本編 1時間51分
デジタル
カラー
ムーンライト 字幕 
 moonlight
●監督:バリー・ジェンキンス●出演:トレバンテ・ローズ/アンドレ・ホランド(『42 -世界を変えた男-』)/ジャネール・モネイ/アッシュトン・サンダース/ジャハール・ジェローム●本年度アカデミー賞 作品賞/脚色賞/助演男優賞 受賞●第74回ゴールデン・グローブ賞 作品賞(ドラマ部門)受賞●2016年/アメリカ

あの夜のことを、今でもずっと、覚えている。

自分が何者か探し、自分を愛することが出来た時、初めて誰かを愛することが出来る――シャロンのあまりに一途な想いに、世界中が瞬く間に虜になった。映画史に刻まれる、最も切なく、最も純粋な愛の物語。

■名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校ではいじめっ子たちから標的にされるなか、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。高校生になってもそんな日々は続いていたある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れる…。

しかし、ある裏切りに遭い2人は別々の道へと進む。そして、大人になり再会した2人。静かに語り合うなか、どんなに時が流れても忘れられずにいた想いが募る…。












































本編 1時間45分
デジタル
ビスタ
カラー
ターシャ・テューダー 静かな水の物語 字幕
 tasha tudor
●監督:松谷光絵●出演:ターシャ・テューダー/セス・テューダー/ウィンズロー・テューダー/エイミー・テューダー●2017年/日本

人生何があっても、「生きること」を楽しんで。

アメリカでもっとも愛される絵本作家、ターシャ・テューダー。「静かな水」のようにストレスのない平安な生活を愛し、「思うとおりに歩めばいいのよ」と語る――おおらかでユーモアたっぷりの〈スローライフの母〉からあなたへ贈る、心に染みる言葉の数々を映し出した永久保存版ドキュメンタリー。

■アメリカを代表する絵本作家として70年間活躍、子育てを終えた56歳の時にバーモント州の山奥に建てた18世紀風の農家で、自然に寄り添いながら1人暮らしを続けたターシャ・テューダー。「アメリカのコテージガーデンの手本」となる美しい庭を作り、世界中の人々を魅了するターシャの魅力を解き明かす。

1996年に日本で初めてターシャの暮らしを紹介した「ターシャ・テューダー 手作りの世界 暖炉の火のそばで」が出版されて以降、そのナチュラルライフが注目を集め、彼女の書籍や絵本は350万部を超える大ヒットを記録。NHKでも彼女の暮らしが紹介され、その魅力は日本全国に広まった。生誕100周年にあたる2015年より日本各地で記念の展覧会を開催。そのクライマックスとして、未公開のプライベート映像などを加えた〈完全版〉が本作である。












































本編 1時間48分
デジタル
ビスタ
カラー
しゃぼん玉
 shabondama
●監督:東伸児●出演:林遣都(『風が強く吹いている』)/藤井美菜(『女子ーズ』)/相島一之(『12人の優しい日本人』)/綿引勝彦(『椿山課長の七日間』)/市原悦子(『蕨野行〈わらびのこう〉』)●2016年/日本

これからが、これまでを変えていく。

「婆ちゃん…しゃぼん玉はさぁ、その場所にいたいって思っても、地面に着いた瞬間、ぱちんて弾けちゃうんだ。だから、風に吹かれて、ふらふらするしかねぇ…でも、俺、もうそれじゃあ…」。親に見捨てられ、犯罪を繰り返す若者が、逃亡先で出会った老婆や村の人々の愛情によって失くした感情を取り戻していく――血の繋がりを超えた絆と、人間の再生を描いた感動作。乃南アサのベストセラー小説、待望の映画化。

■親に見捨てられ、女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返してきた伊豆見翔人。人を刺し、逃亡途中に迷い込んだ宮崎県の山深い椎葉村で怪我をした老婆スマを助けたことがきっかけで、彼女の家に寝泊まりするようになった。

初めは金を盗んで逃げるつもりだったが、伊豆見をスマの孫だと勘違いした村の人々に世話を焼かれ、山仕事や祭りの準備を手伝わされるうちに、伊豆見の荒んだ心に少しづつ変化が訪れた。そして10年ぶりに村に帰ってきた美知との出会いから、自分が犯した罪を自覚し始める。「今まで諦めていた人生をやり直したい」――決意を秘めた伊豆見は、どこへ向かうのか…。












































本編 1時間02分
デジタル
カラー
光と禿
 hikari to hage
●監督:青木克齊(『竜宮、暁のきみ』)●出演:スギム(『モーターズ』)/岸井ゆきの(『友だちのパパが好き』)/樋井明日香(『さよなら歌舞伎町』)/武田航平(『星くず兄弟の新たな伝説』)/柴田杏花(『瀬戸内海賊物語』)●2016年/日本

人生、ハゲしくヒカってる!

中年のハゲたミュージシャンとひねくれた盲目の女。小さな世界で生きてきた二人がひょんなきっかけで交錯し、人生がハゲしくヒカる!――ちょっと笑えて、ちょっと泣ける、めっちゃダサくてカッコイイ、遅咲きのロッキン・ロマンス青春映画。

■中年のハゲたミュージシャン・スギムは、道端で転んだ盲目の女・梢を助けようと声を掛ける。ところが、そこに現れた梢の友人と共にあろうことか痴漢変態扱いされてしまう。その夜、ライブステージで激しく憂さ晴らしするスギム。一方の梢は、実はスギムが痴漢ではなかったことを親友に打ち明け、痴漢扱いしたことを謝罪すべくスギムを探すことに…。












































本編 2時間10分
デジタル
カラー
世界にひとつの金メダル 字幕
 jappeloup
●監督:クリスチャン・デュゲイ(『ココ・シャネル』)●出演:ギョーム・カネ(『よりよき人生』)/マリナ・ハンズ(『レディ・チャタレー』)/ダニエル・オートゥイユ(『画家と庭師とカンパーニュ』)/ドナルド・サザーランド(『コールドマウンテン』)●第37回 モントリオール世界映画祭 ワールドコンペティション部門正式出品●2013年/フランス・カナダ

オリンピックへ――

気性が荒く人間を信じない競技馬との出会い。父との確執、幼い日の夢。エリート弁護士はキャリアを捨て障害飛越競技に挑むが――ロサンゼルス、ソウル、二つのオリンピックを再現した壮大なクライマックス。フランスが愛した伝説の選手(ライダー)と、知られざる名馬から生まれた真実のストーリー。

■1960年代初頭、フランス。子供のころより父セルジュの指導の下で障害飛越競技に打ち込んできたピエール・デュラン。彼は大人になり父の期待から逃れるように都市で弁護士の道を歩み始める。だが、幼い日の情熱を諦めることができずキャリアを捨て、再び選手(ライダー)を目指すことに。

一方で、誰からも期待されず人間を一切信じない若馬ジャップルー。小柄で気性が荒くて欠点だらけ。だが、この若馬ジャップルーは高い跳躍力と才能を秘めていた。ピエールはジャップルーをパートナーとして走ることを選び、父セルジュとともに鍛錬の日々が始まる――。












































本編 1時間28分
ブルーレイ
ビスタ
カラー
わすれな草 字幕
 vergiss mein nicht
●監督:ダーヴィッド・ジーヴェキング●ロカルノ映画祭 批評家週間賞●モントリオール国際映画祭 正式出品●2013年/ドイツ

今日は他人、時どき知人、でも愛があれば大丈夫

認知症の妻、支える夫、その家族たちが綴る、愛と笑いに満ちたドイツ式“最期の時間”の寄り添い方――監督自身の体験を軸に、認知症介護と家族の絆を映し出す、愛のドキュメンタリー。

■ダーヴィットはフランクフルト近郊の実家へ帰ってきた。認知症になった母グレーテルの世話を手伝うためだ。父マルテは、長年妻を介護してきたが、さすがに疲れてしまったらしい。ダーヴィットは母の世話をしながら、昔からの親友であるカメラマンと共に、母と過ごす最期の時間を映像に記録する。

理性的だった母は、病によって、すべての抑制から解放され心の赴くまま自由に過ごしているように見える。自分が若返った気になった母は、息子のダーヴィットを夫だと思い込み、父が思わず嫉妬することも。かつてはドライで個人主義的に見えた父と母の夫婦関係も、いつしか愛情をありのままに表す関係へと変わっていく。記憶を失っていく母の病は、夫婦、家族にとって、新たな“はじまり”となり…。












































本編 2時間13分
デジタル
シネスコ
カラー
光をくれた人 字幕
 the light between oceans
●監督:デレク・シアンフランス(『ブルー・バレンタイン』)●出演:マイケル・ファスベンダー(『それでも夜は明ける』)/アリシア・ヴィキャンデル(『リリーのすべて』)/レイチェル・ワイズ(『ナイロビの蜂』)/ブライアン・ブラウン(『カクテル』)/ジャック・トンプソン(『オーストラリア』)●ベネツィア国際映画祭 コンペティション部門 正式出品●2016年/アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド

この子を育てることは、過ちですか?この子を愛することは、罪ですか?

「イザベル、孤独だった僕の人生を照らしたのは、君の愛だった」。孤島に暮らす灯台守の夫婦。他に誰もいらない。そう願うほど幸福だった。その〈罪〉に気付くまでは――世界42か国がこの愛に震えた。感動のベストセラー待望の映画化。

■心を閉ざし孤独だけを求め、オーストラリアの孤島で灯台守となったトム。しかし、美しく快活なイザベルが彼に再び生きる力を与えてくれた。彼らは結ばれ、孤島で幸福に暮らすが、度重なる流産はイザベルの心を傷つける。

ある日、島にボートが流れ着く。乗っていたのは見知らぬ男の死体と泣き叫ぶ女の子の赤ん坊。赤ん坊を娘として育てたいと願うイザベル。それが過ちと知りつつ、願いを受け入れるトム。4年後、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた2人は、偶然にも娘の産みの母親ハナと出会ってしまう――。












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
スウィート17モンスター 字幕 
 the edge of seventeen
●監督・脚本:ケリー・フレモン・クレイグ●出演:ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリッド』)/ウディ・ハレルソン(『ゾンビランド』)/キーラ・セジウィック(『ポゼッション』)/ブレイク・ジェナー(『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』)/ヘイリー・ルー・リチャードソン●第74回 ゴールデングローブ賞 作品賞(コメディ/ミュージカル部門)/主演女優賞 ノミネート●ニューヨーク映画批評家協会賞 新人監督賞 受賞●2016年/アメリカ

誰もがこじらせて大人になった

親友が兄と恋をした?友情、家族、人生⇒自分ひとりだけが空回り?――共感率100%!『ゴーストワールド』よりリアルで、『JUNO/ジュノ』よりイタくて身に迫り、『リトル・ミス・サンシャイン』より家族愛に感動する、愛すべき青春こじらせ映画。

■ネイディーンは17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空回りして、教師のブルーナーや母親を困らせてばかり。たった一人の親友クリスタだけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていたイケメン人気者の兄ダリアンとクリスタが恋に落ちてしまう。疎外感からまるで世界にたった一人取り残されたような気持ちになったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。












































本編 1時間06分
デジタル
ビスタ
カラー
逆光の頃 
 gyakkou no koro
●監督・脚本:小林啓一(『ももいろそらを』)●出演:高杉真宙(『カルテット!』)/葵わかな(『サバイバルファミリー』)/清水尋也(『ハルチカ』)/佐津川愛美(『ヒメアノール』)/桃月庵白酒(『ももいろそらを』)●2017年/日本

■重ね合わせるのです。いつかの僕と――ここにいる僕を。

タナカナツキの名作コミックを映画化。京都を舞台に、高校生の日常や恋を爽やかに描く青春ドラマ。

■京都で生まれ育った孝豊は平凡な高校2年生。同級生たちとケンカしたり、幼馴染に恋心を抱いたりと、ありふれた青春の日々を過ごしていた。そんな彼も、これからの人生に漠然とした不安を感じるようになり、なんとか一歩前へと踏み出そうとするのだが…。












































本編 2時間59分
デジタル
ビスタ
モノクロ
ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年
-没後40年メモリアル イタリア・ネオレアリズモの軌跡-

若者のすべて 《デジタル完全修復版》 字幕
 rocco ei suoi fratelli
●監督:ルキーノ・ヴィスコンティ(『地獄に堕ちた勇者ども』)●出演:アラン・ドロン(『山猫』)/アニー・ジラルド(『悪徳の栄え』)/レナート・サルヴァトーリ(『戒厳令』)●1960年/イタリア・フランス

■父親を亡くし、母親に連れられて貧しい南部の農村ルカーニアから北部の大都市ミラノに移住した大家族。その五人兄弟が辿る運命を通して、イタリアの南北問題と人間の弱さが残酷なまでに浮き彫りになる。

ヴィスコンティの重要なモチーフである家族崩壊を、重要な特徴であるスター主義でドラマティックに描いたこの一大叙事詩は、ネオレアリズモの最後の作品となった。前期の集大成であるこの作品に、本人は後年深い愛着を示している。



ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年 没後40年メモリアル
-イタリア・ネオレアリズモの軌跡-

【解説】

映画史に残るイタリアの巨匠ルキーノ・ヴィスコンティ(1906年~1976年。日本では長らく不遇の存在で全19作品の約半分しか生前に公開されなかった。没後2年に初公開された『家族の肖像』の大ヒットで80年代にブームとなり、未公開作が世に出された。その時、観客を魅了したのは中・後期の作品、名門貴族の末裔だからこそ創り得た絢爛豪華な映像と美しき頽廃の物語である。だが、前期のヴィスコンティは自らの階級と相対する民衆の側に立ち、社会問題や働く者の力強さ、生きることの意味を描くネオレアリズモの監督だった。

今回上映される3作品はその時期の代表作だ。前期と中・後期の作品世界は全く違う。だが、人間の本質を容赦のないリアリズムで描くという姿勢は一貫していた。だからこそ普遍性を持ち、世紀を越えた今でも古くなることはない。厳しいまなざしの先に人間の希望と未来を見ようとしたヴィスコンティ。その深さには感銘を覚えずにはいられない。生誕110年、没後40年を迎え、80年代以来の規模で上映が続くヴィスコンティ作品。その中でもこの3作品は、普通に生きることが困難になってしまったこの時代にこそ観てほしい傑作である。













































本編 2時間06分
デジタル
スタンダード
モノクロ
ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年
-没後40年メモリアル イタリア・ネオレアリズモの軌跡-

郵便配達は二度ベルを鳴らす 《デジタル修復版》 字幕 
 ossessione
●監督:ルキーノ・ヴィスコンティ(『ベニスに死す』)●出演:クララ・カラマイ(『白夜』)/マッシモ・ジロッティ(『テオレマ』)/フアン・デ・ランタ●1942年/イタリア

■イタリア北部の田舎町、軽食堂兼ガソリンスタンドを営む初老の夫と女ざかりの妻。その気だるい日常は、若く逞しい流れ者が立ち寄ったことで破られた。オールロケで切り取られた風景の中、不倫関係に堕ちた男女のむせかえるような愛欲の行方が描かれる。

上映禁止処分を受ける程に社会の現実を生々しくスクリーンに焼きつけ、ネオレアリズモの出発点と位置付けられたこの作品から、ヴィスコンティの監督としてのキャリアは始まった。



ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年 没後40年メモリアル
-イタリア・ネオレアリズモの軌跡-

【解説】

映画史に残るイタリアの巨匠ルキーノ・ヴィスコンティ(1906年~1976年。日本では長らく不遇の存在で全19作品の約半分しか生前に公開されなかった。没後2年に初公開された『家族の肖像』の大ヒットで80年代にブームとなり、未公開作が世に出された。その時、観客を魅了したのは中・後期の作品、名門貴族の末裔だからこそ創り得た絢爛豪華な映像と美しき頽廃の物語である。だが、前期のヴィスコンティは自らの階級と相対する民衆の側に立ち、社会問題や働く者の力強さ、生きることの意味を描くネオレアリズモの監督だった。

今回上映される3作品はその時期の代表作だ。前期と中・後期の作品世界は全く違う。だが、人間の本質を容赦のないリアリズムで描くという姿勢は一貫していた。だからこそ普遍性を持ち、世紀を越えた今でも古くなることはない。厳しいまなざしの先に人間の希望と未来を見ようとしたヴィスコンティ。その深さには感銘を覚えずにはいられない。生誕110年、没後40年を迎え、80年代以来の規模で上映が続くヴィスコンティ作品。その中でもこの3作品は、普通に生きることが困難になってしまったこの時代にこそ観てほしい傑作である。













































本編 2時間41分
デジタル
スタンダード
モノクロ
ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年
-没後40年メモリアル イタリア・ネオレアリズモの軌跡-

揺れる大地 《デジタル修復版》 字幕
 la terra trema (episodio del mare)
●監督:ルキーノ・ヴィスコンティ(『家族の肖像』)●出演:アントニオ・アルチディアコノ/ジョゼッペ・アルチディアコノ/アントニオ・ミカーレ●1948年/イタリア

■イタリア、アーチ・トレッツァの漁村。ヴィスコンティは2作目で、仲買人たちに不当に搾取される漁師たちと、それに刃向ったがために崩壊するある家族の運命を描いた。

撮影はオールロケ、全出演者を住民からキャスティング、台詞のシチリア方言には標準語字幕をつけるという徹底したリアリズムで、ネオレアリズモの頂点を極めた。だがそれは神話的風格、荘厳さすら漂う叙事詩となり、他のネオリアリズモ作品とは一線を画している。



ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年 没後40年メモリアル
-イタリア・ネオレアリズモの軌跡-

【解説】

映画史に残るイタリアの巨匠ルキーノ・ヴィスコンティ(1906年~1976年。日本では長らく不遇の存在で全19作品の約半分しか生前に公開されなかった。没後2年に初公開された『家族の肖像』の大ヒットで80年代にブームとなり、未公開作が世に出された。その時、観客を魅了したのは中・後期の作品、名門貴族の末裔だからこそ創り得た絢爛豪華な映像と美しき頽廃の物語である。だが、前期のヴィスコンティは自らの階級と相対する民衆の側に立ち、社会問題や働く者の力強さ、生きることの意味を描くネオレアリズモの監督だった。

今回上映される3作品はその時期の代表作だ。前期と中・後期の作品世界は全く違う。だが、人間の本質を容赦のないリアリズムで描くという姿勢は一貫していた。だからこそ普遍性を持ち、世紀を越えた今でも古くなることはない。厳しいまなざしの先に人間の希望と未来を見ようとしたヴィスコンティ。その深さには感銘を覚えずにはいられない。生誕110年、没後40年を迎え、80年代以来の規模で上映が続くヴィスコンティ作品。その中でもこの3作品は、普通に生きることが困難になってしまったこの時代にこそ観てほしい傑作である。













































本編 1時間31分
デジタル
カラー
笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ
 warau 101sai ×2
●監督:河邑厚徳(『天のしずく』)●出演:笹本恒子/むのたけじ●第29回 東京国際映画祭 特別上映作品●2016年/日本

人生最大の野心とは、不老不死になって死ぬこと。

日本初の女性報道写真家・笹本恒子、伝説となった孤高の新聞記者・むのたけじ。一世紀を越えた時代の目撃者。その存在が奇跡である二人のたぐいまれなる二重奏――ジャーナリスト。女と男。カメラとペン。存在そのものが奇跡のような二人の101歳。その生き方を見つめた希望のドキュメンタリー。

■笹本恒子:1914年東京生まれ。日本初の女性報道写真家。日独伊三国同盟から60年安保闘争など、戦中・戦後の歴史の節目に立ち会い、徳富蘇峰、加藤シヅエ、三笠宮ご一家、浅沼稲次郎、力道山ら昭和史を彩る人々にもカメラを向けた。一時期、写真の世界から遠ざかるも71歳にして活動を再開。日本女性史を息吹あふれる写真として表現。宇野千代、壺井栄、杉村春子、沢村貞子ら「明治生まれの女性たち」シリーズは笹本の代表作となった。102歳の今も現役フォトジャーナリストとして活躍中。

むのたけじ:1915年秋田生まれ。新聞記者として戦前・戦後を生き抜き、足早に通り過ぎる時代を記事にし、幅広い発言を残した伝説のジャーナリスト。中国・東南アジア特派員として戦地を取材するも、1945年8月15日、戦争協力の記事を書いた責任を感じて新聞社を辞め、その後ふるさとの秋田に戻り、週刊新聞「たいまつ」を発行。戦後の激動の中でも自由を旗印にジャーナリストとしての矜持を貫き、若い世代に向け平和を訴えた。2016年、101歳で死去。マスコミだけでなく、若者から老人までの多くの市民が哀悼の意を表した。












































本編 1時間53分
デジタル
ビスタ
カラー
ローマ法王になる日まで 字幕
 chiamatemi francesco-il papa della gente
●監督:ダニエーレ・ルケッティ(『我らの生活』)●出演:ロドリゴ・デ・ラ・セルナ(『モーターサイクル・ダイアリーズ』)/セルヒオ・エルナンデス(『グロリアの青春』)/ムリエル・サンタ・アナ/ホアセ・アンヘル・エヒド(『ペーパーバード 幸せは翼にのって』)/アレックス・ブレンデミュール(『ペインレス』)●2015年/イタリア

振り返れば、いつも彼らと共にいた。

常に弱者の側に立ち、ある時は選挙中のトランプ候補にも苦言を呈し、“ロックスター”法王と呼ばれ、人々を熱狂させる現ローマ法王フランシスコ。その知られざる激動の半生とは――ひとりの心優しきアルゼンチンの青年が、史上初のアメリカ大陸出身のカトリック教会長となるまでを描いた感動の実話ヒューマンドラマ。

■コンクラーベ(法王選挙)のためにバチカンを訪れたベルゴリオ枢機卿は、運命の日を前に自身の半生を振り返る――。1960年、ブエノスアイレス。大学で化学を学んでいたベルゴリオは、神に仕えることが自分の道と確信し、イエズス会に入会し35歳の若さでアルゼンチン管区長に任命される。

だがこの時期は、ビデラ軍事政権による独裁政治の時代。多くの市民が反勢力の嫌疑で捕らえられ、ベルゴリオの仲間や友人も、次々と命を奪われていく。この苦難の時代こそが、後にローマ法王に選出されるベルゴリオの信仰の強さや勇気を、より強固なものにしていった――。












































本編 2時間09分
デジタル
シネスコ
カラー
ハートストーン 字幕
 hjartasteinn
●監督:グズムンドゥル・アルナル・グズムンドソン●出演:バルドル・エイナルソン/ブラーイル・ヒンリクソン/ニーナ・ドッグ・フィリップスドッティル●第73回 ベネチア国際映画祭 クィア獅子賞(最優秀LGBT映画)受賞●第52回 シカゴ国際映画祭 ゴールドQヒュー賞(最優秀LGBT映画)受賞●2016年/アイスランド・デンマーク

そして僕らは秘密を持った――

アイスランドの小さな漁村。家族との諍い、かけがえのない友情、淡い恋の芽生え――北欧から届いた、切なくも美しい感動の物語。近年『ひつじ村の兄弟』『好きにならずにいられない』など国際映画祭で高い評価を得ているアイスランド映画。本作も40以上の賞を獲得。若き俊英監督による自伝的“ラブストーリー”。

■東アイスランドの小さな漁村。ソールとクリスティアンは幼なじみでいつも一緒の大親友。ソールは美しい母、そして自由奔放なラケルと芸術家肌のハフディス、対照的な二人の姉妹に囲まれて暮らしている。

思春期にさしかかり、ソールは大人びた美少女ベータのことが気になりはじめる。クリスティアンはそんなソールの気持ちを知り二人が上手くいくよう後押しする。そしてクリスティアン自身もベータの女友達ハンスからの好意を受けとめ、4人は行動を共にするようになる。自然とソールとベータの距離は縮まり二人は心を通わせ合う。ただそこには二人を見守りつつ複雑な表情を浮かべるクリスティアンがいた…。












































本編 0時間30分
デジタル
シネスコ
カラー
ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話
 highheels
●監督・脚本:イ・インチョル●出演:菊地凛子(『パシフィック・リム』)/小島藤子(『劇場版 零~ゼロ~』)/玄理(『ホテルコパン』)/谷口蘭(『息を殺して』)●2017年/日本

私のハイヒールは完璧でなければ…

「こだわり」のために生きる、美しきアンドロイドの靴職人。こだわりという人間らしい感情によってアンドロイドが引き起こした行動とは――美の追求と詩的な映像表現で世界を魅了。大型新人監督イ・インチョルが満を持して世に送り出す意欲作は、遠いとおい未来に漂うおとぎ話風ファンタジー。

■真剣に靴を作り続けるアンドロイドの靴職人Kai。ある日、自分にぴったりの靴を作りたいという客がKaiにハイヒールをオーダーする。何度も何度も作りなおしてやっと完成した完璧なハイヒール。ところが客が履いてみると、片方のサイズがほんのすこし合わない。Kaiは必ず解決すると客を説得し、再びハイヒールと向き合うが…。












































本編 1時間30分
デジタル
カラー
君はひとりじゃない 字幕
 cialo
●監督:マウゴジャタ・シュモフスカ●出演:ヤヌシュ・ガヨス(『トリコロール/白の愛』)/マヤ・オスタシェフスカ(『カティンの森』)/ユシテイナ・スヴァワ●第65回ベルリン映画祭 銀熊賞受賞●2015年/ポーランド

大切な人と向き合えていますか?

母を亡くし、心を閉ざした娘。妻を亡くし、心を失った父。娘と父をつなぐ天才セラピスト。孤独の中で傷ついた3人を待ち受けるものとは――父と娘の止まった時間が動きだす〈愛と再生〉の物語は、優しさ溢れるラストが胸を打つ感動のヒューマンドラマ。

■突然、母親を亡くしたオルガとその父ヤヌシュ。オルガは心身を病んでしまい、父親に対して心を閉ざす。ヤヌシュは喪失感を拭えず、検察官として事件現場に立つも人の死に対して何も感じなくなっていった。

オルガは父を、そして自らの体を嫌悪し、日々、やせ細っていく。父と娘の間には埋められない溝ができていた。そんな娘を見かねたヤヌシュは、オルガをセラピストのアナの元に通わせる。オルガはそこでリハビリを行っていくが、アナのセラピーは普通では考えられない方法だった――。












































本編 1時間45分
デジタル
カラー
海辺のリア
 umibe no lear
●監督・脚本:小林政広(『春との旅』)●出演:仲代達矢(『春との旅』)/黒木華(『リップヴァンウィンクルの花嫁』)/原田美枝子(『ぼくたちの家族』)/小林薫(『深夜』)/阿部寛(『海よりもまだ深く』)●2017年/日本

あんた、どちらさん?

私に、思い出などいらないのです…。みなさんの中に、私の思い出さえあれば――認知症の疑いもあり今や見る影もないかつてのスターと、そこに深く関わる者たちの感情が強くぶつかり、揺れ動く。人間の純粋さと邪悪さが絡まり合う人間ドラマ。

■桑畑兆吉は、舞台、映画にと、役者として半世紀以上のキャリアを積み、さらに俳優養成所を主宰する大スターだった。しかし、芝居を愛し続けた、かつてのスターも今や認知症の疑いがあり、長女・由紀子とその夫であり、兆吉の弟子だった行男、そして、由紀子と愛人関係にある謎の運転手に裏切られ、遺書を書かされた挙句、高級老人ホームへと送り込まれる。

ある日、兆吉はその施設を脱走する。シルクのパジャマにコートを羽織り、スーツケースをひきずって、何かに導かれるように、あてなく海辺を歩き続ける。そして、妻とは別の女に産ませた娘、伸子と突然の再会を果たす。兆吉には、私生児を産んだ伸子を許せず、家から追い出した過去があった。伸子に「リア王」の最愛の娘・コーディーリアの幻影を見た兆吉の身にも「リア王」の狂気が乗り移る。かつての記憶が溢れ出したとき、兆吉の心に人生最後の輝きが宿るのだった――。












































本編 1時間34分
デジタル
ビスタ
カラー
ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー 字幕
 harold and lilliana
●監督・脚本:ダニエル・レイム●出演:ハロルド・マイケルソン(『わかれ路』美術)/リリアン・マイケルソン/フランシス・フォード・コッポラ(『地獄の黙示録』監督)/メル・ブルックス(『ヤング・フランケンシュタイン』監督)/ダニー・デヴィート(『トッド・ソロンズの子犬物語』)●第68回カンヌ国際映画祭/クラシック部門 正式出品/ゴールデン・アイ賞ノミネート●2015年/アメリカ

映画と歩んだ、ふたりの人生劇場

ヒッチコック、ワイズ、ニコルズ、キューブリック、ポランスキー、コッポラ、そしてスピルバーグ。巨匠に愛された絵コンテ作家・ハロルドと映画リサーチャー・リリアンがふたりで創った名シーンの数々――ハリウッド黄金期をともに歩んだ知られざる夫婦の心温まる60年間のシネマ・ラブ・ライフを追ったドキュメンタリー。

■第2次世界大戦の兵役から帰還したハロルドはリリアンと出会いほどなくして恋に落ちる。家族の反対を押し切り、ふたりは移住の地ハリウッドで結ばれた。仲むつましく暮らす夫婦に待望の第一子が誕生するも、当時まだ一般的ではなかった自閉症と診断される。

激動のハリウッドで失業と移籍を繰り返しながら家族のためにハロルドは映画スタジオで絵コンテを描き続ける。そして、初めて担当した『十戒』の絵コンテでその名を轟かせ、ハロルドは名匠たちから作品を共に創るよう直接依頼されはじめる。

リリアンは、ハロルドが『ウエスト・サイド物語』(61)を担当していたスタジオのリサーチ図書館のアシスタントとして働きはじめ、名匠ヒッチコックの『鳥』(63)で初めての夫婦共演を果たす。その後も、夫婦二人三脚で1960年代~2000年代まで100本以上の作品に携わった。リリアンはハロルドとの最期の日々を振り返り回想する。ふたりの人生は映画と共にあり、ふたりはずっと“ひとつ”だった。












































本編 1時間58分
デジタル
ビスタ
カラー
20センチュリー・ウーマン 字幕 
 20th century women
●監督・脚本:マイク・ミルズ(『人生はビギナーズ』)●出演:アネット・ベニング(『キッズ・オールライト』)/エル・ファニング(『ネオン・デーモン』)/グレタ・ガーウィグ(『フランシス・ハ』)/ルーカス・ジェイド・ズマン/ビリー・クラダップ(『君が生きた証』)●第89回アカデミー賞 脚本賞 ノミネート●第74回ゴールデン・グローブ賞 作品賞/主演女優賞 ノミネート●2016年/アメリカ

母さんは、15歳のボクのことを“彼女たち”に相談した。1979年、ボクたちの特別な夏がはじまる。

1979年、二度と忘れることのない特別なあの夏。今のボクがいるのは普通じゃない彼女たちと、ちょっと不器用なあなたのおかげです――監督自身の母親をテーマに、ユーモアを交えて描いた母と息子のラブストーリー。

■1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシアは、思春期を迎える息子ジェイミーの教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビーと、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人未満の関係、ジュリーに「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった――。












































本編 1時間39分
デジタル
カラー
オリーブの樹は呼んでいる 字幕
 el olivo
●監督:イシアル・ボジャイン(『ザ・ウォーター・ウォー』)●出演:アンナ・カスティーリョ/ハビエル・グティエレス(『マーシュランド』)/ペップ・アンブロス/マヌエル・クカラ/ミゲル・アンヘル・アラソレン●2017年ゴヤ賞(※スペインのアカデミー賞)新人女優賞 受賞/他 主要3部門ノミネート●2016年 ブリュッセル映画祭 観客賞 受賞●2016年/スペイン

耳をすまして、声を聴いて

祖父が大切にしていた樹齢2000年の樹を父が売ってしまった。スペイン、バレンシアからドイツへ。オリーブの樹を取り戻すため、孫娘と仲間たちの旅が始まる――『天使の分け前』の名脚本家×スペイン期待の女性監督が贈るヒューマンな感動作。

■20歳のアルマは、気が強くて扱いにくい女の子。オリーブ農園をやっている祖父とだけは幼い頃から深い絆で結ばれていたが、その祖父は何年も前に喋ることをやめた。それは、祖父が大切にしていた樹齢2000年のオリーブを父が売ってしまったから。

ついに食事もしなくなった祖父を見て、アルマは決意する。祖父を救う唯一の方法はオリーブの樹を取り返すこと。ドイツに売られていた樹を取り戻すため、変わり者の叔父と同僚のラファを嘘で丸め込み、アルマは何の計画もないままドン・キホーテのように無謀な旅へ…。












































本編 1時間57分
デジタル
シネスコ
カラー
ビニー/信じる男 字幕
 bleed for this
●監督:ベン・ヤンガー(『マネー・ゲーム』)●出演:マイルズ・テラー(『セッション』)/アーロン・エッカート(『ハドソン川の奇跡』)/ケイティ・セイガル/キーラン・ハインズ(『沈黙 サイレンス』)/テッド・レヴィン(『羊たちの沈黙』)●2016年/アメリカ

どう生きるか――。交通事故で選手生命を絶たれた男の、未踏の決断。

世界のスポーツ史上類をみない超人的なカムバックを目指したボクシングの元世界チャンピオン、ビニー・パジェンサ。生きることを選び、再起不能から王座奪還に挑む――アカデミー賞監督マーティン・スコセッシ製作総指揮、『アメリカン・ビューティー』『世界にひとつのプレイブック』のスタッフが贈る、衝撃の実話。

■アメリカ、ロードアイランド州プロビデンス。スター選手を金づるに嘘と欲望が渦巻くボクシングの世界。自惚れ屋のビニー・パジェンサは、世界ジュニアミドル級のチャンピオンだ。ある日、交通事故で首を骨折し瀕死の重傷を負う。その痛々しい姿に、誰もがビニーの選手生命は絶たれたと思い、金目当てで近づいてきていた人間たちは離れていく。だがビニーは諦めていなかった。彼は命を懸けトレーナーのケビンと共に、どん底から王座奪還をめざす。












































本編 1時間38分
デジタル
ビスタ
カラー
草原の河 字幕
 river
●監督:ソンタルジャ(『陽に灼けた道』)●出演:ヤンチェン・ラモ(『ハーフェズ ペルシャの詩(うた)』音楽)/ルンゼン・ドルマ/グル・ツェテン●上海国際映画祭 アジア新人賞 最優秀女優賞(史上最年少)●2015年ベルリン国際映画祭 ジェネレーション部門 ワールドプレミア上映●2015年/中国

お父さんはお祖父ちゃんが嫌いなの?

刻々と動く雲の隙間から降りそそぐ光、急に降りだす雨、凍った河を走るバイク、子羊の鳴き声、生と死の無垢と残酷――日本で初めてのチベット人監督劇場公開作は、大自然の下に暮らす遊牧民一家を幼い少女の視点から描いた感動作。

■チベット。空と大地が広がる。厳しい自然の中で牧畜を営む家族。幼い娘は、母が新しい命を授かったと知り、やがて生まれてくる赤ん坊に母を取られてしまうと心を痛める。父は、4年前の出来事をきっかけに自分の父親を許せないでいる。娘、その父、そして祖父。家族三代それぞれの心情を、河が見つめている――。












































本編 1時間55分
デジタル
カラー
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ 字幕
 the founder
●監督:ジョン・リー・ハンコック(『しあわせの隠れ場所』)●出演:マイケル・キートン(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)/ニック・オファーマン(『Dearダニー』)/ジョン・キャロル・リンチ(『テッド2』)/ローラ・ダーン(『わたしに会うまでの1600キロ』)/パトリック・ウィルソン(『パッセンジャーズ』)●2016年/アメリカ

怪物か。英雄か。

誰もが知っている“マクドナルド”の誰も知らない誕生のウラが暴かれる――世界最強のハンバーガー帝国の創業者(ファウンダー)。彼はどのようにして巨大企業を築き上げていったのか?成功のためなら手段を選ばないひとりの男の飽くなき野望と挑戦を描いた人間ドラマ。

■1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店〈マクドナルド〉があった。

合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいく――。












































本編 1時間32分
デジタル
カラー
素敵な遺産相続 字幕
 wild oats
●監督:アンディ・テナント(『メラニーは行く!』)●出演:シャーリー・マクレーン(『愛と追憶の日々』)/ジェシカ・ラング(『ブルースカイ』)/デミ・ムーア(『ゴースト ニューヨークの幻』)/ビリー・コノリー(『カルテット!人生のオペラハウス』)/ハワード・ヘッセン●2016年/アメリカ

恋愛も、人生も、いつだって自分らしく。

夫を亡くした元女教師に振り込まれた生命保険金は、5万ドルのはずが誤って500万ドルになっていた――人生、恋愛もお洒落もまだまだこれから!“素敵な”遺産が、悲しみよりも笑顔をくれた。アカデミー賞2大女優競演で贈る人生リスタート・コメディ。

■夫に先立たれたエヴァを40年来の親友マディは明るく励ましていた。そんな中、亡き夫の生命保険が手違いで500万ドルも口座に振り込まれる。マディはそのお金で「バカンスを楽しもう」と提案。2人は早速カナリア諸島へ飛び立ち、オシャレな服を購入し豪華なホテルで豪遊三昧。

そこで2人は貿易商のチャンドラーと出会い、彼の優しさにエヴァは惹かれていく。その頃保険会社のヴェスプッチは間違えた保険金の回収の為に、エヴァの娘クリスタルを連れてカナリア諸島に向かうが――。












































本編 1時間59分
デジタル
カラー
彼女の人生は間違いじゃない 
 kanojo no jinsei wa machigai janai
●監督:廣木隆一(『さよなら歌舞伎町』)●出演:瀧内公美(『日本で一番悪い奴ら』)/光石研(『あぜ道のダンディ』)/高良健吾(『悼む人』)/柄本時生(『幕末高校生』)/戸田昌宏(『ヴァイブレータ』)●2017年/日本

光に手をのばす

週末、上京しデリヘルをするみゆきは、福島と東京を往復する日々に何を見たのか。帰る場所はなく未来も見えない者たちに、光は届くのか?――廣木監督が、震災から5年後の故郷・福島を舞台にして書いた小説を自ら映画化。自分の居場所を探し求めてもがく人々を描く人間ドラマ。

■ひとは人生から逃げ出したくなる。運命の変化に向き合えなくなることがある。そんな時、みゆきは、週末に高速バスに乗り、仮設住宅で父親と二人で暮らす福島を離れて東京へと向かう。渋谷でデリヘルのアルバイトをするために。福島と東京を行き来する日々に、みゆきが見たものとは――?












































本編 1時間32分
デジタル
カラー
ボンジュール、アン 字幕
 paris can wait
●監督・脚本:エレノア・コッポラ(『ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録』出演)●出演:ダイアン・レイン(『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』)/アルノー・ヴィアール(『メトロで恋して』監督)/アレック・ボールドウィン(『コンカッション』)/エリーズ・ティエルローイ(『シリアル・ラヴァー』)/エロディ・ナヴァール(『マルセイユ・ヴァイス』)●2016年/アメリカ

人生って、まだまだステキ。

車でカンヌからパリへ。思いがけないまわり道が、人生の楽しみを教えてくれた――フランス人男性と予期せぬ旅をすることになった監督自らの実体験を基にした、小粋でお洒落な大人のロードムービー。

■誰にでも、人生の分かれ道はやってくる。アンは気がつけばそこに立っていた。夫マイケルは有名な映画プロデューサーだが、仕事以外のことはすべて妻任せ。そんな夫を支え、仕事に子育てに邁進し、自分のことは後回しにそて生きてきた。そして夫が大きな成功を収め、娘も学校を卒業した今、これからの自分をどうするか決める時期だった。

そんな中、夫の仕事仲間のフランス人男性ジャックと、カンヌからパリへと車で向かうことになる。7時間で到着するはずが、ジャックに魅力的なレストラン、コート・ダジュール地方の名所や遺跡に案内されるうちに、単なる移動から小旅行に変わっていく。美味しい食事に美味しいワイン、美しい景色、そしてジャックとのユーモアと機知に富んだ会話を味わううちに、生きることの喜びを取り戻していくアン。本当は何が好きで、どんな才能を秘めていたか、“忘れていた自分”と出会ったアンが見つけた、この先の人生の扉を開く鍵とは――。












































本編 1時間20分
デジタル
カラー
ハローグッバイ
 hello,goodbye
●監督:菊地建雄(『ディアーディアー』)●出演:萩原みのり(『昼顔』)/久保田紗友(『僕は友達が少ない』)/渡辺シュンスケ/渡辺真起子(『チチを撮りに』)/もたいまさこ(『かもめ食道』)●2016年/日本

友達ってなんですか?

噂、SNS、壊れやすい心、日々を変える出会い。孤独と秘密を抱える正反対な少女たち。ふたりが見つけた本当の絆とは――心に残るメロディーが紡ぐ、淡く繊細な青春模様。

■高校二年生の夏。はづきと葵は、同じクラスにいながらも友達ではない正反対の二人。クラスでも目立つ存在のはづきと、それとは対照的にいつも一人ぼっちで、はづきたちに厄介事を頼まれては断れずにいる優等生の葵。そんな二人には、それぞれ誰にも言えない秘密がある。はづきは元カレとの子供ができてしまったかもしれないことを一人悩み、葵は忙しくて家庭を顧みない両親への寂しさを紛らわす為に万引きを繰り返していた。

ある日の学校帰り、葵は一人の認知症のおばあさんとぶつかってしまう。そこを偶然通りがかったはづき。二人は道に迷ったおばあさんを家に一緒に送り届けることに。やがて、世代を超えた不思議な「友達」関係が始まる。懐かしそうに、あるメロディーを口ずさむおばあさんが、想いを伝えられなかった初恋の人へしたためたラブレターを大切に持っていることをはづきと葵は知る。二人はそのラブレターを渡すため、おばあさんの初恋の人を一緒に探そうと決心する…。












































本編 2時間00分
デジタル
シネスコ
カラー
ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦 字幕 
 anthropoid
●監督・脚本:ショーン・エリス(『フローズン・タイム』)●出演:キリアン・マーフィ(『インセプション』)/ジェイミー・ドーナン(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)/トビー・ジョーンズ(『ミスト』)/ハリー・ロイド(『博士と彼女のセオリー』)/シャルロット・ルボン(『フレンチ・ラン』)●2017年チェコ・ライオン(チェコ・アカデミー賞) 作品賞 ほか14部門ノミネート●2016年/チェコ・イギリス・フランス

ナチス・ナンバー3と言われたSS大将ハイドリヒの暗殺作戦=エンスラポイドに命をかけた男たちの物語。

ヒトラー、ヒムラーに次ぐ、ナチス第三の男ラインハルト・ハイドリヒ。「ユダヤ人絶滅政策」を推進し、その残虐性から「金髪の野獣」と呼ばれた男を討つべく、憂国の志士たちが立ち上がった――第二次世界大戦中、最も凄惨な史実の一つと言われるハイドリヒ暗殺事件。自らの命を儀勢にして、ナチスに立ち向かった若き男たちの戦いを描く極上の戦争サスペンス。

■第二次大戦中期、ナチスがヨーロッパのほぼ全土を制圧していた頃。イギリス政府とチェコスロバキアの亡命政府とが協力して極秘計画を練る。パラシュートを使ってチェコ領内に送り込んだのは、二人の軍人ヨゼフ・ガブチークとヤン・クビシュ。

当時、チェコの統治者でホロコースト計画を推し進めていたのが、ヒトラー、ヒムラーに次ぐナチス№3と言われたラインハルト・ハイドリヒ。二人はナチスとハイドリヒの暴走を止めるために送り込まれたスパイだった。

ヨゼフとヤンはチェコ国内に潜伏するレジスタンスの協力を得てハイドリヒの行動を徹底的にマークして狙撃する機会をうかがう。任務の過程で芽生えた愛する女性との幸せな生活を夢に見ながらも、祖国チェコのために、そして平和な未来のために自らを犠牲にして巨大な敵と戦うことを誓うのだった。












































本編 1時間32分
デジタル
シネスコ
カラー
ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走 字幕
 a found
●監督:ニコラ・ブナム(『世界の果てまでヒャッハー!』共同監督)●出演:ジョセ・ガルシア(『ル・ブレ』)/アンドレ・デュソリエ(『パリよ、永遠に』)/カロリーヌ・ヴィニョ/ジョゼフィーヌ・キャリーズ/スティラノ・ルカイエ●2016年/フランス

家族は、ひとつ。でも、どこまでも、どこまでも、どこまでも、どこまでも……どこまでッ――!?

“自慢の新車”が制御不能、止まらない…(;Д;)極限状態の中、次々と明かされる秘密――家族の絆が試されるハートフル“走る密室”コメディ。

■待ちに待った夏休み!コックス一家は“未来のシステム”搭載の新車で、バカンスへと旅立った。ところが、出発してまもなく自慢のシステムがあっさり故障、車は時速160キロでハイウェイを大暴走!極限状態の中で、次々と明かされていく〈驚愕の秘密〉に家族は崩壊ブレイク寸前!向かう先には人類史上最大の渋滞が!はたして、罪なき(少しある)コックス一家の運命は?車も悪あがきも止まらない――。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
スプリング、ハズ、カム
 spring has come
●監督・脚本:吉野竜平(『あかぼし』)●出演:柳家喬太郎(『落語物語』)/石井杏奈(『ソロモンの偽証』)/朴璐美(『あかぼし』)/角田晃弘(『オー・マイ・ゼット!』)/柳川慶子(『サラリーマン十戒』)●2017年/日本

春なんて来なけりゃいいのに

「こたつで寝ちゃだめよ。うち、おらんくなるけん」、「璃子が優しいんは、母さんに似たんじゃねえ」。
別れの予行演習のような、東京小旅行。ひとり娘にとって、亡き母が愛したひとりの男性として父を見直す旅であり、父にとっては、少女から大人の女性へと成長する娘へ「さようなら」を覚悟する旅でもあった――娘のための部屋探しが、父娘のかけがえのない旅となる。小津映画を彷彿とさせる父と娘の思いやりの物語。

■二月のある日、シングルファーザーの時田肇は広島から上京して、この春から東京の大学に通う娘の璃子のため、二人で部屋探しに歩く。そこで出会う人々とのふれあいが、二人の心にかけがえのない思い出を刻み付けていく。たった一日の小さな旅路が終わりに近づくころ、初めは璃子が幼いころに死別した妻との思い出を語りはじめる。璃子にとってそれは、今まで知ることのなかった父と母の秘められた物語であった…。












































本編 1時間37分
デジタル
シネスコ
カラー
真白の恋
 mashiro no koi
●監督:坂本欣弘●出演:佐藤みゆき(『超能力研究部の3人』)/岩井堂聖子(『サムライフ』)/福地祐介(『アルビノの木』)/山口詩史(『SPINNING KITE』)/杉浦文紀(『元気屋の戯言』)●なら国際映画祭2016 インターナショナルコンペティション部門 観客賞受賞●2017年/日本

恋をした真白は、“普通”の女の子でした。

“日本のベニス”とも称される富山県射水市。この港町を舞台に、軽度知的障がい者である主人公・真白の初恋を描いた本作は、様々な問題に直面しながらも、前向きに人生を歩んでいく人々の姿を描いた感動作。

■渋谷真白は、生まれてからこれまで、家族と共に富山で暮らしている。見た目にはそれとわからないが、真白には、ごく軽度の知的障がいがある。日常生活に支障はなく、現在は父の営む自転車店の店番をしたり、飼い犬の世話をしたりと、元気に暮らしている。

ある日、兄の結婚式で神社を訪れた真白は、東京からやって来たフリーカメラマン、油井景一に出会う。真白の、生まれて初めての恋。応援する人、心配する家族。その中で真白は何を感じ、どう成長していくのか…。












































本編 1時間35分
デジタル
ビスタ
カラー
ふたりの旅路 字幕
 magic kimono

●監督:マリス・マーティンソンス●出演:桃井かおり(『太陽』)/イッセー尾形(『太陽』)/アルトゥールス・スクラスティンス/マールティンシュ・シルマイス/アリセ・ポラチェンコ●2017年/ラトビア・日本

KIMONOが、あの人を連れてきてくれた。

あの日食べたおにぎり。導かれるようにあの人と、神戸からの美食の国・北欧のラトビアへ――ケイコは着物ショーで訪れた北欧の地で、過去の震災で行方不明になっていた夫と不思議な再会をする。愛する人を失くした男女が、すれちがいながらもめぐりあう、おとぎ話は、日本とラトビア初の合作映画。

■不慮の事故により娘を亡くし、阪神・淡路大震災ですべてを失くしたケイコは、自分の殻に閉じこもったまま1人淋しく神戸で暮らしていた。夫とともにレストランを開く夢も、完成間近のレストランも、夫さえも失った彼女は、誰も守れなかったという罪悪感に苦しんでいるのだ。

震災から20年の月日が流れ、ラトビアの首都リガで開催される着物ショーに参加することになったケイコは、本番中の舞台裏で不思議な体験をする。震災で行方不明になっていた夫が、彼女の前に突然現れたのだ。現実とは思えない出来事に戸惑うケイコは、ホテルやレストランにも出没する“夫”に邪険な態度をとり続けるが…。












































本編 1時間33分
デジタル
カラー
娘よ 字幕
 dukhtar
●監督:アフィア・ナサニエル●出演:サミア・ムムターズ/サレア・アーレフ/モヒブ・ミルザ●第87回アカデミー賞外国語映画賞 パキスタン代表作品●2014年/パキスタン・アメリカ・ノルウェー

遥かなるカラコルム山脈を縫って、母と幼い娘は走り出した――

婚礼の当日、花嫁となる10歳の娘を守るために、命を賭けた脱出は始まった。母と幼い娘の命がけの逃避行が始まる――実話を元に製作された日本初公開のパキスタン映画は、雄大なスケールで描く心を揺さぶる緊迫の人間ドラマ。

■パキスタンとインド、中国の国境にそびえ立つカラコルム山脈。その麓には多くの部落がひしめき合っていた。そのうちの一つの部族に属する若く美しい母アッララキの生き甲斐は、10歳の娘ザイナブと過ごす時間だった。だが部族間でのトラブル解決のために、ザイナブと相手部族の老長老との結婚が決められてしまう。アッララキの一番恐れていたことが現実となった。これで娘の人生は終わってしまう。自分が15歳の時に経験したのと同じように…。

決して抗うことのできない鉄の掟。掟に背く者には死が待つのみ。だが、意を決したアッララキは結婚式当日、娘を連れて部族を離脱。一方、体面と誇りを傷つけられた両部族は共同で二人の追跡を開始する。果たして二人の行方に待つものとは…。












































本編 1時間40分
デジタル
シネスコ
カラー
旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス
 journal de france
●監督・脚本:レイモン・ドゥパルドン(『モダン・ライフ』)/クローディーヌ・ヌーガレ(『モダン・ライフ』)●出演:レイモン・ドゥパルドン/クローディーヌ・ヌーガレ●2012年/フランス

彼の夢は、世界中を旅したフィルムのかけらで、一本の映画を作ること

フランスを代表する写真家による“ガイドブックには決して載らない”人生の旅行記――20世紀の変革が起きた現場には常に彼がいたと言われるほど世界中を取材してきたドゥパルドンの、未発表映像をふくむ過去と現在を追ったドキュメンタリー。












































本編 2時間07分
デジタル
シネスコ
カラー
トンネル 闇に鎖(とざ)された男 字幕
 tunnel
●監督・脚本:キム・ソンフン(『マイ・リトル・ヒーロー』)●出演:ハ・ジョンウ(『チェイサー』)/ペ・ドゥナ(『空気人形』)/オ・ダルス(『ベテラン』)/チョン・ソギョン(『最高のパートナー』)/パク・ヒョックォン(『サイコメトリー』)●第37回 青龍映画賞 6部門(主演男優賞・助演男優賞・助演女優賞・脚本賞・編集賞・技術賞)ノミネート●2016年/韓国

全長1.9kmの暗窟。手元にあるのは残量78%の携帯電話、水のペットボトル2本。そして、娘への誕生ケーキ。

全長1.9kmのハド・トンネル、崩落。巨大なコンクリートの残骸に閉じ込められた男。かつてない孤独と渇きが、その身を蝕んでいく。微かに灯された命は、儚くも消え去るのか。それとも、この果てしなき絶望に光は射すのか――韓国を代表するキャストと気鋭の監督が集結し、大ヒットを記録したサバイバル・ドラマ。

■自動車のディーラーとして働くジョンスは、大きな契約を成功させ、意気揚々と妻のセヒョンと娘が待つ家へ車を走らせていた。しかし、ジョンスが山中のトンネルに差し掛かった時、突如頭上から轟音が鳴り響く。尋常ではない音と揺れに不安がよぎったのも束の間、トンネルは崩落しジョンスは車ごと生き埋めになってしまう。

ジョンスが目を覚ますと、周囲は巨大なコンクリートの残骸に囲まれ、手元にあるものはバッテリー残量78%の携帯電話、水のペットボトル2本、そして娘への誕生ケーキだけだった。一方、トンネル崩落のニュースは瞬く間に国内を駆け巡り、救助隊長のキムらが現場に駆け付けるが、その惨状は想像を遥かに超えるものだった――。












































本編 2時間11分
デジタル
カラー
エル ELLE 字幕 
 elle
●監督:ポール・ヴァーホーベン(『氷の微笑』)●出演:イザベル・ユベール(『ピアニスト』)/ローラン・ラフィット(『ミモザの島に消えた母』)/アンヌ・コンシニ(『風にそよぐ草』)/シャルル・ベルリング(『夏時間の庭』)/ヴァージニー・エフィラ(『ターニング・タイド』)●第89回 アカデミー賞 主演女優賞ノミネート●第74回 ゴールデン・グローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)・外国語映画賞 W受賞●2016年/フランス

犯人よりも危険なのは“彼女”だった――。

自宅で覆面の男に襲われたミシェル。元夫、恋人、部下、隣人、全てが疑わしい。犯人探しは、ところが、彼女の恐るべき本性をあぶり出していくことに――強靭な精神力と、妖艶な魅力を持ち、犯人探しの為に恐るべき罠をしかけていくこの女、いったい何者!?――世界初の気品あふれる変態ムービーにして超異色サスペンス。

■新鋭ゲーム会社の社長を務めるミシェルは、一人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われる。その後も、送り主不明の嫌がらせメールが届き、誰かが留守中に侵入した形跡が残される。自分の生活リズムを把握しているかのような犯行に、周囲を怪しむミシェル。父親にまつわる過去の衝撃的な事件から、警察に関わりたくない彼女は、自ら犯人を探し始める。だが、次第に明かされていくのは、事件の真相よりも恐ろしいミシェルの本性だった――。












































本編 1時間50分
デジタル
シネスコ
カラー
ある決闘 セントヘレナの掟 字幕 
 the duel
●監督:キーラン・ダーシ=スミス●出演:ウディ・ハレルソン(『グランド・イリュージョン』)/リアム・ヘムズワース(『ハンガー・ゲーム』シリーズ)/アリシー・ブラガ(『エリジウム』)/エモリー・コーエン(『ブルックリン』)/フェリシティ・プライス●2016年/アメリカ

■救いは 信仰か 銃弾か

リオ・グランデ川に流れ着く死体、メキシコ人の失踪、狂信的な信者。事件を追うテキサス・レンジャーが目撃した真相とは――壮絶なガン・ファイトとミステリーが織りなすウェスタン・ノワールの快作。

■“ヘレナ流決闘”、それは互いの左手を布で繋ぎ合わせ、右手のナイフでどちらかが死ぬまで闘う男の掟。

1866年、メキシコとの国境リオ・グランデ川に何十という死体が流れ着いた。この不可解な事件を捜査するため、テキサス・レンジャーのデヴィッドは川の上流にあるマウント・ハーモンという町へと向かう。そこで彼は、人々に奇跡を見せ、町を掌握している説教師・エイブラハムと出会う。しかし、それは因縁の再会だった――。












































本編 1時間43分
デジタル
シネスコ
カラー
ヒトラーへの285枚の葉書 字幕
 alone in berlin
●監督・脚本:ヴァンサン・ペレーズ(『天使の肌』)●出演:エマ・トンプソン(『いつか晴れた日に』)/ブレンダン・グリーソン(『グリーン・ゾーン』)/ダニエル・ブリュール(『ラッシュ/プライドと友情』)/ミカエル・パーシュブラント(『未来を生きる君たちへ』)/モニク・ショーメット●2016年/ドイツ・フランス・イギリス

ペンと葉書だけを武器にして、真実を生きていく――

1940年ナチスによる恐怖政治に凍てつくベルリン。ヒトラーの忠実な支持者だった平凡な労働者夫婦が、一人息子の戦死をきっかけにナチス政権へ絶望的な闘いを挑む――ゲシュタポの文書記録を基に書き上げられ、60年を経た今、世界的にベストセラーとなった実話小説「ベルリンに一人死す」を映画化。戦時下のベルリンの緊迫した市民生活をサスペンスフルに描き、人間の尊厳を問いかける、まさに語り継がれるべきヒューマンドラマ。

■1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリンで質素に暮らす労働者階級の夫婦オットーとアンナのもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総裁は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージをポストカードに記し、それをそっと街中に置いた。ささやかな活動を繰り返すことで魂が解放されるのを感じる二人。だが、それを嗅ぎ付けたゲシュタポの猛操作が夫婦に迫りつつあった――。












































本編 1時間51分
デジタル
ビスタ
カラー
ディストピア パンドラの少女 字幕 
 the girl with all the gifts
●監督:コーム・マッカーシー●出演:ジェマ・アータートン(『ボヴァリー夫人とパン屋』)/パディ・コンシダイン(『ブリッツ』)/グレン・クローズ(『アルバート氏の人生』)/セニア・ナニュア/アナマリア・マリンカ(『4ヶ月、3週と2日』)●シッチェス・カタロニア国際映画祭 女優賞受賞(セニア・ナニュア)●2016年/イギリス・アメリカ

彼女は人類の希望か。絶望か。

ウィルスと共生する“二番目の子どもたち”。その存在に人類の未来が賭けられた――M.R.ケアリーによるベストセラー小説『パンドラの少女』待望の映画化。ウィルスの突然変異で、ほとんどの人間が生きた肉を食う“ハングリーズ”と化した近未来が舞台のSFスリラー。

■真菌のパンデミックにより、ほとんどの人類がハングリーズ(飢えた奴ら)と化し、残った少ない人々は安全な壁に囲まれた基地で生活している近未来。イングランドの片田舎ではウィルスと共生する“二番目の子供たち”(セカンドチルドレン)の研究が行われていた。

彼らはウィルスに感染しながらも思考能力を持ち続け、見た目は全く普通の子供だった。研究所ではその子供たちから、ワクチンを作り出そうと模索していた。ある日子供たちの中に、高い知能をもった奇跡の少女メラニーが現れる。彼女は人類の希望となるのか、絶望となるのか――。












































本編 2時間12分
デジタル
シネスコ
カラー
アメイジング・ジャーニー 神の小屋より 字幕
 the shack
●監督:スチュアート・ヘイゼルダイン(『エグザム』)●出演:サム・ワーシントン(『アバター』)/オクタヴィア・スペンサー(『ヘルプ -心がつなぐストーリー-』)/すみれ(『手をつないでかえろうよ -シャングリラの向こうで-』)/ラダ・ミッチェル(『サイレントヒル』)/アヴラハム・アヴィヴ・アラッシュ●2017年/アメリカ

これは、人生を変える旅――

最愛の人を失った悲しみから抜け出せない男の前に現れた3人の不思議な男女。彼らの旅路の果てにたどりついた奇跡とは――ニューヨーク・タイムズ“ベストセラー・リスト”70週連続1位。空前のヒットを記録した世界的ロングセラー『神の小屋』を映画化した感動作。

■愛する妻と3人の子供たち。マックの幸せな人生は、最愛の末娘ミッシーがキャンプ中に誘拐されたことで終りを告げる。捜索から数時間後、廃れた山小屋で彼女の血に染まったドレスが発見される。そこに残された証拠から、警察が追い続ける連続殺人犯の凶行であることは間違いなかったが、ミッシーの遺体が見つかることはなかった。

年月が過ぎても、マックは深い悲しみから抜け出せず、妻や子供たちとも距離ができ、家庭は崩壊寸前だった。そんなマックの元へある日、「あの山小屋へ来い」と書かれた奇妙な招待状が届く。疑念を抱きつつもマックは一人、山小屋へ向かう。そこで待ち受けていたのは想像を遥かに超える出来事だった――。












































本編 1時間34分
デジタル
ビスタ
カラー
ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
 mama wa nihon e yome ni iccha dame to iukeredo.
●監督:谷内田彰久●出演:中野裕太(『遠くでずっとそばにいる』)/ジエン・マンシュー/ワン・サイファー/リン・メイシュー/蛭子能収(『任侠野郎』)●2016年/日本・台湾

Facebookから始まった、運命の恋

恋愛にはちょっと奥手の日本人男子と全力で好きな男性にぶつかっていく台湾人女子。この二人が織りなす恋愛模様――ファンを持つ大人気カップルのフォトブックが原作の実話を映画化。恋に臆病になっているあなたに贈る、台湾全力女子と日本緩慢男子との仰天サクセスラブストーリー。

■日本人男性モギは、日本を襲った震災の復興支援に協力的な台湾の国民性と親日感情に興味を抱き、Facebook上で日本にエールを送っていた台湾女性リンにメッセージを送る。大学で日本語を専攻しており、日本のドラマやアニメが大好きだったリンは友達申請を承諾し、モギとのFacebookでのやりとりが始まった。

内容は、お互いの悩みや日々の出来事。ある日、モギは友人と台湾へ旅行に行くことを決意する。そこで初めて顔を合わせる二人。その時間はあっと言う間だったが、二人の距離はより一層近くなり、その日を境にたわいもなかったFacebookのチャットがモギとリンのオンラインデートとなった。お互いの気持ちはいつしか海を越えたが、モギの前にはリンの母親という最大の障壁が待っていた――。












































本編 1時間28分
デジタル
カラー
リベリアの白い血 字幕
 out of my hand
●監督:福永壮志●出演:ビショップ・ブレイ/ゼノビア・テイラー/デューク・マーフィー・デニス/ロドニー・ロジャース・ベックレー/ディヴィッド・ロバーツ●第65回ベルリン国際映画祭 パノラマ部門 正式出品●第21回ロサンゼルス映画祭 最高賞受賞●2015年/アメリカ

結局は変わらない世界、それでも自由を知りたかった。

西アフリカからニューヨークへ、日本人監督が描く移民の物語。あなたの知らない移民の世界がここにはある――本作は内戦の傷跡が色濃く残るリベリアで、政府公認の映画組合と共に制作された初めての映画である。後半には移民の街・NYに舞台を移し、アメリカで生きるアフリカ系移民の日常が鮮烈に描かれる。

■リベリア共和国のゴム農園で働くシスコは過酷な労働の中で家族を養っていた。仲間たちと共に労働環境の改善に立ち上がるが、状況は変わらない。そんな時シスコは従兄弟のマーヴィンからニューヨークでの生活のことを聞き、より良い生活のために愛する家族の元を離れ、自由の国アメリカへ単身で渡ることを決意する。

NYのリベリア人コミュニティに身を置き、タクシードライバーとして働き出したシスコ。移民の現実を目の当たりにしながらも、都会の喧騒や多種多様な人々が住むこの地に少しづつ順応していく。しかし、元兵士のジェイコブとの予期せぬ再会により、リベリアでの忌々しい過去がシスコに蘇ってくるのだった…。












































本編 1時間38分
デジタル
カラー
約束の地、メンフィス テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー 字幕
 take me to the river
●監督:マーティン・ショア●出演:テレンス・ハワード(『アイアンマン』)/メイヴィス・ステイプルズ(『ボブ・ディラン:ノー・ディレクション・ホーム』)/スヌープ・ドッグ(『スヌープ・ドッグ/ロード・トゥ・ライオン』)/ブッカー・T・ジョーンズ/ホッジズ・ブラザーズ(ハイ・リズム)/ボビー・ラッシュ(『ロード・トゥ・メンフィス』)●2014年/アメリカ

受け継がれるメンフィス・ソウル、珠玉の9セッション。

メンフィスの生ける伝説を集め、この地の伝統を後世に残す――巨匠たちが次世代を担う若者らに音楽(ソウル)を継承する貴重なセッションの数々を、黒人差別の歴史と絡めつつ綴る感動のドキュメンタリー。

■テネシー州メンフィス。ここでは多種多様な音楽が生まれ融合し、また、数々の“生ける伝説”と呼ばれる世界的ミュージシャンたちを輩出してきた。彼らを今一度この故郷に呼び戻し、名門ロイヤル・スタジオ等にて、ジャンルや人種、世代を超えた新たなレコーディングを行い、メンフィスの音楽と精神を現代の世界に再び送り出そうという破天荒なプロジェクトがあった。偉大なる先人たちがプレイの秘訣を惜しげもなく伝授し、過去から現代へ粛々と受け継がれるこの地の“ソウル”がスクリーンから溢れ出す――。












































本編 1時間16分
デジタル
カラー
花に嵐
 hana ni arashi
●監督・脚本:岩切一空●出演:岩切一空/りりか(『退屈な日々にさようならを』)/小池ありさ/篠田竜/半田美樹●PFFアワード2016 準グランプリ●カナザワ映画祭2016 観客賞●2017年/日本

「やり方が分かるからやるんじゃないでしょ。やりたいからやるんでしょ」

とある大学の映画研究会新入部員が周囲に翻弄されながらも自主映画を撮り続けるさまを、POV方式(主観ショット)で臨場感たっぷりに描いた異色青春ドラマ。

■大学入学後、誘われるがまま映画サークルに入った“僕”は、部室に置いてあったカメラを借りて映像日記を撮り始める。新しい環境の中、行く先々で“僕”の前に必ず現れる一人の女の子。新入生?上級生?なんとなく気になってしまう彼女に、“僕”は未完に終わった映画の続きを撮ってほしいと頼まれる。新しい環境で次々と出会う女性に振り回される、巻き込まれ型主人公。疑似ドキュメンタリーのような体裁をとりながらカメラを回し続ける“僕”は、次第にまだ存在しないフィクションの一部になっていく。












































本編 2時間10分
デジタル
シネスコ
カラー
甘き人生 字幕
 fai bei sogni
●監督・脚本:マルコ・ベロッキオ(『夜よ、こんにちは』)●出演:ヴァレリオ・マスタンドレア(『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』)/ベレニス・ベジョ(『あの日の声を探して』)/バルバラ・ロンキ/グイド・カプリーノ(『副王家の一族』)/ニコラ・カブラス●2016年/イタリア・フランス

良い夢を――

イタリアの古都トリノ。本棚の片隅に30年間隠されていた秘密。運命の出会いが、長い間夢の世界に生きてきた男を真実と向き合わせる――希望に満ちあふれていた高度経済成長期の60年代と先行き不透明な90年代、トリノとローマを彷徨う一人の男を通して、イタリア激動の時代を描き尽くした壮大なヒューマンドラマ。

■1969年、トリノ。9歳のマッシモの傍から、ある日突然母親がいなくなった。司祭から母親は天国にいると告げられるも、彼はその不可解な事件を受け入れられず、喪失感に苛まれる。

時が経ち90年代、ローマ。マッシモは腕利きのジャーナリストとして成功を収めてきたが、今もなお過去の傷を癒せず、心を閉ざし夢の中を生きているような生活を送っていた。しかし、女医エリーザとの出会いによって長い夢から目覚め…。












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
リングサイド・ストーリー
 ringside story
●監督:武正晴(『百円の恋』)●出演:佐藤江梨子(『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)/瑛太(『まほろ駅前狂騒曲』)/有薗芳記(『家族はつらいよ2』)/田中要次(『HERO』)/伊藤俊輔(『あまっちょろいラブソング』)●2017年/日本

同棲10年。カンヌ映画祭の夢、まだ叶わず。

ダメ男、K-1チャンピオンに挑む?――大ヒット映画『百円の恋』のスタッフが再結集。武正晴監督が盟友・足立紳監督の実話を元に撮り上げたファイト・ラブコメディ。

■つきあって10年、同棲中の江ノ島カナコの彼は、ヒモ同然の売れない役者・村上ヒデオ。出会った頃のヒデオは輝いていて、7年前大河ドラマに出た時は、きっとカンヌ映画祭に連れて行ってくれると信じていた。最近はオーディションに落ち続け、マネージャーが決めてきたエロVシネマの大役さえドタキャンする始末。

ある日、カナコは勤め先の弁当工場をクビになり生活は大ピンチに。プロレス好きのヒデオは、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTRE-1(レッスルワン)」が求人をしている事を知り、求職中の彼女に勧める。しかし新天地で生き生きと働きだし自分に構ってくれなくなったカナコを、浮気していると勘違いして嫉妬に狂ったヒデオは、とんでもない事件を起こしてしまう。事件のけりをつけるため、K-1チャンピオンとの一騎打ちを命じられたヒデオ。果たして、愛するカナコのために、彼はリングに上がるのか――。












































本編 1時間35分
デジタル
シネスコ
カラー
ポエトリーエンジェル
 poetr angel
●監督・脚本:飯塚俊光(『独裁者、古賀。』)●出演:岡山天音(『僕らのごはんは明日で待ってる』)/武田玲奈(『ハロウィンナイトメア2』)/鶴見辰吾(『ノン子36歳(家事手伝い)』)/美保純(『捨てがたき人々』)/角田晃広(『オー・マイ・ゼット!』)●2017年/日本

叫べ、魂を。

ボクシングリングに見立てたステージ上で2人の朗読ボクサーがオリジナルの詩を声に出して表現し、どちらの言葉が聞き手の心に届いたかを判定して勝敗が決まる、声と言葉のスポーツ“詩のボクシング”。ふとしたきっかけでそれにはまった若者たちの成長を描く爽快青春ドラマ。

■「ぼくは両腕を失った。左腕はやる気という名のもとに。右腕は盗まれた。気づく、何もない。両腕を失ったぼくにはもう何もない」

「学校が好き。クラスメイトが好き。話すのが好き。みんなに声をかける、一緒にご飯食べたい、遊びにいこうよ、一緒に帰ろうよ。わたしの言葉に人は喜び、時に悲しみ怒る。言葉は残酷だ。時に人を救い、時に人を傷つける」

酪農家の家業を手伝いながらも日々をくすぶって過ごす妄想好きな青年。ある悩みを抱え、友人を作らずにボクシングのトレーニングに励む女子高生。2人は、“詩のボクシング”やその仲間たちと出会い、それぞれに成長していく――。












































本編 1時間39分
デジタル
シネスコ
カラー
残像 字幕
 powidoki
●監督:アンジェイ・ワイダ(『カティンの森』)●出演:ボグスワフ・リンダ(『パン・タデウシュ物語』)/ゾフィア・ヴィフワチ/ブロニスワヴァ・ザマホフスカ/クシシュトフ・ピェチンスキ/シモン・ボブロフスキ●2016年/ポーランド

人はそれでもなお、信念を貫けるのか。

第二次世界大戦後、ソヴィエト連邦の影響下におかれたポーランド。スターリンによる全体主義に脅かされながらも、情熱的に創作と美術教育に打ち込む実在の前衛画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキが、自らの信念を貫き、戦う姿を描く――巨匠アンジェイ・ワイダ監督、心震わす渾身の遺作。

■1945年、スターリンがポーランドへ侵略の手を伸ばす中、アヴァンギャルドな抽象画で有名なポーランド人画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキは、社会的リアリズムの方針に自身のアートが歩み寄ることを拒否する。そのため大学教授の椅子を失い、彼の作品も美術館から排除されてしまう。それでも彼は数人の学生たちの協力を得ながら、社会主義政権に対して戦いを挑み、文化人の全体主義に対するレジスタンスのシンボルになっていくのだった…。












































本編 3時間17分
デジタル
スタンダード
カラー
ウィンター・ウォー 厳寒の攻防戦 《オリジナル完全版》 字幕
 talvisota
●監督:ペッカ・パリッカ●出演:タネリ・マケラ/ヴェサ・ヴィエリッコ(『マッチ工場の少女』)/ヘイッキ・パーヴィライネン/チモ・トリッカ/アンチ・ライヴィオ●1989年/フィンランド

小国(フィンランド)の意地を見せてやる。ソ連軍100万人に立ち向かった男たち。

「ここは死守せねばならない」「兵はわずかだ」「最後の1人が消えるまで戦います」――フィンランド対ソ連の知られざる局地戦“冬戦争”を描いた伝説の戦争大作が、製作から28年の時を経てHDニューマスター・197分完全版として蘇る。

■第二次世界大戦の開戦まもない1939年秋。ソ連は、北欧フィンランドに軍事的要衝地カレリア地峡の割譲を要求するが、フィンランド側はそれを拒否。両国間で緊張状態が続いていた。フィンランドでは来たるべき戦争に備え、多くの男たちが招集される。その中には平凡な農夫マルティとパーヴォのハカラ兄弟もいた。彼らは乏しい武器や装備に不安をつのらせながら、戦いの時を待つしかなかった。そして、ついにソ連軍が国境線に侵攻し冬戦争が勃発。ハカラ兄弟や仲間たちにも過酷な運命が待ち受ける――。












































本編 1時間48分
デジタル
カラー
しあわせな人生の選択 字幕 
 truman
●監督・脚本:セスク・ゲイ●出演:リカルド・ダリン(『瞳の奥の秘密』)/ハビエル・カマラ(『トーク・トゥ・ハー』)/ドロレス・フォンシ(『ブエノスアイレスの夜』)/エドゥアルド・フェルナンデス(『マルティナは海』)/オリオル・プラ●第30回ゴヤ賞(スペイン・アカデミー賞) 最多5部門(作品賞/監督賞/主演男優賞/助演男優賞/脚本賞)受賞●2015年/スペイン・アルゼンチン

きみから教えてもらった事、それは、決して逃げださない勇気――。

人生の残りが急速にカウントダウンし始めたとき、しばらく会っていなかった友人が目の前に現れた。“しあわせ”を2人と1匹で探した特別な4日間――末期がんに侵された男性と、その友人、そして愛犬との最期の日々を描いた感動ドラマ。

■フリアンはスペインで俳優として活躍し、愛犬トルーマンと暮らしていた。ある日突然、カナダで暮らしていた古い友人のトマスが目の前に現れる。フリアンのいとこパウラから彼の具合がよくないと聞かされたからだった。フリアンはすでに治療をやめ、身辺整理を始めていた。フリアンは説教されることを嫌がり、彼を追い返そうとするが、そんなことはおかまいなしにトマスは4日間滞在するという。

次第に2人は昔の遠慮ない関係に戻り、フリアンの残り少ない時間を愛犬トルーマンの里親探しや、離婚後しばらく会っていない、アムステルダムの大学に留学している息子に会いに行くことに費やす。それは2人が一緒に過ごせる最後の日々でもあった。はたして、フリアンにとってしあわせな選択とは――。












































本編 1時間46分
デジタル
ビスタ
カラー
世界は今日から君のもの
 sekai wa kyou kara kimi no mono
●監督・脚本:尾崎将也(『ランデブー!』)●出演:門脇麦(『二重生活』)/三浦貴大(『サムライフ』)/比留川游(『最後の命』)/マキタスポーツ(『映画 みんな!エスパーだよ!』)/YOU(『歩いても 歩いても』)●2017年/日本

笑顔まで、あと少し。

外の世界に出て行く不安、なかなか見えない未来、恋の予感、女同士の友情、そして自立。たとえ遠回りでも、立ち止まらなければきっと道は見えてくる――不器用で引っ込み思案なヒロインが自分の殻を破ろうと奮闘する青春ドラマ。

■引っ込み思案で自分の世界に閉じこもってきた真実は、父親の英輔と2人暮らし。両親は真実が高校生の時に離婚している。思い切って始めたアルバイトを運悪くクビになり、またニート生活に逆戻りするはめに。

そんなある日、娘の将来を心配した英輔が、新しいバイトを見つけてくる。それは新作ゲームをプレイしてバグを探す“デバッカー”という仕事だった。そこで真実は、制作の仕事をする遼太郎と出会い、誰も知らない才能を発見されるのだが…。












































本編 1時間59分
デジタル
シネスコ
カラー
きっと、いい日が待っている 字幕 
 der kommer en dag
●監督:イェスパ・W・ネルソン●出演:ラース・ミケルセン(『獣は月夜に夢を見る』)/ソフィー・グローベール(『モルグ』)/ハーラル・カイサー・ヘアマン/アルバト・ルズベク・リンハート●デンマーク・アカデミー賞 6部門(作品賞・オリジナル脚本賞・助演男優賞・助演女優賞・美術賞・衣裳賞)受賞●2016年/デンマーク

子どもたちに明日が約束されなかった時代。兄は今日を生きた――。弟は未来を夢見た――。

明日は変えられない。だけど、明日なら、きっと変えられる。未来を切り拓け――1967年、デンマーク。これは、養護施設の体罰やいじめに苦しむある幼い兄弟の勇気が起こした奇跡の実話。

■1967年、コペンハーゲン。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向け養護施設に預けられるが、施設では、しつけという名のもとの体罰が横行していた。
エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからいじめの標的にされてしまう。弟のエルマーは病を抱えながら宇宙飛行士になるという夢を持っており、エリックは複雑な思いを抱いていた。ある日、叔父が「一緒に暮らそう」と施設を訪ねてくるが、ヘック校長に一蹴されてしまう。悲観したエリックとエルマーは施設からの逃亡を図ろうとするが――。












































本編 2時間09分
デジタル
ビスタ
カラー
アリーキャット 
 alley cat
●監督:榊英雄(『木屋町DARUMA』)●出演:窪塚洋介(『沈黙 -サイレンス-』)/降谷建志(Dragon Ash 『けものがれ、俺らの猿と』)/市川由衣(『海を感じる時』)/品川祐(『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』)/柳英里紗(『黒い暴動』)●2017年/日本

このふたりがいるだけでストーリーが生まれる。

野良猫(alley cat)のように街の片隅でひっそり生きる男。ひょんなことからバディとなった男と一緒に、一人の女を守るために奮闘し、熱い想いを取り戻していく――闇社会に絡んだクライムサスペンスの要素を持ちつつも、人生に躓いた人間の再生を描くヒューマン・ドラマ。

■元ボクシングの東洋チャンピオンで、今は後遺症の頭痛に悩みながらも警備員の仕事をしている朝秀晃。彼のささやかな楽しみはマルと名付けた野良猫の世話をすることだった。ある日、突然行方不明になったマルを探しに訪れた保健所で、マルを引き取りリリィと名付けた梅津郁巳という男に出会う。

ある時、秀晃は会社からボディーガードの仕事を頼まれる。シングルマザーの土屋冴子を元恋人のストーカー・玉木から守るというものだった。ところが、2人の話し合いの場を設けた喫茶店に偶然、郁巳が現れ話をこじらせ警察沙汰にしてしまう。この事をきっかけに玉木の行動は狂気じみたものになり、免許もない秀晃は郁巳の助けを借りて冴子と子供のガードを強化することに。そうするうちにいつしか秀晃と郁巳は互いをマル、リリィと呼び合う仲になる。ところが冴子の事件は政治家が絡んでますます物騒なものになり――。












































本編 1時間50分
ブルーレイ
ビスタ
カラー
デ・パルマ 字幕
 de palma
●監督:ノア・バームバック(『フランシス・ハ』)/ジェイク・パルトロウ(『マッド・ガンズ』)●出演:ブライアン・デ・パルマ●2015年/アメリカ

■『キャリー』『ファントム・オブ・パラダイス』『殺しのドレス』『スカーフェイス』『アンタッチャブル』――数多の名作を手がけて来たハリウッドを代表する名監督ブライアン・デ・パルマ。作品によって当たり外れがあるといわれてきた彼が、成功作・失敗作に関係なく自身の全作品について語るほか、影響を受けた映画監督や作品なども散りばめながら、その波乱万丈な映画人生に迫る映画ファン必見のドキュメンタリー。












































本編 1時間34分
デジタル
ビスタ
カラー
わたしたち 字幕 
 the world of us
●監督・脚本:ユン・ガウン●出演:チェ・スイン/ソル・ヘイン/イ・ソヨン(『スキャンダル』)/カン・ミンジュン/チャン・ヘジン●第66回ベルリン国際映画祭 ジェネレーション部門招待●2015年/韓国

友だちになれる、何度でも。

“いじめ”という目に見えない悪魔に、少女たちはどう向きあうのか――人生で初めて経験する友情、裏切り、嫉妬、すべての感情に戸惑い葛藤する子供たちの姿を鮮烈に映し出す。名匠イ・チャンドンが認めた若き女性監督が描く“なかよし”二人の成長の物語。

■小学校でいつもひとりぼっちの少女ソンは、終業式の日に転校生のジアと出会う。共働きの両親を持つソンと、裕福だが問題を抱えるジア。夏休みの間、二人は毎日のように顔を合わせて友情を築いてゆくが、新学期になると、ジアはソンを仲間外れにするボラと親しくなり、ソンに冷たく当たるようになる。ソンは勇気を振り絞ってジアとの関係を回復しようとするのだが…。












































本編 1時間52分
デジタル
ビスタ
カラー
望郷
 bokyo
●監督:菊地建雄(『ディアーディアー』)●出演:貫地谷しほり(『くちづけ』)/大東駿介(『TOKYO TRIBE』)/盛岡龍(『PARKS パークス』)/浜野謙太(『デイアスポリス -DIRTY YERROW BOYS-』)/伊東蒼(『島々清しゃ』)●2017年/日本

ずっと、伝えたかった…

家に縛られた娘。亡き父に後悔をもつ息子。瀬戸内のある島で起こる、ふたつの親子の物語――『告白』『白ゆき姫殺人事件』など数々のヒット作を生み出してきた湊かなえ原作による感動のミステリー「夢の国」「光の航路」、待望の映画化。

■古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女にとって幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴だったが、それは祖母や母のもとで暮らす彼女には決して叶わない“自由”であった。

月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になるという話を耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女はずっと抱えてきた想いを語り始める――。

一方、転任の為9年ぶりに本土から故郷に戻った航のもとには、ある日、亡き父の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった教師としての父の姿を語り出し、父親のことを誤解していたと知るが――。












































本編 1時間56分
デジタル
シネスコ
カラー
歓びのトスカーナ 字幕
 la pazza gioia
●監督:パオロ・ヴィルズィ(『人間の値打ち』)●出演:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ(『人間の値打ち』)/ミカエラ・ラマッツォッティ(『ハートの問題』)/(『』)/ヴァレンティーナ・カルネルッティ(『輝ける青春』)/トンマーゾ・ラーニョ/ボブ・メッシーニ●ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(イタリア・アカデミー賞)作品賞/監督賞/主演女優賞/美術賞/ヘアスタイリスト賞 受賞●2016年/イタリア・フランス

わたしたち、何を探しているの?幸せをほんの少し。

陽光まぶしいトスカーナの診療施設から、自由を求めて脱走を図ったふたりの女性。それぞれ心に傷を負いながらも、旅を続けていく中で、いつしか掛け替えのない絆で結ばれていく――人生は悲しくて、でも愛おしい。最高の友情を手にした女たちによる、人生賛歌。

■イタリア・トスカーナ州の緑豊かな丘の上にある診療施設、ヴィラ・ヴィオンディ。ここでは心にさまざまな問題を抱えた女性たちが、広大な庭でくつろいだり、農作業にいそしんだりしながら、社会に復帰するための治療を受けている。

大声を張り上げて意気揚々と闊歩する“自称・伯爵夫人”のベアトリーチェは、この施設の女王様のような存在だ。ある日、彼女の目に留まったのは、やせ細った体のあちこちにタトゥーが刻まれた、若く美しい新参者のドナテッラ。ルームメイトになったふたりは施設をひょっこりと抜け出し、行き当たりばったりの逃避行のなかで徐々に絆を深めていく。

やがて心に傷を負ったドナテッラの脳裏にある痛切な記憶が甦り、ベアトリーチェは病院に引き戻された彼女を救い出そうとするのだが…。人生に必要なのは、少しの休暇と、女同士の友情。そんな友情を手にしたふたりに、天はささやかな贈り物をするのだった――。












































本編 1時間29分
デジタル
カラー
クロス
 cross
●監督:奥山和由(『RAMPO -奥山バージョン-』)/釘宮慎治(『蝉しぐれ』撮影)●出演:紺野千春(『かくて女神は笑いき』)/山中聡(『真幸くあらば』)/Sharo/前野えま/那波隆史(『月の下まで』)●第39回城戸賞受賞●2017年/日本

愛・嫉妬・快楽・罪――欲望の十字架から逃れられない

あるジャーナリストによって白日の下に晒された“集団リンチ殺人事件”加害者の現在。これをきっかけに、人間の欲望のマグマが燃え上がり、もうひとつの封印されていた忌まわしい殺人事件が呼び起こされる――人間の欲望、嫉妬の渦、そして真の贖罪とは何かを問いかけるエロティックサスペンス。映像化不可能と言われた城戸賞受賞作が、いまここに降臨。

■歯科医院の受付として働く、竹下真理子。化粧気もなく、携帯もテレビもないアパートでひとり静かに暮らしていた。ある日、犬の里親募集のチラシで、子供の頃飼っていたが悲しい別れをしてしまった愛犬に似た犬を見つけ引き取ることに決める。その犬はアンジーと呼ばれていた。

引越しの為、愛犬のアンジーをやむなく手放すことになった平山孝史、妻の知佳、娘の聖羅は、経営していた会社が倒産し生活が厳しくなっていた。それでも幸せに暮らす家族だったが、妻の知佳には“集団リンチ殺人事件”の犯人グループの1人という隠していた過去があった。

それを週刊ボックスの記者、柳田雄二によって暴かれたことにより、それまでの幸せな生活は
一変し、孝史との間にも不穏な空気が漂い始める。ネット掲示板をチェックしていた知佳は、同じ頃に起きた“赤羽不倫殺人事件”の犯人が真理子ではないかと疑い始める――。












































本編 1時間23分
デジタル
ビスタ
カラー
ロスト・イン・パリ 字幕
 paris pieds nus
●監督・脚本:ドミニク・アベル(『ルンバ!』)●出演:ドミニク・アベル&フィオナ・ゴードン(『ルンバ!』)/フィオナ・ゴードン(『ルンバ!』)/エマニュエル・リヴァ(『愛、アムール』)/ピエール・リシャール(『幸せはシャンソニア劇場から』)/フィリップ・マルツ(『ルンバ!』)●2016年/フランス・ベルギー

ハジメマシテ!とびっきりの自由

とびきり軽快で、最高に楽しい!夏のパリで大ピンチ!はみだし者たちの小さな冒険がはじまる――ジャック・タチのエスプリを継ぐアベル&ゴードンが鮮やかに描く、さえないオトナたちの世にも美しい夏のどたばたパリ巡り。サプライズとユーモアが詰まった遊び心たっぷりのコメディ。

■雪深いカナダの小さな村、味気ない日々を送る図書館司書フィオナ。ある日、パリに住むおばマーサから助けを求める手紙が届き、臆病者のフィオナは勇気をふり絞って旅に出る。ところがアパートにマーサの姿は見当たらず、セーヌ川に落ち所持品全てを失くす大ピンチ。おまけに謎めいた男ドムにつきまとわれて…。いったいマーサはどこに?!












































本編 2時間00分
デジタル
カラー
ダイ・ビューティフル 字幕
 die beauttiful
●監督:ジュン・ラナ(『ある理髪師の物語』)●出演:パオロ・バレステロス/ジョエル・トーレ(『牢獄処刑人』)/グラディス・レイエス/アルビー・カシノ/ルイス・アランディ●第29回東京国際映画祭 主演男優賞/観客賞 受賞●2016年/フィリピン

神様、あなたの贈り物を素敵にしました。

急死したミスコン女王・トリシャの願いはただ一つ。それは葬儀までの七日間、日替わりセレブメイクをされて旅立つこと――愛を求め、裏切られ、差別と偏見に立ち向かい誇り高く生き抜いたトランスジェンダーの、波乱に満ちた一生を笑いと涙で描いた、拍手喝采の感動一代記。

■ミスコンの女王、トリシャ・エチェバリアが急死した。家族から絶縁され、身寄りのない娘を育て上げ、ついにミスコン女王に輝いた末の突然の死だった。そんな彼女の遺言は、葬儀までの七日間の死化粧への注文!?

ビヨンセ、ケイティ・ペリー、アンジェリーナ・ジョリー、ジュリア・ロバーツ、レディ・ガガ。日替わりで海外セレブメイクをして逝きたいと語っていたトリシャ。しかし、家族は男の姿に戻して葬儀に出すと言って聞かない。心優しい仲間たちは、願いを叶えるためトリシャの遺体を盗み出すが、その死化粧がフェイスブックで注目を集めてしまったから、さあ大変!彼女は無事、ミスコン女王としてこの世を旅立てるのか――。












































本編 1時間25分
デジタル
ビスタ
カラー
ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣 字幕 
 dancer
●監督:スティーヴン・カンター(『ピクシーズ/ラウド・クァイエット・ラウド』共同監督)●出演:セルゲイ・ポルーニン/イーゴリ・ゼレンスキー/モニカ・メイソン●2016年/イギリス・アメリカ

〈ヌレエフの再来〉と謳われる類まれなる才能と、それを持て余しさまよう心――

もがき、踊る。天才の宿命を、目撃せよ――19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシバルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。

■英国ロイヤル・バレエ団の史上最年少男性プリンシバルとなったセルゲイ・ポルーニンは、その2年後、人気のピークで電撃退団。そのニュースは国内メディアのみならず、世界中に報道された。途方もない才能に恵まれ、スターになるべく生まれた彼は、その運命を受け入れなかったのだ。

バレエ界のしきたり、天才ゆえの重圧、家族の関係。スターダムから自滅の淵へ――様々な噂が飛び交う中、彼が再び注目を集めたのは、グラミー賞にもノミネートされたホージアのヒット曲「Take Me to Church」のミュージックビデオだった。写真家のデヴィッド・ラシャペルが監督し、ポルーニンが踊ったこのビデオはこれまで彼が生きてきた苦悩と、微かに与えられた光とを表現し、YouTubeで1,800万回以上再生され、ポルーニンを知らなかった人々をも熱狂の渦に巻き込んだ。本人や家族、関係者のインタビューから見えてくる彼の本当の姿とは…?












































本編 2時間07分
デジタル
ビスタ
カラー
幼な子われらに生まれ
 osanago warera ni umare
●監督:三島有紀子(『繕い裁つ人』)●出演:浅野忠信(『淵に立つ』)/田中麗奈(『王妃の館』)/宮藤官九郎(『クワイエットルームにようこそ』)/寺島しのぶ(『裏切りの街』)/水澤紳吾(『雨にゆれる女』)●2016年/日本

親愛なる、傷だらけのひとたちへ。

「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」。娘に言われた時、妻には新しい命が宿っていた――血のつながらない家族、血のつながった他人。つまずき、傷つきながらも幸せを紡いでいく大人たちの、アンサンブルムービー。

■バツイチ、再婚。一見良きパパを装いながらも、実際は妻の連れ子とうまくいかず、悶々とした日々を過ごすサラリーマン、田中信。妻・奈苗は、男性に寄り添いながら生きる専業主婦。キャリアウーマンの元妻・友佳との間にもうけた実の娘と3ヶ月に1度会うことを楽しみにしているとは言えない。

実は、信と奈苗の間には、新しい生命が生まれようとしていた。血のつながらない長女はそのことでより辛辣になり、放った一言「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」。今の家族に息苦しさを覚え始める信は、怒りと哀しみを抱えたまま半ば自暴自棄で長女を奈苗の元夫・沢田に会わせる決心をするが…。












































本編 1時間48分
デジタル
シネスコ
カラー
サーミの血 字幕
 sameblod
●監督:アマンダ・シェーネル●出演:レーネ=セシリア・スパルロク/ミーア=エリーカ・スパルロク/マイ=ドリス・リンピ/ユリウス・フレイシャンデル/オッレ・サッリ●2016東京国際映画祭 審査委員特別賞/最優秀女優賞 受賞●2016ヴェネツィア国際映画祭 新人監督賞/ヨーロッパ・シネマ・レーベル賞 受賞●2016年/スウェーデン・ノルウェー・デンマーク

家族、故郷を捨ててでも、少女が願ったのは、自由に生きること

北欧スウェーデン、知られざる迫害の歴史。幻想的で美しい自然の大地ラップランドに、ヨイク(サーミの歌)が響く――劣等民族と見なされ迫害を受けてきた先住民族サーミ人。トナカイと暮らすラップランドを捨て、クリスティーナという名で生き抜く道を選んだサーミ人の少女の成長と、差別に抗い生き抜く姿を描いた感動作。

■1930年代、スウェーデン北部に暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。寄宿学校に通う少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師は「あなたたちの脳は文明に適応できない」と告げる。

そんなある日、エレはスウェーデン人のふりをして忍び込んだ夏祭りで都会的な少年ニクラスと出会い恋に落ちる。トナカイを飼いテントで暮らす生活から何とか抜け出したいと思っていたエレは、彼を頼って街に出た――。












































本編 1時間56分
デジタル
シネスコ
カラー
裁き
 court
●監督・脚本:チャイタニヤ・タームハネー●出演:ヴィーラー・サーティダル/ヴィヴェーク・ゴーンバル/ギーターンジャリ・クルカルニー/プラディープ・ジョーシー/ウシャー・バーネー●第71回ヴェネツィア国際映画祭 ルイジ・デ・ラウレンティス賞 受賞/オリゾンティ部門 作品賞 受賞●第88回アカデミー賞 外国語映画賞インド代表●2014年/インド

ナーラーヤン・カンブレ、65才、歌手。罪状は自殺を煽る歌を歌ったこと。

不条理な容疑で逮捕され被告人となった男と、彼の運命を握る裁判官、検事、弁護士。これは冤罪なのか、犯罪なのか――インド新世代の旗手チャイタニヤ・タームハネーが、一つの「裁き」を巡る法廷の攻防と、並行する彼らの私生活を、独特の視点とカメラワークで描いた異色の法廷劇。

■ある下水清掃人の死体が、ムンバイのマンホールの中で発見された。ほどなく、年老いた民謡歌手カンブレが逮捕される。彼の扇動的な歌が、下水清掃人を自殺へと駆り立てたという容疑だった。不条理にも被告人となった彼の裁判が下級裁判所で始まる。

理論的で人権を尊重する若手弁護士、100年以上前の法律を持ち出して刑の確定を急ぐ検察官、何とか公正に事を運ぼうとする裁判官、そして偽証をする目撃者や無関心な被害者の未亡人といった証人たち。インドの複雑な社会環境の中で、階級、宗教、言語、民族など、あらゆる面で異なる世界に身を置いている彼らの個人的な生活と、法廷の中での一つの裁きが多層に重なっていき…。












































本編 2時間35分
デジタル
ビスタ
カラー
海辺の生と死
 umibe no sei to shi
●監督・脚本:越川道夫(『アレノ』)●出演:満島ひかり(『愚行録』)/永山絢斗(『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』)/井之脇海(『帝一の國』)/川瀬陽太(『バンコクナイツ』)/津嘉山正種(『かぞくのくに』)●2017年/日本

ついてはいけないでしょうか たとえこの身がこわれても 取り乱したりいたしません

太平洋戦争末期、“神の島”奄美群島・加計呂麻島で出会ったふたり。男はじりじりと特効艇の出撃命令を待ち、女はただどこまでも一緒にいたいと願った。たとえそれが死を意味するとしても――後に傑作「死の棘」を世に放った島尾敏雄と、その妻・ミホの出会いの物語を原作に、はかない恋の一瞬のきらめきを描いた心揺さぶる恋愛映画。

■1944年12月、奄美カゲロウ島。国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特効艇の隊長・朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う。島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。

やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになる。しかし、時の経過と共に敵襲は激しくなり、沖縄は陥落、広島に新型爆弾が落とされる。そして、ついに朔が出撃する日がやって来た。母の遺品の喪服を着て、短刀を胸に抱いたトエは家を飛び出し、いつもの浜辺へと無我夢中で駆けるのだった…。












































本編 1時間38分
デジタル
カラー
全員死刑 
 zenin shikei
●監督・脚本:小林勇貴(『孤高の遠吠』)●出演:間宮祥太朗(『帝一の国』)/毎熊克哉(『ケンとカズ』)/六平直政(『一枚のハガキ』)/入絵加奈子(『下妻物語』)/清水葉月●2017年/日本

お前ら全員ぶっ殺(さら)う!――これが、彼の親孝行。

強い家族の絆、熱い親子愛が、監禁、暴行、絞殺、毒殺、銃殺と連続殺人にエスカレート。かつて福岡で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った強盗殺人死体遺棄事件――その死刑囚である次男の獄中手記をベースにした原作を映画化。『冷たい熱帯魚』の製作陣が贈る“けしからん!”実録犯罪映画、ここに誕生。

■家族想いの主人公タカノリは、情緒不安定な組長の父・テツジとヒステリックな母・ナオミを借金苦から救う為、兄・サトシと共に、近所の資産家一家の現金強奪を実行する。しかしあまりにもお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害して事態はエスカレート。止められないアドレナリンと「家族のため」という「愛」を合言葉にタカノリたちの人殺しは狂いに狂い咲いていく――。












































本編 1時間43分
デジタル
カラー
草原に黄色い花を見つける 字幕
 yellow flowers on the green grass
●監督:ヴィクター・ヴー●出演:ティン・ヴィン/チョン・カン/タイン・ミー/マイ・テー・ヒエップ●第89回アケデミー賞 外国語映画部門ベトナム代表●2015年/ベトナム

君を想う切なきは恋わずらい

『青いパパイヤの香り』から23年。ベトナムから世界を席巻する新たな才能が登場。無邪気と不思議に満ちた少年時代…誰もが遠い記憶の片隅にある、切なさを思い出す――1980年代後半ベトナムの中南部の貧しい村に生きる、兄弟と幼馴染の少女との淡い初恋を描いたベトナムの人気作家グエン・ニャット・アインのベストセラー小説を詩情豊かに映画化した青春ドラマ。

■ティエウとトゥオンの兄弟は、いつも一緒の仲の良い兄弟。思春期を迎える12才の兄ティエウは、近所に住む少女ムーンが気になっているが、うまく想いを伝えることができない。そんなある日、ムーンが家の不幸からティエウとトゥオンの兄弟の家に身を寄せることになる。一緒に過ごす時間にティエウの恋心は募るばかり。しかし急接近したトゥオンとムーンの仲に嫉妬したティエウは、遂に取返しのつかないことをしてしまう…。












































本編 1時間55分
デジタル
ビスタ
カラー
汚れたダイヤモンド 字幕
 diamant noir
●監督・脚本:アルチュール・アラリ●出演:ニールス・シュネデール/アウグスト・ディール(『ヒトラーの贋札(にせさつ)』)/ハンス・ペーター・クロース/アブデル・アフェド・ベノトマン/ラファエル・ゴダン●2016フランス映画批評家協会賞 新人監督賞 受賞●第42回セザール賞 新人男優賞受賞●2016年/フランス・ベルギー

■その光は、復讐の輝き――

ひとりの男がパリからアントワープへ向かったとき、ダイヤモンド一族の隠された秘密が暴かれ、宝石に亀裂が入り始める――レオス・カラックス以来の衝撃と言われる、フランスの新たな才能アルチュール・アラリ監督が、「ハムレット」から受け継がれる“父と子”という永遠のテーマをバックに描く、フィルム・ノワールの真骨頂。

■フランス、パリ。強盗に明け暮れるピエールは、15歳から音信不通だった父が死んだことを突然知らされる。アントワープのダイヤモンド商家生まれの父は、ダイヤの研磨作業中に不慮の事故で手先を失い、その後精神を病み、家族の前からも姿を消し、野垂れ死んだのだ。

それを知らされたピエールは、生家かr追放された父の過去とみじめな最期に、父の兄ジョセフを長とする一族への復讐と、ダイヤの強盗を誓う。舞台はパリから、ベルギーのアントワープへ。しかし生まれて初めてダイヤモンドに触れたピエールは、自分の体内に流れる、父から受け継いだ血が騒ぎだすのを感じるのだった。そしてそれは、悲劇への序章でもあった――。












































本編 2時間05分
デジタル
ビスタ
カラー
オン・ザ・ミルキー・ロード 字幕 
 on the milky road
●監督・脚本:エミール・クストリッツァ(『アンダーグラウンド』)●出演:モニカ・ベルッチ(『007 スペクター』)/エミール・クストリッツァ(『フェアウェル さらば,哀しみのスパイ』)/プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ(『黒猫・白猫』)/スロボダ・ミチャロヴィッチ●2016年/セルビア・イギリス・アメリカ

愛へ続く道を進め

戦火の中、ミルク運びの男と美しい花嫁の、壮大な逃避行がはじまる――世界三大映画祭を制覇したエミール・クストリッツァ監督9年ぶりの新作は、戦争が終わらない国で、命がけで愛を守り抜こうとする男女の究極のラブロマンスにして、奇想天外な冒険ストーリー。

■隣国と戦争中のとある国。右肩にハヤブサを乗せたコスタは、村からの戦線の兵士たちにミルクを届けるため、毎日銃弾をかわしながらロバに乗って前線を渡っている。国境を隔てただけの、すぐ近場同士で果てしなく続く殺し合い。いったい戦争はいつ終わるのか、誰にも見当がつかない。

そんな死と隣り合わせの状況下でも、村には呑気な暮らしがあった。おんぼろの大時計に手を焼いている母親と一緒に住んでいるミルク売りの娘ミレナ。美しく活発な彼女の魅力に村の男たちはメロメロで、皆がミレナ目当てもあってこの家のミルクを注文する。

そのミルクの配達係に雇われているのがコスタだ。コスタに想いを寄せているミレナは、ひとつの計画を思い描いていた。戦争が終わったら、兵士である兄のジャガが戦場から帰ってくる。兄は、この家に花嫁として迎える女性と結婚する予定だ。その時と同じ日に、自分はコスタと結婚するのだと――。












































本編 1時間17分
デジタル
カラー
ブランカとギター弾き 字幕 
 blanka

●監督・脚本:長谷井宏紀●出演:サウデル・ガブテロ/ピーター・ミラリ/ジョマル・ビスヨ/レイモンド・カマチョ/(『』)●ヴェネツィア国際映画祭2015 マジックランタン賞/ソッリーゾ・ディベルソ賞 受賞●2015年/イタリア

「お母さんはいくらで買えるの?」

歌ってごらん、ブランカ。生きるために、自分の居場所を見つけるために――母親を買うことを思いついた孤児の少女と、盲目のギター弾きの“幸せを探す旅”。気鋭の日本人監督による、世界中を魅了した愛と勇気の感動作。

■窃盗や物乞いをしながら路上で暮らしている孤児の少女ブランカは、ある日テレビで、有名な女優が自分と同じ境遇の子供を養子に迎えたというニュースを見て、“お母さんをお金で買う”というアイディアを思いつく。

その頃、行動を共にしていた少年達から意地悪をされ、ブランカの小さなダンボール製の家は壊され、彼女は全てを失ってしまう。途方に暮れるブランカは出会ったばかりの流れ者の路上ギター弾きの盲人ピーターに頼み込み、彼と一緒に旅に出る。辿り着いた街で「3万ペソで母親を買います」と書かれたビラを貼ったビアンカは、その資金を得るために窃盗をする。

一方でピーターは、ブランカに歌でお金を稼ぐことを教える。ピーターが弾くギターの音にのせたブランカの歌声は、街ゆく人々を惹きつけていく。そしてついに二人はレストランで歌う仕事を得る。十分な食べ物、屋根のある部屋での暮らし。ブランカの計画は順調に運ぶように見えたが、一方で、彼女の身には思いもよらぬ危険が迫っていた…。












































本編 1時間44分
デジタル
シネスコ
カラー
あさがくるまえに 字幕 
 reparea les vivants
●監督・脚本:カテル・キレヴェレ(『スザンヌ』)●出演:タハール・ラヒム(『ダゲレオタイプの女』)/エマニュエル・セニエ(『毛皮のビーナス』)/アンヌ・ドルヴァル(『Mommy/マミー』)/ドミニク・ブラン(『恋は足手まとい』)/ギャバン・ヴァルデ●2016年ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門正式上映作品●2016年/フランス・ベルギー

たった、いちにち――それでも、あたらしいあさはくる

ル・アーブルからパリへ。命をつなぐものたちの、愛と喪失、そして再生――心臓移植という現実に直面したドナーの家族、友人、医師たちの葛藤する一日を繊細なタッチで綴ったヒューマン・ドラマ。メイリス・ド・ケランガルのベストセラー小説の映画化。

■フランス北西部の都市ル・アーブル。夜明け前、ガールフレンドがまだまどろみの中にいるベッドをそっと抜け出し、友人たちとサーフィンに出かけたシモン。しかし彼が再び彼女の元に戻ることはなかった。帰路、彼は交通事故に巻き込まれ、脳死と判定される。報せを受けた彼の両親は、その現実を受け止めることができない。医師はシモンが蘇生する可能性は無く、両親に移植を待つ患者のために臓器の提供を求めるのだが。その時間の猶予は限られている…。

パリ。音楽家のクレールは、自分の心臓が末期的症状であることを自覚している。彼女が生き延びるためには、心臓移植しか選択肢はない。しかし彼女は、他人から贈られた命によって、若くない自分が延命することの意味を自問自答している。そんな時、担当医からドナーが見つかったとの連絡が入る――。












































本編 1時間30分
デジタル
シネスコ
カラー
ナインイレヴン 運命を分けた日 字幕
 9/11
●監督:マルティン・ギギ●出演:チャーリー・シーン(『プラトーン』)/ジーナ・ガーション(『フェイス/オフ』)/ルイス・ガスマン(『マグノリア』)/ウッド・ハリス(『アントマン』)/ウーピー・ゴールドバーグ(『天使にラブ・ソングを』)●2017年/アメリカ

いつもと同じ朝、いくつもの約束があった――。

2001.9.11ニューヨーク、ワールドトレードセンター。そこで閉じ込められた5人が極限状態で下した決断とは――アメリカ、そして世界が分断された日、現代テロ戦争の原点。米同時多発テロ下の【実話】から生まれた、魂に語りかける感動のヒューマンドラマ。

■2001年9月11日、NY。ワールドトレードセンタービルのエレベーターに偶然居合わせた、実業家のジェフリーと離婚調停中の妻イヴ、バイクメッセンジャーのマイケル、恋人に別れを告げに来たティナ、ビルの保全技術者のエディの5人。

突如、ビルに飛行機が激突し、彼らは北棟の38階辺りに閉じ込められてしまう。外部との唯一の通信手段はオペレーターのメッツィーだけ。恐怖と闘いながら助かる方法を探す5人が、極限状態で下した決断は…。












































本編 1時間48分
デジタル
シネスコ
カラー
プラネタリウム 字幕 
 planetarium
●監督・脚本:レベッカ・ズロトヴスキ(『美しき棘』)●出演:ナタリー・ポートマン(『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』)/リリー=ローズ・デップ(『ザ・ダンサー』)/エマニュエル・サランジェ(『そして僕は恋をする』)/アミーラ・カサール(『僕とカミンスキーの旅』)/ピエール・サルヴァドーリ(『プライスレス 素敵な恋の見つけ方』監督)●2016年/フランス・ベルギー

美しい姉妹 美しい秘密

「見えない世界を見せてあげる」。人の心を狂わすこの姉妹は、高名なスピリチュアリストなのか、それとも世紀の詐欺師なのか――心霊術と超常現象、詐欺か真実か。踊り踊らされる、美しくも儚い姉妹のミステリアスな物語。

■1930年代。アメリカ人スピリチュアリストのローラとケイトのバーロウ姉妹は、憧れのパリへと向かう。聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。死者を呼び寄せる降霊術ショーを披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。

そんな二人の才能に魅せられたやり手の映画プロデューサーのコルベンは、世界初の映画を撮影しようと姉妹と契約する。果たして姉妹の力は本物なのか?見えない世界を見せられるのか?姉妹の運命が狂いだす――。












































本編 1時間51分
デジタル
ビスタ
カラー
ギフト 僕がきみに残せるもの 字幕
 greason

●監督:クレイ・トゥイール●出演:スティーヴ・グリーソン/ミシェル・ヴァリスコ/ポール・ヴァリスコ●映画批評家協会 最優秀ドキュメンタリー賞●シアトル国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞●2016年/アメリカ

ケンカもする。絶望する日もある。それでも家族は旅を続ける。

きみが生まれるとき、もう僕はきみを抱きしめられないかもしれない――難病ALSを宣告された元アメリカン・フットボールのスター選手。やがて生まれてくる息子のために撮影しはじめたビデオダイアリーから生まれた感動のドキュメンタリー。

■アメリカン・フットボールの最高峰、NFL。ニューオーリンズ・セインツの選手スティーヴ・グリーソンは、2006年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズの市民にとって、待ちに待った災害後最初のホームゲームでチームを劇的な勝利に導いたヒーローだった。

それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ALS(筋委縮性側索硬化症)であると宣告される。そしてその後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことを彼は知る。自分は我が子を抱きしめることができるのだろうか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのだろうか。グリーソンは決めた。まだ見ぬ子どもに贈るために、毎日、ビデオダイアリーを撮り続けると。












































本編 1時間16分
デジタル
カラー
ポルト 字幕
 porto
●監督・脚本:ゲイブ・クリンガー●出演:アントン・イェルチン(『グリーンルーム』)/ルシー・ルーカス/フランソワーズ・ルブラン(『めぐりあう日』)/パウロ・カラトレ/レオノール・ブルナー●2016年/ポルトガル・フランス・アメリカ・ポーランド

視線を感じたその一瞬は、ふたりにとって永遠だった……

“ポルト”、リスボンに次ぐ、ポルトガル第二の都市。ポートワインで有名なこの港町で、ふたりは出会った――異国で出会った男と女。過去と未来の記憶が交錯する。恋より儚く、愛より情熱的。ロマンティックでほろ苦いラブストーリー。

■男は異国の地になじめず、放蕩を続けるアメリカ人。女はフランスからポルトガルにやってきた、考古学を研究する学生。視線が触れた瞬間、言葉を交わす間もなく惹かれ合ったふたりは情熱的な一夜を共にする。シーツの陰で、夜の街灯の下で、カフェの喧噪の中で、愛を語り合い、孤独に怯え、幸せの意味を噛みしめたふたり。

しかし女には恋人がいた。あの夜を信じたい男と未来を忘れたい女の心は、互いに求め合いながらも、ひとつになることを拒む。やがてふたりのすれ違いが決定的に思えたそのとき、ある奇跡が起こる…。












































本編 1時間32分
デジタル
シネスコ
カラー
アンダー・ハー・マウス 字幕 
 under her mouth
●監督:エイプリル・マレン●出演:エリカ・リンダー/ナタリー・クリル/セバスチャン・ピゴット●第41回トロント国際映画祭 特別招待作品●2016年/カナダ

危険な恋が、女を美しくする

大工のダラスとファッションエディターのジャスミン。出会った瞬間から人生が永遠に変わる。息が止まるほど激しい恋――嫉妬するほど美しい“ネオイケメン”モデル、エリカ・リンダー衝撃のデビュー作は今年最もセンセーショナルな官能ラブストーリー。

■心身ともにたくましいダラスは、昼間は大工として働き、夜は毎晩のように違う女性と関係を持っては、自分の居場所を探していた。ある日、屋根の上で作業をしていたダラスは、仕事現場近くに住むファッションエディターのジャスミンを見かける。一目見た瞬間、麗しいジャスミンに惹かれたダラスは、彼女に熱い視線を送るのだった。

ジャスミンは婚約者のライルと順風満帆な生活を送っていたが、彼が出張中のため、女友達と夜遊びに繰り出し楽しんでいた。そんなとき偶然入ったバーで、ダラスと再会する。誰からも縛られない自由な生き方をしているダラスの凛々しい姿に惹かれていくジャスミン。次第に、二人は固い絆で結ばれていくようになる。

身体を重ねるごとに互いに気持が高まっていくふたり。しかし、結婚を控えたジャスミンにとって、今まで通りライルと添い遂げる人生か、ダラスとの愛に生きる人生か、彼女の中で葛藤が生まれはじめていた。果たしてダラスとジャスミンがくだす決断とは――。












































本編 2時間17分
デジタル
カラー
 
 hikari
●監督・脚本:大森立嗣(『まほろ駅前狂騒曲』)●出演:井浦新(『ジ、エクストリーム、スキヤキ』)/瑛太(『まほろ駅前狂騒曲』)/長谷川京子(『七夜待〈ななよまち〉』)/橋本マナミ(『破門 ふたりのヤクビョーガミ』)/南果歩(『葛城事件』)●2017年/日本

僕たちは 人間のふりをして 生きている

島で暮らす中学生の信之は、交際中の同級生・美花を守るため、ある男を殺害。その夜、津波が島を襲い信之たちは生き残るが――25年前のあの日、消滅したはずの「罪」が、ふたたびやってくる。三浦しをんが圧倒的暴力を描いた衝撃作、待望の映画化。「野性」に踏み出してしまった「人間」の姿を描く、苛烈なるサスペンス。

■東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心に回っていた。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けており、誰もが見て見ぬふりをしていた。

ある日、美花と待ち合わせをした場所で、信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を救うために男を殺してしまう――。その夜、理不尽で容赦ない天災が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。

それから25年後、島を出てバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる――。妻子とともによき父として暮らしている信之と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくるのだった。












































本編 1時間48分
デジタル
シネスコ
カラー
脱脱脱脱17
 dadadada seventeen
●監督・脚本:松本花奈(『真夏の夢』)●出演:鈴木理学/北澤ゆうほ/祷キララ(『Dressing Up』)/佐倉萌(『出逢いが足りない私たち』)/朱松真吾(『スクラップ スクラッパー』)●ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016 オフシアター・コンペティション部門 審査員特別賞/観客賞 受賞●2016年/日本

青春は失走。失踪?

在学17年目、34歳のおじさん高校生ノブオ、歌と嘘泣きが得意な17歳女子高生リカコ。2人の高校生最後の旅が始まる。彼らは果たして永遠の17歳を卒業する事ができるのか――17歳の女子高生監督が描いた魂の青春映画。

■高校生活17年目を迎えたノブオは毎日、学校の屋上から手を掲げ応援歌を叫ぶ。彼は学校でたった一人の応援団員だった。ある日ノブオはクラスメイトのリカコの家出につきあわされる事になる。リカコは母親のせいで嘘泣きが得意になっていて、自分の涙と歌があれば人生うまくいくと思っていた。母と喧嘩して幼い時に分かれた父を探すリカコと、つきそう34歳のノブオ。青春真っ只中でもがく二人のあてのない旅がはじまる――。












































本編 1時間36分
デジタル
シネスコ
カラー
少女ファニーと運命の旅 字幕
 le voyage de fanny
●監督:ローラ・ドワイヨン●出演:レオニー・スーショー/ファンティーヌ・アルドゥアン/ジュリアーヌ・ルプロー/ライアン・ブロディ/アナイス・マイリンゲン●2016年/フランス・ベルギー

あきらめない。だってこれは、みんなの希望をつなぐ旅――。

1943年、ドイツ支配下のフランス。ナチスに追われ、引率者ともはぐれてしまったユダヤ人の少女ファニーは、子供たちだけでスイスの国境を目指すのだが――“実話から生まれた”感動の物語。

■1943年、ナチスドイツの支配下にあったフランス。13歳のユダヤ人の少女ファニーは幼い二人の妹と共に両親と別れ、支援者たちが秘かに運営する児童施設に匿われていた。ある日、心無い密告者の通報により、子供たちは別の施設に移ることになる。

やがてそこにもナチスの手がおよび、ファニーたちはスイスへ逃れようと列車を乗り継ぐが、厳しい取り締まりのなか引率者とはぐれてしまう。取り残された9人の子供たちのリーダー役となったファニーは、運命に翻弄されながらもいくつもの窮地を乗り越え、ひたすら国境を目指す。しかし追っては彼らのすぐそばまで迫っていた――。












































本編 1時間48分
デジタル
シネスコ
カラー
ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ 字幕
 the price of desire
●監督・脚本:メアリー・マクガキアン(『マン・オン・ザ・トレイン』)●出演:オーラ・ブラディ/ヴァンサン・ペレーズ(『インドシナ』)/ドミニク・ピノン(『パリ3区の遺産相続人』)/アラニス・モリセット●2015年/ベルギー・アイルランド

それは嫉妬か、愛憎か?

近代建築の巨匠ル・コルビュジエの忘れがたき人アイリーン・グレイ。南仏コートダジュールに建てられた白亜の別荘〈E.1027〉に隠された秘密とは?――モダニズム華やかなりし時代、二人の天才建築家の惹かれながらも相克する関係を美しき映像で綴る伝記ドラマ。

■モダニズム華やかなりし1920年代、のちの近代建築の巨匠ル・コルビュジエは、気鋭の家具デザイナーとして活躍していたアイリーン・グレイに出会う。彼女は建築デビュー作である海辺のヴィラ〈E.1027〉を手掛けていた。陽光煌めく南フランスのカップ・マルタンに完成したその家はル・コルビュジエが提唱してきた「近代建築の5原則」を具体化し、モダニズムの記念碑といえる完成度の高い傑作として生み出された。

当初はアイリーンに惹かれ絶賛していたル・コルビュジエだが、称賛の想いは徐々に嫉妬へと変化していく。そして1938年、事件は起こる。ル・コルビュジエは、アイリーンに断りなく、邸内に卑猥なフレスコ画を描いてしまう。これを知った彼女はル・コルビュジエの行為を「野蛮な行為」として糾弾し、彼らの亀裂は決定的なものになった。その後、大戦とともに〈E.1027〉は人々から忘れられ、打ち捨てられてしまう。戦後、すっかり荒れ果てた物件は、競売にかけられる。海運王オナシスも参加する中、この物件を買い戻すために奔走したのは、他でもないル・コルビュジエだった――。












































本編 1時間10分
デジタル
カラー
静かなふたり 字幕
 droles d'oiseaux
●監督・脚本:エリーズ・ジラール(『ベルヴィル・トーキョー』)●出演:ロリータ・シャマ(『マリー・アントワネットに別れをつげて』)/ジャン・ソレル(『昼顔』)/ヴィルジニー・ルドワイヤン(『8人の女たち』)●2017年/フランス

パリ5区、カルチェ・ラタン。謎めいた古書店で、わたしは《彼》と出会った。

光と闇に満ちた現代のパリ。不器用な彼女が出会ったのは、古書店を営む年老いた男だった――風変りなふたりが紡ぐ愛と人生についてのどこか幻想的なラブ・ストーリー。

■27歳のマヴィは、最近パリへ引っ越してきたばかり。不器用な彼女は気ぜわしい都会生活に馴染めずにいるが、ある日、従業員募集の貼り紙を頼りにカルチェ・ラタンの小さな古書店を訪ねる。そこで出会ったのは、謎めいた店主ジョルジュ。祖父と孫ほどの年齢差にもかかわらず、書物について言葉を交わし互いの孤独さを共有するうち、ふたりは徐々に惹かれあう。

それは、風変りで、静かで、けれど情熱的な愛。だがジョルジュには古書店店主とは別の、闇に包まれた過去があった。マヴィは彼の過去に触れるうち、自らもまた新たな人生へと一歩踏み出していく――。












































本編 1時間56分
デジタル
シネスコ
カラー
リンキング・ラブ
 linking love
●監督:金子修介(『デスノート』)●出演:田野優花(AKB48)/石橋杏奈(『トリハダ -劇場版2-』)/白洲迅(『Dance!DanceDance!!』)/中尾明憲(『俺たちの明日』)/落合モトキ(『スイートプールサイド』)●2017年/日本

未来は自分で変えられる?

両親の離婚危機に直面している大学生の美唯は、バブル崩壊直後の1991年にタイムスリップ。そこで若き日の両親の恋を成就させるべく、なんとその時代にAKB48の楽曲を持ち込んで、アイドルグループASG16を母親たちと結成する――バブルと笑顔がはじける青春タイムスリップ・コメディ。

■2017年、両親と同じ大学に通う真塩美唯。アイドルになる夢は叶わず、鞍替えして始めたラップもフリースタイルバトル決勝戦で負けてしまう。さらに、ダメなお父さんに愛想をつかしたお母さんは家出して、家庭崩壊の大ピンチ。

途方に暮れた美唯の前に現れたのは、魔法のランプから飛び出してきた守護神と名乗る怪しい男。美唯の“3つの願い事”を叶えてくれるというが、早合点した守護神は美唯をバブル末期の1991年にタイムスリップさせてしまう。そこは若き日の両親が通うキャンパスだった。

そこで出会った両親はなんだか不仲。このままでは自分は生まれないと危惧した美唯は、アイドル好きのお父さんを振り向かせるために、若きお母さんやその友人たちとアイドルグループを結成する。仲間との友情、家族の絆、そして最後の手段は1991年にAKB48!?厳しいレッスンと数々の試練を乗り越え、美唯は未来を変えることができるのか――?












































本編 1時間57分
デジタル
シネスコ
カラー
写真甲子園 0.5秒の夏
 ahashin koushien
●監督・脚本:菅原浩志(『マグニチュード 明日への架け橋』)●出演:笠菜月(『早咲きの花』)/白波瀬海来(『セシウムと少女』)/甲斐翔真(『仮面ライダーエグゼイド』)/萩原利久(『イノセント15』)/中田清渚(『3月のライオン 後編』)●2017年/日本

念を切り撮れ、一撃必撮!

全国高校写真部日本一を決める大会「写真甲子園」が遂に映画化――夏の北海道を舞台に、一枚の写真に懸ける大阪と東京の写真部の高校たちが、挫折や葛藤に直面しながら成長していく熱き姿を描いた青春ドラマ。

■大阪・関西学園写真部の顧問、久華栄子から、高校写真部日本一を決める大会「全国高等学校写真選手権大会」、通称“写真甲子園”への熱い思いを聞いた写真部員の尾山夢叶、山本さくら、そして伊藤未来の3人は“挑戦した人だけが見える世界”を体験したいと思い大会出場を目指す。

一方、東京の進学校・桜ケ丘学園のたったひとりの写真部員、横山翔太は廊下の隅で活動している状態。3年生である彼は、受験勉強に専念するよう校長に反対されながらも、今年が最後のチャンスになる写真甲子園出場を願っていた。翔太は、出場条件の3人をクリアするため急造チームを結成するが、一人はカメラすら持っていない超初心者だった。

写真甲子園は年に一度、夏の北海道東川街で開催され、全国500校以上が応募した中から初戦、ブロック別審査会を勝ち抜いた精鋭18校のみが本戦に参加できる。初出場にして本戦出場を勝ち取った桜ケ丘学園と、同じく駒を進めた関西学園も加わり、遂に熱き戦いの幕が切って落とされた。だが大会中、夢叶や翔太のチームを次々とトラブルが襲う。果たして、高校写真部日本一に輝くのは――。












































本編 1時間29分
デジタル
カラー
THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY
-リミット・オブ・スリーピング ビューティ-
 the limit of sleeping beauty
●監督・原案・脚本:二宮健(『SLUM-POlLIS』)●出演:桜井ユキ(『リアル鬼ごっこ』)/古畑新之/佐々木一平(『海賊とよばれた男』)/新川將人(『嗤う伊右衛門』)/高橋一生(『ゾウを撫でる』)●2017年/日本

オリアアキ29歳―― それでも世界は、素晴らしい。

女優を夢見て上京したはずが、マジシャンの助手として10年働き、催眠術にかかるふりをするうち、現実と妄想の境界が揺れ始める――過去と現在、現実と妄想の目まぐるしい交錯を力強い映像で綴り、人間の根源に迫る骨太のヒューマンドラマ。

■オリアアキは、29歳の売れない女優。女優を夢見て上京し、ふと立ち寄ったバーでサーカス団を営むカイトに出会う。それから10年、毎日小さなサーカス団でマジシャンの助手をするアキ。30歳を目前にしたアキには仕事への熱も生きる目標もない。ルーチンワークのように繰り返されるのは、催眠術にかかるという演技。体を浮かされ、剣を刺され、催眠状態を演じているうちに、やがてアキの精神は徐々に摩耗し、いつしか現実と妄想の境界が破たんを迎えようとしていた。

何故生きるのか?何を夢見たのか?何を目指すのか?唯一アキの中で美しい思い出として残るのは恋人カイトとの時間。自分が生きてきた人生の軌跡、アキが生きる現実と、叶えられなかった様々な妄想が入り乱れる。そして2つの世界の境界が壊れようとしたとき、アキの人生再生が始まる――?!

























































本編 時間分
デジタル
シネスコビスタ
カラー

 t