本編 2時間09分
デジタル
カラー
金子文子と朴烈(パクヨル) 字幕 
 anarchist from colony
●監督:イ・ジュンイク(『王の男』)●出演:イ・ジェフン(『高地戦』)/チェ・ヒソ(『空と風と星の詩人-尹東柱の生涯-』)/キム・インウ(『空と風と星の詩人-尹東柱の生涯-』)/キム・ジュンハン/山野内扶●2017年/韓国

朴と共に死ねるなら、私は満足しよう――

大正期の日本に実在したアナーキスト・朴烈とその恋人・金子文子。1923年関東大震災後の混乱の中、囚われたふたりは、愛と誇りのため、強大な国家に立ち向かう――韓国で235万人の動員を記録した、激しくも心揺さぶる真実の歴史ドラマ。

■1923年、東京。社会主義者たちが集う有楽町のおでん屋で働く金子文子は、「犬ころ」という詩に心を奪われる。この詩を書いたのは朝鮮人アナキストの朴烈。出会ってすぐに朴烈の強靭な意志とその孤独さに共鳴した文子は、唯一無二の同志、そして恋人として共に生きる事を決めた。ふたりの発案により日本人や在日朝鮮人による「不逞社」が結成された。しかし同年9月1日、日本列島を襲った関東大震災により、ふたりの運命は大きなうねりに巻き込まれていく。

内務大臣・水野錬太郎を筆頭に、日本政府は、関東大震災の人々の不安を鎮めるため、朝鮮人や社会主義者らを無差別に総検束。朴烈、文子たちも検束された。社会のどん底で生きてきたふたりは、社会を変える為、そして自分たちの誇りの為に、獄中で闘う事を決意。ふたりの闘いは韓国にも広まり、多くの支持者を得ると同時に、日本の内閣を混乱に陥れていた。そして国家を根底から揺るがす歴史的な裁判に身を投じていく事になるふたりには、過酷な運命が待ち受けていた…。












































本編 2時間05分
デジタル
カラー
希望の灯り 字幕
 in den gangen
●監督:トーマス・ステューバー●出演:フランツ・ロゴフスキ(『未来を乗り換えた男』)/サンドラ・ヒューラー(『ありがとう、トニ・エルドマン』)/ペーター・クルト(『僕とカミンスキーの旅』)●第68回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品●2018年/ドイツ

はかなく密やかに、祝福のように、ままならない人生にも、美しい瞬間がある

「飲料担当」と「お菓子担当」、訳ありの二人の淡い恋。旧東ドイツへの郷愁を秘める上司の切ない嘘。同僚たちとのゆるやかな絆。ベルリンの壁崩壊後、置き去りにされた人達の哀しみをスーパーマーケットの灯りが優しく包む――旧東ドイツの巨大スーパーで働く人たちの日常を穏やかにつづったヒューマンドラマ。

■内気で引きこもりがちなクリスティアン(27歳) は、ある騒動の後に建設現場での仕事をクビになり、在庫管理担当としてスーパーマーケットで働き始め、レジでの雑踏やフォークリフトなど、自分にとって全く未知の世界に放り込まれる。そして彼はルディ、クラウス(職場で唯一ハンドパレットトラックの操縦を許可されている) 、ユルゲン、飲料セクションのブルーノと出会う。

ブルーノは、クリスティアンに仕事のいろはやフォークリフトの操縦の仕方を教え、クリスティアンにとって父親のような存在になる。通路で、クリスティアンはスイーツセクションの同僚のマリオン(39歳) (ザンドラ・ヒュラー)と出会い、彼女の謎めいた魅力に一瞬で惹かれる。コーヒーマシーンのある休憩所が彼らのおきまりの場所となり、二人は親密になっていくが…。












































本編 2時間00分
デジタル
カラー
空の瞳とカタツムリ 
 sora no hitomi ro katatsumuri
●監督:斎藤久志(『なにもこわいことはない』)●出演:縄田かのん/中神円/三浦貴大(『世界は今日から君のもの』)/藤原隆介/利重剛(『禅と骨』)●2018年/日本

青春のおわり、人生のはじまり。

男でも女でもない雌雄同体の心。カタツムリのようにたゆたう4人の愛と性――求めあうがゆえに傷つけあうしかなかった男女四人。触ろうとすればするりと逃げる儚い青春の終わりを繊細なタッチで叙情的に描きだす、新しい愛の物語。

■祖母の残した古いアトリエでコラージュ作品を作りつづける岡崎は、消えない虚無感を埋めるため、男となら誰とでも寝る生活を送っていた。一方、夢鹿の美大時代の友人である高野は極度の潔癖症。性を拒絶し、夢鹿にしか触れられない。そして二人の友人、吉田は、夢鹿への想いを捨てきれないまま堅実に生きようと努めていた。学生時代、とても仲の良かった三人。しかし月日が経つにつれ、少しずつバランスは崩れていった。

そんな中、十百子は夢鹿に紹介されたピンク映画館でアルバイトを始めるが、行動療法のような日々に鬱屈していく。その映画館に出入りする青年、大友は、満たされなさを抱える十百子に心惹かれていくが…。夢鹿と十百子、永すぎたモラトリアムは終わろうとしていた。












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡 字幕
 beside bowie: the mick ronson story
●監督:ジョン・ブルーワー●出演:ミック・ロンソン(『すべての若き野郎ども モット・ザ・フープル』)/ルー・リード(『ブルー・イン・ザ・フェイス』)/グレン・マトロック(『フー・キルド・ナンシー』)/ロジャー・テイラー(『クイーン ハンガリアン・ラプソディ:ライブ・イン・ブダペスト’86』)/リック・ウェイクマン(『MOOG〈モーグ〉』)●2017年/イギリス

デヴィッド・ボウイの成功を支えた、ひとりのギタリストがいた――。

先に旅立った盟友に贈る デヴィッド・ボウイのナレーション――音楽史上最も謙虚で誠実な天才ギタリスト、ミック・ロンソン。その知られざる生涯に迫るドキュメンタリー。

■デヴィッド・ボウイのバック・バンド、スパイダーズ・フロム・マースのギタリストであり、彼の盟友だったミック・ロンソン。その名を世界に知らしめたアルバム「世界を売った男」(71)、「ハンキー・ドリー」(71)、「ジギー・スターダスト」(72)、全英チャート1位を記録した「アラジン・セイン」(73)とその大ヒット先行シングル「ジニー・ジーン」など、デヴィッド・ボウイの名曲の数々に参加してきた。

ボウイが提供した「すべての若き野郎ども」がキャリア最大のヒットを記録したバンド、モット・ザ・フープルにも一時在籍し、他にもルー・リードやリッチ・キッズ、モリッシーらのアルバムをプロデュースするなど、縁の下の力持ちとしてロック界を支えたギタリストだ。だが、華やかなヒット曲の数々にもかかわらず、ミック自身は常に一歩引いたところに存在し、表舞台に出ることはなかった。その豊かな才能に見合う賞賛を得ることなく1993年にこの世を去った男の軌跡とは……。












































本編 1時間15分
デジタル
カラー
ハッピーアイランド
 happy island
●監督・脚本:渡邉裕也●出演:吉村界人(『サラバ静寂』)/大後寿々花(『 桐島、部活やめるってよ』)/三輪江一(『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』)/岡村多加江(『飯と乙女』)/中村尚輝(『劇場版「媚空-ビクウ-」』)●2015年/日本

まっすぐ生きることを教えてくれた、幸せの島で過ごした物語

“辛くもどかしい状況の中でも、生きなきゃいけない”。生き場のない青年が出会ったのは、行き場のない野菜たちだった――福島県出身の渡邉監督が、原発事故の風評被害の中、農業を続ける祖父の姿にインスパイアされて製作。3.11以後の福島の農家を舞台に描く、ほろ苦くてほのかに甘い青春譚。

■金ナシ職ナシやる気ナシ。東京で暮らす23歳の真也は飲み屋の店主の薦めから福島の農家で働くが、さむい・きつい・朝がはやい農作業に初日から嫌気がさす。しかもそもそも野菜は大きらい!ただ、そんな彼にも優しく厳しく向き合う農家の先輩たち。初めは地元の保育士里紗への下心で居残った真也だが、やがて手塩にかけた農作物の収穫や、彼のボス正雄の農業への誇りに触れるうち、福島の日々を好きになる。

そんな中、ある日真也は初めて売り子をした県外の直売所で、福島県産の野菜を毛嫌いする客にキレて殴りかかる。真也は諫められるが、どうしても納得がいかず…。












































本編 1時間07分
デジタル
カラー
世界一と言われた映画館
 sekaiichi to iwareta eigakan
●監督:佐藤広一(『おだやかな革命』撮影)●ナレーション:大杉漣(『教誨師』)●2017年/日本

映画を愛す全ての人に捧ぐ

山形県酒田市に存在したグリーン・ハウスは、回転扉の先にホテル風のロビーや喫茶スペースがあり、上映ベルの代わりに“ムーンライト・セレナーデ“が流れ、映画評論家、淀川長治氏が“世界一の映画館“と評した――40年の時を経て語られる、伝説の劇場 酒田グリーン・ハウスの証言集(トリビュート・フィルム)なるドキュメンタリー。

■かつて山形県酒田市に存在した映画館グリーン・ハウス。映画評論家の淀川長治が“世界一の映画館”と評し、足繁く通ったというその映画館は、20歳の若さで支配人となった佐藤久一が来館者の心を掴む様々な工夫と設備を取り入れ、多くの人々を魅了していた。しかし1976年、グリーン・ハウスが火元となる“酒田大火”により、甚大な被害を町にもたらして焼失してしまう。それから幾年月も過ぎ、酒田の人々がグリーン・ハウスと自らの歴史を振り返る。












































本編 1時間43分
デジタル
カラー
ナポリの隣人 字幕
 la tenerezza
●監督・脚本:ジャンニ・アメリオ(『最初の人間』)●出演:レナート・カルペンティエリ(『親愛なる日記』)/ジョヴァンナ・メッゾジョルノ(『パレルモ・シューティング』)/エリオ・ジェルマーノ(『暗黒街』)/グレタ・スカッキ(『ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀』)/ミカエラ・ラマッツォッティ(『歓びのトスカーナ』)●2017年/イタリア

血の繋がりだけで、心は繋げない。

分かり合えない父と娘。中庭を隔てた向かいの一家に起きた事件――名匠ジャンニ・アメリオ監督が、ミステリアスな事件を背景に現代の家族のかたちを力強い筆致で描く、父と娘の相剋のヒューマンドラマ。

■南イタリア、ナポリ。リタイアし、かつて家族と暮らしたアパートに独り暮らす元弁護士のロレンツォ。娘のエレナはアラビア語の法廷通訳で生計を立てるシングルマザー。母の死の原因が父の裏切りによるもの、と信じ、父を許せないでいた。

気難しいところのあるロレンツォだが、向いの家に引っ越してきた若い夫婦ファビオとミケーラ、二人の子どもたちと親しくなり、お互いの家を行き来し合う疑似家族のような関係になる。しかしその平穏な日々は、幸せに見えた一家に起こった思いがけない事件で、突然幕を閉じることになる。その時、ロレンツォは?実の娘エレナは?二人に和解の道はあるのか?












































本編 1時間13分
デジタル
カラー
HOMIE KEI チカーノになった日本人
 homie kei
●監督:サカマキマサ●出演:KEI●2019年/日本

その男は実在する

親の愛を知らずに育ち、子供の頃から歌舞伎町で喧嘩にあけくれたKEI。そんな男が現代の非行少年少女を救う。アメリカンギャングを救う。チカーノラップ、チカーノファッション、ローライダー、タトゥー。家族と仲間を守るため、純愛心が国境を越える!――過去の壮絶な体験を通してアパレルブランドを立ち上げる一方、引きこもりなど問題を抱えた子供たちを支援するボランティアを始める現在までを追ったドキュメンタリー。

■親からの教育も学校教育も受けなかった。世の中の法と秩序を守るわけでもなく、自己を全うして生きてきたKEI。そんなKEIが行き着いた所は、アメリカ刑務所だった。マイノリティどころではない、塀の中で日本人はたったの一人。まさに天国という所があるのであれば、ここは地獄。弱き者は容赦なくヤラれる場所。

KEIは言う「喧嘩で負けても、殺されかけても『御免』は言えない」この生き方を全うしたものだけが地獄から這い上がることを許される。アメリカ刑務所の中でKEIはたった一人で最期の最後まで人に媚を売らず、死を覚悟して自己を全うし続けた。そしてKEIは無事12年間のアメリカ刑務所生活から日本に奇跡の生還を遂げる。

子供の頃から天涯孤独に生きてきたKEIは、家族愛を知らなかった。だから、そんなKEIの命を賭けた無謀な男気が、チカーノというアメリカで最強最大のギャンググループから信頼を得ることになる。メキシコ人の血100%プュアブラッドしか仲間に入ることのできないチカーノギャングの世界。その世界にKEIが仲間として受け入れられた。まさに奇跡が起こったのだ。そしてKEIは地獄から這い上がる。真の家族愛・仲間愛に守られて――。












































本編 1時間46分
ブルーレイ
カラー
漂うがごとく 字幕
 choi voi
●監督:ブイ・タク・チュエン●出演:ドー・ハイ・イェン(『愛の落日』)/リン・ダン・ファム/ジョニー・グエン(『トム・ヤム・クン!』)/エン・ズイ・コア●第66回ヴェネチア国際映画祭 国際批評家連盟賞受賞●2009年/ベトナム

たゆたう愛のゆくえ

蓋をしていた本能が溢れた時、彼女は新たな自分に触れる。危ない男に魅せられた女たちがたどり着いた漂浪の果て――雨のハノイを舞台にベトナム映画の俊英が艶めかしい愛の痛みを描くラブロマンス。

■ハノイで旅行ガイド兼通訳として働くズエンは、タクシー運転手のハイと出会って三ヶ月で結婚を決める。式のあと酔いつぶれ、夫婦の寝室へ担ぎ込まれる新郎ハイを、ただ見つめることしかできないズエン。後日、ズエンは式に来られなかった女友達のカムを訪ね、彼女の代わりに手紙を届けに行く。そこで受取人のトーに襲われるが、ハイとは正反対の危険な匂いのするトーになぜか魅了されていく。だが、ズエンの女としての目覚めは、やがてある悲劇を招く…。












































本編 1時間28分
ブルーレイ
カラー
ベトナムを懐う(おもう) 字幕
 da co hoai lang
●監督:グエン・クアン・ズン(『輝ける日々に』)●出演:ホアイ・リン/チー・タイ/ゴック・ヒエップ●2009年/ベトナム

異国でおもう故郷は何故こんなにも遠い――

1995年、冬のニューヨーク。故郷へのおもいを持ち続ける祖父と故郷を知らない孫。二人の衝突は、やがて一家の歴史の扉を開く――日越国交樹立45周年記念ベトナム映画祭2018で上映された感動の人間ドラマ。

■1995年、ニューヨーク。雪の中、老人ホームから抜け出してきたトゥーは、息子グエンと孫娘タムが暮らしているアパートに転がり込む。しかし、ボーイフレンドの誕生日を祝おうとしていたタムは、祖父の乱入に困惑。耐えきれなくなると怒りを爆発させ、トゥーは家を飛び出すことになる。そこへグエンが帰ってきて、故郷への哀しい思いと、祖国を捨てた理由を語り始める。タムはベトナム移民である自分のルーツと、家族の歴史を知る…。












































本編 1時間12分
デジタル
カラー
書くが、まま
 kakuga,mama
●監督:上村奈帆(『ばぁちゃんロード』脚本)●出演:中村守里(Love Cocchi)/長谷川葉生(『エンプティー・ブルー』)/渡邉空美/梅田凜乃/松原瑚春(『全然大丈夫』)●MOOSIC LAB 2018 観客賞・主演女優賞 受賞●2018年/日本

ままならなくて、まとまらなくて、でも、止まらなくて。

書くことでしか想いを表現できない14歳の少女、ひなの。クラスでいじめに遭っていた彼女は、保健室で出会った女教師に心を開いていくが――監督自身の実体験をベースに、14歳の少女の一夏の成長を描き切った、不器用で真っ直ぐな青春ロックムービー。

■松木ひなのは、自分の想いを書くことでしか表現できない中学2年生。嫌なことを嫌とも言えず、クラスでのいじめは日に日にエスカレートしていた。そんなある日、逃げこむように入った保健室で、先生の進藤有紀と出会う。はじめて自分を受け入れてくれた有紀に、ひなのは少しずつ心を開いていく。しかし”あること”が発覚し、全てが崩れ去っていく…。












































本編 1時間11分
デジタル
カラー
誰がために憲法はある
 tagatame ni kenpou wa aru
●監督:井上淳一(『戦争と一人の女』)●出演:渡辺美佐子(『月光の夏』)/高田敏江(『釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様』)/寺田路恵(『君は海を見たか』)/大原ますみ/岩本多代(『舞妓はレディ』)●2019年/日本

わたしたちは、世界でいちばん、強くて素晴らしい武器をもっている。

「憲法くん」はこう言う。「わたしというのは、戦争が終わった後、こんなに恐ろしくて悲しいことは、二度とあってはならない、という思いから生まれた、理想だったのではありませんか」――芸人・松元ヒロが舞台で演じ続けている1人語り「憲法くん」をベースに、日本国憲法とは何かを改めて見つめなおすドキュメンタリー。

■戦後35年目にあたる1980年、初恋の人が疎開先の広島で原爆により亡くなっていたことを知った女優の渡辺美佐子が中心メンバーとなり、ベテラン女優たちと33年にもわたり続けてきた原爆朗読劇が2019年で幕を閉じる。鎮魂の思いを込めて全国各地を回り公演を続けてきた女優たちのそれぞれの思いが語られるほか、日本国憲法の大切さを伝えるために日本国憲法を擬人化し、松元ヒロにより20年以上も演じ続けている1人語り「憲法くん」を、19年で87歳になる渡辺美佐子が、戦争の悲劇が二度とこの国に起こらないよう、魂を込めて演じた様子が収められている。












































本編 2時間14分
デジタル
カラー
愛と銃弾 字幕
 ammore e malavita
●監督・脚本:アントニオ・マネッティ&マルコ・マネッティ(『僕はナポリタン』)●出演:ジャンパオロ・モレッリ(『いつだってやめられる 闘う名誉教授たち』)/セレーナ・ロッシ/クラウディア・ジェリーニ(『恋するローマ 元カレ元カノ』)/カルロ・ブッチロッソ/ライツ●2018年ダヴィッド・ディ・ドナッテロ賞(イタリア版アカデミー賞)最優秀作品賞受賞●2017年/イタリア

死んでも、愛して。

クールな殺し屋チーロは仕事場で偶然、幼馴染みの元恋人ファティマに再会。犯罪の目撃者となった彼女を守るため、チーロは裏社会から離れようと決意するが――イタリアで今後が最も期待される才気みなぎる鬼才エンタテイナー、マネッティ・ブラザーズが放つ痛快傑作。それはノワールか、アクションか、ロマンスか、いや、ミュージカルなのか?

■ヴェスヴィオ火山を望み、太陽もマフィアも元気な南イタリアの大都市ナポリ。ハンサムなチーロは、相棒ロザリオとともに「タイガー」と呼ばれるクールな殺し屋二人組の片割れ。水産市場を仕切る「魚王」ヴィンチェンツォとその抜け目ない夫人マリアに雇われている。そして、ヒロインのファティマは夢に焦がれる若くチャーミングな看護師。

ある晩、ファティマは病院でとんでもない犯罪に巻き込まれてしまう。チーロは目撃者の彼女を消そうとする、がそのとき二人は気づく。ずっと若く純粋だったころ二人はかけがえのない恋人同士だったのだ…。












































本編 1時間51分
デジタル
カラー
バハールの涙 字幕
 les filles du soleil
●監督・脚本:エヴァ・ウッソン●出演:ゴルシフテ・ファラハニ(『パターソン』)/エマニュエル・ベルコ(『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』)/ズュベイデ・ブルト/マイア・シャモエヴィ/エヴィン・アーマドグリ●2018年/フランス/ベルギー/ジョージア/スイス

母vsIS(アイエス) 女に殺されると天国へ行けない

クルド自治区政府軍が組織した女性だけで構成された武装部隊。【女性に殺されたら天国へ行けない】と信じるイスラムの戦闘員は、彼女たちを恐れていた――IS(アイエス)に拉致された息子を助け出すため、最前線で戦うことを余儀なくされたクルド人女性バハールの生き様を、隻眼の戦場ジャーナリストの目を通して描き、戦闘の現実を見つめた社会派ドラマ。

■女弁護士のバハールは愛する夫と息子と幸せに暮らしていた。しかし、ある日クルド人自治区の故郷の町でISの襲撃を受け、平穏な生活は断ち切られてしまう。男性は皆殺され、女性たちは性的奴隷として売買を繰り返され、少年たちはIS戦闘員の育成校に強制的に入れられた。

数か月後、バハールは人質にとられた息子を取り戻すため、そして「被害者でいるより戦いたい」という仲間の言葉に動かされ、女性武装部隊“太陽の女たち”を結成、銃を手に取り、最前線でISと戦う日々を送っていた。同じく小さな娘と離れ、戦地で取材を続ける片眼の戦場記者マチルドの目を通し、再び我が子を抱きしめる日を夢見て、内戦を生き抜くバハールの姿が映し出されていく。












































本編 1時間58分
デジタル
カラー
SAVE THE DAY
SILENT POETS SPECIAL DUB BAND LIVE SHOW the MOVIE

 save the day
●監督:下田法晴(『トーリ』音楽)/沼田佳人)●出演:SILENT POETS/NIPPS/こだま和文(『ピストルオペラ』音楽)/武田カオリ/asuka ando●2018年/日本

■渋谷WWWで行われ話題を呼んだSILENT POETSキャリア初のフルバンドライブ。あの奇跡的な時間を蘇らせるため、『SAVE THE DAY』として映画化し、遂に劇場公開決定――下田法晴のソロプロジェクト・SILENT POETSが25周年を記念し、初のフルバンド編成で行った公演のライブ・ドキュメンタリー。

■2018年6月24日、渋谷WWWで行われたSILENT POETS の25周年を記念した一夜限りのライブは、代表曲から最新作「dawn」の楽曲までをバンドで再現し、新旧それぞれのファンにとって感慨深いライブとなった。しかしチケットが即ソールドアウトとなったため、終演後も再公演や映像化を望む声が止むことは無かった。

あの奇跡的な時間を今一度蘇らせるため、ライブフィルム『SAVE THE DAY -SILENT POETS SPECIAL DUB BAND LIVE SHOW the MOVIE-』として映画化し劇場での公開に向けたクラウドファンディング・プロジェクトが始動し遂に劇場公開が決定した。あの日あの瞬間を劇場の大画面、大音量で体感出来る時が訪れる。












































本編 1時間36分
デジタル
カラー
カンパイ!日本酒に恋した女たち
 kampai! nihonshu ni koishita onnatachi
●監督・脚本:小西未来(『カンパイ!世界が恋する日本酒』)●出演:千葉麻里絵/今田美穂/レベッカ・ウィルソンライ/久慈浩介(『カンパイ!世界が恋する日本酒』/ジョン・ゴントナー(『カンパイ!世界が恋する日本酒』)●2019年/日本

熱い想いを胸に、明日へ。

長らく「女人禁制」と言われてきた日本酒の世界。そんな伝統的かつミステリアスな世界で新しい世代の女性たちが輝く姿を通じて、日本酒の世界の魅力を再発見――『カンパイ!世界が恋する日本酒』の小西未来監督が贈る、日本酒ドキュメンタリー映画第二弾は、日本酒の未来を切り拓く3人の女性たちを描く、自分らしく生きる勇気を与えてくれる感動作。

■かつて酒蔵は女人禁制といわれており、女性が酒造りに関わることは許されていなかった。しかし近年、日本酒の世界が日々進化を続けるなかで、今では蔵元や杜氏からPR、接客に至るまで日本酒業界のあらゆる側面で女性の活躍が目覚ましい。2015年に日本酒の世界に生きるアウトサイダーを描き、世界十数ヶ国で公開された『カンパイ!世界が恋する日本酒』に続く、今作『カンパイ!日本酒に恋した女たち』は、その名の通り日本酒の世界で活躍する三人の女性先駆者たちに迫る。

広島に百年以上続く酒蔵を酒造りごと継いだ女性杜氏、日本酒の魅力を世界へと発信するニュージーランド出身の日本酒コンサルタント、そして多彩なフードペアリングで日本酒の世界に新たな旋風を吹き起こしている日本酒ソムリエ。生き生きと日本酒の世界で躍動する女性たちのストーリーを追う。












































本編 1時間35分
デジタル
カラー
ナディアの誓い On Her Shoulders 字幕
 on her shoulders
●監督:アレクサンドリア・ボンバッハ●出演:ナディア・ムラド/ムラド・イスマエル/アマル・クルーニー●2018年/アメリカ

私は無数の人々の声になる。

少し前までは、どこにでもいるような普通の女の子だったナディアの夢は、自分の村で美容室を開くことだった――2018年ノーベル平和賞受賞、国連親善大使ナディア・ムラドの決意と行動とは。イラク北部でISISによる虐殺と性奴隷から逃れ、人々の希望となった23歳のナディア・ムラドに密着した感涙のドキュメンタリー。

■ノーベル平和賞2018の受賞者で23歳のナディア・ムラドは2014年8月までイラク北部の小さく静かな村、コチョ村で母と兄弟姉妹達と幸せに暮らしていた。しかし、ISIS(イスラム国)がやって来て、少数民族ヤジディ教徒の虐殺が始まる。殺されるだけではない。捕まった少女や女性は戦利品として売買や交換の対象となった。ナディア達も捕らえられ、母親と6人の兄弟は殺されてしまう。彼女は性奴隷として3ヶ月扱われた末、脱出に成功し、ドイツに逃れる。そしてナディアは2015年12月の国際連合安全保障理事会で、ISISの虐殺や性暴力についての証言を行い、ヤジディ教徒の希望の存在となる。

普通の生活に戻る日を待ち望みながらも、故郷を奪い、家族も殺したISISの虐殺を止め、まだ捕らえられている同胞や、世界中の性暴力被害者のため、彼女は表舞台に立ち続けることを決意する。そして彼女は痛ましい体験を、苦しみながらも繰り返しジャーナリスト、政治家、そして外交官に訴え続けた。カメラは冷静に数々の困難に辛抱強く立ち向かっていくナディアに密着し、ギリシャの難民キャンプや国連本部でのスピーチまでを追っていく。そして、彼女の揺るぎない決意を浮き彫りにしていく。












































本編 1時間24分
デジタル
カラー
ビル・エヴァンス タイム・リメンバード 字幕
 time remembered: life & music of bill evans
●監督:ブルース・スピーゲル●出演:ポール・モチアン/ジャック・ディジョネット/ジョー・ラバーベラ●2015年/アメリカ

「美と音楽だけを追求し、他は忘れろ」

「時間をかけた自殺」とも言われた“ジャズピアノの詩人”51年の人生と魂の音楽――数々の名演、名盤を残し、薬物依存により51歳の若さで生涯を閉じたアメリカのジャズ・ピアニスト、ビル・エバンスの生涯を追ったドキュメンタリー。

■1958年にマイルス・デイビスのバンドに加入し「カインド・オブ・ブルー」を制作した当時の様子や、ドラマーのポール・モチアンとベーシストのスコット・ラファロをメンバーに迎えた歴史的名盤「ワルツ・フォー・デビイ」の制作経緯、そして肉親たちから見たエバンスの素顔や、エバンス自身の音楽への思いなど、これまで未公開だった数々の証言、エバンスの演奏シーンなど貴重なアーカイブで構成。また、ジャック・ディジョネット、ジョン・ヘンドリックス、トニー・ベネットら同時代に活躍したジャズマンや、本編の制作中に亡くなったポール・モチアン、ジム・ホール、ボブ・ブルックマイヤー、ビリー・テイラーらも登場。エバンスが駆け抜けた51年をさまざまな角度から読み解いていく。












































本編 1時間24分
デジタル
カラー
イメージの本 字幕
 t
●監督:ジャン=リュック・ゴダール(『 さらば、愛の言葉よ』)●出演:ジャン=リュック・ゴダール(『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』)/ディミトリ・バジル●ナレーション:ジャン=リュック・ゴダール●2018年/スイス/フランス

何ひとつ望み通りにならなくても希望は生き続ける

『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』をはじめ数々の名作を世に送り出してきたヌーヴェルヴァーグの巨匠、ジャン=リュック・ゴダール。1930年フランス・パリに生まれ、88歳を迎えてなお、世界の最先端でエネルギッシュに創作活動に取り組む監督の最新作『イメージの本』は、新たに撮影した映像に、過去の様々な<絵画>、<映画>、<文章>、<音楽>、を巧みにコラージュし、現代の暴力、戦争、不和などに満ちた世界に対する“怒り”をのせて、この世界が向かおうとする未来を指し示す5章からなる物語。

■「かつて私たちがどうやって思考を鍛えていたか、覚えている?たいてい、夢から出発していたものだ……。」「真っ暗闇の中で、これほど鮮やかな色彩が心に浮かぶなんてことが、どうして起こりうるのか、私たちは不思議に思っていた。」「穏やかな、か細い声で、重大な事柄が語られる。大切で、驚きを誘う、深く、正しい事柄が。」「嵐の夜に書き込まれた悪夢みたいだ。」「西欧人の眼に」「失われた楽園たち」「戦争はここにある……」 












































本編 1時間59分
デジタル
カラー
ビール・ストリートの恋人たち 字幕
 if beale street could talk
●監督・脚本:バリー・ジェンキンス(『ムーンライト』)●出演:キキ・レイン/ステファン・ジェームス(『栄光のランナー/1936ベルリン』)/レジーナ・キング(『デンジャラス・ビューティー2』)/テヨナ・パリス/コールマン・ドミンゴ(『大統領の執事の涙』)●本年度(第91回)アカデミー賞 助演女優賞 受賞●2018年/アメリカ

愛があなたをここに連れてきた

恋人たちに訪れた過酷な運命。愛の試練は二人をどこに連れて行くのか――前作『ムーンライト』で第89回アカデミー賞 作品賞に輝いたバリー・ジェンキンス監督の最新作は、彼がずっと映画化を夢見ていたジェイムズ・ボールドウィン原作、1970年代ニューヨークに生きる若きカップルの愛の物語。

■「赤ちゃんができたの」1970年代のニューヨーク。ティッシュは19歳。恋人のファニーは22歳。幼い頃から共に育ち、自然と愛を育み、運命の相手を互いに見出した二人にとって、それは素晴らしい報告のはずだった。しかし、ファニーは無実の罪で留置所にいる。彼はティッシュの言葉を面会室のガラス越しに聞いた。小さな諍いで白人警官の怒りを買った彼は強姦罪で逮捕され、有罪となれば刑務所で恥辱に満ちた日々を送るしかない。二人の愛を守るために家族と友人たちはファニーを助け出そうと奔走するが、そこには様々な困難が待ち受けていた...。魂を試されるようなこの試練を乗り越え、恋人たちは互いの腕の中に帰ることが出来るだろうか。












































本編 1時間22分
デジタル
カラー
サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所 字幕 
 saturday church
●監督・脚本:デイモン・カーダシス●出演:ルカ・カイン/マーゴット・ビンガム/レジーナ・テイラー/マークイス・ロドリゲス/MJ・ロドリゲス●オースティンゲイ・レズビアン映画祭 最優秀長編作品賞 受賞●2017年/アメリカ

選んだ道を、強く歌う――

ニューヨーク<土曜の夜の教会>には、運命を変える<何か>がある。青年の心の声が、家族や仲間を突き動かしてゆく――性別(ジェンダー)に迷う青年の<旅立ち>をミュージカルタッチで描く、感動の実話。

■ニューヨークのブロンクスに住む青年ユリシーズは父親の死をきっかけに「美しくなりたい」という思いを抑えられずにいた。ある夜、ストリートで出会ったトランスジェンダーのグループから、“土曜の夜の教会(サタデーナイト・チャーチ)”へと誘われる。そこは静かで厳格な昼間の教会とは違い、ダンスや音楽を楽しみながら、同じ境遇の仲間と語らう場として開放されていた。

学校でも家庭でも居場所がなかったユリシーズは、その自由な雰囲気に夢中になり、少しずつ心を開いていく。しかし、家族がハイヒールを見つけてしまい、存在そのものを否定されてしまう。家を追い出されたユリシーズが街を彷徨っていると、人生を変える数々の出来事が待っていた…。












































本編 1時間57分
デジタル
カラー
天国でまた会おう 字幕 
 au revoir la haut
●監督・脚本:アルベール・デュポンテル(『プレイ -獲物-』出演)●出演:ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート(『BPM ビート・パー・ミニット』)/アルベール・デュポンテル(『地上5センチの恋心』)/ローラン・ラフィット(『ミモザの島に消えた母』)/ニエル・アレストリュプ(『パリよ、永遠に』)/エミリー・ドゥケンヌ(『ロゼッタ』)●2018年セザール賞 監督賞ほか5部門 受賞●2017年/フランス

共に生きた時間に、一生分の輝きがあった。

第一次大戦で死にかけて友情を育んだ、歳の離れた二人。帰還後のパリで、国を相手に一儲けしようと企てた大胆な詐欺の本当の目的とは?――フランス文学界で最も権威のあるゴンクール賞に輝いたピエール・ルメートルの同名小説を待望の映画化。めくるめく魔術のような映像と先の読めない展開。誰もが初めて出会うグランド・エンタテインメント。

■1918年、休戦目前の西部戦線。生き埋めにされたアルベールを救ったエドゥアールは、その時に顔に重傷を負ってしまう。パリに戻った二人を待っていたのは、戦没者は称えるのに帰還兵には冷たい世間だった。仕事も恋人も失ったアルベールと、生還を家族にひた隠しにするエドゥアール。そこに、声を失ったエドゥアールの想いを“通訳”する少女が加わった。一度は負けた人生を巻き返すために、彼らは国を相手にひと儲けする大胆な詐欺を企てる。だが、そこには隠された本当の目的があった──。












































本編 1時間47分
デジタル
カラー
ヨーゼフ・ボイスは挑発する 字幕
 beuys
●監督・脚本:アンドレス・ファイエル●出演:ヨーゼフ・ボイス/キャロライン・ティズダル/レア・トンゲス・ストリンガリス/フランツ・ヨーゼフ・ヴァン・デル・グリンテン/ヨハネス・シュトゥットゲン●2017年/ドイツ

彼は、社会を彫刻した。

白黒テレビに映し出される討論番組でフェルトの帽子を被った一人の芸術家が苛立ち、叫ぶ。「今は民主主義がない、だから俺は挑発する!」――第二次世界大戦後のドイツ。美術館を飛び出し革命を叫んだ芸術家、ヨーゼフ・ボイス。世界中を攪乱し「芸術」を変えた男の人生に迫るドキュメンタリー。

■最期まで社会を挑発し、
革命を叫び続けた伝説の芸術家ヨーゼフ・ボイス。彼は、戦後ドイツで、「芸術概念の拡張」による革命を叫んだ芸術家だ。腕に抱いた死んだ野ウサギを絵画に触れさせ、その説明を行う「死んだうさぎに絵を説明する方法」(1965年)、アメリカ先住民の聖なる動物“コヨーテ”と共にNYのギャラリーに籠り1週間暮らす「私はアメリカが好き、アメリカも私が好き」(1974年)など、そのセンセーショナルなパフォーマンスや、テレビの討論番組で繰り広げた評論家たちとの挑発的な議論から、異端のアーティスト、トリックスター扱いをされた。

ボイスは自ら「芸術概念の拡張」を体現した。1971年、教授をつとめるデュッセルドルフ芸術アカデミーにて「基本的人権に反する入学許可数の制限は、公平に解決するべき」と、学生らともにアカデミー事務局を占拠。1979年には、エコロジー運動、反原発・反核運動、学生運動、フェミニズム運動を背景に結成された政党「緑の党」に参加。このようなボイスの試みは、現実社会に積極的に関わり人々との対話などを通して社会変革をもたらそうとする「ソーシャリー・エンゲージド・アート」の登場など、現在も美術界に影響を与え続けている。












































本編 1時間26分
デジタル
カラー
リアム16歳、はじめての学校 字幕 
 adventures in public school
●監督:カイル・ライドアウト●出演:ジュディ・グリア(『キャリー』)/ダニエル・ドエニー/シオバーン・ウィリアムズ/アンドリュー・マックニー/ラッセル・ピーターズ(『ミッション:8ミニッツ』)●2017年/カナダ

ちっぽけな僕の前に広がる世界は、いつだってはじめの一歩だ

<僕の人生を180度変える、生まれてはじめての恋>。そんなピュアで不器用な“息子”と、ちょっぴり風変わりな“母親”に待ち受けている“冒険”とは――学校に行かずに自宅教育で育ち、16歳で初めての学園生活をスタートさせることになった少年の姿を描くハートウォーム学園コメディ。

■16歳のリアムは有名大学に入学してホーキング博士のような天文学者になることを夢見ながら、学校には通わず家でシングルマザーのクレアからの英才教育を受けていた。そんなある日、リアムは高卒認定試験を受けるために公立高校にはじめて足を踏み入れる。リアムはそこで義足の美少女アナスタシアを見かけ、人生ではじめて恋に落ちる。一目ぼれしたアナスタシアに近づきたいという一心で高校に通学することを決意したリアムの、初めての学園生活がスタートするのだが…。












































本編 2時間15分
デジタル
カラー
芳華 Youth 字幕 
 youth
●監督:フォン・シャオガン(『唐山大地震』)●出演:ホアン・シュエン(『空海 KU-KAI -美しき王妃の謎-』)/ミャオ・ミャオ/チョン・チューシー/ヤン・ツァイユー(『夏、19歳の肖像』)/リー・シャオファン●第12回アジア・フィルム・アワード最優秀作品賞 受賞●2017年/中国

あの頃、初恋を心に秘めて、あなただけをみつめていた――。

激動の嵐に包まれた1970年代の中国。激動の時代に軍歌劇団として前線で生きる若者たちがいた――4,000万人が涙した。時代に翻弄された若者たちの初恋と交錯する想いが、心に沁みる美しい音楽と踊りに彩られ描かれる、美しくも切ない青春ラブストーリー。

■軍で歌や踊りを披露し、兵士たちを、時に慰め時に鼓舞する役割を担う文工団に、17歳のシャオピンがダンスの才能を認められ入団してくる。周囲となじめずにいる彼女の唯一の支えは、模範兵のリウ・フォン。しかし、時代が大きく変化する中、ある事件をきっかけに、二人の運命は非情な岐路を迎える――。












































本編 1時間52分
デジタル
カラー
ソローキンの見た桜
 sorokin no mita sakura
●監督・脚本:井上雅貴(『レミニセンティア』)●出演:阿部純子(『海を駆ける』)/ロデオン・ガリュチェンコ/山本陽子(『デンデラ』)/アレクサンドル・ドモガロフ/六平直政(『全員死刑』)●2019年/日本

■日露戦争時代のロミオとジュリエット

戦争がなければ一緒に眺められた桜。戦争がなければ出逢えなった二人――日露戦争時代に愛媛県松山市に設けられた全国初のロシア兵捕虜収容所。ここで運命的に出逢ってしまった日本人看護師とロシア将校の数奇な運命を描く、日露合作の悲恋物語。

■2018年、駆け出しのTVディレクター桜子は、先輩・倉田の指示によりロシア人墓地の取材を皮切りにロシアにいくことになるが、興味を持てない。そんな中、祖母・菊枝から、自身のルーツがロシアにあることを知らされる。祖母の手元には、日露戦争時代に看護師をしていた先祖・ゆいの日記が残されていた。ロシア兵と日本人看護師の日記を紐解いていくうちに、桜子はある事実を知る。

日露戦争時代。ゆいは弟・健二を戦争で亡くしロシア兵を許せずにいたが、ロシア兵将校ソローキンの手当てをすることになる。当時、世界から一流国として認められるため、日本はハーグ条約遵守を意識し、ロシア兵捕虜のアルコールの購入や外出などの自由を認めており、松山市民とロシア兵捕虜は交流を深めていく。ロシア兵を憎む一方でソローキンの寛大な心や女性を敬う考え方に惹かれていくゆい。ソローキンもまた、ゆいの心の奥の悲しみを取り除きたいと願い始める。しかしソローキンが捕虜となったのはある密命のためであり、ロシア革命に加わろうと収容所を脱出し帰国することにした彼はゆいも連れて帰ろうとするが…。












































本編 1時間40分
デジタル
カラー
あの日々の話
 anohibi no hanashi
●監督・脚本:玉田真也●出演:山科圭太(『たまゆらのマリ子』)/近藤強(『New York New Yoku』)/木下崇祥/野田慈伸/前原瑞樹(『友だちのパパが好き』)●2018年/日本

男と女と欲望と。100分一夜、珠玉の与太郎――。

現役学生にはリアルで、かつて若者だった大人たちにとっても懐かしくて恥ずかしい、共感と反感が同時に襲いかかる「あの日々」の話――“大学生のカラオケオール”という、陳腐とも言えるテーマを題材に、パワハラやマウンティング、世代間ギャップなど、人間社会の縮図を生々しく描き出していくワンシチュエーション会話群像劇。“玉田企画”の舞台「あの日々の話」の完全映画化。

■とある大学サークルの代表選挙が行われた夜。新代表が姿を消す中、元代表OBや現役生ら男女9人が残り、二次会のカラオケボックスで盛り上がっていた。女子が席をはずすと、男たちは「今日ヤレるかも」とバカ騒ぎ。たまたま女子学生のカバンの中からコンドームが見つかったことで一気にテンションは上がり、暴走していく。

一方、女子たちの部屋では、1年生がOGに呼び出され、不穏な空気に包まれ始めていた。華やかな大学デビューを果たしたはずの若者たちの裏切りと騙し合い、そしてその果てに残ったものとは――。











































本編 1時間30分
デジタル
カラー
デッドエンドの思い出 字幕
 memoriies of a dead end
●監督・脚本:チェ・ヒョンヨン●出演:チェ・スヨン/田中俊介(『ジャンクション29』)/ペ・ヌリ/アン・ポヒョン/ドン・ヒョンベ●2018年/韓国/日本

幸せは、ふいに訪れる――

婚約者を追いかけて韓国から名古屋へやって来たユミは、信頼していた彼から手ひどく傷つけられ、あてもなく名古屋の街をさまよう。そんな中、ふと入った古民家を改造したエンドポイント(行き止まり)というカフェ&ゲストハウスで彼女は不思議な存在感のあるカフェのオーナーと出会う――海外でも高い人気を誇り、世界中の読者を魅了している作家・吉本ばななが自ら、最高傑作と語る「デッドエンドの思い出」が待望の映画化。韓国と日本を舞台にし、日韓共同製作で紡ぐヒューマン・ドラマ。

■30歳を目前にして、ごく普通の日々を送っていた韓国人女性・ユミ。ひとつだけ気にかかっている事があるとすれば、仕事で名古屋へ行ってしまった婚約者テギュとの未来だった。そんなユミはふと思い立ち、テギュに会いに名古屋へと向かう。久々の再会を待ちわびていたユミが、テギュのアパートで見たのは、見知らぬ女性の姿だった。

突然知らされたテギュの裏切りに絶望しあてもなく街をさまようユミ。そんな彼女がたどり着いたのは、エンドポイントという名のゲストハウスを兼ねた古民家カフェだった。エンドポイントのオーナー・西山は不思議な存在感でユミに寄り添い、カフェに集うちょっぴりおせっかいな常連客たちも傷ついたユミの心をゆっくりと癒していく。そして西山の心の傷に触れた時、ユミの中で確実に何かが変わり始めた…。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
リヴァプール、最後の恋 字幕
 film stars don't die in liverpool
●監督:ポール・マクギガン(『ホワイト・ライズ』)●出演:アネット・ベニング(『20センチュリー・ウーマン』)/ジェイミー・ベル(『 ファンタスティック・フォー』)/ジュリー・ウォルターズ(『リトル・ダンサー』)/ヴァネッサ・レッドグレイヴ(『ローズの秘密の頁(ページ)』)/ケネス・クラナム(『レイヤー・ケーキ』)●2017年/アメリカ

楽しく生きた、美しく演じた。

女優として生きた、恋に生きた――1952年の『悪人と美女』でオスカー助演女優賞に輝いた往年の大女優グロリア・グレアムと若手舞台俳優の歳の差もキャリアの差も超えた恋を、実話をもとに描く切なくもあたたかい感動のラブストーリー。

■1981年9月29日、ピーター・ターナーの元に衝撃の知らせが飛び込んできた。かつての恋人グロリア・グレアムがイギリスのランカスターのホテルで倒れたのだという。「リヴァプールに行きたい」そう懇願するグロリアに対してピーターはリヴァプールにある自分の実家でグロリアを療養させることにした。

ピーターの家族やリヴァプールを懐かしむグロリアだったが、全く病状を明かそうとしない。心配になったピーターは、アメリカの主治医に連絡をとり病状を確かめた。そして、グロリアの死が近いことを悟ったピーターは、不意に彼女と楽しく過ごしていた頃を思い出すのだった。最後までグロリアがリヴァプールに拘り続けた理由とは――。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
ウトヤ島、7月22日 字幕
 utoya 22 juli
●監督:エリック・ポッペ(『 ヒトラーに屈しなかった国王』)●出演:アンドレア・バーンツェン/エリ・リアノン・ミュラー・オズボーン/ジェニ・スヴェネヴィク/アレクサンダー・ホルメン/インゲボルグ・エネス●2018年/ノルウェー

私の夢は、もう叶わない。

単独犯として史上最多の命が奪われたテロ事件。犠牲となったのは、未来を夢見た77人の若者たち―2011年7月22日。ノルウェー、ウトヤ島で実際に起きた銃乱射事件。悪夢の72分間をワンカットで映像化。主人公カヤを中心に、若者たちが極限の恐怖の中でいかに行動していったかを、実際の生存者の証言に基づいて描き出す極限ドラマ。

■政治に関心ある数百人の若者が集い、キャンプファイヤーやサッカーに興じながら政治を学び、国の未来について語り合っているウトヤ島。そんなこの世の楽園のような場所を突如として銃声が切り裂き、キャンプ参加者の夢と希望を一瞬にして打ち砕く。何が起こっているのかわからないまま仲間たちと森へ逃げ込んだ少女カヤは、その恐怖のまっただ中でありったけの勇気を奮い起こし、離ればなれになった妹エミリアを捜し始めるのだが…。











































本編 1時間43分
デジタル
カラー
クイーン ヒストリー 1973-1980 字幕
 queen under review: 1973-1980
●監督:ロブ・ジョンストーン(『ボブ・ディラン/我が道は変る -1961-1965 フォークの時代-』)●出演:フレディ・マーキュリー(『フレディ・マーキュリー 人生と歌を愛した男』)/ポール・ガンバッチーニ/マルコム・ドーム(『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』)/サイモン・ブラドリー/ブライアン・メイ(『フレディ・マーキュリー 人生と歌を愛した男』)●2005年/イギリス

伝説から、社会現象へ…

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の特大ヒットによって人気復活した史上最高のライヴバンド=クイーン――映画では紹介されなかった、革新的な作品の数々に秘められたエピソードと当時の音楽シーンを、クイーンを熟知する有識者たちと共に年代順に検証。クイーンをもっと知りたい、もっと愛したい全ての方に送る珠玉のドキュメンタリー。

■“「ボヘミアン・ラプソディ」は、フレディによるロックオペラだ。”“ザ・フーやピンク・フロイドがアルバムで表現していたことをフレディは6分半で達成した。”“「伝説のチャンピオン」はもう1つの国歌だ。5万人の大観衆は、イギリス国歌より熱をこめてこの曲を歌うだろう”――伝説から、社会現象へ。1973年のデビューから最大のヒット「地獄へ道づれ」をリリースした1980年までを追ったライヴ&ドキュメンタリー。

主な登場曲:「炎のロックン・ロール 」「キラー・クイーン」「ボヘミアン・ラプソディ」「愛にすべてを」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」「バイシクル・レース」「ドント・ストップ・ミー・ナウ」「愛という名の欲望」「地獄へ道づれ」他。











































本編 1時間46分
デジタル
カラー
ザ・バニシング 消失 字幕
 spoorloos
●監督:ジョルジュ・シュルイツァー(『ダーク・ブラッド』)●出演:ベルナール・ピエール・ドナデュー(『パッション・ベアトリス』)/ジーン・ベルヴォーツ/ヨハンナ・テア・ステーゲ(『サージェント・ペッパー/ぼくの友だち』)/グウェン・エックハウス●1988年/オランダ/フランス

彼女は消えた、跡形もなく、忽然と。彼はただ知りたかった、その行方を

ある日突然消えた恋人を捜して、執念と亡霊に取り憑かれたかのように次第に精神を追い詰められていく男と、自分の異常性と正常性を立証したいという欲求から、ある「実験」に手を染める男。その対峙を通して、我々の前に筆舌に尽くしがたい絶望と恐怖があぶり出されていく――サイコ・サスペンス映画史上№1の傑作、ついに解禁。

■7月、オランダからフランスへと車で小旅行に出掛けていたレックスとサスキア。立ち寄ったドライブインで、サスキアは忽然と姿を消してしまう。必死に彼女を捜すも手掛かりは得られず、3年の歳月が経過。依然として捜索を続けるレックスの元へ、犯人らしき人物からの手紙が何通も届き始め…。











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
マックイーン:モードの反逆児 字幕
 mcqueen
●監督:ピーター・エテッドギー(『キンキーブーツ』製作)/イアン・ボノート●出演:リー・アレキサンダー・マックイーン/イザベラ・ブロウ/トム・フォード(『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』)●2018年/イギリス

恋をするように服を作り、命まで捧げた、ドラマより劇的な人生

労働者階級の出身で、大英帝国勲章。23歳、失業保険で初コレクション。27歳、ジバンシィのデザイナーに。顧客は、デヴィッド・ボウイ、レディー・ガガ。年14回、命を削るショーの連続。キャサリン妃のお気に入り――前衛的なデザインと独自の美学を貫きファッション界の反逆児と呼ばれたデザイナー、アレキサンダー・マックイーンの人生を追ったドキュメンタリー。

■ロンドンの労働者階級の街イーストエンドに生まれ育ち、日々の食費にも困っていた青年が、失業保険を資金に23歳にしてファッションデザイナーとしてデビュー。次々と開いたセンセーショナルなショーは、大絶賛とバッシングの真っ二つに分かれ、彼の名前〈アレキサンダー・マックイーン〉は、たちまち世に広まった。そして1996年、弱冠27歳で、エレガントで名高いパリのグランメゾン〈ジバンシィ〉のデザイナーに抜擢されて世間を驚かせる。

一方で、自身のブランドのショーはますます過激になり、〈モードの反逆児〉と名付けられるが名声は高まるばかり。34歳だった2003年には英国女王から大英帝国勲章(CBE)を授与されるまで上りつめる。ところが、富と名声の絶頂期にいた40歳で突然、自ら命を絶ってしまう。いったい彼はどんな人物で、いかにして現代のおとぎ話のような成功を果たし、なぜ燃え尽きてしまったのか――。











































本編 2時間07分
デジタル
カラー
幸福なラザロ 字幕
 lazzaro felice
●監督・脚本:アリーチェ・ロルヴァケル(『夏をゆく人々』)●出演:アドリアーノ・タルディオーロ/アニェーゼ・グラツィアーニ(『夏をゆく人々』)/アルバ・ロルヴァケル(『眠れる美女』)/ルカ・チコヴァーニ/トンマーゾ・ラーニョ(『歓びのトスカーナ』)●第71回カンヌ国際映画祭 脚本賞受賞●2018年/イタリア

その人は疑わない、怒らない、欲しがらない。人は愚か者と呼ぶのかもしれない。これはそんな人の物語。

20世紀後半。イタリアの小さな村で純朴なラザロと村人たちは、小作制度の廃止を隠蔽する侯爵夫人に騙され、社会と隔絶した生活を強いられていた。ところが夫人の息子が起こした誘拐騒ぎをきっかけに、村人たちは初めて外の世界へ出て行くことになる。だが、ラザロにある事件が起き――マーティン・スコセッシが才能を絶賛したアリーチェ・ロルヴァケル監督が、現代の聖人ラザロを、実際にあった詐欺事件を通して描く寓話的ミステリー。

■渓谷で外の世界と隔絶されたインヴィオラータ村(「汚れなき村」の意)。村人たちは領主であるデ・ルーナ侯爵夫人に支配されていた。彼らの中に誰よりも働き者の若い農夫がいた。彼の名はラザロ。お人好しが過ぎるあまり仲間から軽んじられ、仕事を押し付けられていた。

ある時、侯爵夫人の美しい息子タンクレディが町からやってくる。タンクレディはラザロを仲間に引き入れて自身の誘拐騒ぎを演出し、二人は強い絆で結ばれるようになる。その頃誘拐事件を発端に、インヴィオラータ村の存在が、領主による大規模な労働搾取の事件現場として世の中に報道される。結局村人たちは、揃って住み慣れた村から出ることになるのだが、ラザロだけは…。











































本編 2時間07分
デジタル
カラー
ホワイト・クロウ 伝説のダンサー 字幕
 the white crow
●監督:レイフ・ファインズ(『英雄の証明』)●出演:レイフ・ファインズ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)/オレグ・イヴェンコ/アデル・エグザルホプロス/ラファエル・ペルソナ(『黒いスーツを着た男』)/チュルパン・ハマートヴァ(『グッバイ、レーニン!』)●2018年/イギリス/ロシア/フランス

生きることは踊ること。踊ることは生きること。

踊りたい。国や家族を棄ててでも。バレエ界を劇的に生きた男、ルドルフ・ヌレエフの光と影――『愛と哀しみのボレロ』のモデルとなり、最近では羽生結弦選手を評する海外メディアが彼の名前を引き合いに出すなど、その影響は時とジャンルを超えてとどまるところを知らない。しかし、あの日、彼が異なる決断をしていれば、“伝説”になることもなく、20世紀の芸術史も今とは違っていただろう。バレエの歴史を変えたと言われる伝説的ダンサー、ルドルフ・ヌレエフの誕生秘話を描いた情熱と勇気の物語。

■1961年。ルドルフ・ヌレエフはキーロフ・バレエ(現マリインスキーバレエ)の一員として、パリ公演のために生まれて初めて祖国ソ連を出た。傲慢・我儘・反逆児と評される一方で、踊りへの情熱は誰よりも強いルドルフは、異国で得られるものすべてを吸収しようとするが、その行動はKGBに監視され、政府の圧力は強まるばかりだった。

6月16日、次の公演地へ向かおうとするルドルフは、突然帰国を命じられる。それは、収容所に連行され、踊りを続けることすらままならない未来を暗示していた。団員たちが旅立ち、KGBと共に空港に残されたルドルフが、不安と恐怖に襲われる中くだした決断とは――。











































本編 1時間54分
デジタル
カラー
嵐電 (らんでん) 
 randen
●監督:鈴木卓爾(『ゲゲゲの女房』)●出演:井浦新(『ニワトリ★スター』)/大西礼芳(『ナラタージュ』)/あがた森魚(『映画 ビリギャル』)/安部聡子(『夏の終り』)/金井浩人(『きらきら眼鏡』)●2019年/日本

この電車に乗れば、どこまでだって行けますよ。

京都市街を走る路面電車、京福電気鉄道嵐山線(通称:らんでん)を舞台に、三つの恋愛が幻想的に交錯する――鎌倉から京都にやってきたノンフィクション作家の、京福電鉄嵐山線にまつわる不思議な話の取材を通して描くラブストーリー。

■鎌倉からやって来たノンフィクション作家の平岡衛星は、嵐電の線路のそばに部屋を借り、嵐電にまつわる不思議な話の数々を取材しはじめる。そこには、衛星と彼の妻・斗麻子が、かつてこの地で経験した出来事を呼び覚ます目的があった。修学旅行で青森から来た女子学生・北門南天は、電車をスーパー8で撮影する地元の少年・子午線と出会う。一方、太秦撮影所の近くにあるカフェで働く小倉嘉子は、撮影所にランチを届けた際、東京から来た俳優・吉田譜雨に京都弁の指導をすることになるが…。











































本編 1時間47分
デジタル
カラー
(モンテ) 字幕
 monte
●監督・脚本:アミール・ナデリ(『CUT』)●出演:アンドレア・サルトレッティ(『バスターズ』)/クラウディア・ポテンツァ/ザッカーリア・ザンゲッリーニ/セバスティアン・エイサス/アンナ・ボナイウート(『湖のほとりで』)●第73回ヴェネチア国際映画祭「監督・ばんざい!賞」受賞●2016年/イタリア/アメリカ/フランス

打ち砕け!人間の業(カルマ)を――

神や自然、人間からも見棄てられたその男は、すべてを苦しめる忌まわしき山と対峙する――イランの巨匠アミール・ナデリがイタリアの中世を舞台に、南アルプス山麓に暮らす男がさまざまな受難に直面しながらも、すべての元凶たる山と対峙する姿を幻想的に描く、孤高の人間ドラマ。

■中世後期イタリア。南アルプスの山の麓にある小さな村の外れで暮らすアゴスティーノと妻のニーナ、息子のジョヴァンニ。この村は、壁のようにそびえる壮大な山に太陽の光を遮られており、思うように作物を育てることができずにいる。他の家族はよりよい暮らしを求めて去っていった。しかし、アゴスティーノとニーナは彼らの説得にも応じず、先祖の墓や亡き娘の墓があるこの地を離れようとはしなかった。

飢えた家族となんとか生き延びるため、アゴスティーノはあらゆる手を尽くすが、周囲の村の者達からは異端者として差別され、遂にはそこに暮らすことさえも禁止されて家族は離れ離れになってしまった。もはや手立てはなかった。神や自然、人間からも見棄てられたアゴスティーノは、たった一人で彼らを苦しめる忌まわしき山と対峙する――。











































本編 1時間39分
ブルーレイ
カラー
アイたちの学校
 aitachi no gakkou
●監督:髙賛侑●2019年/日本

■100年の差別――その戦いの記憶

「この世に差別されるべき人間は一人もいません」(大阪朝高生の言葉から)――知られざる歴史的資料や証言を発掘し、朝鮮学校の歴史と現状を描く初の長編ドキュメンタリー。

■1910年―日本は武力で韓国併合を強要し、朝鮮半島を植民地にした。1948年―GHQと日本政府は朝鮮学校閉鎖令を出し、閉鎖を強行した。現在――日本政府は法・制度的に民族教育抑圧をはかり、裁判所の多くが追随している。100年にわたって続けられてきた差別の歴史。在日朝鮮人はアイ(こども)たちの夢を育むために、幼稚園から大学に至る世界にもたぐい稀な民族教育事業を行ってきた。

しかし、いまウリハッキョ(朝鮮学校)は厳しい逆風を受けている。2010年、政府は高校無償化制度からウリハッキョを排除し、地方自治代も次々と補助金を打ち切ってきた。ウリハッキョは裁判闘争に立ち上がった。そしてウリハッキョの闘いは、全ての外国人の子どもたちの教育権に連なり、他民族多文化共生の時代を切り開いていく。











































本編 1時間57分
デジタル
カラー
21世紀の女の子
 21seiki no onnanoko
●監督:山戸結希(『溺れるナイフ』)/井樫彩(『真っ赤な星』)/枝優花(『少女邂逅』)/加藤綾佳(『おんなのこきらい』)/坂本ユカリ(『おばけ』)/首藤凛(『なっちゃんはまだ新宿』)/竹内里紗(『みちていく』)/夏都愛未(『浜辺のゲーム』)/東佳苗/ふくだももこ(『父の結婚』)/松本花奈(『脱脱脱脱17』)/安川有果(『Dressing Up』)/山中瑶子(『あみこ』)/金子由里奈/玉川桜●出演:橋本愛(『PARKS パークス』)/朝倉あき(『四月の永い夢』)/石橋静河(『きみの鳥はうたえる』)/伊藤沙莉(『獣道』)/唐田えりか(『寝ても覚めても』)/北浦愛(『きみの友だち』)/木下あかり(『あゝ、荒野』)/倉島颯良(『茅ヶ崎物語』)/黒川芽以(『二十六夜待ち』)/瀧内公美(『彼女の人生は間違いじゃない』)/日南響子(『 桜姫』)/堀春菜(『浜辺のゲーム』)/松井玲奈(『 笑う招き猫』)/三浦透子(『素敵なダイナマイトスキャンダル』)/モトーラ世理奈(『少女邂逅』)/山田杏奈(『ミスミソウ』)●2019年/日本

21世紀の女の子に捧げる挑戦的短編集

21世紀の東京に生きる個性豊かな「映画の女の子」たち。映画の未来の星々そのものである15名の新進監督に、企画・プロデュースを務める山戸結希監督がから渡された封筒はたった一つ、“自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーがゆらいだ瞬間が映っていること”――全篇に貫かれた共通のテーマを、各々の地点から8分以内の短編で表現し1本のオムニバス作品が完成。21世紀の女の子の、女の子による、女の子のための、とびっきりの映画たち。

■「離ればなれの花々へ」(山戸結希監督)、「君のシーツ」(井樫彩監督)、「恋愛乾燥剤」(枝優花監督)、「粘膜」(加藤綾佳監督)、「reborn」(坂本ユカリ監督)、「I wanna be your cat」(首藤凛監督)、「Mirror」(竹内里紗監督)、「珊瑚樹」(夏都愛未監督)、「out of fashion」(東佳苗監督)、「セフレとセックスレス」(ふくだももこ監督)、「愛はどこにも消えない」(松本花奈監督)、「ミューズ」(安川有果監督)、「回転てん子とどりーむ母ちゃん」(山中瑶子監督)、「projection」(金子由里奈監督)、エンドロールアニメーション(玉川桜監督)を収録。











































本編 2時間01分
デジタル
カラー
恐怖の報酬 (1977) 【オリジナル完全版】 字幕
 sorcerer
●監督:ウィリアム・フリードキン(『英雄の条件』)●出演:ロイ・シャイダー(『ジョーズ』)/ブルーノ・クレメール(『白い婚礼』)/フランシスコ・ラバル(『わが父パードレ・ヌエストロ』)/アミドゥー(『愛と死と』)/ラモン・ビエリ(『フリスコ★キッド』)●1977年/アメリカ

密林の果てに地獄を見た――。

「報酬」は1万ドル。一触即発のニトロ運搬に命を賭けた男たちの運命は――『フレンチ・コネクション』(1971)でアカデミー作品賞・監督賞ほか5部門受賞、『エクソシスト』(1973)で全世界にオカルト・ブームを巻き起こした巨匠ウィリアム・フリードキンが、フランス映画史上の傑作、アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督の『恐怖の報酬』(1953)のリメイクに挑んだサスペンス超大作。遂に40年の封印を解かれた【オリジナル完全版】を日本初公開。

■南米奥地の油井で大火災が発生。祖国を追われ、その地に流れてきた4人の犯罪者は、ひとり1万ドルという「報酬」と引き換えに、わずかな衝撃でも大爆発を起こす消火用ニトログリセリン運搬を引き受ける。2台のトラックに分乗した男たちは、火災現場まで道なき道を300キロ、ジャングルの奥へと進んでいくが、その先に待ち受ける彼らの運命とは――。











































本編 1時間23分
デジタル
モノクロ
救いの接吻 字幕
 les baisers de secours
●監督・脚本:フィリップ・ガレル(『灼熱の肌』)●出演:ブリジット・シィ(『よりよき人生』)/ルイ・ガレル(『グッバイ・ゴダール!』)/モーリス・ガレル(『灼熱の肌』)/アネモーネ(『パリの大泥棒』)/フィリップ・ガレル(『秘密の子供』)●1989年/フランス

夫と妻、父と子、映画とともに生きることしかできない者たち

愛の終わりとその持続について苦悩し語り合う男と女。映画監督と女優であり、夫と妻であり、また息子の父と母でもあるふたりの対話は永遠に続いていく――フランスの名匠フィリップ・ガレルが傑作『ギターはもう聞こえない』(91)の前に製作した至高の家族映画。つねに私小説的な映画をつくりだしてきたガレルならではの、私生活と創作をめぐる果てなき問いがくりひろげられる。

■新作の準備を進めていた映画監督のマチューは、主役を別の女優に決めたことで、妻で女優のジャンヌから激しい糾弾を受ける。自分をモデルにした役を別の女優が演じることを自分への裏切りと受け止め、夫に別れを突きつけるジャンヌ。突然の別離に苦悩しながら、妻と息子とどう向き合うべきかを逡巡するマチュー。果たしてふたりの愛は途絶えてしまったのか?











































本編 1時間38分
デジタル
カラー
ギターはもう聞こえない 字幕
 j'entends plus la guitare
●監督:フィリップ・ガレル(『救いの接吻』)●出演:ブノワ・レジャン(『トリコロール/青の愛』)/ヨハンナ・テア・ステーゲ(『サージェント・ペッパー/ぼくの友だち』)/ヤン・コレット(『ティコ・ムーン』)/ミレイユ・ペリエ(『トト・ザ・ヒーロー』)/ブリジット・シィ(『救いの接吻』)●1991年ヴェネチア国際映画祭 銀獅子賞 受賞●1991年/フランス

「僕のそばで死ぬより、離れて生きてくれ」――陰惨で、貧しく、切実な、けれど美しい愛の記憶たち

つねに自分の物語を映画のなかに刻み込んできたフィリップ・ガレルが、前妻ニコの急逝直後に製作した、極めて私的なラブストーリー。ニコとの生活と破局、息子の誕生、そして突然訪れた彼女の死。かつて愛した人との記憶と死の衝撃が、美しくも残酷にスクリーンへ映し出される。自伝的な物語でありながら、俳優たちの演技と洗練された台詞によって誕生した、普遍的な愛の物語。

■海辺の町で共同生活を送るジェラールとマリアンヌ、マルタンとローラの二組のカップル。彼らはやがて破局を迎えるが、マリアンヌはジェラールの元へ戻ってくる。だがパリで暮らす二人は次第にドラッグに溺れ、生活は困窮を極めていく。最終的に別れを選んだジェラールは、アリーヌと出会い息子を授かる。そんなジェラールの元に、ある日、マリアンヌの訃報が届く…。











































本編 2時間09分
デジタル
カラー
ラストタンゴ・イン・パリ 《4Kデジタルリマスター版》 字幕 
 ultimo tango a parigi
●監督:ベルナルド・ベルトルッチ(『ラストエンペラー』)●出演:マーロン・ブランド(『ゴッドファーザー』)/マリア・シュナイダー(『危険なめぐり逢い』)/ジャン=ピエール・レオ(『恋のエチュード』)/マッシモ・ジロッティ(『 テオレマ』)/カトリーヌ・アレグレ(『恋人たちのメロディー』)●1972年/イタリア/フランス

ベルナルド・ベルトルッチ監督追悼上映

2018年11月ベルトルッチ監督死去。享年77.訃報を受けたカンヌ国際映画祭は、この映画人を「世界映画の導きの灯として永遠に輝き続ける、イタリア映画界の巨星」と称えた――彼の名が広く世の耳目を集めるきっかけを作ったのが本作。生々しいセックス描写が世界中で議論の的となった衝撃の問題作を4Kデジタルリマスター版で緊急公開。

■ホテル経営者・ポールは、妻の自殺によって人生に絶望していた。そしてある日、彼はパリで偶然出会った若いフランス人女性・ジャンヌをアパルトマンの一室で衝動的に犯してしまう。その後もふたりは同じ部屋で互いに何も知らないまま逢瀬を重ねるのだが――。











































本編 1時間47分
デジタル
カラー
アマンダと僕 字幕
 amanda
●監督・脚本:ミカエル・アース(『サマーフィーリング』)●出演:ヴァンサン・ラコスト(『EDEN/エデン』)/イゾール・ミュルトゥリエ/ステイシー・マーティン(『グッバイ・ゴダール!』)/オフェリア・コルブ/マリアンヌ・バスレー(『宮廷円舞曲』)●2018年東京国際映画祭 東京グランプリ/最優秀脚本賞 ダブル受賞●2018年/フランス

ふたりなら、きっと乗り越えられる――

夏の日差し溢れるパリ。穏やかで幸せだった日々に、突然起きた悲劇。大切な姉を失った青年ダヴィッドは、母を亡くしひとりぼっちになった姪アマンダの世話を引き受けることに――消えない悲しみを分かち合い、寄り添って生きようとする感動の物語。

■夏の日差し溢れるパリ。便利屋業として働く青年ダヴィッドは、パリにやってきた美しい女性レナと出会い恋に落ちる。穏やかで幸せな生活を送っていたが 突然の悲劇で大切な姉が亡くなり、ダヴィッドは悲しみに暮れる。そして彼は、身寄りがなくひとりぼっちになってしまった姪アマンダの世話を引き受けることになる…。

親代わりのように接しようとするが、まだ若いダヴィッドには荷が重く、戸惑いを隠せない。アマンダも、母親を失ったことをなかなか受け入れられずにいる。互いに不器用で、その姿は見ていてもどかしく、しかし愛おしい。悲しみは消えないが、それでも必死に逞しく生きようとするアマンダと共に過ごすことで、ダヴィッドは次第に自分を取り戻していく 。











































本編 1時間39分
デジタル
カラー
パパは奮闘中! 字幕
 nos batailles
●監督・脚本:ギヨーム・セネズ●出演:ロマン・デュリス(『タイピスト!』)/レティシア・ドッシュ(『若い女』)/ロール・カラミー(『女っ気なし』)/バジル・グランバーガー/レナ・ジェラルド・ボス●2018年/ベルギー/フランス

『クレイマー、クレイマー』の感動から今――

「ママ、きっと帰ってくるよね?」。ある日突然、妻が家出――家族の愛と葛藤という普遍的なテーマを名作『クレイマー、クレイマー』から引き継いだ本作は、仕事と育児に悪戦苦闘しながらも成長していく父と子供たちの愛と絆の物語。

■妻のローラと幼い二人の子供たちと、幸せに暮らしていると信じていたオリヴィエ。ところが、ある日突然、ローラが家を出て行ってしまう。オンライン販売の倉庫で働くオリヴィエには、ベビーシッターを雇うお金もなく、残業続きの仕事と慣れない子供の世話の両立を迫られる。

朝は子供たちに着せる服も分からないし、夜は寝かしつけることさえできない。料理もまるでダメで、夕食にシリアルを出す始末。次から次へと巻き起こるトラブルに奮闘しながら、ローラを捜し続けるオリヴィエだったが、彼女の行方も姿を消した理由も一向に分からない。そんな折、妻の生まれ故郷ヴィッサンから一通のハガキが届き、さらなる騒動が起きる――。











































本編 1時間46分
デジタル
カラー
スケート・キッチン 字幕 
 skate kitchen
●監督・脚本:クリスタル・モーゼル●出演:ジェイデン・スミス(『アフター・アース』)/エリザベス・ロドリゲス(『LOGAN/ローガン』)/カブリーナ・アダムズ/ニーナ・モラン/ジュールス・ロレンゾ●2018年/アメリカ

いま、私たちはここにいる

内気なカミーユはある日、“スケート・キッチン”と呼ばれる女の子たちだけのスケートクルーと出会い、スケートボードと共に自分探しの旅に出る――世界が夢中のガールズスケートクルーが駆け抜ける現実<ストリート>。マンハッタンの“いま”をスタイリッシュに走り抜け、『KIDS/キッズ』を彷彿とさせる、新たなるスケボー青春映画。

■ニューヨーク郊外に住む17歳の内気な女の子カミーユはスケートボードに熱中しているが、怪我が原因で母親からスケートを止めるように言われる。そんなある日、彼女は“スケート・キッチン”と呼ばれる女の子たちだけのスケートクルーと出会い、彼女たちの一員となる。母親との関係は悪化しつつも、どんどんスケートにのめり込んでいくカミーユは、謎のスケートボーダー男子に恋をする。だが、この男子との関係はスケートボードのどんな基本的な技よりも難しいことが発覚する…。











































本編 1時間23分
デジタル
カラー
新宿タイガー
 shinjuku tiger
●監督:佐藤慶紀(『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』)●出演:新宿タイガー(『リリカルスクールの未知との遭遇』)/八嶋智人(『映画 怪物くん』)/渋川清彦(『榎田貿易堂』)/睡蓮みどり(『青春群青色の夏』)/井口昇(『シネマ狂想曲-名古屋映画館革命-』)●ナレーション:寺島しのぶ(『オー・ルーシー!』)●2019年/日本

WHO ARE YOU? Don't you know?

新宿で40年以上、虎のお面を被ってド派手な格好をし、新聞配達をしている男を知っているだろうか?その男、人呼んで“新宿タイガー”!――新宿タイガーとは一体何者か、そして、その新宿タイガーを受け入れる“新宿”の街が担ってきた歴史的役割とその魅力に迫ったドキュメンタリー。

■東京のエンターテイメントをリードする街・新宿。1960年代から1970年代にかけ、新宿は社会運動の中心だった。2018年、この街には“新宿タイガー”と呼ばれる年配の男性がいる。彼はいつも虎のお面を被り、ド派手な格好をし、毎日新宿中を歩いている。彼は、彼が24歳だった1972年に、死ぬまでこの格好でタイガーとして生きることを決意した。1972年当時、何が彼をそう決意させたのか?

新聞販売店や、1998年のオープン時と2012年のリニューアル時のポスターにタイガーを起用したTOWER RECORDS新宿店の関係者、ゴールデン街の店主たちなど、様々な人へのインタビューを通じ、虎のお面の裏に隠された彼の意図と、一つのことを貫き通すことの素晴らしさ、そして新宿の街が担ってきた重要な役割に迫る。











































本編 1時間18分
デジタル
カラー
クイーン ヒストリー2 1980-1991 字幕
 queen under review 1980-1991
●監督:ロブ・ジョンストーン(『クイーン ヒストリー 1973-1980』)●出演:フレディー・マーキュリー(『フレディ・マーキュリー-人生と歌を愛した男-』)/ポール・ガンバッチーニ(『クイーン ヒストリー 1973-1980』)/マルコム・ドーム(『クイーン ヒストリー 1973-1980』)/ダリル・イーズリー/クリス・ウェルチ●2006年/イギリス

“ライヴ・エイドのフレディほどパワフルな演奏は見たことがない。 彼はカメラと愛を交わしていた――”

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の特大ヒットによって人気復活した史上最高のライブバンド=クイーン。映画では紹介されなかった、革新的な作品の数々に秘められたエピソードと当時の音楽シーンを、クイーンを熟知する有識者たちと共に年代順に検証――クイーン第2次黄金期1980年「フラッシュ・ゴードン」テーマ曲からフレディ・マーキュリー死去の1991年までを追った、待望のライヴ&ドキュメンタリー第2弾。

■「アンダー・プレッシャー」「ボディ・ランゲージ」「RADIO GA GA」「ブレイク・フリー(自由への旅立ち)」...激動の音楽シーンの渦中、常に変貌し議論を呼んだ"その後の"クイーンを、LIVE&秘蔵映像と共に時系列に徹底検証。"ライヴ・エイド"に於ける圧巻のパフォーマンスも一部収録! 全ての登場曲に日本語対訳入り。











































本編 2時間00分
デジタル
カラー
旅のおわり世界のはじまり
 tabi no owari sekai no hajimari
●監督・脚本:黒沢清(『散歩する侵略者』)●出演:前田敦子(『素敵なダイナマイトスキャンダル』)/染谷将太(『きみの鳥はうたえる』)/柄本時生(『彼女の人生は間違いじゃない』)/アジズ・ラジャボフ/加瀬亮(『劇場版SPEC』)●2019年/日本/ウズベキスタン

私の心は迷子になった。

シルクロードの美しい風景の中で描かれる心の冒険。夢を見失ったとき、新しい扉が開く――国内外で圧倒的評価と人気を誇る映画監督・黒沢清が、ウズベキスタンに1か月まるまる滞在し、広い国土を存分に使ってロケ撮影された本作は、観客も一緒に異郷を旅しているような、ロードムービーとしての魅力に溢れた目覚めの物語。

■テレビリポーターを務める葉子は巨大な湖に棲む“幻の怪魚”を探すため、番組クルーと共に、かつてシルクロードの中心地として栄えたこの地を訪れた。夢は、歌うこと。その情熱を胸に秘め、目の前の仕事をこなしている。収録を重ねるが、約束どおりにはいかない異国でのロケで、いらだちを募らせるスタッフ。

ある日の撮影が終わり、ひとり街に出た彼女は、聞こえてきた微かな歌声に誘われ美しい装飾の施された劇場に迷い込む。そして扉の先で、夢と現実が交差する不思議な経験をする。彼女が、旅の果てで出会ったものとは――。











































本編 1時間47分
デジタル
カラー
HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ 字幕 
 hot summer nights
●監督・脚本:イライジャ・バイナム●出演:ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)/マイカ・モンロー(『イット・フォローズ』)/アレックス・ロー(『ザ・リング/リバース』)/ウィリアム・フィクトナー(『ウルトラヴァイオレット』)●2018年/アメリカ

忘れられない夏がくる

愛する父親を亡くし、大きな喪失を抱えたまま立ち直れない少年の人生を大きく変えた、ひと夏の経験。美しい海辺の町での初めての恋、クールで危険な仲間との友情、裏切り――気鋭の映画製作スタジオA24が贈る、甘く、切なく、美しく、スリリングなひと夏の青春映画。

■1991年、最愛の父の死の痛手から抜け出せないダニエル・ミドルトンは、叔母の家で夏を過ごすため、マサチューセッツ州の東端にある海辺の小さな町ケープコッドにやってくる。美しい海浜でのバカンスを求めてやってくる都会人とも地元民とも馴染めないダニエルは、地元ではワルで有名なハンター・ストロベリーとつるむようになる。複雑な家庭の事情を抱えているハンターだが、妹のマッケイラを守ることには命をかけていた。

「妹には近寄るな」とのハンターの言葉に怯えながらも、ダニエルは町で一番の美女マッケイラと密かに逢瀬を重ねるようになる。秘密のデート、初めてのキス、ダニエルにとって心から自分を解放できるひとときだった。だが、ダニエルのきらめくような一瞬の夏は、最大級のハリケーンの到来とともに、劇的な結末を迎えることになる――。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ 字幕
 hitler versus picasso and the others
●監督:クラウディオ・ポリ●出演:トニー・セルヴィッロ(『修道士は沈黙する』)●2018年/イタリア/フランス/ドイツ

ヒトラーの秘宝。だれも知らない闇の美術史

ピカソ、ゴッホ、フェルメール、マティス、ムンク、モネ…今なお行方不明の名画たち。ナチスに弾圧され奪われた美術品と、それ関わる人々の運命とは――究極の美と権力に秘められた名画ミステリーが展開するドキュメンタリー。

■ナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品の総数は約60万点にのぼり、戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明と言われる。なぜ、ナチス・ドイツは、いやヒトラーは、美術品略奪に執着したのか?彼らは、ピカソ、ゴッホ、ゴーギャン、シャガール、クレーらの傑作に「退廃芸術」の烙印を押しそれらを貶め、一方で、純粋なアーリア人による写実的で古典主義的な作品を擁護。

同時に、故郷リンツに“総統美術館”設立の野望を抱き、右腕的存在のゲーリング国家元帥と張り合うかのうように、ユダヤ人富裕層や、かのルーブル美術館からも問答無用で憧れの名品や価値ある美術品の略奪を繰り返した。権力は芸術をも支配できると妄信するナチスが行った歴史上最悪の美術品強奪と破壊、そしてヒトラーの秘宝たちが辿った知られざる真実とは――?











































本編 1時間34分
デジタル
カラー
イングランド・イズ・マイン モリッシー,はじまりの物語 字幕 
 england is mine
●監督・脚本:マーク・ギル●出演:ジャック・ローデン(『ダンケルク』)/ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ(『マイ ビューティフル ガーデン』)/ジョディ・カマー●2017年/イギリス

たとえ世界に望まれなくても、僕は歌う。

1980年代、イギリスのミュージックシーンを席巻した伝説のバンド「ザ・スミス」結成前夜譚――苦悩や挫折にも負けず、一人の少年がミュージシャンとして生きる決意を描いた青春“音楽”映画。

■1976年マンチェスター。高校を中退したスティーブン・モリッシーは、ライブハウスに通いつめバンド批評を音楽史に投稿する日々を送っていた。家計を助けるために就職したものの職場になじめない彼にとって、仕事をサボって詩を書くことが唯一の慰めだった。そんなある日、美大生のリンダーと出会ったモリッシーは、彼女の後押しもあってバンドを結成することに。初ライブは成功を収め、モリッシーはミュージシャンを目指すべく仕事を辞めるが…。











































本編 1時間49分
デジタル
カラー
ユーリー・ノルシュテイン 《外套》をつくる 字幕
 yuriy norshteyn making the overcoat
●監督:才谷遼(『セシウムと少女』)●出演:ユーリー・ノルシュテイン(『話の話』監督)/ラリーサ・ゼネーヴィチ/マクシム・グラニク/ターニャ・ウスヴァイスカヤ/ミハイル・アルダーシン(『チェブラーシカ〈2010年〉』脚本)●2018年/日本

この30年……外套のことだけ考えてきた

苦悩、情熱、そして創造――『霧の中のハリネズミ』などで知られるロシアを代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテインが、30年以上の歳月をかけて制作しながら未だ完成していない映画『外套』にスポットを当て、アニメーションの神様、ノルシュテインの深部に迫るドキュメンタリー。

■ロシアを代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテイン。『話の話』『霧の中のハリネズミ』など数々の名作を生み出し、手塚治虫、宮崎駿、高畑勲監督ら日本の巨匠をはじめ世界中のアニメーション作家たちから敬愛されている。彼は30年以上の歳月をかけて、ロシアの文豪ゴーゴリの名作「外套」のアニメーション作品を制作しているが、未だ完成に至っていない。それどころか、近年は撮影が止まっているという。

2016年6月、カメラはモスクワにあるノルシュテイン・スタジオ“アルテ”に向かう。そこにはおびただしい数のスケッチ、キャラクターパーツ、埃をかぶった撮影台が…。 世界が待望する『外套』はいつ完成するのか、なぜ『外套』なのか。未完の映像を織り交ぜながら、ノルシュテインが自身の心の内を語る。











































本編 1時間18分
デジタル
カラー
月極オトコトモダチ
 tsukigime otoko tomodachi
●監督:穐山茉由●出演:徳永えり(『春との旅』)/橋本淳(『お江戸のキャンディー』)/芦那すみれ(『ジムノペディに乱れる』)/野崎智子/三森麻美(『モーメント』)●第31回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門正式出品作品●2018年/日本

恋愛感情を飛び越えろ。

ひょんなことから出会ったアラサー女性編集者とレンタル男友達。果たして男女の友情は成立するのか?――前作が田辺・弁慶映画祭に入選の穐山監督が恋愛未満友情以上で悩める男女を等身大の眼差しで見つめた一作。

■WEBマガジン編集者の望月那沙は、あるきっかけで「男女関係にならないスイッチ」を持つと語る柳瀬草太と出会う。草太は「レンタル友だち」を生業にしており、那沙は草太をレンタルし、ある検証を試みようとする。一方、那沙のルームメイトの珠希は、音楽を通じて草太と距離を縮めていくが…。











































本編 1時間36分
デジタル
カラー
さよなら、退屈なレオニー 字幕
 the firefries are gone
●監督:セバスチャン・ピロット●出演:カレル・トレンブレイ/ピエール=リュック・ブリラント/フランソワ・パピノー/マリー=フランス・マルコット●第31回東京国際映画祭<ジェムストーン賞>受賞●2018年/カナダ

■こんな青春じゃ終われない。

いつもイライラして、どこかフワフワしてた。まぶしくてじれったい何もない毎日。17歳の夏が過ぎていく――やりたいことも自分の居場所もみつからず、いら立ちを抱える17歳の少女のひと夏の成長をつづった青春ドラマ。

■ケベックの海辺の街で暮らすレオニーは、高校卒業を1カ月後に控えながら、どこかイライラした毎日を送っていた。退屈な街を飛び出したいけど自分が何をしたいのかわからい。口うるさい母親も気に入らず、母親の再婚相手のことは大嫌い。そんなレオニーが頼りにできるのは離れて暮らす実の父親だけだった。

そんなある日、レオニーは街のダイナーで年上のミュージシャン、スティーブと出会う。どこか街になじまない雰囲気をまとうスティーブに興味を持ったレオニーは、なんとなく彼にギターを習うことになり――。











































本編 1時間41分
デジタル
カラー
ザ・プレイス 運命の交差点 字幕
 the place
●監督・局本:パオロ・ジェノヴェーゼ(『おとなの事情』)●出演:ヴァレリオ・マスタンドレア(『甘き人生』)/マルコ・ジャリーニ(『神様の思し召し』)/アルバ・ロルヴァケル(『ハングリー・ハーツ』)/ヴィットリア・プッチーニ/ロッコ・パパレオ●2017年/イタリア

欲望の代償は、他人の運命。

ローマにあるカフェ「ザ・プレイス」に居座る謎の男。彼と契約を結べば、そんな願いも叶えられるという。たとえそれが、見ず知らずの人の命と引き換えになったとしても――アメリカの大ヒットドラマ『The Booth ~欲望を喰う男』をリメイク。カフェを舞台に緻密に練られたストーリーによるワンシチュエーション・サスペンス。

■カフェ「ザ・プレイス」に昼も夜も座っている男の元には、人生に迷ったものたちがひっきりなしに訪ねてくる。彼らが自らの願いや欲望を叶えるためには、男が告げる行為を行わなくてはならない。息子を癌の病から救うために見ず知らずの少女の殺害を命じられる修道女、アルツハイマーの夫を救うために爆弾を仕掛けることを命じられる老婦人etc…。9人の相談者それぞれに無理難題が与えられる。全ての願望には他人の運命という代償が必要だった。次第に交差してゆく相談者たちの運命、その先に待ち受けるものとは。











































本編 1時間56分
デジタル
カラー
台北セブンラブ 字幕
 design 7 love
●監督・脚本:チェン・ホンイー●出演:アン・シュー(『目撃者 闇の中の瞳』)/モー・ズーイー(『台北に舞う雪』)/ホアン・ルー(『ブラインド・マッサージ』)/ダレン・ワン(『私の少女時代-OUR TIMES-』)/チウ・イェンシャン(『あの頃、君を追いかけた』)●2014年/台湾

愛は仕掛けられるの?

一体誰が本当のことを言っているのか、誰がいつ何を仕掛けたのか。愛はデザインできるのか――デザイン事務所を舞台に繰り広げられる7人の男女の恋愛模様。台北の若者の“今”と恋愛模様をリアルに描き出す台湾映画のニューウェーブ。

■2014年、台北市は<2016 年世界デザイン首都>に選ばれ、デザイン業界は沸き立っていた。ドロシーはかつての恋人バーズに誘われ、上海を離れ台北のデザイン事務所で働くことに。進行中のデザインホテルの改装プロジェクトに加わる。ドロシーへの想いを断ち切れないバーズとクライアントのマークに迫られるが、フランスにいる元恋人を忘れられない。同僚は個性の強い人間ばかりだが、皆愛に飢えて いる。ホテルのデザインテーマは“愛”に決まるが、果たして無事“愛”はデザインできるのか。ドロシーが最終的に 手に入れるのは、誰の愛なのか。











































本編 1時間31分
デジタル
カラー
ガルヴェストン 字幕 
 galveston
●監督:メラニー・ロラン(『ミモザの島に消えた母』出演)●出演:エル・ファニング(『メアリーの総て』)/ベン・フォスター(『疑惑のチャンピオン』)/リリ・ラインハート/アデペロ・オデュイエ(『それでも夜は明ける』)/ボー・ブリッジス(『マックス・ペイン』)●2018年/アメリカ

男は死に場所を求め、女は生きる希望に縋(すが)った――

身体を売って生きるしかなかった若い娼婦と、病に冒された殺し屋。明日をも知れぬ2人の、危険な逃避行――組織に追われる余命いくばくもない男と孤独な少女の逃避行を、繊細なストーリーテリングと映像美、強烈なバイオレンス描写を織り交ぜて映し出すクライムムービー。

■故郷を捨て裏社会で生きてきたロイは、ボスの勧めで病院へ行く。そこで、白く靄がかかった自分の肺のレントゲン写真を見せられ、命の終わりが近いことを悟った彼は、死への恐怖に追い込まれ、苛立ちを募らせていく。

ある夜、いつものようにボスに命じられるまま“仕事先”へ向かったロイは、突然何者かに襲われる。組織に切り捨てられたことを知ると、とっさに相手を撃ち殺し、その場に囚われていた若い女を連れて逃げる。ロッキーと名乗る女は、家を飛び出し、行くあてもなく身体を売って生きてきたという。組織から追われる身となった二人は、果てなき逃避行に旅立つ…。











































本編 1時間28分
デジタル
カラー
セメントの記憶 字幕
 taste of cement
●監督・脚本:ジアード・クルスーム●2017年/ドイツ/レバノン/シリア/アラブ首長国連邦/カタール

天空の建設、地上の破壊

近代建築と歴史的建造物が混在した美しい街並みで多くの観光客を魅了している中東のパリ、ベイルート。地中海を眺望する超高層ビルの建設現場では、内戦で家を奪われた多くのシリア人移民は、劣悪な環境で労働を強いられている――祖国を亡命した若き元シリア兵のジアード・クルスーム監督が果敢に創り上げた革新的ドキュメンタリー。

■中東のパリ、ベイルート。地中海を眺望する超高層ビルの建設現場でシリア人移民・難民労働者たちは静かに働いている。ある男が、出稼ぎ労働者だった父がベイルートから持ち帰った一枚の絵の記憶を回想する。絵には白い砂浜、青い空、そして2本のヤシの木が描かれていた。男が少年の頃初めて見た海の記憶だ。待ち焦がれていた父の帰還に少年ははしゃぐ。顔を撫でてくれた父の手はセメントの味がした。父は少年に語った。“労働者は戦争が国を破壊し尽くすのを待っているんだ”。男は異国で父への想いを巡らせる――。











































本編 2時間25分
デジタル
カラー
慶州(キョンジュ) ヒョンとユニ 字幕
 gyeongju
●監督:チャン・リュル(『春の夢』)●出演:パク・ヘイル(『グエムル/漢江〈ハンガン〉の怪物』)/シン・ミナ(『最強☆彼女』)/ユン・ジンソ(『シークレットラブ』)/キム・テフン(『アジョシ』)/シン・ソユル(『マイPSパートナー』)●2014年/韓国

映像で、人の心を書く。

韓国、古墳の街、慶州〈キョンジュ〉。この地を訪れた男・ヒョンと、そこに住む女・ユニ。男と女が出逢ったとき、時を越えて消えたものがふたりを強く結びつける。そして、いつか見た、生と死の間に、その哀しみが熔けていく――映像で、人の心を書く、映画作家の美しいヒューマン・ドラマ。

■親しい先輩の訃報の知らせから、久しぶりに大邱(テグ)を訪れた北京大学教授のチェ・ヒョン。亡くなった先輩との7年前の旅を思い出したヒョンは、衝動的に、そこからほど近い慶州(キョンジュ)へと向かう。以前と変わらず、美しい緑に包まれた古墳が並ぶ街を懐かしむヒョン。彼にはどうしても確認したいものがあった。それは、茶屋にあった一枚の春画。

その茶屋を訪れたヒョンは、美しい主人・ユニに出逢う。そこに春画は、もうなかった。ユニによれば、7年前からそれは存在しないという。ヒョンはその後、かつて一夜を共にしたことのある後輩の女性をソウルから呼び出すものの、衝撃的な秘密を打ち明けられる。そして、ユニにも哀しい過去があった…。春画を探すヒョンがやがて辿り着く意外な結末とは――。











































本編 1時間分
デジタル
カラー
パリの家族たち 字幕
 la fete des meres
●監督:マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール(『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』)●出演:オドレイ・フルーロ(『最強のふたり』)/クロティルド・クロー(『パリ、恋人たちの影』)/オリヴィア・コート/カルメン・マウラ(『ボルベール 帰郷』)/ニコール・ガルシア(『ギャルソン!』)●2018年/フランス

all about mothers

女性大統領、ジャーナリスト、舞台女優、花屋、ベビーシッター、大学教授、小児科医――パリで働く女たちとその家族の“幸せ”と“自分”探しの物語。フランス流の人生観を描く、きっと家族に会いたくなる感動作。

■フランス、パリ。5月の母の日が近づくとある日。職務と母親業の狭間で不安に揺れる女性大統領のアンヌ。

母親との複雑な関係ゆえに三者三様の関わり方をし、最後には母の日に母子の縁を解消しようとする三姉妹。次女のダフネは、2人の子供を持つシングルマザーでジャーナリスト。仕事を優先するあまり思春期の子供たちとは上手くいっていない。独身を謳歌している三女の大学教授のナタリーは、教え子との恋愛を愉しんでいる。長女で小児科医のイザベルは幼少期の母との思い出が原因でトラウマを抱えている。

一方、心配性の息子から自由になろうとする舞台女優。さらに、全く電話にも出てくれない恋人の子供を妊娠してしまう花屋のココ。それぞれが、大切な人への想いを胸に、幸せになるための決断をする――。











































本編 1時間44分
デジタル
カラー
こはく 字幕
 kohaku
●監督:横尾初喜(『ゆらり』)●出演:井浦新(『光』)/大橋彰(アキラ100%)/遠藤久美子(『五日市物語』)/嶋田久作(『ビジランテ』)/塩田みう●2019年/日本

人は孤独とよ

幼いころ突然姿を消した父を求め、兄弟で必死に探し歩く長崎の街。それは“家族”とは何かを知るための、“心の旅”だった――井浦新×アキラ100%、兄弟役で異色タッグ。横尾監督が幼少期の実体験を基にした半自伝的なストーリーを、故郷の長崎で撮り上げた感動の家族ドラマ。

■幼い頃に別れた父の会社、長崎のガラス細工工場を受け継ぎ営む亮太は、厳しい状況ながらもなんとか暮していた。一方、自身の父と同じように離婚を経験し、子どもたちと会うことも出来ずにいた。定職に就かずブラブラし、虚言癖のある兄・章一の存在も悩みのタネ。そんなある日、亮太は章一から「蒸発していた父を、街で偶然を見かけた」と告げられ、再婚した妻・友里恵からは妊娠が知らされる。「お父さんになる自信、ある?」。その一言で、父のいない過去をひきずったままの自分に気付いた亮太は章一を信じ、一緒に父の姿を探し始めるのだが――。











































本編 1時間23分
デジタル
カラー
メモリーズ・オブ・サマー 字幕 
 wspomnienie lata
●監督・脚本:アダム・グジンスキ●出演:マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ/ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ(『ワレサ-連帯の男-』)●2016年/ポーランド

少年はあの日、遠い母の背中に夏が通り過ぎていくのを見ていた。

それは、ぼくが子どもでいられた最後の夏だった――子どもと大人の狭間で揺れる12歳の少年の目を通して描かれる、切なくも忘れられない一夏の記憶。どこかなつかしさを感じさせる70年代ポーランドの風景のなか紡がれる、新しい夏休み青春映画。

■1970年代末―夏、ポーランドの小さな町で、12歳のピョトレックは新学期までの休みを母ヴィシアと過ごしている。父は外国へ出稼ぎ中。母と大の仲良しのピョトレックは、母とふたりきりの時間を存分に楽しんでいた。だがやがて母はピョトレックを家に残し毎晩出かけるようになり、ふたりの間に不穏な空気が漂い始める。一方ピョトレックは、都会からやってきた少女マイカに好意を抱くが、彼女は、町の不良青年に夢中になる。それぞれの関係に失望しながらも、自分ではどうすることもできないピョトレック。そんななか、大好きな父が帰ってくるが…。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
Girl/ガール 字幕 
 girl
●監督・脚本:ルーカス・ドン●出演:ビクトール・ポルスター/アリエ・ワルトアルテ(『フレンチ・ラン』)●第91回アカデミー賞 外国語映画賞 ベルギー代表●第71回カンヌ国際映画祭<カメラドール>(新人監督賞)受賞●2018年/ベルギー

バレリーナになる。この夢は、何があっても諦めない。

美しきトランスジェンダーの少女ララ。イノセントな彼女がたどり着く、映画史上最も鮮烈でエモーショナルなクライマックス――バレリーナになるために奮闘するトランスジェンダーの少女の記事に心を動かされたルーカス・ドン(当時18歳)が、“必ず彼女を題材にした映画を撮る”という強い思いからアプローチを重ね、約9年の歳月を経て誕生。評論家・観客からは“ニュー・ドラン”とも称され、今世界が最も注目する新鋭監督の長編デビュー作は、父と娘の美しき絆の物語。

■15歳のララの夢はバレリーナになること。しかしそれは簡単なことではなかった。彼女は男の体に生まれてきたから。それでも強い意志と才能、娘の夢を全力で応援してくれる父に支えられ、難関のバレエ学校への入学を認められる。夢の実現のためララは毎日厳しいレッスンを受け、血のにじむような努力を重ねていく――。

だが、初めての舞台公演が迫る中、ライバルから向けられる心ない嫉妬、思春期の身体の変化により思い通りに動けなくなることへの焦りが、徐々に彼女の心と体を追い詰めていく――。夢に向かって刹那的に今を生きるララと今にも壊れてしまいそうな娘を必死に支える父。交錯した2人との想いがたどりつくエモーショナルなクライマックスが観るものの心を激しく揺さぶり、そしてその先に待つ光輝くラストに涙が溢れる――。











































本編 2時間00分
デジタル
カラー
ビューティフル・ボーイ 字幕 
 beautiful boy
●監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン(『オーバー・ザ・ブルースカイ』)●出演:スティーブ・カレル(『30年後の同窓会』)/ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)/モーラ・ティアニー(『ライアーライアー』)/エイミー・ライアン(『ブリッジ・オブ・スパイ』)/ケイトリン・デヴァー(『フロントランナー』)●2018年/アメリカ

すべてをこえて愛してる

堕ちていく息子を信じ続けた8年間。ジョン・レノンの名曲が彩る、痛ましくも美しい愛と再生の記録――『君の名前で僕を呼んで』で世界中を魅了し、アカデミー主演男優賞にノミネートされた、ハリウッドが今最も期待する俳優ティモシー・シャラメ。待望の最新作は、8年という長い歳月をかけてドラッグ依存を克服し、現在はNetf lixの人気ドラマ「13の理由」の脚本家として活躍する人物と、彼を支え続けた家族の物語。

■優等生でスポーツ万能、才能豊かな学生として将来を期待されていたニック。しかし彼は、義理の母親、幼い弟たちにとって“いい息子・いい兄”であることがいつも求められていた。そんな日常の中で、つい手を出してしまったドラッグ。断ち切ろうと思いつつも、禁断の誘惑に抗えない自分を恥じる気持ちから、次第にエスカレートしてゆく…。











































本編 1時間56分
デジタル
カラー
アメリカン・アニマルズ 字幕
 american animals
●監督・脚本:バート・レイトン●出演:エヴァン・ピーターズ(『ラザロ・エフェクト』)/バリー・コーガン(『聖なる鹿殺し』)/ブレイク・ジェナー(『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』)/ジャレッド・アブラハムソン/ウド・キア(『アイアン・スカイ』)●2018年/アメリカ/イギリス

普通の大学生が起こした普通じゃない強盗事件。

狙うは、ケンタッキー州の大学図書館に眠る時価12億円を超えるヴィンテージ本。その本が手に入れば、オレたちの人生は最高になる――実話であるこの事件の犯人は大学生4人組。何一つ不自由のないはずの中流階級出身の彼らは何故犯罪に手を染めたのか?何が彼らを突き動かしたのか?アメリカ犯罪史上最も大胆不敵なこの強盗事件の結末は?ホンモノの犯人たちが劇中に登場する新時代のリアル・クライム・エンタテインメント。

■「I’m Alive!!」とジョニー・サンダーを歌いながら車で飛ばしていく青年、ウォーレンとスペンサー。廃棄された食べ物を盗むことで最小限のリスクを楽しむ、そんなどうしようもない毎日だ。くだらない日常に風穴を開けたい、特別な人間になりたいと焦がれる2人は、大学図書館に貯蔵される貴重な本を盗み出す計画を思いつく。

手に入れれば1200万ドル、誰よりも自由を求めるウォーレンと、スペシャルなことを経験したいと願うスペンサーは仲間集めを始めることに。目をつけたのは、FBIを目指す秀才エリックと、当時既に実業家として成功を収めていたチャズ。彼らは互いを『レザボア・ドッグス』に習い「ミスター・ピンク」「ミスター・ブラック」などと呼び合うのだった。強盗作戦決行日、特殊メイクをして老人の姿に扮した4人は遂に図書館へと足を踏み入れる――。











































本編 2時間07分
デジタル
カラー
ガラスの城の約束 字幕
 the glass castlea
●監督・脚本:デスティン・ダニエル・クレットン(『 ショート・ターム』)●出演:ブリー・ラーソン(『ルーム』)/ウディ・ハレルソン(『スリー・ビルボード』)/ナオミ・ワッツ(『アバウト・レイ 16歳の決断』)/マックス・グリーンフィールド/セーラ・スヌーク(『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』)●2017年/アメリカ

「自分らしく生きる幸せ」を教えてくれたのは、大嫌いだった父

富はなくても、子どもたちに夜空の星を贈り、詩的な世界の広がりを教えるロマンティックな一面を持ちつつ、突然、暴力的な方法で危機を乗り越える術を体に叩きつけようとする父。いつまでも夢見る少女のような天真爛漫さを漂わせる母。ダメな思い出ほど、今は愛おしい――アカデミー賞受賞女優ブリー・ラーソン×『ショート・ターム』監督が再タッグ。ホームレスの両親に育てられた女性の衝撃の半生を綴った全米ベストセラー小説を映画化した人間ドラマ。

■1989年、ニューヨーク。ジャネット・ウォールズは「ニューヨーク・マガジン」で活躍する人気コラムニスト。富裕層が集まるマンハッタン、パークアベニューの瀟洒なアパートメントにファイナンシャル・アドバイザーである恋人、デヴィッドと暮らしている。ある夜、彼の顧客と高級レストランで会話を交わす中、ジャネットの両親について質問が及ぶ。「母はアーティストで、父は起業家です。質の悪い漂青炭を効率よく燃やす技術を開発しています」。これは使い慣れた彼女の嘘。

レストランからの帰り道、車道に飛び出してきたホームレスの男性を見かける。それは、ストリートで自由気ままに暮らす彼女の父・レックスだったが、ジャネットは知らないふりを装う。何もかもが規定外だった父と母との記憶をたどり出しながら…。

ジャネットの父親はいつか家族のために「ガラスの城」を建てるという夢を持つエンジニア、母親は売れない画家で、彼らは定職につかず理想や夢ばかりを追い求め、自由気ままに暮らしていた。物理学や天文学などを教えてくれる父・レックスは、ジャネットたち兄弟にとってカリスマ的な存在で、幼いながらも聡明なジャネットのことを彼は「チビヤギ」と呼び、愛情を注いでいた。しかし、仕事が上手くいかないレックスは次第に酒の量が増え、家で暴れるようになっていく。やがて、高校生になったジャネットは大学進学をきっかけに、ニューヨークへと旅立ち、両親との関係を断とうとするが――。











































本編 1時間47分
デジタル
カラー
12か月の未来図 字幕
 les grands esprits
●監督・脚本:オリヴィエ・アヤシュ・ヴィダル●出演:ドゥニ・ポダリデス(『サガン -悲しみよ こんにちは-』)/アブドゥライエ・ディアロ/ポーリーヌ・ハルゲン/タボノ・タンディア/アレクシス・モンコルジェ●2017年/フランス

そのとき、人生に光が差し込んだ。僕たちの一期一会。

パリ郊外。移民、貧困、学力低下。問題を抱える生徒たちと、エリート校から赴任した手のベテラン教師。ぶつかって、裏切って、だけど信じ続けて――フランスが直面する社会問題を背景に“学ぶこと”の大切さを描く、ある教室の一年間の物語。

■フランスが誇る名門アンリ4世高校で国語を教えるベテラン教師のフランソワ・フーコー。父は国民的作家で、妹は彫金作家として活躍する知的なブルジョア一家に育ち、家庭も職場もブルジョアばかりという特殊環境に疑問を感じることなく生きてきた。

ある夜、フランソワは父の新刊サイン会でゲストに教育改革論を語る。パリとパリ郊外の学校における教育格差を解決するには、問題校へベテラン教師を派遣して新米教師を支援すればよい。偶然、彼のアイデアを耳にした美女がいたことから、フランソワの未来が大きく変わっていく。

アンヌと名乗る美女は国民教育省で教育困難校に取り組む専門家だった。フランソワの提案を気に入った彼女は、早速、彼に教育優先地域にあるバルバラ中学校への1年間の派遣を依頼した。燃えつきた廃車、草むらから現れる謎の人物、真っ昼間から団地の空き地にたむろする若者たち。荒廃した光景に怯えながら、フランソワは郊外の赴任先へと足を踏み入れる。











































本編 1時間35分
デジタル
カラー
おいしい家族
 oishii kazoku
●監督・脚本:ふくだももこ(『21世紀の女の子』)●出演:松本穂香(『アストラル・アブノーマル鈴木さん』)/板尾創路(『ジムノペディに乱れる』)/浜野謙太(『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』)/笠松将(『このまちで暮らせば』)/モトーラ世理奈(『少女邂逅』)●2019年/日本

■実家に帰ると、父が母になっていました。

フツーとかジョーシキとか会社のデスクにおいてきた――第40回すばる文学賞を受賞、ndjc:若手映画作家育成プロジェクトに選出されるなど、映像と文学の両フィールドでの活躍が期待される新鋭ふくだももこ監督が自身の短編映画『父の結婚』を長編映画化。人も気候も穏やかな島を舞台に性別も国籍も越えて、好きなものを好きといえる世界を、おいしく、たのしく、カラフルに描きだした人間ドラマ。

■銀座で働く橙花は、夫と別居中。仕事もうまくいかず都会での生活に疲れ気味。ちょうど母の三回忌を迎え、船にゆられて故郷の離島へ帰ってきた。すると、実家では父が、亡き母の服を着ておいしいごはんを作ってまっていた。唖然とする橙花に追い打ちをかけるように、見知らぬ居候が登場。それはお調子者の中年男・和生と生意気な女子高生・ダリア。

「父さん、みんなで家族になろうと思う」突然の父の報告に動揺する橙花とは裏腹に、一切気にも留めない様子の弟・翠が加わり、みんなで食卓を囲む羽目に…。みんなちがってそれでいい。のびのびと過ごす島の人々と、橙花の暮らしがはじまった――。











































本編 1時間53分
デジタル
カラー
ドント・ウォーリー 字幕 
 don't worry, he won't get far on foot
●監督:ガス・ヴァン・サント(『プロミスト・ランド』)●出演:ホアキン・フェニックス(『ウォーク・ザ・ライン -君につづく道-』)/ジョナ・ヒル(『ウルフ・オブ・ウォールストリート』)/ルーニー・マーラ(『A GHOST STORY -ア・ゴースト・ストーリー-』)/ジャック・ブラック(『ルイスと不思議の時計』)/マーク・ウィーバー●2018年/アメリカ

世界は意外とやさしさであふれている。

オレゴン州ポートランドの風刺漫画家ジョン・キャラハン。辛辣なユーモアを失わず、決して人生を降りない、車いす生活の破天荒な男――これは、2010年、59歳で他界した世界で一番皮肉な風刺漫画家の奇跡の実話。亡きロビン・ウィリアムズが映画化を熱望。一度は酒に溺れた男の不屈の半生を、ガス・ヴァン・サントが描き出す、やさしさと生きる希望に満ちた人間賛歌。

■アルコールに頼る日々を過ごしていたジョン・キャラハンは、自動車事故に遭い一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎日。だが幾つかのきっかけから自分を憐れむことを止めた彼は、過去から自由になる強さを得ていく。そして、持ち前の辛辣なユーモアを発揮して不自由な手で風刺漫画を描き始める。人生を築き始めた彼のそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいた











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
僕たちは希望という名の列車に乗った 字幕 
 das schweigende klassenzimmer
●監督・脚本:ラース・クラウメ(『アイヒマンを追え! -ナチスがもっとも畏れた男-』)●出演:レオナルト・シャイヒャー/トム・グラメンツ/レナ・クレンク/ヨーナス・ダスラー/イザイア・ミカルスキ●2018年/ドイツ

なぜ、越えなければならなかったのか――

1956年、冷戦下の東ドイツ。高校生たちのたった2分間の黙祷が、やがて国家を揺るがす大事件に発展する。友を密告してエリートへの階段を上がるのか?信念を貫いて労働者として生きる道を選ぶのか?クラスメイト19人の驚くべき決断とは――ベルリンの壁建設の5年前に旧東ドイツで起こった衝撃と感動の実話。

■1956年、東ドイツの高校に通うテオとクルトは、列車に乗って訪れた西ベルリンの映画館でハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を目の当たりにする。クラスの中心的な存在であるふたりは、級友たちに呼びかけて授業中に2分間の黙祷を実行した。それは自由を求めるハンガリー市民に共感した彼らの純粋な哀悼だったが、ソ連の影響下に置かれた東ドイツでは“社会主義国家への反逆”と見なされる行為だった。

やがて調査に乗り出した当局から、一週間以内に首謀者を告げるよう宣告された生徒たちは、人生そのものに関わる重大な選択を迫られる。大切な仲間を密告してエリートへの階段を上がるのか、それとも信念を貫いて大学進学を諦め、労働者として生きる道を選ぶのか…。











































本編 1時間45分
デジタル
カラー
家族にサルーテ!イスキア島は大騒動 字幕
 a casa tutti bene
●監督・脚本:ガブリエーレ・ムッチーノ(『幸せのちから』)●出演:ステファノ・アコルシ(『最後のキス』)/カロリーナ・クレシェンティーニ(『カプチーノはお熱いうちに』)/エレナ・クッチ/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ(『修道士は沈黙する』)/クラウディア・ジェリーニ(『愛と銃弾』)●2018年/イタリア

乾杯(サルーテ)のグラスに注がれたのは、ワケあり家族の甘い嘘と苦い真実

世界屈指の美しさを誇るイスキア島に暮らす夫妻の結婚50周年を祝うために、親戚一同が集まったが、悪天候で島に二晩とどまるはめに。浮気、借金、嫉妬…ワケありの大人たち。次第に秘密の暴露合戦が展開されてゆく――家族って、最高の味方で、最大の敵?笑って、泣いて、歌って、愛してVIVA!人生!美しい島から届いた、大人のためのイタリアン・コメディ。

■世界屈指の美しさを誇るイスキア島に暮らすピエトロ&アルバ夫妻の結婚50周年を祝うために、親戚一同19名が集まった。教会で金婚式を挙げ、自宅の屋敷でパーティも開催される。久しぶりに再会したファミリーの楽しい宴もお開きとなる頃、天候不良でフェリーが欠航に!思いがけず、二晩を同じ屋根の下で過ごさなければならなくなった、それぞれの家族たち。今まで抑えていた本音が見え隠れし始め、次々と秘密が暴露されてゆく――。











































本編 1時間55分
デジタル
カラー
ある少年の告白 字幕 
 boy erased
●監督・脚本・製作:ジョエル・エドガートン(『ザ・ギフト』)●出演:ルーカス・ヘッジス(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)/ニコール・キッドマン(『聖なる鹿殺し -キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア-』)/ジョエル・エドガートン(『レッド・スパロー』)/ラッセル・クロウ(『ナイスガイズ!』)/フリー(『パティ・スミス:ドリーム・オブ・ライフ』)●第76回ゴールデングローブ賞 主演男優賞/主題歌賞ノミネート●2018年/アメリカ

僕は、僕でしかいられない――。

愛する息子へ両親が勧めたのは、同性愛を“治す”危険な矯正セラピーだった――原作は、NYタイムズ紙によるベストセラーに選ばれ、全米で大きな反響を呼んだ衝撃の〈実話〉。親と子はなぜ、互いの幸せを願うほどにすれ違ってしまうのか――。本当の自分を見つめた先に、誰にも奪うことはできない真実の愛が浮かび上がる。一筋の希望が胸を震わせる、圧倒的な人間ドラマ。

■牧師の父と母を両親にもつジャレッドは、大学生となった。きらめくような青春を送るなか、思いがけない出来事をきっかけに、自分は男性が好きであることに気づく。意を決して両親にその事実を告げるが、息子の言葉を受け止めきれない父と母は困惑し、動揺する。父から連絡を受けた牧師仲間が助言をするため、続々と家へやってくる。父は問う。「今のお前を認めることはできない。心の底から変わりたいと思うか?」悲しげな表情の母を見て、ジャレッドは決心する。「――はい」

母が運転する車に乗り込み、ジャレッドは施設へと向かう。「治療内容はすべて内密にすること」細かな禁止事項が読み上げられ、部屋へと案内される。白シャツの同じ服装の若者たちが弧を描くように椅子に腰を下ろしている。「救済プログラムにようこそ!」12日間のプログラムが始まった――。











































本編 2時間13分
デジタル
カラー
誰もがそれを知っている 字幕 
 todos lo saben
●監督・脚本:アスガー・ファルハディ(『セールスマン』)●出演:ハビエル・バルデム(『ノーカントリー』)/ペネロペ・クルス(『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』)/リカルド・ダリン(『しあわせな人生の選択』)●2018年/スペイン/フランス/イタリア

隠していたはずの秘密と家族の嘘がほころび始める――

至福の喜びに満ちあふれた結婚パーティーの真っ最中に発生した少女誘拐事件が、当事者である家族に隠されていた秘密を呼び覚まし、幾重にも疑惑や嘘が錯綜していく――『別離』『セールスマン』でアカデミー外国語映画賞を2度受賞しているイランの名匠、アスガー・ファルハディ監督最新作は、その結末に誰もが息をのむ、極上のヒューマン・サスペンス。

■アルゼンチンに暮らすラウラが、妹の結婚式のため故郷スペインに帰省しワイン業を営む幼なじみのパコや家族との再会を果たす。しかしその喜びもつかの間、結婚式の後に催されたパーティーのさなか、ラウラの娘イレーネが失踪。まもなく何者かから巨額の身代金を要求するメッセージが届き、ラウラは絶望のどん底に突き落とされる。パコは時間稼ぎに奔走し、ラウラの夫もアルゼンチンから駆けつけるが、疑心暗鬼に陥った家族の内に長年隠されていた秘密が露わになっていく…。











































本編 3時間25分
デジタル
カラー
ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス 字幕
 ex libris: the new york public library
●監督:フレデリック・ワイズマン(『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』)●2016年/アメリカ

世界で最も有名な図書館のひとつ、その舞台裏へ

世界中の図書館員の憧れの的、ニューヨーク有数の観光スポット、世界最大級の知の殿堂。その舞台裏から、この図書館が世界で最も有名である<理由>が見えてくる――巨匠F・ワイズマンによるニューヨーク公共図書館のドキュメンタリー。

■世界中の図書館員の憧れの的であり、ニューヨーク有数の観光スポット。本作の主役は、荘厳な19世紀初頭のボザール様式の建築で知られる本館と92の分館からなる世界最大級の〈知の殿堂〉ニューヨーク公共図書館だ。この図書館は、作家サマセット・モーム、ノーマン・メイラー、トム・ウルフ、画家アンディ・ウォーホルなど文学、芸術などの分野でも多くの人材を育ててきた。またここは世界有数のコレクションを誇りながら“敷居の低さも”世界一と言えるほど、ニューヨーク市民の生活に密着した存在でもある。その活動は、「これが、図書館の仕事!?」と、私たちの固定観念を打ち壊し、驚かす――。











































本編 1時間40分
デジタル
カラー
パラダイス・ネクスト
 paradise next
●監督・脚本・音楽:半野喜弘(『雨にゆれる女』)●出演:妻夫木聡(『愚行録』)/豊川悦司(『後妻業の女』)/ニッキー・シエ/カイザー・チュアン(『目撃者 闇の中の瞳』)/マイケル・ホァン●2019年/日本/台湾

楽園の果てには、何がある?

異国の地、孤独な男たちの運命が交わる――ホウ・シャオシェンやジャ・ジャンクーなどの世界的名匠の映画音楽を手掛ける半野喜弘が再び監督に挑んだノワール・サスペンス。台湾を舞台に、ある過去を背負い、追われる身となった男二人の逃避行が描かれる。

■世間から身を隠すように台北でひっそりと暮らすヤクザの島の前に、お調子者でなれなれしい牧野が現れる。牧野は初対面のはずの島の名前を知っており、島が台湾に来るきっかけになった事件の真相についてほのめかす。得体の知れない牧野をいぶかしく思う島だったが、牧野が何者かに命を狙われていると知り、一緒に台湾東海岸の町・花蓮へと向かう。そこで出会った女性シャオエンの存在により、牧野と島の閉ざされた過去が明らかになっていく。











































本編 1時間38分
デジタル
カラー
アナと世界の終わり 字幕 
 anna and the apocarypse
●監督:ジョン・マクフェール●出演:エラ・ハント/マルコム・カミング/マーク・ベントン(『キャリア・ガールズ』)/ポール・ケイ(『フランキー・ワイルドの素晴らしき世界』)/サラ・スワイヤー●2017年/イギリス

腐った人生をブッ壊せ!

イギリスの田舎町の女子高生アナは、パッとしない生活から抜け出すため世界を旅しようと計画していた。しかしそれを知った父と大ゲンカ。翌朝、アナは幼馴染と通学中にゾンビに襲われる“――世界中のファンタスティック映画祭で絶賛。負け組”高校生が歌って踊って暴れまくる、青春ゾンビミュージカル♪

■イギリスの田舎町リトル・ヘブン。高校生のアナは、幼い頃に母を亡くし父トニーと二人暮らし。学校では、ダサい幼馴染のジョン、暑苦しいほどラブラブなカップルのクリス&リサ、嫌がらせが止まらないオラオラ系の元カレ・ニック、SNSでソウルメイトを探し続けるステフなど、くだらない連中ばかり。このパッとしない生活から抜け出したいアナは、大学に進学せずに世界を旅することを計画していた。そのチケット代を稼ぐため、トニーに内緒でジョンと一緒にバイトに励んでいたあるクリスマスの日、旅行の計画がバレてしまい、アナとトニーは大ゲンカをする。夢も希望もないこの町にウンザリしていたアナは、バイトの帰り道にジョンに励まされ、少しだけ元気を取り戻すのだった。

翌朝、気持ちを切り替えたアナはジョンと一緒にいつも通り学校へ向かう。その途中、スノーマンの着ぐるみを着た血だらけの男が突如現れ、ジョンに襲いかかる。その瞬間、アナは公園にあったシーソーを使って男の頭を吹き飛ばす!なんと、男の正体はゾンビだったのだ!幸運にも危機を回避できたが、ゾンビを信じようとしないアナに、ジョンはすぐにこの町から脱出しようと説得する。 しかしアナは、昨夜のケンカの事をトニーに謝りたかったのだ。父を探すことを決意したアナと、アナの願いを応援し続けるジョン。二人は、クリスマス学芸会のため学校に取り残された父とクラスメイトを救出するべく、この町のゾンビたちと戦う覚悟を決めるのだった。 果たして、アナはみんなを助け出し、この町を脱出することはできるのか――!?そして、腐ったように生きてきたこの人生にケリをつけることができるのか――!?











































本編  時間 分
デジタル
カラー
光り合う生命(いのち)-心に寄り添う。2-
 hikariau inochi
●監督:奥津貴之●出演:希島凛(『心に寄り添う。』)/渡辺優凛●2019年/日本

■限りある人生を、あなたはどう生きますか?世代を超えた心のふれあいから、「生きるって何?」を描きだす。

「ハリウッドヴァージ映画賞 国際ドキュメンタリー部門 最優秀賞」「インディフェスト映画賞 功労賞」を受賞した、「心に寄り添う。」の第二弾。

2019年1月。幸福の科学のハッピー・サイエンス・ユニバーシティで、「特別授業」が企画された。テーマは「生きるとは?」。招かれたのは、個性豊かなシニア世代のゲストたち。最近まで現役で働き続けた95歳の女性。難病を患いながらも海外支援に情熱を燃やす女性…..。ゲストたちは、価値観も感覚も違う「今の若者」を知るため、様々な場所を訪れ話を聞いていく。その様子を2人の若手女優が取材。世代を超えた心の葛藤と交流、お互いが心に寄り添っていく姿に迫る感動のドキュメンタリー。











































本編 1時間46分
デジタル
カラー
サマーフィーリング 字幕
 ce sentiment de l'ete
●監督:ミカエル・アース(『アマンダと僕』)●出演:アンデルシュ・ダニエルセン・リー(『パーソナル・ショッパー』)/ジュディット・シュムラ(『女の一生』)/マリー・リヴィエール(『緑の光線』)/フェオドール・アトキーヌ(『美しき結婚』)/マック・デマルコ●2015年/フランス/ドイツ

ベルリン、パリ、ニューヨーク。君だけがいない三度目の夏がくる…

目覚めるとき、眠るとき、笑うとき、海を眺めるとき、キミを想い出す。哀しみの扉を開けて、ゆっくり生まれ変わる。喪失を抱えながら過ごす三度の夏――愛する人の死から始まる、静かに、心打つ、愛と再生の物語。東京国際映画祭東京グランプリと最優秀脚本賞をW受賞したフランスの新鋭、ミカエル・アース監督が『アマンダと僕』の前に発表した長編第2作。

■夏真っ盛りのある日。30歳のサシャは突然この世を去る。彼女の死は、ある二人の見知らぬ者同士を出逢わせる。サシャの恋人ローレンスとサシャの妹ゾエ。突然の別れとなったベルリン。深い悲しみが残るパリ。少しずつ自分の生活を取り戻すニューヨーク。三度の夏、三つの都市。愛した人の思い出と幾つもの美しい景色の中で、遺された者たちは少しずつ人生の光を取り戻していく――。

悲しい出来事があっても、新しい朝は訪れ、残された者たちの日々は、愛も哀しみも受け入れただ静かに小波のように進んでいく。拭えない喪失感を抱えながら過ごす、三度の夏を静かに切り取り、観る者に優しい余韻を残す。











































本編 2時間02分
デジタル
カラー
主戦場 字幕
 shusenjo
●監督・脚本・撮影・製作・編集:ミキ・デザキ●出演:トニー・マラーノ/藤木俊一/山本優美子/杉田水脈/藤岡信勝●2018年/アメリカ

ようこそ、“「慰安婦問題」論争の渦中”(バトルグラウンド)へ

日系アメリカ人YouTuberのミキ・デザキ。ネトウヨからの度重なる脅迫にも臆せず、彼らの主張にむしろ好奇心を掻き立てられた彼が、慰安婦問題をめぐる論争を様々な角度から検証・分析したドキュメンタリー。

■慰安婦たちは「性奴隷」だったのか?「強制連行」は本当にあったのか? なぜ元慰安婦たちの証言はブレるのか? そして、日本政府の謝罪と法的責任とは…?次々と浮上する疑問を胸にデザキは、櫻井よしこ(ジャーナリスト)、ケント・ギルバート(弁護士/タレント)、渡辺美奈(「女たちの戦争と平和資料館」事務局長)、吉見義明(歴史学者)など、日・米・韓のこの論争の中心人物たちを訪ね回った。

さらに、おびただしい量のニュース映像と記事の検証と分析を織り込み、イデオロギー的にも対立する主張の数々を小気味よく反証させ合いながら、精緻かつスタイリッシュに一本のドキュメンタリーに凝縮していく。映画はこれまで信じられてきたいくつかの「物語」にメスを入れ、いまだ燻り続ける論争の裏に隠された“あるカラクリ”を明らかにしていくのだが――。











































本編 1時間37分
デジタル
カラー
ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた 字幕
 hearts beat loud
●監督・脚本:ブレット・ヘイリー●出演:ニック・オファーマン(『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』)/カーシー・クレモンズ(『』)/(『フラットライナーズ』)/トニ・コレット(『ヘレディタリー/継承』)/テッド・ダンソン(『 ゲッティング・イーブン』)●2018年/アメリカ

大切なものを手放して前へ進もう

ニューヨーク、ブルックリンの海辺の小さな街、レッドフック。レコードショップを営む元バンドマンの父と、将来の夢のためにLAの医大を目指す娘。ふたりで作った曲を音楽ストリーミングサービスにアップしたことから、父の夢は膨らむが…やがて二人に訪れる、新たな一歩のための人生の決断――父と娘の夏物語を描いたハートフルなヒューマンドラマ。

■フランク・フィッシャーはブルックリンのレッドフックでレコードショップを17年に渡り営んでいた。かつてはミュージシャンだったフランクの人生は、妻の事故死により自分と娘だけ残されたことで一変する。フランクはシングルファーザーとして娘サムを育て、成長したサムはLAの医大へ通う事が決まっていた。娘の進学後の生計を立てるにはレコードショップは赤字続きだし、フランクはお店の貸主で友人のレスリーに夏の終わりにお店を閉めることを告げる。古くからの友人が経営するバーに行ったり、年老いて痴呆症の母親マリアンヌの面倒を見たり、彼の人生の未来には心が踊るものがあるわけでもなかった。

ある夜、勉強中のサムの邪魔をして一緒にセッションするよう無理やり誘う。サムは書きかけていた歌詞を引っ張り出し、二人は夜通し曲をレコーディングする。翌日サムはフランクに「私たちはバンドじゃないわよ」(“We’re not a band!”)と告げ、昨晩の共同作業により喜び興奮しているフランクを鎮めようとするが、フランクは娘の才能に感心し、一緒に作った曲を衝動的にSpotifyにアップロードしていたのだった。“We’re Not a Band.”というバンド名で。

フランクもサムも驚いたことに、その曲はSpotifyで人気の曲を集めた”New Indie Mix”にリストインされ、たくさんの人の耳に届くことになる。フランクにとっては急に未来の扉が開かれた気分になり、サムとライブやレコーディングをする将来を描き始めてしまう。サムを説得できればの話だが。 しかし、サムには彼女の人生があった。出会ったばかりの恋人ローズとの関係や、進学予定の医学部など、向き合わなければならない人生の課題は山積みだ。音楽で人生の冒険を始めるなんて不可能なことに思えた。夏は終わりに近づき、大学ももうすぐ始まる中、フランクもサムも人生の決断を迫られる…。











































本編 2時間10分
デジタル
カラー
ある町の高い煙突
 aru machi no takai entotsu
●監督:松村克弥(『天心』)●出演:井手麻渡(『抱きしめたい』)/渡辺大(『ウスケボーイズ』)/小島梨里杏(『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』)/吉川晃司(『秘密 THE TOP SECRET』)/仲代達矢(『海辺のリア』)●2019年/日本

命をかけて煙害と戦う若者たちの魂が奇跡を生んだ!

100年前、明治の終わりに、命をかけて環境破壊と闘い、愛と誇りを守った人たちがいた──『八甲田山』『劒岳 点の記』の原作で知られる昭和の文豪・新田次郎が描いた〈日立鉱山〉の奇跡〈日立の大煙突と桜並木〉に秘められた感動実話小説を映画化した社会派ドラマ。

■1910年、どこまでも青い空と、四季折々で色を変える美しい山々に囲まれた茨城の地に、日立鉱山が開業して5年が経った。その頃には、鉱山にはつきものの亜硫酸ガスによる煙害が発生し、山林は枯れ、農作物も甚大な被害を受けていた。生活の糧を奪われた人々の惨状を前に、村の名家に生まれ育った関根三郎が、第一高等学校合格の輝かしい未来を捨て、日立鉱山と対決するために立ち上がる。

日立鉱山の窓口を担当する加屋淳平は誠実な人物で、社長の木原吉之助も地元住民の幸福を理想とする人格者だったため、金銭や作物による手厚い補償が実行されるが、煙害の根本的な解決は果たされない。交渉を重ねるうちに、相反する立場を越えて友情で結ばれた関根と加屋は、思わぬ打開策を見つけるのだが──。











































本編 1時間29分
デジタル
カラー
隣の影 字幕
 undir trenu
●監督・脚本:ハーフシュテイン・グンナル・シーグルズソン●出演:ステインソウル・フロアル・ステインソウルソン/エッダ・ビヨルグヴィンズドッテル/シグルヅール・シーグルヨンソン(『ひつじ村の兄弟』)/ラウラ・ヨハナ・ヨンズドッテル■第90回アカデミー賞 外国語映画賞 アイスランド代表●2017年/アイスランド/デンマーク/ポーランド/ドイツ

笑顔で挨拶、心に殺意、消えた猫に、吠えない犬――

その狂気は一本の木の“影”から始まった――新興住宅地でたまたま隣り合わせになった2組の夫婦が、とめどもなく人間不信を増幅させ、ついには常識外れの“暴走”へと突き進んでいく姿を、アイスランドの俊英が繊細かつ巧妙に紡いだ、衝撃のブラック・サスペンス。

■すべての始まりは、閑静な住宅地で暮らす老夫婦インガとバルドウィンが、隣家の中年夫婦エイビョルグとコンラウズからクレームをつけられたことだった。インガらの庭にそびえ立つ大きな木が、いつもエイビョルグが日光浴をするポーチに影を落としているのだ。それをきっかけにいがみ合うようになった2組の夫婦は、何の証拠もないのに身近で相次ぐ不審な出来事をすべて相手の嫌がらせと思い込むようになる。

その頃、元恋人とのセックス動画が原因で妻アグネスから三行半を突きつけられ、インガらのもとに転がり込んできた息子アトリも、庭のテントで寝泊まりして隣人の監視を手伝うはめに。やがてインガが家族同然に可愛がっていた飼い猫が失踪し、1本の木を挟んで激しく対立していた両家の人々は、決して越えてはならない危険な一線を踏み越えていくのだった…。











































本編 1時間46分
デジタル
カラー
サマー・オブ・84 字幕 
 summer of 84
●監督:フランソワ・シマール(『ターボキッド』)/アヌーク・ウィッセル(『ターボキッド』)/ヨアン・カール・ウィッセル(『ターボキッド』)●出演:グラハム・バーチャー/ジュダ・ルイス(『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』)/カレブ・エメリー/コリー・グルーター=アンドリュー/ティエラ・スコビー●2017年/カナダ

連続殺人鬼も誰かの隣人だ――

1984年、15歳の少年たちは、隣に住む警察官が連続殺人鬼ではと疑い監視を始めるが――無邪気な思春期まっただ中の少年4人が招き寄せるトラウマ級の衝撃に満ちたエンディング!1980年代のジュブナイル&スラッシャー映画にオマージュを捧げた青春ホラー。

■1984年、オレゴン州イプスウィッチ。緑豊かな郊外の住宅街で暮らすデイビーは、エイリアン、幽霊、猟奇犯罪などの記事の収集に余念がない少年だ。そんな彼の15歳の夏に、近隣の町で同年代の子供たちばかりが狙われる連続殺人事件が発生。その犯人が向かいの家に住む警官マッキーではないかとにらんだデイビーは、親友のイーツ、ウッディ、ファラディとともに独自の捜査を開始する。はたしてデイビーの推理は正しいのか、それとも行きすぎた空想なのか。やがてデイビーの行く手に待ち受けていたのは、彼の想像をはるかに超えた恐ろしい現実だった…。











































本編 2時間17分
デジタル
カラー
工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男 字幕
 gongjak
●監督:ユン・ジョンビン(『悪いやつら』)●出演:ファン・ジョンミン(『アシュラ』)/イ・ソンミン(『さまよう刃』)/チョ・ジヌン(『悪いやつら』)/チュ・ジフン(『私は王である!』)●2018年/韓国

誰も知らなかった南と北の裏の裏の裏

北に潜入した工作員の見た祖国の闇には、驚愕の真実が隠されていた――北朝鮮への潜入に成功したものの、政府間の取引により祖国に裏切られそうになった韓国諜報員の奔走を、スリリングに描き出すサスペンスドラマ。

■1992年、北朝鮮の核開発により朝鮮半島に緊張が走るなか、軍人だったパク・ソギョンは核開発の実態を探るため、「黒金星(ブラック・ヴィーナス)」というコードネームの工作員として、北朝鮮に潜入する。事業家に扮したパクは、3年間の慎重な工作活動によって北朝鮮の対外交渉を一手に握るリ・ミュンウン所長の信頼を得ることに成功し、最高権力者である金正日と会うチャンスもつかむ。しかし1997年、韓国の大統領選挙をめぐる祖国と北朝鮮の裏取引によって、自分が命を懸けた工作活動が無になることを知ったパクは、激しく苦悩する。











































本編 1時間46分
デジタル
カラー
ブレス あの波の向こうへ 字幕 
 breath
●監督:サイモン・ベイカー●出演:サイモン・ベイカー(『ランド・オブ・ザ・デッド』)/エリザベス・デビッキ(『コードネーム U.N.C.L.E.』)/サムソン・コールター/ベン・スペンス/リチャード・ロクスバーグ(『サンクタム』)●2017年/オーストラリア

あの波を越えて、僕らは大人になる。

スリルを求めて出会ったサーフィンが、少年たちを成長させていく。美しき少年たちの儚くも輝かしい夏の記憶――オーストラリアで最も栄誉あるマイルズ・フランクリン文学賞を受賞したティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス」を、『プラダを着た悪魔』(06)や、TVドラマ「メンタリスト」(08-15)で第61回エミー賞主演男優賞にノミネートされた人気俳優サイモン・ベイカーが主演&初監督を務め映画化したサーフ・ドラマ。

■70年代、オーストラリア西南部の小さな街。正反対な性格の少年パイクレットと友人ルーニーは、刺激を求めて冒険に明け暮れる日々を送っていた。ある日彼らは、ミステリアスな雰囲気を漂わせるサンドーと出会い、サーフィンを教えてもらう。サンドーはかつて名を馳せた伝説のサーファーで、連日のように少年たちを海にいざなう。そのスリルや魅力にのめり込んでいき、少年たちはいつしかサンドーを人生の師と仰ぐようになる。

彼らは次々に大きな波に挑戦していくが、友人だったパイクレットとルーニーは、成長するとともに強いライバル心を燃やすようになっていく。そんな折、パイクレットはある出来事によって、サンド―と対峙し自分の生き方を見つめるようになる…。











































本編 1時間43分
デジタル
カラー
グッド・ヴァイブレーションズ 字幕
 good vibrations
●監督:リサ・バロス・ディーサ/グレン・レイバーン●出演:リチャード・ドーマー(『イレブン・ミニッツ』)/ジョディ・ウィッテカー(『アタック・ザ・ブロック』)/マイケル・コーガン/カール・ジョンソン(『ヴィトゲンシュタイン』)/リーアム・カニンガム(『HUNGER/ハンガー』)●2012年/イギリス/アイルランド

自由をつかむんだ!この魂は、決して“金”には渡さない。

その音楽は、1970年代の北アイルランド(ベルファスト)で、若者達と1人のレコード店主に生きる理由を与えた――「THE UNDERTONES」などのパンクバンドを世に送り出した北アイルランドのレコード店&音楽レーベル“グッド・ヴァイブレーションズ”の創設者テリー・フーリーの実話をもとにした音楽ドラマ。

■1970年代、紛争の真っ只中にある北アイルランドではツアーにやって来るミュージシャンが激減し、音楽産業は衰退の途をたどっていた。そんな中、客の来ないナイトクラブでDJを続けるテリーは、運命の女性ルースと出会って結婚を決意し、生計を立てるためベルファストにレコード店「GOOD VIBRATIONS」を開店する。

ある日、パンクロックに夢中な若者たちが夜な夜なライブハウスで演奏していることを知って見に行ったテリーは、理不尽な国家権力にパンクロックで団結・抵抗する若者たちの姿に感動と興奮を覚える。そこで出会ったバンド「RUDI」の演奏にほれ込み、自らレーベルを立ち上げて彼らのレコードをリリースすると、「GOOD VIBRATIONS」の名は瞬く間に北アイルランドのパンクスの間に広まり、テリーの元には様々なバンドが集うようになるが…。











































本編 0時間57分
デジタル
カラー
暁闇 [ぎょうあん]
 gyoan
●監督・脚本:阿部はりか●出演:中尾有伽/青木柚(『アイスと雨音』)/越後はる香(『明日にかける橋 1989年の想い出』)/若杉凩(『デッドエンドの思い出』)/加藤才紀子(『飢えたライオン』)●2019年/日本

失くしたものをこんなに愛せると思わなかった。でも何を、何を失くしたんだっけ――。

孤独で、心に大きな暗闇を抱えた少年少女たち3人がインターネットに公開された音楽で出会う――新鋭・阿部はりか監督が、ネット上でカルト的な人気を得ているバンド、LOWPOPLTD.の楽曲から着想を得て、孤独を共有しあう少年少女の姿を描いた青春ドラマ。映像と音楽がコラボレーションした作品を送り出す若手作家の登竜門「MOOSIC LAB 2018」長編部門で準グランプリと男優賞を受賞。

■何事に対しても無気力な中学3年生のコウは、同じ中学の教師である父親が生徒たちからいじめられていても無関心な態度でながめ、恋人のトモコとの間にもどことなく距離がある。別の中学に通うユウカは、学校が終わると街で会った見ず知らずの男たちとの刹那的な時間を送っている。ユウカの同級生サキは、両親の狭間でやりきれない悲しみを抱えている。そんな3人の中学生がインターネットで公開されたある音楽に導かれるように出会うこととなるが…。











































本編 1時間38分
デジタル
カラー
RBG 最強の85才 字幕
 rbg
●監督:ジュリー・コーエン/ベッツィ・ウエスト●出演:ルース・ベイダー・ギンズバーグ/ビル・クリントン(『みんなのための資本論』)/バラク・オバマ(『みんなのための資本論』)●第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞/主題歌賞(ジェニファー・ハドソン『I'll Fight』)ノミネート●2018年/アメリカ

妻として、母として、そして働く女性として――

ルース・ベイダー・ギンズバーグ、通称RBG。若き弁護士時代からアメリカの法を変えてきた彼女は、最高齢の女性最高裁判事として国民的アイコンとなった。関連本の出版に始まり、Tシャツやマグカップなどのグッズも誕生した“RBGフィーバー”とそのオンリーワンな歩み、そして彼女を最高裁判事に押し上げた最愛の夫との胸を打つエピソードの数々を描いたドキュメンタリー。

■1933年ニューヨーク、ブルックリンで生まれたルース・ベイダー・ギンズバーグ。弁護士時代から一貫して女性やマイノリティの権利発展に努めてきた彼女は、1993年にビル・クリントン大統領に女性として史上2人目となる最高裁判事に指名される。以降も男子大学の女性排除、男女の賃金差別、投票法の撤廃などに、弁護士時代と変わらぬ視点から、法の下の平等の実現に向けて果敢に切り込んでゆく。若者を中心に絶大な支持を得る「RBG」はいかにして誕生したのか?彼女を良く知る家族、友人、同僚が母として、友人として、働く女性としてのルースの知られざる素顔を語り、彼女を支え続けた夫、マーティンとの愛溢れるエピソードも描かれる。











































本編 1時間32分
デジタル
カラー
カーライル ニューヨークが恋したホテル 字幕
 always at the carlyle
●監督・脚本:マシュー・ミーレー(『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』)●出演:ジョージ・クルーニー(『ゼロ・グラビティ』)/ウェス・アンダーソン(『ヒッチコック/トリュフォー』)/ソフィア・コッポラ(『ゴッドファーザーPART III』)/アンジェリカ・ヒューストン(『グリフターズ 詐欺師たち』)/トミー・リー・ジョーンズ(『告発のとき』)●2018年/アメリカ

世界一の「おもてなし」をご覧あれ

英国王室から映画スター、監督、ミュージシャンなど、世界中のセレブを魅了し続けるニューヨークの五ッ星ホテルの秘密が今、明らかに――「カーライルは宿泊者の秘密は必ず守る」そのため、これまで決して明かされることの無かった歴史的な秘話の数々が、4年間ホテルに通い詰めたと語る監督渾身の撮影の中で明らかになっていく。数多くの伝説が語り継がれているニューヨークのホテル“ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル“の魅力に迫るドキュメンタリー。

■1930年創業、英国王室や歴米大統領や世界中のセレブたちが愛し、名だたるスター達が幾多の逸話を残していることから、ニューヨーク・タイムズが「秘密の宮殿」と呼んだ伝説の5つ星クラシックホテル“ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル”。

ジョージ・クルーニーやソフィア・コッポラ、ウェス・アンダーソンをはじめとする総勢38名のスターたちが、カーライルに眠る歴史的な秘話やその魅力を語ります。そしてセレブたちにこよなく愛されるホテルスタッフたちから紐解く、今こそ知りたい究極のおもてなしが明らかになっていく。











































本編 1時間28分
デジタル
カラー
Tribe Called Discord :Documentary of GEZAN
 tribe called discord
●監督:神谷亮佑●出演:マヒトゥ・ザ・ピーポー(『退屈な日々にさようならを』音楽)/イーグル・タカ/カルロス尾崎/石原ロスカル/神谷亮佑●2019年/日本

出会ってしまった意味を知りたい

アメリカツアーで直面した圧倒的な現実。僕らは葛藤という名の部族――009年の結成以来、精力的な活動を続け、野外フェス<全感覚祭>やレーベル<十三月>を主催し、現在の日本のアンダーグラウンドシーンを牽引する若手オルタナティブロックバンドの代表格、“GEZAN”初のドキュメンタリー映画にして、感情の疾走を記録したロードムービー。

■自分たちなりのクラウドファンディング<BODY VUILDING project>で資金を集め、アメリカツアーとスティーブ・アルビニによるアルバムのレコーディングを敢行したGEZAN。彼らの盟友である映像作家“でるお”こと神谷亮佑はそこに帯同する。アメリカの地ではどこへ行っても彼らは歓迎を受け、表向きにはパンク・アンダーグラウンドシーンの世界的な連帯を感じさせた。しかし、そこには先祖の時代から大きく横たわっている根深い人種差別、拭い去れない憎しみが存在する事を彼らは知ることになる。

遠い彼の地で受けた感覚と感情の変化を背負い帰国した彼らだが、その情動は消えるはずも無く、彼らに覆い被さるのだった…。そんな中、アメリカでの映像の編集に向き会っていた“でるお”は極限の状態にまで追い詰められ失踪する。そして、彼らが主催するイベント<全感覚祭>の開催はもう目前に迫っていた…。











































本編 1時間42分
デジタル
カラー
無限ファンデーション
 mugen foundation
●監督:大崎章(『お盆の弟』)●出演:南沙良(『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』)/西山小雨/原菜乃華(『はらはらなのか。』)/小野花梨(『ガールズ・ステップ』)/近藤笑菜(『霊的ボリシェヴィキ』)●2018年/日本

世界で一番熱くて尊い、音楽×少女たちの即興劇。

服飾関係の道に進むことを夢見る女子高生の身に起きたちょっと不思議な日々――『お盆の弟』がヨコハマ映画祭で4冠に輝いた大崎章監督が、人気シンガーソングライター西山小雨の楽曲『未来へ』を原案に、未来へと向かう10代の少女たちの姿を即興芝居で紡いでいく青春映画。若手映画監督の登竜門「MOOSIC LAB」の2018年度長編部門で女優賞、ベストミュージシャン賞を受賞。

■高崎で暮らす、人付き合いが苦手な女子高生の未来。密かに服飾の道に進みたいと思っている彼女だが友だちがおらず、誰にも相談できないでいた。そんなある日、リサイクル施設から聞こえてくる澄んだ歌声に導かれ、不思議な少女・小雨と出会う。さらに未来のスケッチを偶然目にした演劇部のナノカに部の衣装スタッフに誘われる。未来は戸惑いながらも少しずつ小雨やナノカたちに心を開いていった。そんな彼女たちのひと夏は思いがけない方向へと走り出していく――。











































本編 1時間25分
デジタル
カラー
ブルーノート・レコード ジャズを超えて 字幕
 blue note records: beyond the notes
●監督:ソフィー・フーバー●出演:ハービー・ハンコック(『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』)/ウェイン・ショーター(『私が殺したリー・モーガン』)/ルー・ドナルドソン/ノラ・ジョーンズ(『マイ・ブルーベリー・ナイツ』)/ロバート・グラスパー(『MILES AHEAD -マイルス・デイヴィス 空白の5年間-』音楽)●2018年/スイス/アメリカ/イギリス

ジャズの過去・現在・未来がここにある。

第二次世界大戦前夜、ナチス統治下のドイツからアメリカに移住した二人の青年、アルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフ。大のジャズ・ファンであった彼らは、1939年にニューヨークで小さなレコード会社「ブルーノート・レコード」を立ち上げた――マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで、80年にわたりジャズをリードしつづける革新的レーベル「ブルーノート・レコード」。その真実に迫る傑作ドキュメンタリー。

■レコーディングにあたって、アーティストに完全な自由を渡し、かつ新曲を書くよう励ます──理想を求め、妥協することのないライオンとウルフの信念は、ジャズのみならず、アート全般やヒップホップ等の音楽に消えることのない足跡を残してきた。

映画はスタジオの風景から始まる。ロバート・グラスパーを中心に若手アーティスト達で結成されたスーパー・グループ、ブルーノート・オールスターズ。現在のブルーノートを代表する彼らのレコーディング・セッションに、2人のレジェンド、ハービー・ハンコックとウェイン・ショーターが現れる──。のちに監督自身が「魔法のような時間だった」と振り返るスペシャル・セッションの映像やレアなアーカイヴ映像、そして歴代のブルーノートのアーティストたちや、レーベルと密接に関わった人々との対話を通じて、80年にわたり世界中の音楽ファンを魅了しつづけるジャズ・レーベルの真実に迫る。











































本編 1時間30分
デジタル
カラー
クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代 字幕
 klimt&schiele
●監督:ミシェル・マリー●出演:ロレンツォ・リケルミー/リリー・コール(『モスダイアリー』)/エリック・カンデル/ルドルフ・ブッフビンダー(『ピアノマニア』)/ジェーン・カリア●2018年/イタリア

圧倒の絢爛、最高の装飾は、不変の美へと――。

クリムト、そしてシーレの永遠なる魂と官能性は、100年の時を経てなお、人々の心を捉え続ける。19世紀末のウィーンで華麗に花開いた黄金時代が、いま映画で甦る――なぜ今も、クリムトとシーレの作品がウィーンから遠く離れた日本でも人々を魅了するのか。名画に隠されたウィーンのカオスを多角的に目撃できる美術史ドキュメンタリー。「クリムト展」特別タイアップ企画。クリムト、シーレ没後100年記念作品。

■「時代には芸術を、芸術には自由を」――19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンでクリムトとエゴン・シーレは人間の不安や恐れ、エロスを描いた新しい絵画の手法を通じて、革新的な芸術作品を次々と生み出していった。金箔を多用し、妖艶で死の香りを漂わせるファム・ファタルを多く手掛けたクリムト。ねじ曲がった体躯と苦悶に満ちた表情で克服できない傷みを描いたシーレ。

本作ではクリムトやシーレの傑作を所蔵するウィーンを代表するアルベルティーナ美術館、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館、美術史美術館、分離派会館、レオポルド美術館、ウィーン博物館、ジークムント・フロイト博物館を巡りながら、ウィーンの黄金時代の始まりと終わりを解説する。コメンテーターはノーベル生理学・医学賞受賞者のエリック・カンデル、大学で美術史を専攻した女優でモデル、そしてケンブリッジ大学で美術史を修めた女優兼モデルのリリー・コール、世界的ピアニストのルドルフ・ブッフビンダー 、美術史家のジェーン・カリアなど各界で活躍する一流の芸術家や歴史家たちだ。











































本編 1時間35分
デジタル
カラー
マルリナの明日 字幕
 marlina the murederer in four acts
●監督・脚本:モーリー・スリヤ●出演:マーシャ・ティモシー/パネンドラ・ララサティ/エギ・フェドリー/ヨガ・プラタマ●2017年/インドネシア/フランス/マレーシア/タイ

闘わなければ道はない――

7人の強盗団から残酷に虐げられた美貌の未亡人マルリナが、自らの正義と明日をかけて、いま、颯爽と馬に跨がり、誰も見たことのない復讐の旅に出る――哀愁が漂うマカロニ・ウェスタンの音楽、獲物を狙うように鈍く光る剣ナタ、灼けつく太陽と果てしない荒野…。インドネシアの若き女性監督が、この上ない映画愛をあふれさせながら、前代未聞の雰囲気を全編にまとわせ、全く新しい〈闘うヒロイン〉を生み出した。インドネシアの荒野から放つ、異色の超痛快“ナシゴレン・ウエスタン”。

■夫と子どもを亡くし、荒野の一軒家で暮らす天涯孤独のマルリナ。突然、彼女のすべてを奪おうとする7人の強盗団に襲われた。暴行を受けながらも、次々と強盗団を倒し、首領マルクスの首を刎ねて窮地から脱出。自らの正当防衛を証明するため、たった一人で、警察署へと向かう。だが、強盗団の残党達はマルクスの復讐を誓って、彼女の跡を追い始めていた…。











































本編 1時間15分
デジタル
カラー
オンネリとアンネリとひみつのさくせん 字幕
 onneli, anneli ja salaperainen muukalainen
●監督・脚本:サーラ・カンテル(『オンネリとアンネリのふゆ』)●出演:アーヴァ・メリカント(『オンネリとアンネリのふゆ』)/リリャ・レフト(『オンネリとアンネリのふゆ』)/エイヤ・アフヴォ(『オンネリとアンネリのふゆ』)/ヤッコ・サアリルアマ(『オンネリとアンネリのふゆ』)/ヨハンナ・アフ・シュルテン(『オンネリとアンネリのふゆ』)●2017年/フィンランド

みんなの幸せはわたしたちが守る

自由のない『子供の家』から逃げてきた少年からそこでの扱いを聞いたオンネリとアンネリは、ある作戦を決行する――北欧から届いた、ちょっぴりおませな女の子たちと、やさしい仲間たちの、勇気の物語。フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミのフィンランド児童文学映画化シリーズ『オンネリとアンネリのおうち』『オンネリとアンネリのふゆ』に続く、第3弾。

■オンネリとアンネリの家の前に、突如、高い柵に囲まれた「子供の家」ができる。そこでは所長のミンナ・ピンナが身寄りのない子供たちを様々な厳しいルールでがんじがらめに縛り付けていた。逃げ出してきた少年から子供の家でのひどい扱いを聞いたオンネリとアンネリは、近所のリキネン夫妻やノッポティーナ&プクティーナ姉妹、プティッチャネン親子と一緒に、子供たちを助けるためある作戦を決行する――。











































本編 1時間11分
デジタル
カラー
7月の物語 字幕
 contes de jullet
●監督・脚本:ギョーム・ブラック(『勇者たちの休息』)●出演:ミレナ・クセルゴ/リュシー・グランスタン/ジャン・ジュデ/テオ・シュドヴィル/ケンザ・ラグナウイ●2017年/フランス

パリと郊外。5人の若い女と5人の若い男。二つの物語。ある夏の一日。

郊外へ遊びに来たミレナとリュシー、帰国が控える留学生ハンネら5人の若い男女が過ごすある夏の日――『女っ気なし』『やさしい人』のギヨーム・ブラックが、フランス国立高等演劇学校の学生たちと作り上げた作品。本作は2本の短篇に分かれているが、2016年7月のパリとその郊外を描いたものとして、ひとつの作品を構成している。

■第一部「日曜日の友だち」L’Amie du dimanche:7月の晴れた日曜日、会社の同僚ミレナとリュシーは、女2人でパリ郊外セルジー=ポントワーズのレジャーセンターへ遊びにいく。そこで偶然、ジャンという青年と出会い、芽生え始めた2人の友情に亀裂が入る。

第二部「ハンネと革命記念日」Hanne et la fête nationale:7月14日、革命記念日で盛り上がるパリ。国際大学都市に住む女子留学生のハンネは、明日の帰国を前に、パリ最後の夜を楽しもうとするが…。











































本編 1時間38分
デジタル
カラー
アンダー・ユア・ベッド 
 under your bed
●監督・脚本:安里麻里(『氷菓』)●出演:高良健吾(『悼む人』)/西川可奈子(『私は絶対許さない』)/安部賢一(『ガチ星』)/三河悠冴(『真夜中きみはキバをむく』)/三宅亮輔●2019年/日本

覗いていたい。このままずっと――

30年存在しなかった男の孤独に蝕まれた愛は狂気となった――「殺人鬼を飼う女」「甘い鞭」や「呪怨」ノベライズなど数々の話題作を世に送り出した大石圭の角川ホラー文庫処女作にして、孤独な人生を送る男のほんの微かな甘い記憶に執着する歪んだ愛を、純粋にそして盲目的に描いた人気小説「アンダー・ユア・ベッド」を映画化したサスペンス。

■三井直人は、今から11年前、大学の講義中に「三井くん」と名前を呼んでくれた佐々木千尋のことをふいに思い出した。講義後に千尋を喫茶店に誘い、彼女が好きだというマンデリンのコーヒーを飲み、飼育しているグッピーを分けてあげる話をしたのだった。三井は人生で唯一幸せだったこの時を思い出し、“もう一度名前を呼ばれたい”一心で、現在の彼女の自宅を探し出し、近くにいられるよう引っ越し、観賞魚店をオープンさせた。

しかし、目の前に現れた千尋にあの日のキラキラとした眩しい面影はなく、今にも消え入りそうな虚ろな表情の変わり果てた姿に。数日後、千尋が店に来店するも、当然三井のことは覚えてはいないが、“グッピーを飼育する”という絶好の機会を得ることができ、その日以降無断で千尋の家の合鍵を作り、留守を見計らい定期的に潜入し、寝室のベッドに盗聴器を仕掛け盗聴、窓越しに望遠レンズで盗撮し毎日近くから監視する毎日が始まった。だが、見えてきたものは、夫・浜崎健太郎から激しいDVを受ける凄惨な姿であった…。











































本編 1時間51分
デジタル
カラー
コレット 字幕 
 colette
●監督・脚本:ウォッシュ・ウエストモアランド(『アリスのままで』)●出演:キーラ・ナイトレイ(『くるみ割り人形と秘密の王国』)/ドミニク・ウェスト(『トゥームレイダー ファースト・ミッション』)/デニース・ゴフ/フィオナ・ショウ(『ツリー・オブ・ライフ』)/エレノア・トムリンソン(『ジャックと天空の巨人』)●2018年/イギリス/アメリカ

■ココ・シャネルに愛され、オードリー・ヘプバーンを見出した、実在の小説家

1893年、コレットは人気作家ウィリーとの結婚を機に、パリへと移り住む。実は自分の作品を他の作家たちに書かせていたウィリーはコレットの才能に気づき、自身の自伝的小説を書かせる――フランス文学界で最も知られている女性作家シドニー=ガブリエル・コレット。片田舎に生まれ育った自由奔放な少女が、いかにしてフランス屈指のベストセラー作家になったのか。カリスマ的な人気を誇る作家ウィリーとの波乱に満ちた結婚生活や運命を変えた出会い、そして“本当の自分”を見つけるまでの半生を描いた人間ドラマ。

■フランスの田舎町サン・ソヴールで生まれ育ったコレット。豊かな自然と心優しい両親に囲まれながら平穏な日々を送る一方で、14歳年上の人気作家ウィリーと出会い、激しい恋に落ちていた。1893年、大人の女性へと成長したコレットは、結婚を機にそれまでとは別世界のパリへと移り住む。

“ベル・エポック”真っ只中の活気にあふれていた1890年代のパリ。コレットは夫のウィリーとともに芸術家たちの集うサロンへと足繫く通うことになる。初めは馴染めなかったコレットも、少しずつ新しい環境へ順応していき、いつの間にか享楽の世界に浸っていた。しかし、派手な暮らしの裏では、ウィリーの浪費癖が原因で借金はかさんでいくばかり。さらに、ウィリーは編集の勉強会と称して、ほかの作家たちに自分の作品を書かせていたのだった。

そんななか、コレットの才能にいち早く気が付いたウィリーは、自身のゴーストライターとして彼女に自伝的な小説を書かせることに。その後、コレットが執筆した「クロディーヌ」シリーズは、社会現象を巻き起こすほどの一大ブームとなるのだった。革新的な商才のあったウィリーは、本の出版だけにとどまらず、舞台化やブランドを立ち上げることで幅広く商品を展開することを思いつく。











































本編 2時間12分
デジタル
カラー
アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場 字幕 
 tuntema ton sotilas
●監督・脚本:アク・ロウヒミエス(『4月の涙』)●出演:イ―ロ・アホ(『4月の涙』)/ヨハンネス・ホロパイネン/アク・ヒルヴィニスミ/ハンネス・スオミ/ユッシ・ヴァタネン(『ラップランド・オデッセイ』)●2017年/フィンランド

北限の大地、3年2ヶ月、壮絶なる戦闘の果てに兵士たちは何を得たのか。

フィンランドは1939年からソ連と戦った“冬戦争”が翌年に終結。その代償としてカレリア地方を含む広大な国土をソ連に占領された。国土回復を掲げ、1941年フィンランドはドイツと手を組み再びソ連との戦争を開始した――フィンランドで知らない人はいないヴァイニョ・リンナの古典小説「無名戦士」を原作に、第2次世界大戦時に祖国防衛のため継続戦争をソ連軍と戦ったフィンランド兵士の壮絶な姿を描く。フィンランド映画史上最高動員を記録した戦争アクション大作。

■1939年から40年にかけてソ連によるフィンランドへの侵略“冬戦争”が戦われ、フィンランドは敗れた。1941年にドイツがソ連へ侵攻したのに呼応して、フィンランドはソ連との戦争を再開。それから1944年にかけて戦われた戦争を“継続戦争”と呼ぶ。この戦争に参加した一機関銃中隊に配属された熟練兵ロッカは家族と農業を営んでいたが、冬戦争でその土地をソ連に奪われ、領土を取り戻し元の畑を耕したいと願っている。婚約者をヘルシンキに残して最前線で戦うカリルオトは、ヘルシンキで式を挙げてすぐに戦場へとんぼ返りする。そのほか、戦場でも純粋な心を失わないヒエタネン、中隊を最後まで指揮するコスケラらが壮絶な戦いに身を投じていく…。











































本編 2時間32分
デジタル
カラー
ハウス・ジャック・ビルト 字幕 
 the house that jack built
●監督・脚本:ラース・フォン・トリアー(『ダンサー・イン・ザ・ダーク』)●出演:マット・ディロン(『クラッシュ』)/ブルーノ・ガンツ(『ヒトラー/最期の12日間』)/ユマ・サーマン(『キル・ビル』)/シオバン・ファロン(『愛さずにはいられない』)/ソフィー・グローベール(『きっと、いい日が待っている』)●2018年/デンマーク/フランス/ドイツ/スウェーデン

ゾッとするほど、魅力的

強迫性障害の殺人鬼、ジャック。12年間の告白――1970年代の米ワシントン州。建築家になる夢を持つハンサムな独身の技師ジャックはあるきっかけからアートを創作するかのように殺人に没頭する――あらゆるタブーに物怖じせず大胆なテーマに切り込み、常に物議を醸してきたラース・フォン・トリアー監督最新作は、カンヌ国際映画祭公式上映では途中退出者続出、賛否両論“破格の問題作”の過激スリラー。

■1970年代、ワシントン州。ジャックは、ハンサムな容姿を持ち、建築家を目指す技師だった。そんな彼が、ある日運転していると道端で助けを求める女性に出会う。ジャックは彼女の壊れた車を修理するために、彼女を知り合いの技師の元へと連れて行くのだが…。











































本編 1時間分
デジタル
カラー

 a