本編 1時間35分
デジタル
カラー
オー・ルーシー! 
 oh lucy!
●監督・脚本:平柳敦子●出演:寺島しのぶ(『裏切りの街』)/南果歩(『葛城事件』)/忽那汐里(『キセキ -あの日のソビト-』)/役所広司(『三度目の殺人』)/ジョシュ・ハートネット(『ブラック・ダリア』)●第70回カンヌ国際映画祭 批評家週間 正式出品●2017年/日本・アメリカ

わたしは恋するルーシー

ハロー・ルーシー!レッツ・ハグ!愛しのジョンを追ってアメリカへ。旅の終わりに節子は誰とハグできるのか?――心の自由を求めてもがく節子の姿をユーモラスに赤裸々に描き、海外映画祭を席巻した話題のラブロマンス。人生の可能性に気づかされる、希望の物語。

■節子43歳独り身。職場では空気のような存在、一人暮らしの部屋は物だらけ。そんな節子の毎日は、怪しげな英会話教室で金髪のウィッグをかぶり“ルーシー”になった瞬間、色鮮やかに一変する。「ヘイ! マイ・ネイム・イズ・ルーシー!」「ワッツ・アップ?」“ルーシー”によって自分の中に眠っていた感情を呼び起こされた節子はハグしてくれたイケメン講師ジョンの愛を求め、東京から一路カリフォルニアへ!旅の果てに節子は誰とハグできるのか――。












































本編 1時間30分
デジタル
カラー
少女邂逅
 shoujo kaikou
●監督:枝優花●出演:保紫萌香/モトーラ世理奈/松浦祐也(『太陽を掴め』)/松澤匠(『オーバーフェンス』)●2017年/日本

君と私 これからもずっと 一番の友達

いじめをきっかけに声が出なくなった孤独な女子高生・小原ミユリと転校生・富田紬の交流を描く青春ドラマ。音楽×映画のコラボレーションMOOSICLABによる、監督・枝優花と音楽・水本夏絵の初長編映画。監督自らの実体験を元に描くいじめと癒やしの物語。

■いじめをきっかけに声が出なくなった小原ミユリ。自己主張もできず、リストカットをする勇気もない。そんなミユリの唯一の友達は、山の中で拾った蚕(かいこ)。ミユリは蚕に「紬(ツ ムギ)」と名付け、こっそり大切に飼っていた。「君は、私が困っていたら助けてくれるよね、ツムギ」。

いつだって願っていた。いつか誰かがやってきて、この窮屈で息が詰まるような現実から救い出してくれる、と。しかしある日、いじめっ子の清水に蚕の存在がバレ、捨てられてしまう。ミユリは生きる希望を失ってしまう。そんなときに少女が転校してくる。彼女の名前は「富田紬(とみたつむぎ)」 ひょっとしたら彼女は…ミユリは淡い期待を抱くのだったが…。












































本編 2時間07分
デジタル
カラー
ラブレス 字幕 
 nelyubov
●監督・脚本:アンドレイ・ズビャギンツェフ(『父、帰る』)●出演:マルヤーナ・スピヴァク/アレクセイ・ロズィン(『 エレナの惑い』)/マトヴェイ・ノヴィコフ/マリーナ・ヴァシリイェーヴァ●本年度アカデミー賞 外国語映画賞ノミネート●2017年カンヌ国際映画祭 審査員賞受賞●2017年/ロシア・フランス・ドイツ・ベルギー

幸せを渇望し、愛を見失う。

失踪した「愛せない息子」。その行方を追う身勝手な両親が見つけるのは、本当の愛か、空虚な幸せか――最後まで緊張感がゆるむことなく進んでいくこの不穏なサスペンス。映画史に残る慟哭のクライマックス。ロシアの鬼才ズビャギンツェフの最高傑作。

■一流企業で働くボリスと美容サロンを経営するジェーニャの夫婦。離婚協議中のふたりにはそれぞれすでに別のパートナーがいて、早く新しい生活に入りたいと苛立ちを募らせていた。

12歳になる息子のアレクセイをどちらが引き取るかについて言い争い、罵り合うふたり。耳をふさぎながら両親の口論を聞いていたアレクセイはある朝、学校に出かけたまま行方不明になってしまう。ふたりはボランティアの人々の手も借りながら、自分たちの未来のために必死で息子を探し始める。息子は無事に見つかるのだろうか、それとも――。












































本編 2時間17分
デジタル
カラー
タクシー運転手 約束は海を越えて 字幕
 a taxi driver
●監督:チャン・フン(『高地戦』)●出演:ソン・ガンホ(『弁護人』)/トーマス・クレッチマン(『戦場のピアニスト』)/ユ・ヘジン(『ベテラン』)/リュ・ジュンヨル(『グローリーデイ』)●第90回アカデミー賞 韓国代表出品●2017年/韓国

1980年5月。韓国現代史上、最大の悲劇となった光州事件。

あの日、真実を追い求めたひとりのドイツ人記者と、彼を乗せたタクシー運転手がいた――実在した2人が肌で感じたありのままを描くことで、多数の死傷者を出した民主化デモ:光州事件を紐解いていくヒューマンドラマ。

■ソウルのタクシー運転手マンソプは「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」という言葉につられ、ドイツ人記者ピーターを乗せて英語も分からぬまま一路、光州を目指す。何としてもタクシー代を受け取りたいマンソプは機転を利かせて検問を切り抜け、時間ぎりぎりで光州に入る。

“危険だからソウルに戻ろう”というマンソプの言葉に耳を貸さず、ピーターは大学生のジェシクとファン運転手の助けを借り、撮影を始める。しかし状況は徐々に悪化。マンソプは1人で留守番させている11歳の娘が気になり、ますます焦るのだが…。












































本編 1時間52分
デジタル
カラー
フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 字幕
 the florida project
●監督・脚本:ショーン・ベイカー(『タンジェリン』)●出演:ブルックリン・キンバリー・プリンス/ウィレム・デフォー(『エレニの帰郷』)/ブリア・ビネイト/バレリア・コット/クリストファー・リベラ●本年度アカデミー賞 助演男優賞(ウィレム・デフォー)ノミネート●2017年/アメリカ

観るもの全てが魔法にかかる――

全編iPhoneで撮影した映画『タンジェリン』で高い評価を得たショーン・ベイカー監督の最新作。カラフルな風景の広がるフロリダの安モーテルを舞台に、貧困層の人々の日常を6歳の少女の視点から描いた人間ドラマ。

■定住する家を失った6歳の少女ムーニーと母親ヘイリーは、フロリダ・ディズニーワールドのすぐ側にあるモーテル「マジック・キャッスル」でその日暮らしの生活を送っている。周囲の大人たちは厳しい現実に苦しんでいたが、ムーニーは同じくモーテルで暮らす子どもたちとともに冒険に満ちた日々を過ごし、管理人ボビーはそんな子どもたちを厳しくも温かく見守っていた。そんなムーニーの日常が、ある出来事をきっかけに大きく変わりはじめる――。












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
ナチュラルウーマン 字幕
 una mujier fantasitica
●監督・脚本:セバスティアン・レリオ(『グロリアの青春』)●出演:ダニエラ・ヴェガ/フランシスコ・レジェス(『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』)/ルイス・ニェッコ(『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』)/アリン・クーペンへイム/ニコラス・サヴェドラ●2017年/チリ・アメリカ・ドイツ・スペイン

私らしく、私を生きる

愛する人に最期にもう一度会いたい。そのためなら人生の向かい風だって怖くない――世界が注目する才能セバスティアン・レリオ監督と、自身がトランスジェンダーの驚くべき新人“女優”が描く、パワフルでエモーショナルな愛の物語。

■ウェイトレスをしながらナイトクラブで歌っているトランスジェンダーのマリーナは、年の離れた恋人オルランドと暮らしていた。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅のベッドでオルランドは突然意識が薄れ亡くなってしまう。

最愛の人を失った悲しみの最中に、彼女がトランスジェンダーであるというだけで不躾で容赦のない差別や偏見を浴びせられる。ふたりで暮らしていた部屋から追い出され、葬儀にも参列させてもらえない。マリーナにとって、ただ愛する人に最期のお別れを告げたい、それだけが唯一の望みだった――。












































本編 1時間28分
デジタル
カラー
ラッキー 字幕 
 lucky
●監督:ジョン・キャロル・リンチ(『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』出演)●出演:ハリー・ディーン・スタントン(『エイリアン』)/デヴィッド・リンチ(『デヴィッド・リンチ:アートライフ』)/ロン・リヴィングストン(『フィフス・ウェイブ』)/エド・ベグリー・Jr.(『人生万歳!』)/トム・スケリット(『エイリアン』)●2017年/アメリカ

“孤独”と“一人”は、同じじゃない。

銀行強盗もしない、飛行機から飛び降りもしない、人助けもしない。「人生の終わり」にファンファーレは鳴り響かない――
90歳の気難しい現実主義者が人生の終盤で悟る「死とはなにか」。2017年9月に亡くなった『パリ、テキサス』の名優ハリー・ディーン・スタントン、最後の主演作。

■神など信じずに生きてきた90歳のラッキーは、今日もひとりで住むアパートで目を覚まし、コーヒーを飲みタバコをふかす。ヨガを5ポーズ、21回こなしたあと、テンガロンハットをかぶり、行きつけのダイナーにでかけることを日課としている。店主のジョーと無駄話をかわし、ウェイトレスのロレッタが注いでくれたミルクと砂糖多めのコーヒーを飲みながら新聞のクロスワード・パズルを解くのがラッキーのお決まりだ。そして帰り道、理由は分からないが、植物が咲き乱れる場所の前を通る際に決まって「クソ女め」とつぶやくことも忘れない。

ある朝、突然気を失ったラッキーは人生の終わりが近づいていることを思い知らされ、初めて「死」と向き合うが――。












































本編 1時間56分
デジタル
カラー
ボストン ストロング -ダメな僕だから英雄になれた- 字幕 
 stronger
●監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン(『グランド・ジョー』)●出演:ジェイク・ギレンホール(『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』)/タチアナ・マズラニー(『黄金のアデーレ 名画の帰還』)/ミランダ・リチャードソン(『ヴィクトリア女王 世紀の愛』)/リチャード・レーン・ジュニア/ネイサン・リッチマン●2017年/アメリカ

きっと、誰かの勇気になれる――。

2013年4月15日に起きたボストンマラソン爆弾テロ。事件で両脚を失った1人の男、テロリストに屈しない“ボストン ストロング”精神を象徴する存在として賞賛されるようになったヒーローは、ちょっと“ダメ”な奴だった――その光と影を描いた真実の物語。

■ボストンに暮らす27歳のジェフ・ボーマンは、元彼女の愛情を取り戻すため、彼女が出場するマラソン会場に応援に駆け付ける。しかし、爆破テロがゴール地点付近で発生し、巻き込まれたボーマンは両脚を失う。

犯人を目撃していた彼は、意識を取り戻すと、爆弾テロリストを特定するために警察に協力する。ボーマンの証言を元に犯人が特定され、彼は一躍“ボストンのヒーロー”として世間の脚光を浴びる。しかし、いつしか彼は日々の生活もろくにできない現実の前に絶望し、ヒーロー像とはかけ離れた弱い自分とのギャップにもがき苦悩していた…。












































本編 1時間12分
ブルーレイ
カラー
霊的ボリシェヴィキ
 reiteki bol'sheviki
●監督:高橋洋(『恐怖』)●出演:韓英恵(『獣道』)/巴山祐樹(『おんなのこきらい』)/長宗我部陽子(『野生のなまはげ』)/高木公佑(『ぼくらの亡命』)/近藤笑菜●2017年/日本

それは、あの世に触れる〈恐怖の革命〉

「霊的」×「ボリシェヴィキ」(レーニンが率いた革命党派)――脚本家として『リング』『女優霊』でJホラーというジャンルを確立させた高橋洋が、一貫して追求してきた“恐怖映画”の要素と、さらに深化した“人間ドラマ”が組み合わさり、新たなる恐怖の地平を切り開く。これは“霊気”の高まりを体感し、観客を直接映画の中へと巻き込む、かつてないスタイルの心霊恐怖映画。

■集音マイクがそこかしこに仕掛けられた奇妙な施設。呼び集められたのはかつて“あの世に触れた”ことがあるという“ゲスト”と呼ばれる男女たちだった。その中の一人、由紀子は、幼い頃“神隠し”に遭遇して以来、不思議な違和感を抱えて生きてきた。その違和感の正体を探るべく、由紀子はこの集まりに参加したのだ。

強すぎる霊気のために一切のデジタル機器が通用しないこの場所で、静かにアナログのテープが回り始める。やがてテープに記録されてゆくのは、心霊実験が“霊的革命”を目指す狂気の世界へと逸脱してゆくプロセスだった…。












































本編 1時間38分
デジタル
カラー
クジラの島の忘れもの
 kujira no shima no wasuremono
●監督・脚本:牧野裕二●出演:大野いと(『高校デビュー』)/森崎ウィン(『劇場版 怪談レストラン』)/幸地尚子(『琉球カウボーイ、よろしくゴザイマス。』)/嘉手納良智/神田青●2018年/日本

もしも願いが一つだけ叶うなら、君とずっと一緒にいたい

夢を失くしたヒロインと、夢を追うベトナム人技能実習生。クジラがふたりの運命を引き寄せた――実話を元に生み出された本作は、国境を越えて愛を貫く男女の姿を描いた感動のヒューマン・ラブストーリー。

■沖縄に移り住んだ愛美は勤め先の旅行代理店で、取引先のベトナム人研修生・コアと出会う。「思い出のクジラのブリーチをもう一度見たい」と話す愛美に心惹かれるコア。だが、彼女には阪神淡路大震災で母を亡くしたという哀しい過去があった。

コアたちの会社の旅行に同行し訪れた、母との思い出の地・座間味島で、淋しげに海を見つめる愛美に、コアは「過去は変えられないけど、未来は自分の手で変えることができる」と告げる。純朴でストレートなコアの温かな優しさに触れ、愛美は次第に心を開いていく…。












































本編 1時間59分
デジタル
カラー
娼年 
 shounen
●監督:三浦大輔(『何者』)●出演:松坂桃李(『不能犯』)/真飛聖(『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』)/冨手麻妙(『 闇金ドッグス3』)/猪塚健太/桜井ユキ(『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティ』)●2017年/日本

僕を、買ってください。

ボーイズクラブのオーナーに娼夫になるよう誘われたリョウ。女性や恋に興味がなかった彼が、次第に女性の欲望の奥深さに気付いていく――石田衣良の恋愛小説を舞台に続いて完全映画化。観るものの感情を刺激し、最後には爽快感を感じる鮮烈な愛のドラマ。

■森中領は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、美しい女性がバーに現れた。女性の名前は御堂静香。「女なんてつまんないよ」という領に静香は"情熱の試験"を受けさせる。それは、静香が手がける会員制ボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。

入店を決意した領は、翌日から娼夫・リョウとして仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく












































本編 2時間20分
デジタル
カラー
ダンガル -きっと、つよくなる- 字幕
 dangal
●監督:ニテーシュ・ティワーリー●出演:アーミル・カーン(『PK』)/サークシー・タンワル/ファーティマー・サナー・シャイク/ザイラー・ワシーム/サニャー・マルホートラ●2016年/インド

人類史上最も熱い、パパの愛と野望。

レスリングを愛しすぎた男、いつか息子を金メダリストに。しかし、うちには娘しかいない。そうだ!――父の夢をまとった姉妹がレスリングで世界に羽ばたく壮大な逆転サクセス・ストーリー。インド映画史上歴代第1位の座を獲得し、世界をも席巻した感動実話。

■インドの国内チャンピオンにまで上りつめたが、生活のため引退したレスリングを愛する男マハヴィルは、道場で若手を指導しながら、いつか息子を金メダリストにすることを夢見ていた。しかし待望の第一子は女の子。それから“男の子を作る方法”を全て試したが、授かったのは4人の女の子だった。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかるマハヴィル。

それから十数年後、ケンカで男の子をボコボコニした長女と次女の格闘センスに希望を見出した彼は、翌日から二人を鍛え始める。娘たちに男物の服を着せ、髪を切り、一家は町中の笑いものになるが、父は信念を曲げない。娘たちはささやかな抵抗を企て続けるが、やがて才能を開花させ、男子のレスリング大会で善戦したのをきっかけに、驚異の快進撃が始まる――。












































本編 1時間20分
デジタル
カラー
オンネリとアンネリのおうち 字幕
 onneli ja anneli
●監督・脚本:サーラ・カンテル(『星の見える家で』)●出演:アーヴァ・メリカント/リリャ・レフト/エイヤ・アフヴォ/ヤッコ・サアリルアマ/ヨハンナ・アフ・シュルテン●2014年/フィンランド

ふたりだけの、秘密のおうち。ずっと、一緒。いつも、おそろい。

北欧から届いた、ちょっぴりおませな女の子たちの、とってもキュートな独立宣言――フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミによる児童文学が原作。小さな女の子オンネリとアンネリに起こるドキドキワクワクの事件をとびっきりキュートに描いた物語。

■オンネリとアンネリはとっても仲良し。ある日ふたりは、バラ通りで「正直者にあげます」と書かれた手紙とお金の入った封筒を拾い、そのお金で、バラの木夫人というおばあさんから夢のように素敵な水色のおうちを買うことに。

オンネリは9人きょうだいのまん中で、アンネリは離婚したおとうさんとおかあさんの間を行ったり来たり。ふたりの両親は忙しすぎて、自分たちがいなくても気づかない。「わたしたち、ふたりの家に住んでいい?」 気難しそうなお隣さんや、魔法が使える陽気なおばさん姉妹、ちょっぴり変わったご近所さんと交流しながら、ふたりだけの楽しい生活が始まる。しかし、お隣さんに泥棒が――!












































本編 1時間55分
デジタル
カラー
ルイ14世の死 字幕
 la mort de louis xiv
●監督:アルベルト・セラ(『 私の死の物語』)●出演:ジャン=ピエール・レオ(『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー』)/パトリック・ダスマサオ/マルク・スジーニ/イレーヌ・シルヴァーニ/ベルナール・ベラン●2016年ジャン・ヴィゴ賞受賞●2016年/フランス・スペイン・ポルトガル

これは一体!?

かのヴェルサイユ宮殿を建造し“太陽王”と呼ばれたルイ14世の。左脚の壊疽から死に向かう王は、ほぼベッドの上。食欲も失せた王がビスケットを口にしただけで「ブラヴォー!」と叫ぶ貴族――18世紀の王の豪奢で陳腐な死を、おそるべき現代性で捉え大胆に時空を超えた異色歴史ドラマ。

■1715年8月。太陽王ルイ14世は散歩から宮中に戻ると足に激しい痛みを感じる。それから数日後、王は政務に就くが、夜になると痛みは増し、睡眠は妨げられ高熱に襲われる。やがて、彼はほとんど食べ物を口にすることもなくなり、次第に衰弱していく。それは歴史上最も偉大なフランス国王が、親族と医者に見守られる中で味わう苦しみの始まりであった…。












































本編 1時間59分
デジタル
カラー
大和(カリフォルニア)
 yamato(california)
●監督・脚本:宮崎大祐(『夜が終わる場所』)●出演:韓英恵(『霊的ボリシェヴィキ』)/遠藤新菜(『無伴奏』)/片岡礼子(『ハッシュ!』)/内村遥(『こっぴどい猫』)/西地修哉●2016年/日本

奪われた、怒りと声を取り戻せ。

神奈川県大和市。この町は戦後米軍基地と共に発展してきた。厚木基地の住所はカリフォルニア州に属しているのだという都市伝説があるという――米軍基地、貧困といった問題を抱える大和という場所で、ひとりの少女が“語るべき言葉”を獲得していく、新世代音楽青春映画。

■大和市に住む十代のラッパー・長嶋サクラは日本人の母と兄、母の恋人で米兵のアビーに囲まれ、この町同様、複雑な関係性の中で育ってきた。アメリカのラッパーに憧れて、サクラは毎日ラップの練習と喧嘩に明け暮れる。ある日、アビーの娘・レイがカリフォルニアからやってくる。日米のハーフで、サンフランシスコで生まれ育ったレイ。好きな音楽の話をきっかけにして2人は距離を縮めていくのだが――。












































本編 1時間33分
デジタル
カラー
四月の永い夢
 shigatsu no nagai yume
●監督・脚本:中川龍太郎(『走れ、絶望に追いつかれない速さで』)●出演:朝倉あき(『携帯彼氏』)/三浦貴大(『世界は今日か高橋由美子ら君のもの』)/川崎ゆり子/高橋由美子(『時の輝き』)/青柳文子(『知らない、ふたり』)●第39回モスクワ国際映画祭 国際映画批評家連盟賞&ロシア映画批評家連盟特別表彰 W受賞●2017年/日本

春にして死を夢みたあなたが、ずっと嫌いでした。

3年前に恋人を亡くした27歳の初海のもとに届いた、1通の手紙。彼女の心の旅が始まる――喪失感から緩やかに解放されていく女性の日々をノスタルジックに紡いだヒューマンドラマ。

■3年前に恋人を亡くした27歳の滝本初海は、音楽教師を辞め、今は蕎麦屋で働いてる。そんな彼女のもとに、亡くなった恋人の母親から一通の便りが届く。その中には、彼の最後の手紙が同封されていた。かつての教え子との再会、染物工場で働く志熊からの告白、心の奥にしまわれた小さな秘密。やがて彼女の中で止まっていた時間が動き出す――。












































本編 1時間49分
デジタル
カラー
パティ・ケイク$ 字幕 
 patti cake$
●監督・脚本:ジェレミー・ジャスパー●出演:ダニエル・マクドナルド(『シークレット・デイ』)/ブリジット・エヴァレット/シッダルタ・ダナンジェイ/ママドゥ・アティエ/サー・ンガウジャ●2017年/アメリカ

あんたがスターだって知ってたよ

金も職もなく、見た目もイマイチでどん底の生活を送る女性“負け犬=ダンボ”が、ヒップホップの才能を武器に成り上がる――サンダンス映画祭史上かつてない激しい争奪戦となった本作。ディーヴァ渾身のライムが観るものすべての魂をノックアウトする、青春サクセスストーリー。

■パティは、掃き溜めのような地元ニュージャージーで、呑んだくれの元ロック歌手だった母と、車椅子の祖母と3人暮らし。23歳の彼女は、憧れのラップの神様O-Zのように名声を手に入れ、地元を出ることを夢みていた。金ナシ、職ナシ、その見た目からダンボ!と嘲笑されるパティにとって、ヒップホップ音楽は魂の叫びであり、観るものすべての感情を揺さぶる奇跡の秘密兵器だった。

パティはある日、フリースタイルラップ・バトルで因縁の相手を渾身のライムで打ち負かし、諦めかけていたスターになる夢に再び挑戦する勇気を手に入れる。そんな彼女のもとに、正式なオーディションに出場するチャンスが舞い込んでくる―― 。












































本編 1時間37分
デジタル
カラー
ブリグズビー・ベア 字幕 
 brigsby bear
●監督:デイヴ・マッカリー●出演:カイル・ムーニー/マーク・ハミル(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』)/グレッグ・キニア(『天国は、ほんとうにある』)/マット・ウォルシュ(『イントゥ・ザ・ストーム』)/クレア・デインズ(『スターダスト』)●2017年/アメリカ

I'll be with you, always.

赤ん坊の頃に誘拐され、偽の両親が制作した教育番組「
ブリグズビー・ベア」だけを見て育った25歳の青年ジェームス。犯人逮捕により突如外界に放り出された彼は、周囲を騒動に巻き込む――コメディTV番組『サタデー・ナイト・ライブ』のチームが贈る異色コメディドラマ。

■ジェームスは、小さなシェルターで外界から遮断され両親と25年間暮らしてきた。毎週届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育ち、今では日々「ブリグズビー・ベア」の世界についての研究に力を注いでいた。少し退屈でも穏やかな日常だった。

そんなある日、シェルターに警察がやって来て、両親は逮捕されてしまう。これまでジェームスが両親だと思っていた男女は、実は誘拐犯だったのだ。ジェームスは生まれて初めて外の世界に連れ出され、“本当の家族”と一緒に暮らすことになるが…。












































本編 1時間31分
デジタル
カラー
きみへの距離、1万キロ 字幕
 eye on juliet
●監督・脚本:キム・グエン(『魔女と呼ばれた少女』)●出演:ジョー・コール(『シークレット・アイズ』)/リナ・エル=アラビ/フェイサル・ジグラット/ムハンマド・サヒー/ハーティム・スィディキー●第74回ヴェネツィア国際映画祭 ヴェネツィア・デイズ部門フェデオラ賞受賞●2017年/カナダ

それは、遠隔操作な片想い

北アフリカ⇔アメリカ。地球の反対側から、遠隔操作の監視ロボットがつなぐ、男女の運命の出会い――国境も言語も文化も飛び越えたピュア・ラブストーリー。

■北アフリカの砂漠地帯にある石油パイプライン。そこで石油泥棒を監視する6本足の小さなクモ型ロボットを、遥か1万キロ離れたアメリカ・デトロイトから遠隔操作しているオペレーターのゴードンは最近、恋人と別れたばかり。“運命の人”と信じていた彼女との破局で深く傷ついたゴードンは、誰のことも信じられず、次の恋にも動き出せずにいた。

そんなある日、ゴードンは監視ロボットを通して若く美しい女性アユーシャと出会う。いつも暗い表情を浮かべている彼女の事情が気になったゴードンは、“Juliet3000”と名付けた監視ロボットを駆使してアユーシャの身辺を探り始める。彼女には、カリムという恋人がいるが、親からは別の相手との結婚を強要されていた。引き裂かれたくないアユーシャとカリムは、危険を冒してでも国を出る決意をしていたのだ。そんな状況を知ったゴードンは、彼女の哀しい運命を変えるべく、大胆な行動に出る――。












































本編 1時間43分
デジタル
カラー
フェリーニに恋して 字幕
 in seach of fellini
●監督:タロン・レクストン●出演:クセニア・ソロ(『ペット 檻の中の乙女』)/マリア・ベロ(『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』)/メアリー・リン・ライスカブ(『ファイヤーウォール』)●2016年/アメリカ

映画監督フェリーニを探す旅の中で、一歩踏み出す勇気を手に入れた

世間知らずの女性が『道』『甘い生活』『8 ½』など名作の登場人物たちと出会いながら、ローマ、ヴェネチア、ヴェローナといったイタリアの美しい都市を巡る旅をする――巨匠フェデリコ・フェリーニへのオマージュを散りばめた人間成長ドラマ。

■20歳のルーシーは、男の子とキスをしたことも、働いたことも、本当の友人を持ったこともなかった。彼女のいちばんの、おそらくただ1人の理解者は、母親のクレア。ルーシーを外の悪い世界からずっと大切に守ってきた。自分の末期の病さえも隠しながら…。

クレアの妹ケリーは、手遅れになる前に娘に本当のことを告げるようにと急かす。何かが母に起きていることに気づいたルーシーは、早く自立した大人にならなくてはと、焦って就職面接を受けに行く。その道中で目にした「フェリーニ映画祭」と題されたきらびやかで怪しい劇場。吸い込まれるように入っていったその場所で、『道』にまたたく間に心を奪われる。これまで慣れ親しんだハッピーエンドとは違う、巧妙に不可解に作られた悲喜劇。

フェリーニの魅惑の世界にのめり込んだルーシーはいてもたってもいられず、フェリーニを探すためイタリア各地を巡る旅へ出る。そこで待ち受けるのは、フェリーニ作品の世界に迷い込んだようなファンタジーや悪夢、胸高鳴るラブストーリー。彼女の発見の旅と人生は、段々と死の足音が近づいている母クレアとは対照を成す。離れていても繋がっている二人。真実と虚構が幻想的に絡み合いながら、ルーシーの「フェリーニを探す旅」は最終地点へと向かっていく――。












































本編 1時間33分
デジタル
モノクロ/カラー
私はあなたのニグロではない 字幕
 i am not your negro
●監督:ラウル・ペック(『ルムンバの叫び』)●出演:メドガー・エヴァース/マルコムX/マーティン・ルーサー・キング/ジェームズ・ボールドウィン●第89回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー部門ノミネート●2016年/アメリカ・フランス・ベルギー・スイス

自由と正義の国アメリカ、その差別と暗殺の歴史

キング牧師暗殺から50年。差別が当たり前だった時代から、人々はどのように声を上げ、世界を変えていったのか――アメリカ黒人文学を代表する作家、ジェームズ・ボールドウィンの原作を映画化。公民権運動のリーダーたち、メドガー・エヴァース、マルコムX、キング牧師の生き様を追い、アメリカの人種差別と暗殺の歴史に迫るドキュメンタリー。

■1957年。フランス・パリで執筆活動をしていたボールドウィンは、故郷アメリカへ戻る決心をする。パリ中で売られていた新聞に載っていた少女、アメリカ南部シャーロットの高校に黒人として初めて入学するドロシー・カウンツの写真を見たのがきっかけだ。大勢の白人たちに取り囲まれ、ツバを吐かれ嘲笑されながら登校する15歳のドロシーに、ボールドウィンは強い衝撃を受けた。「パリで議論している場合ではない。われわれの仲間は皆責任を果たしている」そして彼は、人種差別の最も激しい地域、アメリカ南部への旅に出る。

公民権運動のリーダーだったメドガー、マルコムX、キング牧師との出会いと別れ。司法長官ロバート・ケネディとの会談。ボールドウィンは激動するアメリカ社会の真ん中に立ち、出来事を記録し、各地で講演をし、精力的に動き回る。そしてボールドウィンは、自身の体験と鋭い洞察力で、母国アメリカの人種差別の歴史とその正体を解き明かしてゆく――。












































本編 1時間49分
デジタル
カラー
女と男の観覧車 字幕
 wonder wheel
●監督・脚本:ウディ・アレン(『ミッドナイト・イン・パリ』)●出演:ケイト・ウィンスレット(『ヴェルサイユの宮廷庭師』)/ジュノー・テンプル(『マレフィセント』)/ジャスティン・ティンバーレイク(『TIME/タイム』)/ジム・ベルーシ(『ゴーストライター』)●2017年/アメリカ

まわる、まわる。秘密の恋が回る。

1950年代。遊園地で働く女の前に、音信不通だった夫の娘が現れた。その日から彼女の何かが狂い始める――“ここではないどこか…もっと素敵な人生が待っていいるはず”。ウディ・アレン監督最新作は、あくなき理想を追い求める女性の魂の奥深くに迫るヒューマンドラマ。

■1950年代のコニーアイランド。遊園地のレストランでウェイトレスとして働くのジニーは、かつては女優として舞台に立っていたが、今は、回転木馬の操縦係を務める夫のハンプティ、そして自身の連れ子と観覧車の見える部屋で暮らしている。だが、実は彼女は夫に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしているミッキーと付き合っていた。平凡な毎日に失望していたジニーは、脚本家を目指す彼との未来に夢を見ていた。だが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていた夫の娘、キャロライナが現れたことから、すべてが狂い始める――。












































本編 1時間50分
デジタル
カラー
榎田貿易堂
 enokida-bouekido
●監督・脚本:飯塚健(『笑う招き猫』)●出演:渋川清彦(『下衆の愛』)/森岡龍(『望郷』)/伊藤沙莉(『獣道』)/滝藤賢一(『はなちゃんのみそ汁』)/片岡礼子(『まほろ駅前多田便利軒』)●2017年/日本

このままじゃダメだってことだけは、わかるっつうか

群馬県渋川市。榎田洋二郎が店主を務めるリサイクルショップ、榎田貿易堂には、従業員の千秋や清春、常連客のヨーコや丈など、迷える大人たちが集っていた――渋川市出身の渋川清彦と飯塚健が同郷タッグを組み、人生を再出発させようとする人びとの悲喜こもごもを綴るヒューマンコメディ。

■榎田洋二郎が、何となく勘で始めたリサイクルショップ、榎田貿易堂。“扱う品はゴミ以外。何でも来いが信条”と語る店主の元には、様々な人間が集まってくる。夫婦仲に悩む従業員の千秋、同じく従業員で対人関係に問題を抱える清春、しばしば油を売りに来る客で終活中のヨーコ、一時的に帰省して実家の旅館を手伝う自称“スーパーチーフ助監督”の丈。それぞれが小さな秘密を抱えつつも穏やかな毎日を過ごしていた。

ある夏の日、いつものように彼らが集まる中、店の看板の一部が突然落下する。「これ予兆だよ。何か凄いことが起きる予兆」とつぶやいた洋二郎の言葉通り、その日を境に、彼らが抱える悩みや問題が少しづつ動き始める――。












































本編 1時間27分
デジタル
カラー
大英博物館プレゼンツ 北斎 字幕
 british museum presents:hokusai
●監督:パトリシア・ウィートレイ●出演:デイヴィッド・ホックニー/ティム・クラーク●2017年/イギリス

天才絵師の魅力を紐解くドキュメンタリー映画。あなただけの「北斎」へようこそ――

モネ、ゴッホ、ドガ…欧州の印象派の巨匠たちに多大な影響を与えた「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」「北斎漫画」などで国内外に知られる江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎――本作は、2017年5月~8月にかけて大英博物館で開催された展覧会“Hokusai: Beyond the Great Wave”をフィーチャーし、展覧会の舞台裏や北斎の作品を今までにない驚くべき詳細さで体験することができる、北斎に関する映画としては初の長編ドキュメンタリーである。

■同展覧会では希少な初の展示物を始め、北斎の生涯、特に肉筆画を中心に還暦以降の30年に焦点を当て、90歳まで描き続けた北斎が追い求めた世界に迫る。日本、フランス、イギリスをめぐり、最新技術で撮影された北斎に纏わる奥行きのある映像も見逃せない。

イギリス人芸術家デイヴィッド・ホックニーや新進気鋭のニューヨーク在住の日本画家・出口雄樹など、北斎という日本の偉大な巨匠の研究に情熱を燃やし、影響を受けてきた学者たちやアーティストの協力により実現した。ホックニーは“偉大な芸術家は年を重ねるごとに進化する”という北斎の信念を交えながら、その長きに渡った意欲的な芸術性の追及に迫っていく。












































本編 1時間21分
ブルーレイ
カラー
アメリカン・ヴァルハラ 字幕
 american valhalla
●監督:ジョシュ・ホーミ/アンドレアス・ニューマン●出演:イギー・ポップ(『ギミー・デンジャー』)/ジョシュ・ホーミ/ディーン・フェルティタ/マット・ヘルダース●2017年/アメリカ

YOU RISK NOTHING, YOU GAIN NOTHING

イギー・ポップ、ジョシュ・ホーミ、運命の出会い。アルバム「ポスト・ポップ・ディプレッション」で結実した、奇跡の融合――2016年に劇場公開されたストゥージズとイギー・ポップの映画『ギミー・デンジャー』が大きな話題となったが、本作は、そのイギー・ポップとQUEENS OF THE STONE AGEのジョシュ・ホーミとのコラボレーションを綴る最新ドキュメンタリーである。

■ジョシュ・ホーミとアンドレアス・ニューマンの共同監督による本作は、イギー・ポップの最新アルバムである「POST POP DEPRESSION」(2016年作品)として公のものとなった奇跡的なコラボレーション、そしてその後のツアーの模様を綴る。同じ感覚のミュージシャンがコラボしたとき、そこには特別なことが起こる。生まれながらにして同じ感覚を共有していた者の合体は、究極の芸術的完成度を開花させた。ジョシュ・ホーミは幼い頃イギー・ポップによる『レポマン』のサントラを毎日爆音で聴き、それがきっかけでギターを手にし、自身のロックンロールを奏でることとなった。

数十年後、彼は憧れの存在から突然のコンタクトを受け、楽曲の共同作業を打診される。当初はカジュアルなものだったこのコラボは結果、両者にとって「POST POP DEPRESSION」という金字塔的なものとなった。本作はイギー、ジョシュのほか、QUEENS OF THE STONE AGEでジョシュのバンドメイトであるディーン・フェルティタ、そしてARCTIC MONKEYSのドラマーであるマット・ヘルダースの4人が、外部と完全に遮断されたモハベ砂漠のど真ん中で、一切関係者にも知られることなく作曲、レコーディング作業を行った様子を映し出していく。












































本編 1時間18分
デジタル
カラー
泳ぎすぎた夜
 la nuit ou j'ai nage
●監督:五十嵐耕平(『息を殺して』)/ミアン・マニヴェル(『若き詩人』)●出演:古川鳳羅/古川蛍姫/古川知里/古川孝(『いしゃ先生』)/工藤雄志●第74回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門 出品●2017年/フランス・日本

とても小さな、新しい冒険の始まり。

青森の山あいの小さな町。夜明け前に目が覚めてしまった少年は、朝になって通学途中で道を変え、父親が働く漁業市場を目指す――国も言葉も異なる二人の若き新鋭監督2人が、共に魅せられた美しい原風景のような冬の青森を舞台に、そこに暮らす少年の小さな冒険を描いた瑞々しい野心作。

■雪で覆われた青森の山あいにある小さな町。夜明け前、しんしんと雪が降り積もり、寝静まった家々はひっそりと暗い。漁業市場で働いている父親は、そんな時刻にひとり目覚め家族を起こさないように、静かに仕事に行く準備を始める。出掛ける前には、それが毎日の日課というように台所でゆっくりと煙草をふかす。

しかし、なぜだかこの日に限って、その物音で目を覚ました6歳の息子。父親が出て行ったあと、彼はクレヨンで魚の絵を描く。そして翌日。結局寝ることができず、うつらうつらしたままの少年は眠い目を擦りながら歯磨きをして、家族と朝食をとり、学校に出かける。だが、登校途中に彼は、学校には向かわず、雪に埋もれた道なき道をさまよい始める。父親に、このぼくの書いた絵を届けに行こう、そう思ったのか、父親が働く市場を目指す。この日、少年にとっての新しい冒険が始まる。朧気な記憶を頼りに、手袋を落っことし、眠い目を擦りながら。












































本編 1時間32分
デジタル
カラー/モノクロ
ジェイン・ジェイコブズ ニューヨーク都市計画革命 字幕
 citizen jane battle for the city
●監督:マット・ティルナー●声の出演:マリサ・トメイ(『Re:LIFE~リライフ~』)/ヴィンセント・ドノフリオ(『ジュラシック・ワールド』)●2016年/アメリカ

もしジェイコブズがいなかったら、世界で一番エキサイティングな都市・ニューヨークは、きっとずっと退屈だった。

1950年代ニューヨーク。それまでの都市計画を根底から覆し、ダウンタウンの大規模な再開発を阻止した一人の女性がいた――世界に衝撃を与えた「アメリカ大都市の死と生」の著書はNY のダウンタウンに住む主婦、ジェイン・ジェイコブズ。建築においては素人に過ぎなかった彼女の武器は、天才的な洞察力と行動力だった。本作は当時の貴重な記録映像や肉声を織り交ぜ、“常識の天才”ジェイコブズに迫った建築ドキュメンタリー。

■1950年代当時の主流は、アメリカンモダニズムを背景にしたゾーニングと自動車中心の都市計画。けれど一見合理的に作られたはずの街が次々と活力を失い、未来の廃墟となっていくのはなぜなのか? ジェイコブズは実際に活気溢れる街を、そこで暮らす者の視点で観察し、魅力的な街を作るための独創的なアイディアを練りあげた。

対するは"マスタービルダー"の異名を持つ NY 都市開発の帝王、ロバート・モーゼス。彼が強引に推し進める開発プロジェクトを阻止するため、ジェイコブズとその仲間たちは立ち上がった。ワシントンスクエア公園で、グリニッジ・ビレッジで、そしてローワーマンハッタン高速道路の建設をめぐって、壮絶な闘いを繰り広げていく。












































本編 1時間55分
デジタル
カラー
フジコ・ヘミングの時間
 fuziko hemming no jikan
●監督:小松莊一良●出演:フジコ・ヘミング●2018年/日本

世界を魅了する魂のピアニスト。いくつになっても夢を追い求める彼女の今、そして未来を解き明かす――。

パリ~NY~アルゼンチン~ベルリン~京都、心震えるワールドツアーでの演奏。自宅では愛する猫たちに囲まれて暮らす――60代になってから世界に見いだされたピアニスト、フジコ・ヘミングのプライベートに迫るドキュメンタリー。

■日本人ピアニストの母とロシア系スウェーデン人のデザイナーである父との間に生まれ、母の手ほどきによって5歳からピアノを習いはじめたフジコ。やがて演奏家として高い評価を受けるようになるが、大事なリサイタルの前に聴力を失うという大きなアクシデントに見舞われるなど、数奇な人生を歩んできた。

1999年にNHKで放送されたドキュメント番組によって日本でも広く知られるようになったフジコの、初のドキュメンタリー映画となる今作では、ワールドツアーで世界を巡って演奏する姿や、自宅で愛する猫に囲まれて過ごす時間など、公私にわたるフジコの素顔に密着。父との別離、厳しい母のレッスン、ハーフへの差別、貧しい留学生活や聴力喪失など、数々の苦難に見舞われても、夢をあきらめずに進んだフジコの人間性と音楽に迫る。












































本編 1時間43分
デジタル
カラー
母という名の女 字幕 
 las hijas de abril
●監督・脚本:ミシェル・フランコ(『或る終焉』)●出演:エマ・スアレス(『ジュリエッタ』)/アナ・ヴァレリア・ベセリル/エンリケ・アリソン/ホアナ・ラレキ/エルナン・メンドーサ(『父の秘密』)●第70回カンヌ国際映画祭 ある視点部門審査員賞受賞●2017年/メキシコ

お母さん、あなたはいったい誰ですか?

壮絶ないじめの標的にされてしまった娘と、妻を失った悲しみから立ち直れない父親――メキシコの新鋭監督ミシェル・フランコが母と娘の確執を題材に描く衝撃のミステリー。

■メキシコのリゾート地、バジャルタ。クララとヴァレリアの姉妹は、海辺の家に2人で暮らしていた。17歳のヴァレリアが妊娠したため、姉のクララは離れて暮らす母、アブリルを電話で呼び寄せる。お腹の子の父親は、クララが経営する印刷所でアルバイトしていた17歳の少年、マテオだった。

やって来たアブリルは、クララやマテオと会話を重ね、ヴァレリアの不安を和らげるように接する。アブリルに不信感を抱いていたヴァレリアも、その様子を見て徐々に信用し始める。やがて生まれたヴァレリアの娘は、“カレン”と名付けられるが、ヴァレリアに代わってカレンの世話をするうち、アブリルは独占欲を芽生えさせてゆく。カレンを自分の管理下に置こうとするアブリルに、反発を強めるヴァレリア。娘との関係が悪化する中、ついにアブリルは、深い欲望を忠実に遂行する……。












































本編 1時間34分
デジタル
カラー
レディ・バード 字幕  
 lady bird
●監督・脚本:グレタ・ガーウィグ(『フランシス・ハ』脚本・主演)●出演:シアーシャ・ローナン(『ブルックリン』)/ローリー・メトカーフ(『スクリーム2』)/トレイシー・レッツ(『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』)/ルーカス・ヘッジス(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)/ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)●第75回ゴールデン・グローブ賞 作品賞/主演女優賞 受賞●本年度アカデミー賞 作品賞/主演女優賞/助演女優賞/監督賞/脚本賞 ノミネート●2017年/アメリカ

羽ばたけ、自分

カリフォルニア州の閉塞感溢れる片田舎の高校から大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティンは、友達や彼氏や家族について、そして自分の将来について悩んでいた――17歳の少女の揺れ動く心情を瑞々しくユーモアたっぷりに描いた青春映画。

■2002年、カリフォルニア州サクラメント。高校生活最後の年を迎えたクリスティンは、失業中の父、看護師の母、スーパーで働く養子の兄とその恋人の5人暮らし。彼女は、自分を“レディ・バード”と名付けて周りにも呼ばせている。東部の大学に行きたいクリスティンは地元の大学に行かせたい母と大ゲンカ。癇癪を起して走っている車から飛び降り、右腕を骨折する。

親友ジュリーと一緒に受けたミュージカルのオーディションで、ダニーと出会い付きあうが、あるパーティーでダニーが男子とキスしているのを見つけ、彼と別れる。アルバイトを始めたカフェにダニーたちと見たバンドの美少年カイルがやってくる。ある日、パーティーでカイルとキスした後、母に「初めてセックスするのって、普通は何歳?」と尋ねる。ところが母の意見も聞かず、カイルとすぐに初体験を済ませるが、彼の言葉で傷つき、母が迎えに来た途端泣き出してしまう。その後、東部の大学からの不合格通知の中に一通だけ補欠合格があったが、まだ母には言えなかった。高校卒業が近づき、プロムのドレスを選びながら、再び母とぶつかり合う。自分の将来について、クリスティンが出した答えとは――。












































本編 1時間54分
デジタル
カラー
名前
 namae
●監督:戸田彬弘(『ねこにみかん』)●出演:津田寛治(『模倣犯』)/駒井蓮(『心に吹く風』)/勧修寺保都(『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』)/松本穂香(『MATSUMOTO TRIBE』)/内田理央(『血まみれスケバンチェーンソー』)●2018年/日本

行き場のない二人は、家族になった――

名前を偽り、体裁を保ちながら自堕落に生きてきた中村正男。ある日、彼を“お父さん”と呼ぶ女子高生・葉山笑子が現れ、親子のような生活が始まる――直木賞作家・道尾秀介が書き下ろしたオリジナル原案を映画化した人間ドラマ。

■経営していた会社が倒産し、茨城にやってきた中村正男は、様々な偽名を使い、体裁を保ちながら自堕落な毎日を送っていた。そんなある日、素性がバレそうになり窮地に陥っていた彼のもとへ、正男を“お父さん”と呼ぶ女子高生・葉山笑子が突然現れる。

笑子のペースに振り回されながらも、親子のような生活に平穏な時間を見出していく正男。だが、笑子がある事情から正男のことを生き別れた父親だと思っていることに気づき、自分の消してきた過去のことを考え始める。実は、正男には死産した娘がいたのだった。やがて、心を閉ざして高校生活を送ってきた笑子も演劇部で主演のひとりに抜擢され、少しずつ変化を見せ始める…。












































本編 1時間48分
デジタル
カラー
グッバイ・ゴダール! 字幕 
 le redoubtable
●監督:ミシェル・アザナヴィシウス(『アーティスト』)●出演:ルイ・ガレル(『SAINT LAURENT サンローラン』)/テイシー・マーティン(『ニンフォマニアック』)/ベレニス・ベジョ(『ある過去の行方』)/ミーシャ・レスコ(『SAINT LAURENT サンローラン』)/グレゴリー・ガドゥボワ(『魂を治す男』)●第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品●2017年/フランス

1968年 パリ・カルチェラタン。映画の天才と暮らした日々は、私を少しだけ大人にした

19歳の哲学科の学生アンヌは映画監督のゴダールと恋に落ち、女優として刺激的な毎日を送る。だが、ゴダールは次第に革命に傾倒していく――ジャン=リュック・ゴダールの2番目の妻で、ゴダールの監督作『中国女』の主演女優アンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説を映画化。ゴダールと共に時代を駆け抜けたアンヌの姿をコミカルに描いた話題作。

■パリで暮らす哲学科の学生アンヌは、もうすぐ19歳。そんな彼女が、映画を変えたと世界中から注目される天才監督ジャン=リュック・ゴダールと恋に落ち、彼の新作映画で主演を飾ることになる。新しい仲間たちと映画作りやゴダールからのプロポーズなど、生まれて初めての体験ばかりの刺激的な毎日に、あらゆることを夢中で吸収していくアンヌ。一方、パリの街では日ごとにデモ活動が激しくなり、ゴダールも次第に革命に傾倒していく――。












































本編 1時間58分
デジタル
カラー
マルクス・エンゲルス 字幕 
 le jeune karl marx
●監督:ラウル・ペック(『ルムンバの叫び』)●出演:アウグスト・ディール(『汚れたダイヤモンド』)/シュテファン・コナルスケ/ヴィッキー・クリープス(『コロニア』)/ハンナ・スティール/オリヴィエ・グルメ(『ダゲレオタイプの女』)●2017年/フランス・ドイツ・ベルギー

あの時僕らは、世界と手をつないだ――

レーニン、ゲバラ、カストロ、マンデラ…20世紀を代表する変革の指導者の前には、いつもマルクスとエンゲルスがいた――ドイツ、フランス、イギリス、ベルギーを舞台に、二人が「今日までのあらゆる社会の歴史は、階級闘争の歴史である」という有名な言葉で始まる『共産党宣言』を執筆するまでの日々をドラマティックに描く伝記ドラマ。

■1840年代のヨーロッパでは、産業革命が生んだ社会のひずみが格差をもたらし、貧困の嵐が吹き荒れ、人々は人間の尊厳を奪われて、不当な労働が強いられていた。20代半ばのカール・マルクスは、搾取と不平等な世界に対抗すべく独自に政治批判を展開するが、それによってドイツを追われ、フランスへと辿りつく。

パリで彼はフリードリヒ・エンゲルスと運命の再会を果たし、エンゲルスの経済論に着目したマルクスは彼と深い友情をはぐくんでゆく。激しく揺れ動く時代、資本家と労働者の対立が拡大し、人々に革新的理論が待望されるなか、二人はかけがえのない同志である妻たちとともに、時代を超えて読み継がれてゆく『共産党宣言』の執筆に打ち込んでゆく――。












































本編 時間分
デジタル
カラー
スターリンの葬送狂騒曲 字幕
 the death of stalin
●監督・脚本:アーマンド・イアヌッチ(『チューブ・テイルズ/マウス』)●出演:スティーヴ・ブシェミ(『ファーゴ』)/ジェフリー・タンバー(『グリンチ』)/オルガ・キュリレンコ(『ある天文学者の恋文』)/マイケル・ペイリン(『モンティ・パイソン・アンド・ナウ』)/サイモン・ラッセル・ビール(『劇場版 嘆きの王冠~ホロウ・クラウン~ ヘンリー四世 Part1』)●2017年/イギリス・カナダ・フランス・ベルギー

スターリンが死んだ!

ソ連最高権力の座をめぐり、狂気の椅子とりゲームが今始まる――真実は、こんなにも滑稽で、醜い!?史上最も黒い《実話》に基づく超問題作世界各国でブラックヒット。シニカルなユーモアたっぷりに綴った劇薬ブラックコメディ。

■1953年3月2日、一人の男が危篤に陥る。 粛清という恐怖で国を支配していたソ連の絶対的独裁者、ヨシフ・スターリンだ。「今うまく立ち回れば、自分に後釜のチャンスが!」最高権力の座を目指し、色めき立つ側近たちの、姑息で熾烈な頭脳戦はやがて…。












































本編 1時間55分
デジタル
カラー
SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬
 sukita
●監督:相原裕美(『図鑑に載ってない虫』製作)●出演:鋤田正義(『サディスティック・ミカ・バンド』)/布袋寅泰(『赤い月』)/ジム・ジャームッシュ(『パターソン』監督)/山本寛斎(『青の炎』)/永瀬正敏(『光』)●2018年/日本

■デヴィッド・ボウイ、YMO、忌野清志郎――時代を駆け抜けた天才たちの《永遠の時》を獲得した写真家・鋤田正義の軌跡をたどるドキュメンタリー。時代の寵児をカメラに収めてきた足跡を辿るとともに、彼自身や親交ある人々の証言から人柄や魅力を浮かび上がらせる。

■デヴィッド・ボウイをはじめ、世界的アーティストの代表的なポートレートやアルバムジャケットを数多く手掛けてきた日本人写真家がいる――鋤田正義、この5月で80歳。半世紀以上も第一線で活躍してきた彼は、今も尚、走り続ける。デヴィッド・ボウイと40年以上も親交を結び、マーク・ボランを撮った1枚は、ギタリストの布袋寅泰の人生を決定づけた。どのようにして鋤田はアーティストたちと信頼関係を築き、唯一無二の“一瞬”を写真に刻むことができたのか?

各時代の多彩な作品の数々や孫のような若いアーティストと繰り広げる熱いフォトセッション、国内外で大反響を呼んでいる写真展。鋤田の年齢を感じさせない旺盛な好奇心とチャレンジ精神、そして対象への温かな眼差しは、常に時代を見つめ未来を視野に入れている。ひとりのスターを長く追いかけることをライフワークとし、いくつもの《永遠の時》を獲得してきた鋤田。本作では、彼自身がアーティストとの思い出や写真への情熱を語るだけでなく、著名人が次々と登場し貴重なエピソードを披露する。












































本編 2時間13分
デジタル
カラー
軍中楽園 字幕
 paradise in service
●監督:ニウ・チェンザー(『モンガに散る』)●出演:イーサン・ルアン(『モンガに散る』)/レジーナ・ワン/チェン・ジェンビン(『孔子の教え』)/チェン・イーハン(『花様〈かよう〉~たゆたう想い~』)/(『』)●第65回ベルリン国際映画祭 パノラマ部門出品●2014年/台湾

こぼれおちた、愛

1969年、中国と台湾の緊張が続く中、台湾青年兵バオタイは最前線の小さな島にある“軍中楽園”と呼ばれる娼館を管理することになる――運命に翻弄されながらも幸せを望んでもがく男と女の甘美で残酷な物語。戦後の台湾で40年間公然の秘密とされた歴史的背景をベースに、男女が紡ぐ倫理を超えた悲哀の叙情詩。

■1969年、中国と台湾が対立していた時代。砲撃が降り注ぐ攻防の最前線だった島に配属された台湾青年兵ルオ・バオタイ。エリート部隊に配属されるも、カナヅチであることが判明し、「特約茶室」を管理する831部隊で働くことに。そこは「軍中楽園」と呼ばれる娼館だった。

事情を抱えて働く様々な女たち。どこか影のある女、ニーニーと出会い、奇妙な友情を育むバオタイ。男たちに愛を囁く小悪魔アジャオとの未来を夢見る一途な大陸出身の老兵ラオジャン。過酷な現実に打ちのめされた若き兵士ホワシンは空虚な愛に逃避する。ある日、バオタイのもとに純潔を誓った婚約者から別れの手紙が届く。その悲しみを受け止めてくれたニーニーにやがて惹かれていくバオタイだったが、彼女が許されぬ「罪」を背負っていると知り…。












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
ダークサイド 字幕 
 looking glass
●監督:ティム・ハンター(『コントロール』)●出演:ニコラス・ケイジ(『 オレの獲物はビンラディン』)/ロビン・タネイ(『バーティカル・リミット』)/マーク・ブルカス(『ホワイト・プリンセス』)/アーニー・ライブリー/キャシア・コンウェイ●2018年/アメリカ・カナダ

その扉を覗いたものは、もう二度と戻れない。

砂漠のモーテル、誰も知らない秘密の通路、10号室で繰り広げられる官能の狂宴。マジックミラーを通して、見てはいけないものを、覗き見してしまったレイ。そして男は、妖しくも恐ろしい、漆黒の“闇”に堕ちてゆく――ニコラス・ケイジ主演最新作は、危険で刺激的な禁断のエロティック・サイコスリラー。

■幼い娘を事故で亡くした、レイとマギーの夫婦。2人は新生活を求めて、田舎町のモーテルを買い取って経営することにした。ある日、レイは倉庫の奥で隠し通路を発見する。それは10号室の壁裏まで続いており、マジックミラーで室内を覗けるようになっていた。そしてある夜、美女2人がレズビアン・SMプレイに耽る様子を、罪の意識を覚えながら覗き見してしまうレイ。だがそれは、連鎖する事件の前触れにすぎなかった。

しばらくして、10号室にいた女の1人が死体で発見される。そして、何者かがプールに投げ込んだ、豚の死体。前オーナーのベンは失踪し、町の人々や保安官は新参者のレイに疑惑の目を向けてくる。レイはこのモーテルで、かつて若い娘の変死体がプールで発見された事件があったことを知る。10号室に隠されている、恐るべき秘密とは?レイはベンの行方を追い、その謎を解き明かそうとするが…。












































本編 1時間49分
デジタル
カラー
ルームロンダリング
 roomlaundering
●監督:片桐健滋●出演:池田エライザ(『一礼して、キス』)/渋川清彦(『榎田貿易堂』)/健太郎(『サクラダリセット』)/光宗薫(『ピース オブ ケイク』)/オダギリジョー(『オーバー・フェンス』)●2018年/日本

ワケあり物件、浄化します。

部屋に居座るお悩みだらけの幽霊との出会いが、こじらせオカルト女子の人生を変える!?――ありそうでなかった奇抜な職業 “ルームロンダリング”。いわくつきの物件に住み履歴を消すバイトをするオカルト女子が幽霊たちのために奔走する傍ら、幼い頃に失踪した母を探す、ちょっぴり前向きな気持ちになれるファンタジー・コメディ。

■5歳で父親と死別した八雲御子。翌年には母親も失踪してしまい、祖母に引き取られた御子だが、18歳になると祖母も亡くなり、天涯孤独となってしまった。しかし、祖母の葬式に母親の弟である雷土悟郎が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれた。その仕事とは、ワケあり物件に住み込んで事故の履歴を帳消しにし、次の住人を迎えるまでにクリーンな空き部屋へと浄化すること=“ルームロンダリング”。

引っ込み思案で人づき合いが苦手な御子にとって都合の良い仕事だったはずが、行く先々で待ち受けていたのは、幽霊となって部屋に居座る、この世に未練たらたらな元住人たち。ミュージシャンになる夢を諦めきれないパンクロッカーや見ず知らずの男に命を奪われ恨み節が止まらないOL、カニの扮装をした小学生!?なぜか彼らの姿が見えてしまう御子は、そのお悩み相談に振り回されて――。












































本編 1時間28分
デジタル
カラー
シューマンズ バー ブック
 schumanns bargesprache
●監督・脚本・製作:マリーケ・シュレーダー(『聖なる呼吸 』製作)●出演:チャールズ・シューマン/シュテファン・ウェーバー/デイル・デグロフ/ジュリー・ライナー/コリン・フィールド●2017年/ドイツ

NY、パリ、ハバナ、東京――旅する伝説のバーマン

世界を放浪し、自由に生きてきた男がBARに革命を起こす。まだ終わるわけにはいかない――世界中のバーでバイブルとなった革新的レシピ本の著者である伝説のバーマン、チャールズ・シューマン。ミュンヘンで35年以上不動の人気を誇るバーのオーナーであり、76歳を超えた今も現役でカウンターに立ち続けている。そんな成功も名声も手にしたレジェンドが、原点を探す旅に出るドキュメンタリー。

■1991年に出版されたチャールズ・シューマンの著書「シューマンズ バー ブック」は、当時の欧米のバー業界に衝撃を与えた。500種類を超えるカクテルのレシピ以上に、それまでのカクテル本とは全く違うスタイリッシュさを持ちあわせていたからだ。このレシピ本は世界のバーテンダーのバイブルとなった。今やバー業界でその名を知らぬものはいない。

NY、パリ、ハバナ、東京、ウィーンのトップバー。それぞれ一杯のカクテルに込められた職人魂。 本作でシューマンは、セレブも通う各地の「バーベスト10」に入る名店を訪れる。新たな感性で作るクラフト的なカクテルで人気を博すバーから伝統と格式を保つホテルのバーまで、シューマンは気取ることなく、ふらりとその扉を開いていく。美しいカクテルが作られる過程を見ながら、いつしか観客も至福のバータイムを共有することになる。












































本編 1時間49分
デジタル
カラー
ワンダーランド北朝鮮 字幕
 verliebt,verlobt,verloren
●監督:チョ・ソンヒョン●2016年/ドイツ・北朝鮮

これはプロパガンダか?それとも現実か?

北朝鮮の“普通”の暮らしとその人々。人々の幸せそうな表情に、自然エネルギーを活用した循環型な暮らし――独裁国家で、核開発を行う危ない国、それが本当に北朝鮮の姿なのだろうか?韓国出身のチョ監督は、この問いの答えを探しに北朝鮮で映画制作を行うため韓国籍を放棄し、ドイツのパスポートで北朝鮮に入国。そして、エンジニア、兵士、農家、画家、工場労働者など“普通の人々”への取材を敢行。北朝鮮の予想外のリアルを発見するドキュメンタリー。

■公務員画家の男性は、美しい女性を描くことを楽しみ、表情は明るい。デザイナーという言葉を知らない縫製工場で働く少女の夢は、“今までにない独創的な服を作る”こと。こんな“普通”の人々が登場する。また、経済制裁下にある北朝鮮の人々の暮らしぶりは慎ましいが、どこか懐かしさを感じさせる。経済制裁を受け、自活せざるを得ない必要性から、自然エネルギーを活用する人々の暮らしが循環型であることは驚くべき事実である。あなたの知らないもう一つの北朝鮮の姿が明らかになる。












































本編 1時間33分
デジタル
カラー
見栄を張る
 mie wo haru
●監督・脚本:藤村明世●出演:久保陽香(『たまゆら』)/岡田篤哉(『光』)/似鳥美貴/真弓(『丸』)/倉沢涼央●2017年/日本

28歳、売れない女優。そろそろ本気出す。

崖っぷちヒロインが新たに挑む仕事は「泣き屋」!?――【人は何故泣くのか?生者への見栄なのか、死者への浄化なのか?未熟な女優である主人公は、泣くことを職業にした姉の存在を通して、泣くことの、そして、女優であることの意味を考えていく。爽やかな読後感の残る好編。(是枝裕和:監督)】。失われゆく人との絆、そして、夢をあきらめきれないヒロインの成長を、27歳の新鋭、藤村明世監督が繊細かつポップに描いた癒しの人間ドラマ。

■周囲には“女優”として見栄を張りながらも、鳴かず飛ばずな毎日を過ごす28歳の絵梨子。ある日、姉の訃報を受け帰郷した絵梨子は、姉が葬儀で参列者の涙を誘う「泣き屋」の仕事をしていたことを知る。その仕事の真の役割を知らぬまま、絵梨子は女優ならば簡単にできると思い、「泣き屋」を始めてみるのだが…。












































本編 1時間31分
デジタル
モノクロ
それから 字幕
 the day after
●監督・脚本:ホン・サンス(『自由が丘で』)●出演:キム・ミニ(『お嬢さん』)/クォン・ヘヒョ(『ラスト・プレゼント』)/キム・セビョク(『ひと夏のファンタジア』)/チョ・ユニ(『LUCK-KEY/ラッキー』)/キ・ジュボン(『チング 永遠の絆』)●第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品●2017年/韓国

人生はままならぬ。

妻に浮気を疑われているボンワン社長の出版社に勤めることになったアルムは、出勤初日に妻から不倫相手だと勘違いされ、大迷惑。さらに元社員の愛人もひょっこり戻り、思わぬ騒動に巻き込まれるが――カンヌが熱い視線を送った、今、世界一センセーショナルな監督と女優、名匠ホン・サンス×キム・ミニが紡ぐ、男と女の可笑しみ。そこはかとなく漂うユーモアが理不尽な世の中を突き破る人間ドラマ。

■アルムは、著名な評論家でもあるボンワンが社長をつとめる小さな出版社に勤めることになった。ボンワンは、毎朝4時半に起きて出勤し夜遅くまで帰らないことで、妻に浮気を疑われている。アルム初出勤の日、事務所に踏み込んできた女に、アルムはいきなり殴られた。浮気の証拠を見つけたボンワンの妻が、アルムを夫の愛人だと勘違いしたのだ。追い詰められたボンワンは、不倫の相手は外国に行ってしまい、居場所は知らないと答える。

夜、ボンワンはアルムをお詫び代わりに食事に連れて行く。アルムは仕事を辞めると告げるが引き止められる。ところがそこに、アルムの前任者でボンワンの浮気相手であるチャンスクが前触れもなく姿を現す。そして、舌の根も乾かぬうちに、二人から出版社を辞めて欲しいと頼まれるアルム。あまりの理不尽さに憤るが、アルムは数冊の本をもらい出版社を後にする。それから――ボンワンの評論が有名な賞を受賞した。アルムがお祝いを伝えるために出版社を訪れると…。












































本編 1時間41分
デジタル
カラー
夜の浜辺でひとり 字幕
 on the beach at night alone
●監督・脚本:ホン・サンスス(『自由が丘で』)●出演:キム・ミニ(『お嬢さん』)/ソ・ヨンファ(『自由が丘で』)/クォン・ヘヒョ(『それから』)/チョン・ジェヨン(『さまよう刃』)/ソン・ソンミ(『次の朝は他人』)●第67回ベルリン国際映画祭 主演女優賞(銀熊賞)受賞●2017年/韓国

覚悟しかない。

スキャンダルですべてを捨て、港町ハンブルクにやってきた女優ヨンヒ。待ち人は来ない。月日は流れ、旧友との再会によって女優復帰を考えるようになるのだが――焦らない、闘わない、無理しない、恋したい。だから、覚悟を決めて一歩を踏み出す。ホン・サンスによる比類なき女性賛歌は、キム・ミニが初の栄冠(ベルリン国際映画祭 主演女優賞)に輝いた話題作。

■女優のヨンヒは既婚男性との恋に疲れ、キャリアを捨ててドイツのハンブルクにやってきた。ハンブルクに暮らす女友達のジヨンと街を散策し、この外国の街に住む自分を夢想する。韓国から会いにくると言っていた恋人の言葉に期待しながら、今では半信半疑でいる。

そして時は流れ、帰国したヨンヒは東海岸の都市、江陵(カンヌン)を訪れる。先輩のジュニとの約束までの間、映画館を訪れると、昔馴染みのチョンウとミョンスに会う。飲みに行った先で、ヨンヒは皆から魅力的になったと言われる。焼酎とマッコリととめどない会話。どこか乱暴に振る舞うヨンヒを皆は温かく受け止め、ジュニは愛おし気に眺めている。友人たちと話すうちに、ヨンヒは女優復帰することを考え始める。ひとり、ホテル傍の浜辺を訪れ砂浜に横たわるヨンヒ。心配する声に顔を上げると、知り合いの映画スタッフがいる。彼らはヨンヒが付き合っていた映画監督サンウォンの次回作のロケハンをしていたという。監督もカンヌンに来ていると言われたヨンヒは…。












































本編 2時間01分
デジタル
カラー
正しい日 間違えた日 字幕
 right now, wrong then
●監督・脚本:ホン・サンス(『自由が丘で』)●出演:チョン・ジェヨン(『 トンマッコルへようこそ』)/キム・ミニ(『お嬢さん』)/コ・アソン(『戦場のメロディ』)/チェ・ファジョン/ソ・ヨンファ(『夜の浜辺でひとり』)●2015年/韓国

これは恋?それとも、ほろ酔い?

予定より一日早く水原(スウォン)に到着してしまった映画監督のチュンスは、魅力的な女性ヒジョンに出会う。二人はコーヒーを飲み、人生について語らい、お酒も入ってほろ酔い加減でいい雰囲気になるのだが――運命的に出逢った男女が、「タイミング」の違いによってたどりつく、2つのラスト。前半と後半2通りの展開で、恋の天国と地獄をそれぞれ描いてみせる異色のラブストーリー。

■【前半】あの時は正しく 今は間違い――映画監督のハム・チュンス は特別講義で水原(スウォン)にやってくる。スタッフのミスで予定より一日早く到着してしまった彼は、観光名所で魅力的な女性ヒジョンを見かけ声をかける。絵を描いて暮らしているという彼女のアトリエを訪れ作品を褒め、寿司屋で過ごし、一緒にヒジョンの先輩が集まるカフェを訪れる。甘い雰囲気の2人だったが…。

【後半】今は正しく あの時は間違いだった――映画監督のハム・チュンスは特別講義でスウォンにやってくる。絵を描いて暮らしているという魅力的な女性ヒジョンと知りあい、アトリエにやってきた2人。チュンスが正直に絵を評したことで、ヒジョンを怒らせてしまう。寿司屋で弱さを見せるヒジョンに、チュンスは「愛している」と告白し、ある事実を告げるのだが…。












































本編 1時間09分
デジタル
カラー
クレアのカメラ 字幕
 claire's camera
●監督・脚本:ホン・サンス(『自由が丘で』)●出演:キム・ミニ(『お嬢さん』)/イザベル・ユペール(『未来よ こんにちは』)/チャン・ミヒ(『悲夢』)/チョン・ジニョン(『江南ブルース』)/ユン・ヒソン●第70回カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション出品●2017年/韓国

あなたの未来がうつるんです。

陽光まぶしいカンヌを舞台に繰り広げられる、映画祭の裏事情。栄光は誰の手に?――カンヌ映画祭からシネマ・マジックともいえる作品が生まれた。ホン・サンス監督がお気に入りの女優二人と一緒に、魔法を使ったかの如く撮りあげた舞台は2016年のカンヌ映画祭。イザベル・ユペールは『エル ELLE』、キム・ミニは『お嬢さん』と、共にコンペティション部門出品の映画の上映でカンヌに来ていた。その機会を利用したわずか数日の撮影で、このチャーミングな映画は生まれた。華やかな舞台の陰で繰り広げられるカンヌ映画祭の裏事情と人間模様がユーモアたっぷりに描かれる。

■映画会社で働くマニは、カンヌ国際映画祭への出張中に、突然社長から解雇されてしまう。帰国日を変更することもできず、一人カンヌに残ることにしたマニは、ポラロイドカメラを手に観光しているクレアと知り合う。クレアは、自分が一度シャッターを切った相手はもう別人になるという自説を持つ、不思議な人物だった。そこで二人は、マニが解雇を言い渡されたカフェに行き、同じ構図で写真を撮るのだが…。












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
君が君で君だ
 kimiga kimide kimida
●監督:松居大悟(『アイスと雨音』)●出演:池松壮亮(『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』)/キム・コッピ(『クソすばらしいこの世界』)/満島真之介(『風俗行ったら人生変わったwww』)/大倉孝二(『ロマンス』)/向井理(『いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)』)●2018年/日本

この愛は純情か、それとも異常か。

尾崎豊、ブラピ、龍馬。なりきり10年!君のことが大好きだから、君の好きな男になりきる――松居監督が長年温め続けてきた完全オリジナルラブストーリーは、自分の名前すら捨てた男3人の超純情エンターテイメント。

■日本の伝説のロックシンガー尾崎豊になり切る男、世界中の誰もが知るハリウッドの名俳優ブラッド・ピットになり切る男、そして日本の歴史を変えた坂本龍馬になり切る男。彼らは自分の名前さえ捨て去り、好きな女の子の好きな人になり切って、10年間彼女を見守ってきた――。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
ガチ星
 gachiboshi
●監督:江口カン(『東京オンリーピック』)●出演:安部賢一/福山翔大(『富美子の足』)/林田麻里(『XXX KISS KISS KISS』)/船崎良(『劇場版ほんとうにあった怖い話2017』)/森崎健吾●2017年/日本

俺の人生を、笑うな。

戦力外通告、不倫、ギャンブル、借金、四十男が再起をかけたのは競輪だった――競輪発祥の地である福岡県・小倉を舞台に、自堕落な元プロ野球選手が再起と復活をかけ奮闘する姿を描く。俳優陣が、本物の競輪学校での特訓合宿を経て挑んだ競輪シーンはまさに“ガチ”な人間ドラマ。

■濱島浩司、39歳。8年前はプロ野球選手として活躍していたが、戦力外通告を受けて以降、生活は荒れる一方。それが原因で妻や息子と離れた濱島は、故郷の北九州で、親友の居酒屋を手伝うことに。相変わらずパチンコや酒に溺れ、挙げ句に親友の妻と浮気するなど自堕落な生活が続く中、濱島はなじみのラーメン屋で、競輪選手になることを勧められる。

「40歳以上でも入学できる」と聞き、競輪学校に入学した濱島を待っていたのは、教官からの猛烈なしごきと、20歳以上も歳の離れた若者たちからのいじめだった。持ち前の負けん気で過酷なトレーニングに何とか食らいつき、いじめにも屈しない濱島。だが一方で自堕落な生活からは抜け出せず、成績は一向に振るわない。崖っぷちな状況をみずから招いていた彼は、ある日同郷の同級生、久松孝明の存在を知る。他の生徒とは違い、圧倒的な成績を残す彼は、弱った母を施設に預け、帰る場所をなくしてまで競輪にかけていた。「これしかねえっちゃ」。ひとり黙々と自転車を漕ぐ久松の姿に吸い寄せられた濱島は、見失った本当の自分を取り戻すために立ち上がる——。












































本編 1時間32分
デジタル
カラー
ラッカは静かに虐殺されている 字幕
 city of gohsts
●監督:マシュー・ハイネマン(『カルテル・ランド』)●第24回シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭審査員大賞 受賞●2017年/アメリカ

我々が勝つか 皆殺しされるかだ

武器はスマホ。戦後最悪の内戦で勃発したニュータイプの戦争に迫るドキュメンタリー史上、最も緊迫した90分――アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞候補になるなど各国の映画祭で高い評価を受けハイネマン監督が次にカメラを向けたのは、5年間での死亡者が47万人にものぼるシリア内戦だった。その内戦で兵士ではなく、市民が結成したジャーナリスト集団“RBSS”(Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)がスマホを武器に闘うニュータイプの戦争に迫る。

■戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。2014年6月、その内戦において過激思想と武力で勢力を拡大する「イスラム国」(IS)がシリア北部の街ラッカを制圧した。かつて「ユーフラテス川の花嫁」と呼ばれるほど美しかった街はISの首都とされ一変する。爆撃で廃墟と化した街では残忍な公開処刑が繰り返され、市民は常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていた。

海外メディアも報じることができない惨状を国際社会に伝えるため、市民ジャーナリスト集団“RBSS”(Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)が秘密裡に結成された。彼らはスマホを武器に「街の真実」を次々とSNSに投稿、そのショッキングな映像に世界が騒然となるも、RBSSの発信力に脅威を感じたISは直ぐにメンバーの暗殺計画に乗り出す――。












































本編 1時間09分
デジタル
カラー
ラジオ・コバニ 字幕
 radio kobani
●監督:ラベー・ドスキー(『スナイパー・オブ・コバニ』)●出演:ディロバン・キコ●2017年コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭F:ACT賞 受賞●2016年/オランダ

ラジオから聞こえる「おはよう」が、今日も街に復興の息吹を届ける

ISとの戦闘で瓦礫と化したシリア北部の街で、大学生のディロバンは手作りのラジオ局をはじめる――戦闘真っ只中の2014年から、コバニに復興の光が差し込み始めるまでの激動の3年間を追い、やがて日常生活のささやかな喜びや恋愛を享受するディロバン自身の姿も捉えたドキュメンタリー。

■トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014年9月から過激派組織「イスラム国」(IS)の占領下となるも、クルド人民防衛隊(YPG)による激しい迎撃と連合軍の空爆支援により、2015年1月に解放された。人々はコバニに戻って来たが、数カ月にわたる戦闘で街の大半が瓦礫と化してしまった。

そんな中、20歳の大学生ディロバンは、友人とラジオ局を立ち上げ、ラジオ番組「おはよう コバニ」の放送をはじめる。生き残った人々や、戦士、詩人などの声を届ける彼女の番組は、街を再建して未来を築こうとする人々に希望と連帯感をもたらす――。












































本編 1時間24分
デジタル
カラー
ガザの美容室 字幕
 degrade
●監督:タルザン・ナサール/アラブ・ナサール●出演:ヒアム・アッバス(『扉をたたく人』)/マイサ・アブ・エルハーディ(『歌声にのった少年』)/マナル・アワド/ダイナ・シバー/ミルナ・サカラ●第68回カンヌ国際映画祭批評家週間 正式出品●2015年/パレスチナ・フランス・カタール

オシャレする。メイクをする。たわいないおしゃべりを、たわにない毎日を送る。それが、私たちの抵抗。

パレスチナ自治区、ガザにある美容室。離婚調停中の主婦、ヒジャブを被った信心深い女性、結婚を控えた若い娘、出産間近の妊婦。皆それぞれ四方山話に興じ、午後の時間を過ごしていた。しかし通りの向こうで銃が発砲され、美容室は戦火の中に取り残される――戦争状態という日常を生きる女性たちをワンシチュエーションで描き、戦闘に巻き込まれ、監禁状態となった人々の恐怖を追体験する衝撃作。

■パレスチナ自治区、ガザ。クリスティンが経営する美容室は、女性客でにぎわっている。店主のクリスティンは、ロシアからの移民。美容室のアシスタントのウィダトは、恋人で、マフィアの一員アハマドとの関係に悩んでいる。亭主の浮気が原因で離婚調停のエフィティカールは、弁護士との逢瀬に向けて支度中。戦争で負傷した兵士を夫に持つサフィアは、夫に処方された薬物を常用する中毒者だ。敬虔なムスリムであるゼイナブは、これまでに一度も髪を切ったことがなく、女だけの美容室の中でも決してヒジャブを取ることはない。結婚式を今夜に控えたサルマ、臨月の妊婦ファティマ、ひどい喘息を患っているワファ、離婚経験のあるソーサン…それぞれの事情をもつ、個性豊かな女性たち。

戦火の中で唯一の女だけの憩いの場で四方山話に興じていると、通りの向こうで銃声が響き、美容室は殺りくと破壊の炎の中に取り残された…。












































本編 1時間40分
デジタル
カラー
返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す
 henkan koushounin
●監督:柳川強●出演:井浦新(『ニワトリ★スター』)/戸田菜穂(『きな子 -見習い警察犬の物語-』)/尾美としのり(『五日市物語』)/中島歩(『グッド・ストライプス』)/みのすけ(『日本で一番悪い奴ら』)●2018年/日本

諦めたら負けだ――

日本のプライドをかけアメリカと闘った外交官、“千葉一夫”を知っていますか?1972年、沖縄返還の舞台裏で何が起きていたのか――米軍の“理不尽な占領”と闘い続けた実在の外交官・千葉一夫を通して描かれる、知られざる真実の物語。沖縄返還交渉の裏面史を骨太に描いたNHKドラマに、新たな映像を加え再編集した劇場版。

■1972年5月15日、沖縄返還で外交交渉の最前線にいた実在の人物、千葉一夫。戦後、外交官となった千葉は、本土から切り離され、アメリカの統治下にあった沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点としないよう、アメリカと激しい外交交渉を重ねた。さらに何度も沖縄に足を運んでは、人々の苦悩に真摯に耳を傾けた。立ちはだかる本土の思惑に挫折しかけながらも、妻・惠子に支えられ、「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官が生涯をかけて貫いたものとは――。












































本編 1時間23分
デジタル
カラー
ラ・チャナ 字幕
 la chana
●監督:ルツィア・ストイェヴィッチ●出演:ラ・チャナ/アントニオ・カナーレス(『イベリア 魂のフラメンコ』)/カリメ・アマジャ(『ジプシー・フラメンコ』)●2016年/スペイン・アイスランド・アメリカ

踊っているときだけ、自分でいられた。

笑い、吠え、踊り、生きる!スピード、表現力、パワーに満ちた革新的なフラメンコスタイルで世界中からラブコールが巻き起こった唯一無二のアーティスト、ラ・チャナ――現在71歳、伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生と不屈の精神、そして情熱を描いたドキュメンタリー。

■結婚、出産、人気の絶頂で引退。なぜ、彼女はキャリアの頂点で表舞台から姿を消したのか?――若くしてその才能を開花させたラ・チャナ(本名アントニア・サンティアゴ・アマドール)は、18歳で結婚・出産。夫がマネージャーとなりフラメンコダンサーの活動をつづけた。

ダリを魅了し、映画『無責任恋愛作戦』で共演したピーター・セラーズにハリウッドに招かれるも、封建的なヒターノ(スペイン語でジプシーの意)社会で女性が自らの意見を言うことは許されず、彼女がハリウッドに進出することはなかった。その後も彼女の人気は衰えることを知らず、テレビ出演や世界ツアーなど、全てのアーティストが目指す頂点にいたラ・チャナだったが、ある日突然、表舞台から姿を消した――。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
エヴァ 字幕
 eva
●監督:ブノワ・ジャコー(『マリー・アントワネットに別れをつげて』)●出演:イザベル・ユペール(『エル ELLE』)/ギャスパー・ウリエル(『たかが世界の終わり』)/ジュリア・ロイ/マルク・バルベ(『シャトーブリアンからの手紙』)/リシャール・ベリ(『ペダル・ドゥース』)●第68回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品●2018年/フランス

官能と誘惑。

すべての男たちが、この女(娼婦)に狂わされる――他人の戯曲を盗んで成功を掴んだ若き作家と、彼を破滅の道へといざなう娼婦の官能ドラマ。

■ベルトランは他人の戯曲を盗んで発表し、一躍成功を掴む。2作目を期待されるがペンは進まず、パトロンから矢の催促を受けたベルトランが執筆のための別荘に着くと、吹雪で立ち往生した男女が窓ガラスを割って家の中に入り、くつろいでいた。ベルトランは文句を言おうと、バスタブに浸かっていた娼婦エヴァに近寄るが、一瞬で彼女に心を奪われてしまう。次作の題材という名目でエヴァに近づくが、冷たくあしらわれる。思うようにならない関係に苛立ちを募らせると、周囲の人間を巻き込み、官能と破滅の道に向かっていくのだった…。












































本編 1時間52分
デジタル
カラー
蝶の眠り
 chou no nemuri
●監督・脚本:チョン・ジェウン(『子猫をお願い』)●出演:中山美穂(『新しい靴を買わなくちゃ』)/キム・ジェウク(『2つの恋愛』)/石橋杏奈(『リンキング・ラブ』)/勝村政信(『クロユリ団地』)/菅田俊(『母の唄がきこえる』)●2017年/日本・韓国

あなたが大切な人に残したい“記憶”は何ですか?

50代前半でまだ美しさを保つ涼子は、自身がアルツハイマーに冒されていることを知る。次第に自分をコントロールできなくなっていく恐怖と、一人で死に立ち向かう寂しさを抱えていた時、作家を目指す一人の青年チャネと出会う――自らの余命を知る女性小説家が、最後に自分の尊厳を守り、残る人たちに美しい記憶を残そうとした人生最終章を描くラブストーリー。

■売れっ子の女性小説家・涼子は、自分が母と同じ遺伝性アルツハイマーに侵されていることを知る。死を迎える前に、何かをやり遂げようと考えた涼子は、大学で文学の講師を務めることを決める。講義の初日、学生と訪れた居酒屋でアルバイトをする韓国人の留学生チャネと出会い、涼子は最後となるかもしれない小説の執筆を手伝わせることに。

そんなある日、愛犬の死により正気を失う涼子、そこへ駆けつけたチャネといつしか二人は年齢の差を超えて恋人のように惹かれ合っていく。病が進行するにつれ、涼子は愛と不安と苛立ちの中、チャネとの関係を精算しようと決意するのだが、その思いは到底チャネには受け入れがいものだった…。












































本編 2時間07分
デジタル
カラー
ダリダ あまい囁き
 dalida
●監督:リサ・アズエロス●出演:スヴェヴァ・アルヴィティ/リッカルド・スカマルチョ(『ジョン・ウィック:チャプター2』)/ジャン=ポール・ルーヴ(『 ロング・エンゲージメント』)/ニコラ・デュヴォシェル(『屋敷女』)/アレッサンドロ・ボルギ●2017年/フランス

歌だけがわたしを輝かせる

ミス・エジプトに輝いた美貌とそのエキゾチックな歌声で、60年代フランス全土に社会現象を起こし、一躍スターとなった歌手ダリダ――アラン・ドロンとのデュエット曲などで一世を風靡したフランス人の歌姫、愛に向って生きたひとりの女性の生涯を追う伝記ドラマ。

■イタリア移民の家系でエジプト・カイロに生まれ育った少女ヨランダ。幼い頃は、眼鏡姿をいじめられ自分はブスだと思いこんでいたが、16歳で自分を苦しめていた眼鏡と決別する。数年後、ヨランダは「ダリダ」として、ミス・エジプトの栄冠に輝いた美貌とエキゾチックな歌声で、フランス全土に社会現象を巻き起こし、スターの座に上りつめていた。ビジネスパートナーのルシアンには妻がいたが、ふたりは愛し合いやがて結婚する。

ダリダには“夫と子供を持つ夢”があったが、ルシアンはダリダのキャリアを優先してしまうのだった。結婚からわずか1か月後、画家のジャンと新たな恋におちる。不倫をしたダリダへの世間の風当たりは強かったが、弟のブルーノのサポートもあり、歌手として成功を収め、元夫のルシアンとも友人としての絆を取り戻していく。

新恋人のイタリア人歌手ルイジ・テンコと過ごす音楽祭の夜、スターとしてステージに立つダリダの影で、一次審査で落選したルイジは絶望し、「人間は死に向かって生きる存在だ」という尊敬するハイデガーの言葉を実行してしまった。絶望から立ち上がったダリダは、アラン・ドロンとのデュエット曲「あまい囁き」が大ヒットし、“ドロンとの熱愛発覚”と騒がれた時も、新恋人のリシャール夢中だった。出会いと別れに傷つきながらも、その全てを歌にのせてステージで輝き続けるダリダ。しかし、再び悲しい別れが待っていた――。












































本編 3時間09分
デジタル
カラー
菊とギロチン
 kiku to girochin
●監督:瀬々敬久(『最低。』)●出演:木竜麻生/東出昌大(『桐島、部活やめるってよ』)/寛一郎(『心が叫びたがってるんだ。』)/韓英恵(『大和(カリフォルニア)』)/渋川清彦(『榎田貿易堂』)●2018年/日本

同じ夢をみて闘った

大正末期。自由な雰囲気が失われつつある世相の中、東京近郊で出会った女相撲一座の女力士たちとアナキスト・グループ“ギロチン社”のメンバーが惹かれ合っていく――『64-ロクヨン-』の瀬々敬久監督が、構想30年の企画を実現させた入魂作品は、「女相撲」×「ギロチン社」が世界に揺さぶりをかける、アナーキー青春群像劇。

■大正末期。関東大震災直後の日本。軍部が権力を強める中、それまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。そんなある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちに加え、元遊女や家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まったこの一座には、新人力士の花菊の姿もあった。貧しい農家の嫁だった花菊は、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わったのだ。“強くなりたい。自分の力で生きてみたい”と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を積んでいく。

興行当日、会場には師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺害され、その復讐を画策するためにこの地に流れ着いた中濱鐵と古田大次郎らアナキスト・グループ「ギロチン社」の若者たちの姿があった。「格差のない平等な社会」を標榜する彼らは、女力士たちの戦いぶりに魅了され、彼女たちと行動を共にするようになる――。












































本編 1時間14分
デジタル
カラー
詩季織々 しきおりおり
 shikioriori
●監督:イ・シャオシン/竹内良貴/リ・ハオリン●声の出演:坂泰斗/伊瀬茉莉也/定岡小百合/寿美菜子/白石晴香●2018年/日本

あの頃の思いが、そっと背中を押した。

『君の名は。』など新海誠監督作品で知られるアニメーション制作スタジオのコミックス・ウェーブ・フィルムが手がけ、日本・中国の3人の若手クリエイターが監督を務めたオムニバスアニメ――中国の3都市を舞台に、大切な思い出を抱えながら大人になった若者たちの過去と現在を紡いだ、3つの短編が織りなす珠玉の青春アンソロジー。

■『陽だまりの朝食』――北京で働く青年シャオミンはふと、故郷・湖南省での日々を思い出す。 祖母と過ごした田舎での暮らし、通学路で感じた恋の気配や学校での出来事…。子供時代の思い出の傍には、いつも心がこもった温かなビーフンの懐かしい味があった。そんな中、シャオミンの元に祖母が体調を崩したとの電話が入る…。

『小さなファッションショー』――広州。人気モデルのイリンと専門学校生のルルは仲の良い姉妹。 幼くして両親を亡くした2人は、共に助け合いながら一緒に暮らしてきた。しかし、公私ともに様々な物事がうまくいかなくなってきたイリンは、思わずルルに八つ当たり。2人の間には溝が生じ、大喧嘩になってしまう…。

『上海恋』――1990年代の上海。石庫門に住むリモは、幼馴染のシャオユに淡い想いを抱きながら、いつも一緒に過ごしていた。しかし、ある事がきっかけでリモは石庫門から出ていき、お互いの距離と気持ちは離れてしまう。そして現代。社会人になったリモは、引っ越しの荷物の中に、 持っているはずのないシャオユとの思い出の品を見つける…。












































本編 時間分
デジタル
カラー
ゲンボとタシの夢見るブータン 字幕
 the next guardian
●監督:アルム・バッタライ/ドロッチャ・ズルボー●2017年アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 コンペティション部門 正式出品●2017年/ブータン・ハンガリー

いつの世も、どこの国の親も、子どもの幸せを願ってる。

“幸福の国ブータン”。巡礼の地、中部ブムタンで1000年以上先祖代々受け継いできた寺院を持つ家族があった。急速な近代化に直面するブータンで、少年少女はどのような選択をするのだろうか?――世界で初めて劇場公開されるブータン人作家による、どの世界にもある普遍的な家族の在り方を描いた暖かなドキュメンタリー。

■ブータンの小さな村に暮らす長男ゲンボ(16歳)は、家族が代々受け継いできた寺院を引き継ぐために学校を辞め、戒律の厳しい僧院学校に行くことについて思い悩む。自らを男の子だと思い、ブータン初のサッカー代表チームに入ることを夢見る妹のタシ(15歳)は、自分の唯一の理解者である兄に、遠く離れた僧院学校に行かないでほしいと願う。

父は、子供たちが将来苦労することなく暮らせることを願い、ゲンボには出家し仏教の教えを守ることの大切さを説き、タシには女の子らしく生きる努力をすることを諭す。思春期の子供たちは自分らしい生き方を模索するが、それが何かはまだわからない。急速な近代化の波が押し寄せるブータンで、子供たちの想いと、親の願いは交差し、静かに衝突する――。












































本編 1時間51分
デジタル
カラー
29歳問題 字幕
 29+1
●監督・脚本:キーレン・パン●出演:クリッシー・チャウ/ジョイス・チェン/ベビージョン・チョイ(『イップ・マン 継承』)/ベン・ヨン/エレイン・ジン(『モンスター・ハント』)●2017年/香港

幸せになるために解決すべき、いくつかの事柄について。

キャリアも、恋も、家族とも、上手くやってるつもりだったのに、気がつけば袋小路。そんな時、出会った同い年のあのコは、なんだかとっても楽しそう。なぜ?――同じ一つ歳を重ねるのでも29歳から30歳になるのが特別な意味を持つ、というヒロインの悩みが、あらゆる世代の女性たちの圧倒的共感を呼んだ大ヒット・オフィスコメディ

■2005年、香港。30歳を目前に控えたクリスティ。勤め先の化粧品会社では働きぶりが評価されて昇進、長年付き合っている彼氏もいて、周囲も羨むほど充実した日々を送っている。が、実のところ、仕事のプレッシャーはキツいし、彼氏とはすれ違いがち、実家の父親に認知症の症状が出始めたのも気がかりだ。そんなある日、住み慣れたアパートの部屋が家主によって売却され、退去を言い渡されてしまう。

とりあえず見つけた部屋は、住人がパリ旅行に行っている間だけの仮住まい。エッフェル塔をかたどった壁一面のポラロイド写真や、女の子らしい小物でいっぱいのその部屋で、クリスティはそこに住んでいるティンロという女性の日記を見つける。偶然にも誕生日が同じだと分かって、部屋の主に俄然興味を持ち始めたクリスティは、そこに書かれているティンロのささやかな日常に知らず知らずのうち惹かれていく…。












































本編 1時間47分
デジタル
カラー
ウインド・リバー 字幕
 wind river
●監督:テイラー・シェリダン(『ボーダーライン』脚本)●出演:ジェレミー・レナー(『メッセージ』)/エリザベス・オルセン(『GODZILLA ゴジラ』)/ジョン・バーンサル(『レジェンダリー』)●第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 監督賞受賞●2017年/アメリカ

なぜ、この土地(ウインド・リバー)では少女ばかりが殺されるのか――

ネイティブアメリカンが追いやられた雪深い土地“ウィンド・リバー”で、女性の死体が発見された。FBI捜査官ジェーンが現地に派遣されるが、捜査は難航。遺体の第一発見者である地元のベテランハンターと共に事件の真相を追うが――世の中から忘れられたアメリカの闇を描いた極上のクライム・サスペンス。

■厳寒の大自然に囲まれた、雪深いアメリカ中西部ワイオミング州にあるネイティブアメリカンの保留地“ウインド・リバー”で、突如女性の死体が発見される。FBIから単身派遣された新人捜査官ジェーン・バナーは、遺体の第一発見者で地元のベテランハンターであるコリー・ランバートに協力を求めるが、不安定な気候と慣れない雪山の厳しい条件により捜査は難航する。隔離されたこの地では多くが未解決事件となる現状を思い知るも、不審な死の糸口を掴んだコリーと共に謎を追うが、思いもよらなかった結末が待ち受けていた…。












































本編 1時間28分
デジタル
モノクロ
イカリエ-XB1 《デジタル・リマスター版》 字幕
 ikarie-xb1
●監督:インドゥジヒ・ポラーク●出演:ズデニェク・シュチェパーネク/フランチシェク・スモリーク/ダナ・メドジツカー/イレナ・カチールコヴァー/ラドヴァン・ルカフスキー●1963年/チェコスロヴァキア

人類はやがて遭う

『2001年宇宙の旅』『スター・トレック』――すべてはここから始まった。密室の中で徐々に狂気に汚染されていく乗組員たちのサスペンスフルな人間ドラマと、近未来のユートピア的世界を、独創的なスタイルで描き出したオリジナリティ溢れる世界観。1963年共産主義下のチェコスロヴァキアで生まれた奇蹟の本格SF映画。

■22世紀後半、生命探査の旅に出た宇宙船イカリエ-XB1は、アルファ・ケンタウリ系へと向かう途上で、漂流中の朽ちた宇宙船を発見する。それはかつて地球から旅立った宇宙船だったが、船内にあるのは謎の死を遂げた乗組員たちの死体。この難破船に積まれた核兵器の爆発により調査員たち数名を失うという悲劇の後、変わらず旅を続けるイカリエ-XB1。だが謎のダーク・スターによって乗組員たちはみな眠りについてしまい――。












































本編 1時間47分
デジタル
カラー
海を駆ける
 umi wo kakeru
●監督・脚本:深田晃司(『淵に立つ』)●出演:ディーン・フジオカ(『結婚』)/太賀(『ポンチョに夜明けの風はらませて』)/阿部純子(『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY-リミット・オブ・スリーピング ビューティ』)/アディパティ・ドルケン/ 鶴田真由(『ほとりの朔子』)●2018年/日本

全ての生命を生み出す「海」。全ての命を奪う「海」。彼は「海」から現れた――

海岸で倒れていた謎の男を預かることになった災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシ。男の身元を捜索するなか、その周りで次々と不思議な現象と奇跡が起こり始める――第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した深田監督がディーン・フジオカとタッグを組み、インドネシアを舞台に紡ぎ出す、心揺さぶる美しきファンタジー。

■インドネシア、バンダ・アチェの海岸で謎の男が倒れている…。日本からアチェに移住し、NPO法人で地震災害復興支援の仕事をしながら息子・タカシと暮す貴子。タカシの同級生クリス、その幼馴染でジャーナリスト志望のイルマが、貴子の家で取材をしている最中、その正体不明の日本人らしき男が発見されたとの連絡が入る。まもなく日本からやって来る親戚のサチコの出迎えをタカシに任せ、貴子は男の身元確認に向かう。

記憶喪失ではないかと診断された男は、結局しばらく貴子が預かることになり、海で発見されたことからインドネシア語で「海」を意味する“ラウ”と名付けられる。ほかに確かな手掛かりもなく、貴子と共にタカシやクリス、イルマ、サチコもラウの身元捜しに奔走することに。片言の日本語やインドネシア語は話せるようだが、いつもただ静かに微笑んでいるだけのラウ。その周りでは少しづつ不可思議な現象が起こり始めていた…。












































本編 1時間40分
デジタル
カラー
おだやかな革命
 odayakana kakumei
●監督:渡辺智史(『よみがえりのレシピ』)●出演:佐藤彌右衛門/小林稔(『フローレンスは眠る』製作)/平野彰秀/平野馨生里●ナレーション:鶴田真由(『64 ロクヨン』)●2017年/日本

それは、もう始まっている。しなやかに生きるために。

日本のローカルで始まっている「おだやかな革命」。自然エネルギーによる地域再生。これからの時代の「豊かさ」を巡る――東日本大震災の原発事故をきっかけに、電力をめぐって日本各地で起きているさまざまな取り組みを2年にわたって追ったドキュメンタリー。

■原発事故後に福島県の酒蔵の当主が立ち上げた会津電力。放射能汚染によって居住制限区域となった飯館村で畜産農家が立ち上げた飯館電力。岐阜県郡上市の石徹白、集落存続のために100世帯全戸が出資をした小水力発電。さらに首都圏の消費者と地方の農家、食品加工業者が連携して進めている秋田県にかほ市の市民風車。自主自立を目指し、森林資源を生かしたビジネスを立ち上げる岡山県西栗倉村の取り組み、都市生活者、地方への移住者、被災者、それぞれのエネルギー自治を目指すことで、お金やモノだけでない、生きがい、喜びに満ちた暮らしの風景が生まれている。成長・拡大を求め続けてきた現代社会が見失った、これからの時代の「豊かさ」を静かに問いかける物語。












































本編 1時間20分
デジタル
カラー
子どもが教えてくれたこと 字幕 
 et les mistrails gagnants
●監督:アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン●ジッフォーニ映画祭(世界最大規模の子ども映画祭)GEx部門 作品賞受賞●2016年/フランス

毎日が愛おしい。

主人公は5人の子どもたち。彼らに共通するのは、みな病気を患っているということ。治療を続けながらも、彼らは毎日を精一杯生きている。家族とのかけがえのない時間、学校で仲間たちと過ごすひと時。辛くて痛くて、泣きたくなることもある。けれど、彼らは次の瞬間、また新たな関心事や楽しみを見つけ出す――そんな子どもたちを、優しく、静かに見つめ続ける感動のドキュメンタリー。

■芝居が大好きな9歳の少女アンブルは、肺動脈性肺高血圧症を患っている。可愛い水色のリュックの中には、狭くなった肺動脈を拡げる薬剤を定期的に静注するポンプが入っている。「運動はあまりしてはいけないのだけれど、なんとかやっている。だって、人生を楽しんでいるから」とアンブルは笑顔で語る。

小児がんのひとつである神経芽腫(骨髄)を患うサッカー好きな5歳の男の子カミーユ。パリ郊外のサッカークラブに入っていて、日々の練習を欠かさない。ピッチでは走って攻めて限界までプレーする。とはいえ、すべては体調次第だ。

胸腔内の交感神経節から発生した神経芽腫を患う8歳のテュデュアルの目の色はグリーンとブラウン、左右で異なっている。3歳の時の腫瘍摘出手術が原因で色が変わった。脊髄腔内に詰まった腫瘍を取り除く大手術をしたのだという。

アルジェリア生まれで治療のためにフランスに移住してきた7歳のイマドは、慢性腎臓病から腎不全のため、腹膜透析をしている。自身の病気についても深く理解し、誰に対しても自らの言葉で分かりやすく語ろうとする。

8歳の男の子シャルルは、表皮水疱症という肌が弱い病気のため、身体を包帯で覆っている。表皮と真皮をくっつける接着剤の役目をしている蛋白質が先天的に欠けているか少ないために、皮膚に水疱ができたり剥がれたりするのだ。平日は病院で過ごし、週末は家族が待つ自宅へ。病院ではいつも親友のジェゾンと一緒で、廊下には二人の笑い声が響き渡る――。












































本編 1時間59分
デジタル
カラー
いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち 字幕 
 smetto quando voglio-masterclass
●監督・脚本:シドニー・シビリア(『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』)●出演:エドアルド・レオ(『おとなの事情』)/グレタ・スカラーノ/ヴァレリア・ソラリーノ(『昼下がり、ローマの恋』)/ヴァレリオ・アプレア(『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』)/パオロ・カラブレージ(『ある天文学者の恋文』)●2017年/イタリア

愉快!爽快!痛快!

イタリアン・コメディの金字塔。不遇な天才たちが仕掛ける予測不能の敗者復活戦。落ちこぼれインテリが結集。頭脳フル回転の逆襲が始まる――2009年にギリシャで始まった欧州危機はイタリアにも拡大、ユーロ圏の深刻な不況はローマの大学研究者たちにも影響し、収入はカットされ、職を追われる者も続出。才能ある者たちは次々と海外に稼ぎを求め、研究者の海外転出は“国の頭脳流出”とも言われ、大きな社会問題にもなった。本作は、そうした学究の道に進めなかった研究者たちが、その才能を思いがけない方向で生かすという痛快な風刺コメディ。

■ピエトロ・ズィンニとその同僚たちは、生き延びるために超絶合法ドラッグの製造に精魂を傾けた結果、犯罪者となった。ところが今度は警察が彼らを必要とする。パオラ・コレッティ警部は服役中のズィンニに、グループのメンバーをもう一度集めて、スマートドラッグの蔓延を防ぐためのミッションを依頼する。彼らの犯罪歴抹消と引き換えに。

ズィンニの呼びかけで例の7人のドラッグ製造連中が再結集。新たなミッションを遂行するには、近年の頭脳流出によって国外へ出ていた研究者の多くを、イタリアへ呼び戻さねばならない。ズィンニはコレッティ警部と共に海外に潜む優秀な研究者たちのリクルートへと向かう。そして10人の新たなチームが結成された。

次々にミッションをこなしていくズィンニたち、しかし大物“ソポックス”にだけはたどり着けなかった。“ソポックス”に必要な成分がピルから抽出できることに気づいたズィンニは、大量のピルが狙われると踏んでピルを追跡する。ピル強奪に新たな敵が現れた。果たしてズィンニは釈放され、妻と生まれたばかりの子どもが待つ病院に駆けつけることができるのか…。












































本編 1時間40分
デジタル
カラー
《Viva!イタリア vol.4》
結婚演出家 字幕
 il regista dimatrimoni
●監督・脚本:マルコ・ベロッキオ(『甘き人生』)●出演:セルジオ・カステリット(『赤いアモーレ』)/ドナテッラ・フィノッキアーロ(『海と大陸』)/サミー・フレイ(『ソフィー・マルソーの三銃士』)●2006年/イタリア

■現代イタリア映画の重鎮マルコ・ベロッキオ監督による渾身作。主人公は映画監督。突然、画面がモノクロになるかと思うと、新作のオーディションや、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を逸した監督が、亡霊のように現れて独白するなど脈絡もないようだが、実は、ベロッキオ独自のイマジネーションがダイナミックに展開しているのである。ベロッキオ自身を描いているかのような、イタリア的魅力溢れる不思議な作品。

■娘が結婚して寂しくなったベテラン映画監督のフランコ・エリカは、貴族出身で小説家のマンゾーニ原作による「いいなづけ」の映画化準備中に、ミステリアスな美女と出会う。それから暫く後、シチリアで新婚カップルを撮影中の演出家エンツォの家に招かれる。エンツォはフランコのファンだったのだ。すると、エンツォ家で奇妙な貴族が娘の結婚式の撮影を依頼してきたのだが…。












































本編 1時間45分
ブルーレイ
カラー
《Viva!イタリア vol.4》
あのバスを止めろ 字幕
 notturno bus
●監督:ダヴィデ・マレンゴ●出演:ジョヴァンナ・メッツォジョルノ(『コレラの時代の愛』)/ヴァレリオ・マスタンドレア(『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』)/エンニオ・ファンタスティキーニ(『宇宙人王(ワン)さんとの遭遇』)/フランチェスコ・パンノフィーノ/(『』)●2007年/イタリア

■ネオ・ノワール+クライム・サスペンス+ジェットコースター・ムービーの快作――ひょんなことからシークレットサービスに追われることになった男と女。走って逃げ、バスで逃げての息もつかせぬスリリングな逃走劇。アイロニカルな隠し味もきいた極上のエンターテイメント・ムービー。

■気弱で冴えない深夜バスの運転手フランツは、ポーカーで負けた借金の返済を迫られていた。 ある晩、フランツのバスに裸足の美女(レイラ)が飛び込んできた。女は、元ボーイフレンドに追いかけられていると言ってフランツのアパートに転がりこむ。ところがレイラは大嘘つきの女泥棒。ある男から盗んだパスポートに恐喝用のマイクロチップが仕込まれていたとは知らず、シークレットサービスの男たちから追われる身だった。 マイクロチップと400万ユーロの札束を巡る争奪戦に巻き込まれた2人は、執拗な追っ手から逃げて逃げて逃げまくる――。












































本編 1時間40分
デジタル
カラー
《Viva!イタリア vol.4》
いつだってやめられる 7人の危ない教授たち 字幕
 smetto guando voglio
●監督:シドニー・シビリア(『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』)●出演:エドアルド・レオ(『おとなの事情』)/ヴァレリア・ソラリーノ(『昼下がり、ローマの恋』)/ステファノ・フレージ(『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』)/ヴァレリオ・アプレア(『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』)/パオロ・カラブレージ(『ある天文学者の恋文』)●2014年/イタリア

落ちこぼれインテリの逆襲が始まった!

2009年に始まった欧州危機はイタリアにも拡大し、多くの研究者たちの収入はカットされ、職を追われる者も出た。そうした有能ながら高校教師に甘んじている理系学者が純度の高いドラッグを製造し、巨額の富を手に入れる――欧州危機に始まるイタリアの社会背景が生んだ痛快風刺コメディ。さらにスケールアップした続篇が『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』である。

■神経生物学者のピエトロは大学での職を追われ、恋人に打ち明けることもできず、ふとしたきっかけで思いついた新しいドラッグを開発することを決意。自分同様才能がありながら不遇をかこつ研究者仲間を集めてチームを結成する。新開発のドラッグは大人気となり、大きな富をもたらすが、ドラッグ市場を牛耳るボスに目を付けられたことから、次から次へと予想だにしない事態が発生する。ピエトロとその仲間たちは事態の収拾に奔走するが…。












































本編 1時間33分
デジタル
カラー
バンクシーを盗んだ男 字幕
 the man who stole banksy
●監督:マルコ・プロゼルピオ●ナレーション:イギー・ポップ(『ギミー・デンジャー』)●2017年/イギリス・イタリア

アートが世界を挑発する。

パレスチナのベツレヘムの〈分離壁〉にバンクシーが描いた絵が、地元住民の怒りを買う。1人の男がその壁を切り取り、ネットオークションで売却しようとするが――人々を翻弄する“覆面アーティスト”バンクシーの作品がもたらす光と闇に迫るドキュメンタリー。

■正体不明にして神出鬼没の技術テロリスト、バンクシーがパレスチナとイスラエルを分断する壁の一部に“ロバと兵士”の絵を描く。これが地元住民の怒りを買い、ひとりのタクシー運転手のカッターでその壁を切り取ってしまう。さらに、その切り取った壁を大手インターネットオークションサイトに出品し、最高額の入札者に売ろうと試みる。こうして、このコンクリートの壁画はパレスチナから海を渡り、美術収集家たちが待つ高級オークションハウスへ送られることになる。バンクシーと彼の描いた絵がもたらす影響力を辿った末に見えてきたものとは――。












































本編 1時間29分
デジタル
カラー
顔たち、ところどころ 字幕
 visages,villages
●監督・出演:アニエス・ヴァルダ(『アニエスの浜辺』)/JR(『知らない、ふたり』)●第70回カンヌ国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞受賞/第90回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー部門ノミネート●2017年/フランス

行先は、はじめてなのなになつかしい あの場所

映画監督アニエス・ヴァルダと、写真家でアーティストのJR。年の差54歳の二人がフランスの田舎町を旅しながら、人々とふれあい育む、でこぼこで優しい友情――市井の人々と接し作品を一緒に作り残していくロード・ムービースタイルのドキュメンタリー。

■女性映画監督の先駆者で“ヌーヴェル・バーグの祖母”とも呼ばれるアニエス・ヴァルダと、人々の大きなポートレイトを街に貼るプロジェクトで知られる新進気鋭のストリートアーティストJR(ジェイアール)。年の差54歳の2人がフランスの田舎を旅しながら、村々に住む市井の人々と接し友好を深め、作品を一緒に作っていく様子を記録していく。












































本編 1時間41分
デジタル
カラー
YOU達HAPPY映画版 ひまわり
 youtachi happy eigaban himawari
●監督:杉本達(『映画版 未来日記 -The Future Diary On The Film』)●出演:大東駿介(『望郷』)/佐久本宝(『怒り』)/西岡徳馬(『今夜、ロマンス劇場で』)/倉野尾成美(AKB48/チーム8)●2018年/日本

前田亘輝「TUBE」× 杉本達「映画 未来日記」が仕掛けた究極の町おこし作品

栃木県那須烏山市の過疎化問題を若者に焦点をあてて、その町の歴史や人情を知り、そして生まれ故郷をあらためて愛する――全編、TUBEの音楽が綴る青春と未来のシンフォニーは、町おこし映画の新たな手法として、オーディションで選ばれた2人の地元高校生を主人公に、ドキュメントと芝居を物語に融合させ、地域の人々や景色を鮮度よく、そしてリアルに描いたセミドキュメンタリー。

■那須烏山に住む2人の女子高生の佑香(本名)と由比(本名)は、町を盛り上げる為に開設されることになった地元のコミュニティFM立ち上げに参加する。FM運営の為に東京からやってきた夏生と龍二と共に番組のネタになるような地元の題材を探していく。ネタ探しに苦労する2人は、ある時、地元の“山あげ祭り”の深刻な担い手不足の問題に直面する。それは古くからの伝統・風習によって町が一つになれない事に起因していた。事態を解決する為に奔走する2人の高校生。彼女たちが仕掛けていく町おこし大作戦は、徐々に町の人々を巻き込んで、町のビックイベントになっていく――。












































本編 1時間53分
デジタル
カラー
判決、ふたつの希望 字幕
 l' insulte
●監督・脚本:ジアド・ドゥエイリ●出演:カメル・エル=バシャ/アーデル・カラム(『キャラメル』)●第74回ベネチア国際映画祭 最優秀男優賞受賞●第90回アカデミー賞 外国語映画賞ノミネート●2017年/レバノン・フランス

ただ、謝罪だけが欲しかった。

ふたりの男のささいな口論が国を揺るがす法廷争いに。法廷で次々と明かされていく衝撃の真実と主人公たちが背負った紛争や民族、政治、宗教といった複雑で繊細な問題。忌まわしい過去ゆえに対立する者同士は決してわかり合えないのか――人間の尊厳をかけ、彼らが見つけた新たな一歩に世界が震えた感動作。

■レバノンの首都ベイルート。その一角で住宅の補修作業を行っていたパレスチナ人の現場監督ヤーセルと、キリスト教徒のレバノン人男性トニーが、アパートのバルコニーからの水漏れをめぐって諍いを起こす。このときヤーセルがふと漏らした悪態はトニーの猛烈な怒りを買い、ヤーセルもまたトニーのタブーに触れる “ある一言”に尊厳を深く傷つけられ、ふたりの対立は法廷へ持ち込まれる。

やがて両者の弁護士が激烈な論戦を繰り広げるなか、この裁判に飛びついたメディアが両陣営の衝突を大々的に報じたことから裁判は巨大な政治問題を引き起こす。かくして、水漏れをめぐる“ささいな口論”から始まった小さな事件は、レバノン全土を震撼させる騒乱へと発展していくのだった…。












































本編 1時間23分
デジタル
カラー
スパイナル・タップ 字幕
 this is spinal tap
●監督:ロブ・ライナー(『最高の人生の見つけ方』)●出演:クリストファー・ゲスト(『ナイト ミュージアム2』)/マイケル・マッキーン(『コーンヘッズ』)/ハリー・シェアラー(『 ザ・シンプソンズ MOVIE』声)/ロブ・ライナー(『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』)/ジューン・チャドウィック(『ダブル・クロス』)●1984年/アメリカ

ロック映画でもコメディ映画でも史上№1に輝く笑撃の傑作。まさかの日本劇場初公開

あの世界的なロックバンドの重鎮“スパイナル・タップ”伝説の全米ツアーに完全密着。全人類必見の映像が、なぜかようやく今ごろ解禁!――虚構の出来事に基づいて作られるドキュメンタリー風パロディ「モキュメンタリー」の草分け的存在の作品で、架空のロックバンドの全米ツアーの模様を、実在するアーティストのパロディやロックバンドのあるあるネタ満載で描き、現在もカルト的人気を集める伝説のロックコメディ。『スタンド・バイ・ミー』等の名匠ロブ・ライナー監督デビュー作。

■1960年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド“スパイナル・タップ”。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン…時代とともに音楽性も変化させてきた彼らは、80年代にはハードロック・スタイルを武器にシーンの最先端を走っていた。そんななか、アルバムの発売が決定し、大々的な全米ツアーを行うことになる。

そんな彼らの大ファンである映画監督マーティ・ディ・ベルギーは、ツアーに密着。バンド結成秘話からメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死、トラブルから感動のステージまで、ファン必見のエピソードの数々が映し出される…。












































本編 2時間01分
デジタル
カラー
きらきら眼鏡
 kirakira megane
●監督:犬童一利(『つむぐもの』)●出演:金井浩人(新人)/池脇千鶴(『そこのみにて光輝く』)/安藤政信(『花芯』)/古畑星夏(『咲 Saki』)/杉野遥亮(『覆面系ノイズ』)●2018年/日本

自分の人生を愛せないと嘆くなら、愛せるように自分が生きるしかない。

恋人の死を乗り越えられずにいた明海は、一冊の古本がきっかけで、いつも笑顔の「あかね」と出会う。だが、彼女にはあまりにも切ない現実があった――「最後の1ページまで切ない…」と絶賛された森沢明夫の恋愛小説、待望の映画化。きらきら眼鏡とは、心にかける眼鏡。心の持ち方ひとつ、考え方ひとつで、何気ない日常を輝かせる生き方である。

■「時間って命と同じだから、もたもたしてたら時間切れになっちゃうよ」。恋人の死を乗り越えられずにいた明海は、一冊の古本がきっかけで出会ったあかねから、そう教えられる。いつも前向きで笑顔のあかねは、見たものぜんぶを輝かせる“きらきら眼鏡”をかけているという。だが、彼女もまた余命宣告された恋人の裕二と向き合うつらい現実を抱えていた。過去から立ち直れず、もがきながら生きてきた明海にとって、毎日を輝かせようとするあかねに、次第に惹かれていく――。












































本編 1時間50分
デジタル
カラー
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス 字幕
 buena vista social club: adios
●監督:ルーシー・ウォーカー(『ブラインドサイト~小さな登山者たち~』)●出演:オマーラ・ポルトゥオンド(『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』)/マヌエル“エル・グアヒーロ”ミラバール(『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』)/バルバリート・トーレス(『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』)/エリアデス・オチョア(『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』)/イブライム・フェレール(『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』)●2017年/イギリス

18年の愛をこめて。

1999年に大ヒットしたヴィム・ヴェンダース監督の『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』の続編。平均年齢73才となった5人のバンドメンバーが決行した“アディオス世界ツアー”に密着。メンバーの死も含めたその後の彼らの歩みに迫る音楽ドキュメンタリー。

■「バンドの始まりは?」と聞かれて、「50年代のキューバの大物ミュージシャンを集めたビッグバンドだ。それにライ・クーダーが乗ってくれた」と答える、レコードプロデューサーのニック・ゴールド。1998年、アムステルダム。その企画のもと前年にリリースしたアルバム「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」がグラミー賞を受賞して大ヒットを記録、初のコンサートに先駆けて開かれた記者会見の一幕だ。カメラは、その“大物たち”が、自らの生い立ちや音楽的ルーツを語る姿を映し出す。

1998年のアムステルダムに戻ったカメラは、コンサート2日前のリハーサルを捉える。あろうことかそこでは、言い争う声が飛び交っていた。普段は家族のように仲の良いメンバーが、音楽には一切の妥協を許さない瞬間だ。アムステルダムでのコンサートは、大盛況のなか幕を閉じる。そして2か月後、ニューヨークのカーネギー・ホールで夢の公演が実現、聴衆からの「ブラボー」の歓声に感激する彼らの映像に、今だからこそ聞ける“本音”がナレーションとして添えられる。

1999年、ドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』が完成、映画が拍車をかけバンドは社会現象となり、2000年から世界ツアーが始まった。栄光の日々を追うカメラは、避けては通れないメンバーの“死”へと切り込み、亡くなる数日前まで歌って弾いて踊った、彼らの熱い最期を伝える。そして残されたメンバーは、ステージでの活動を終えることを決意する。「人の命は奪えても、歌声は奪えない。」今、音楽への愛で結ばれたメンバーは、先に旅立った仲間たちの魂と共に、“アディオス世界ツアー”へと踏み出していく──。












































本編 1時間15分
デジタル
カラー
祝福 オラとニコデムの家 字幕
 komunia
●監督・脚本:アンナ・ザメツカ●出演:オラ・カチャノフスカ/ニコデム・カチャノフスキ/マレク・カチャノフスキ/マグダレナ・カチャノフスカ/アレクサンドラ・ボチャンスカ●山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 ロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)受賞●2017ヨーロッパ映画賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞●2016年/ポーランド

少女はこの世界に負けないように立っている。

弟に祝福がありますように。ばらばらになった家族がもう一度一つになりますように――ポーランド、ワルシャワ。14歳の少女の切ない願いと現実に心から寄り添い、世界中の賞に輝いた感動のドキュメンタリー。

■ワルシャワ郊外の街セロツク。14歳の少女オラの家族は、酒で問題を抱える父親と自閉症の13歳の弟ニコデム。母親は違う男性と離れて暮らしている。家事をこなし、弟の面倒を見るのはもっぱらオラの役目だ。現実は厳しい。それはわかっている。けれど、少女は心のどこかで夢見ている。弟の初聖体式が成功すれば、もう一度家族がひとつになれると――。












































本編 2時間05分
デジタル
カラー
30年後の同窓会 字幕
 last flag flying
●監督:リチャード・リンクレイター(『6才のボクが、大人になるまで。』)●出演:スティーブ・カレル(『フォックスキャッチャー』)/ブライアン・クランストン(『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』)/ローレンス・フィッシュバーン(『マトリックス』)/J・クイントン・ジョンソン(『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』)/ユル・ヴァスケス(『靴職人と魔法のミシン』)●2017年/アメリカ

涙をみせられる、友はいますか?

息子の遺体を故郷に連れ帰る旅に誘ったのは、30年間音信不通だった友。再会の旅は三人の心から剥ぎ取っていく。悲しみと罪悪感。そして寂しさも――名匠リチャード・リンクレイター監督が描く“50才のスタンド・バイ・ミー”は、悲劇がもたらした旅が再び人生を輝かせる感動のロードムービー。

■男一人、酒浸りになりながらバーを営むサルと、破天荒だったミューラーの元に、30年間音信不通だった旧友のドクが突然現れる。2人にドクは、1年前に妻に先立たれたこと、そして2日前に遠い地で息子が戦死したことを2人に打ち明け、亡くなった息子を故郷に連れ帰る旅への同行を依頼する。

バージニア州ノーフォークから出発した彼らの旅は、時にテロリストに間違われるなどのトラブルに見舞われながら、故郷のポーツマスへと向かう。30年前に起きた悲しい出来事をきっかけに出た再会の旅。語り合い、笑い合って悩みを打ち明ける旅路で、3人の人生が再び輝き出す――。












































本編 1時間50分
デジタル
モノクロ
危険な関係 《4Kデジタル・リマスター版》 字幕
 les liaisons dangereuses 1960
●監督:ロジェ・ヴァディム(『バーバレラ』)●出演:ジェラール・フィリップ(『肉体の悪魔』)/ジャンヌ・モロー(『死刑台のエレベーター』)/アネット・ヴァディム(『血とバラ』)/ジャン=ルイ・トランティニャン(『男と女』)/ジャンヌ・ヴァレリー(『殺しのテクニック』)●1959年/フランス

ジャズの名曲とシャネルが彩る恋愛映画の金字塔

ブリジット・バルドー、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェーン・フォンダなどの名女優たちを輝かせてきた巨匠ロジェ・ヴァディム監督が、恋愛の駆け引きを巧みに描いたラクロによる同名小説を初映画化。1960年代パリ上流社会の退廃的な官能美をスタイリッシュなモノクローム映像で描く。公開当時、本国フランスで上映禁止となり海外輸出禁止にもなった問題作が、約60年の時を経て、いよいよ4Kデジタル・リマスター版で美しく蘇る。

■外交官夫妻のバルモンとジュリエットは、パリの社交界でも目立つ存在だ。しかし、実際の二人は、お互いの情事の成果を報告し合う奇妙な夫婦関係を続けていた。ジュリエットは、愛人だったアメリカ人のコートが18歳のセシルと婚約したことを知り、嫉妬心からバルモンにセシルを誘惑するよう持ちかける。セシルを追って冬のメジェーヴまで来たバルモンは、そこで貞淑な人妻マリアンヌと出会い、本気になってしまう…。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
きみの鳥はうたえる
 kimi no tori wa utaeru
●監督・脚本:三宅唱(『密使と番人』)●出演:柄本佑(『素敵なダイナマイトスキャンダル』)/石橋静河(『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』)/染谷将太(『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』)/足立智充(『蜃気楼の舟』)/山本亜依●2018年/日本

函館の夏、まだ何ものでもない僕たち3人はいつも一緒だった――

函館郊外の書店で働く「僕」と⼀緒に暮らす失業中の静雄。「僕」と同じ書店で働く佐知子が加わり、3人は、夜通し酒を飲み、踊り、笑いあう。だが微妙なバランスのなかで成り立つ彼らの幸福な日々は、いつも終わりの予感と共にあった――『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』『オーバー・フェンス』に続く、佐藤泰志原作の映画化4作目は、若手実力派俳優と新鋭監督がつくりだした、今を生きる私たちのための青春映画。

■函館郊外の書店で働く「僕」は、失業中の静雄と小さなアパートで共同生活を送っていた。ある日、「僕」は同じ書店で働く佐知子とふとしたきっかけで関係をもつ。彼女は店長の島田とも抜き差しならない関係にあるようだが、その日から、毎晩のようにアパートへ遊びに来るようになる。こうして、「僕」、佐知子、静雄の気ままな生活が始まった。

夏の間、3人は、毎晩のように酒を飲み、クラブへ出かけ、ビリヤードをする。佐知子と恋人同士のようにふるまいながら、お互いを束縛せず、静雄とふたりで出かけることを勧める「僕」。そんなひと夏が終わろうとしている頃、みんなでキャンプに行くことを提案する静雄。しかし「僕」は、その誘いを断り、キャンプには静雄と佐知子のふたりで行くことになる。次第に気持ちが近づく静雄と佐知子。函館でじっと暑さに耐える「僕」。3 人の幸福な日々も終わりの気配を見せていた…。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
最初で最後のキス 字幕 
 un bacio
●監督:イヴァン・コトロネーオ(『あしたのパスタはアルデンテ』脚本)●出演:リマウ・グリッロ・リッツベルガー/ヴァレンティーナ・ロマーニ/レオナルド・パッザッリ/トマス・トラバッキ(『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』/デニス・ファゾーロ(『湖のほとりで』))●2016年/イタリア

不器用な僕らが、誰よりも輝いていた日々

イタリア地方都市の高校。スターを夢見る孤児ロレンツォと孤独な少女ブルー、バスケ選手のアントニオは学校のはみ出し3人組。ある日、ロレンツォは自分たちをいじめる生徒に復讐を試みる――16歳の恋と友情をビタースイートに描いた青春映画。

■イタリア北部・ウーディネ。スターを夢見るロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。クラスのはみ出し者だったブルーとアントニオと意気投合し、3人で友情を育んでいくが、ロレンツォのある行動がきっかけで少しずつ歯車が狂い始める――。












































本編 1時間54分
デジタル
カラー
教誨師(きょうかいし) 
 kyoukaish
●監督・脚本:佐向大(『ランニング・オン・エンプティ』)●出演:大杉漣(『蜜のあわれ』)/玉置玲央/烏丸せつこ(『祈りの幕が下りる時』)/五頭岳夫(『不安の種』)/光石研(『彼女の人生は間違いじゃない』)●2018年/日本

死刑囚6人との対話が始まる。

教誨師とは、受刑者の心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く人――全編、ほぼ教誨室という限られた空間での会話劇ながら息つく暇もなく、時にユーモアを交えて展開される魂のぶつかり合い。次第に浮き彫りとなるそれぞれの人生、そして人間の本質。“死”の側からとらえた強烈な“生”の物語。大杉漣、最初のプロデュース作にして最後の主演作。

■牧師の佐伯は、半年前に着任したばかりの教誨師。彼が面会するのは年齢、境遇、性格の異なる6人の死刑囚。独房で孤独な生活を送る彼らにとって、教誨師はよき理解者であり、恰好の話し相手。真剣に思いを吐露する者もいれば、くだらない話に終始する者もいる。一方の佐伯は彼らに寄り添いながらも、自分の言葉が本当に届いているのか、死刑囚たちが心安らかに最期を迎えられるよう導くのは正しいことなのか苦悩する。その葛藤を通し彼もまた、忘れたい過去と対峙し、自らの人生と向き合うことになる…。












































本編 1時間14分
デジタル
カラー
クレイジー・フォー・マウンテン 字幕
 mountain
●監督・脚本:ジェニファー・ピードン●ナレーション:ウィレム・デフォー(『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』)●2017年/オーストラリア

生きていることを実感する。だから人は山に夢中になる。

山に対する我々の飽くなき執念を目の眩むような映像で掘り下げ、山を愛する人に捧げた、地球上で最も美しい風景を描いた壮大なるオデッセイ――オーストラリア室内管弦楽団と『Sherpa』(15)で英国アカデミー賞にノミネートされた女性監督ジェニファー・ピードンの、映画と音楽のユニークなコラボレーション。第61回ロンドンフィルムフェスティバルで高い評価を受け、オーストラリアではNo.1のヒットを記録したドキュメンタリー。

■本作は、ロバート・マクファーレンの著書「Mountains of the Mind」をもとに構成され、人はなぜ山に登るのか、そしてなぜ山を愛するのか、の理由に迫る。登山の歴史を紐解きながら世界各地の名峰をたどり、エクストリームスポーツとしての山に至るまで、幅広く山への憧憬をうたった映像叙事詩である。

山岳撮影の第1人者、レナン・オズタークの協力のもと、多彩なフッテージ映像を使いながら、世界各地に広がる数々の難峰や名所を見せてくれる。ジェニファー・ピードン監督の前作『Sherpa』で描いたヒマラヤ山麓の映像や、エベレスト、モンブラン、メルー、アマ・ダブラムなどクライマー憧れの山映像がふんだんに使われており、世界各地のロケーションは、カナダ、フランス、日本、ネパール、パキスタン、スイス、チベット、アメリカなど22か国に及ぶ。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
ポップ・アイ 字幕
 pop eye
●監督・脚本:カーステン・タン(長編デビュー作)●出演:ボン(ゾウ)/タネート・ワラークンヌクロ(『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』)/ペンパック・シリクン(『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』)/チャイワット・カムディ/ユコントーン・スックキッジャー●第33回サンダンス映画祭 ワールド・シネマドラマ・コンペティション部門脚本賞受賞●第90回アカデミー賞 外国語映画賞シンガポール代表●2017年/シンガポール・タイ

旅は道連れ 世は情け

ゾウと中年男、タイ縦断500キロの摩訶不思議な旅がはじまる――タイに魅了され、"野良ゾウ"にインスピレーションを得たシンガポール出身の女性監督カーステン・タンが描く、かつてない奇想天外なロードムービー。

■かつて一級建築家として名を馳せたタナー。今は会社で居場所がなくなり、妻にも相手にされず、人生に疲れ切った中年男。ある日、彼はバンコクの路上で偶然、幼い頃に飼っていたゾウのポパイを見つける。いても立ってもいられなくなった彼は、数十年を経て巨大に成長したポパイを買い取って家に連れ帰るも、妻にキレられてしまう。

家庭も仕事も放り出したくなったタナーは、ポパイと二人で家出をして、幼い頃に一緒に暮らした故郷を目指して長い長い旅を始める。道中では、ちょっと間抜けな警官コンビや人生を悟ったホームレス、哀愁漂うニューハーフなど、個性豊かな人々と出会っていき…。












































本編 1時間40分
デジタル
カラー
悲しみに、こんにちは 字幕
 estiu 1993
●監督・脚本:カルラ・シモン(長編デビュー作)●出演:ライラ・アルティガス/パウラ・ロブレス/ブルーナ・クッシ/ダビド・ヴェルダグエル/フェルミ・レイザック(『ベラスケスの女官たち』)●第67回ベルリン国際映画祭 新人監督賞/ジェネレーションKplus部門グランプリ(青少年・子供映画の最高賞)受賞●第90回アカデミー賞 外国語映画賞スペイン代表●2017年/スペイン

かつて少女だった私たちへ――

スペイン・カタルーニャの陽光にきらめく、少女の“特別な夏”。小さな子どもから少女へと至る、人生でもっとも異質な時間。幼き心がはじめて生と死に触れる時。宝石の原石のような輝きとシャボン玉のような儚さをた携えた少女の“ひと夏”を描いた夏を瑞々しく描く――実話から生まれた忘れがたい名作。

■フリダは部屋の片隅で、荷物がダンボールに詰められるのを静かに見つめていた。その姿は、まるで母親が最後に残していった置物のようだ。両親を“ある病気”で亡くし一人になった彼女は、バルセロナの祖父母の元を離れ、カタルーニャの田舎に住む若い叔父家族と一緒に暮らすことになる。母親の入院中、祖母たちに甘やかされて育てられていた都会っ子のフリダ。一方、田舎で自給自足の生活を送っている叔父と叔母、そして幼いいとこのアナ。彼らは、家族の一員としてフリダを温かく迎え入れるが、本当の家族のように馴染むのには互いに時間がかかり…。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
ALONE アローン 字幕 
 mine
●監督・脚本:ファビオ・レジナーロ(『YES/NO イエス・ノー』脚本)/ファビオ・グアリョーネ●出演:アーミー・ハマー(『君の名前で僕を呼んで』)/アナベル・ウォーリス(『アナベル 死霊館の人形』)/トム・カレン(『ラスト・デイズ・オン・マーズ』)/ジェフ・ベル(『未来を花束にして』)/ジュリエット・オーブリー(『スティル・クレイジー』)●2016年/アメリカ・スペイン・イタリア

一歩踏み出して死ぬか、このまま死ぬか――

誰もいない何もない砂漠で地雷を踏み、取り残された兵士。救援まで52時間――途方もない極限状況に陥った青年の運命を、今、世界を魅了するスター俳優アーミー・ハマーが、全編出ずっぱりの入魂演技で体現した“絶対絶命”のワン・シチュエーション・スリラー。

■射撃の名手である米軍兵士マイクが砂漠でのテロリスト暗殺のミッションに失敗し、相棒のトミーとともに退却を余儀なくされる。しかし徒歩での移動中、ふたりは3000万個以上の地雷が埋められた危険地帯にさまよい込み、トミーが爆死してしまう。自らも地雷を踏んでしまったために身動きを封じられたマイクは、昼は灼熱の太陽が照りつけ、夜は極寒地獄と化す過酷な自然環境に身も心も疲弊していく。

たった独り。水なし。食料なし。通信手段なし。救助部隊が到着するまで52時間。一歩でも動いたら即死。予測不能のアクシデントに見舞われ続けるマイクは、極度の疲労で意識が混乱するさなか、幼少期の恐ろしいトラウマに襲われ、いよいよ自らの生死を分かつ決断に迫られる…。












































本編 1時間50分
デジタル
カラー
追想 字幕
 on chesil beach
●監督:ドミニク・クック(『劇場版 嘆きの王冠 -ホロウ・クラウン-/リチャード三世』)●出演:シアーシャ・ローナン(『レディ・バード』)/ビリー・ハウル(『ベロニカとの記憶』)/エミリー・ワトソン(『奇跡の海』)/アンヌ=マリー・ダフ(『未来を花束にして』)/サミュエル・ウェスト(『私が愛した大統領』)●2017年/イギリス

一生忘れられない恋だった。

たった1日で終わった結婚。若い2人の狂った歯車は、止まることはなかった――20代前半の若い男女の揺れ動く心情、誰もが経験する“ 大人になる瞬間”の儚さと美しさ。愛するがゆえに生まれてしまうすれ違いには胸を締めつけられ、最後には静かな波のような感動が押し寄せてくる唯一無二のラブストーリー。天才女優としてアカデミー賞の常連になっているシアーシャ・ローナンが、出世作『つぐない』の原作者イアン・マキューアンと再タッグを組んだ話題作。

■1962年、夏。世界を席巻した英国ポップカルチャー「スウィンギング・ロンドン」が本格的に始まる前のロンドンは、依然として保守的な空気が社会を包んでいた。そんななか、幸せいっぱいの若い夫婦が誕生する。カルテットの一員となり、大きな舞台でコンサートを開くことを夢見ていたのは、美しく野心的なバイオリニストのフローレンス。一方のエドワードは、歴史学者になることを目指しながら自由に暮らしていた。まるで接点のなかった2人だったが、ある日偶然出会い、一目で恋に落ちる。

そしてついに、フローレンスとエドワードは人生をともに歩んでいくことを決意する。偶然の出会いをきっかけに恋に落ち、それぞれが抱える問題を乗り越えて強く結ばれていた。結婚式を無事に終えて向かった先は、新婚旅行先のチェジル・ビーチ。そこで幸せの絶頂を迎えるはずだった。ところが、初夜にある出来事が起きてしまい、フローレンスとエドワードの運命が少しずつ狂い始める。幸せを夢見た2人が出した答えとは…。











































本編 時間分
デジタル
カラー

 t












































本編 1時間57分
デジタル
カラー
セラヴィ! 字幕 
 le sens de la pete
●監督・脚本:エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ(『最強のふたり』)●出演:ジャン=ピエール・バクリ(『みんな誰かの愛しい人』)/ジャン=ポール・ルーヴ(『ダリダ』)/ジル・ルルーシュ(『友よ、さらばと言おう』)/ヴァンサン・マケーニュ(『メニルモンタン 2つの秋と3つの冬』)/アイ・アイダラ(『ゴダール・ソシアリスム』)●2017年/フランス

ハレの日もあれば、悩める日もあるさ

「セラヴィ!―まぁ、これも人生さ!」フランス人が日常でしばしばつかう、エスプリを効かせた幸せの合言葉。ポンコツなウェディングスタッフが集まったパーティはトラブル続出の大惨事――『最強のふたり』監督・スタッフ最新作は、結婚式を舞台に繰り広げられる、遊びゴコロと優しさに満ち溢れた、私たちへの人生賛歌。

■ウェディングプランナーとして30年間、数え切れないほどの結婚式をプロデュースしてきたマックスは、そろそろ引退を考えていた。そんなある日、17世紀の城を舞台にした豪華絢爛な結婚式の依頼が舞い込んだ。いつも通り式を成功させようと、完璧な準備を整えたのだが、なんと集まったスタッフたちが全員ポンコツ!!

バンドのボーカルは新郎の希望と真逆の歌を熱唱しワンマンショー気取り、カメラマンは写真撮影よりもつまみ食い、ウェイターは新婦にうつつを抜かし、おしゃべりに夢中…。マックスの努力も虚しく、次第に式は大惨事と化す…。前途多難すぎる結婚式、果たして、チーム一丸となって成功させることはできるのか!?












































本編 1時間15分
デジタル
カラー
世界が愛した料理人 字幕
 soul
●監督:アンヘル・パラ/ホセ・アントニオ・ブランコ●出演:エネコ・アチャ/マルティン・ベラサテギ/カルメ・ルスカイェーダ/ジョエル・ロブション(『和食ドリーム』)/小野二郎(『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』)●2016年/スペイン

世界中から賞賛を浴びるミシュラン★★★料理店。創作の極意がここにある!

スペイン・バスクから東京へ。スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得した天才料理人エネコ・アチャ。料理の真髄を極めるために辿り着いたのは“和食”。そして世界最年長三ツ星の寿司店「すきやばし次郎」の小野二郎だった――ミシュランガイドで三ツ星を獲得したレストランが続々登場する、料理の神髄を探求するドキュメンタリー。

■スペインとフランスにまたがるバスク地方。そこはミシュラン星付きレストランも多く、世界的に美食の街として知られる。バスク州ビルバオ近郊の名店「アスルメンディ」をプロデュースする料理人エネコ・アチャ。スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得した彼の華麗でサステナブル(持続可能)な料理には世界中から多くの顧客が集まる。昨年は六本木に「エネコ東京」もオープンさせた。

農園とレストランが隣接する独特の環境の中で、料理を極めることに命を懸ける彼は、最高の料理に必要なもの、料理に込めるべき魂とは何かを求めるため、東京・銀座にある「すきやばし次郎」の主人、小野二郎に会いに行く旅に出た…。サンパウ、ジョエル・ロブションなど世界的な名店の創作の秘密も紐解きながら、エネコが目指す究極の料理の姿が次第に明らかになる。












































本編 2時間02分
デジタル
カラー
バトル・オブ・ザ・セクシーズ 字幕
 battle of the sexes
●監督:ヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン(『リトル・ミス・サンシャイン』)●出演:エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)/スティーブ・カレル(『フォックスキャッチャー』)/アンドレア・ライズブロー(『シャドー・ダンサー』)/サラ・シルヴァーマン(『俺たちポップスター』)/ビル・プルマン(『インデペンデンス・デイ』)●2017年/アメリカ

時代を変えた、〈女と男の熱い戦い〉!

女子現テニス世界チャンピオン29歳vs男子元世界チャンピオン55歳。果たして勝者はどちらか?そして、この戦いの本当の目的とは?――スポーツ界はもちろん、政治や社会、学校や家庭における女と男の関係までも変えた世紀の戦いの全貌が、今明かされる! 最高に爽快で痛快なラストが、真に自分らしくあるための勇気と希望をくれる感動の実話。

■1973年、全世界で9,000万人の目をくぎ付けにした決戦があった。女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスの戦いだ。男女平等を求める運動が起こっていたが、あくまで“始まり”にすぎなかったこの時代、女子の優勝賞金が男子の1/8だという事実に抗議したビリー・ジーンは、仲間と共に“女子テニス協会”を立ち上げ、自分たちでスポンサーを探し出す。

そんなビリー・ジーンに、“男性優位主義の代表”として挑戦状を叩きつけたのが、ボビー・リッグスだ。一度は拒否したビリー・ジーンだが、彼女にはすべてをかけて戦わなければならない理由があった。遂に“バトル・オブ・ザ・セクシーズ=性差を超えた戦い”が幕を開ける──。












































本編 1時間20分
ブルーレイ
カラー
奇跡の子どもたち
 kiseki no kodomotachi
●監督・プロデュース:稲塚秀孝●出演:松林佳汰/松林亜美/松林勝之/松林瑠美/松林紗希●語り・歌:加藤登紀子●2017年/日本

■日本でたった3人しかいない寝たきりの希少難病の患者と家族を10年間追った感動のドキュメンタリー。

■2004年、日本で初めて「AADC欠損症」患者が見つかり、3人だけだったため“希少難病”と呼ばれた。生まれつき運動機能を司る「AADC酵素」がないため、寝たきりになり、自分の意思で体を動かせず、言葉を発することもできない。眼球が上転する発作、全身が硬直する発作(ジストニア)が日に何度も起きる。痰を吐きだすことができにくくなり、頻繁に吸引し、液体状の栄養や薬をチューブで鼻から補給していたが、さらに“胃瘻”や“気管切開”に至ってしまう。

治療法が見つからず希望を失いかけていた2015年春、新たな治療法、遺伝子治療が行われる。生まれつきなかったAADC酵素を脳内に注入するという小児神経では国内初の手術だった。そして術後一年半が経ち、首が座り、自分の意思でものを掴み、歩行器を使って歩き始めるようになったのである――。











































本編 1時間53分
デジタル
モノクロ
ゲッベルスと私 字幕
 a german life
●監督:クリスティアン・クレーネス/フロリアン・ヴァイゲンザマー/オーラフ・S・ミュラー/ローラント・シュロットホーファー●2016年/オーストリア

なにも知らなかった 私に罪はない。

ナチス宣伝大臣ゲッベルスの秘書ブルンヒルデ・ポムゼル103歳。彼女の発言は、20世紀最大の戦争の記憶を呼び起こす――1942年から終戦までの3年間、ゲッベルスの秘書として働き、近代における最も冷酷な戦争犯罪者のそばにいた人物が、終戦から69年の沈黙を破り独白する貴重なドキュメンタリー。

■“ホロコーストについてはなにも知らなかった”と語るポムゼルの30時間に及ぶ独白インタビューは、20世紀最大の戦争と全体主義の下で抑圧された人々の人生を浮き彫りにする。いくつもの高精度カメラは、ポムゼルの深く刻まれた顔の皺や表情だけではなく、瞳の奥に宿す記憶をも鮮明にとらえる。幼少の頃の父親の思い出、初めて出来た恋人の話、ユダヤ人の友人の面影そして“紳士”ゲッベルスについて、103歳とは思えぬ記憶力でカメラに語りかける。“いわれたことをタイプしていただけ”と語りながらも、時折、表情を強張らせて慎重に言葉を選ぶポムゼル。それは、ハンナ・アーレントにおける“悪の凡庸さ”をふたたび想起させる。

本作品には、当時、世界各国で製作された様々なアーカイヴ映像が数多く挿入される。ナチスを滑稽に描くアメリカ軍製作のプロパガンダ映画、ヒトラーを揶揄する人々を捉えたポーランドの映像、ゲッベルスがムッソリーニとヴァカンスを楽しむプライベート映像、そして戦後、ナチスのモニュメントを破壊する人々やホロコーストの実態を記録した映像。それらは、戦争という人間の愚行はいつでも繰り返されることを語り、戦争の続く今日に警鐘を鳴らしている。












































本編 1時間37分
デジタル
カラー
 
 juu
●監督:武正晴(『百円の恋』)●出演:村上虹郎(『2つ目の窓』)/広瀬アリス(『巫女っちゃけん。』)/日南響子(『桜姫』)/新垣里沙(『ブラック・フィルム』)/岡山天音(『ポエトリーエンジェル』)●2018年/日本

これほど美しく、手に持ちやすいものを、私は他に知らない――。

河原で偶然にも拳銃を拾ってしまった大学生のトオルは、銃が放つ緊張感とスリルに魅了され、やがて銃を持ち歩くようになる――芥川賞作家・中村文則の同名デビュー作を映画化。銃に支配され、徐々に狂気が満ちていく青年を描く衝撃のフィルムノワール。

■俺は拳銃を拾った――。大学生、西川トオルは、雨の夜の河原で、ひとりの男の死体と共に放置されていた拳銃を手にし、それを自宅アパートに持ち帰った。まもなく、その銃は彼にとって、かけがえのない宝物のような存在になった。見つめれば見つめるほどに、触れたならば触れるほどに、愛しさがこみあげてくる。誰かを脅すことも、守ることも、殺すことも、また自ら死ぬことも可能にする銃という〈道具=武器〉は、大学生活の心的様相もあざやかに変えていく。

そんなある日、トオルのアパートをひとりの刑事が訪れた。刑事は、トオルと銃のすべてを知っているようだった。部屋に入ろうとする刑事をなんとか防いだトオルだったが、喫茶店に移動して、尋問を受ける。「人間を殺すとね、不思議なことかもしれませんが、普通の理性でいれなくなるそうですよ」そして、刑事からある言葉が発せられたとき、トオルは後戻りのできない「どこか」に、否応なく踏み出していくのだった――。












































本編 1時間55分
デジタル
カラー
モダン・ラブ
 modern love
●脚本・監督:福島拓哉(『アワ・ブリーフ・エタニティ』)●出演:稲村梓(『LEGACY TIME』)/高橋卓郎(『あの娘、早くババアになればいいのに』)/芳野正朝(『Please Please Please』)/今村怜央/佐藤睦(『ヴァージン』)●2018年/日本

この恋が終わるとき、新しい世界がはじまる。

「起きてないことはすべて、起こり得るってことだから。気づいてないだけで」――パラレルワールドを題材に、5年前に失踪した恋人を思うヒロインの孤独と葛藤を描き出すサイコファンタジー。東京国際映画祭ほか世界各国の映画祭で絶賛、全国公開された『アワ・ブリーフ・エタニティ』の福島拓哉による、8年ぶりのオリジナル長編作品。

■東京、現在。NASAが太陽系内に生命体が存在する可能性のある新惑星・エマノンを発見したと発表。衝撃的なニュースは世界中を駆け巡り、新惑星ブームが到来する。しかし人々の盛り上がりと裏腹に、異常気象が頻発するようになる。

旅行代理店でアルバイトをしながら、大学で理論物理学を専攻している大学院生・ミカは、5年前に失踪してしまった恋人・テルのことが忘れられない。彼女は一見普通の大学院生だが、出会い系アプリで男を漁り孤独を埋めつつ、妄想でテルと会話している。そんなミカの様子を、親友のゲイ・シゲや、研究室の先輩・高山は心配している。

ある日、ミカは発作的に既視感を覚えるようになり、もう一人の自分と出会ってしまう。互いに驚く二人のミカだが、どうすればいいかわからない。テルの親友・バードに相談しに行くと、さらにもう一人のミカが現れ、それぞれが本来は違う世界線に存在するミカだということがわかる。パラレルワールドが交錯してしまっているのは、エマノンの影響かもしれない、とバードは語る。

テルが失踪した世界のミカ、テルと出会い恋が始まる世界のミカ、そしてテルが既に死んでいる世界のミカ。三人はそれぞれの人生を変える選択を迫られる…。












































本編 1時間51分
デジタル
カラー
太陽の塔
 taiyo no to
●監督:関根光才(『BUNGO ~ささやかな欲望~ 告白する紳士たち』)●2018年/日本

「何だったんだ、これは!!」

土偶の怪獣?宇宙人の建造物?岡本太郎は何のために創ったのか?――1970年開催の日本万国博覧会(大阪万博)で、ひときわ異彩を放っていたのが芸術家・岡本太郎の意匠により制作され、大阪のシンボルのひとつとして親しまれる太陽の塔だった。約半世紀ぶりに内部公開が実現し、再び脚光を浴びる“太陽の塔“。その魅力と謎に迫る、最初で最後のドキュメンタリー映画。

■2018年3月、48年ぶりに内部展示「生命の樹」の一般公開が始まるやいなや、見学希望者が殺到。一時はサイトのサーバーがダウンする事態にまでとなった。今秋には、「太陽の塔」展の開催も決まっており、48年の時を超えて、再び太陽の塔に注目が集まっている。

80年代、「芸術は爆発だ!」という言葉で、一躍世間の注目を浴びた岡本太郎。「凡人の理解を超えた変わり者」というタレントのイメージもあるが、画家・写真家・彫刻家・建築家・思想家の顔を持ち、芸術家という言葉にはとうてい収まり切らないスケールの大きな人物だ。本作では岡本太郎に影響を受けた人々をはじめ、総勢29名へのインタビューを敢行。芸術論だけでなく、社会学・考古学・民俗学・哲学の結晶としての岡本太郎が語られ、「太陽の塔」に込められたメッセージを解き明かす。












































本編 2時間08分
デジタル
カラー
乱世備忘 僕らの雨傘運動 字幕
 yellowing
●監督:チャン・ジーウン●2016年/香港

未来は一瞬じゃ変えられない でもこの時間がいつか未来をつくる

「僕たちは何かを変えたか――」。2014年、自分たちで香港の代表を選ぶ民主的な普通選挙を求めて若者が街を占拠した「雨傘運動」79日間の記録――香港の新世代による、香港、そしてアジアの未来を見つめる社会派青春群像劇ドキュメンタリー。

■僕が生まれる前、1984年に香港が1997年に中国に返還される事が決まった。2014年、香港にはいまだに民主主義はない。自分たちで香港の代表を選ぶ「真の普通選挙」を求めて若者が街を占拠した、雨傘運動。同じ「香港人」であるはずの警官たちからの浴びせられる催涙弾に皆が雨傘を手に抵抗し、僕はカメラを手にデモに向かった。そこで映画の主人公となる仲間たち、大学生のレイチェル、ラッキー、仕事が終わってからデモに駆けつけてくる建築業のユウ、授業のあと1人でデモに来た中学生のレイチェルたちに出会った。

香港の街が占拠され、路上にはテント村ができ、自習室ではラッキーの英語無料教室が開かれた。テントをたて、水を運び、そして夜は一緒にマットを敷いて路上に寝る日々。討議がまとまらず言い争いになると「これが民主主義」だと、皆で笑いあう。こんな香港を見るのははじめてだった。

当時27歳だった陳梓桓(チャン・ジーウン)監督が仲間たちと過ごした、未来のための備忘録。香港に暮らす「普通」の僕たちが、「香港人」として「香港の未来」を探した79日間の記録――。























































本編 時間分
デジタル
カラー

 t