由してアメリカへ帰国する道を探るのだが…。












































本編 2時間06分
デジタル
シネスコ
カラー
モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由 字幕 
 mon roi
●監督・脚本:マイウェン(『ハイテンション』出演)●出演:ヴァンサン・カッセル(『ブラック・スワン』)/エマニュエル・ベルコ(『太陽のめざめ』)/ルイ・ガレル(『恋人たちの失われた革命』)/イジルド・ル・ベスコ(『彼は秘密の女ともだち』)/(『』)●第68回 カンヌ国際映画祭 女優賞受賞●2015年/フランス

感じあうことだけが、ふたりの真実

理想の男のはずが、結婚した途端、思いがけない素顔を見せ始める――『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』の鮮烈な愛から30年、アムールの国フランスが贈る、運命の再会を果たし、激しい恋に落ちた男と女の10年間の物語。

■弁護士のトニーはスキーで大けがを負いリハビリをしながら、ジョルジオとの波乱に満ちた関係を振り返る。あれは10年前、トニーは学生時代に密かに憧れていたジョルジオとパリで再会。機転の利いたアプローチで彼の心をつかみ、激しい恋に落ちる。いつも美女を引き連れていた彼の過去を心配しながらも、「運命の女だ」という彼の言葉を信じるトニー。やがて妊娠が判明、愛情に満ちた結婚式を挙げるが…。












































本編 1時間31分
デジタル
シネスコ
カラー
メットガラ ドレスをまとった美術館 字幕
 the first monday in may
●監督:アンドリュー・ロッシ●出演:アナ・ウィンター(『ファッションが教えてくれること』)/アンドリュー・ボルトン/ウォン・カーウァイ(『恋する惑星』監督)/ジョン・ガリアーノ/ジャン=ポール・ゴルチエ(『モード・イン・フランス』)●2016年/アメリカ

ようこそ、華麗なる美の祭典へ

“プラダを着た悪魔”ことアナ・ウィンターがN.Y.メトロポリタン美術館を舞台に仕掛けるファッション界最大のイベント“メットガラ”。一流メゾンと豪華セレブリティが彩る一夜をドラマチックに映し出す世紀のドキュメンタリー。

■2015年5月2日、N.Y.メトロポリタン美術館。アート・ファンとファッショニスタが注目する伝説のイベント“メットガラ”が華やかに幕を開けた。大階段にはレッドカーペットが敷き詰められ、ポップスターのリアーナやレディ・ガガ、アカデミー賞の常連、ジョージ・クルーニーやアン・ハサウェイ、フランスを代表するデザイナーのジャン=ポール・ゴルチエなど、世界中から招待されたセレブがフラッシュの光を浴びてそぞろ歩く舞台に早変わり。

豪華セレブリティと一流メゾンの鮮やかなオートクチュールが競い合う一夜の饗宴を主催したのは“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。一人あたり25,000ドルと高額な席料にもかかわらず600席が瞬時に満席になるのは、彼女の人脈と情熱の賜物だった。












































本編 1時間22分
デジタル
ビスタ
カラー
人生タクシー 字幕
 taxi
●監督:ジャファル・パナヒ(『オフサイド・ガールズ』)●出演:ジャファル・パナヒ●2015年 ベルリン国際映画祭 金熊賞受賞●2015年/イラン

喜びと悲しみを乗せて

巨匠アッバス・キアロスタミ監督の愛弟子にして、世界三大映画祭を制覇したイランの名匠ジャファル・パナヒ監督。反体制的な活動を理由に映画監督禁止令を受けながらも、監督自身がタクシー運転手に扮し、情報統制下にあるテヘランの人生模様を描き出す――勇気とユーモアに満ち溢れた、映画史に残るドキュメンタリー風ドラマ。

■死刑制度について議論する路上強盗と教師、一儲けを企む海賊版レンタルビデオ業者、交通事故に遭った夫と泣き叫ぶ妻、映画の題材に悩む監督志望の大学生、金魚鉢を手に急ぐ二人の老婆、国内で上映可能な映画を撮影する小学生の姪、強盗に襲われた裕福な幼なじみ、政府から停職処分を受けた弁護士など、タクシーのダッシュボードに置かれたカメラを通して、個性豊かな乗客たちが繰り広げる悲喜こもごもの人生、そして知られざるイラン社会の核心が見えてくる――。












































本編 1時間50分
デジタル
シネスコ
カラー
あの日、兄貴が灯した光 字幕
 my annyoying brother
●監督:クォン・スギョン(『裸足のギボン』)●出演:チョ・ジョンソク(『造られた殺人』)/D.O.(EXO)(『純情』)/パク・シネ(『7番房の奇跡』)●2016年/韓国

アニキがいれば、もういちど笑える気がする――

「アンタは、本当に最低で最高だ」。視力を失い、夢を失った弟。その暗闇に一筋の希望を灯したのは、最低な兄貴との再会だった――『7番房の奇跡』の脚本家が贈る、優しさに抱かれる兄弟の物語。

■国家代表の柔道選手としてオリンピックを目指す弟と、詐欺を繰り返し服役中の兄。奇しくも弟が夢を失うことで15年ぶりの再会を果たす。突然の兄の出現に怒りをあらわにする弟。そして、非情にふるまう兄。彼らには、打ち解けることができない秘密があった…。












































本編 1時間35分
デジタル
シネスコ
カラー
グリーンルーム 字幕 
 green room
●監督・脚本:ジェレミー・ソルニエ(『ブルー・リベンジ』)●出演:アントン・イェルチン(『スター・トレック』シリーズ)/イモージェン・プーツ(『マイ・ファニー・レディ』)/アリア・ショウカット(『ランナウェイズ』)/ジョー・コール(『シークレット・アイズ』)/パトリック・スチュワート(『X-MEN』シリーズ)●2015年/アメリカ

扉を開けなければ、死が待っている――

理不尽に囚われた楽屋(グリーンルーム)からの決死の脱出劇――内臓で感じろ!全米初登場第1位。世界の映画祭を震撼させた〈極限〉サバイバル・スリラー。

■売れないパンクバンド「エイント・ライツ」がようやく出演できたライブハウスは狂気のネオナチ集団の巣窟だった――!運悪く舞台裏の殺人現場を目撃してしまったバンドメンバー達は命を狙われるはめに。圧倒的不利な状況下で楽屋に閉じこもった彼らは、知恵と反骨精神を武器に生存をかけた極限の戦いに挑む!












































本編 1時間30分
デジタル
スタンダード
カラー
デヴィッド・ボウイ ジギー・スターダスト 字幕
 ziggy stardust

●監督:D・A・ペネベイカー(『ドント・ルック・バック』)●出演:デヴィッド・ボウイ(『戦場のメリークリスマス』)/ミック・ロンソン/トレヴァー・ボーダー/ウッディー・ウッドマンジー●1973年/イギリス

君は独りじゃない

宇宙から落ちてきた男は世界に愛され、そして星になった――1973年7月3日、グラム・ロックの頂点に君臨しながら自らその幕を下ろした「ロックン・ロールの自殺者」デヴィッド・ボウイ宿命の歴史的ライヴを収録したドキュメンタリー。

■2016年1月10日、稀代のロッカー、デヴィッド・ボウイは予言的な最後のアルバム『★』を残して逝ってしまった。

さかのぼること43年、1972年2月から73年7月にかけて、「5年後に滅びようとする地球の救世主ジギー・スターダスト」という物語を引っ提げ、25歳のボウイはクイーン・エリザベスⅡ世号に乗船し、イギリス、アメリカ、日本を巡る1年半の長期ツアーを決行した。そして73年7月3日、ロンドンのハマースミス・オデオン劇場での最終公演。華やかで怪しいグラム・ロックの寵児ボウイは、コンサートの最後で、突然自らグラム・ロックを葬り去るのだった――。












































本編 1時間55分
デジタル
シネスコ
カラー
男と女 字幕 
 a man and a woman
●監督:イ・ユンギ(『愛してる、愛してない』)●出演:チョン・ドヨン(『シークレット・サンシャイン』)/コン・ユ(『トガニ 幼き瞳の告発』)/パク・ピョンウン(『レッド・ファミリー』)/イ・ミソ●2016年/韓国

狂おしいほど切ない禁断の愛 この衝動は抑えられない

雪に覆われたフィンランドで出会い、激しく惹かれ合う男と女。誰かの妻や夫として、義務的な日常に疲れ孤独を抱える2人が出会った時、再び“男と女”として、愛し愛されることの喜びと快感に溺れていく――それは、愛する気持ちを呼び起こす究極のラブストーリー。

■フィンランドのヘルシンキ、子供たちの国際学校で出会ったサンミンとギホンは、遠く離れた北のキャンプ場に2人で向かうことになる。大雪で通行止めとなり、誰もいない真っ白な森の小屋で2人は体を重ね合わせ、互いの名前も知らないまま別れる。

8か月後のソウル。フィンランドでのひとときを雪原が見せた夢だと思い、日常に戻ったサンミンの前に、突然ギホンが現れ、2人はどうしようもないほど熱く惹かれ恋に落ちる。












































本編 1時間36分
デジタル
スタンダード
モノクロ
ドント・ルック・バック 《デジタル・リマスター版》 字幕
 dont look back
●監督:D・A・ペネベイカー(『ジギー・スターダスト』)●出演:ボブ・ディラン(『ラスト・ワルツ』)/ジョーン・バエズ(『ウッドストック 愛と平和と音楽の三日間』)/ドノヴァン(『ワイト島1970』)/アラン・プライス(『八月の鯨』音楽)●1967年/アメリカ

1965年、ボブ・ディラン24歳。吟遊詩人伝説はここから始まった。

1965年、時代もボブ・ディランも変わろうとしていた――2016年“偉大なる詩人”としてノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランの“特別な始まり”を告げた『ドント・ルック・バック』。公開後50年を経て今なお、驚くべき斬新さに溢れた“音楽ドキュメンタリー史上の金字塔”。

■『時代は変わる』『アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン』をリリースし、アコースティック・ギターからエレクトリックに持ち替え転換期を迎えたディランはステージでもバンドを使ってサウンドのロック化を進めていった。この転身は当時の多くのファンに衝撃と混乱を与えたが、同時に“フォーク・ロック”のムーブメントへのきっかけを作った。

本作では『サブタレニアン・ホーム・シック・ブルース』がヒットしていた頃の1965年4~5月、英国ツアー中のボブ・ディランを追った。フォークを歌う詩人からポップ・ミュージックへの変革者へと進化しようとしていたディランの姿が鮮やかに映像に刻まれている。世界初のPVとも謳われたオープニングシーンからディランの数々の演奏、舞台裏の風景、ライブ後のパーティでの悪ふざけ、記者へのこき下ろし、熱烈なファンの様子などが、ペネベイカー監督特注の同時録音方式の16ミリキャメラで映し出されていく…。












































本編 2時間36分
デジタル
シネスコ
カラー
哭声/コクソン 字幕
 the wailing
●監督:ナ・ホンジン(『チェイサー』)●出演:クァク・ドウォン(『ある会社員』)/ファン・ジョンミン(『ヒマラヤ -地上8,000メートルの絆-』)/國村隼(『地獄でなぜ悪い』)/チョン・ウヒ(『愛を歌う花』)●第37回青龍映画賞5冠(監督賞/男優助演賞・人気スター賞:國村隼 他)●2016年/韓国

疑え。惑わされるな。

あなたが見ているものは、本当に真実か?――小さな村で起きる異常な連続殺人事件。その“真相”は誰の目による“答え”か。見たものすら疑わねば、真実に辿りつけない。究極のサスペンス・スリラー。

■平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。この男についての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして犯人は必ず濁った眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。

事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――。












































本編 1時間28分
デジタル
シネスコ
カラー
アムール,愛の法廷 字幕
 l'helmine
●監督:クリスチャン・ヴァンサン(『大統領の料理人』)●出演:ファブリス・ルキーニ(『ボヴァリー夫人とパン屋』)/シセ・バベット・クヌッセン(『王様のためのホログラム』)/(『』)/(『』)/エヴァ・ラリエ●第72回ベネチア国際映画祭 最優秀男優賞/最優秀脚本賞●第42回セザール賞 助演女優賞●2015年/フランス

いつだって、愛は思いがけず訪れる。

厳格な裁判官が、かつて恋心を抱いた女医との思わぬ再会で心揺さぶられ――「熟年の淡い恋」と「法廷劇」、二つの物語が巧みに絡み合う、上質な大人のラブストーリー。

■厳格で人間味のない裁判長と周りから恐れられているミッシェル。しかし、ある日の法廷に、彼がかつて入院中に想いを寄せていた女医のディットが陪審員の一人として現れたことが、全てを変えることになる。当時は受け入れられなかった想い。彼女の優しさは医師として患者に向けられたものでしかなかったからだ。

しかし、“裁判長の鎧”をまとったままの場で再び彼女と向き合うこととなったミッシェルの審議は、思いがけず、次第に人間らしい温かさを帯びたものへと変わってゆく。その変化はやがて彼女の心も動かし始め…。












































本編 1時間59分
デジタル
シネスコ
カラー
LION/ライオン 25年目のただいま 字幕
 lion
●監督:ガース・デイビス●出演:デヴ・パテル(『スラムドッグ$ミリオネア』)/ルーニー・マーラ(『キャロル』)/デヴィッド・ウェンハム(『オーストラリア』)/ニコール・キッドマン(『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』)/サニー・パワール●第89回アカデミー賞 作品賞 他6部門ノミネート(作品賞・助演男優賞・助演女優賞・脚色賞・撮影賞・作曲賞)●2016年/オーストラリア

僕は5歳で迷子になった。それから25年間、ずっと探している。僕の人生の失われたカケラを――

迷った距離1万キロ、探した時間25年、道案内はGoogle Earth。失われた人生探しの先に、彼が目にしたものとは?――『英国王のスピーチ』製作陣が贈る、圧巻の感動実話。

■オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ。

成人し、自分が幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩を踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった“ただいま”を伝えるため、彼は遂に決意する。「家を探し出す――」と。












































本編 4時間05分
デジタル
ビスタ
カラー
いぬむこいり 
 inumukoiri
●監督:片嶋一貴(『アジアの純真』)●出演:有森也美(『たとえば檸檬』)/武藤昭平(『明日泣く』)/江口のりこ(『戦争と一人の女』)/尚玄(『ハブと拳骨』)/笠井薫明(『14歳』)●2016年/日本

千年のカオス、解き放たれん。

美しくパンクな幻想世界。天孫降臨の地より日本の千年を撃つ衝撃の4時間――四つの場所に四つの試練。“犬婿伝説”をモチーフに、シニカルな風刺とエロスが入り乱れる現代絵巻物。

■ある日、ダメダメなアラフォー小学校教師・梓のもとに「イモレ島へ行け。そこには、おまえが本当に望んでいる宝物がある」と神のお告げがある。すべてを捨てて宝探しの旅に出る梓の行く先には、オフビートなペテン師、ゴロツキ革命家、引きこもりの元ギタリスト、犬に変身する亡命王子などが待ち受け、果てしない欲望や争いに巻き込まれていく。人智を越えたカオスと不条理に向かって突き進む梓が見つけたものとは…。












































本編 2時間25分
デジタル
シネスコ
カラー
お嬢さん 字幕 
 the handmaiden
●監督:パク・チャヌク(『オールド・ボーイ』)●出演:キム・ミニ(『泣く男』)/キム・テリ/ハ・ジョンウ(『テロ,ライブ』)/チョ・ジヌン(『悪いやつら』)/キム・ヘスク(『カンチョリ オカンがくれた明日』)●2016年/韓国

愛されたくば、騙せ。

「お嬢さん、気をつけて。ここには怪しい蛇が蠢いてます。私が命をかけてお守りします…」大富豪にさらわれたように暮らす美しき令嬢をめぐり、幾重にも張り巡らされた罠と欲深き野望――過激で倒錯したエロスと先の読めないサスペンス。究極の騙し合いを描いた超衝撃作。

■1939年の朝鮮半島。支配的な叔父と、膨大な蔵書に囲まれた豪邸から一歩も出ずに暮らす華族令嬢・秀子のもとへ、新しいメイドの球子こと孤児の少女スッキがやってくる。実は詐欺師一味に育てられたスッキは、秀子の莫大な財産を狙う“伯爵”の手先だった。

伯爵はスッキの力を借りて秀子を誘惑し、日本で結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪う計画だ。だがスッキは美しく孤独な秀子に惹かれ、秀子も献身的なスッキに心を開き、二人は身も心も愛し合うようになってしまう…。












































本編 1時間34分
デジタル
カラー
獣道
 kemono-michi
●監督:内田英治(『下衆の愛』)●出演:伊藤沙莉(『全員、片想い』)/須賀健太(『スイートプールサイド』)/アントニー(『ルー・リード/ベルリン』)/吉村界人(『太陽を掴め』)●2017年/日本・イギリス

THIS IS 地方

新興宗教にはまる親、未成年者を取り込む風俗産業、社会保障を食い尽くすヤクザ…。そんなクソヤローたちに翻弄されながら必死に生きる場所を見つけようとする少女と少年――閉鎖した地方都市を駆け抜ける《地獄の恋の物語》は、実話をベースにした“真っ黒な青春映画”。

■とある地方都市で生まれた少女・愛衣はいつも母の愛に飢えていた。そんなある日、信仰ジャンキーの母親によって宗教施設に送られ7年もの間世間から隔離されて生活をすることになる。自分の居場所を探そうと教祖や信者たちと疑似家族を作り上げていく愛衣だったが、教団が警察に摘発され保護されてしまう。すでに違う宗教にはまっていた母の家にも、初めて通う中学校にも居場所はなかった。

愛衣は社会からドロップアウトして万引きと生活保護で生きるヤンキー一家やサラリーマン家庭などを転々として居場所を必死に探すのであった。愛衣の唯一の理解者であり、彼女に恋をする少年・亮太もまた居場所を探す不良少年だった。亮太は半グレたちの世界で居場所を見つけ、愛衣は風俗の世界にまで身を落とす。やがて二人の純情は地方都市というジャングルに飲み込まれていく…。












































本編 1時間22分
デジタル
カラー
Don't Blink ロバート・フランクの写した時代 字幕
 don't blink -robert frank
●監督:ローラ・イスラエル●出演:ロバート・フランク(『世界一美しい本を作る男』)●2015年/アメリカ・フランス

人生はつづく、杖をつきながらでも。

運命とのつきあい方、それは「恐れず、立ち上がり、瞬きせずに(don't blink)」――92歳の伝説的写真家ロバート・フランクが初めて語った彼の知られざる人生と、彼が見つめたアメリカの時代。様々な悲劇に翻弄されても挑み続けたアーティストの知られざる人生を描いた感動のドキュメンタリー。

■写真家を志し、自作のポートフォリオを持って23歳でスイスから単身渡米したロバート・フランク。〈ハーパーズ バザー〉や〈ヴォーグ〉でファッション写真、〈フォーチュン〉等でフォトジャーナリズム作品を発表した後、アメリカ全土へ撮影の旅に出る。その集大成となった1958年の写真集「The Americans」は、繁栄と理想に沸く大国の真の姿を捉えて“20世紀のアメリカの在り方を大きく変えた一冊”と称された。1960年代からは映画にも活動の場を広げ、米インディ映画の祖としてジム・ジャームッシュやリチャード・リンクレーター監督らにも影響を与えた。

しかし、フランクの人生は順風満帆ではなかった。彼の意に反して作品が法外な価格で落札されはじめると、信頼していた弁護士に著作権を奪われてしまう。また、最愛の娘を飛行機事故で亡くした後、息子にも先立たれるなど、多くの不運に見舞われていた…。












































本編 1時間49分
デジタル
シネスコ
カラー
怪物はささやく 字幕
 a monster calls
●監督:J・A・バヨナ(『インポッシブル』)●出演:ルイス・マクドゥガル/シガニー・ウィーバー(『エイリアン』シリーズ)/フェリシティ・ジョーンズ(『ローグ・ワン』)/トビー・ケベル(『ゴールド/金塊の行方』)/リーアム・ニーソン(『沈黙 サイレンス』)●2016年/アメリカ・スペイン

その怪物が喰らうのは、少年の真実――。

真夜中に現れ、怪物は言った。「これから3つの〈真実の物語〉を話す。4番目は、お前の物語を話せ」――英文学最高峰(カーネギー賞、ケイト・グリーナウェイ賞 W受賞)のベストセラー映画化。孤独な少年と怪物の魂の駆け引きを描く、感涙のダーク・ファンタジー。

■13歳の少年コナーは、難しい病を抱えた母親と2人で裏窓から教会の墓地がみえる家に住み、毎夜悪夢にうなされていた。ある夜、コナーのもとに怪物がやって来て告げる。これから、私はお前に3つの【真実の物語】を話す。4つ目の物語は、お前が話せ」。しかも怪物は、コナーが隠している“真実”を語れと迫るのだ。頑なに拒むコナー。しかしコナーの抵抗など意にも介さず、その日を境に夜ごと怪物は現れ物語の幕が上がる――。












































本編 1時間27分
デジタル
ビスタ
カラー
スレイブメン
 slavemen
●監督・脚本:井口昇(『片腕マシンガール』)●出演:中村優一(『湾岸ミッドナイト THE MOVIE』)/奥田佳弥子(『血まみれスケバンチェーンソー』)/味岡ちえり/岩永洋昭(『アイアンガール ULTIMATE WEAPON』)/小田井涼平(『SとM 劇場版』)●2017年/日本

世界平和なんて知るか。僕は、君だけを守る。

絶対夢オチなんかに終わらせない!――世界で一番悲しくて虚しいヒーローの孤独な戦い、そして愛の物語。世界のアメコミ映画を凌駕する、ダークヒーロー版『君の名は。』!?

■バイトをしながら自主映画を作っている冴えない映画青年・しまだやすゆき。何をやっても失敗ばかりで、周囲から馬鹿にされて生きてきた。ある日、メイド姿でティッシュ配りの仕事をしていた美少女・小暮彩乃を偶然街で見掛けるしまだ。彼はたまたま持っていたビデオカメラのファインダー越しに一目惚れしてしまう。それ以来、バイト先から彩乃を隠し撮りする日々を送るしまだだったが、次第に「自分の映画に出て貰いたい」と思うようになっていく。そんなある日、しまだは偶然出会わせた謎の抗争に巻き込まれ、命を落としかけるが、奇跡が起こる――。












































本編 1時間59分
デジタル
カラー
皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ 字幕 
 lo chiamavano jeeg robot
●監督:ガブリエーレ・マイネッティ●出演:クラウディオ・サンタマリア(『緑はよみがえる』)/ルカ・マリネッリ(『ニーナ ローマの夏休み』)/イレニア・パストレッリ/ステファノ・アンブロジ/マウリツィオ・テゼイ●2016年イタリア・アカデミー賞 最多7部門受賞(新人監督賞/プロデューサー賞/主演男優賞/主演女優賞/助演男優賞/助演女優賞/編集賞)●2015年/イタリア

■胸熱。

テロの脅威に晒されるローマの片隅で、超人的パワーを得た男と、空想世界に生きる娘が出会った――街のゴロツキか?救世主か?永井豪原作アニメをモチーフに、日本カルチャーへのリスペクトから生まれたイタリア発のダークヒーロー・エンタテインメント。

■テロの脅威に晒される現代のローマ郊外。裏街道を歩く孤独なチンピラ、エンツォはふとしたきっかけで超人的なパワーを得てしまう。始めは私利私欲のためにその力を使っていたエンツォだったが、世話になっていた“オヤジ”を闇取引の最中に殺され、遺された娘アレッシアの面倒を見る羽目になったことから、彼女を守るために正義に目覚めていくことになる。

アレッシアはアニメ「鋼鉄ジーグ」のDVDを片時も離さない熱狂的なファン。怪力を得たエンツォを、アニメの主人公・司馬宙(シバヒロシ)と同一視して慕う。そんな二人の前に、悪の組織のリーダー・ジンガロが立ち塞がる…。












































本編 1時間51分
デジタル
カラー
ムーンライト 字幕 
 moonlight
●監督:バリー・ジェンキンス●出演:トレバンテ・ローズ/アンドレ・ホランド(『42 -世界を変えた男-』)/ジャネール・モネイ/アッシュトン・サンダース/ジャハール・ジェローム●本年度アカデミー賞 作品賞/脚色賞/助演男優賞 受賞●第74回ゴールデン・グローブ賞 作品賞(ドラマ部門)受賞●2016年/アメリカ

あの夜のことを、今でもずっと、覚えている。

自分が何者か探し、自分を愛することが出来た時、初めて誰かを愛することが出来る――シャロンのあまりに一途な想いに、世界中が瞬く間に虜になった。映画史に刻まれる、最も切なく、最も純粋な愛の物語。

■名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校ではいじめっ子たちから標的にされるなか、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。高校生になってもそんな日々は続いていたある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れる…。

しかし、ある裏切りに遭い2人は別々の道へと進む。そして、大人になり再会した2人。静かに語り合うなか、どんなに時が流れても忘れられずにいた想いが募る…。












































本編 1時間52分
デジタル
カラー
小林多喜二の母の物語
 haha -kobayasitakiji no haha no monogatari
●監督・脚本:山田火砂子(『山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日』)●出演:寺島しのぶ(『裏切りの街』)/塩谷瞬(『アウターマン』)/山口馬木也(『山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日』)/佐野史郎(『はやぶさ/HAYABUSA』)/渡辺いっけい(『容疑者Xの献身』)●2017年/日本

わだしは小説を書くことが、あんなにおっかないことだとは思ってもみなかった。あの多喜二が小説書いて殺されるなんて――

プロレタリア作家・小林多喜二の母・セキ。おおらかな心で、多喜二の“理想”を見守り、人を信じ、愛し、懸命に生き抜いたセキの、波乱に富んだ一生を描き切った、三浦文学の集大成を映画化。

■秋田県の貧しい家の娘にセキは生まれた。貧しい農家の娘たちは身売りするより仕方がない。セキの幼なじみの少女も売られていった。学校へ行きたくても、男の行くところだと相手にされない。

15歳で小林の家に嫁いだセキは三男三女を生み育てたが、長男は病死。次男が多喜二である。自分は字も書けないセキだが、多喜二は小樽高商(現小樽商科大学)まで卒業させてもらい、銀行に勤める。当時の銀行は大変な高給で、一生涯楽に暮らせる程だった。しかし多喜二は貧しい人の味方となって小説を書き、反戦を訴え続けた。そんな彼の小説は危険思想とみなされ、遂に多喜二は国家権力によって殺されてしまう。

セキは自分の息子が悪い事なぞする訳がないと彼を信じ続けていた。そんな折、娘のチマに教会へと誘われる。そこでイエスの死について話を聞かされたセキは、イエスと多喜二の姿を重ね合わせ、思いを巡らす…。












































本編 1時間34分
デジタル
ビスタ
カラー
サクロモンテの丘 ロマの洞窟フラメンコ 字幕
 sacromonte,los sabios de la tribu
●監督:チュス・グティエレス●出演:クーロ・アルバイシン/ライムンド・エレディア/ペペ・アビチュエラ/ハイメ・エル・パロン/フアン・アンドレス・マジャ●2014年/スペイン

受け継がれる、情熱の血。

ドビュッシー、ファリャ、ロルカなど数多くの芸術家を魅了し、マリオ・マジャ、エンリケ・モレンテ、エバ・ジェルバブエナなど世界的なフラメンコ・アーティストを産んだ聖地サクロモンテ――失われた黄金時代を生き抜いた人々を通して、世界で最も重要なフラメンコ・コミュニティのルーツと記憶を探るドキュメンタリー。

■スペイン・アンダルシア地方・グラナダ県サクロモンテ地区。この地には、かつて迫害を受けたロマたちが集い、ロマとイスラムの文化が融合し、独自の文化が形成されていった。ロマたちが洞窟で暮らしていたことから洞窟フラメンコが生まれ、その力強く情熱的な踊りや歌に、世界中が熱狂した。

隆盛をきわめたサクロモンテだが、1963年に悲劇は起こった。ロマのスター、カルメン・アマジャが亡くなり、悲しみにくれる人々に追い打ちをかけるように、水害に見舞われ、全てを失い、住む場所を追われた――。












































本編 1時間45分
デジタル
ビスタ
カラー
ターシャ・テューダー 静かな水の物語
 tasha tudor
●監督:松谷光絵●出演:ターシャ・テューダー/セス・テューダー/ウィンズロー・テューダー/エイミー・テューダー●2017年/日本

人生何があっても、「生きること」を楽しんで。

アメリカでもっとも愛される絵本作家、ターシャ・テューダー。「静かな水」のようにストレスのない平安な生活を愛し、「思うとおりに歩めばいいのよ」と語る――おおらかでユーモアたっぷりの〈スローライフの母〉からあなたへ贈る、心に染みる言葉の数々を映し出した永久保存版ドキュメンタリー。

■アメリカを代表する絵本作家として70年間活躍、子育てを終えた56歳の時にバーモント州の山奥に建てた18世紀風の農家で、自然に寄り添いながら1人暮らしを続けたターシャ・テューダー。「アメリカのコテージガーデンの手本」となる美しい庭を作り、世界中の人々を魅了するターシャの魅力を解き明かす。

1996年に日本で初めてターシャの暮らしを紹介した「ターシャ・テューダー 手作りの世界 暖炉の火のそばで」が出版されて以降、そのナチュラルライフが注目を集め、彼女の書籍や絵本は350万部を超える大ヒットを記録。NHKでも彼女の暮らしが紹介され、その魅力は日本全国に広まった。生誕100周年にあたる2015年より日本各地で記念の展覧会を開催。そのクライマックスとして、未公開のプライベート映像などを加えた〈完全版〉が本作である。












































本編 1時間48分
デジタル
ビスタ
カラー
しゃぼん玉
 shabondama
●監督:東伸児●出演:林遣都(『風が強く吹いている』)/藤井美菜(『女子ーズ』)/相島一之(『12人の優しい日本人』)/綿引勝彦(『椿山課長の七日間』)/市原悦子(『蕨野行〈わらびのこう〉』)●2016年/日本

これからが、これまでを変えていく。

「婆ちゃん…しゃぼん玉はさぁ、その場所にいたいって思っても、地面に着いた瞬間、ぱちんて弾けちゃうんだ。だから、風に吹かれて、ふらふらするしかねぇ…でも、俺、もうそれじゃあ…」。親に見捨てられ、犯罪を繰り返す若者が、逃亡先で出会った老婆や村の人々の愛情によって失くした感情を取り戻していく――血の繋がりを超えた絆と、人間の再生を描いた感動作。乃南アサのベストセラー小説、待望の映画化。

■親に見捨てられ、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人。人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマを助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになった。

初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、伊豆見の荒んだ心に少しづつ変化が訪れた。そして10年ぶりに村に帰ってきた美知との出会いから、自分が犯した罪を自覚し始める。「今まで諦めていた人生をやり直したい」――決意を秘めた伊豆見は、どこへ向かうのか…。












































本編 1時間02分
デジタル
カラー
光と禿
 hikari to hage
●監督:青木克齊(『竜宮、暁のきみ』)●出演:スギム(『モーターズ』)/岸井ゆきの(『友だちのパパが好き』)/樋井明日香(『さよなら歌舞伎町』)/武田航平(『星くず兄弟の新たな伝説』)/柴田杏花(『瀬戸内海賊物語』)●2016年/日本

人生、ハゲしくヒカってる!

中年のハゲたミュージシャンとひねくれた盲目の女。小さな世界で生きてきた二人がひょんなきっかけで交錯し、人生がハゲしくヒカる!――ちょっと笑えて、ちょっと泣ける、めっちゃダサくてカッコイイ、遅咲きのロッキン・ロマンス青春映画。

■中年のハゲたミュージシャン・スギムは、道端で転んだ盲目の女・梢を助けようと声を掛ける。ところが、そこに現れた梢の友人と共にあろうことか痴漢変態扱いされてしまう。その夜、ライブステージで激しく憂さ晴らしするスギム。一方の梢は、実はスギムが痴漢ではなかったことを親友に打ち明け、痴漢扱いしたことを謝罪すべくスギムを探すことに…。












































本編 2時間10分
デジタル
カラー
世界にひとつの金メダル 字幕
 jappeloup
●監督:クリスチャン・デュゲイ(『ココ・シャネル』)●出演:ギョーム・カネ(『よりよき人生』)/マリナ・ハンズ(『レディ・チャタレー』)/ダニエル・オートゥイユ(『画家と庭師とカンパーニュ』)/ドナルド・サザーランド(『コールドマウンテン』)●第37回 モントリオール世界映画祭 ワールドコンペティション部門正式出品●2013年/フランス・カナダ

オリンピックへ――

気性が荒く人間を信じない競技馬との出会い。父との確執、幼い日の夢。エリート弁護士はキャリアを捨て障害飛越競技に挑むが――ロサンゼルス、ソウル、二つのオリンピックを再現した壮大なクライマックス。フランスが愛した伝説の選手(ライダー)と、知られざる名馬から生まれた真実のストーリー。

■1960年代初頭、フランス。子供のころより父セルジュの指導の下で障害飛越競技に打ち込んできたピエール・デュラン。彼は大人になり父の期待から逃れるように都市で弁護士の道を歩み始める。だが、幼い日の情熱を諦めることができずキャリアを捨て、再び選手(ライダー)を目指すことに。

一方で、誰からも期待されず人間を一切信じない若馬ジャップルー。小柄で気性が荒くて欠点だらけ。だが、この若馬ジャップルーは高い跳躍力と才能を秘めていた。ピエールはジャップルーをパートナーとして走ることを選び、父セルジュとともに鍛錬の日々が始まる――。












































本編 1時間28分
ブルーレイ
ビスタ
カラー
わすれな草 字幕
 vergiss mein nicht
●監督:ダーヴィッド・ジーヴェキング●ロカルノ映画祭 批評家週間賞●モントリオール国際映画祭 正式出品●2013年/ドイツ

今日は他人、時どき知人、でも愛があれば大丈夫

認知症の妻、支える夫、その家族たちが綴る、愛と笑いに満ちたドイツ式“最期の時間”の寄り添い方――監督自身の体験を軸に、認知症介護と家族の絆を映し出す、愛のドキュメンタリー。

■ダーヴィットはフランクフルト近郊の実家へ帰ってきた。認知症になった母グレーテルの世話を手伝うためだ。父マルテは、長年妻を介護してきたが、さすがに疲れてしまったらしい。ダーヴィットは母の世話をしながら、昔からの親友であるカメラマンと共に、母と過ごす最期の時間を映像に記録する。

理性的だった母は、病によって、すべての抑制から解放され心の赴くまま自由に過ごしているように見える。自分が若返った気になった母は、息子のダーヴィットを夫だと思い込み、父が思わず嫉妬することも。かつてはドライで個人主義的に見えた父と母の夫婦関係も、いつしか愛情をありのままに表す関係へと変わっていく。記憶を失っていく母の病は、夫婦、家族にとって、新たな“はじまり”となり…。












































本編 2時間13分
デジタル
シネスコ
カラー
光をくれた人 字幕
 the light between oceans
●監督:デレク・シアンフランス(『ブルー・バレンタイン』)●出演:マイケル・ファスベンダー(『それでも夜は明ける』)/アリシア・ヴィキャンデル(『リリーのすべて』)/レイチェル・ワイズ(『ナイロビの蜂』)/ブライアン・ブラウン(『カクテル』)/ジャック・トンプソン(『オーストラリア』)●ベネツィア国際映画祭 コンペティション部門 正式出品●2016年/アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド

この子を育てることは、過ちですか?この子を愛することは、罪ですか?

「イザベル、孤独だった僕の人生を照らしたのは、君の愛だった」。孤島に暮らす灯台守の夫婦。他に誰もいらない。そう願うほど幸福だった。その〈罪〉に気付くまでは――世界42か国がこの愛に震えた。感動のベストセラー待望の映画化。

■心を閉ざし孤独だけを求め、オーストラリアの孤島で灯台守となったトム。しかし、美しく快活なイザベルが彼に再び生きる力を与えてくれた。彼らは結ばれ、孤島で幸福に暮らすが、度重なる流産はイザベルの心を傷つける。

ある日、島にボートが流れ着く。乗っていたのは見知らぬ男の死体と泣き叫ぶ女の子の赤ん坊。赤ん坊を娘として育てたいと願うイザベル。それが過ちと知りつつ、願いを受け入れるトム。4年後、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた2人は、偶然にも娘の産みの母親ハナと出会ってしまう――。












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
スウィート17モンスター 字幕 
 the edge of seventeen
●監督・脚本:ケリー・フレモン・クレイグ●出演:ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリッド』)/ウディ・ハレルソン(『ゾンビランド』)/キーラ・セジウィック(『ポゼッション』)/ブレイク・ジェナー(『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』)/ヘイリー・ルー・リチャードソン●第74回 ゴールデングローブ賞 作品賞(コメディ/ミュージカル部門)/主演女優賞 ノミネート●ニューヨーク映画批評家協会賞 新人監督賞 受賞●2016年/アメリカ

誰もがこじらせて大人になった

親友が兄と恋をした?友情、家族、人生⇒自分ひとりだけが空回り?――共感率100%!『ゴーストワールド』よりリアルで、『JUNO/ジュノ』よりイタくて身に迫り、『リトル・ミス・サンシャイン』より家族愛に感動する、愛すべき青春こじらせ映画。

■ネイディーンは17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空回りして、教師のブルーナーや母親を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタだけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていたイケメン人気者の兄ダリアンとクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感からまるで世界にたった一人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。












































本編 2時間04分
デジタル
ビスタ
カラー
セールスマン 字幕
 forushande
●監督:アスガー・ファルハディ(『別離』)●出演:シャハブ・ホセイニ(『別離』)/タラネ・アリシュスティ(『彼女が消えた浜辺』)●本年度アカデミー賞 外国語映画賞 受賞●第69回カンヌ国際映画祭 脚本賞/男優賞 W受賞●2016年/イラン・フランス

ある夜の闖入者――たどり着いた真実は、憎悪か、それとも愛か――

“感情のスペクタクル”へと誘う圧巻のクライマックス。日常が激変する濃密な心理サスペンスの傑作。本作でアカデミー賞二度目の獲得という快挙を達成した、イランの名匠アスガー・ファルハディ監督最新作。

■教師エマッドとその妻ラナは、小さな劇団に所属し、俳優としても活動している。ある日、引っ越して間もない自宅でラナが侵入者に襲われてしまう。犯人を捕まえたい夫と、表沙汰にしたくない妻の感情はすれ違い始める。やがて犯人は前の住人だった女性と関係がある人物だとわかるが…その行く手には、彼らの人生をさらに揺るがす意外な真実が待ち受けていた――。












































本編 時間 分
デジタル
カラー
逆光の頃 
 gyakkou no koro
●監督・脚本:小林啓一(『ももいろそらを』)●出演:高杉真宙(『カルテット!』)/葵わかな(『サバイバルファミリー』)/清水尋也(『ハルチカ』)/佐津川愛美(『ヒメアノール』)/桃月庵白酒(『ももいろそらを』)●2017年/日本

■重ね合わせるのです。いつかの僕と――ここにいる僕を。

タナカナツキの名作コミックを映画化。京都を舞台に、高校生の日常や恋を爽やかに描く青春ドラマ。

■京都で生まれ育った孝豊は平凡な高校2年生。同級生たちとケンカしたり、幼馴染に恋心を抱いたりと、ありふれた青春の日々を過ごしていた。そんな彼も、これからの人生に漠然とした不安を感じるようになり、なんとか一歩前へと踏み出そうとするのだが…。












































本編 1時間48分
デジタル
シネスコ
カラー
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
 yozora wa itsudemo saikoumitsudo no aoiro da
●監督・脚本:石井裕也(『舟を編む』)●出演:石橋静河(『PARKS パークス』)/池松壮亮(『裏切りの街』)/佐藤玲(『色あせてカラフル』)/三浦貴大(『ローリング』)/松田龍平(『モヒカン故郷に帰る』)●2017年/日本

透明にならなくては息もできないこの街で、きみを見つけた。

悪い予感だらけの今日と明日が、少しだけ、光って見えた――看護師をしながら夜はガールズバーで働く、美香。建設現場で日雇いとして働く、慎二。人身事故で山手線が止まった夜の渋谷で、二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。

■看護師として病院に勤務する美香は女子寮で一人暮らし。日々患者の死に囲まれる仕事と折り合いをつけながら、夜、街を自転車で駆け抜け向かうのはガールズバーのアルバイト。作り笑いとため息。美香の孤独と虚しさは簡単に埋まるものではない。

建設現場で日雇いとして働く慎二は古いアパートで一人暮らし。左目がほとんど見えない。年上の同僚・智之や中年の岩下、出稼ぎフィリピン人のアンドレスと、何となくいつも一緒にいるが、漠然とした不安が慎二の胸から消えることはない。

ある日、慎二は智之たちと入ったガールズバーで、美香と出会った。美香から電話番号を聞き出そうとする智之。無意味は言葉を喋り続ける慎二。作り笑いの美香。店を出た美香は、深夜の雑踏の中で、歩いて帰る慎二を見つける――。












































本編 1時間20分
デジタル
ビスタ
カラー
パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー 〈永遠の3秒〉 字幕
 robert doisneau : le revolte du merveilleux
●監督:クレモンティーヌ・ドルディル●出演:ロベール・ドアノー/ダニエル・ペナック(『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』脚本)/サヴィーヌ・アゼマ(『愛して飲んで歌って』)/ジャン=クロード・カリエール(『トスカーナの贋作』)/堀江敏幸●2016年/フランス

この瞬間に世界中が恋をした。

パリの街角。日常に隠れた“小さな物語”を探して――人々の心に刻まれる恋人たちの写真「パリ市庁舎前のキス」。20世紀を象徴するフォトグラファーの愛と幸せを運ぶドキュメンタリー。

■フランスを代表する国民的写真家ロベール・ドアノー。その名は知らなくとも「パリ市庁舎前のキス」という写真を目にしたことのある人は少なくないだろう。1950年にアメリカの雑誌「LIFE」の依頼で撮影されたこの写真は、1980年代にポスターとして発売され世界中で知られるようになった。以来、この写真は愛〈アムール〉の国・フランスの象徴として、現在でも広く愛され続けている。本作では、世界でもっとも有名な恋人たちの写真となったこの写真の知られざる撮影秘話も明かされる。

ドアノーがカメラに出会ったのは、戦争や母の病死など悲しい幼少期を送っていた13歳の頃。初めてカメラに触れるとたちまち写真にのめり込み、生涯を通してパリで生活する人々の日常をとらえつづけた、一日中歩き回っては、優しいまなざしでレンズを覗きこみ、街角に潜む何気ない“瞬間のドラマ”を職人技で釣り上げる。そして、ときにはモデルを使い演出によって“人生の真実”をより深く表現する――。彼の独自の写真哲学による撮影は、じつは今まであまり知られてこなかった。本作は、そんな写真家ロベール・ドアノーの人生と創作の秘密に迫る、初めてのドキュメンタリーである。












































本編 1時間36分
デジタル
ビスタ
カラー
おとなの事情 字幕
 perfetti sconosciuti
●監督:パオロ・ジェノベーゼ●出演:ジョゼッペ・バッティストン(『ある海辺の詩人』)/アンナ・フォッリエッタ(『ローマ、恋のビフォーアフター』)/マルコ・ジャリーニ(『神様の思し召し』)/エドアルド・レオ/ヴァレリオ・マスタンドレア(『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』)●2016年/イタリア

スマホの中に、人に言えない秘密はありますか?

隠し続けてきた秘密の暴露から見えてきたのは、悩みながら生きる、おとな達の姿だった。スマホに隠された“極秘の事実”が明らかになった時、夫婦、親友のきずなは一体どうなる?――世界中で絶賛され、イタリアのアカデミー賞で作品賞と脚本賞のW受賞を果たし空前の大ヒット。ブラックな中にも人生の悲しさや滑稽さに気づかせてくれる、笑いとスリルが交錯する傑作ヒューマンドラマ。

■ある満月の晩。エヴァとロッコ夫妻が友人達を夕食に招待した。集まったのは幼馴染の親友である2組の夫婦と1人の男、全員で7人。おいしい食事にお酒も入り話が弾む中、ふとエヴァが提案する。「私達本当に親友かしら?お互いが信用できるなら携帯電話を見せ合わない?」スマホの着信やメールを、本人の代わりに妻や親友がチェックするという、前代未聞の危険なゲームが始まった。人の不幸は蜜の味とばかりにそれぞれの秘密を笑っていると、いつしか手に汗握るサスペンスフルな展開に――。












































本編 2時間59分
デジタル
ビスタ
モノクロ
ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年
-没後40年メモリアル イタリア・ネオレアリズモの軌跡-

若者のすべて 《デジタル完全修復版》 字幕
 rocco ei suoi fratelli
●監督:ルキーノ・ヴィスコンティ(『地獄に堕ちた勇者ども』)●出演:アラン・ドロン(『山猫』)/アニー・ジラルド(『悪徳の栄え』)/レナート・サルヴァトーリ(『戒厳令』)●1960年/イタリア・フランス

■父親を亡くし、母親に連れられて貧しい南部の農村ルカーニアから北部の大都市ミラノに移住した大家族。その五人兄弟が辿る運命を通して、イタリアの南北問題と人間の弱さが残酷なまでに浮き彫りになる。

ヴィスコンティの重要なモチーフである家族崩壊を、重要な特徴であるスター主義でドラマティックに描いたこの一大叙事詩は、ネオレアリズモの最後の作品となった。前期の集大成であるこの作品に、本人は後年深い愛着を示している。



ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年 没後40年メモリアル
-イタリア・ネオレアリズモの軌跡-

【解説】

映画史に残るイタリアの巨匠ルキーノ・ヴィスコンティ(1906年~1976年。日本では長らく不遇の存在で全19作品の約半分しか生前に公開されなかった。没後2年に初公開された『家族の肖像』の大ヒットで80年代にブームとなり、未公開作が世に出された。その時、観客を魅了したのは中・後期の作品、名門貴族の末裔だからこそ創り得た絢爛豪華な映像と美しき頽廃の物語である。だが、前期のヴィスコンティは自らの階級と相対する民衆の側に立ち、社会問題や働く者の力強さ、生きることの意味を描くネオレアリズモの監督だった。

今回上映される3作品はその時期の代表作だ。前期と中・後期の作品世界は全く違う。だが、人間の本質を容赦のないリアリズムで描くという姿勢は一貫していた。だからこそ普遍性を持ち、世紀を越えた今でも古くなることはない。厳しいまなざしの先に人間の希望と未来を見ようとしたヴィスコンティ。その深さには感銘を覚えずにはいられない。生誕110年、没後40年を迎え、80年代以来の規模で上映が続くヴィスコンティ作品。その中でもこの3作品は、普通に生きることが困難になってしまったこの時代にこそ観てほしい傑作である。













































本編 2時間06分
デジタル
スタンダード
モノクロ
ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年
-没後40年メモリアル イタリア・ネオレアリズモの軌跡-

郵便配達は二度ベルを鳴らす 《デジタル修復版》 字幕 
 ossessione
●監督:ルキーノ・ヴィスコンティ(『ベニスに死す』)●出演:クララ・カラマイ(『白夜』)/マッシモ・ジロッティ(『テオレマ』)/フアン・デ・ランタ●1942年/イタリア

■イタリア北部の田舎町、軽食堂兼ガソリンスタンドを営む初老の夫と女ざかりの妻。その気だるい日常は、若く逞しい流れ者が立ち寄ったことで破られた。オールロケで切り取られた風景の中、不倫関係に堕ちた男女のむせかえるような愛欲の行方が描かれる。

上映禁止処分を受ける程に社会の現実を生々しくスクリーンに焼きつけ、ネオレアリズモの出発点と位置付けられたこの作品から、ヴィスコンティの監督としてのキャリアは始まった。



ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年 没後40年メモリアル
-イタリア・ネオレアリズモの軌跡-

【解説】

映画史に残るイタリアの巨匠ルキーノ・ヴィスコンティ(1906年~1976年。日本では長らく不遇の存在で全19作品の約半分しか生前に公開されなかった。没後2年に初公開された『家族の肖像』の大ヒットで80年代にブームとなり、未公開作が世に出された。その時、観客を魅了したのは中・後期の作品、名門貴族の末裔だからこそ創り得た絢爛豪華な映像と美しき頽廃の物語である。だが、前期のヴィスコンティは自らの階級と相対する民衆の側に立ち、社会問題や働く者の力強さ、生きることの意味を描くネオレアリズモの監督だった。

今回上映される3作品はその時期の代表作だ。前期と中・後期の作品世界は全く違う。だが、人間の本質を容赦のないリアリズムで描くという姿勢は一貫していた。だからこそ普遍性を持ち、世紀を越えた今でも古くなることはない。厳しいまなざしの先に人間の希望と未来を見ようとしたヴィスコンティ。その深さには感銘を覚えずにはいられない。生誕110年、没後40年を迎え、80年代以来の規模で上映が続くヴィスコンティ作品。その中でもこの3作品は、普通に生きることが困難になってしまったこの時代にこそ観てほしい傑作である。













































本編 2時間41分
デジタル
スタンダード
モノクロ
ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年
-没後40年メモリアル イタリア・ネオレアリズモの軌跡-

揺れる大地 《デジタル修復版》 字幕
 la terra trema (episodio del mare)
●監督:ルキーノ・ヴィスコンティ(『家族の肖像』)●出演:アントニオ・アルチディアコノ/ジョゼッペ・アルチディアコノ/アントニオ・ミカーレ●1948年/イタリア

■イタリア、アーチ・トレッツァの漁村。ヴィスコンティは2作目で、仲買人たちに不当に搾取される漁師たちと、それに刃向ったがために崩壊するある家族の運命を描いた。

撮影はオールロケ、全出演者を住民からキャスティング、台詞のシチリア方言には標準語字幕をつけるという徹底したリアリズムで、ネオレアリズモの頂点を極めた。だがそれは神話的風格、荘厳さすら漂う叙事詩となり、他のネオリアリズモ作品とは一線を画している。



ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年 没後40年メモリアル
-イタリア・ネオレアリズモの軌跡-

【解説】

映画史に残るイタリアの巨匠ルキーノ・ヴィスコンティ(1906年~1976年。日本では長らく不遇の存在で全19作品の約半分しか生前に公開されなかった。没後2年に初公開された『家族の肖像』の大ヒットで80年代にブームとなり、未公開作が世に出された。その時、観客を魅了したのは中・後期の作品、名門貴族の末裔だからこそ創り得た絢爛豪華な映像と美しき頽廃の物語である。だが、前期のヴィスコンティは自らの階級と相対する民衆の側に立ち、社会問題や働く者の力強さ、生きることの意味を描くネオレアリズモの監督だった。

今回上映される3作品はその時期の代表作だ。前期と中・後期の作品世界は全く違う。だが、人間の本質を容赦のないリアリズムで描くという姿勢は一貫していた。だからこそ普遍性を持ち、世紀を越えた今でも古くなることはない。厳しいまなざしの先に人間の希望と未来を見ようとしたヴィスコンティ。その深さには感銘を覚えずにはいられない。生誕110年、没後40年を迎え、80年代以来の規模で上映が続くヴィスコンティ作品。その中でもこの3作品は、普通に生きることが困難になってしまったこの時代にこそ観てほしい傑作である。













































本編 1時間31分
デジタル
カラー
笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ
 warau 101sai ×2
●監督:河邑厚徳(『天のしずく』)●出演:笹本恒子/むのたけじ●第29回 東京国際映画祭 特別上映作品●2016年/日本

人生最大の野心とは、不老不死になって死ぬこと。

日本初の女性報道写真家・笹本恒子、伝説となった孤高の新聞記者・むのたけじ。一世紀を越えた時代の目撃者。その存在が奇跡である二人のたぐいまれなる二重奏――ジャーナリスト。女と男。カメラとペン。存在そのものが奇跡のような二人の101歳。その生き方を見つめた希望のドキュメンタリー。

■笹本恒子:1914年東京生まれ。日本初の女性報道写真家。日独伊三国同盟から60年安保闘争など、戦中・戦後の歴史の節目に立ち会い、徳富蘇峰、加藤シヅエ、三笠宮ご一家、浅沼稲次郎、力道山ら昭和史を彩る人々にもカメラを向けた。一時期、写真の世界から遠ざかるも71歳にして活動を再開。日本女性史を息吹あふれる写真として表現。宇野千代、壺井栄、杉村春子、沢村貞子ら「明治生まれの女性たち」シリーズは笹本の代表作となった。102歳の今も現役フォトジャーナリストとして活躍中。

むのたけじ:1915年秋田生まれ。新聞記者として戦前・戦後を生き抜き、足早に通り過ぎる時代を記事にし、幅広い発言を残した伝説のジャーナリスト。中国・東南アジア特派員として戦地を取材するも、1945年8月15日、戦争協力の記事を書いた責任を感じて新聞社を辞め、その後ふるさとの秋田に戻り、週刊新聞「たいまつ」を発行。戦後の激動の中でも自由を旗印にジャーナリストとしての矜持を貫き、若い世代に向け平和を訴えた。2016年、101歳で死去。マスコミだけでなく、若者から老人までの多くの市民が哀悼の意を表した。












































本編 1時間53分
デジタル
ビスタ
カラー
ローマ法王になる日まで 字幕
 chiamatemi francesco-il papa della gente
●監督:ダニエーレ・ルケッティ(『我らの生活』)●出演:ロドリゴ・デ・ラ・セルナ(『モーターサイクル・ダイアリーズ』)/セルヒオ・エルナンデス(『グロリアの青春』)/ムリエル・サンタ・アナ/ホアセ・アンヘル・エヒド(『ペーパーバード 幸せは翼にのって』)/アレックス・ブレンデミュール(『ペインレス』)●2015年/イタリア

振り返れば、いつも彼らと共にいた。

常に弱者の側に立ち、ある時は選挙中のトランプ候補にも苦言を呈し、“ロックスター”法王と呼ばれ、人々を熱狂させる現ローマ法王フランシスコ。その知られざる激動の半生とは――ひとりの心優しきアルゼンチンの青年が、史上初のアメリカ大陸出身のカトリック教会長となるまでを描いた感動の実話ヒューマンドラマ。

■コンクラーベ(法王選挙)のためにバチカンを訪れたベルゴリオ枢機卿は、運命の日を前に自身の半生を振り返る――。1960年、ブエノスアイレス。大学で化学を学んでいたベルゴリオは、神に仕えることが自分の道と確信し、イエズス会に入会し35歳の若さでアルゼンチン管区長に任命される。

だがこの時期は、ビデラ軍事政権による独裁政治の時代。多くの市民が反勢力の嫌疑で捕らえられ、ベルゴリオの仲間や友人も、次々と命を奪われていく。この苦難の時代こそが、後にローマ法王に選出されるベルゴリオの信仰の強さや勇気を、より強固なものにしていった――。












































本編 2時間09分
デジタル
シネスコ
カラー
ハートストーン 字幕
 hjartasteinn
●監督:グズムンドゥル・アルナル・グズムンドソン●出演:バルドル・エイナルソン/ブラーイル・ヒンリクソン/ニーナ・ドッグ・フィリップスドッティル●第73回 ベネチア国際映画祭 クィア獅子賞(最優秀LGBT映画)受賞●第52回 シカゴ国際映画祭 ゴールドQヒュー賞(最優秀LGBT映画)受賞●2016年/アイスランド・デンマーク

そして僕らは秘密を持った――

アイスランドの小さな漁村。家族との諍い、かけがえのない友情、淡い恋の芽生え――北欧から届いた、切なくも美しい感動の物語。近年『ひつじ村の兄弟』『好きにならずにいられない』など国際映画祭で高い評価を得ているアイスランド映画。本作も40以上の賞を獲得。若き俊英監督による自伝的“ラブストーリー”。

■東アイスランドの小さな漁村。ソールとクリスティアンは幼なじみでいつも一緒の大親友。ソールは美しい母、そして自由奔放なラケルと芸術家肌のハフディス、対照的な二人の姉妹に囲まれて暮らしている。

思春期にさしかかり、ソールは大人びた美少女ベータのことが気になりはじめる。クリスティアンはそんなソールの気持ちを知り二人が上手くいくよう後押しする。そしてクリスティアン自身もベータの女友達ハンスからの好意を受けとめ、4人は行動を共にするようになる。自然とソールとベータの距離は縮まり二人は心を通わせ合う。ただそこには二人を見守りつつ複雑な表情を浮かべるクリスティアンがいた…。












































本編 0時間30分
デジタル
シネスコ
カラー
ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話
 highheels
●監督・脚本:イ・インチョル●出演:菊地凛子(『パシフィック・リム』)/小島藤子(『劇場版 零~ゼロ~』)/玄理(『ホテルコパン』)/谷口蘭(『息を殺して』)●2017年/日本

私のハイヒールは完璧でなければ…

「こだわり」のために生きる、美しきアンドロイドの靴職人。こだわりという人間らしい感情によってアンドロイドが引き起こした行動とは――美の追求と詩的な映像表現で世界を魅了。大型新人監督イ・インチョルが満を持して世に送り出す意欲作は、遠いとおい未来に漂うおとぎ話風ファンタジー。

■真剣に靴を作り続けるアンドロイドの靴職人Kai。ある日、自分にぴったりの靴を作りたいという客がKaiにハイヒールをオーダーする。何度も何度も作りなおしてやっと完成した完璧なハイヒール。ところが客が履いてみると、片方のサイズがほんのすこし合わない。Kaiは必ず解決すると客を説得し、再びハイヒールと向き合うが…。












































本編 1時間30分
デジタル
カラー
君はひとりじゃない 字幕
 cialo
●監督:マウゴジャタ・シュモフスカ●出演:ヤヌシュ・ガヨス(『トリコロール/白の愛』)/マヤ・オスタシェフスカ(『カティンの森』)/ユシテイナ・スヴァワ●第65回ベルリン映画祭 銀熊賞受賞●2015年/ポーランド

大切な人と向き合えていますか?

母を亡くし、心を閉ざした娘。妻を亡くし、心を失った父。娘と父をつなぐ天才セラピスト。孤独の中で傷ついた3人を待ち受けるものとは――父と娘の止まった時間が動きだす〈愛と再生〉の物語は、優しさ溢れるラストが胸を打つ感動のヒューマンドラマ。

■突然、母親を亡くしたオルガとその父ヤヌシュ。オルガは心身を病んでしまい、父親に対して心を閉ざす。ヤヌシュは喪失感を拭えず、検察官として事件現場に立つも人の死に対して何も感じなくなっていった。

オルガは父を、そして自らの体を嫌悪し、日々、やせ細っていく。父と娘の間には埋められない溝ができていた。そんな娘を見かねたヤヌシュは、オルガをセラピストのアナの元に通わせる。オルガはそこでリハビリを行っていくが、アナのセラピーは普通では考えられない方法だった――。












































本編 1時間45分
デジタル
カラー
海辺のリア
 umibe no lear
●監督・脚本:小林政広(『春との旅』)●出演:仲代達矢(『春との旅』)/黒木華(『リップヴァンウィンクルの花嫁』)/原田美枝子(『ぼくたちの家族』)/小林薫(『深夜』)/阿部寛(『海よりもまだ深く』)●2017年/日本

あんた、どちらさん?

私に、思い出などいらないのです…。みなさんの中に、私の思い出さえあれば――認知症の疑いもあり今や見る影もないかつてのスターと、そこに深く関わる者たちの感情が強くぶつかり、揺れ動く。人間の純粋さと邪悪さが絡まり合う人間ドラマ。

■桑畑兆吉は、舞台、映画にと、役者として半世紀以上のキャリアを積み、さらに俳優養成所を主宰する大スターだった。しかし、芝居を愛し続けた、かつてのスターも今や認知症の疑いがあり、長女・由紀子とその夫であり、兆吉の弟子だった行男、そして、由紀子と愛人関係にある謎の運転手に裏切られ、遺書を書かされた挙句、高級老人ホームへと送り込まれる。

ある日、兆吉はその施設を脱走する。シルクのパジャマにコートを羽織り、スーツケースをひきずって、何かに導かれるように、あてなく海辺を歩き続ける。そして、妻とは別の女に産ませた娘、伸子と突然の再会を果たす。兆吉には、私生児を産んだ伸子を許せず、家から追い出した過去があった。伸子に「リア王」の最愛の娘・コーディーリアの幻影を見た兆吉の身にも「リア王」の狂気が乗り移る。かつての記憶が溢れ出したとき、兆吉の心に人生最後の輝きが宿るのだった――。












































本編 時間分
ブルーレイ
カラー
奇跡の子どもたち
 kiseki no kodomotachi
●監督・プロデュース:稲塚秀孝●出演:松林佳汰/松林亜美/松林勝之/松林瑠美/松林紗希●語り・歌:加藤登紀子●2017年/日本

■日本でたった3人しかいない寝たきりの希少難病の患者と家族を10年間追った感動のドキュメンタリー。

■2004年、日本で初めて「AADC欠損症」患者が見つかり、3人だけだったため“希少難病”と呼ばれた。生まれつき運動機能を司る「AADC酵素」がないため、寝たきりになり、自分の意思で体を動かせず、言葉を発することもできない。眼球が上転する発作、全身が硬直する発作(ジストニア)が日に何度も起きる。痰を吐きだすことができにくくなり、頻繁に吸引し、液体状の栄養や薬をチューブで鼻から補給していたが、さらに“胃瘻”や“気管切開”に至ってしまう。

治療法が見つからず希望を失いかけていた2015年春、新たな治療法、遺伝子治療が行われる。生まれつきなかったAADC酵素を脳内に注入するという小児神経では国内初の手術だった。そして術後一年半が経ち、首が座り、自分の意思でものを掴み、歩行器を使って歩き始めるようになったのである――。












































本編 1時間34分
デジタル
ビスタ
カラー
ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー 字幕
 harold and lilliana
●監督・脚本:ダニエル・レイム●出演:ハロルド・マイケルソン(『わかれ路』美術)/リリアン・マイケルソン/フランシス・フォード・コッポラ(『地獄の黙示録』監督)/メル・ブルックス(『ヤング・フランケンシュタイン』監督)/ダニー・デヴィート(『トッド・ソロンズの子犬物語』)●第68回カンヌ国際映画祭/クラシック部門 正式出品/ゴールデン・アイ賞ノミネート●2015年/アメリカ

映画と歩んだ、ふたりの人生劇場

ヒッチコック、ワイズ、ニコルズ、キューブリック、ポランスキー、コッポラ、そしてスピルバーグ。巨匠に愛された絵コンテ作家・ハロルドと映画リサーチャー・リリアンがふたりで創った名シーンの数々――ハリウッド黄金期をともに歩んだ知られざる夫婦の心温まる60年間のシネマ・ラブ・ライフを追ったドキュメンタリー。

■第2次世界大戦の兵役から帰還したハロルドはリリアンと出会いほどなくして恋に落ちる。家族の反対を押し切り、ふたりは移住の地ハリウッドで結ばれた。仲むつましく暮らす夫婦に待望の第一子が誕生するも、当時まだ一般的ではなかった自閉症と診断される。

激動のハリウッドで失業と移籍を繰り返しながら家族のためにハロルドは映画スタジオで絵コンテを描き続ける。そして、初めて担当した『十戒』の絵コンテでその名を轟かせ、ハロルドは名匠たちから作品を共に創るよう直接依頼されはじめる。

リリアンは、ハロルドが『ウエスト・サイド物語』(61)を担当していたスタジオのリサーチ図書館のアシスタントとして働きはじめ、名匠ヒッチコックの『鳥』(63)で初めての夫婦共演を果たす。その後も、夫婦二人三脚で1960年代~2000年代まで100本以上の作品に携わった。リリアンはハロルドとの最期の日々を振り返り回想する。ふたりの人生は映画と共にあり、ふたりはずっと“ひとつ”だった。












































本編 1時間58分
デジタル
ビスタ
カラー
20センチュリー・ウーマン 字幕 
 20th century women
●監督・脚本:マイク・ミルズ(『人生はビギナーズ』)●出演:アネット・ベニング(『キッズ・オールライト』)/エル・ファニング(『ネオン・デーモン』)/グレタ・ガーウィグ(『フランシス・ハ』)/ルーカス・ジェイド・ズマン/ビリー・クラダップ(『君が生きた証』)●第89回アカデミー賞 脚本賞 ノミネート●第74回ゴールデン・グローブ賞 作品賞/主演女優賞 ノミネート●2016年/アメリカ

母さんは、15歳のボクのことを“彼女たち”に相談した。1979年、ボクたちの特別な夏がはじまる。

1979年、二度と忘れることのない特別なあの夏。今のボクがいるのは普通じゃない彼女たちと、ちょっと不器用なあなたのおかげです――監督自身の母親をテーマに、ユーモアを交えて描いた母と息子のラブストーリー。

■1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシアは、思春期を迎える息子ジェイミーの教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビーと、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人未満の関係、ジュリーに「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった――。












































本編 1時間39分
デジタル
カラー
オリーブの樹は呼んでいる 字幕
 el olivo
●監督:イシアル・ボジャイン(『ザ・ウォーター・ウォー』)●出演:アンナ・カスティーリョ/ハビエル・グティエレス(『マーシュランド』)/ペップ・アンブロス/マヌエル・クカラ/ミゲル・アンヘル・アラソレン●2017年ゴヤ賞(※スペインのアカデミー賞)新人女優賞 受賞/他 主要3部門ノミネート●2016年 ブリュッセル映画祭 観客賞 受賞●2016年/スペイン

耳をすまして、声を聴いて

祖父が大切にしていた樹齢2000年の樹を父が売ってしまった。スペイン、バレンシアからドイツへ。オリーブの樹を取り戻すため、孫娘と仲間たちの旅が始まる――『天使の分け前』の名脚本家×スペイン期待の女性監督が贈るヒューマンな感動作。

■20歳のアルマは、気が強くて扱いにくい女の子。オリーブ農園をやっている祖父とだけは幼い頃から深い絆で結ばれていたが、その祖父は何年も前に喋ることをやめた。それは、祖父が大切にしていた樹齢2000年のオリーブを父が売ってしまったから。

ついに食事もしなくなった祖父を見て、アルマは決意する。祖父を救う唯一の方法はオリーブの樹を取り返すこと。ドイツに売られていた樹を取り戻すため、変わり者の叔父と同僚のラファを嘘で丸め込み、アルマは何の計画もないままドン・キホーテのように無謀な旅へ…。












































本編 1時間57分
デジタル
シネスコ
カラー
ビニー/信じる男 字幕
 bleed for this
●監督:ベン・ヤンガー(『マネー・ゲーム』)●出演:マイルズ・テラー(『セッション』)/アーロン・エッカート(『ハドソン川の奇跡』)/ケイティ・セイガル/キーラン・ハインズ(『沈黙 サイレンス』)/テッド・レヴィン(『羊たちの沈黙』)●2016年/アメリカ

どう生きるか――。交通事故で選手生命を絶たれた男の、未踏の決断。

世界のスポーツ史上類をみない超人的なカムバックを目指したボクシングの元世界チャンピオン、ビニー・パジェンサ。生きることを選び、再起不能から王座奪還に挑む――アカデミー賞監督マーティン・スコセッシ製作総指揮、『アメリカン・ビューティー』『世界にひとつのプレイブック』のスタッフが贈る、衝撃の実話。

■アメリカ、ロードアイランド州プロビデンス。スター選手を金づるに嘘と欲望が渦巻くボクシングの世界。自惚れ屋のビニー・パジェンサは、世界ジュニアミドル級のチャンピオンだ。ある日、交通事故で首を骨折し瀕死の重傷を負う。その痛々しい姿に、誰もがビニーの選手生命は絶たれたと思い、金目当てで近づいてきていた人間たちは離れていく。だがビニーは諦めていなかった。彼は命を懸けトレーナーのケビンと共に、どん底から王座奪還をめざす。












































本編 1時間38分
デジタル
ビスタ
カラー
草原の河 字幕
 river
●監督:ソンタルジャ(『陽に灼けた道』)●出演:ヤンチェン・ラモ(『ハーフェズ ペルシャの詩(うた)』音楽)/ルンゼン・ドルマ/グル・ツェテン●上海国際映画祭 アジア新人賞 最優秀女優賞(史上最年少)●2015年ベルリン国際映画祭 ジェネレーション部門 ワールドプレミア上映●2015年/中国

お父さんはお祖父ちゃんが嫌いなの?

刻々と動く雲の隙間から降りそそぐ光、急に降りだす雨、凍った河を走るバイク、子羊の鳴き声、生と死の無垢と残酷――日本で初めてのチベット人監督劇場公開作は、大自然の下に暮らす遊牧民一家を幼い少女の視点から描いた感動作。

■チベット。空と大地が広がる。厳しい自然の中で牧畜を営む家族。幼い娘は、母が新しい命を授かったと知り、やがて生まれてくる赤ん坊に母を取られてしまうと心を痛める。父は、4年前の出来事をきっかけに自分の父親を許せないでいる。娘、その父、そして祖父。家族三代それぞれの心情を、河が見つめている――。












































本編 1時間55分
デジタル
カラー
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ 字幕
 the founder
●監督:ジョン・リー・ハンコック(『しあわせの隠れ場所』)●出演:マイケル・キートン(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)/ニック・オファーマン(『Dearダニー』)/ジョン・キャロル・リンチ(『テッド2』)/ローラ・ダーン(『わたしに会うまでの1600キロ』)/パトリック・ウィルソン(『パッセンジャーズ』)●2016年/アメリカ

怪物か。英雄か。

誰もが知っている“マクドナルド”の誰も知らない誕生のウラが暴かれる――世界最強のハンバーガー帝国の創業者(ファウンダー)。彼はどのようにして巨大企業を築き上げていったのか?成功のためなら手段を選ばないひとりの男の飽くなき野望と挑戦を描いた人間ドラマ。

■1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店〈マクドナルド〉があった。

合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいく――。












































本編 1時間32分
デジタル
カラー
素敵な遺産相続 字幕
 wild oats
●監督:アンディ・テナント(『メラニーは行く!』)●出演:シャーリー・マクレーン(『愛と追憶の日々』)/ジェシカ・ラング(『ブルースカイ』)/デミ・ムーア(『ゴースト ニューヨークの幻』)/ビリー・コノリー(『カルテット!人生のオペラハウス』)/ハワード・ヘッセン●2016年/アメリカ

恋愛も、人生も、いつだって自分らしく。

夫を亡くした元女教師に振り込まれた生命保険金は、5万ドルのはずが誤って500万ドルになっていた――人生、恋愛もお洒落もまだまだこれから!“素敵な”遺産が、悲しみよりも笑顔をくれた。アカデミー賞2大女優競演で贈る人生リスタート・コメディ。

■夫に先立たれたエヴァを40年来の親友マディは明るく励ましていた。そんな中、亡き夫の生命保険が手違いで500万ドルも口座に振り込まれる。マディはそのお金で「バカンスを楽しもう」と提案。2人は早速カナリア諸島へ飛び立ち、オシャレな服を購入し豪華なホテルで豪遊三昧。

そこで2人は貿易商のチャンドラーと出会い、彼の優しさにエヴァは惹かれていく。その頃保険会社のヴェスプッチは間違えた保険金の回収の為に、エヴァの娘クリスタルを連れてカナリア諸島に向かうが――。












































本編 1時間59分
デジタル
カラー
彼女の人生は間違いじゃない 
 kanojo no jinsei wa machigai janai
●監督:廣木隆一(『さよなら歌舞伎町』)●出演:瀧内公美(『日本で一番悪い奴ら』)/光石研(『あぜ道のダンディ』)/高良健吾(『悼む人』)/柄本時生(『幕末高校生』)/戸田昌宏(『ヴァイブレータ』)●2017年/日本

光に手をのばす

週末、上京しデリヘルをするみゆきは、福島と東京を往復する日々に何を見たのか。帰る場所はなく未来も見えない者たちに、光は届くのか?――廣木監督が、震災から5年後の故郷・福島を舞台にして書いた小説を自ら映画化。自分の居場所を探し求めてもがく人々を描く人間ドラマ。

■ひとは人生から逃げ出したくなる。運命の変化に向き合えなくなることがある。そんな時、みゆきは、週末に高速バスに乗り、仮設住宅で父親と二人で暮らす福島を離れて東京へと向かう。渋谷でデリヘルのアルバイトをするために。福島と東京を行き来する日々に、みゆきが見たものとは――?












































本編 1時間32分
デジタル
カラー
ボンジュール、アン 字幕
 paris can wait
●監督・脚本:エレノア・コッポラ(『ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録』出演)●出演:ダイアン・レイン(『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』)/アルノー・ヴィアール(『メトロで恋して』監督)/アレック・ボールドウィン(『コンカッション』)/エリーズ・ティエルローイ(『シリアル・ラヴァー』)/エロディ・ナヴァール(『マルセイユ・ヴァイス』)●2016年/アメリカ

人生って、まだまだステキ。

車でカンヌからパリへ。思いがけないまわり道が、人生の楽しみを教えてくれた――フランス人男性と予期せぬ旅をすることになった監督自らの実体験を基にした、小粋でお洒落な大人のロードムービー。

■誰にでも、人生の分かれ道はやってくる。アンは気がつけばそこに立っていた。夫マイケルは有名な映画プロデューサーだが、仕事以外のことはすべて妻任せ。そんな夫を支え、仕事に子育てに邁進し、自分のことは後回しにそて生きてきた。そして夫が大きな成功を収め、娘も学校を卒業した今、これからの自分をどうするか決める時期だった。

そんな中、夫の仕事仲間のフランス人男性ジャックと、カンヌからパリへと車で向かうことになる。7時間で到着するはずが、ジャックに魅力的なレストラン、コート・ダジュール地方の名所や遺跡に案内されるうちに、単なる移動から小旅行に変わっていく。美味しい食事に美味しいワイン、美しい景色、そしてジャックとのユーモアと機知に富んだ会話を味わううちに、生きることの喜びを取り戻していくアン。本当は何が好きで、どんな才能を秘めていたか、“忘れていた自分”と出会ったアンが見つけた、この先の人生の扉を開く鍵とは――。












































本編 1時間20分
デジタル
カラー
ハローグッバイ
 hello,goodbye
●監督:菊地建雄(『ディアーディアー』)●出演:萩原みのり(『昼顔』)/久保田紗友(『僕は友達が少ない』)/渡辺シュンスケ/渡辺真起子(『チチを撮りに』)/もたいまさこ(『かもめ食道』)●2016年/日本

友達ってなんですか?

噂、SNS、壊れやすい心、日々を変える出会い。孤独と秘密を抱える正反対な少女たち。ふたりが見つけた本当の絆とは――心に残るメロディーが紡ぐ、淡く繊細な青春模様。

■高校二年生の夏。はづきと葵は、同じクラスにいながらも友達ではない正反対の二人。クラスでも目立つ存在のはづきと、それとは対照的にいつも一人ぼっちで、はづきたちに厄介事を頼まれては断れずにいる優等生の葵。そんな二人には、それぞれ誰にも言えない秘密がある。はづきは元カレとの子供ができてしまったかもしれないことを一人悩み、葵は忙しくて家庭を顧みない両親への寂しさを紛らわす為に万引きを繰り返していた。

ある日の学校帰り、葵は一人の認知症のおばあさんとぶつかってしまう。そこを偶然通りがかったはづき。二人は道に迷ったおばあさんを家に一緒に送り届けることに。やがて、世代を超えた不思議な「友達」関係が始まる。懐かしそうに、あるメロディーを口ずさむおばあさんが、想いを伝えられなかった初恋の人へしたためたラブレターを大切に持っていることをはづきと葵は知る。二人はそのラブレターを渡すため、おばあさんの初恋の人を一緒に探そうと決心する…。












































本編 2時間00分
デジタル
シネスコ
カラー
ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦 字幕 
 anthropoid
●監督・脚本:ショーン・エリス(『フローズン・タイム』)●出演:キリアン・マーフィ(『インセプション』)/ジェイミー・ドーナン(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)/トビー・ジョーンズ(『ミスト』)/ハリー・ロイド(『博士と彼女のセオリー』)/シャルロット・ルボン(『フレンチ・ラン』)●2017年チェコ・ライオン(チェコ・アカデミー賞) 作品賞 ほか14部門ノミネート●2016年/チェコ・イギリス・フランス

ナチス・ナンバー3と言われたSS大将ハイドリヒの暗殺作戦=エンスラポイドに命をかけた男たちの物語。

ヒトラー、ヒムラーに次ぐ、ナチス第三の男ラインハルト・ハイドリヒ。「ユダヤ人絶滅政策」を推進し、その残虐性から「金髪の野獣」と呼ばれた男を討つべく、憂国の志士たちが立ち上がった――第二次世界大戦中、最も凄惨な史実の一つと言われるハイドリヒ暗殺事件。自らの命を儀勢にして、ナチスに立ち向かった若き男たちの戦いを描く極上の戦争サスペンス。

■第二次大戦中期、ナチスがヨーロッパのほぼ全土を制圧していた頃。イギリス政府とチェコスロバキアの亡命政府とが協力して極秘計画を練る。パラシュートを使ってチェコ領内に送り込んだのは、二人の軍人ヨゼフ・ガブチークとヤン・クビシュ。

当時、チェコの統治者でホロコースト計画を推し進めていたのが、ヒトラー、ヒムラーに次ぐナチス№3と言われたラインハルト・ハイドリヒ。二人はナチスとハイドリヒの暴走を止めるために送り込まれたスパイだった。

ヨゼフとヤンはチェコ国内に潜伏するレジスタンスの協力を得てハイドリヒの行動を徹底的にマークして狙撃する機会をうかがう。任務の過程で芽生えた愛する女性との幸せな生活を夢に見ながらも、祖国チェコのために、そして平和な未来のために自らを犠牲にして巨大な敵と戦うことを誓うのだった。












































本編 1時間32分
デジタル
シネスコ
カラー
ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走 字幕
 a found
●監督:ニコラ・ブナム(『世界の果てまでヒャッハー!』共同監督)●出演:ジョセ・ガルシア(『ル・ブレ』)/アンドレ・デュソリエ(『パリよ、永遠に』)/カロリーヌ・ヴィニョ/ジョゼフィーヌ・キャリーズ/スティラノ・ルカイエ●2016年/フランス

家族は、ひとつ。でも、どこまでも、どこまでも、どこまでも、どこまでも……どこまでッ――!?

“自慢の新車”が制御不能、止まらない…(;Д;)極限状態の中、次々と明かされる秘密――家族の絆が試されるハートフル“走る密室”コメディ。

■待ちに待った夏休み!コックス一家は“未来のシステム”搭載の新車で、バカンスへと旅立った。ところが、出発してまもなく自慢のシステムがあっさり故障、車は時速160キロでハイウェイを大暴走!極限状態の中で、次々と明かされていく〈驚愕の秘密〉に家族は崩壊ブレイク寸前!向かう先には人類史上最大の渋滞が!はたして、罪なき(少しある)コックス一家の運命は?車も悪あがきも止まらない――。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
スプリング、ハズ、カム
 spring has come
●監督・脚本:吉野竜平(『あかぼし』)●出演:柳家喬太郎(『落語物語』)/石井杏奈(『ソロモンの偽証』)/朴璐美(『あかぼし』)/角田晃弘(『オー・マイ・ゼット!』)/柳川慶子(『サラリーマン十戒』)●2017年/日本

春なんて来なけりゃいいのに

「こたつで寝ちゃだめよ。うち、おらんくなるけん」、「璃子が優しいんは、母さんに似たんじゃねえ」。
別れの予行演習のような、東京小旅行。ひとり娘にとって、亡き母が愛したひとりの男性として父を見直す旅であり、父にとっては、少女から大人の女性へと成長する娘へ「さようなら」を覚悟する旅でもあった――娘のための部屋探しが、父娘のかけがえのない旅となる。小津映画を彷彿とさせる父と娘の思いやりの物語。

■二月のある日、シングルファーザーの時田肇は広島から上京して、この春から東京の大学に通う娘の璃子のため、二人で部屋探しに歩く。そこで出会う人々とのふれあいが、二人の心にかけがえのない思い出を刻み付けていく。たった一日の小さな旅路が終わりに近づくころ、初めは璃子が幼いころに死別した妻との思い出を語りはじめる。璃子にとってそれは、今まで知ることのなかった父と母の秘められた物語であった…。












































本編 1時間37分
デジタル
シネスコ
カラー
真白の恋
 mashiro no koi
●監督:坂本欣弘●出演:佐藤みゆき(『超能力研究部の3人』)/岩井堂聖子(『サムライフ』)/福地祐介(『アルビノの木』)/山口詩史(『SPINNING KITE』)/杉浦文紀(『元気屋の戯言』)●なら国際映画祭2016 インターナショナルコンペティション部門 観客賞受賞●2017年/日本

恋をした真白は、“普通”の女の子でした。

“日本のベニス”とも称される富山県射水市。この港町を舞台に、軽度知的障がい者である主人公・真白の初恋を描いた本作は、様々な問題に直面しながらも、前向きに人生を歩んでいく人々の姿を描いた感動作。

■渋谷真白は、生まれてからこれまで、家族と共に富山で暮らしている。見た目にはそれとわからないが、真白には、ごく軽度の知的障がいがある。日常生活に支障はなく、現在は父の営む自転車店の店番をしたり、飼い犬の世話をしたりと、元気に暮らしている。

ある日、兄の結婚式で神社を訪れた真白は、東京からやって来たフリーカメラマン、油井景一に出会う。真白の、生まれて初めての恋。応援する人、心配する家族。その中で真白は何を感じ、どう成長していくのか…。












































本編 1時間35分
デジタル
ビスタ
カラー
ふたりの旅路 字幕
 magic kimono

●監督:マリス・マーティンソンス●出演:桃井かおり(『太陽』)/イッセー尾形(『太陽』)/アルトゥールス・スクラスティンス/マールティンシュ・シルマイス/アリセ・ポラチェンコ●2017年/ラトビア・日本

KIMONOが、あの人を連れてきてくれた。

あの日食べたおにぎり。導かれるようにあの人と、神戸からの美食の国・北欧のラトビアへ――ケイコは着物ショーで訪れた北欧の地で、過去の震災で行方不明になっていた夫と不思議な再会をする。愛する人を失くした男女が、すれちがいながらもめぐりあう、おとぎ話は、日本とラトビア初の合作映画。

■不慮の事故により娘を亡くし、阪神・淡路大震災ですべてを失くしたケイコは、自分の殻に閉じこもったまま1人淋しく神戸で暮らしていた。夫とともにレストランを開く夢も、完成間近のレストランも、夫さえも失った彼女は、誰も守れなかったという罪悪感に苦しんでいるのだ。

震災から20年の月日が流れ、ラトビアの首都リガで開催される着物ショーに参加することになったケイコは、本番中の舞台裏で不思議な体験をする。震災で行方不明になっていた夫が、彼女の前に突然現れたのだ。現実とは思えない出来事に戸惑うケイコは、ホテルやレストランにも出没する“夫”に邪険な態度をとり続けるが…。












































本編 1時間33分
デジタル
カラー
娘よ 字幕
 dukhtar
●監督:アフィア・ナサニエル●出演:サミア・ムムターズ/サレア・アーレフ/モヒブ・ミルザ●第87回アカデミー賞外国語映画賞 パキスタン代表作品●2014年/パキスタン・アメリカ・ノルウェー

遥かなるカラコルム山脈を縫って、母と幼い娘は走り出した――

婚礼の当日、花嫁となる10歳の娘を守るために、命を賭けた脱出は始まった。母と幼い娘の命がけの逃避行が始まる――実話を元に製作された日本初公開のパキスタン映画は、雄大なスケールで描く心を揺さぶる緊迫の人間ドラマ。

■パキスタンとインド、中国の国境にそびえ立つカラコルム山脈。その麓には多くの部落がひしめき合っていた。そのうちの一つの部族に属する若く美しい母アッララキの生き甲斐は、10歳の娘ザイナブと過ごす時間だった。だが部族間でのトラブル解決のために、ザイナブと相手部族の老長老との結婚が決められてしまう。アッララキの一番恐れていたことが現実となった。これで娘の人生は終わってしまう。自分が15歳の時に経験したのと同じように…。

決して抗うことのできない鉄の掟。掟に背く者には死が待つのみ。だが、意を決したアッララキは結婚式当日、娘を連れて部族を離脱。一方、体面と誇りを傷つけられた両部族は共同で二人の追跡を開始する。果たして二人の行方に待つものとは…。












































本編 1時間40分
デジタル
シネスコ
カラー
旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス
 journal de france
●監督・脚本:レイモン・ドゥパルドン(『モダン・ライフ』)/クローディーヌ・ヌーガレ(『モダン・ライフ』)●出演:レイモン・ドゥパルドン/クローディーヌ・ヌーガレ●2012年/フランス

彼の夢は、世界中を旅したフィルムのかけらで、一本の映画を作ること

フランスを代表する写真家による“ガイドブックには決して載らない”人生の旅行記――20世紀の変革が起きた現場には常に彼がいたと言われるほど世界中を取材してきたドゥパルドンの、未発表映像をふくむ過去と現在を追ったドキュメンタリー。












































本編 2時間07分
デジタル
シネスコ
カラー
トンネル 闇に鎖(とざ)された男 字幕
 tunnel
●監督・脚本:キム・ソンフン(『マイ・リトル・ヒーロー』)●出演:ハ・ジョンウ(『チェイサー』)/ペ・ドゥナ(『空気人形』)/オ・ダルス(『ベテラン』)/チョン・ソギョン(『最高のパートナー』)/パク・ヒョックォン(『サイコメトリー』)●第37回 青龍映画賞 6部門(主演男優賞・助演男優賞・助演女優賞・脚本賞・編集賞・技術賞)ノミネート●2016年/韓国

全長1.9kmの暗窟。手元にあるのは残量78%の携帯電話、水のペットボトル2本。そして、娘への誕生ケーキ。

全長1.9kmのハド・トンネル、崩落。巨大なコンクリートの残骸に閉じ込められた男。かつてない孤独と渇きが、その身を蝕んでいく。微かに灯された命は、儚くも消え去るのか。それとも、この果てしなき絶望に光は射すのか――韓国を代表するキャストと気鋭の監督が集結し、大ヒットを記録したサバイバル・ドラマ。

■自動車のディーラーとして働くジョンスは、大きな契約を成功させ、意気揚々と妻のセヒョンと娘が待つ家へ車を走らせていた。しかし、ジョンスが山中のトンネルに差し掛かった時、突如頭上から轟音が鳴り響く。尋常ではない音と揺れに不安がよぎったのも束の間、トンネルは崩落しジョンスは車ごと生き埋めになってしまう。

ジョンスが目を覚ますと、周囲は巨大なコンクリートの残骸に囲まれ、手元にあるものはバッテリー残量78%の携帯電話、水のペットボトル2本、そして娘への誕生ケーキだけだった。一方、トンネル崩落のニュースは瞬く間に国内を駆け巡り、救助隊長のキムらが現場に駆け付けるが、その惨状は想像を遥かに超えるものだった――。












































本編 2時間11分
デジタル
カラー
エル ELLE 字幕 
 elle
●監督:ポール・ヴァーホーベン(『氷の微笑』)●出演:イザベル・ユベール(『ピアニスト』)/ローラン・ラフィット(『ミモザの島に消えた母』)/アンヌ・コンシニ(『風にそよぐ草』)/シャルル・ベルリング(『夏時間の庭』)/ヴァージニー・エフィラ(『ターニング・タイド』)●第89回 アカデミー賞 主演女優賞ノミネート●第74回 ゴールデン・グローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)・外国語映画賞 W受賞●2016年/フランス

犯人よりも危険なのは“彼女”だった――。

自宅で覆面の男に襲われたミシェル。元夫、恋人、部下、隣人、全てが疑わしい。犯人探しは、ところが、彼女の恐るべき本性をあぶり出していくことに――強靭な精神力と、妖艶な魅力を持ち、犯人探しの為に恐るべき罠をしかけていくこの女、いったい何者!?――世界初の気品あふれる変態ムービーにして超異色サスペンス。

■新鋭ゲーム会社の社長を務めるミシェルは、一人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われる。その後も、送り主不明の嫌がらせメールが届き、誰かが留守中に侵入した形跡が残される。自分の生活リズムを把握しているかのような犯行に、周囲を怪しむミシェル。父親にまつわる過去の衝撃的な事件から、警察に関わりたくない彼女は、自ら犯人を探し始める。だが、次第に明かされていくのは、事件の真相よりも恐ろしいミシェルの本性だった――。

























































本編 時間分
デジタル
シネスコビスタ
カラー

 t