本編 2時間05分
デジタル
ビスタ
カラー
オン・ザ・ミルキー・ロード 字幕 
 on the milky road
●監督・脚本:エミール・クストリッツァ(『アンダーグラウンド』)●出演:モニカ・ベルッチ(『007 スペクター』)/エミール・クストリッツァ(『フェアウェル さらば,哀しみのスパイ』)/プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ(『黒猫・白猫』)/スロボダ・ミチャロヴィッチ●2016年/セルビア・イギリス・アメリカ

愛へ続く道を進め

戦火の中、ミルク運びの男と美しい花嫁の、壮大な逃避行がはじまる――世界三大映画祭を制覇したエミール・クストリッツァ監督9年ぶりの新作は、戦争が終わらない国で、命がけで愛を守り抜こうとする男女の究極のラブロマンスにして、奇想天外な冒険ストーリー。

■隣国と戦争中のとある国。右肩にハヤブサを乗せたコスタは、村からの戦線の兵士たちにミルクを届けるため、毎日銃弾をかわしながらロバに乗って前線を渡っている。国境を隔てただけの、すぐ近場同士で果てしなく続く殺し合い。いったい戦争はいつ終わるのか、誰にも見当がつかない。

そんな死と隣り合わせの状況下でも、村には呑気な暮らしがあった。おんぼろの大時計に手を焼いている母親と一緒に住んでいるミルク売りの娘ミレナ。美しく活発な彼女の魅力に村の男たちはメロメロで、皆がミレナ目当てもあってこの家のミルクを注文する。

そのミルクの配達係に雇われているのがコスタだ。コスタに想いを寄せているミレナは、ひとつの計画を思い描いていた。戦争が終わったら、兵士である兄のジャガが戦場から帰ってくる。兄は、この家に花嫁として迎える女性と結婚する予定だ。その時と同じ日に、自分はコスタと結婚するのだと――。












































本編 1時間17分
デジタル
カラー
ブランカとギター弾き 字幕 
 blanka

●監督・脚本:長谷井宏紀●出演:サウデル・ガブテロ/ピーター・ミラリ/ジョマル・ビスヨ/レイモンド・カマチョ/(『』)●ヴェネツィア国際映画祭2015 マジックランタン賞/ソッリーゾ・ディベルソ賞 受賞●2015年/イタリア

「お母さんはいくらで買えるの?」

歌ってごらん、ブランカ。生きるために、自分の居場所を見つけるために――母親を買うことを思いついた孤児の少女と、盲目のギター弾きの“幸せを探す旅”。気鋭の日本人監督による、世界中を魅了した愛と勇気の感動作。

■窃盗や物乞いをしながら路上で暮らしている孤児の少女ブランカは、ある日テレビで、有名な女優が自分と同じ境遇の子供を養子に迎えたというニュースを見て、“お母さんをお金で買う”というアイディアを思いつく。

その頃、行動を共にしていた少年達から意地悪をされ、ブランカの小さなダンボール製の家は壊され、彼女は全てを失ってしまう。途方に暮れるブランカは出会ったばかりの流れ者の路上ギター弾きの盲人ピーターに頼み込み、彼と一緒に旅に出る。辿り着いた街で「3万ペソで母親を買います」と書かれたビラを貼ったビアンカは、その資金を得るために窃盗をする。

一方でピーターは、ブランカに歌でお金を稼ぐことを教える。ピーターが弾くギターの音にのせたブランカの歌声は、街ゆく人々を惹きつけていく。そしてついに二人はレストランで歌う仕事を得る。十分な食べ物、屋根のある部屋での暮らし。ブランカの計画は順調に運ぶように見えたが、一方で、彼女の身には思いもよらぬ危険が迫っていた…。












































本編 1時間44分
デジタル
シネスコ
カラー
あさがくるまえに 字幕 
 reparea les vivants
●監督・脚本:カテル・キレヴェレ(『スザンヌ』)●出演:タハール・ラヒム(『ダゲレオタイプの女』)/エマニュエル・セニエ(『毛皮のビーナス』)/アンヌ・ドルヴァル(『Mommy/マミー』)/ドミニク・ブラン(『恋は足手まとい』)/ギャバン・ヴァルデ●2016年ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門正式上映作品●2016年/フランス・ベルギー

たった、いちにち――それでも、あたらしいあさはくる

ル・アーブルからパリへ。命をつなぐものたちの、愛と喪失、そして再生――心臓移植という現実に直面したドナーの家族、友人、医師たちの葛藤する一日を繊細なタッチで綴ったヒューマン・ドラマ。メイリス・ド・ケランガルのベストセラー小説の映画化。

■フランス北西部の都市ル・アーブル。夜明け前、ガールフレンドがまだまどろみの中にいるベッドをそっと抜け出し、友人たちとサーフィンに出かけたシモン。しかし彼が再び彼女の元に戻ることはなかった。帰路、彼は交通事故に巻き込まれ、脳死と判定される。報せを受けた彼の両親は、その現実を受け止めることができない。医師はシモンが蘇生する可能性は無く、両親に移植を待つ患者のために臓器の提供を求めるのだが。その時間の猶予は限られている…。

パリ。音楽家のクレールは、自分の心臓が末期的症状であることを自覚している。彼女が生き延びるためには、心臓移植しか選択肢はない。しかし彼女は、他人から贈られた命によって、若くない自分が延命することの意味を自問自答している。そんな時、担当医からドナーが見つかったとの連絡が入る――。












































本編 1時間30分
デジタル
シネスコ
カラー
ナインイレヴン 運命を分けた日 字幕
 9/11
●監督:マルティン・ギギ●出演:チャーリー・シーン(『プラトーン』)/ジーナ・ガーション(『フェイス/オフ』)/ルイス・ガスマン(『マグノリア』)/ウッド・ハリス(『アントマン』)/ウーピー・ゴールドバーグ(『天使にラブ・ソングを』)●2017年/アメリカ

いつもと同じ朝、いくつもの約束があった――。

2001.9.11ニューヨーク、ワールドトレードセンター。そこで閉じ込められた5人が極限状態で下した決断とは――アメリカ、そして世界が分断された日、現代テロ戦争の原点。米同時多発テロ下の【実話】から生まれた、魂に語りかける感動のヒューマンドラマ。

■2001年9月11日、NY。ワールドトレードセンタービルのエレベーターに偶然居合わせた、実業家のジェフリーと離婚調停中の妻イヴ、バイクメッセンジャーのマイケル、恋人に別れを告げに来たティナ、ビルの保全技術者のエディの5人。

突如、ビルに飛行機が激突し、彼らは北棟の38階辺りに閉じ込められてしまう。外部との唯一の通信手段はオペレーターのメッツィーだけ。恐怖と闘いながら助かる方法を探す5人が、極限状態で下した決断は…。












































本編 1時間48分
デジタル
シネスコ
カラー
プラネタリウム 字幕 
 planetarium
●監督・脚本:レベッカ・ズロトヴスキ(『美しき棘』)●出演:ナタリー・ポートマン(『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』)/リリー=ローズ・デップ(『ザ・ダンサー』)/エマニュエル・サランジェ(『そして僕は恋をする』)/アミーラ・カサール(『僕とカミンスキーの旅』)/ピエール・サルヴァドーリ(『プライスレス 素敵な恋の見つけ方』監督)●2016年/フランス・ベルギー

美しい姉妹 美しい秘密

「見えない世界を見せてあげる」。人の心を狂わすこの姉妹は、高名なスピリチュアリストなのか、それとも世紀の詐欺師なのか――心霊術と超常現象、詐欺か真実か。踊り踊らされる、美しくも儚い姉妹のミステリアスな物語。

■1930年代。アメリカ人スピリチュアリストのローラとケイトのバーロウ姉妹は、憧れのパリへと向かう。聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。死者を呼び寄せる降霊術ショーを披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。

そんな二人の才能に魅せられたやり手の映画プロデューサーのコルベンは、世界初の映画を撮影しようと姉妹と契約する。果たして姉妹の力は本物なのか?見えない世界を見せられるのか?姉妹の運命が狂いだす――。












































本編 1時間51分
デジタル
ビスタ
カラー
ギフト 僕がきみに残せるもの 字幕
 greason

●監督:クレイ・トゥイール●出演:スティーヴ・グリーソン/ミシェル・ヴァリスコ/ポール・ヴァリスコ●映画批評家協会 最優秀ドキュメンタリー賞●シアトル国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞●2016年/アメリカ

ケンカもする。絶望する日もある。それでも家族は旅を続ける。

きみが生まれるとき、もう僕はきみを抱きしめられないかもしれない――難病ALSを宣告された元アメリカン・フットボールのスター選手。やがて生まれてくる息子のために撮影しはじめたビデオダイアリーから生まれた感動のドキュメンタリー。

■アメリカン・フットボールの最高峰、NFL。ニューオーリンズ・セインツの選手スティーヴ・グリーソンは、2006年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズの市民にとって、待ちに待った災害後最初のホームゲームでチームを劇的な勝利に導いたヒーローだった。

それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ALS(筋委縮性側索硬化症)であると宣告される。そしてその後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことを彼は知る。自分は我が子を抱きしめることができるのだろうか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのだろうか。グリーソンは決めた。まだ見ぬ子どもに贈るために、毎日、ビデオダイアリーを撮り続けると。












































本編 1時間16分
デジタル
カラー
ポルト 字幕
 porto
●監督・脚本:ゲイブ・クリンガー●出演:アントン・イェルチン(『グリーンルーム』)/ルシー・ルーカス/フランソワーズ・ルブラン(『めぐりあう日』)/パウロ・カラトレ/レオノール・ブルナー●2016年/ポルトガル・フランス・アメリカ・ポーランド

視線を感じたその一瞬は、ふたりにとって永遠だった……

“ポルト”、リスボンに次ぐ、ポルトガル第二の都市。ポートワインで有名なこの港町で、ふたりは出会った――異国で出会った男と女。過去と未来の記憶が交錯する。恋より儚く、愛より情熱的。ロマンティックでほろ苦いラブストーリー。

■男は異国の地になじめず、放蕩を続けるアメリカ人。女はフランスからポルトガルにやってきた、考古学を研究する学生。視線が触れた瞬間、言葉を交わす間もなく惹かれ合ったふたりは情熱的な一夜を共にする。シーツの陰で、夜の街灯の下で、カフェの喧噪の中で、愛を語り合い、孤独に怯え、幸せの意味を噛みしめたふたり。

しかし女には恋人がいた。あの夜を信じたい男と未来を忘れたい女の心は、互いに求め合いながらも、ひとつになることを拒む。やがてふたりのすれ違いが決定的に思えたそのとき、ある奇跡が起こる…。












































本編 1時間32分
デジタル
シネスコ
カラー
アンダー・ハー・マウス 字幕 
 under her mouth
●監督:エイプリル・マレン●出演:エリカ・リンダー/ナタリー・クリル/セバスチャン・ピゴット●第41回トロント国際映画祭 特別招待作品●2016年/カナダ

危険な恋が、女を美しくする

大工のダラスとファッションエディターのジャスミン。出会った瞬間から人生が永遠に変わる。息が止まるほど激しい恋――嫉妬するほど美しい“ネオイケメン”モデル、エリカ・リンダー衝撃のデビュー作は今年最もセンセーショナルな官能ラブストーリー。

■心身ともにたくましいダラスは、昼間は大工として働き、夜は毎晩のように違う女性と関係を持っては、自分の居場所を探していた。ある日、屋根の上で作業をしていたダラスは、仕事現場近くに住むファッションエディターのジャスミンを見かける。一目見た瞬間、麗しいジャスミンに惹かれたダラスは、彼女に熱い視線を送るのだった。

ジャスミンは婚約者のライルと順風満帆な生活を送っていたが、彼が出張中のため、女友達と夜遊びに繰り出し楽しんでいた。そんなとき偶然入ったバーで、ダラスと再会する。誰からも縛られない自由な生き方をしているダラスの凛々しい姿に惹かれていくジャスミン。次第に、二人は固い絆で結ばれていくようになる。

身体を重ねるごとに互いに気持が高まっていくふたり。しかし、結婚を控えたジャスミンにとって、今まで通りライルと添い遂げる人生か、ダラスとの愛に生きる人生か、彼女の中で葛藤が生まれはじめていた。果たしてダラスとジャスミンがくだす決断とは――。












































本編 2時間17分
デジタル
カラー
 
 hikari
●監督・脚本:大森立嗣(『まほろ駅前狂騒曲』)●出演:井浦新(『ジ、エクストリーム、スキヤキ』)/瑛太(『まほろ駅前狂騒曲』)/長谷川京子(『七夜待〈ななよまち〉』)/橋本マナミ(『破門 ふたりのヤクビョーガミ』)/南果歩(『葛城事件』)●2017年/日本

僕たちは 人間のふりをして 生きている

島で暮らす中学生の信之は、交際中の同級生・美花を守るため、ある男を殺害。その夜、津波が島を襲い信之たちは生き残るが――25年前のあの日、消滅したはずの「罪」が、ふたたびやってくる。三浦しをんが圧倒的暴力を描いた衝撃作、待望の映画化。「野性」に踏み出してしまった「人間」の姿を描く、苛烈なるサスペンス。

■東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心に回っていた。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けており、誰もが見て見ぬふりをしていた。

ある日、美花と待ち合わせをした場所で、信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を救うために男を殺してしまう――。その夜、理不尽で容赦ない天災が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。

それから25年後、島を出てバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる――。妻子とともによき父として暮らしている信之と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくるのだった。












































本編 1時間48分
デジタル
シネスコ
カラー
ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ 字幕
 the price of desire
●監督・脚本:メアリー・マクガキアン(『マン・オン・ザ・トレイン』)●出演:オーラ・ブラディ/ヴァンサン・ペレーズ(『インドシナ』)/ドミニク・ピノン(『パリ3区の遺産相続人』)/アラニス・モリセット●2015年/ベルギー・アイルランド

それは嫉妬か、愛憎か?

近代建築の巨匠ル・コルビュジエの忘れがたき人アイリーン・グレイ。南仏コートダジュールに建てられた白亜の別荘〈E.1027〉に隠された秘密とは?――モダニズム華やかなりし時代、二人の天才建築家の惹かれながらも相克する関係を美しき映像で綴る伝記ドラマ。

■モダニズム華やかなりし1920年代、のちの近代建築の巨匠ル・コルビュジエは、気鋭の家具デザイナーとして活躍していたアイリーン・グレイに出会う。彼女は建築デビュー作である海辺のヴィラ〈E.1027〉を手掛けていた。陽光煌めく南フランスのカップ・マルタンに完成したその家はル・コルビュジエが提唱してきた「近代建築の5原則」を具体化し、モダニズムの記念碑といえる完成度の高い傑作として生み出された。

当初はアイリーンに惹かれ絶賛していたル・コルビュジエだが、称賛の想いは徐々に嫉妬へと変化していく。そして1938年、事件は起こる。ル・コルビュジエは、アイリーンに断りなく、邸内に卑猥なフレスコ画を描いてしまう。これを知った彼女はル・コルビュジエの行為を「野蛮な行為」として糾弾し、彼らの亀裂は決定的なものになった。その後、大戦とともに〈E.1027〉は人々から忘れられ、打ち捨てられてしまう。戦後、すっかり荒れ果てた物件は、競売にかけられる。海運王オナシスも参加する中、この物件を買い戻すために奔走したのは、他でもないル・コルビュジエだった――。












































本編 1時間10分
デジタル
カラー
静かなふたり 字幕
 droles d'oiseaux
●監督・脚本:エリーズ・ジラール(『ベルヴィル・トーキョー』)●出演:ロリータ・シャマ(『マリー・アントワネットに別れをつげて』)/ジャン・ソレル(『昼顔』)/ヴィルジニー・ルドワイヤン(『8人の女たち』)●2017年/フランス

パリ5区、カルチェ・ラタン。謎めいた古書店で、わたしは《彼》と出会った。

光と闇に満ちた現代のパリ。不器用な彼女が出会ったのは、古書店を営む年老いた男だった――風変りなふたりが紡ぐ愛と人生についてのどこか幻想的なラブ・ストーリー。

■27歳のマヴィは、最近パリへ引っ越してきたばかり。不器用な彼女は気ぜわしい都会生活に馴染めずにいるが、ある日、従業員募集の貼り紙を頼りにカルチェ・ラタンの小さな古書店を訪ねる。そこで出会ったのは、謎めいた店主ジョルジュ。祖父と孫ほどの年齢差にもかかわらず、書物について言葉を交わし互いの孤独さを共有するうち、ふたりは徐々に惹かれあう。

それは、風変りで、静かで、けれど情熱的な愛。だがジョルジュには古書店店主とは別の、闇に包まれた過去があった。マヴィは彼の過去に触れるうち、自らもまた新たな人生へと一歩踏み出していく――。












































本編 1時間29分
デジタル
カラー
THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY
-リミット・オブ・スリーピング ビューティ- 
 the limit of sleeping beauty
●監督・原案・脚本:二宮健(『SLUM-POlLIS』)●出演:桜井ユキ(『リアル鬼ごっこ』)/古畑新之/佐々木一平(『海賊とよばれた男』)/新川將人(『嗤う伊右衛門』)/高橋一生(『ゾウを撫でる』)●2017年/日本

オリアアキ29歳―― それでも世界は、素晴らしい。

女優を夢見て上京したはずが、マジシャンの助手として10年働き、催眠術にかかるふりをするうち、現実と妄想の境界が揺れ始める――過去と現在、現実と妄想の目まぐるしい交錯を力強い映像で綴り、人間の根源に迫る骨太のヒューマンドラマ。

■オリアアキは、29歳の売れない女優。女優を夢見て上京し、ふと立ち寄ったバーでサーカス団を営むカイトに出会う。それから10年、毎日小さなサーカス団でマジシャンの助手をするアキ。30歳を目前にしたアキには仕事への熱も生きる目標もない。ルーチンワークのように繰り返されるのは、催眠術にかかるという演技。体を浮かされ、剣を刺され、催眠状態を演じているうちに、やがてアキの精神は徐々に摩耗し、いつしか現実と妄想の境界が破たんを迎えようとしていた。

何故生きるのか?何を夢見たのか?何を目指すのか?唯一アキの中で美しい思い出として残るのは恋人カイトとの時間。自分が生きてきた人生の軌跡、アキが生きる現実と、叶えられなかった様々な妄想が入り乱れる。そして2つの世界の境界が壊れようとしたとき、アキの人生再生が始まる――?!












































本編 2時間08分
デジタル
カラー
エンドレス・ポエトリー 字幕 
 poesia sin fin
●監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー(『リアリティのダンス』)●出演:アダン・ホドロフスキー(『パリ、恋人たちの2日間』)/パメラ・フリーレス(『リアリティのダンス』)/ブロンティス・ホドロフスキー(『リアリティのダンス』)/レアンドロ・ターブ/イェレミアス・ハースコヴィッツ(『リアリティのダンス』)●第65回カンヌ国際映画祭 監督週間 正式出品●2016年/フランス・チリ・日本

その存在は、完全な光――

君が、詩が、僕の行く道を照らしてくれる。燃えさかる蝶のように……舞台はチリの首都サンティアゴ。父親との軋轢や自身の葛藤を抱えたホドロスキーは、初めての恋や友情、古い規則や制約に縛られない若きアーティストたちとの出会いと交流を経て、囚われた檻から解放され詩人としての自己を確立する――自身の青年時代を虚実入り交じったマジック・リアリズムの手法で瑞々しく描き、「生きること」を全肯定する青春映画。

■物語はホドロフスキー一家が故郷トコピージャから首都サンティアゴへ移住するところから始まる。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的は両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。

ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた。彼らと接していく中でアレハンドロは、それまで自分が囚われていた檻から、ついに解放される。

エンリケ・リンやニカール・パラといった、後に世界的な詩人となる人物たちとの出会いや、初めて恋に落ちたステジャ・ディアスとの邂逅によって、アレハンドロの詩的運命は、新たな世界へと紐解かれていく。












































本編 1時間58分
デジタル
ビスタ
カラー
パターソン 字幕
 paterson
●監督・脚本:ジム・ジャームッシュ(『ストレンジャー・ザン・パラダイス』)●出演:アダム・ドライバー(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)/コルシテフ・ファラハニ(『彼女が消えた浜辺』)/永瀬正敏(『ミステリー・トレイン』)/バリー・シャバカ・ヘンリー(『ターミナル』)/クリフ・スミス●第69回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門出品●2016年/アメリカ

毎日が、新しい。

妻にキスし、バスを走らせ、愛犬と散歩する、いつもと変わらない日々。それは美しさと愛しさに溢れた、かけがえのない時間――自分らしい生き方をつかむ手がかりは日々の生活にある。ジャームッシュ監督4年ぶりの最新作は、“パターソン”に住む“パターソン”という名の男のユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

■ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、業務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見かわり映えのしない毎日を過ごしてゆく――。












































本編 1時間48分
デジタル
ビスタ
カラー
ギミー・デンジャー 字幕 
 gimme danger
●監督:ジム・ジャームッシュ(『パターソン』)●出演:イギー・ポップ(『SUCK サック』)/ロン・アシュトン/スコット・アシュトン/ジェームズ・ウィリアムスン/スティーブ・マッケイ●2016年カンヌ国際映画祭 正式出品●2016年/アメリカ

伝説は終わらない。

過激なライヴ・パフォーマンスで「ゴッドファーザー・オブ・パンク」の異名を持つイギー・ポップ。彼が率いた伝説のバンド“ストゥージズ”、その真実が今、明かされる――鬼才ジム・ジャームッシュから、史上最高のロックンロール・バンド“ザ・ストゥージズ”へのラヴレターともいえる異色ドキュメンタリー。

■1967年、米国ミシガン州。イギー、ロンとスコット・アシュトン兄弟、デイヴ・アレクサンダーによって、ストゥージズは結成された。プリミティブかつ攻撃的なバンド・サウンド、サイケやフリー・ジャズなど様々な要素を取り入れた実験性とミニマルな音作りの融合、そしてヴォーカル、イギーの過激なステージングでそれまでのロックの概念を破壊する唯一無二のスタイルを生み出し、兄貴分であったバンドMC5と共にデトロイト・ロック・シーンを牽引した。

しかし1974年、様々な問題をはらみバンドは自然消滅。評論家からも「下品で退廃的」と叩かれて正当な評価を得ることはなく、世に残したアルバムはわずか3枚だった。だがその後のラモーンズやダムド等のパンクロック・バンドたちはすべてストゥージズ・フリークであり、ニルヴァーナ、レッド・ホット・チリペッパーズ、ホワイト・ストライプスなど後世の名だたるバンドたちが影響を公言。パンク、オルタナティヴ・ロックの出発点として再評価され、2010年にはロックの殿堂入りを果たした。それほどまでにストゥージズが人々を惹きつける理由は何なのか――。












































本編 1時間24分
デジタル
シネスコ
カラー
ジュリーと恋と靴工場 字幕
 sur quel pied danser
●監督:ポール・カロリ/コスティア・テスチェ●出演:ポーリーヌ・エチエンヌ(『EDEN/エデン』)/オリヴィエ・シャントロー(『そして友よ、静かに死ね』)/フランソワ・モレル(『ゼロ時間の謎』)/ロイック・コルベリー/ジュリーヴィクトール●2016年/フランス

歌って、踊って、戦って!がんばれ、ジュリー!

“赤い靴”を選んだ瞬間、私たちは自由へと歩みだす!――靴工場を舞台に“赤い靴=戦う女”を履いた女たちが人生を切り開く、心躍るフレンチ・コメディ・ミュージカル。

■25歳、恋人に振られシングル、無職、銀行口座も空っぽ、職を探すもなかなか定職に就けない女の子、ジュリー。そんな彼女が、50年の歴史を持つ高級靴ブランドの工場で正社員になれるか、どうかのチャンスをつかむ。

しかし、そこは近代化の煽りを受けて、工場閉鎖の危機に直面していた。職人の意地とプライドをかけてアイデンティティを求めるたくましい女たちとともに靴工場閉鎖の危機を乗り越え、ジュリーは本当の幸せを手にすることができるのか――。












































本編 1時間53分
デジタル
シネスコ
モノクロ/カラー
婚約者の友人 字幕
 frantz
●監督:フランソワ・オゾン(『8人の女たち』)●出演:ピエール・ニネ(『イヴ・サンローラン』)/パウラ・ベーア(『ルードウィヒ』)/エルンスト・ストッツナー(『アンダーグラウンド』)/マリエ・グルーバー/ヨハン・フォン・ビュロー(『顔のないヒトラーたち』)●第42回セザール賞 11部門ノミネート/撮影賞受賞●2016年/フランス・ドイツ

1919年、戦後のドイツ、愛する人の墓の前で泣いていた男。彼の正体が明かされた時、新たな謎の扉が開く――

モノクロ×カラーの映像美が仕掛ける、頭脳と心を揺さぶる極上のミステリー。

■1919年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツをフランスとの戦いで亡くしたアンナも、悲しみの日々を送っていた。ある日、アンナがフランツの墓参りに行くと、見知らぬ男が花を手向けて泣いている。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る男の名はアドリアン。アンナとフランツの両親は彼とフランツの友情に感動し、心を癒される。

だが、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンが自らの“正体”を告白する。しかしそれは、次々と現れる謎の幕開けに過ぎなかった――。












































本編 1時間31分
デジタル
シネスコ
モノクロ
ひかりのたび
 hikari no tabi
●監督・脚本:澤田サンダー●出演:志田彩良/高川裕也(『TAP 完全なる飼育』)/瑛蓮(『闇金ドッグス』)/杉山ひこひこ(『月子』)/萩原利久(『イノセント15』)●2017年/日本

■故郷に背く父、わたしは生きる、この土地を

“故郷”を裏切り続ける父の秘密、失われた“郷里”に焦がれる娘の罪――不動産売買というテーマを巡ってモノの価値、さらには人間の本質的な真価を冷静に見極める怖さと危うさを描き、誰もが持つ愛郷心や地域コミュニティへの帰属意識を通して郊外の暗部に切り込んだ意欲作。

■とある地方都市に冷酷非情なやり方で成り上がった不動産ブローカーの男がいた。高校三年生の娘・奈々は父親が荒らしたこの町に愛着を持っている。表立たずに暗躍し町にとって異分子である男と、男の裏の顔に気付きながらも共に暮らす娘。父娘の交差する思いは紆余曲折しながらも結びつき、父は隠し続ける三年前のある夜の事件を告白する――。












































本編 1時間30分
デジタル
カラー
ポンチョに夜明けの風はらませて
 poncho ni yoake no kaze haramasete
●監督・脚本:廣原暁(『世界グッドモーニング!!』)●出演:太賀(『淵に立つ』)/中村蒼(『嫌な女』)/矢本悠馬(『君の膵臓をたべたい』)/染谷将太(『映画 みんな!エスパーだよ!』)/佐津川愛美(『ヒメアノ~ル』)●2017年/日本

変われよ、俺!

卒業まで、あとわずか。夢も希望もなかった高校生たちが、行くあてのない旅に出る。計画していた卒業ライブはどうなる?彼らの“高校最後の旅”の行方は!?――「あの頃」を忘れてしまった大人たちへ贈る青春覚醒ロードムービー。

■将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八、ジン、ジャンボ。卒業を間近に控え、ジンは一流大学への進学を目指し、ジャンボは実家のとんかつ屋を継ぐことを決めていたが、又八だけは何も進路を決められずにいた。

“このありふれた日常から少しだけでも抜け出したい”そんな想いを胸に、彼らはジャンボの父親の愛車セルシオに乗って海に向かう。旅の途中でグラビアアイドルの愛、風俗嬢のマリアら刺激的な“大人たち”と出会いながら、普段では味わえないハチャメチャな体験をする3人。一方、置いてけぼりをくらい、又八と約束した卒業ライブに向けてギターの練習に明け暮れる中田。彼らの「青春」が、今ようやく動き出す――。












































本編 1時間48分
デジタル
シネスコ
カラー
ポリーナ、私を踊る 字幕 
 polina, danser sa vie
●監督:ヴァレリー・ミュラー/アンジュラン・プレルジョカージュ●出演:アナスタシア・シェフツォワ/ニルス・シュナイダー(『ボヴァリー夫人とパン屋』)/ジェレミー・ベランガール/ジュリエット・ビノシュ(『夏時間の庭』)/アレクセイ・グシュコフ(『オーケストラ!』)●第73回ヴェネチア国際映画祭 正式出品作品●2016年/フランス

夢の先のステージは、わたしだけのもの。

一人の天才バレエ少女が、数奇な運命に翻弄されながらも、成長していく姿を描く――フランス漫画界の新星バスティアン・ヴィヴィスの人気作が遂に映画化。稀代の振付師プレルジョカージュが贈る、明日への叙事詩。

■ポリショイ・バレエ団のバレリーナを目指すロシア人の少女ポリーナ。貧しい家庭環境で育ちながらも、厳格な恩師のもとで幼少の頃から鍛えられ、将来有望なバレリーナとして期待されていた。

ところが、憧れのボリショイ・バレエ団への入団を目前にしたある日、コンテンポラリーダンスと出会い、すべてを投げ打って、パートナーと南フランス(エクス・アン・プロヴァンス)のコンテンポラリーダンスカンパニーへ行くことを決意する。しかし、新天地で待ち受けていたのは夢と愛に葛藤する日々。そんななか、練習中に怪我を負い、描いていた未来が狂い始めていく。失意のポリーナが、新たにたどり着いた場所で見つけたものとは…。












































本編 1時間40分
デジタル
カラー
グッド・タイム 字幕 
 good time
●監督:ジョシュア・サフディ/ベニー・サフディ(『神様なんてくそくらえ』)●出演:ロバート・パティンソン(『トワイライト』)/ベニー・サフディ(『神様なんてくそくらえ』)/ジェニファー・ジェイソン・リー(『ヘイトフル・エイト』)/バーカッド・アブディ(『 キャプテン・フィリップス』)/バディ・デュレス(『神様なんてくそくらえ』)●第70回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門選出作品●2017年/アメリカ

一獲千金の強奪マネーで逃げ切る!愛する“ヤツ”をこの街から救いだす!

ニューヨークの最下層で生きる兄弟が自暴自棄な銀行強盗を行った挙句、弟は捕まり、兄は助けようとするが――『神様なんてくそくらえ』で東京国際映画祭グランプリと監督賞の二冠に輝いたジョシュ&ベニー・サフディの兄弟監督が手掛けたクールなクライム・サスペンス。

■ニューヨークの最下層で生きるコニーと弟ニック。2人は銀行強盗を行うが、弟だけ捕まり投獄されてしまう。コニーは言葉巧みに周りを巻き込み、夜のうちに金を払って弟を保釈するよう奔走する。しかしニックは獄中で暴れ病院送りになっていた。それを聞いたコニーは、病院へ忍び込み警察が監視するなか弟を取り返そうとするが――。












































本編 1時間54分
デジタル
シネスコ
カラー
セザンヌと過ごした時間 字幕
 cezanne et moi
●監督・脚本:ダニエル・トンプソン(『モンテーニュ通りのカフェ』)●出演:ギヨーム・ガリエンヌ(『不機嫌なママにメルシィ!』)/ギョーム・カネ(『戦場のアリア』)/アリス・ポル(『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)』)/デボラ・フランソワ(『タイピスト!』)/サヴィーヌ・アゼマ(『パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー〈永遠の3秒〉』)●2016年/フランス

それは、林檎からはじまった――

眩しい太陽が降り注ぐ南仏プロヴァンス、そして芸術の都パリ。ピカソ、マティスに敬愛された近代絵画の父セザンヌと、不朽の名作「居酒屋j「ナナ」の小説家ゾラ。名画と小説にに隠された、40年にわたる激しくも美しい友情の実話。

■少年時代に出会ったセザンヌとゾラの絆は、境遇は違うが芸術家になる夢で結ばれていた。ひと足先にパリに出たゾラは、小説家としてのデビューを果たす。一方、セザンヌもパリで絵を描き始め、アカデミーのサロンに応募するが、落選ばかり。やがてゾラは、ベストセラー作家となって栄光を掴むが、セザンヌは父親からの仕送りも断たれ転落していく。そして、ある画家を主人公にしたゾラの新作小説が友情にひびを入れるが…。












































本編 1時間35分
デジタル
シネスコ
カラー
KOKORO
 le coeur regulier
●監督:ヴァンニャ・ダルカンタラ●出演:イザベル・カレ(『奇跡のひと マリーとマルグリット』)/國村隼(『哭声/コクソン』)/安藤政信(『花芯』)/門脇麦(『二重生活』)/長尾奈奈(『春との旅』)●2016年/ベルギー・フランス・カナダ

そして、あなたもまだ生きている。

弟の死をきっかけに訪れた静寂の島で取り戻したものとは――フランスのオリヴィエ・アダムによる小説を原作に、ベルギーの女性監督とベルギー・フランス・カナダ・日本からなる4カ国混成スタッフが贈る、日本の美しく険しい自然のもとで心の傷を再生する、穏やかに心洗われる人間ドラマ。

■夫と思春期の子供二人とフランスで暮らすアリスの元に、長い間旅に出ていた弟ナタンが戻ってきた。日本で生きる意欲を見つけたと幸せそうに語った数日後、弟は突然この世を去ってしまう。弟の死にショックを受けたアリスは、弟を変えた人々、そこにある何かに出会うため、ひとり日本を訪れる。

弟の足跡をたどりアリスが行き着いたのは、投身自殺の名所と知られる崖のある海辺の村。そこで出会った元警察官の男ダイスケは、悩める人々の心に寄り添い、自殺を思いとどまらせていた。求めすぎず、静かに傷を癒すことのできるその場所にアリスはどこか安らぎを感じる。そしてダイスケをはじめジロウ、ヒロミ、ミドリ、ハルキら、その村で出会った人々との交流が、静かにアリスの心に変化をもたらしていく──。













































本編 1時間57分
デジタル
カラー
笑う故郷 字幕
 el ciudadano ilustre
●監督:マリアノ・コーン&ガストン・ドゥプラット(『ル・コルビュジエの家』)●出演:オスカル・マルティネス(『人生スイッチ』)/ダディ・ブリエバ/アンドレア・フリヘリオ●2016ヴェネチア国際映画祭 主演男優賞受賞●2016年/アルゼンチン・スペイン

まったく 人間って奴は――

アルゼンチンの田舎町を悲喜劇の渦が呑み込む。ノーベル文学賞作家の40年ぶりの帰郷。待っているのは懐かしい友との旧交、甘酸っぱい青春の想い出…のはずだった――可笑しくて…哀しくて…、世界各国の映画賞に輝く人間模様の傑作。

■アルゼンチン出身のノーベル賞作家ダニエルは、故郷の田舎町サラスからの招待を受け、40年ぶりに遥々スペインから帰郷する。国際的文化人ダニエルの帰郷に沸き上がるサラス。懐かしい故郷は、彼に「名誉市民」の称号を与え,人々は暖かく迎え入れてくれる。 青春時代を過ごした田舎町、旧友たちとの昔話、初恋の人との感傷的な再会…。町の絵画コンクールの審査員長も依頼され、故郷の英雄に熱い視線を送る若い女性なども出現し、ダニエルの帰郷は心地よい驚きと、秘密の喜びまでも味わっていた。

だが、ふと気づいてみると、彼を取り巻く事態は、いつの間にか思いもよらぬ方向へと方向転換しはじめ、田舎町サラスと国際人ダニエルは悲喜劇の渦に呑み込まれることに…。












































本編 1時間30分
デジタル
ビスタ
モノクロ
リュミエール! 字幕
 lumiere!
●監督・脚本・ナレーション:ティエリー・フレモー●2016年トロント国際映画祭正式出品作品●2016年/フランス

映画のはじまり 初体験

122年前、“映画の父”リュミエール兄弟が発明したシネマトグラフが世界の扉を開いた!1作品50秒 1422本の中から珠玉の108本が、あなたを映画の旅へと誘う――4Kデジタルで蘇る“映画のはじまり”。リュミエール兄弟が世界で初めて上映した映画の撮影秘話、そして今も変わらない生き生きとした人々の姿、人間賛歌に溢れるコラージュ・ドキュメンタリー。

■1895年12月28日パリ。フランスのルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟が発明した“シネマトグラフ”で撮影された映画、工場から出てくる人々を撮影した有名な『工場の出口』が世界で初めて有料上映された。全長17m、幅35mmのフィルム、1本約50秒、現在の映画の原点ともなる演出、移動撮影、トリック撮影、リメイクなど多くの撮影技術を駆使した作品は、その当時の世界中の人々を驚かせ興奮させた。そして、そこに描かれているのは、あの頃から現代に至るまで変わりのない人々の生きる姿…。

本作は、1895年から1905年の10年間にリュミエール兄弟により製作された1422本の中から、カンヌ国際映画祭総代表、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモー氏が選んだ108本から構成され、リュミエール兄弟にオマージュを捧げた珠玉の90分である。












































本編 1時間43分
デジタル
シネスコ
カラー
パーティで女の子に話しかけるには 字幕
 how to talk to girls at parties
●監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル(『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』)●出演:エル・ファニング(『マレフィセント』)/アレックス・シャープ/ニコール・キッドマン(『アラビアの女王 愛と宿命の日々』)●2017年/イギリス・アメリカ

あの日、恋に落ちたのは、遠い惑星の女の子でした

セックス・ピストルズ、ラモーンズ、ヴィヴィアン・ウエストウッド…1977年、ロンドン郊外。音楽だけが救いのサエない僕の前に、彼女は現れた――斬新なのに懐かしい、刺激的だけど切ない〈ボーイ・ミーツ・ガール〉のラブ・ロマンス。

■パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンクファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが――。












































本編 1時間50分
デジタル
カラー
新世紀、パリ・オペラ座 字幕
 l' opera
●監督:ジャン=ステファヌ・ブロン●出演:ステファン・リスネ(『ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿』)/バンジャマン・ミルピエ(『パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち』)/オーレリ・デュポン(『パリ・オペラ座のすべて』)/フィリップ・ジョルダン●2017年/フランス

■最高は、最高に、挑み続ける。

バレエ団芸術監督の交代、新作オペラ『モーゼとアロン』の1年にわたるリハーサル、降板やストライキなどの難題、そして新星の誕生――総合芸術の殿堂パリ・オペラ座の舞台裏に迫ったドキュメンタリー。フランスでオペラ座のドキュメンタリー映画史上№1記録樹立。

■世界最高峰のオペラ、バレエ団を誇る総合芸術の殿堂パリ・オペラ座。2016年、振付師バンジャマン・ミルピエがバレエ団芸術監督を辞任し、新たに元エトワールのオレリー・デュポンが就任。オペラ座史上最大規模の新作オペラ『モーゼとアロン』の 1 年間にわたるリハーサル、公演初日直前の主要キャストの突然の降板劇に昇給を要請する職員のストライキと次々に難題が起こり、オペラ座総裁ステファン・リスナーは奔走。

そんな中オーディションで将来性を見出されたロシア出身の青年が、新たなスターとなるべく光のあたる舞台へと突き進んでいく。350 年以上もの歴史の中で伝統と格式を重んじながらも、常に新しいパフォーマンスを模索し続ける芸術の巨塔の姿をカメラが追う。












































本編 1時間35分
デジタル
シネスコ
カラー
スターシップ9 字幕
 orbita 9
●監督:アテム・クライチェ●出演:クララ・ラゴ(『ザ・エンド』)/アレックス・ゴンザレス(『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』)/ベレン・ルエダ/アンドレス・パラ●2017ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭 オフィシャル・コンペティション作品●2017年/スペイン・コロンビア

人類の運命×二人の宿命

汚染により死にゆく地球の代わりを見つけるために、エレナは恒星間飛行の旅に出た。故障したスターシップを訪れたアレックス。彼こそが、エレナが初めて接触する運命の人だった――ネットフリックスの制作チームとスペインの俊英が生み出した最新ヴィジョン。注目の近未来SF映画。

■エレナはまだ見ぬ未知の星を目指して、一人恒星間飛行を続けていた。一緒に飛び立った両親は既にいない。近未来、過度の公害に汚染された地球には未来はなく、人類は新しい星への移住を必要としていた。

ある日、スペースシップの給気系統が故障し、エレナは近隣のスペースシップに救援信号を送る。その呼びかけに応えて姿を現したのが、エンジニアの青年アレックスだった。一目見て、互いに恋に陥る二人。しかし、エレナはこの飛行に隠された秘密を知らなかった。それは、人類の未来を賭けた高度な実験だった。二人はなぜ出会ったのか―?!












































本編 2時間04分
デジタル
カラー
ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命 字幕
 the zookeeper's wife
●監督:ニキ・カーロ(『クジラの島の少女』)●出演:ジェシカ・チャステイン(『オデッセイ』)/ヨハン・ヘルデンベルグ(『オーバー・ザ・ブルースカイ』)/マイケル・マケルハットン(『ダブリン上等!』)/ダニエル・ブリュール(『僕とカミンスキーの旅』)●2017年/チェコ・イギリス・アメリカ

この場所で、すべての命を守りたい。

多くのユダヤ人を救った、オスカー・シンドラー、杉原千畝。彼らと同じように、自らの命の危険を冒しながらも、ナチス・ドイツに立ち向かったアントニーナ・ジャビンスキ。「すべての命は等しく、すべての命は守られるべきものである」――ユダヤ人300名を動物園に匿い、その命を救った勇気ある女性の感動の実話。

■1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤンとアントニーナ夫妻は、当時ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。しかしその年の秋、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。

人も動物も、生きとし生けるものへ深い愛情を注ぐアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。しかしこの“救出活動”がドイツ兵に見つかったら自分たちだけではなく我が子の命すら狙われてしまう。夫のヤンが不在になることも多い中、アントニーナはひとり“隠れ家”を守り、ひるむことなく果敢に立ち向かっていった。いくつもの危険を冒しながら、いかにして300もの命を救ったのか――。












































本編 1時間57分
デジタル
カラー
勝手にふるえてろ
 katte ni furuetero
●監督・脚本:大九明子(『恋するマドリ』)●出演:松岡茉優(『サムライフ』)/渡辺大知(『色即ぜねれいしょん』)/石橋杏奈(『リンキング・ラブ』)/北村匠海(『君の膵臓をたべたい』)/古舘寛治(『淵に立つ』)●2017年/日本

この恋、絶滅すべきでしょうか?

“脳内片思い”の毎日に“リアル恋愛”が勃発!?ひねくれで、自分勝手で、夢見がち。絶滅危惧のヒロイン・ヨシカが立ち上がる!!――綿矢りさの妄想力爆発恋愛小説、待望の映画化。中学の同級生、会社の同期、2人の彼氏(?)の間で揺れながら、傷だらけの現実を突き抜ける暴走ラブコメディ!

■24歳のOLヨシカは中学の同級生「イチ」へ10年間片思い中!そんなヨシカの前に、突然、暑苦しい会社の同期「ニ」が現れ告白される。「人生初告られた!」とテンションがあがるも、ニとの関係にいまいち乗り切れないヨシカ。ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが…。












































本編 1時間32分
デジタル
カラー
アバウト・レイ 16歳の決断 字幕
 3 generations
●監督:ゲイビー・デラル(『チューブ・テイルズ/ローズバッド』)●出演:ナオミ・ワッツ(『ヴィンセントが教えてくれたこと』)/エル・ファニング(『マレフィセント』)/スーザン・サランドン(『魔法にかけられて』)/テイト・ドノヴァン(『メンフィス・ベル』)/サム・トラメル(『バロウズの妻』)●2015年/アメリカ

本当は男の子のレイ、恋愛依存症のママ、レズビアンのおばあちゃん。人生の途中を走行中。

最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。ぶつかり合い、傷つけ合っても、家族だから何度でもやり直せる――アカデミー賞に輝く『リトル・ミス・サンシャイン』の製作チームが贈る、不器用で愛おしい家族の物語。

■「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」16歳になり、身も心も男性として生きたいとカミングアウトした主人公・レイ。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギーは、「突然、息子を育てることになるなんて…」と、動揺を隠せない。

共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリーもレイの決断をイマイチ理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかになる――。












































本編 1時間47分
デジタル
ビスタ
カラー
心に吹く風
 kokoro ni fuku kaze
●監督・脚本:ユン・ソクホ(「冬のソナタ」TV)●出演:眞島秀和(『愚行録』)/真田麻垂美(『月とキャベツ』)/鈴木仁(『そして泥船はゆく』)/駒井蓮/長内美那子(『ペコロスの母に会いに行く』)●2017年/日本

忘れられない初恋がよみがえる…

北海道・春、美瑛~富良野、たった2日間だけの、大人のファンタジー――韓流ブームを巻き起こしたTVドラマ「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が、北海道の雄大で美しい自然を背景に、初恋を忘れられない大人の男女の恋の道行を描いた純愛ラブストーリー。

■友人の住む北海道・富良野の郊外を訪れ、作品作りのための撮影を続けていたビデオアーティストのリョウスケ。乗っていた車が故障し、電話を借りるために立ち寄った家でドアを開けたのは、高校時代の恋人・・春香だった。

23年ぶりに再会した彼女に家族がいることを知りつつも、撮影へと連れ出すリョウスケ。彼のお気に入りの小屋の中で雨宿りをしながら話すうちに高校時代の気持ちを思い出していく春香。静かな時間の中でふたりの距離は縮まっていく。翌々日には北海道を離れなければならないリョウスケは、もう1日だけ一緒に過ごしたいと春香に頼むが…。












































本編 1時間57分
デジタル
カラー
パーフェクト・レボリューション 
 perfect revolution
●監督・脚本:松本准平(『最後の命』)●出演:リリー・フランキー(『 美しい星』)/清野菜名(『暗黒女子』)/小池栄子(『八日目の蝉』)/岡山天音(『ポエトリーエンジェル』)/(『武士の献立』)●2017年/日本

無謀だなんて、誰が決めた?

「身体障害者だって恋をするし、セックスもしたい!」。重度の身体障害があり、車椅子生活を送りながら、障害者への誤解を解くために活動するクマ。彼と恋に落ちたピンクの髪の美少女ミツは、精神的な障害を抱えた風俗嬢だった。

泣いてもいい、笑われてもいい。障害なんて二人で超える。革命は起こせる――脳性麻痺を抱えなが障害者の性を訴えつづける活動家・熊篠慶彦の実話にもとづくユーモラスで型破りなラブロマンス。

■クマは幼少期に脳性麻痺を患い、手足を思うように動かせず車椅子生活をしている。ただし彼はセックスが大好き。身体障害者にとっての性への理解を訴えるために活動している。そんな彼が、ある日、美少女・ミツと出会う。障害者であるにもかかわらず生き生きと生きているクマに、ミツは「あなたとわたしみたいなのが幸せになれたら、それってすごいことだと思わない? 」「それを世界に証明するの!」。どんな不可能も可能にする、ハチャメチャだけど純粋な、クマとミツの“最強のふたり”のラブストーリーがいま始まる――。












































本編 2時間03分
デジタル
シネスコ
カラー
彼女がその名を知らない鳥たち 
 kanojo ga sonona wo shiranai toritachi
●監督:白石和彌(『日本で一番悪い奴ら』)●出演:蒼井優(『アズミ・ハルコは行方不明』)/阿部サダヲ(『殿、利息でござる!』)/松坂桃李(『ユリゴコロ』)/村川絵梨(『花芯』)/赤堀雅秋(『岸辺の旅』)●2017年/日本

あなたなこれを愛と呼べるか

十和子への過剰な愛ゆえに陣治は黒崎を殺したのか。異常な献身と束縛の先には、水島に手をかけ、十和子を追いつめる不吉な未来が待っているのか、それとも――嫌な女、下劣な男、ゲスな男、クズすぎる男。最低の登場人物しか出てこないのにページをめくる手が止まらないと話題を呼び、20万部を超えるベストセラーとなっている人気ミステリー小説がついに映画化。共感度0%、不快度100%、でもこれは、まぎれもない愛の物語。

■15歳年上の男・陣治と暮らしながらも、8年前に別れた男・黒崎のことが忘れられずにいる女・十和子。不潔で下品な陣治に嫌悪感を抱きながらも、彼の少ない稼ぎに頼って働きもせずに怠惰な毎日を過ごしていた。

ある日、十和子が出会ったのは、どこか黒崎の面影がある妻子持ちの男・水島。彼との情事に溺れる十和子は、刑事から黒崎が行方不明だと告げられる。どれほど罵倒されても「十和子のためだったら何でもできる」と言い続ける陣治が執拗に自分を付け回していることを知った彼女は、黒崎の失踪に陣治が関わっていると疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯えはじめる――。












































本編 1時間31分
デジタル
シネスコ
カラー
エキストランド
 extrand
●監督:坂下雄一郎(『東京ウィンドオーケストラ』)●出演:吉沢悠(『道 -白磁の人-』)/戸次重幸(『ぼくのおじさん』)/前野朋哉(『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』)/金田哲(はんにゃ『私の優しくない先輩』)/後藤ユウミ(『恋の渦』)●2017年/日本

映画はみんなを笑顔にしてくれる、そう思っていますか?

プロデューサーの駒田は、映画による町おこしを期待する市民たちを騙して映画を製作しようとする。当初は、駒田の目論み通り話は進んでいたが――約2年半をかけて、13に及ぶ全国のフィルムコミッションへの取材を敢行し、完全オリジナル脚本を執筆。地方創生が謳われる時代に対し鋭い風刺やユーモアを交えつつ、映画製作 やモノ作りをするうえで大切なことは何なのかというメッセージを盛り込んだシニカル・コメディ。

■過去の大失敗から映画を撮れなくなったプロデューサー・駒田は、映画で地元を盛り上げたいと思っている市民達を騙して、自分のためだけに映画を作ろうと画策する。最初は指示されるがままだった市民達も、その横暴な立ち振る舞いに疑問を感じ始める。撮影最終日、自分たちが利用されてるだけだったと気付いた市民達は一矢報いようと、ある計画を立てる――。












































本編 1時間42分
デジタル
ビスタ
カラー
Ryuichi Sakamoto: CODA
 ryuichi sakamoto:coda
●監督:スティーブン・ノムラ・シブル●出演:坂本龍一(『ラストエンペラー』)●第47回ヴェネチア国際映画祭 アウト・オブ・コンペティション部門公式出品●2017年/アメリカ・日本

これは最終楽章のはじまりなのか

イエロー・マジック・オーケストラでの革新的なテクノ・ミュージック、さらには『戦場のメリークリスマス』『ラストエンペラー』『レヴェナント:甦りし者』等の映画音楽で世界的に名を馳せる音楽家・坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えた初の劇場版ドキュメンタリー。

■2012年、坂本龍一は宮城県名取市で、被災したピアノと出会う。津波という自然の猛威によって水に溺れたピアノの音を聴き、「ピアノの死体のような感じを受けていたんですよ」と語るが、後にこの想いが大きく変わることになる――。

2011年3月11日の東日本大震災以降、坂本は被災地を訪ね歩いてきた。震災から3年を経た2014年3月11日には、自ら防護服を着用して福島第一原発を囲む帰宅困難区域に足を踏み入れ、無人の地と化した集落の残像の音に触れた。「見て見ぬふりをするのは僕にはできないこと」と、首相官邸前の原発再稼働反対デモにも参加してスピーチを行った。

こうして多方面において精力的に活動していた坂本が、2014年7月に中咽頭ガンを公表する。1年近くに及ぶ闘病生活を経て、第88回アカデミー賞で3部門を受賞した『レヴェナント:甦りし者』と、『母と暮らせば』の音楽で復帰した。

かつて日本のエレクトロニクスやテクノロジーを象徴するポップアイコンだった坂本が、今、なぜ“自然の音”を求めるのか?人間が作り出した工業製品であるピアノの音は、どんなに弾いてもやがてノイズの中へと消えていく。「持続する音への憧れ、ある種の永遠性への憧れかもしれない」と坂本は微笑む。そして2017年、彼が集めた〈音〉と、紡ぎ出した〈音〉がひとつとなり、新たな〈音楽〉が生まれようとしていた――。












































本編 1時間48分
デジタル
シネスコ
カラー
ネルーダ 大いなる愛の逃亡者 字幕 
 neruda
●監督:パブロ・ラライン(『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』)●出演:ルイス・ニェッコ(『NO ノー』)/ガエル・ガルシア・ベルナル(『ノー・エスケープ 自由への国境』)/メルセデス・モラーン(『モーターサイクル・ダイアリーズ』)/ハイメ・バデル(『NO ノー』)/アルフレド・カストロ(『NO ノー』)●2016年/チリ・アルゼンチン・フランス・スペイン

追跡者は、悲劇的で貪欲な警官。ノーベル賞詩人は、享楽的な革命政治家。

詩人として1971年にノーベル文学賞を受賞したチリの国民的英雄、パブロ・ネルーダは、共産主義の政治家でもあった。芸術、女性、酒を愛し、何より貧しい人に寄り添う博愛主義者だった。そして、その思想ゆえ政府から追われ続ける逃亡生活がノーベル賞受賞の糧となっていく――パブロ・ラライン監督が仕掛けた独創的文学サスペンス。

■第2次大戦の終結から3年、ビデラ大統領は共産党員のネルーダを弾劾した。逮捕されるか逃亡するか?大統領は直々に警官ペルショノーに、ネルーダの逮捕を命じる。ネルーダは追われる身としての新たな生活にインスピレーションを受けながら、代表作となる詩集「大いなる歌」を書く。

ペルショノーが追いつくと姿をくらます、追いかけっこの連続だ。ネルーダはわざと手がかりを残すことでペルショノーと戯れ、追跡ゲームはより危険なものに、2人の関係はより密接なものになっていくのだった…。












































本編 1時間47分
デジタル
シネスコ
カラー
はじまりの街 字幕 
 la vita possible
●監督:イヴァーノ・デ・マッテオ(『幸せのバランス』)●出演:マルガレータ・ブイ(『夫婦の危機』)/ヴァレリア・ゴリノ(『湖のほとりで』)/アンドレア・ピットリーノ/カテリーナ・シェルハ/ブリュノ・トデスキーニ(『待つ女』)●2016年/イタリア・フランス

過ちを嘆いたり、幸運を忘れたり、それでも人生より素晴らしいものはない。

アンナは夫のDVから逃れ、13歳の息子とローマからトリノへ向かう。陽気で心優しい親友カルラを頼って、心機一転やり直すつもりだ。だが、見知らぬ土地での再スタートはそう簡単なことではない。カルラはさりげなく二人を支えるが、苛立ちと孤独を抱えた親子の気持ちはすれ違っていくばかりだった――北イタリアの美しい街トリノを舞台に、女の友情と新たな人生の可能性を謳いあげる感動作。

■夫のDVから逃れ、13歳の息子ヴァレリオと共に、ローマから親友が暮らすトリノにやってきたアンナ。トリノ駅に迎えに来たカルラは、傷心のアンナとヴァレリオを笑顔で抱きしめ、自身が住む小さな家の一部屋を明け渡してくれた。 一刻も早く生活の基盤を築こうと、仕事探しに焦るアンナ。一方、活発なサッカー少年だったヴァレリオは、孤独をかかえて自転車で走り回るだけの日々。

そんなある日、夫からアンナの父親を介してヴァレリオ宛てに小包が届く。 息子にとって自分の選択は正しいのだろうかと心乱されたアンナは、その手紙をヴァレリオから隠してしまう。ついにアンナの仕事が決まり、足取り軽く帰宅した彼女を待っていたのは、手紙を読んでしまったヴァレリオの失踪。近所のビストロオーナー、マチューの助けもあり、ヴァレリオを見つけるが、彼の心は硬い鎧をまとったままだった。人々の心に支えられ、人生の再スタートに向けて歩もうとするアンナとヴァレリオに、ある朝、小さな奇跡が訪れる…。












































本編 1時間26分
デジタル
ビスタ
カラー
ピンカートンに会いにいく
 t
●監督:坂下雄一郎(『東京ウィンドオーケストラ』)●出演:内田慈(『恋愛奇譚集』)/松本若菜(『結婚』)/山田真歩(『島々清しゃ』)/水野小論(『東京ウィンドオーケストラ』)/岩野未知●2017年/日本

もう一度、アイドルやっちゃう!?

崖っぷちアラフォー女子の、再起をかけた大勝負!ブレイク寸前で突然解散した伝説のアイドルが、20年の時を経てまさかの再結成――日本映画界期待の俊英・坂下雄一郎監督が手掛ける笑いと感動のヒューマン・コメディ。

■かつてブレイク寸前で突然解散してしまった伝説の5人組アイドル「ピンカートン」。20年が過ぎ、リーダーだった優子は今も売れない女優を続けていた。ある日、優子の元にレコード会社の松本と名乗る男からかかってきた電話。それは「ピンカートン再結成」の誘いだった。

所属事務所もクビになり、気づけば人生も半ば。崖っぷちに追い込まれた優子は、再起をかけ松本と一緒に元メンバーに会いに行くが、メンバーのうち3人はすでに芸能界を去り、返事はつれない。さらに一番人気だった葵の行方がわからず、彼女を知る人たちを訪ねてまわるのだが…。プライドだけが肥大した“こじらせ女子”まっしぐらの優子は、過去と向き合い、20年分のわだかまりを乗り越え、「ピンカートン」を再結成させることができるのか!?












































本編 1時間20分
デジタル
カラー
74歳のペリカンはパンを売る。
 74sai no pelican wa pan wo uru.
●監督:内田俊太郎(『ポルトレ PORTRAIT』)●出演:渡辺多夫/渡辺陸/名木広行/伊藤まさこ/保住光男●2017年/日本

変わりゆく時代の、変わらない味。

創業74年。東京・浅草。たった2種類のパンのみを作る「パンのペリカン」。一口食べると、ほっとする味。毎日食べても飽きない味。ペリカンのパンのまわりは、いつもしあわせな空気に包まれている。このパンはどうやって作られているのだろうか――「パンのペリカン」のパン作りとその魅力に迫るドキュメンタリー。

■浅草にある老舗パン屋、ペリカン。ペリカンのロゴマークが目印の店先、朝8時の開店前には行列ができる。その光景は毎日変わることがない。たくさんのパン屋が乱立し、多種多様なパンがあふれかえる東京。その中にあって、ペリカンで売っているのは食パンとロールパン、たった2種類のパンのみ。それなのにお客さんが途切れることはなく、売り切れまで賑わいは続く。「まだ、ありますか?」それは、まるで合言葉のようだ。このパンの何が、ここまで人を惹きつけるのだろうか。

「2種類のパンのみを作る」というパン業界でも異質の存在。町の普通のパン屋として開業したペリカンは、変わりゆく時代に対応しながら、“いまやパン業界の財産”とまで言われる唯一無二の存在となった。その店を切り盛りするのは、四代目店長・渡辺陸さん。現在29歳。創業74年の老舗の伝統と若き店長を今も支えているのは、二代目店主・渡辺多夫さんの存在。菓子パンも作っていた店を2種類のパンのみに変え、ペリカンのブランドを作り上げた張本人である。ペリカンのパン作りの現場に迫ってみると、モノづくりの本質と“売れるパンを作る”という商売の本質が見えてきた…。そして、時代がかわっても、その素朴な味を変えることなく、「パンのペリカン」では毎朝4時から職人たちがパンを焼いている。












































本編 2時間01分
デジタル
ビスタ
カラー
最低。 
 saitei.
●監督:瀬々敬久(『64 -ロクヨン-』)●出演:森口彩乃(『今日という日が最後なら、』)/佐々木心音(『フィギュアなあなた』)/山田愛奈/忍成修吾(『ひかりをあててしぼる』)/森岡龍(『ろんぐ・ぐっどばい -探偵 古井栗之助-』)●2017年/日本

私は生きる。全てがいま壊れても。

果てしなく続くかのような日常に耐えきれず、新しい世界の扉を開く平凡な主婦。家族に内緒で、AV女優として多忙な生活を送る専門学生、。奔放な母親に振り回されつつも、絵を描いている時だけ自由になれる女子高生。そんな境遇も性格も異なる女たちの運命は、ある出来事をきっかけに動き始める――人気AV女優、紗倉まなの同名小説を、鬼才・瀬々敬久監督が映画化。“ここから始まる”彼女たちの物語。

■美穂、34歳。何不自由なく暮らしているものの、どこか満たされない日々。夫の健太は何事にも無関心で、子供が欲しいと提案しても忙しい仕事を理由に断られる。最近は病に伏した父を姉と交代で見舞うため、家と病院を往復する毎日。このままずっと同じような生活が続くのだろうか…。そんな空虚な思いを埋めるため、美穂が決心したのはAVに出ること。今までずっと安定志向だった自分の人生を、ひょっとしたら変えることができるかもしれない。そう信じて彼女は新しい世界の扉を開けるが――。

あやこ、17歳。小さな喫茶店を営む祖母の知恵、東京から出戻った母の孝子と3人で、寂れた海辺の町で暮らす。人と接するのが苦手で、クラスメイトとも打ち解けることができない。自分の部屋でキャンパスに向かって絵を描いているときだけが唯一心休まる時間。しかしある日事件が起こる。登校すると、あやこの母親が元AV女優だという噂が広がっていたのだ。定職にも就かず、自由奔放な生活を送る孝子は田舎町では目立つ存在。あやこはそんな母親との距離感をいまだに掴めずにいたが、勇気を出して孝子に真相を確かめようとする――。

彩乃、25歳。専門学校に通うため、そりが合わない家族から逃げるように上京してきたが、軽い気持ちでAVに出演。その後人気女優となり、多忙な毎日を送る。この仕事に後ろめたさはない。むしろ天職かもしれないと思う。日比野という頼りなさげな男とバーで意気投合した彩乃は、そのまま一緒に朝を迎えるが、彼女の仕事を知った母親の泉美が突然現れ、穏やかな幸福感が一気に吹き飛ぶ。AVの仕事をやめるよう説得する母を置き去りにし仕事へと向かう彩乃だったが、撮影中に意識を失い、そのまま病院へ運ばれる――。












































本編 1時間57分
デジタル
シネスコ
カラー
永遠のジャンゴ 字幕
 django
●監督・脚本:エチエンヌ・コマール(『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』脚本)●出演:レタ・カテブ(『アランフエスの麗しき日々』)/セシル・ドゥ・フランス(『少年と自転車』)●第67回ベルリン国際映画祭 オープニング上映●2017年/フランス

音楽だけが、未来を照らした。

「マイナー・スウィング」など数々の名曲を残し、ジミ・ヘンドリクス、エリック・クラプトン、カルロス・サンタナなど世界中のミュージシャンたちが、最も影響を受けた“ギターの英雄”。才能に溢れた気ままで奔放なアーティストとして知られ、「ヨーロッパ初の偉大なジャズ・ミュージシャン」と評された伝説的ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルト――1943年、ドイツ占領下のフランス・パリでジャズを武器にナチスに立ち向かった彼の〈真実の物語〉。

■1943年、ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され。家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。












































本編 1時間16分
デジタル
カラー
YARN 人生を彩る糸 字幕
 yarn
●監督:ウナ・ローレンツェン)●出演:オレク/ティナ/堀内紀子●2016年/アイスランド・ポーランド

人は糸を編み、糸は人をつなぐ。

YARN(糸)を紡ぎ、編み、表現する4組のアーティストが、彩り豊かな糸に人生を見出したパワフルな姿を描く――世界的なクラフト・ブームの中で生まれた、編み物が生活に根ざしている北欧アイスランド発クラフト・アート・ドキュメンタリー。

■祖母と曽祖母から編み物を習ったというティナは、かぎ針編みのニットでゲリラ的に街を彩るヤーン・グラフィティ・アーティスト。家の中におさまっている女性の手しごとを街に引っ張り出し、尖った灰色の街を優しく彩る。アイスランドを飛び出し、バルセロナでは海の女神に捧げるブイを編み込んで海に流し、キューバでは「人生万歳!」とカラフルなニットを壁に打ちつける。

ポーランド出身のオレクは、表現の自由を求めてアメリカへ。「かぎ針編みは私の言葉であり、これでコミュニケーションをとるの」故郷の人々と一緒に機関車を編み込み、スパイダーマンさながらのパフォーマーが操るニットで彩られた人力車や全身ニットの集団と街を練り歩き、道行く人々を驚かせ、楽しませる独自のスタイルでアートの世界に切り込んでいく。

白い糸だけで構成された真っ白な舞台で「Knitting Peace」という公演を行うスウェーデンのコンテンポラリーサーカス、サーカス・シルクール。「糸は色んなものの象徴であり、自在に形を変え、人生のメタファーだ」とパフォーマーは語る。糸の上を歩き、命がけの練習を繰り返すパフォーマーたちの努力に人生の意味を見出させ、観客に投げかける。

長年テキスタイルの彫刻を作っていた堀内紀子は、心の空洞を感じるようになった。ある時、作品に子どもたちが飛び乗ったのを見て、「人のために作品を作る」ことを決意する。それ以来、未来を担う子どもたちの想像力を刺激し、子ども自身が工夫して遊び、子ども同士が自然と友達になってしまうカラフルなネットの遊具を、世界中で作り続けている。












































本編 1時間30分
デジタル
ビスタ
カラー
サファリ 字幕
 t
●監督・脚本:ウルリヒ・ザイドル(『ドッグ・デイズ』)●第73回 ヴェネツィア国際映画祭 正式出品●2016年/オーストリア

禁断の、狩猟世界(ハンティング・ワールド)。

2015年、SNSに投稿された1枚の写真が世界を怒り狂わせた。そこには、弓を持ち、誇らしげな顔をするアメリカ人歯科医師と、今まさに殺されたばかりのライオンの姿が写っていた――獲物の毛皮や頭だけを目的に動物を狩猟するレジャー、“トロフィー・ハンティング”。アフリカの地で合法的に行われているビジネスの実態を描き出す衝撃のドキュメンタリー。

■野生動物の楽園、アフリカ。茂みに身を隠しハンターは息を潜める。風下にいることを確認しながら獲物との距離を詰める。スコープを覗き込むハンター。息を殺す。高鳴る鼓動を感じる。1秒、2秒、3秒、4秒、5秒…。乾いた草原に発砲音が鳴り響く。“ドサ”。大きな動物が倒れこむ音が聞こえる。仕留めたばかりのキリンが力なく地に横たわり、ゆっくりと長い首を振る。その横では、ハンターたちは歓喜にあふれ、妻を抱きしめ、涙を流しキスをする…。












































本編 1時間19分
デジタル
ビスタ
カラー
猫が教えてくれたこと 字幕
 kedi
●監督:ジェイダ・トルン●2016年/アメリカ

ここは人間と猫が支えあって生きる最後の楽園

古くから猫の街として知られるトルコ・イスタンブール。野良猫たちが街を歩く姿はすでにイスタンブールの景観の一部にもなっている。猫たちは人間たちの生活に自然に溶け込み、心の支えともいえる存在だ。日々をひたむきに生きる街の人々はそれぞれの悩みや苦しみを胸に秘め、猫との出会いに癒され深い愛情を注いでいる――アメリカでは外国語ドキュメンタリー映画として史上3位の大ヒット。まるで猫と会話をしているように通じあう人と猫とのあたたかな交流を優しく見つめた物語。

■生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッセンにいつも美味しいエサをもらっている礼儀正しい「デュマン」。

古くから猫の街として知られるトルコの古都イスタンブール。生まれも育ちも全く違う、7匹の個性豊かな猫を軸に、イスタンブールの人々と猫の幸せな関係をとらえていく。












































本編 1時間29分
デジタル
カラー
《谷崎潤一郎 原案 TANIZAKI TRIBUTE》 神と人との間
 kami to hito tono aida
●監督:内田英治(『獣道』)●出演:渋川清彦(『下衆の愛』)/戸次重幸(『エキストランド』)/内田慈(『ピンカートンに会いにいく』)●2018年/日本

悪魔的恋愛、笑えるほどに重い

近代日本文学を代表する作家・谷崎潤一郎の短編を現代劇へ実写化する3作品連続企画“TANIZAKI TRIBUTE”の1作目。

谷崎潤一郎の一大スキャンダル“細君譲渡事件”を基に、町医者と妻、彼の親友の歪んだ三角関係を描く、底辺の愛の物語。

■ともに熱帯魚屋で働く朝子に思いを寄せる町医者の穂積とその親友の漫画家・添田。穂積は添田に朝子を譲るが、結婚した途端に添田は愛人を作り朝子を虐待、さらに穂積と朝子が不倫をするようけしかける。サディスト化した添田に挑発されながらも朝子を思い続ける穂積。そんな純愛も、ある事件をきっかけに憎悪に変わっていく…。












































本編 1時間21分
デジタル
カラー
《谷崎潤一郎 原案 TANIZAKI TRIBUTE》 富美子の足
 fumiko no ashi
●監督:ウエダアツシ(『天使のいる図書館』)●出演:片山萌美(『劇場版 屍囚獄 起ノ篇』)/淵上泰史(『ダブルミンツ』)/でんでん(『冷たい熱帯魚』)●2018年/日本

狂っているのは、私か、男たちか

近代日本文学を代表する作家・谷崎潤一郎の短編を現代劇へ実写化する3作品連続企画“TANIZAKI TRIBUTE”の2作目は、乱れ咲く、足への偏愛(フェティシズム)を描く異色ドラマ。

■デリヘルで見つけた富美子を愛人にし、彼女の美しい足を偏愛する富豪の塚越老人。フィギュア作家である甥の野田に富美子の足の等身大フィギュアを作らせるが、満足できず、富美子の足を理解するために舐めるよう命令する…。












































本編 時間分
デジタル
シネスコビスタ
カラー
《谷崎潤一郎 原案 TANIZAKI TRIBUTE》 悪魔
 t












































本編 1時間29分
デジタル
シネスコ
カラー
彼女が目覚めるその日まで 字幕
 brain on fire
●監督・脚本:ジェラルド・バレット(『はじまりのうた』)●出演:クロエ・グレース・モレッツ(『キック・アス』)/トーマス・マン(『キングコング:髑髏島の巨神』)/リチャード・アーミテイジ(『イントゥ・ザ・ストーム』)/ジェニー・スレイト(『gifted/ギフテッド』)/キャリー=アン・モス(『ポンペイ』)●2016年/カナダ・アイルランド

絶対にあきらめない。

ある日突然、人格を奪われ正気と狂気の間をさまよう病にかかったうら若き女性。目覚めぬ娘を信じ続けた両親、絶対にあきらめないと誓った恋人、彼らに突き動かされた医師たち──NYタイムズベストセラー・ノンフィクション第1位映画化。原因不明の病と闘った一人の女性と生きる希望をつないだ家族の感動の実話。

■憧れのニューヨーク・ポスト紙で働く21歳のスザンナ・キャハランは、1面を飾る記者になる夢へと突き進んでいた。付き合い始めたばかりのミュージシャンの恋人スティーヴンを両親に紹介し、仕事も恋も順調だ。

ところが、“それ”は足音もなく突然やって来た。物忘れがひどくなり、トップ記事になるはずの大切な取材で、とんでもない失態を犯してしまう。幻覚や幻聴に悩まされて眠れず、全身が痙攣する激しい発作を起こして入院するが、検査の結果は「異常なし」。日に日に混乱し、全身が硬直して会話もできなくなってしまったスザンナを見て、精神科への転院をすすめる医師たち。だが、両親とスティーヴンは、スザンナの瞳の奥の叫びを受け止めていた──。












































本編 1時間39分
デジタル
シネスコ
カラー
星空 字幕
 xing kong
●監督:トム・リン(『百日告別』)●出演:シュー・チャオ(『ミラクル7号』)/リン・フイミン/レネ・リウ(『イノセントワールド -天下無賊-』)/ハーレム・ユー(『ドラゴンヒート』)/ケネス・ツァン(『盗聴犯 -狙われたブローカー-』)●2011年/台湾・中国

暗闇のなかで君を見つけた。

両親は離婚寸前、慕っていた祖父も他界し寂しさを募らせる13歳の少女は、ある日不思議な転校生に出逢った。子供と大人の世界の真ん中、心に傷を負った二人は旅に出る。あの寂しくて眩しい星空を見るために――台湾の国民的人気絵本作家ジミー・リャオのベストセラー「星空」を2011年に映画化。台湾映画史に燦然と輝く珠玉作が5年の沈黙を破り待望の日本公開決定。心に傷を負った少年少女の旅を描く青春ドラマ。

■13歳の欣美(シンメイ)の両親は美術商で家には素敵な美術品が揃っていたが、両親は出張が多く離婚寸前。さらに慕っていた彫刻家の祖父が亡くなり、居場所を失ってしまう。そんなある日、欣美はスケッチブックを抱えた不思議な転校生・宇傑(ユージエ)と出会う。心に傷を負った二人は親しくなっていき、星空を見るため旅に出るが…。












































本編 1時間31分
デジタル
カラー
ソニータ 字幕
 sonita
●監督:ロクサレ・ガエム・マガミ●出演:ソニータ・アリザデ/ロクサレ・ガエム・マガミ●サンダンス映画祭2016 ワールドシネマ部門グランプリ&観客賞ダブル受賞●2015年/スイス・ドイツ・イラン

わたしの値段は9,000ドル

沈黙のかわりに私は叫ぶ。絶望の淵に立たされたとき、あきらめない少女の歌は奇跡を引き寄せる。家族のために結婚を強いられるアフガン難民ソニータは、歌うことで自らの運命を変えていく――監督をも巻き込み、運命を変えていくソニータの姿に世界中が感動したドキュメンタリー。

■ソニータがスクラップブックに書いた夢は有名なラッパーになること。しかし、パスポートも滞在許可証もなく、アフガニスタンのタリバンから逃れてきた難民の彼女は、不法移民としてこの施設で心の傷を癒やすためのカウンセリングや将来のアドバイスを受けている。

一方で彼女の家族は全く別の将来を準備していた。彼女が16歳になると、アフガニスタンに住む親は、古くからの習慣どおりにソニータを見ず知らずの男性に嫁がせようとする。花嫁の値段は9,000ドル。女性が歌うことが許されないイランで、ソニータはどうしたらラッパーになる夢を叶えることが出来るのだろうか?母親から迫られる強制結婚から逃れるため、そして有名なラッパーになるという夢を追うため、ソニータは自らの人生を歌うことで切り拓こうとする。












































本編 1時間38分
デジタル
ビスタ
カラー
巫女っちゃけん。
 mikocchaken.
●監督:グ・スーヨン(『ハードロマンチッカー』)●出演:広瀬アリス(『氷菓』)/MEGUM(『闇金ドッグス3』)/飯島直子(『メッセンジャー』)/リリー・フランキー(『美しい星』)/山口太幹●2017年/日本

絶対バチ当たるけんね。

夢も希望もオッパイもない巫女に、突然、舞い降りてきたのは、どーしようもない悪ガキだった――福岡県宮地嶽神社の特別協力のもと製作。神社で嫌々巫女のバイトをしているヒロインが、口の利けない5歳の少年との出会いをきっかけに大きく変わっていくさまを描く人間ドラマ。

■神社で巫女のバイトをするしわすは、宮司の父には「就職が決まったら巫女なんかすぐにやめる」と文句を言っているが、特にやりたいことや夢があるわけではない。子供の頃に母が家を出ていったことがトラウマで何かにつけ反発していた。

そんな中、ボヤ騒ぎや賽銭や食べ物の盗難などの事件が発生。夜中の境内見回り中、しわすは社殿に隠れていた5歳の少年・健太を捕まえる。なにを聞いても一切口をきかない健太をしばらく神社で預かることになり、しわすはいやいや世話係をすることに。やがて母親の美和I)が迎えに来るが、数日後再び健太は境内に隠れていた。顔には殴られた痕があり、児童相談所の相談員を交えた話し合いの席で誰に殴られたか聞かれた健太はしわすを指さす。警察も動き出し、周囲からも疑いの目を向けられるようになったしわすが最後に取った行動とは…。












































本編 2時間16分
デジタル
カラー
ヒトラーに屈しなかった国王 字幕
 kongens nei
●監督:エリック・ポッペ(『おやすみなさいを言いたくて』)●出演:イェスパー・クリステンセン(『僕とカミンスキーの旅』)/アンダース・バースモー・クリスチャンセン(『キャノンレース』)/カール・マルコヴィクス(『ヒトラーの贋札〈にせさつ〉』)/カタリーナ・シュットラー(『ヒトラー暗殺、13分の誤算』)/ツヴァ・ノヴォトニー(『ある戦争』)●アカデミー賞 外国語映画賞ノルウェー代表作品●2016年/ノルウェー

私は決断する――愛する国民のために。

ナチスに降伏を迫られた国王が“選択”した決断とは――第二次世界大戦時、北欧の小国ながらナチス・ドイツに最も抵抗し続けたノルウェー。その歴史に残る重大な決断を下した国王ホーコン7世の運命の3日間を描く歴史ドラマ。

■1940年4月9日、ナチス・ドイツ軍がノルウェーの首都オスロに侵攻。ドイツ軍の攻撃に交戦するノルウェー軍だったが、圧倒的な軍事力によって、主要な都市は相次いで占領される。降伏を求めてくるドイツ軍に対しノルウェー政府はそれを拒否し、ノルウェー国王のホーコン7世は、政府閣僚とともにオスロを離れる。

一方、ヒトラーの命を受けたドイツ公使は、ノルウェー政府に国王との謁見の場を設けるように、最後通告をつきつける。翌日、ドイツ公使と対峙した国王は、ナチスに従うか、国を離れて抵抗を続けるか、家族のため、国民のため、国の運命を左右する究極の選択を迫られる――。












































本編 1時間29分
デジタル
カラー
ブルー・バタフライ 字幕
 blue butterfly
●監督・脚本:日比遊一(『健さん』)●出演:トレイシー・ペレス/イヴァン・カミロ/ジョン・ジューバック●2014年/アメリカ・日本

青い蝶が舞う夢を見た。陽だまりで、母に抱かれて…

消えない過去の記憶、女性同士の切ない恋愛…彼らに未来はあるのか――ドキュメンタリー 『健さん』でモントリオール映画祭最優秀賞作品賞、日本映画批評家大賞を受賞した気鋭の日比遊一監督による初フィクション、待望の日本公開。ニューヨークで起きた実話を基に、社会の底辺でもがきながら生きる若者の姿を描く人間ドラマ。

■ヤズは義父から性的暴行を受けて育ったため本来の柔和な性格が一変し、心優しい義兄マニーを利用しながら酒やドラッグに身を任せる荒んだ生活を送っていた。ヤズを守るために犯した罪で仮釈放の身のマニーは、ヤズへの“特別な想い”を隠しながら、困ったときに頼ってくる義妹をなんとか支えようとする。

自分のせいで死んだ実の息子にマニーを重ねるマニーの保護観察官ブレナーは、マニーからヤズを引き離すことで彼を立ち直らせようとする。しかしヤズは、荒れ狂った行動をさらにエスカレートさせていく…。












































本編 1時間49分
デジタル
カラー
52Hzのラヴソング 字幕
 52hz, i love you
●監督:ウェイ・ダーション(『海角七号 君想う、国境の南』)●出演:リン・ジョンユー/ジョン・ジェンイン/スミン/チェン・ミッフィー/リン・チンタイ(『セデック・バレ 第一部 太陽旗』)●2017年/台湾

あなたの声で、世界は輝く。

台湾・台北のバレンタインデー。恋人のいない花屋のシャオシンとパン職人のシャオアンは、配達中に接触事故を起こし、一緒に配達することになるが――伝説の映画『海角七号 君想う、国境の南』『セデック・バレ』のウェイ・ダーション監督6年ぶりの最新作は、世代も性別も超えた様々な愛のカタチを17曲のラヴソングで綴った極上のミュージカル・エンターテイメント!

■バレンタインデーの台北。書き入れ時の花屋の店主には、一緒に過ごす彼氏がいない。想いを寄せる女性のために注文の品を作った孤独なパン職人は、それが彼女からその恋人へ贈られるものだと知っている。切なさを胸に、花とチョコレートをそれぞれ配達する二人だが、ある事件から行動を共にすることに。

一方、パン職人が愛する公務員の女性は、夢を追い続ける作曲家の恋人を応援しながら十年間生活を支え続けていたが、二人は別れとプロポーズという正反対の思惑でバレンタインの朝を迎えていた――。












































本編 1時間34分
デジタル
カラー
悪魔祓い、聖なる儀式 字幕
 liberami
●監督・脚本:フェデリカ・ディ・ジャコモ●第73回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門最優秀作品賞受賞●2016年/イタリア・フランス

神父、我を救い給え――

人間vs悪魔。“エクソシスト”は現代に存在した――十字架と祈祷の言葉を武器に敬虔な神父が悪魔の前に立ちはだかる。世界的に大ヒットした映画『エクソシスト』。悪魔に憑かれた者を助けようとする神父たちは、映画のフィクションではなかった。ヴァチカン騒然!現代のエクソシストの実情に迫った禁断のドキュメンタリー。

■現代の神父たちもカトリックの総本山ヴァチカンとイタリアを中心に、日毎膨らむ悪魔祓いの需要に対応していた。これまで外部に閉ざされてきた悪魔祓いの儀式にカメラが潜入。現代の悪魔祓い師と悪魔の臨場感溢れるせめぎ合いをリアルに映し出す。

カタルド神父はシチリア島の有名なエクソシスト。科学や医療では解明できない問題や病を抱えた人たちが教会に殺到。人々はそれが悪魔の仕業だと信じている。カメラは悪魔を祓う儀式や神父の日常だけでなく、悩みを抱えた人々の日常も写しとる。ナレーションなしで撮影対象の真の姿を浮かび上がらせ、独特のユーモアで観客を引き込む。美しい神秘の島を舞台に、究極の「癒し」の扉が開く――。












































本編 1時間33分
デジタル
カラー
なっちゃんはまだ新宿
 nacchan wa mada shinjuku
●監督・脚本:首藤凜(『また一緒に寝ようね』)●出演:池田夏海/菅本裕子/河西裕介/尾苗愛/ふくだ傑)●MOOSIC LAB 2017 準グランプリ 他3冠受賞●2017年/日本

大嫌いで、大好き。

普通の女の子“秋乃”と、彼女が好きな人の恋人“なっちゃん”。2人の行き場のない逃避行が始まる――『また一緒に寝ようね』でPFFアワード2016審査員特別賞などを受賞した新鋭・首藤凛監督が、2人組バンドPOLTAの楽曲に着想を得て描いた青春ドラマ。

■高校生バンドPOLTAの同級生でマネージャー志望の秋乃は近頃、同級生の岡田に恋心を抱いている。しかし岡田には他校に通う「なっちゃん」という彼女がいた。彼が愛おしそうに話すその少女のことを秋乃はいつも考えてしまう。

そんなある日、自分の部屋のタンスを開けると、そこになっちゃんがいた。それ以来、なっちゃんは戸惑う秋乃の前に幾度も現れ無邪気に笑う。かけがえのない誰かのように――。












































本編 2時間09分
デジタル
ビスタ
カラー
わたしは、幸福(フェリシテ) 字幕
 felicite
●監督:アラン・ゴミス●出演:ヴェロ・ツァンダ・ベヤ/ガエタン・クラウディア/パピ・ムパカ/カサイ・オールスターズ●2017年ベルリン国際映画祭 銀熊賞(審査員大賞)受賞●2017年/フランス・セネガル・ベルギー・ドイツ・レバノン

あなたの歌を聞かせて。

「幸福(フェリシテ)」という名前を持つ歌手フェリシテ。彼女はまだ幸福の意味を知らなかったった――自然や野生のアフリカではなく、社会派のアフリカでもない。アフリカを愛する人たちが「これこそアフリカ」と太鼓判を押す、愛とリアル。コンゴ民主共和国の首都キンシャサを舞台に一人の女性の力強い生き様を描いた感動ドラマ。

■コンゴ民主共和国の首都キンシャサ。この街は優しいだけじゃ生きていけない。バーで歌いながら、女手ひとつで息子を育てている歌手フェリシテ。その名前はフランス語で“幸福”の意味。人生は彼女に優しくないけれど、歌うときだけ彼女は輝く。そんな彼女に気があるのは、バーの常連のタブーだ。

ある日、フェリシテが目を覚ますと直したばかりの冷蔵庫が壊れていた。同じ日、一人息子サモが交通事故で重傷を負う。連絡を受け病院に急ぐが、医者は彼女に告げる。「前払いでないと手術はできない」。手術代を集めるため、フェリシテは、親族や別れた夫、以前お金を貸した男女、最後には見ず知らずの金持ちのボスを訪ねるのだった。誇り高く、自分を折ることができない彼女の中で何かが壊れていく。絶望から歌さえ歌えなくなるフェリシテ。夜の森を彷徨うフェリシテが見つける幸福とは…。












































本編 1時間44分
デジタル
シネスコ
カラー
おじいちゃん、死んじゃったって。 
 ojiichan, shinjattatte
●監督:森ガキ侑大●出演:岸井ゆきの(『森山中教習所』)/岩松了(『ペコロスの母に会いに行く』)/美保純(『ポエトリーエンジェル』)/岡山天音(『氷菓』)/水野美紀(『恋の罪』)●2017年/日本

誰も泣かなかった。それでも、かぞくだった。

ある夏の地方都市。吉子の祖父が亡くなり、父を始めとした家族が葬儀のために集まる。悲しむ間もなく、葬儀の準備を進めていた最中、それぞれの厄介な事情が明らかになるが――となりあわせに交錯する「生」と「死」。愛しいのにやっかいな家族の本音と距離。“九州の小京都”と称賛される熊本県人吉市を舞台に、「家族」と「わたし」が歩き出す、これからの物語。数々のヒットCMを手掛けてきた森ガキ侑大の長編映画監督デビュー作。

■とある夏の地方都市。吉子が、彼氏とのセックスを中断して鳴り続ける電話を取ると、その耳に飛び込んできたのは、祖父の訃報だった。二階から草むしりをする父・清二に声をかける。「おじいちゃん、死んじゃったって」。

葬儀のために久しぶりに集まった祖父の3人の子とその家族は、悲しむ暇もなく準備に追われる。ところがその最中、それぞれの厄介な事情が表面化。親たちの兄弟ゲンカが始まり、みっともないほどの本音をさらけ出す。そんな親族に呆れながらも、流れに身を任せていた吉子は…。












































本編 時間 分
デジタル
カラー
サラバ静寂
 saraba seijaku
●監督:宇賀那健一(『黒い暴動』)●出演:吉村界人(『太陽を掴め』)/若葉竜也(『葛城事件』)/斎藤工(『昼顔』)/SUMIRE/森本のぶ(『アリーキャット』)●日本

■音楽などの娯楽が禁止された世界。若者たちは音楽を知らずに育つが、ミズトとトキオという若者はある日、ひょんなことから音楽を聴いてしまい衝撃を受ける。更に現在も闇ライブが行われていることを知り、そこに行くことを夢見る――近未来を舞台にした異色のロードムービー。

■音楽や映画、小説などの娯楽を禁止する法律“遊楽法”が施行された日本。ネジ工場で働くだけの単調な生活を送っていたミズトとトキオはある日偶然、根絶されたはずの音楽が数多く保存されている廃墟を発見する。以来、その廃墟に通い詰め、音楽に魅了された2人は、今も闇ライブを行っている“サノバノイズ”の存在を知り、そこへ行くことを夢見て一緒に音楽を作り始める。一方、音楽を所持した罪で父を殺されたヒカリも、2人のいる廃墟へと向かっていた…。












































本編 1時間37分
デジタル
ビスタ
カラー
アランフエスの麗しき日々 字幕
 les beaux jours d'aranjuez
●監督・脚本:ヴィム・ヴェンダース(『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』)●出演:レダ・カテブ(『永遠のジャンゴ』)/ソフィー・セミン(『愛のめぐりあい』)/イェンス・ハルツ/ニック・ケイブ●第73回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品●2016年/フランス・ドイツ・ポルトガル

そしてふたたびの夏。もしかしたら最後の夏かもしれない

ルー・リードの名曲「パーフェクト・デイ」とともに映し出される無人のパリ。やがてカメラは、柔らかい夏の風が吹く木陰のテラスへ。男と女が語り始める――巨匠ヴィム・ヴェンダースが、盟友ペーター・ハントケの戯曲を映画化。『ベルリン・天使の詩』以来となる二人の5本目のコラボレーションは彼にとって初のフランス語映画であり、「生涯で初めて100%自分の思いのままに撮り上げた映画」と語る自信作でもある。

■木々の間を吹き抜ける涼風が木漏れ日を揺らす夏の午後。小高い丘の上の一軒家からは、足元に広がる田園風景の遠くに、パリの街並みがおぼろげに見える。庭の木陰に置かれたテーブルをはさんで座る一組の男女が、最初はためらいがちに長い対話を始める。

性的体験、子供時代の思い出、それぞれの記憶、夏の本質、男と女の違いについて…。ときに激しい言葉がゲームのように応酬し、ときに長いモノローグや間、静寂へと変容していく。庭に向かって大きく開け放たれた扉の奥の書斎には、タイプライターを前に、作家がひとり、庭を見つめながら座っている…。












































本編 2時間15分
デジタル
カラー
ニワトリ★スター 字幕 
 niwatori star
●監督:かなた狼●出演:井浦新(『光』)/成田凌(『飛べないコトリとメリーゴーランド』)/紗羅マリー/LiLiCo(『猫侍 南の島へ行く』)/津田寛治(『ツレがうつになりまして。』)●2018年/日本

「★かったのは、何だっけ?」

自堕落ダメ男コンビが東京の奇妙なアパートの奇妙な住人たちと繰り広げる傷だらけの生活の行方は――オープニングの衝撃と、見終わった後の感動が、新しい感覚を生む異色のバイオレンス・ラブ・ファンタジー。

■東京の片隅にある奇妙なアパート“ギザギザアパートメント”。深夜のバーでアルバイトをする草太と楽人は自堕落な共同生活を送っていた。草太の秘密、それは大麻の半端な末端売人である事。天真爛漫で自由気ままで破天荒な楽人。これといった人生の目標もなく、大都会東京の底辺でだらだらと日々を過ごす二人。

ギザギザアパートには奇妙な住人達が住んでいた。本質的にはレズビアンの中年ホモカップルの菊と熊。2人が経営するスナック菊熊にて色情愛憎劇に翻弄されるボーイの政。虚言癖を持つ自称ラスタマンのタイ人ムッキーはヒモ生活。そして突如、草太達に訪れる“あいつら”の恐怖。街の不良を影で操り暴力団の新たなる形態を司る爬虫類型ヤクザ・八田と爬部井。草太に大麻を卸す不良ラッパーJが禁断の扉を開けた…。












































本編 2時間13分
デジタル
カラー
星くず兄弟の新たな伝説 
 hoshikuzukyoudai no aratana densetsu
●監督・脚本:手塚眞(『ブラックキス』)●出演:三浦涼介(『PIECE -記憶の欠片-』)/武田航平(『光と禿』)/荒川ちか(『夏ノ日、君ノ声』)/高木完(『R246 STORY』)/久保田慎吾●2016年/日本

あれから30年…伝説のカルトムービーが、パワーアップして帰ってきた!!

80年代をリードしたロックンローラー・近田春夫が発表した"架空のロックミュージカルのサントラ盤"を1985年に手塚眞が映画化し、熱狂的人気を博したロック・ミュージカル『星くず兄弟の伝説』。伝説的カルトムービーとなった前作から30年の時を経て、近田春夫×手塚眞コンビが再タッグを組み、ケラリーノ・サンドロヴィッチが脚本に参加し復活させた、リメイクでも続編でもない、まったく新しいコンセプトによるニューカルトムービー。

近未来を舞台に、若返ったスターダスト・ブラザーズが、月へ行ったり西部劇のごとく大暴れしたり、歌やダンスを交え破天荒な大冒険を繰り広げる、最高に奇抜で痛快な物語。

■近未来、東京の下町――かつて「スターダスト・ブラザーズ」として一斉を風靡したカンとシンゴ。東京の下町にあるバーのオヤジとなったシンゴは過去の栄光を夢見、「地球がダメなら月でもう一度スターに‼」との思いで、売れっ子DJとして活躍するカンを誘ってリ・エイジングスタジオで若返り、月へと旅立つ。

月世界で彼らを迎えたのは、どうしようもなくダメな芸能プロダクション「アストロ・プロモーション」。社長のアストロ南北は地球では売れっ子スターだったと自称するが、この事務所にはウサコとチェリー喜美雄というパッとしない二人のタレントしかいない有様。しかも新・星くず兄弟の初ステージは場末のショーパブだった。すっかり意気消沈した二人に酔っぱらいの老人が「スターになりたかったら〈ロックの魂〉を探せ」と声をかける。
こうして謎の〈ロックの魂〉を求めて、スターダスト・ブラザーズ二人の月世界の冒険がはじまる。

一方、月の芸能界を支配する組織「フラッシュバブル」の女ボス、ベタール卑美子と片腕チェザーレ伊東は、星くず兄弟の活躍を封じるべく、刺客を送り込むことに。果たして、スターダスト・ブラザーズ二人は〈ロックの魂〉を手に入れることはできるのか!?はたまた、スターになることができるのか!?












































本編 1時間32分
デジタル
シネスコ
カラー
まともな男 字幕
 nichts passiert
●監督・脚本:ミヒャ・レビンスキー●出演:デーヴィト・シュトリーゾフ(『ヒトラーの贋札〈にせさつ〉』)/マレン・エッゲルト(『es[エス]』)/ロッテ・ベッカー/アニーナ・ヴァルト/マックス・フバッヒャー●2016年スイス映画賞 最優秀作品賞ノミネート/最優秀脚本賞受賞●2015年/スイス

小さな嘘は、やがて狂気に。

スイスのアルプス。壮麗な雪山で続いてゆく負の連鎖。まとまらない家族、孤立していく父親。積み重なった小さな嘘は、やがて狂気へ変わっていく――スイス国内で絶賛の嵐。鬼才ミヒャ・レビンスキー監督の問題作にして衝撃の人間ドラマ。

■中年会社員のトーマスは、休暇に家族とスキー旅行に向かった。しかし、妻とは長く倦怠期が続いており、娘は反抗期。成り行きで上司の娘であるザラも連れて行くことになる。コテージに到着後、娘たちは地元の青年セヴェリンに誘われてパーティーに出かける。迎えにきたトーマスが目にしたのは、街角で悲痛に暮れるザラの姿だった。彼女はセヴェリンにレイプされたと告白する。保護者として事態の収拾にあたるトーマスは、穏便に済ませようと小さなウソを重ねていくが、彼を取り巻く状況はゆっくりと混沌へ向かってゆく──。












































本編 1時間47分
デジタル
ビスタ
カラー
米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー
 america ga mottomo osoreta otoko
●監督:佐古忠彦●出演:瀬長亀次郎●声の出演:山根基世(『マザー・テレサと生きる』)/大杉漣(『シン・ゴジラ』)●2017年/日本

一握りの砂も、一坪の土地も、アメリカのものではない

沖縄戦を起点に、今につながる基地問題。27年間にわたったアメリカの軍事占領を経て、日本復帰後45年が経っても、なお基地が集中するなか、沖縄の人々が声を上げ続ける、その原点…。それは、まさに戦後の沖縄で米軍支配と闘った瀬長亀次郎の生き様にあった――占領下の沖縄で米軍の圧政と戦った男の生き様を、貴重な映像で描くドキュメンタリー。

■第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人"弾圧"を恐れず米軍にNOと叫んだ日本人がいた。「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー瀬長亀次郎。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させた。彼を恐れた米軍は、様々な策略を巡らすが、民衆に支えられて那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた政治家、亀次郎。その知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を、稲嶺元沖縄県知事や亀次郎の次女など関係者の証言を通して浮き彫りにしていく。












































本編 2時間20分
デジタル
シネスコ
カラー
密偵 字幕 
 the age of shadowst
●監督:キム・ジウン(『悪魔を見た』)●出演:ソン・ガンホ(『弁護人』)/コン・ユ(『新感染 ファイナル・エクスプレス』)/ハン・ジミン(『王の涙 -イ・サンの決断-』)/鶴見辰吾(『ポエトリーエンジェル』)/オム・テグ(『隠された時間』)●2016年/韓国

日本警察 vs 義烈団。運命の歴史に名を刻め!

2016年に韓国で劇場公開後21日にして観客動員750万人を突破し大ヒットを記録――日本統治時代の1920年代を背景に、独立運動団体「義烈団(ウィヨルダン)」と 彼らを追う日本警察との攻防をスリル満点に描いた究極の秘密諜報サスペンス巨編。

■朝鮮人でありながら日本の警察に所属するイ・ジョンチュルは、義烈団を監視しろ、と部長のヒガシから特命を受ける。義烈団のリーダーであるキム・ウジンに近づき、ウジンと懇意になるジョンチュル。しかしそれは、義烈団の団長チョン・チェサンがイ・ジョンチュルを“義烈団”へ引き込むための餌だった。

義烈団と日本警察の情報戦が展開する中、義烈団は上海から京城(現ソウル)へ向かう列車に日本の主要施設を標的にした大量の爆弾を積み込むことに成功。敵か味方か、密偵は誰なのか、互いに探り合いながら爆弾を積んだ列車は国境を越えて京城へ向かうが、そこで待っていたのは…。












































本編 1時間14分
デジタル
カラー
アイスと雨音
 ice to amaoto
●監督:松居大悟(『アズミ・ハルコは行方不明』)●出演:森田想(『心が叫びたがってるんだ。』)/田中怜子/紅甘(『白河夜船』)/青木柚(『14の夜』)/田中偉登(『るろうに剣心』)●2017年/日本

私たちの青春は、もう止まらない。

2017年、小さな町で演劇公演が予定されていた。オーディションで選ばれ、初舞台に意気込む少年少女たち。しかし、その舞台は突如中止となった――少年少女が贈る覚悟の一発撮り。ある舞台公演を巡る若者たちの姿を、74分ワンカットで綴った青春ドラマ。

■2017年、小さな町で演劇公演が予定されていた。イギリスの戯曲を日本で初上演する。戯曲は、世界の演劇シーンで注目を集めるイギリスの劇作Simon Stephensの「MORNING」。親友が町を出ていくことをきっかけに、鬱屈からの夜明けを描いた物語。オーディションで選ばれ、初舞台に意気込む少年少女たち。しかし舞台は、突如中止になった。「ねぇ、稽古しようよ」と、ひとりの少女が言い放つ――。












































本編 1時間31分
デジタル
カラー
写真家ミック・ロック -ロック・レジェンドの創造主- (仮題) 字幕
 shot! the psycho-spiritual mantra of rock
●監督:バーナビー・クレイ●出演:ミック・ロック●2016年/イギリス・アメリカ

■デビッド・ボウイ、イギー・ポップ、クイーンなどのミュージックアイコンたちを撮り続けてきたカメラマン、ミック・ロック。保管していた貴重な未公開映像などで、ロック・レジェンドの姿をとらえたドキュメンタリー。

■70年代イギリスのグラムシーンに始まり、ニューヨークのパンクロックシーンから現在に至るまで、それぞれの時代を代表するミュージックアイコンたちを撮り続けてきたミック・ロック。本人が自らナレーションを担当し、自身が保管していた莫大な資料の中から、デビッド・ボウイやシド・バレットの未公開映像、ルー・リードのインタビュー音声などを使用。約40年に及ぶ活動の歴史を、ミック・ロック独自の視点からひも解いていく。












































本編 2時間26分
デジタル
カラー
クイーン 旅立つわたしのハネムーン 字幕
 queen
●監督・脚本:ビカス・バル●出演:カンガナー・ラーナーウト/ラージクマール・ラーオ/リサ・ヘイドン●2015フィルムフェアアワード 最優秀監督賞/最優秀作品賞/最優秀女優賞/撮影賞ほか受賞●2014年/インド

失意の底から輝く女王へ

新しい一歩を踏み出す勇気がきっともらえる――大ヒット作『きっと、うまくいく』、『マダム・イン・ニューヨーク』に続く、インド映画の新しい潮流。突然の婚約破談に傷心する主人公ラニが、パリ~アムステルダムを旅する最中、多様な文化や出会った仲間たちとの交流によって成長していく、スタイリッシュなガールズロードムービー。

■デリーの保守的な家庭に生まれ育ったラニは、家族の知り合いの息子ヴィジャイとの婚約を控えていた。しかし、式の直前になり婚約を破棄されてしまう。失意のラニは部屋に閉じこもり泣き暮らしていたが、家族の励ましもあり、新婚旅行で行くはずだったヨーロッパ旅行に一人で行こうと決心する。​

一人で「新婚旅行」へ出発したラニ。第一の旅先パリで待っていたものは、言葉の壁と孤独感。心機一転のはずが様々なトラブルに見舞われ意気消沈してしまう。そんなラニを救ったのは、宿泊したホテルの女性従業員ヴィジャイラクシュミ。シングルマザーである彼女は、枠に縛られず自由に生きるという、女性の生き方の多様性をラニに教える。

パリを後にし次に訪れたアムステルダムでは、ゲストハウスで新たな出会いがラニを待っていた。平和を願う絵描きのオレクサンダー、ムードメイカーの日本人タカ、フランス人のティミー。そして、街中で知り合った情熱的なシェフ、マルセロ。ラニは、彼らとの交流や価値観に触れながら、次第に元気を取り戻し成長していく。












































本編 1時間33分
デジタル
ビスタ
カラー
ラーメンヘッズ 作品内容
 ramen heads
●監督:重乃康紀●出演:富田治/飯田将太/大西祐貴●HOT DOCSカナディアン国際ドキュメンタリー映画祭 正式招待作品●2017年/日本

食ってみろ!

わが麺狂(ヘッズ)たちに、世界驚愕――「ラーメンほど熱狂的な信者のいる食べものはない。そのラーメンバカたちを魅了するには、作り手もそれ以上のラーメンバカ(=ヘッズ)じゃないといけない」と語る、業界最高権威TRY大賞4連覇のキング・オブ・ラーメン富田治。彼が営む千葉の人気ラーメン店「中華蕎麦とみ田」と、そこに集まる熱狂的なお客さんたちの姿を、1年3か月にわたり長期取材。現代日本のラーメン文化を鮮烈に描き出すドキュメンタリー。

■ラーメン日本一の秘密にどこまで迫れるのか。 そんな心配は杞憂に過ぎなかった。富田は惜しげもなくラーメン作りの詳細を見せてくれた。異常なまでのスープと麺へのこだわり、そして具材へのきめ細やかな配慮が、一つ一つ具体的に明らかになる。弟子たちへの厳しい叱咤、接客への細心の注意、休日のラーメン屋めぐりと、まるでラーメン修行僧のような富田の日々。驚いたことに、妻と3人の子どもたちとの外食も、まさかのラーメン屋だった。

そんな富田が、店の10周年を迎えるにあたって特別なイベントを企画。神奈川ナンバー1の呼び声の高い「らぁ麺屋 飯田商店」の飯田将太と、ミシュランガイドでラーメン屋として初めて星を獲得した「Japanese Soba Noodles蔦」の大西祐貴とのコラボ。まさに、ラーメン界の“ビッグ3”の揃い踏みだ。1日限定200杯の夢のラーメン。3人はそれぞれが個性をぶつけ、一杯のラーメンを試行錯誤しながら作っていく。

しかし腕に自信があり、自らの信念を持つ3人だけに、意見がぶつかることも…富田は絶対王者らしく、2人の良いところを取り入れながら、至高のラーメンを仕上げた。当日朝7時に配られる整理券を獲得するために並ぶひと、ひと、ひと…なんと前夜10時には200人が埋まってしまった! 翌朝、松戸の小さな店の厨房に3人のカリスマが並んだ。果たしてどんなラーメンが出来上がるのか…。












































本編 2時間43分
デジタル
カラー
苦い銭 字幕 作品内容
 ku qian
●監督:ワン・ビン(『三姉妹 -雲南の子-』)●第74回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門 脚本賞&ヒューマンライツ賞 受賞●2016年/フランス・香港

働けど、働けど。

故郷を離れ、彼らは言う。「苦い銭を稼ぎにいくんだ」――中国。出稼ぎ労働者の街・湖州のおかしくも愛おしい人間たち。14億が生きる国で名匠ワン・ビンが見つめた人生いろいろ。過酷な環境下、縫製工場で働く人々の日常を通し、現代社会の歪な面を浮かび上がらせるドキュメンタリー。

■雲南省出身の15歳の少女シャオミンは、バスと列車を乗り継ぎ、遠く離れた浙江省湖州へと向かう。縫製工場で働くためだ。そこは出稼ぎ労働者が住民の約80%を占める街。朝から晩まで働いて、ただ働いて。

それでもそこには胸に響く一瞬がある。初めて街で働きはじめる少女たちの瑞々しさ、酒に逃げる男、ヤケになる男…。14億が生きる巨大中国の片隅で、一元の金に一喜一憂する彼らの人生を想う。そして気づく。“彼ら”は世界のいたるところに存在する“私たち”――。

中国東海岸にほど近い浙江省湖州。縫製工場が建ち並ぶこの街では、多くの女性たちが各地から出稼ぎに来ており、住民の約80%が出稼ぎ労働者である。雲南省出身の15歳の少女シャオミンもまた、縫製工場で働くため、長距離列車に乗ってやってきた。過酷な労働環境下、一元の金に一喜一憂しながら働く人々。そんな人々の日常を、カメラは捉えていく。












































本編 1時間59分
デジタル
カラー
女の一生 字幕
 une vie
●監督:ステファヌ・ブリゼ(『ティエリー・トグルドーの憂鬱』)●出演:ジュディット・シュムラが(『カミーユ、恋はふたたび』)/ジャン=ピエール・ダルッサン(『間奏曲はパリで』)/ヨランド・モロー(『セラフィーヌの庭』)/スワン・アルロー/ニナ・ミュリス(『 虚空の鎮魂歌〈レクイエム〉』)●ヴェネツィア映画祭2016 国際批評家連盟賞 受賞●2016年/フランス

ささやかな真実

男爵家の一人娘ジャンヌは親の勧める子爵ジュリアンと結婚。やがて夫は不貞を重ね、さらなる苦難が次々に彼女を襲う――フランスの文豪モーパッサンが、このうえなく美しく繊細に人生の四季を描く世界文学の傑作が、新たな映像表現によみがえる。

■1819年、フランス・ノルマンディー。男爵家の一人娘ジャンヌは17歳まで修道院の寄宿学校で教育を受け、家に戻ってきたばかりだった。清純な乙女のジャンヌは父を訪ねてきた子爵ジュリアンと打ち解け、ほどなくして彼と結婚。幸せの絶頂にいる彼女は、希望に胸躍らせていた。

しかしジュリアンはジャンヌの乳姉妹である女中のロザリを孕ませ、さらにはジャンヌの親友の伯爵夫人とも関係を持つ。絶望に突き落とされたジャンヌに追い打ちをかけるように、支えてくれた母の死や溺愛した息子ポールの裏切りなど苦難に見舞われ、ジャンヌの人生に対する夢は打ち砕かれていく…。












































本編 1時間52分
デジタル
カラー
ロング,ロングバケーション 字幕 
 long,long vacation
●監督:パオロ・ヴィルズィ(『歓びのトスカーナ』)●出演:ヘレン・ミレン(『クイーン』)/ドナルド・サザーランド(『鑑定士と顔のない依頼人』)/クリスチャン・マッケイ(『パガニーニ -愛と狂気のヴァイオリニスト-』)/ジャネル・モロニー/ダナ・アイヴィ(『トゥー・ウィークス・ノーティス』)●第75回ゴールデン・グローブ賞 主演女優賞ノミネート●第74回ヴェネチア国際映画祭Leoncino d'Oro Agiscuola賞受賞●2017年/イタリア

もう一度、手をつないで

ルート1号線を駆け抜け、目指すはアメリカ最南端のヘミングウェイの家。先送る時間がなくなった夫婦は、最後の最高の旅に出る――70代の夫婦が、最後の瞬間から目を背けることなく、生きることを味わい尽くそうとする姿を、溢れるほどのユーモアと尽きることのない希望で描くロードムービー。

■夫婦生活はや半世紀、アルツハイマーが進行してきた元文学教師のジョンと、全身に散らばったガンがいよいよ暴れだしそうな妻エラ。子供たちは巣立ち、70歳を超え人生の旅にも終わりが見えてきた今、夫婦水入らずで心残りを遂げる旅に出るときが来た。

病院や施設なんて真っ平ごめん。ジャニス・ジョプリンにキャロル・キング。ご機嫌な音楽と共に愛用してきたキャンピングカーに乗り、毎晩思い出の8ミリでこれまでの人生を追懐しながら、ジョンが敬愛するヘミングウェイの家があるフロリダ・キーウェストを目指す。道中、ジョンの小さな記憶の混乱がきっかけで、今までごまかしてきたふたりの問題に向き合ってみたり、墓場までもっていくはずだったかつての隠し事がつまびらかになったり、どうしようもなく惹かれあったあの頃の衝動が蘇ったり…。二人で歩んできた道を、再び歩きなおす旅はやがて――。












































本編 時間分
デジタル
カラー
劇場版 アイドルキャノンボール2017
 idole cannonball 2017
●監督:カンパニー松尾(『劇場版 BiS誕生の詩』)●出演:BiS(『アイドル・イズ・デッド』)/BiSH(『ALL YOU NEED is PUNK and LOVE』)/GANG PARADE(『ALL YOU NEED is PUNK and LOVE』)/渡辺淳之介(『WHO KiLLED IDOL?』)●2018年/日本

アイドル vs AV監督、アゲイン。

『テレクラキャノンボール』の設定をそのまま生かし、BiS解散ライブに6人のAV監督が潜入し、メンバー1人に1監督が完全密着、一筋縄ではいかないドキュメンタリーを作るという趣旨でスタートした企画『劇場版BiSキャノンボール2014』――AVの枠を超え、映画ファンやサブカル好きの熱烈な支持を受けた異色ドキュメンタリーシリーズ最新作。

■2017年3月下旬、株式会社WACKに所属するBiS,BiSH,GANG PARADEの新メンバー募集を目的に、WACK合同オーディション最終審査が5泊6日にわたって行われた裏で、密かに撮影を慣行。アイドルグループのメンバーはもちろん、オーディション参加者、街角やSNSでゲットした素人女性を対象に、AV監督&MV監督陣がどこまで迫れるか競う――。












































本編 1時間36分
デジタル
カラー
彼の見つめる先に 字幕 
 hije eu quero voltar sozinho
●監督・脚本:ダニエル・ヒベイロ●出演:ファビオ・アウディ/テス・アモリン/ルシア・ホマノ/エウシー・デ・ソウザ●第64回ベルリン国際映画祭 国際批評家連盟賞&テディ賞受賞●第87回アカデミー賞 外国語映画賞ブラジル代表作品●2014年/ブラジル

君との出会いが、世界を変えた

人を好きになる気持ち、 自我の芽生え、そしてはじめてのキス――大人の入り口に立つティーンエイジャーの揺れ動く感情を、ブラジル・サンパウロの降り注ぐ日差しの中でみずみずしく映し出す。世界中で話題をさらった、少年少女のオシャレで可愛らしい胸キュン青春映画。

■目の見えない少年レオは、ちょっと過保護な両親と、優しいおばあちゃん、 いつもそばにいてくれる幼なじみのジョヴァンナに囲まれて、はじめてのキスと留学を夢見るごく普通の高校生。でも何にでも心配ばかりしてくる両親が最近ちょっと鬱陶しい。

ある日、クラスに転校生のガプリエルがやってきた。レオとジョヴァンナは、目が見えないことをからかったりしない彼と自然に親しくなっていく。レオはガプリエルと一緒に過ごす時間の中で、映画館に行ったり自転車に乗ってみたり、今まで経験したことのない新しい世界を知っていくのだが、やがてレオとガプリエル、ジョヴァンナ、それそ'れの気持ちに変化がやってきて…。












































本編 2時間00分
デジタル
カラー
ビッグ・シック -ぼくたちの大いなる目ざめ- 字幕
 the big sick
●監督:マイケル・ショウォルター●出演:クメイル・ナンジアニ(『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』声優)/ゾーイ・カザン(『ルビー・スパークス』)/レイ・ロマノ(『アイス・エイジ3』声優)/ホリー・ハンター(『ピアノ・レッスン』)/アヌパム・カー(『ベッカムに恋して』)●2017年/アメリカ

逆境よ、ありがとう?!

家族は交際反対、彼女はまさかの昏睡状態?!――パキスタン出身のコメディアンが自ら体験した異文化結婚をめぐる騒動を映画化。ふたりが乗り越えた異文化の壁と盛りだくさんのトラブルを笑いでハッピーに変えた驚きの感動実話。本年度アカデミー賞有力作。

■パキスタンから移住したコメディアンのクメイルは、シカゴの大学院に通うアメリカ人のエミリーと付き合っている。ある日、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま見合いをしていたことがエミリーにバレて、ふたりは破局を迎えてしまう。その数日後、エミリーが原因不明の病で昏睡状態に。駆けつけた病院でクメイルが出会ったのは娘を傷つけたことに腹を立てているエミリーの両親テリーとベスだった。

初めは敵意をあらわにしていた彼らだったが、気分転換に訪れたコメディクラブでクメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせ始める。両親のエミリーへの深い愛に心を動かされ、眠り続ける彼女を見守りながらエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。更にキャリアの転機も訪れて…。果たしてエミリーは目覚めるのか。そしてその時、ふたりの未来の行方は――。












































本編 1時間23分
デジタル
カラー
《谷崎潤一郎 原案 TANIZAKI TRIBUTE》 悪魔
 akuma
●監督:藤井道人(『オー!ファーザー』)●出演:吉村界人(『太陽を掴め』)/大野いと(『高校デビュー』)/前田公輝(『ひぐらしのなく頃に』)/遠藤新菜(『無伴奏』)/山下容莉枝(『残穢〈ざんえ〉-住んではいけない部屋-』)●2018年/日本

妄執――

大学進学のため下宿し始めた佐伯は、大家の娘に近づかないよう警告されるが――近代日本文学を代表する作家・谷崎潤一郎の短編を現代劇へ実写化する3作品連続企画“TANIZAKI TRIBUTE”の3作目は、人間の強迫観念を映し出す異色ドラマ。

■大学進学のため上京した佐伯は、大家の千枝と彼女の娘・照子、彼女たちの親戚にあたる鈴木が住む林邸に下宿する。やがて佐伯は酒に溺れ、幻覚に苦しむように。そんな佐伯の部屋へ、照子が頻繁にやってきた。高校生ながら不思議な色気を持ち、小悪魔のように佐伯を惑わせる照子。彼女を偏愛する鈴木は二人の様子を見て照子に近づかないよう佐伯に警告。反発する佐伯だったが…。












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
ゲット・アウト 字幕
 get out
●監督・脚本:ジョーダン・ピール●出演:ダニエル・カルーヤ(『ボーダーライン』)/アリソン・ウィリアムズ/ブラッドリー・ウィットフォード(『アイ・ソー・ザ・ライト』)/ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(『神様なんかくそくらえ』)/キャサリン・キーナー(『かいじゅうたちのいるところ』)●2017年/アメリカ

何かがおかしい

アフリカ系黒人のクリスは白人の恋人の実家に招待されたが、狂気をはらんだ陰謀のターゲットにされてしまう――じわじわ来る“恐怖”とあっと驚く“結末”が待ち受ける、今まで誰も観たことないオリジナリティ溢れる本作は、低予算ながらも全米初登場でNO.1大ヒットを記録し、監督デビュー作にも関わらず米映画レビューサイトで99%大絶賛された。映画の常識を覆すサプライズ・スリラーが遂に日本上陸。

■ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。

翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが…。












































本編 2時間05分
デジタル
カラー
ビジランテ  作品内容
 vigilante
●監督・脚本:入江悠(『22年目の告白 -私が殺人犯です-』)●出演:大森南朋(『アウトレイジ 最終章』)/鈴木浩介(『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』)/桐谷健太(『火花』)/篠田麻里子(『リアル鬼ごっこ』)/嶋田久作(『先生と迷い猫』)●2017年/日本

容赦しない運命が暴れ出す

“ビジランテ”:「法や正義が及ばない世界、大切なものを自ら守り抜く集団」。閉鎖的で救いのない地方都市。土地、家族という逃れられない悪循環が男たちを狂わせる。法や正義が及ばない世界に響き渡る兄弟の慟哭――豪華トリプル主演で魅せる男たちの哀しい生き様を、鬼才・入江悠監督がオリジナル脚本で描く新境地の衝撃作。

■幼い頃に失踪した長男・一郎。市議会議員の次男・二郎。デリヘル業雇われ店長の三男・三郎。別々の道、世界を生きてきた三兄弟が、父親の死をきっかけに、再会。深く刻まれた、逃れられない三兄弟の運命は再び交錯し、欲望、野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へ向かっていく――。












































本編 1時間48分
デジタル
カラー
ローズと秘密の頁(ページ) 字幕
 the secret scripture
●監督・脚本:ジム・シェリダン(『父の祈りを』)●出演:ルーニー・マーラ(『キャロル』)/ヴァネッサ・レッドグレイヴ(『ジュリア』)/ジャック・レイナー(『トランスフォーマー/ロストエイジ』)/テオ・ジェームズ(『ダイバージェント』)/エリック・バナ(『ミュンヘン』)●2016年/アイルランド

めくるたびにあふれる、真実と愛

40年間もの長い月日を病院で過ごしてきた老女ローズ。半世紀にわたって封印されてきた彼女の過去が、今、1冊の聖書によって紐解かれる――1940年代第二次世界大戦時、アイルランド激動の時代に翻弄されながらも、たった一つの愛を貫いた女性の生き様と長きにわたり封印されてきた衝撃の真実が、現在と過去の時間軸を行き来しながら壮大なスケールで描かれるミステリアスな大河ロマン。

■取り壊しが決まった聖マラキ病院。転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医スティーヴン・グリーンは、病院で40年間もの長い時間を過ごしてきたローズ・F・クリアを看ることになる。彼女は自分の赤ん坊を殺した罪を背負っていた。しかしローズは、その罪を否認し続け、自身を本名とは別の「ローズ・マクナルティ」と名乗り続けていた。

グリーン医師は、ローズが大切にしている1冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ちはじめる。ローズは何十年にもわたって、聖書のなかに秘かに日記を書き綴っていたのだ。そして彼女は日記を辿りながら半世紀前の記憶を遡り、グリーン医師を前に自分の人生を語り始める――。























































本編 時間分
デジタル
カラー

 t