本編 1時間33分
デジタル
カラー
見栄を張る
 mie wo haru
●監督・脚本:藤村明世●出演:久保陽香(『たまゆら』)/岡田篤哉(『光』)/似鳥美貴/真弓(『丸』)/倉沢涼央●2017年/日本

28歳、売れない女優。そろそろ本気出す。

崖っぷちヒロインが新たに挑む仕事は「泣き屋」!?――【人は何故泣くのか?生者への見栄なのか、死者への浄化なのか?未熟な女優である主人公は、泣くことを職業にした姉の存在を通して、泣くことの、そして、女優であることの意味を考えていく。爽やかな読後感の残る好編。(是枝裕和:監督)】。失われゆく人との絆、そして、夢をあきらめきれないヒロインの成長を、27歳の新鋭、藤村明世監督が繊細かつポップに描いた癒しの人間ドラマ。

■周囲には“女優”として見栄を張りながらも、鳴かず飛ばずな毎日を過ごす28歳の絵梨子。ある日、姉の訃報を受け帰郷した絵梨子は、姉が葬儀で参列者の涙を誘う「泣き屋」の仕事をしていたことを知る。その仕事の真の役割を知らぬまま、絵梨子は女優ならば簡単にできると思い、「泣き屋」を始めてみるのだが…。












































本編 1時間31分
デジタル
モノクロ
それから 字幕
 the day after
●監督・脚本:ホン・サンス(『自由が丘で』)●出演:キム・ミニ(『お嬢さん』)/クォン・ヘヒョ(『ラスト・プレゼント』)/キム・セビョク(『ひと夏のファンタジア』)/チョ・ユニ(『LUCK-KEY/ラッキー』)/キ・ジュボン(『チング 永遠の絆』)●第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品●2017年/韓国

人生はままならぬ。

妻に浮気を疑われているボンワン社長の出版社に勤めることになったアルムは、出勤初日に妻から不倫相手だと勘違いされ、大迷惑。さらに元社員の愛人もひょっこり戻り、思わぬ騒動に巻き込まれるが――カンヌが熱い視線を送った、今、世界一センセーショナルな監督と女優、名匠ホン・サンス×キム・ミニが紡ぐ、男と女の可笑しみ。そこはかとなく漂うユーモアが理不尽な世の中を突き破る人間ドラマ。

■アルムは、著名な評論家でもあるボンワンが社長をつとめる小さな出版社に勤めることになった。ボンワンは、毎朝4時半に起きて出勤し夜遅くまで帰らないことで、妻に浮気を疑われている。アルム初出勤の日、事務所に踏み込んできた女に、アルムはいきなり殴られた。浮気の証拠を見つけたボンワンの妻が、アルムを夫の愛人だと勘違いしたのだ。追い詰められたボンワンは、不倫の相手は外国に行ってしまい、居場所は知らないと答える。

夜、ボンワンはアルムをお詫び代わりに食事に連れて行く。アルムは仕事を辞めると告げるが引き止められる。ところがそこに、アルムの前任者でボンワンの浮気相手であるチャンスクが前触れもなく姿を現す。そして、舌の根も乾かぬうちに、二人から出版社を辞めて欲しいと頼まれるアルム。あまりの理不尽さに憤るが、アルムは数冊の本をもらい出版社を後にする。それから――ボンワンの評論が有名な賞を受賞した。アルムがお祝いを伝えるために出版社を訪れると…。












































本編 1時間41分
デジタル
カラー
夜の浜辺でひとり 字幕
 on the beach at night alone
●監督・脚本:ホン・サンスス(『自由が丘で』)●出演:キム・ミニ(『お嬢さん』)/ソ・ヨンファ(『自由が丘で』)/クォン・ヘヒョ(『それから』)/チョン・ジェヨン(『さまよう刃』)/ソン・ソンミ(『次の朝は他人』)●第67回ベルリン国際映画祭 主演女優賞(銀熊賞)受賞●2017年/韓国

覚悟しかない。

スキャンダルですべてを捨て、港町ハンブルクにやってきた女優ヨンヒ。待ち人は来ない。月日は流れ、旧友との再会によって女優復帰を考えるようになるのだが――焦らない、闘わない、無理しない、恋したい。だから、覚悟を決めて一歩を踏み出す。ホン・サンスによる比類なき女性賛歌は、キム・ミニが初の栄冠(ベルリン国際映画祭 主演女優賞)に輝いた話題作。

■女優のヨンヒは既婚男性との恋に疲れ、キャリアを捨ててドイツのハンブルクにやってきた。ハンブルクに暮らす女友達のジヨンと街を散策し、この外国の街に住む自分を夢想する。韓国から会いにくると言っていた恋人の言葉に期待しながら、今では半信半疑でいる。

そして時は流れ、帰国したヨンヒは東海岸の都市、江陵(カンヌン)を訪れる。先輩のジュニとの約束までの間、映画館を訪れると、昔馴染みのチョンウとミョンスに会う。飲みに行った先で、ヨンヒは皆から魅力的になったと言われる。焼酎とマッコリととめどない会話。どこか乱暴に振る舞うヨンヒを皆は温かく受け止め、ジュニは愛おし気に眺めている。友人たちと話すうちに、ヨンヒは女優復帰することを考え始める。ひとり、ホテル傍の浜辺を訪れ砂浜に横たわるヨンヒ。心配する声に顔を上げると、知り合いの映画スタッフがいる。彼らはヨンヒが付き合っていた映画監督サンウォンの次回作のロケハンをしていたという。監督もカンヌンに来ていると言われたヨンヒは…。












































本編 2時間01分
デジタル
カラー
正しい日 間違えた日 字幕
 right now, wrong then
●監督・脚本:ホン・サンス(『自由が丘で』)●出演:チョン・ジェヨン(『 トンマッコルへようこそ』)/キム・ミニ(『お嬢さん』)/コ・アソン(『戦場のメロディ』)/チェ・ファジョン/ソ・ヨンファ(『夜の浜辺でひとり』)●2015年/韓国

これは恋?それとも、ほろ酔い?

予定より一日早く水原(スウォン)に到着してしまった映画監督のチュンスは、魅力的な女性ヒジョンに出会う。二人はコーヒーを飲み、人生について語らい、お酒も入ってほろ酔い加減でいい雰囲気になるのだが――運命的に出逢った男女が、「タイミング」の違いによってたどりつく、2つのラスト。前半と後半2通りの展開で、恋の天国と地獄をそれぞれ描いてみせる異色のラブストーリー。

■【前半】あの時は正しく 今は間違い――映画監督のハム・チュンス は特別講義で水原(スウォン)にやってくる。スタッフのミスで予定より一日早く到着してしまった彼は、観光名所で魅力的な女性ヒジョンを見かけ声をかける。絵を描いて暮らしているという彼女のアトリエを訪れ作品を褒め、寿司屋で過ごし、一緒にヒジョンの先輩が集まるカフェを訪れる。甘い雰囲気の2人だったが…。

【後半】今は正しく あの時は間違いだった――映画監督のハム・チュンスは特別講義でスウォンにやってくる。絵を描いて暮らしているという魅力的な女性ヒジョンと知りあい、アトリエにやってきた2人。チュンスが正直に絵を評したことで、ヒジョンを怒らせてしまう。寿司屋で弱さを見せるヒジョンに、チュンスは「愛している」と告白し、ある事実を告げるのだが…。












































本編 1時間09分
デジタル
カラー
クレアのカメラ 字幕
 claire's camera
●監督・脚本:ホン・サンス(『自由が丘で』)●出演:キム・ミニ(『お嬢さん』)/イザベル・ユペール(『未来よ こんにちは』)/チャン・ミヒ(『悲夢』)/チョン・ジニョン(『江南ブルース』)/ユン・ヒソン●第70回カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション出品●2017年/韓国

あなたの未来がうつるんです。

陽光まぶしいカンヌを舞台に繰り広げられる、映画祭の裏事情。栄光は誰の手に?――カンヌ映画祭からシネマ・マジックともいえる作品が生まれた。ホン・サンス監督がお気に入りの女優二人と一緒に、魔法を使ったかの如く撮りあげた舞台は2016年のカンヌ映画祭。イザベル・ユペールは『エル ELLE』、キム・ミニは『お嬢さん』と、共にコンペティション部門出品の映画の上映でカンヌに来ていた。その機会を利用したわずか数日の撮影で、このチャーミングな映画は生まれた。華やかな舞台の陰で繰り広げられるカンヌ映画祭の裏事情と人間模様がユーモアたっぷりに描かれる。

■映画会社で働くマニは、カンヌ国際映画祭への出張中に、突然社長から解雇されてしまう。帰国日を変更することもできず、一人カンヌに残ることにしたマニは、ポラロイドカメラを手に観光しているクレアと知り合う。クレアは、自分が一度シャッターを切った相手はもう別人になるという自説を持つ、不思議な人物だった。そこで二人は、マニが解雇を言い渡されたカフェに行き、同じ構図で写真を撮るのだが…。












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
君が君で君だ
 kimiga kimide kimida
●監督:松居大悟(『アイスと雨音』)●出演:池松壮亮(『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』)/キム・コッピ(『クソすばらしいこの世界』)/満島真之介(『風俗行ったら人生変わったwww』)/大倉孝二(『ロマンス』)/向井理(『いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)』)●2018年/日本

この愛は純情か、それとも異常か。

尾崎豊、ブラピ、龍馬。なりきり10年!君のことが大好きだから、君の好きな男になりきる――松居監督が長年温め続けてきた完全オリジナルラブストーリーは、自分の名前すら捨てた男3人の超純情エンターテイメント。

■日本の伝説のロックシンガー尾崎豊になり切る男、世界中の誰もが知るハリウッドの名俳優ブラッド・ピットになり切る男、そして日本の歴史を変えた坂本龍馬になり切る男。彼らは自分の名前さえ捨て去り、好きな女の子の好きな人になり切って、10年間彼女を見守ってきた――。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
ガチ星
 gachiboshi
●監督:江口カン(『東京オンリーピック』)●出演:安部賢一/福山翔大(『富美子の足』)/林田麻里(『XXX KISS KISS KISS』)/船崎良(『劇場版ほんとうにあった怖い話2017』)/森崎健吾●2017年/日本

俺の人生を、笑うな。

戦力外通告、不倫、ギャンブル、借金、四十男が再起をかけたのは競輪だった――競輪発祥の地である福岡県・小倉を舞台に、自堕落な元プロ野球選手が再起と復活をかけ奮闘する姿を描く。俳優陣が、本物の競輪学校での特訓合宿を経て挑んだ競輪シーンはまさに“ガチ”な人間ドラマ。

■濱島浩司、39歳。8年前はプロ野球選手として活躍していたが、戦力外通告を受けて以降、生活は荒れる一方。それが原因で妻や息子と離れた濱島は、故郷の北九州で、親友の居酒屋を手伝うことに。相変わらずパチンコや酒に溺れ、挙げ句に親友の妻と浮気するなど自堕落な生活が続く中、濱島はなじみのラーメン屋で、競輪選手になることを勧められる。

「40歳以上でも入学できる」と聞き、競輪学校に入学した濱島を待っていたのは、教官からの猛烈なしごきと、20歳以上も歳の離れた若者たちからのいじめだった。持ち前の負けん気で過酷なトレーニングに何とか食らいつき、いじめにも屈しない濱島。だが一方で自堕落な生活からは抜け出せず、成績は一向に振るわない。崖っぷちな状況をみずから招いていた彼は、ある日同郷の同級生、久松孝明の存在を知る。他の生徒とは違い、圧倒的な成績を残す彼は、弱った母を施設に預け、帰る場所をなくしてまで競輪にかけていた。「これしかねえっちゃ」。ひとり黙々と自転車を漕ぐ久松の姿に吸い寄せられた濱島は、見失った本当の自分を取り戻すために立ち上がる——。












































本編 1時間32分
デジタル
カラー
ラッカは静かに虐殺されている 字幕
 city of gohsts
●監督:マシュー・ハイネマン(『カルテル・ランド』)●第24回シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭審査員大賞 受賞●2017年/アメリカ

我々が勝つか 皆殺しされるかだ

武器はスマホ。戦後最悪の内戦で勃発したニュータイプの戦争に迫るドキュメンタリー史上、最も緊迫した90分――アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞候補になるなど各国の映画祭で高い評価を受けハイネマン監督が次にカメラを向けたのは、5年間での死亡者が47万人にものぼるシリア内戦だった。その内戦で兵士ではなく、市民が結成したジャーナリスト集団“RBSS”(Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)がスマホを武器に闘うニュータイプの戦争に迫る。

■戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。2014年6月、その内戦において過激思想と武力で勢力を拡大する「イスラム国」(IS)がシリア北部の街ラッカを制圧した。かつて「ユーフラテス川の花嫁」と呼ばれるほど美しかった街はISの首都とされ一変する。爆撃で廃墟と化した街では残忍な公開処刑が繰り返され、市民は常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていた。

海外メディアも報じることができない惨状を国際社会に伝えるため、市民ジャーナリスト集団“RBSS”(Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)が秘密裡に結成された。彼らはスマホを武器に「街の真実」を次々とSNSに投稿、そのショッキングな映像に世界が騒然となるも、RBSSの発信力に脅威を感じたISは直ぐにメンバーの暗殺計画に乗り出す――。












































本編 1時間09分
デジタル
カラー
ラジオ・コバニ 字幕
 radio kobani
●監督:ラベー・ドスキー(『スナイパー・オブ・コバニ』)●出演:ディロバン・キコ●2017年コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭F:ACT賞 受賞●2016年/オランダ

ラジオから聞こえる「おはよう」が、今日も街に復興の息吹を届ける

ISとの戦闘で瓦礫と化したシリア北部の街で、大学生のディロバンは手作りのラジオ局をはじめる――戦闘真っ只中の2014年から、コバニに復興の光が差し込み始めるまでの激動の3年間を追い、やがて日常生活のささやかな喜びや恋愛を享受するディロバン自身の姿も捉えたドキュメンタリー。

■トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014年9月から過激派組織「イスラム国」(IS)の占領下となるも、クルド人民防衛隊(YPG)による激しい迎撃と連合軍の空爆支援により、2015年1月に解放された。人々はコバニに戻って来たが、数カ月にわたる戦闘で街の大半が瓦礫と化してしまった。

そんな中、20歳の大学生ディロバンは、友人とラジオ局を立ち上げ、ラジオ番組「おはよう コバニ」の放送をはじめる。生き残った人々や、戦士、詩人などの声を届ける彼女の番組は、街を再建して未来を築こうとする人々に希望と連帯感をもたらす――。












































本編 1時間24分
デジタル
カラー
ガザの美容室 字幕
 degrade
●監督:タルザン・ナサール/アラブ・ナサール●出演:ヒアム・アッバス(『扉をたたく人』)/マイサ・アブ・エルハーディ(『歌声にのった少年』)/マナル・アワド/ダイナ・シバー/ミルナ・サカラ●第68回カンヌ国際映画祭批評家週間 正式出品●2015年/パレスチナ・フランス・カタール

オシャレする。メイクをする。たわいないおしゃべりを、たわにない毎日を送る。それが、私たちの抵抗。

パレスチナ自治区、ガザにある美容室。離婚調停中の主婦、ヒジャブを被った信心深い女性、結婚を控えた若い娘、出産間近の妊婦。皆それぞれ四方山話に興じ、午後の時間を過ごしていた。しかし通りの向こうで銃が発砲され、美容室は戦火の中に取り残される――戦争状態という日常を生きる女性たちをワンシチュエーションで描き、戦闘に巻き込まれ、監禁状態となった人々の恐怖を追体験する衝撃作。

■パレスチナ自治区、ガザ。クリスティンが経営する美容室は、女性客でにぎわっている。店主のクリスティンは、ロシアからの移民。美容室のアシスタントのウィダトは、恋人で、マフィアの一員アハマドとの関係に悩んでいる。亭主の浮気が原因で離婚調停のエフィティカールは、弁護士との逢瀬に向けて支度中。戦争で負傷した兵士を夫に持つサフィアは、夫に処方された薬物を常用する中毒者だ。敬虔なムスリムであるゼイナブは、これまでに一度も髪を切ったことがなく、女だけの美容室の中でも決してヒジャブを取ることはない。結婚式を今夜に控えたサルマ、臨月の妊婦ファティマ、ひどい喘息を患っているワファ、離婚経験のあるソーサン…それぞれの事情をもつ、個性豊かな女性たち。

戦火の中で唯一の女だけの憩いの場で四方山話に興じていると、通りの向こうで銃声が響き、美容室は殺りくと破壊の炎の中に取り残された…。












































本編 1時間40分
デジタル
カラー
返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す
 henkan koushounin
●監督:柳川強●出演:井浦新(『ニワトリ★スター』)/戸田菜穂(『きな子 -見習い警察犬の物語-』)/尾美としのり(『五日市物語』)/中島歩(『グッド・ストライプス』)/みのすけ(『日本で一番悪い奴ら』)●2018年/日本

諦めたら負けだ――

日本のプライドをかけアメリカと闘った外交官、“千葉一夫”を知っていますか?1972年、沖縄返還の舞台裏で何が起きていたのか――米軍の“理不尽な占領”と闘い続けた実在の外交官・千葉一夫を通して描かれる、知られざる真実の物語。沖縄返還交渉の裏面史を骨太に描いたNHKドラマに、新たな映像を加え再編集した劇場版。

■1972年5月15日、沖縄返還で外交交渉の最前線にいた実在の人物、千葉一夫。戦後、外交官となった千葉は、本土から切り離され、アメリカの統治下にあった沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点としないよう、アメリカと激しい外交交渉を重ねた。さらに何度も沖縄に足を運んでは、人々の苦悩に真摯に耳を傾けた。立ちはだかる本土の思惑に挫折しかけながらも、妻・惠子に支えられ、「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官が生涯をかけて貫いたものとは――。












































本編 1時間23分
デジタル
カラー
ラ・チャナ 字幕
 la chana
●監督:ルツィア・ストイェヴィッチ●出演:ラ・チャナ/アントニオ・カナーレス(『イベリア 魂のフラメンコ』)/カリメ・アマジャ(『ジプシー・フラメンコ』)●2016年/スペイン・アイスランド・アメリカ

踊っているときだけ、自分でいられた。

笑い、吠え、踊り、生きる!スピード、表現力、パワーに満ちた革新的なフラメンコスタイルで世界中からラブコールが巻き起こった唯一無二のアーティスト、ラ・チャナ――現在71歳、伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生と不屈の精神、そして情熱を描いたドキュメンタリー。

■結婚、出産、人気の絶頂で引退。なぜ、彼女はキャリアの頂点で表舞台から姿を消したのか?――若くしてその才能を開花させたラ・チャナ(本名アントニア・サンティアゴ・アマドール)は、18歳で結婚・出産。夫がマネージャーとなりフラメンコダンサーの活動をつづけた。

ダリを魅了し、映画『無責任恋愛作戦』で共演したピーター・セラーズにハリウッドに招かれるも、封建的なヒターノ(スペイン語でジプシーの意)社会で女性が自らの意見を言うことは許されず、彼女がハリウッドに進出することはなかった。その後も彼女の人気は衰えることを知らず、テレビ出演や世界ツアーなど、全てのアーティストが目指す頂点にいたラ・チャナだったが、ある日突然、表舞台から姿を消した――。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
エヴァ 字幕
 eva
●監督:ブノワ・ジャコー(『マリー・アントワネットに別れをつげて』)●出演:イザベル・ユペール(『エル ELLE』)/ギャスパー・ウリエル(『たかが世界の終わり』)/ジュリア・ロイ/マルク・バルベ(『シャトーブリアンからの手紙』)/リシャール・ベリ(『ペダル・ドゥース』)●第68回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品●2018年/フランス

官能と誘惑。

すべての男たちが、この女(娼婦)に狂わされる――他人の戯曲を盗んで成功を掴んだ若き作家と、彼を破滅の道へといざなう娼婦の官能ドラマ。

■ベルトランは他人の戯曲を盗んで発表し、一躍成功を掴む。2作目を期待されるがペンは進まず、パトロンから矢の催促を受けたベルトランが執筆のための別荘に着くと、吹雪で立ち往生した男女が窓ガラスを割って家の中に入り、くつろいでいた。ベルトランは文句を言おうと、バスタブに浸かっていた娼婦エヴァに近寄るが、一瞬で彼女に心を奪われてしまう。次作の題材という名目でエヴァに近づくが、冷たくあしらわれる。思うようにならない関係に苛立ちを募らせると、周囲の人間を巻き込み、官能と破滅の道に向かっていくのだった…。












































本編 1時間52分
デジタル
カラー
蝶の眠り
 chou no nemuri
●監督・脚本:チョン・ジェウン(『子猫をお願い』)●出演:中山美穂(『新しい靴を買わなくちゃ』)/キム・ジェウク(『2つの恋愛』)/石橋杏奈(『リンキング・ラブ』)/勝村政信(『クロユリ団地』)/菅田俊(『母の唄がきこえる』)●2017年/日本・韓国

あなたが大切な人に残したい“記憶”は何ですか?

50代前半でまだ美しさを保つ涼子は、自身がアルツハイマーに冒されていることを知る。次第に自分をコントロールできなくなっていく恐怖と、一人で死に立ち向かう寂しさを抱えていた時、作家を目指す一人の青年チャネと出会う――自らの余命を知る女性小説家が、最後に自分の尊厳を守り、残る人たちに美しい記憶を残そうとした人生最終章を描くラブストーリー。

■売れっ子の女性小説家・涼子は、自分が母と同じ遺伝性アルツハイマーに侵されていることを知る。死を迎える前に、何かをやり遂げようと考えた涼子は、大学で文学の講師を務めることを決める。講義の初日、学生と訪れた居酒屋でアルバイトをする韓国人の留学生チャネと出会い、涼子は最後となるかもしれない小説の執筆を手伝わせることに。

そんなある日、愛犬の死により正気を失う涼子、そこへ駆けつけたチャネといつしか二人は年齢の差を超えて恋人のように惹かれ合っていく。病が進行するにつれ、涼子は愛と不安と苛立ちの中、チャネとの関係を精算しようと決意するのだが、その思いは到底チャネには受け入れがいものだった…。












































本編 2時間07分
デジタル
カラー
ダリダ あまい囁き
 dalida
●監督:リサ・アズエロス●出演:スヴェヴァ・アルヴィティ/リッカルド・スカマルチョ(『ジョン・ウィック:チャプター2』)/ジャン=ポール・ルーヴ(『 ロング・エンゲージメント』)/ニコラ・デュヴォシェル(『屋敷女』)/アレッサンドロ・ボルギ●2017年/フランス

歌だけがわたしを輝かせる

ミス・エジプトに輝いた美貌とそのエキゾチックな歌声で、60年代フランス全土に社会現象を起こし、一躍スターとなった歌手ダリダ――アラン・ドロンとのデュエット曲などで一世を風靡したフランス人の歌姫、愛に向って生きたひとりの女性の生涯を追う伝記ドラマ。

■イタリア移民の家系でエジプト・カイロに生まれ育った少女ヨランダ。幼い頃は、眼鏡姿をいじめられ自分はブスだと思いこんでいたが、16歳で自分を苦しめていた眼鏡と決別する。数年後、ヨランダは「ダリダ」として、ミス・エジプトの栄冠に輝いた美貌とエキゾチックな歌声で、フランス全土に社会現象を巻き起こし、スターの座に上りつめていた。ビジネスパートナーのルシアンには妻がいたが、ふたりは愛し合いやがて結婚する。

ダリダには“夫と子供を持つ夢”があったが、ルシアンはダリダのキャリアを優先してしまうのだった。結婚からわずか1か月後、画家のジャンと新たな恋におちる。不倫をしたダリダへの世間の風当たりは強かったが、弟のブルーノのサポートもあり、歌手として成功を収め、元夫のルシアンとも友人としての絆を取り戻していく。

新恋人のイタリア人歌手ルイジ・テンコと過ごす音楽祭の夜、スターとしてステージに立つダリダの影で、一次審査で落選したルイジは絶望し、「人間は死に向かって生きる存在だ」という尊敬するハイデガーの言葉を実行してしまった。絶望から立ち上がったダリダは、アラン・ドロンとのデュエット曲「あまい囁き」が大ヒットし、“ドロンとの熱愛発覚”と騒がれた時も、新恋人のリシャール夢中だった。出会いと別れに傷つきながらも、その全てを歌にのせてステージで輝き続けるダリダ。しかし、再び悲しい別れが待っていた――。












































本編 3時間09分
デジタル
カラー
菊とギロチン
 kiku to girochin
●監督:瀬々敬久(『最低。』)●出演:木竜麻生/東出昌大(『桐島、部活やめるってよ』)/寛一郎(『心が叫びたがってるんだ。』)/韓英恵(『大和(カリフォルニア)』)/渋川清彦(『榎田貿易堂』)●2018年/日本

同じ夢をみて闘った

大正末期。自由な雰囲気が失われつつある世相の中、東京近郊で出会った女相撲一座の女力士たちとアナキスト・グループ“ギロチン社”のメンバーが惹かれ合っていく――『64-ロクヨン-』の瀬々敬久監督が、構想30年の企画を実現させた入魂作品は、「女相撲」×「ギロチン社」が世界に揺さぶりをかける、アナーキー青春群像劇。

■大正末期。関東大震災直後の日本。軍部が権力を強める中、それまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。そんなある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちに加え、元遊女や家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まったこの一座には、新人力士の花菊の姿もあった。貧しい農家の嫁だった花菊は、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わったのだ。“強くなりたい。自分の力で生きてみたい”と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を積んでいく。

興行当日、会場には師と仰ぐ思想家の大杉栄が殺害され、その復讐を画策するためにこの地に流れ着いた中濱鐵と古田大次郎らアナキスト・グループ「ギロチン社」の若者たちの姿があった。「格差のない平等な社会」を標榜する彼らは、女力士たちの戦いぶりに魅了され、彼女たちと行動を共にするようになる――。












































本編 1時間14分
デジタル
カラー
詩季織々 しきおりおり
 shikioriori
●監督:イ・シャオシン/竹内良貴/リ・ハオリン●声の出演:坂泰斗/伊瀬茉莉也/定岡小百合/寿美菜子/白石晴香●2018年/日本

あの頃の思いが、そっと背中を押した。

『君の名は。』など新海誠監督作品で知られるアニメーション制作スタジオのコミックス・ウェーブ・フィルムが手がけ、日本・中国の3人の若手クリエイターが監督を務めたオムニバスアニメ――中国の3都市を舞台に、大切な思い出を抱えながら大人になった若者たちの過去と現在を紡いだ、3つの短編が織りなす珠玉の青春アンソロジー。

■『陽だまりの朝食』――北京で働く青年シャオミンはふと、故郷・湖南省での日々を思い出す。 祖母と過ごした田舎での暮らし、通学路で感じた恋の気配や学校での出来事…。子供時代の思い出の傍には、いつも心がこもった温かなビーフンの懐かしい味があった。そんな中、シャオミンの元に祖母が体調を崩したとの電話が入る…。

『小さなファッションショー』――広州。人気モデルのイリンと専門学校生のルルは仲の良い姉妹。 幼くして両親を亡くした2人は、共に助け合いながら一緒に暮らしてきた。しかし、公私ともに様々な物事がうまくいかなくなってきたイリンは、思わずルルに八つ当たり。2人の間には溝が生じ、大喧嘩になってしまう…。

『上海恋』――1990年代の上海。石庫門に住むリモは、幼馴染のシャオユに淡い想いを抱きながら、いつも一緒に過ごしていた。しかし、ある事がきっかけでリモは石庫門から出ていき、お互いの距離と気持ちは離れてしまう。そして現代。社会人になったリモは、引っ越しの荷物の中に、 持っているはずのないシャオユとの思い出の品を見つける…。












































本編 時間分
デジタル
カラー
ゲンボとタシの夢見るブータン 字幕
 the next guardian
●監督:アルム・バッタライ/ドロッチャ・ズルボー●2017年アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 コンペティション部門 正式出品●2017年/ブータン・ハンガリー

いつの世も、どこの国の親も、子どもの幸せを願ってる。

“幸福の国ブータン”。巡礼の地、中部ブムタンで1000年以上先祖代々受け継いできた寺院を持つ家族があった。急速な近代化に直面するブータンで、少年少女はどのような選択をするのだろうか?――世界で初めて劇場公開されるブータン人作家による、どの世界にもある普遍的な家族の在り方を描いた暖かなドキュメンタリー。

■ブータンの小さな村に暮らす長男ゲンボ(16歳)は、家族が代々受け継いできた寺院を引き継ぐために学校を辞め、戒律の厳しい僧院学校に行くことについて思い悩む。自らを男の子だと思い、ブータン初のサッカー代表チームに入ることを夢見る妹のタシ(15歳)は、自分の唯一の理解者である兄に、遠く離れた僧院学校に行かないでほしいと願う。

父は、子供たちが将来苦労することなく暮らせることを願い、ゲンボには出家し仏教の教えを守ることの大切さを説き、タシには女の子らしく生きる努力をすることを諭す。思春期の子供たちは自分らしい生き方を模索するが、それが何かはまだわからない。急速な近代化の波が押し寄せるブータンで、子供たちの想いと、親の願いは交差し、静かに衝突する――。












































本編 1時間51分
デジタル
カラー
29歳問題 字幕
 29+1
●監督・脚本:キーレン・パン●出演:クリッシー・チャウ/ジョイス・チェン/ベビージョン・チョイ(『イップ・マン 継承』)/ベン・ヨン/エレイン・ジン(『モンスター・ハント』)●2017年/香港

幸せになるために解決すべき、いくつかの事柄について。

キャリアも、恋も、家族とも、上手くやってるつもりだったのに、気がつけば袋小路。そんな時、出会った同い年のあのコは、なんだかとっても楽しそう。なぜ?――同じ一つ歳を重ねるのでも29歳から30歳になるのが特別な意味を持つ、というヒロインの悩みが、あらゆる世代の女性たちの圧倒的共感を呼んだ大ヒット・オフィスコメディ

■2005年、香港。30歳を目前に控えたクリスティ。勤め先の化粧品会社では働きぶりが評価されて昇進、長年付き合っている彼氏もいて、周囲も羨むほど充実した日々を送っている。が、実のところ、仕事のプレッシャーはキツいし、彼氏とはすれ違いがち、実家の父親に認知症の症状が出始めたのも気がかりだ。そんなある日、住み慣れたアパートの部屋が家主によって売却され、退去を言い渡されてしまう。

とりあえず見つけた部屋は、住人がパリ旅行に行っている間だけの仮住まい。エッフェル塔をかたどった壁一面のポラロイド写真や、女の子らしい小物でいっぱいのその部屋で、クリスティはそこに住んでいるティンロという女性の日記を見つける。偶然にも誕生日が同じだと分かって、部屋の主に俄然興味を持ち始めたクリスティは、そこに書かれているティンロのささやかな日常に知らず知らずのうち惹かれていく…。












































本編 1時間47分
デジタル
カラー
ウインド・リバー 字幕
 wind river
●監督:テイラー・シェリダン(『ボーダーライン』脚本)●出演:ジェレミー・レナー(『メッセージ』)/エリザベス・オルセン(『GODZILLA ゴジラ』)/ジョン・バーンサル(『レジェンダリー』)●第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 監督賞受賞●2017年/アメリカ

なぜ、この土地(ウインド・リバー)では少女ばかりが殺されるのか――

ネイティブアメリカンが追いやられた雪深い土地“ウィンド・リバー”で、女性の死体が発見された。FBI捜査官ジェーンが現地に派遣されるが、捜査は難航。遺体の第一発見者である地元のベテランハンターと共に事件の真相を追うが――世の中から忘れられたアメリカの闇を描いた極上のクライム・サスペンス。

■厳寒の大自然に囲まれた、雪深いアメリカ中西部ワイオミング州にあるネイティブアメリカンの保留地“ウインド・リバー”で、突如女性の死体が発見される。FBIから単身派遣された新人捜査官ジェーン・バナーは、遺体の第一発見者で地元のベテランハンターであるコリー・ランバートに協力を求めるが、不安定な気候と慣れない雪山の厳しい条件により捜査は難航する。隔離されたこの地では多くが未解決事件となる現状を思い知るも、不審な死の糸口を掴んだコリーと共に謎を追うが、思いもよらなかった結末が待ち受けていた…。












































本編 1時間28分
デジタル
モノクロ
イカリエ-XB1 《デジタル・リマスター版》 字幕
 ikarie-xb1
●監督:インドゥジヒ・ポラーク●出演:ズデニェク・シュチェパーネク/フランチシェク・スモリーク/ダナ・メドジツカー/イレナ・カチールコヴァー/ラドヴァン・ルカフスキー●1963年/チェコスロヴァキア

人類はやがて遭う

『2001年宇宙の旅』『スター・トレック』――すべてはここから始まった。密室の中で徐々に狂気に汚染されていく乗組員たちのサスペンスフルな人間ドラマと、近未来のユートピア的世界を、独創的なスタイルで描き出したオリジナリティ溢れる世界観。1963年共産主義下のチェコスロヴァキアで生まれた奇蹟の本格SF映画。

■22世紀後半、生命探査の旅に出た宇宙船イカリエ-XB1は、アルファ・ケンタウリ系へと向かう途上で、漂流中の朽ちた宇宙船を発見する。それはかつて地球から旅立った宇宙船だったが、船内にあるのは謎の死を遂げた乗組員たちの死体。この難破船に積まれた核兵器の爆発により調査員たち数名を失うという悲劇の後、変わらず旅を続けるイカリエ-XB1。だが謎のダーク・スターによって乗組員たちはみな眠りについてしまい――。












































本編 1時間40分
デジタル
カラー
おだやかな革命
 odayakana kakumei
●監督:渡辺智史(『よみがえりのレシピ』)●出演:佐藤彌右衛門/小林稔(『フローレンスは眠る』製作)/平野彰秀/平野馨生里●ナレーション:鶴田真由(『64 ロクヨン』)●2017年/日本

それは、もう始まっている。しなやかに生きるために。

日本のローカルで始まっている「おだやかな革命」。自然エネルギーによる地域再生。これからの時代の「豊かさ」を巡る――東日本大震災の原発事故をきっかけに、電力をめぐって日本各地で起きているさまざまな取り組みを2年にわたって追ったドキュメンタリー。

■原発事故後に福島県の酒蔵の当主が立ち上げた会津電力。放射能汚染によって居住制限区域となった飯館村で畜産農家が立ち上げた飯館電力。岐阜県郡上市の石徹白、集落存続のために100世帯全戸が出資をした小水力発電。さらに首都圏の消費者と地方の農家、食品加工業者が連携して進めている秋田県にかほ市の市民風車。自主自立を目指し、森林資源を生かしたビジネスを立ち上げる岡山県西栗倉村の取り組み、都市生活者、地方への移住者、被災者、それぞれのエネルギー自治を目指すことで、お金やモノだけでない、生きがい、喜びに満ちた暮らしの風景が生まれている。成長・拡大を求め続けてきた現代社会が見失った、これからの時代の「豊かさ」を静かに問いかける物語。












































本編 1時間20分
デジタル
カラー
子どもが教えてくれたこと 字幕 
 et les mistrails gagnants
●監督:アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン●ジッフォーニ映画祭(世界最大規模の子ども映画祭)GEx部門 作品賞受賞●2016年/フランス

毎日が愛おしい。

主人公は5人の子どもたち。彼らに共通するのは、みな病気を患っているということ。治療を続けながらも、彼らは毎日を精一杯生きている。家族とのかけがえのない時間、学校で仲間たちと過ごすひと時。辛くて痛くて、泣きたくなることもある。けれど、彼らは次の瞬間、また新たな関心事や楽しみを見つけ出す――そんな子どもたちを、優しく、静かに見つめ続ける感動のドキュメンタリー。

■芝居が大好きな9歳の少女アンブルは、肺動脈性肺高血圧症を患っている。可愛い水色のリュックの中には、狭くなった肺動脈を拡げる薬剤を定期的に静注するポンプが入っている。「運動はあまりしてはいけないのだけれど、なんとかやっている。だって、人生を楽しんでいるから」とアンブルは笑顔で語る。

小児がんのひとつである神経芽腫(骨髄)を患うサッカー好きな5歳の男の子カミーユ。パリ郊外のサッカークラブに入っていて、日々の練習を欠かさない。ピッチでは走って攻めて限界までプレーする。とはいえ、すべては体調次第だ。

胸腔内の交感神経節から発生した神経芽腫を患う8歳のテュデュアルの目の色はグリーンとブラウン、左右で異なっている。3歳の時の腫瘍摘出手術が原因で色が変わった。脊髄腔内に詰まった腫瘍を取り除く大手術をしたのだという。

アルジェリア生まれで治療のためにフランスに移住してきた7歳のイマドは、慢性腎臓病から腎不全のため、腹膜透析をしている。自身の病気についても深く理解し、誰に対しても自らの言葉で分かりやすく語ろうとする。

8歳の男の子シャルルは、表皮水疱症という肌が弱い病気のため、身体を包帯で覆っている。表皮と真皮をくっつける接着剤の役目をしている蛋白質が先天的に欠けているか少ないために、皮膚に水疱ができたり剥がれたりするのだ。平日は病院で過ごし、週末は家族が待つ自宅へ。病院ではいつも親友のジェゾンと一緒で、廊下には二人の笑い声が響き渡る――。












































本編 1時間59分
デジタル
カラー
いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち 字幕 
 smetto quando voglio-masterclass
●監督・脚本:シドニー・シビリア(『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』)●出演:エドアルド・レオ(『おとなの事情』)/グレタ・スカラーノ/ヴァレリア・ソラリーノ(『昼下がり、ローマの恋』)/ヴァレリオ・アプレア(『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』)/パオロ・カラブレージ(『ある天文学者の恋文』)●2017年/イタリア

愉快!爽快!痛快!

イタリアン・コメディの金字塔。不遇な天才たちが仕掛ける予測不能の敗者復活戦。落ちこぼれインテリが結集。頭脳フル回転の逆襲が始まる――2009年にギリシャで始まった欧州危機はイタリアにも拡大、ユーロ圏の深刻な不況はローマの大学研究者たちにも影響し、収入はカットされ、職を追われる者も続出。才能ある者たちは次々と海外に稼ぎを求め、研究者の海外転出は“国の頭脳流出”とも言われ、大きな社会問題にもなった。本作は、そうした学究の道に進めなかった研究者たちが、その才能を思いがけない方向で生かすという痛快な風刺コメディ。

■ピエトロ・ズィンニとその同僚たちは、生き延びるために超絶合法ドラッグの製造に精魂を傾けた結果、犯罪者となった。ところが今度は警察が彼らを必要とする。パオラ・コレッティ警部は服役中のズィンニに、グループのメンバーをもう一度集めて、スマートドラッグの蔓延を防ぐためのミッションを依頼する。彼らの犯罪歴抹消と引き換えに。

ズィンニの呼びかけで例の7人のドラッグ製造連中が再結集。新たなミッションを遂行するには、近年の頭脳流出によって国外へ出ていた研究者の多くを、イタリアへ呼び戻さねばならない。ズィンニはコレッティ警部と共に海外に潜む優秀な研究者たちのリクルートへと向かう。そして10人の新たなチームが結成された。

次々にミッションをこなしていくズィンニたち、しかし大物“ソポックス”にだけはたどり着けなかった。“ソポックス”に必要な成分がピルから抽出できることに気づいたズィンニは、大量のピルが狙われると踏んでピルを追跡する。ピル強奪に新たな敵が現れた。果たしてズィンニは釈放され、妻と生まれたばかりの子どもが待つ病院に駆けつけることができるのか…。












































本編 1時間40分
デジタル
カラー
《Viva!イタリア vol.4》
結婚演出家 字幕
 il regista dimatrimoni
●監督・脚本:マルコ・ベロッキオ(『甘き人生』)●出演:セルジオ・カステリット(『赤いアモーレ』)/ドナテッラ・フィノッキアーロ(『海と大陸』)/サミー・フレイ(『ソフィー・マルソーの三銃士』)●2006年/イタリア

■現代イタリア映画の重鎮マルコ・ベロッキオ監督による渾身作。主人公は映画監督。突然、画面がモノクロになるかと思うと、新作のオーディションや、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を逸した監督が、亡霊のように現れて独白するなど脈絡もないようだが、実は、ベロッキオ独自のイマジネーションがダイナミックに展開しているのである。ベロッキオ自身を描いているかのような、イタリア的魅力溢れる不思議な作品。

■娘が結婚して寂しくなったベテラン映画監督のフランコ・エリカは、貴族出身で小説家のマンゾーニ原作による「いいなづけ」の映画化準備中に、ミステリアスな美女と出会う。それから暫く後、シチリアで新婚カップルを撮影中の演出家エンツォの家に招かれる。エンツォはフランコのファンだったのだ。すると、エンツォ家で奇妙な貴族が娘の結婚式の撮影を依頼してきたのだが…。












































本編 1時間45分
ブルーレイ
カラー
《Viva!イタリア vol.4》
あのバスを止めろ 字幕
 notturno bus
●監督:ダヴィデ・マレンゴ●出演:ジョヴァンナ・メッツォジョルノ(『コレラの時代の愛』)/ヴァレリオ・マスタンドレア(『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』)/エンニオ・ファンタスティキーニ(『宇宙人王(ワン)さんとの遭遇』)/フランチェスコ・パンノフィーノ/(『』)●2007年/イタリア

■ネオ・ノワール+クライム・サスペンス+ジェットコースター・ムービーの快作――ひょんなことからシークレットサービスに追われることになった男と女。走って逃げ、バスで逃げての息もつかせぬスリリングな逃走劇。アイロニカルな隠し味もきいた極上のエンターテイメント・ムービー。

■気弱で冴えない深夜バスの運転手フランツは、ポーカーで負けた借金の返済を迫られていた。 ある晩、フランツのバスに裸足の美女(レイラ)が飛び込んできた。女は、元ボーイフレンドに追いかけられていると言ってフランツのアパートに転がりこむ。ところがレイラは大嘘つきの女泥棒。ある男から盗んだパスポートに恐喝用のマイクロチップが仕込まれていたとは知らず、シークレットサービスの男たちから追われる身だった。 マイクロチップと400万ユーロの札束を巡る争奪戦に巻き込まれた2人は、執拗な追っ手から逃げて逃げて逃げまくる――。












































本編 1時間40分
デジタル
カラー
《Viva!イタリア vol.4》
いつだってやめられる 7人の危ない教授たち 字幕
 smetto guando voglio
●監督:シドニー・シビリア(『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』)●出演:エドアルド・レオ(『おとなの事情』)/ヴァレリア・ソラリーノ(『昼下がり、ローマの恋』)/ステファノ・フレージ(『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』)/ヴァレリオ・アプレア(『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』)/パオロ・カラブレージ(『ある天文学者の恋文』)●2014年/イタリア

落ちこぼれインテリの逆襲が始まった!

2009年に始まった欧州危機はイタリアにも拡大し、多くの研究者たちの収入はカットされ、職を追われる者も出た。そうした有能ながら高校教師に甘んじている理系学者が純度の高いドラッグを製造し、巨額の富を手に入れる――欧州危機に始まるイタリアの社会背景が生んだ痛快風刺コメディ。さらにスケールアップした続篇が『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』である。

■神経生物学者のピエトロは大学での職を追われ、恋人に打ち明けることもできず、ふとしたきっかけで思いついた新しいドラッグを開発することを決意。自分同様才能がありながら不遇をかこつ研究者仲間を集めてチームを結成する。新開発のドラッグは大人気となり、大きな富をもたらすが、ドラッグ市場を牛耳るボスに目を付けられたことから、次から次へと予想だにしない事態が発生する。ピエトロとその仲間たちは事態の収拾に奔走するが…。












































本編 1時間33分
デジタル
カラー
バンクシーを盗んだ男 字幕
 the man who stole banksy
●監督:マルコ・プロゼルピオ●ナレーション:イギー・ポップ(『ギミー・デンジャー』)●2017年/イギリス・イタリア

アートが世界を挑発する。

パレスチナのベツレヘムの〈分離壁〉にバンクシーが描いた絵が、地元住民の怒りを買う。1人の男がその壁を切り取り、ネットオークションで売却しようとするが――人々を翻弄する“覆面アーティスト”バンクシーの作品がもたらす光と闇に迫るドキュメンタリー。

■正体不明にして神出鬼没の技術テロリスト、バンクシーがパレスチナとイスラエルを分断する壁の一部に“ロバと兵士”の絵を描く。これが地元住民の怒りを買い、ひとりのタクシー運転手のカッターでその壁を切り取ってしまう。さらに、その切り取った壁を大手インターネットオークションサイトに出品し、最高額の入札者に売ろうと試みる。こうして、このコンクリートの壁画はパレスチナから海を渡り、美術収集家たちが待つ高級オークションハウスへ送られることになる。バンクシーと彼の描いた絵がもたらす影響力を辿った末に見えてきたものとは――。












































本編 1時間29分
デジタル
カラー
顔たち、ところどころ 字幕
 visages,villages
●監督・出演:アニエス・ヴァルダ(『アニエスの浜辺』)/JR(『知らない、ふたり』)●第70回カンヌ国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞受賞/第90回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー部門ノミネート●2017年/フランス

行先は、はじめてなのなになつかしい あの場所

映画監督アニエス・ヴァルダと、写真家でアーティストのJR。年の差54歳の二人がフランスの田舎町を旅しながら、人々とふれあい育む、でこぼこで優しい友情――市井の人々と接し作品を一緒に作り残していくロード・ムービースタイルのドキュメンタリー。

■女性映画監督の先駆者で“ヌーヴェル・バーグの祖母”とも呼ばれるアニエス・ヴァルダと、人々の大きなポートレイトを街に貼るプロジェクトで知られる新進気鋭のストリートアーティストJR(ジェイアール)。年の差54歳の2人がフランスの田舎を旅しながら、村々に住む市井の人々と接し友好を深め、作品を一緒に作っていく様子を記録していく。












































本編 1時間53分
デジタル
カラー
判決、ふたつの希望 字幕
 l' insulte
●監督・脚本:ジアド・ドゥエイリ●出演:カメル・エル=バシャ/アーデル・カラム(『キャラメル』)●第74回ベネチア国際映画祭 最優秀男優賞受賞●第90回アカデミー賞 外国語映画賞ノミネート●2017年/レバノン・フランス

ただ、謝罪だけが欲しかった。

ふたりの男のささいな口論が国を揺るがす法廷争いに。法廷で次々と明かされていく衝撃の真実と主人公たちが背負った紛争や民族、政治、宗教といった複雑で繊細な問題。忌まわしい過去ゆえに対立する者同士は決してわかり合えないのか――人間の尊厳をかけ、彼らが見つけた新たな一歩に世界が震えた感動作。

■レバノンの首都ベイルート。その一角で住宅の補修作業を行っていたパレスチナ人の現場監督ヤーセルと、キリスト教徒のレバノン人男性トニーが、アパートのバルコニーからの水漏れをめぐって諍いを起こす。このときヤーセルがふと漏らした悪態はトニーの猛烈な怒りを買い、ヤーセルもまたトニーのタブーに触れる “ある一言”に尊厳を深く傷つけられ、ふたりの対立は法廷へ持ち込まれる。

やがて両者の弁護士が激烈な論戦を繰り広げるなか、この裁判に飛びついたメディアが両陣営の衝突を大々的に報じたことから裁判は巨大な政治問題を引き起こす。かくして、水漏れをめぐる“ささいな口論”から始まった小さな事件は、レバノン全土を震撼させる騒乱へと発展していくのだった…。












































本編 1時間23分
デジタル
カラー
スパイナル・タップ 字幕
 this is spinal tap
●監督:ロブ・ライナー(『最高の人生の見つけ方』)●出演:クリストファー・ゲスト(『ナイト ミュージアム2』)/マイケル・マッキーン(『コーンヘッズ』)/ハリー・シェアラー(『 ザ・シンプソンズ MOVIE』声)/ロブ・ライナー(『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』)/ジューン・チャドウィック(『ダブル・クロス』)●1984年/アメリカ

ロック映画でもコメディ映画でも史上№1に輝く笑撃の傑作。まさかの日本劇場初公開

あの世界的なロックバンドの重鎮“スパイナル・タップ”伝説の全米ツアーに完全密着。全人類必見の映像が、なぜかようやく今ごろ解禁!――虚構の出来事に基づいて作られるドキュメンタリー風パロディ「モキュメンタリー」の草分け的存在の作品で、架空のロックバンドの全米ツアーの模様を、実在するアーティストのパロディやロックバンドのあるあるネタ満載で描き、現在もカルト的人気を集める伝説のロックコメディ。『スタンド・バイ・ミー』等の名匠ロブ・ライナー監督デビュー作。

■1960年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド“スパイナル・タップ”。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン…時代とともに音楽性も変化させてきた彼らは、80年代にはハードロック・スタイルを武器にシーンの最先端を走っていた。そんななか、アルバムの発売が決定し、大々的な全米ツアーを行うことになる。

そんな彼らの大ファンである映画監督マーティ・ディ・ベルギーは、ツアーに密着。バンド結成秘話からメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死、トラブルから感動のステージまで、ファン必見のエピソードの数々が映し出される…。












































本編 2時間01分
デジタル
カラー
きらきら眼鏡
 kirakira megane
●監督:犬童一利(『つむぐもの』)●出演:金井浩人(新人)/池脇千鶴(『そこのみにて光輝く』)/安藤政信(『花芯』)/古畑星夏(『咲 Saki』)/杉野遥亮(『覆面系ノイズ』)●2018年/日本

自分の人生を愛せないと嘆くなら、愛せるように自分が生きるしかない。

恋人の死を乗り越えられずにいた明海は、一冊の古本がきっかけで、いつも笑顔の「あかね」と出会う。だが、彼女にはあまりにも切ない現実があった――「最後の1ページまで切ない…」と絶賛された森沢明夫の恋愛小説、待望の映画化。きらきら眼鏡とは、心にかける眼鏡。心の持ち方ひとつ、考え方ひとつで、何気ない日常を輝かせる生き方である。

■「時間って命と同じだから、もたもたしてたら時間切れになっちゃうよ」。恋人の死を乗り越えられずにいた明海は、一冊の古本がきっかけで出会ったあかねから、そう教えられる。いつも前向きで笑顔のあかねは、見たものぜんぶを輝かせる“きらきら眼鏡”をかけているという。だが、彼女もまた余命宣告された恋人の裕二と向き合うつらい現実を抱えていた。過去から立ち直れず、もがきながら生きてきた明海にとって、毎日を輝かせようとするあかねに、次第に惹かれていく――。












































本編 1時間50分
デジタル
カラー
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス 字幕
 buena vista social club: adios
●監督:ルーシー・ウォーカー(『ブラインドサイト~小さな登山者たち~』)●出演:オマーラ・ポルトゥオンド(『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』)/マヌエル“エル・グアヒーロ”ミラバール(『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』)/バルバリート・トーレス(『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』)/エリアデス・オチョア(『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』)/イブライム・フェレール(『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』)●2017年/イギリス

18年の愛をこめて。

1999年に大ヒットしたヴィム・ヴェンダース監督の『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』の続編。平均年齢73才となった5人のバンドメンバーが決行した“アディオス世界ツアー”に密着。メンバーの死も含めたその後の彼らの歩みに迫る音楽ドキュメンタリー。

■「バンドの始まりは?」と聞かれて、「50年代のキューバの大物ミュージシャンを集めたビッグバンドだ。それにライ・クーダーが乗ってくれた」と答える、レコードプロデューサーのニック・ゴールド。1998年、アムステルダム。その企画のもと前年にリリースしたアルバム「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」がグラミー賞を受賞して大ヒットを記録、初のコンサートに先駆けて開かれた記者会見の一幕だ。カメラは、その“大物たち”が、自らの生い立ちや音楽的ルーツを語る姿を映し出す。

1998年のアムステルダムに戻ったカメラは、コンサート2日前のリハーサルを捉える。あろうことかそこでは、言い争う声が飛び交っていた。普段は家族のように仲の良いメンバーが、音楽には一切の妥協を許さない瞬間だ。アムステルダムでのコンサートは、大盛況のなか幕を閉じる。そして2か月後、ニューヨークのカーネギー・ホールで夢の公演が実現、聴衆からの「ブラボー」の歓声に感激する彼らの映像に、今だからこそ聞ける“本音”がナレーションとして添えられる。

1999年、ドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』が完成、映画が拍車をかけバンドは社会現象となり、2000年から世界ツアーが始まった。栄光の日々を追うカメラは、避けては通れないメンバーの“死”へと切り込み、亡くなる数日前まで歌って弾いて踊った、彼らの熱い最期を伝える。そして残されたメンバーは、ステージでの活動を終えることを決意する。「人の命は奪えても、歌声は奪えない。」今、音楽への愛で結ばれたメンバーは、先に旅立った仲間たちの魂と共に、“アディオス世界ツアー”へと踏み出していく──。












































本編 1時間15分
デジタル
カラー
祝福 オラとニコデムの家 字幕
 komunia
●監督・脚本:アンナ・ザメツカ●出演:オラ・カチャノフスカ/ニコデム・カチャノフスキ/マレク・カチャノフスキ/マグダレナ・カチャノフスカ/アレクサンドラ・ボチャンスカ●山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 ロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)受賞●2017ヨーロッパ映画賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞●2016年/ポーランド

少女はこの世界に負けないように立っている。

弟に祝福がありますように。ばらばらになった家族がもう一度一つになりますように――ポーランド、ワルシャワ。14歳の少女の切ない願いと現実に心から寄り添い、世界中の賞に輝いた感動のドキュメンタリー。

■ワルシャワ郊外の街セロツク。14歳の少女オラの家族は、酒で問題を抱える父親と自閉症の13歳の弟ニコデム。母親は違う男性と離れて暮らしている。家事をこなし、弟の面倒を見るのはもっぱらオラの役目だ。現実は厳しい。それはわかっている。けれど、少女は心のどこかで夢見ている。弟の初聖体式が成功すれば、もう一度家族がひとつになれると――。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
きみの鳥はうたえる
 kimi no tori wa utaeru
●監督・脚本:三宅唱(『密使と番人』)●出演:柄本佑(『素敵なダイナマイトスキャンダル』)/石橋静河(『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』)/染谷将太(『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』)/足立智充(『蜃気楼の舟』)/山本亜依●2018年/日本

函館の夏、まだ何ものでもない僕たち3人はいつも一緒だった――

函館郊外の書店で働く「僕」と⼀緒に暮らす失業中の静雄。「僕」と同じ書店で働く佐知子が加わり、3人は、夜通し酒を飲み、踊り、笑いあう。だが微妙なバランスのなかで成り立つ彼らの幸福な日々は、いつも終わりの予感と共にあった――『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』『オーバー・フェンス』に続く、佐藤泰志原作の映画化4作目は、若手実力派俳優と新鋭監督がつくりだした、今を生きる私たちのための青春映画。

■函館郊外の書店で働く「僕」は、失業中の静雄と小さなアパートで共同生活を送っていた。ある日、「僕」は同じ書店で働く佐知子とふとしたきっかけで関係をもつ。彼女は店長の島田とも抜き差しならない関係にあるようだが、その日から、毎晩のようにアパートへ遊びに来るようになる。こうして、「僕」、佐知子、静雄の気ままな生活が始まった。

夏の間、3人は、毎晩のように酒を飲み、クラブへ出かけ、ビリヤードをする。佐知子と恋人同士のようにふるまいながら、お互いを束縛せず、静雄とふたりで出かけることを勧める「僕」。そんなひと夏が終わろうとしている頃、みんなでキャンプに行くことを提案する静雄。しかし「僕」は、その誘いを断り、キャンプには静雄と佐知子のふたりで行くことになる。次第に気持ちが近づく静雄と佐知子。函館でじっと暑さに耐える「僕」。3 人の幸福な日々も終わりの気配を見せていた…。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
最初で最後のキス 字幕 
 un bacio
●監督:イヴァン・コトロネーオ(『あしたのパスタはアルデンテ』脚本)●出演:リマウ・グリッロ・リッツベルガー/ヴァレンティーナ・ロマーニ/レオナルド・パッザッリ/トマス・トラバッキ(『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』/デニス・ファゾーロ(『湖のほとりで』))●2016年/イタリア

不器用な僕らが、誰よりも輝いていた日々

イタリア地方都市の高校。スターを夢見る孤児ロレンツォと孤独な少女ブルー、バスケ選手のアントニオは学校のはみ出し3人組。ある日、ロレンツォは自分たちをいじめる生徒に復讐を試みる――16歳の恋と友情をビタースイートに描いた青春映画。

■イタリア北部・ウーディネ。スターを夢見るロレンツォは、愛情深い里親に引き取られ、トリノからこの町にやって来るが、奇抜な服装で瞬く間に学校で浮いた存在に。クラスのはみ出し者だったブルーとアントニオと意気投合し、3人で友情を育んでいくが、ロレンツォのある行動がきっかけで少しずつ歯車が狂い始める――。












































本編 1時間54分
デジタル
カラー
教誨師(きょうかいし) 
 kyoukaish
●監督・脚本:佐向大(『ランニング・オン・エンプティ』)●出演:大杉漣(『蜜のあわれ』)/玉置玲央/烏丸せつこ(『祈りの幕が下りる時』)/五頭岳夫(『不安の種』)/光石研(『彼女の人生は間違いじゃない』)●2018年/日本

死刑囚6人との対話が始まる。

教誨師とは、受刑者の心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く人――全編、ほぼ教誨室という限られた空間での会話劇ながら息つく暇もなく、時にユーモアを交えて展開される魂のぶつかり合い。次第に浮き彫りとなるそれぞれの人生、そして人間の本質。“死”の側からとらえた強烈な“生”の物語。大杉漣、最初のプロデュース作にして最後の主演作。

■牧師の佐伯は、半年前に着任したばかりの教誨師。彼が面会するのは年齢、境遇、性格の異なる6人の死刑囚。独房で孤独な生活を送る彼らにとって、教誨師はよき理解者であり、恰好の話し相手。真剣に思いを吐露する者もいれば、くだらない話に終始する者もいる。一方の佐伯は彼らに寄り添いながらも、自分の言葉が本当に届いているのか、死刑囚たちが心安らかに最期を迎えられるよう導くのは正しいことなのか苦悩する。その葛藤を通し彼もまた、忘れたい過去と対峙し、自らの人生と向き合うことになる…。












































本編 1時間14分
デジタル
カラー
クレイジー・フォー・マウンテン 字幕
 mountain
●監督・脚本:ジェニファー・ピードン●ナレーション:ウィレム・デフォー(『シャドウ・オブ・ヴァンパイア』)●2017年/オーストラリア

生きていることを実感する。だから人は山に夢中になる。

山に対する我々の飽くなき執念を目の眩むような映像で掘り下げ、山を愛する人に捧げた、地球上で最も美しい風景を描いた壮大なるオデッセイ――オーストラリア室内管弦楽団と『Sherpa』(15)で英国アカデミー賞にノミネートされた女性監督ジェニファー・ピードンの、映画と音楽のユニークなコラボレーション。第61回ロンドンフィルムフェスティバルで高い評価を受け、オーストラリアではNo.1のヒットを記録したドキュメンタリー。

■本作は、ロバート・マクファーレンの著書「Mountains of the Mind」をもとに構成され、人はなぜ山に登るのか、そしてなぜ山を愛するのか、の理由に迫る。登山の歴史を紐解きながら世界各地の名峰をたどり、エクストリームスポーツとしての山に至るまで、幅広く山への憧憬をうたった映像叙事詩である。

山岳撮影の第1人者、レナン・オズタークの協力のもと、多彩なフッテージ映像を使いながら、世界各地に広がる数々の難峰や名所を見せてくれる。ジェニファー・ピードン監督の前作『Sherpa』で描いたヒマラヤ山麓の映像や、エベレスト、モンブラン、メルー、アマ・ダブラムなどクライマー憧れの山映像がふんだんに使われており、世界各地のロケーションは、カナダ、フランス、日本、ネパール、パキスタン、スイス、チベット、アメリカなど22か国に及ぶ。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
ポップ・アイ 字幕
 pop eye
●監督・脚本:カーステン・タン(長編デビュー作)●出演:ボン(ゾウ)/タネート・ワラークンヌクロ(『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』)/ペンパック・シリクン(『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』)/チャイワット・カムディ/ユコントーン・スックキッジャー●第33回サンダンス映画祭 ワールド・シネマドラマ・コンペティション部門脚本賞受賞●第90回アカデミー賞 外国語映画賞シンガポール代表●2017年/シンガポール・タイ

旅は道連れ 世は情け

ゾウと中年男、タイ縦断500キロの摩訶不思議な旅がはじまる――タイに魅了され、"野良ゾウ"にインスピレーションを得たシンガポール出身の女性監督カーステン・タンが描く、かつてない奇想天外なロードムービー。

■かつて一級建築家として名を馳せたタナー。今は会社で居場所がなくなり、妻にも相手にされず、人生に疲れ切った中年男。ある日、彼はバンコクの路上で偶然、幼い頃に飼っていたゾウのポパイを見つける。いても立ってもいられなくなった彼は、数十年を経て巨大に成長したポパイを買い取って家に連れ帰るも、妻にキレられてしまう。

家庭も仕事も放り出したくなったタナーは、ポパイと二人で家出をして、幼い頃に一緒に暮らした故郷を目指して長い長い旅を始める。道中では、ちょっと間抜けな警官コンビや人生を悟ったホームレス、哀愁漂うニューハーフなど、個性豊かな人々と出会っていき…。












































本編 1時間40分
デジタル
カラー
悲しみに、こんにちは 字幕
 estiu 1993
●監督・脚本:カルラ・シモン(長編デビュー作)●出演:ライラ・アルティガス/パウラ・ロブレス/ブルーナ・クッシ/ダビド・ヴェルダグエル/フェルミ・レイザック(『ベラスケスの女官たち』)●第67回ベルリン国際映画祭 新人監督賞/ジェネレーションKplus部門グランプリ(青少年・子供映画の最高賞)受賞●第90回アカデミー賞 外国語映画賞スペイン代表●2017年/スペイン

かつて少女だった私たちへ――

スペイン・カタルーニャの陽光にきらめく、少女の“特別な夏”。小さな子どもから少女へと至る、人生でもっとも異質な時間。幼き心がはじめて生と死に触れる時。宝石の原石のような輝きとシャボン玉のような儚さをた携えた少女の“ひと夏”を描いた夏を瑞々しく描く――実話から生まれた忘れがたい名作。

■フリダは部屋の片隅で、荷物がダンボールに詰められるのを静かに見つめていた。その姿は、まるで母親が最後に残していった置物のようだ。両親を“ある病気”で亡くし一人になった彼女は、バルセロナの祖父母の元を離れ、カタルーニャの田舎に住む若い叔父家族と一緒に暮らすことになる。母親の入院中、祖母たちに甘やかされて育てられていた都会っ子のフリダ。一方、田舎で自給自足の生活を送っている叔父と叔母、そして幼いいとこのアナ。彼らは、家族の一員としてフリダを温かく迎え入れるが、本当の家族のように馴染むのには互いに時間がかかり…。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
ALONE アローン 字幕 
 mine
●監督・脚本:ファビオ・レジナーロ(『YES/NO イエス・ノー』脚本)/ファビオ・グアリョーネ●出演:アーミー・ハマー(『君の名前で僕を呼んで』)/アナベル・ウォーリス(『アナベル 死霊館の人形』)/トム・カレン(『ラスト・デイズ・オン・マーズ』)/ジェフ・ベル(『未来を花束にして』)/ジュリエット・オーブリー(『スティル・クレイジー』)●2016年/アメリカ・スペイン・イタリア

一歩踏み出して死ぬか、このまま死ぬか――

誰もいない何もない砂漠で地雷を踏み、取り残された兵士。救援まで52時間――途方もない極限状況に陥った青年の運命を、今、世界を魅了するスター俳優アーミー・ハマーが、全編出ずっぱりの入魂演技で体現した“絶対絶命”のワン・シチュエーション・スリラー。

■射撃の名手である米軍兵士マイクが砂漠でのテロリスト暗殺のミッションに失敗し、相棒のトミーとともに退却を余儀なくされる。しかし徒歩での移動中、ふたりは3000万個以上の地雷が埋められた危険地帯にさまよい込み、トミーが爆死してしまう。自らも地雷を踏んでしまったために身動きを封じられたマイクは、昼は灼熱の太陽が照りつけ、夜は極寒地獄と化す過酷な自然環境に身も心も疲弊していく。

たった独り。水なし。食料なし。通信手段なし。救助部隊が到着するまで52時間。一歩でも動いたら即死。予測不能のアクシデントに見舞われ続けるマイクは、極度の疲労で意識が混乱するさなか、幼少期の恐ろしいトラウマに襲われ、いよいよ自らの生死を分かつ決断に迫られる…。












































本編 1時間50分
デジタル
カラー
追想 字幕
 on chesil beach
●監督:ドミニク・クック(『劇場版 嘆きの王冠 -ホロウ・クラウン-/リチャード三世』)●出演:シアーシャ・ローナン(『レディ・バード』)/ビリー・ハウル(『ベロニカとの記憶』)/エミリー・ワトソン(『奇跡の海』)/アンヌ=マリー・ダフ(『未来を花束にして』)/サミュエル・ウェスト(『私が愛した大統領』)●2017年/イギリス

一生忘れられない恋だった。

たった1日で終わった結婚。若い2人の狂った歯車は、止まることはなかった――20代前半の若い男女の揺れ動く心情、誰もが経験する“ 大人になる瞬間”の儚さと美しさ。愛するがゆえに生まれてしまうすれ違いには胸を締めつけられ、最後には静かな波のような感動が押し寄せてくる唯一無二のラブストーリー。天才女優としてアカデミー賞の常連になっているシアーシャ・ローナンが、出世作『つぐない』の原作者イアン・マキューアンと再タッグを組んだ話題作。

■1962年、夏。世界を席巻した英国ポップカルチャー「スウィンギング・ロンドン」が本格的に始まる前のロンドンは、依然として保守的な空気が社会を包んでいた。そんななか、幸せいっぱいの若い夫婦が誕生する。カルテットの一員となり、大きな舞台でコンサートを開くことを夢見ていたのは、美しく野心的なバイオリニストのフローレンス。一方のエドワードは、歴史学者になることを目指しながら自由に暮らしていた。まるで接点のなかった2人だったが、ある日偶然出会い、一目で恋に落ちる。

そしてついに、フローレンスとエドワードは人生をともに歩んでいくことを決意する。偶然の出会いをきっかけに恋に落ち、それぞれが抱える問題を乗り越えて強く結ばれていた。結婚式を無事に終えて向かった先は、新婚旅行先のチェジル・ビーチ。そこで幸せの絶頂を迎えるはずだった。ところが、初夜にある出来事が起きてしまい、フローレンスとエドワードの運命が少しずつ狂い始める。幸せを夢見た2人が出した答えとは…。












































本編 1時間57分
デジタル
カラー
セラヴィ! 字幕 
 le sens de la pete
●監督・脚本:エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ(『最強のふたり』)●出演:ジャン=ピエール・バクリ(『みんな誰かの愛しい人』)/ジャン=ポール・ルーヴ(『ダリダ』)/ジル・ルルーシュ(『友よ、さらばと言おう』)/ヴァンサン・マケーニュ(『メニルモンタン 2つの秋と3つの冬』)/アイ・アイダラ(『ゴダール・ソシアリスム』)●2017年/フランス

ハレの日もあれば、悩める日もあるさ

「セラヴィ!―まぁ、これも人生さ!」フランス人が日常でしばしばつかう、エスプリを効かせた幸せの合言葉。ポンコツなウェディングスタッフが集まったパーティはトラブル続出の大惨事――『最強のふたり』監督・スタッフ最新作は、結婚式を舞台に繰り広げられる、遊びゴコロと優しさに満ち溢れた、私たちへの人生賛歌。

■ウェディングプランナーとして30年間、数え切れないほどの結婚式をプロデュースしてきたマックスは、そろそろ引退を考えていた。そんなある日、17世紀の城を舞台にした豪華絢爛な結婚式の依頼が舞い込んだ。いつも通り式を成功させようと、完璧な準備を整えたのだが、なんと集まったスタッフたちが全員ポンコツ!!

バンドのボーカルは新郎の希望と真逆の歌を熱唱しワンマンショー気取り、カメラマンは写真撮影よりもつまみ食い、ウェイターは新婦にうつつを抜かし、おしゃべりに夢中…。マックスの努力も虚しく、次第に式は大惨事と化す…。前途多難すぎる結婚式、果たして、チーム一丸となって成功させることはできるのか!?












































本編 1時間15分
デジタル
カラー
世界が愛した料理人 字幕
 soul
●監督:アンヘル・パラ/ホセ・アントニオ・ブランコ●出演:エネコ・アチャ/マルティン・ベラサテギ/カルメ・ルスカイェーダ/ジョエル・ロブション(『和食ドリーム』)/小野二郎(『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』)●2016年/スペイン

世界中から賞賛を浴びるミシュラン★★★料理店。創作の極意がここにある!

スペイン・バスクから東京へ。スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得した天才料理人エネコ・アチャ。料理の真髄を極めるために辿り着いたのは“和食”。そして世界最年長三ツ星の寿司店「すきやばし次郎」の小野二郎だった――ミシュランガイドで三ツ星を獲得したレストランが続々登場する、料理の神髄を探求するドキュメンタリー。

■スペインとフランスにまたがるバスク地方。そこはミシュラン星付きレストランも多く、世界的に美食の街として知られる。バスク州ビルバオ近郊の名店「アスルメンディ」をプロデュースする料理人エネコ・アチャ。スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得した彼の華麗でサステナブル(持続可能)な料理には世界中から多くの顧客が集まる。昨年は六本木に「エネコ東京」もオープンさせた。

農園とレストランが隣接する独特の環境の中で、料理を極めることに命を懸ける彼は、最高の料理に必要なもの、料理に込めるべき魂とは何かを求めるため、東京・銀座にある「すきやばし次郎」の主人、小野二郎に会いに行く旅に出た…。サンパウ、ジョエル・ロブションなど世界的な名店の創作の秘密も紐解きながら、エネコが目指す究極の料理の姿が次第に明らかになる。












































本編 2時間02分
デジタル
カラー
バトル・オブ・ザ・セクシーズ 字幕
 battle of the sexes
●監督:ヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン(『リトル・ミス・サンシャイン』)●出演:エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)/スティーブ・カレル(『フォックスキャッチャー』)/アンドレア・ライズブロー(『シャドー・ダンサー』)/サラ・シルヴァーマン(『俺たちポップスター』)/ビル・プルマン(『インデペンデンス・デイ』)●2017年/アメリカ

時代を変えた、〈女と男の熱い戦い〉!

女子現テニス世界チャンピオン29歳vs男子元世界チャンピオン55歳。果たして勝者はどちらか?そして、この戦いの本当の目的とは?――スポーツ界はもちろん、政治や社会、学校や家庭における女と男の関係までも変えた世紀の戦いの全貌が、今明かされる! 最高に爽快で痛快なラストが、真に自分らしくあるための勇気と希望をくれる感動の実話。

■1973年、全世界で9,000万人の目をくぎ付けにした決戦があった。女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスの戦いだ。男女平等を求める運動が起こっていたが、あくまで“始まり”にすぎなかったこの時代、女子の優勝賞金が男子の1/8だという事実に抗議したビリー・ジーンは、仲間と共に“女子テニス協会”を立ち上げ、自分たちでスポンサーを探し出す。

そんなビリー・ジーンに、“男性優位主義の代表”として挑戦状を叩きつけたのが、ボビー・リッグスだ。一度は拒否したビリー・ジーンだが、彼女にはすべてをかけて戦わなければならない理由があった。遂に“バトル・オブ・ザ・セクシーズ=性差を超えた戦い”が幕を開ける──。












































本編 1時間53分
デジタル
モノクロ
ゲッベルスと私 字幕
 a german life
●監督:クリスティアン・クレーネス/フロリアン・ヴァイゲンザマー/オーラフ・S・ミュラー/ローラント・シュロットホーファー●2016年/オーストリア

なにも知らなかった 私に罪はない。

ナチス宣伝大臣ゲッベルスの秘書ブルンヒルデ・ポムゼル103歳。彼女の発言は、20世紀最大の戦争の記憶を呼び起こす――1942年から終戦までの3年間、ゲッベルスの秘書として働き、近代における最も冷酷な戦争犯罪者のそばにいた人物が、終戦から69年の沈黙を破り独白する貴重なドキュメンタリー。

■“ホロコーストについてはなにも知らなかった”と語るポムゼルの30時間に及ぶ独白インタビューは、20世紀最大の戦争と全体主義の下で抑圧された人々の人生を浮き彫りにする。いくつもの高精度カメラは、ポムゼルの深く刻まれた顔の皺や表情だけではなく、瞳の奥に宿す記憶をも鮮明にとらえる。幼少の頃の父親の思い出、初めて出来た恋人の話、ユダヤ人の友人の面影そして“紳士”ゲッベルスについて、103歳とは思えぬ記憶力でカメラに語りかける。“いわれたことをタイプしていただけ”と語りながらも、時折、表情を強張らせて慎重に言葉を選ぶポムゼル。それは、ハンナ・アーレントにおける“悪の凡庸さ”をふたたび想起させる。

本作品には、当時、世界各国で製作された様々なアーカイヴ映像が数多く挿入される。ナチスを滑稽に描くアメリカ軍製作のプロパガンダ映画、ヒトラーを揶揄する人々を捉えたポーランドの映像、ゲッベルスがムッソリーニとヴァカンスを楽しむプライベート映像、そして戦後、ナチスのモニュメントを破壊する人々やホロコーストの実態を記録した映像。それらは、戦争という人間の愚行はいつでも繰り返されることを語り、戦争の続く今日に警鐘を鳴らしている。












































本編 1時間37分
デジタル
カラー
 
 juu
●監督:武正晴(『百円の恋』)●出演:村上虹郎(『2つ目の窓』)/広瀬アリス(『巫女っちゃけん。』)/日南響子(『桜姫』)/新垣里沙(『ブラック・フィルム』)/岡山天音(『ポエトリーエンジェル』)●2018年/日本

これほど美しく、手に持ちやすいものを、私は他に知らない――。

河原で偶然にも拳銃を拾ってしまった大学生のトオルは、銃が放つ緊張感とスリルに魅了され、やがて銃を持ち歩くようになる――芥川賞作家・中村文則の同名デビュー作を映画化。銃に支配され、徐々に狂気が満ちていく青年を描く衝撃のフィルムノワール。

■俺は拳銃を拾った――。大学生、西川トオルは、雨の夜の河原で、ひとりの男の死体と共に放置されていた拳銃を手にし、それを自宅アパートに持ち帰った。まもなく、その銃は彼にとって、かけがえのない宝物のような存在になった。見つめれば見つめるほどに、触れたならば触れるほどに、愛しさがこみあげてくる。誰かを脅すことも、守ることも、殺すことも、また自ら死ぬことも可能にする銃という〈道具=武器〉は、大学生活の心的様相もあざやかに変えていく。

そんなある日、トオルのアパートをひとりの刑事が訪れた。刑事は、トオルと銃のすべてを知っているようだった。部屋に入ろうとする刑事をなんとか防いだトオルだったが、喫茶店に移動して、尋問を受ける。「人間を殺すとね、不思議なことかもしれませんが、普通の理性でいれなくなるそうですよ」そして、刑事からある言葉が発せられたとき、トオルは後戻りのできない「どこか」に、否応なく踏み出していくのだった――。












































本編 1時間55分
デジタル
カラー
モダン・ラブ
 modern love
●脚本・監督:福島拓哉(『アワ・ブリーフ・エタニティ』)●出演:稲村梓(『LEGACY TIME』)/高橋卓郎(『あの娘、早くババアになればいいのに』)/芳野正朝(『Please Please Please』)/今村怜央/佐藤睦(『ヴァージン』)●2018年/日本

この恋が終わるとき、新しい世界がはじまる。

「起きてないことはすべて、起こり得るってことだから。気づいてないだけで」――パラレルワールドを題材に、5年前に失踪した恋人を思うヒロインの孤独と葛藤を描き出すサイコファンタジー。東京国際映画祭ほか世界各国の映画祭で絶賛、全国公開された『アワ・ブリーフ・エタニティ』の福島拓哉による、8年ぶりのオリジナル長編作品。

■東京、現在。NASAが太陽系内に生命体が存在する可能性のある新惑星・エマノンを発見したと発表。衝撃的なニュースは世界中を駆け巡り、新惑星ブームが到来する。しかし人々の盛り上がりと裏腹に、異常気象が頻発するようになる。

旅行代理店でアルバイトをしながら、大学で理論物理学を専攻している大学院生・ミカは、5年前に失踪してしまった恋人・テルのことが忘れられない。彼女は一見普通の大学院生だが、出会い系アプリで男を漁り孤独を埋めつつ、妄想でテルと会話している。そんなミカの様子を、親友のゲイ・シゲや、研究室の先輩・高山は心配している。

ある日、ミカは発作的に既視感を覚えるようになり、もう一人の自分と出会ってしまう。互いに驚く二人のミカだが、どうすればいいかわからない。テルの親友・バードに相談しに行くと、さらにもう一人のミカが現れ、それぞれが本来は違う世界線に存在するミカだということがわかる。パラレルワールドが交錯してしまっているのは、エマノンの影響かもしれない、とバードは語る。

テルが失踪した世界のミカ、テルと出会い恋が始まる世界のミカ、そしてテルが既に死んでいる世界のミカ。三人はそれぞれの人生を変える選択を迫られる…。












































本編 1時間51分
デジタル
カラー
太陽の塔
 taiyo no to
●監督:関根光才(『BUNGO ~ささやかな欲望~ 告白する紳士たち』)●2018年/日本

「何だったんだ、これは!!」

土偶の怪獣?宇宙人の建造物?岡本太郎は何のために創ったのか?――1970年開催の日本万国博覧会(大阪万博)で、ひときわ異彩を放っていたのが芸術家・岡本太郎の意匠により制作され、大阪のシンボルのひとつとして親しまれる太陽の塔だった。約半世紀ぶりに内部公開が実現し、再び脚光を浴びる“太陽の塔“。その魅力と謎に迫る、最初で最後のドキュメンタリー映画。

■2018年3月、48年ぶりに内部展示「生命の樹」の一般公開が始まるやいなや、見学希望者が殺到。一時はサイトのサーバーがダウンする事態にまでとなった。今秋には、「太陽の塔」展の開催も決まっており、48年の時を超えて、再び太陽の塔に注目が集まっている。

80年代、「芸術は爆発だ!」という言葉で、一躍世間の注目を浴びた岡本太郎。「凡人の理解を超えた変わり者」というタレントのイメージもあるが、画家・写真家・彫刻家・建築家・思想家の顔を持ち、芸術家という言葉にはとうてい収まり切らないスケールの大きな人物だ。本作では岡本太郎に影響を受けた人々をはじめ、総勢29名へのインタビューを敢行。芸術論だけでなく、社会学・考古学・民俗学・哲学の結晶としての岡本太郎が語られ、「太陽の塔」に込められたメッセージを解き明かす。












































本編 2時間08分
デジタル
カラー
乱世備忘 僕らの雨傘運動 字幕
 yellowing
●監督:チャン・ジーウン●2016年/香港

未来は一瞬じゃ変えられない でもこの時間がいつか未来をつくる

「僕たちは何かを変えたか――」。2014年、自分たちで香港の代表を選ぶ民主的な普通選挙を求めて若者が街を占拠した「雨傘運動」79日間の記録――香港の新世代による、香港、そしてアジアの未来を見つめる社会派青春群像劇ドキュメンタリー。

■僕が生まれる前、1984年に香港が1997年に中国に返還される事が決まった。2014年、香港にはいまだに民主主義はない。自分たちで香港の代表を選ぶ「真の普通選挙」を求めて若者が街を占拠した、雨傘運動。同じ「香港人」であるはずの警官たちからの浴びせられる催涙弾に皆が雨傘を手に抵抗し、僕はカメラを手にデモに向かった。そこで映画の主人公となる仲間たち、大学生のレイチェル、ラッキー、仕事が終わってからデモに駆けつけてくる建築業のユウ、授業のあと1人でデモに来た中学生のレイチェルたちに出会った。

香港の街が占拠され、路上にはテント村ができ、自習室ではラッキーの英語無料教室が開かれた。テントをたて、水を運び、そして夜は一緒にマットを敷いて路上に寝る日々。討議がまとまらず言い争いになると「これが民主主義」だと、皆で笑いあう。こんな香港を見るのははじめてだった。

当時27歳だった陳梓桓(チャン・ジーウン)監督が仲間たちと過ごした、未来のための備忘録。香港に暮らす「普通」の僕たちが、「香港人」として「香港の未来」を探した79日間の記録――。












































本編 1時間26分
デジタル
カラー
クリミナル・タウン 字幕
 november criminals
●監督・脚本:サーシャ・ガバシ(『ヒッチコック』)●出演:アンセル・エルゴート(『ベイビー・ドライバー』)/クロエ・グレース・モレッツ(『彼女が目覚めるその日まで』)/デヴィッド・ストラザーン(『グッドナイト&グッドラック』)/キャサリン・キーナー(『キャプテン・フィリップス』)●2016年/アメリカ

真実が潜む場所は、どこだ。

優等生の親友はなぜ殺された?卒業の前に僕らは謎を解く――最旬キャストで贈るスタイリッシュ・クライム・サスペンス。ワシントンD.C.は、アメリカのシンボルタウンであると同時に、殺人件数、強盗件数がトップの犯罪の街でもある。そんな街が持つ裏の世界を繊細な10代の視点で語るベストセラー・クライムノベル「November Criminals」待望の映画化。

■ワシントンD.C.に暮らす優等生のケビンがカフェでのバイト中、銃殺される。警察は、チンピラの黒人少年が麻薬を巡るギャング同士の抗争に巻き込まれたものであり、犯人は組織内で始末されたとして、早々に捜査を畳もうとする。しかしケビンが麻薬に関わって殺されたなどありえないと考えた親友のアディソンは、彼の名誉を取り戻すため、恋人未満の幼なじみフィービーと一緒に独自に事件を追い始める。

しかし警察は証言を取り合わず、学校は大学への推薦状を餌に捜査を牽制するなど、まるで街中が事件から目を背けているようであり、ケビンの両親も息子はこの街に殺されたと口をつぐむ。まるで街全体がこの事件をなかったかのように処理しようとする様に違和感を抱くアディソンとフィービー。やがて二人は戻れぬところへと足を踏み入れていく――。












































本編 2時間20分
デジタル
カラー
アンダー・ザ・シルバーレイク 字幕
 under the silver lake
●監督・脚本:デヴィッド・ロバート・ミッチェル(『イット・フォローズ』)●出演:アンドリュー・ガーフィールド(『ハクソー・リッジ』)/ライリー・キーオ(『ローガン・ラッキー』)/トファー・グレイス(『エージェント・ウルトラ』)●第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品●2018年/アメリカ

この街は、何かに操られている。

恋に落ちた美女の突然の失踪。オタク青年サムは、暗号解読、都市伝説、サブリミナルなどの知識を活かし、光溢れる街L.A.〈シルバーレイク〉の闇に近づいていく――『イット・フォローズ』監督が放つ、新感覚ネオノワール・サスペンス。

■ロサンゼルス・シルバーレイク。大物になる夢を抱いて出てきたサムは、気付けば仕事もなく、家賃まで滞納していた。ある日、向かいに越してきた美女サラにひと目惚れした彼は、何とかデートの約束を取り付ける。しかし翌朝、彼女は忽然と消えていた。もぬけの殻になった部屋を訪ねたサムは、壁に書かれた奇妙な記号を発見し、そこに陰謀の匂いをかぎ取る。

そんな中、大富豪や映画プロデューサーらの失踪や謎の死が相次ぎ、真夜中になると犬殺しが出没する。巷では街を操る謎の裏組織の存在が噂されていた。暗号、サブリミナルメッセージ、都市伝説や陰謀論をこよなく愛するサムは、無敵のオタク知識を総動員してシルバーレイクの下に蠢く闇へと迫っていく――。












































本編 1時間56分
デジタル
カラー
テルマ 字幕 
 thelma
●監督:ヨアキム・トリアー(『母の残像』)●出演:エイリ・ハーボー(『キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神』)/カヤ・ウィルキンス/ヘンリク・ラファエルソン/エレン・ドリト・ピーターセン)●第90回アカデミー賞&第75回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ノルウェー代表作●2017年/ノルウェー・フランス・デンマーク・スウェーデン

少女の中の“願い(タブー)”が目を醒ます

胸躍る青春の扉を開け、大人への階段を上り始めた少女テルマ。だが、その先には想像もしなかった“見知らぬ自分”が待ち受けていた。神に背く許されぬ初恋は、封印されたはずの“恐ろしい力”を呼び起こす――ラース・フォン・トリアーの遺伝子を受け継ぐ鬼才ヨアキム・トリアー監督が放つ、美しくも恐ろしいイノセントホラー。

■ノルウェーの人里離れた田舎町で、信仰心が深く抑圧的な両親のもとで育てられてきた少女テルマ。なぜか彼女には幼少期の記憶がなかった。オスロの大学に通うため、親元を離れ一人暮らしを始めたテルマは、奔放な同級生アンニャに惹かれていく。それはテルマにとって初めての恋であった。一方のアンニャも、どこか他人とは違う魅力を秘めたテルマに惹かれていく。そしてある時、二人は口づけを交わすのだが、厳しい戒律のもとで育てられたテルマは激しい罪悪感に苦悩する。だが、それは封印されたはずの“恐ろしい力”を解放するスイッチだった。

テルマは不可解な発作に襲われるようになり、その度に周囲で不気味な出来事が起こる。そしてある日、アンニャが忽然と姿を消してしまう。やがて、両親が隠し続けてきたテルマの悲しき過去が明かされる。なぜ、父親は幼いテルマを殺そうとしたのか?テルマの発作とアンニャの失踪の関係は?はたして、テルマが秘めた“恐ろしい力”とは――。











































本編 1時間54分
デジタル
カラー
輝ける人生 字幕 
 finding your feet
●監督:リチャード・ロンクレイン(『ニューヨーク、眺めのいい部屋売ります』)●出演:イメルダ・スタウントン(『ヴェラ・ドレイク』)/ティモシー・スポール(『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)/セリア・イムリー(『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』)/デビッド・ハイマン(『私が愛したギャングスター』)/ジョン・セッション●2017年/イギリス

泣いて、笑って、恋をして。踊りましょう、幸せのステップで

順風満帆の人生を送っていたが、長年連れ添った夫の浮気を目撃し傷心のまま姉の家に転がり込むサンドラ。ある日、姉はサンドラをダンス教室へ連れて行く――『ニューヨーク、眺めのいい部屋売ります』のリチャード・ロンクレイン監督がロンドン、ローマを舞台に描く、もっと豊かに生きるためのヒントが詰まった心温まる人生賛歌。

■35年寄り添った夫がナイトの称号を授与され“レディ”となったサンドラ。順風満帆の人生だったが、夫と親友の浮気現場を目撃、傷心でロンドンに住む姉ビフの団地に転がり込む。金や名誉とは無縁のビフは、なんでも話せる親友のチャーリーやダンス教室の仲間に囲まれて、人生を心から謳歌していた。妹の窮地を心配する姉は、サンドラをダンス教室へ無理やり連れていく。音楽とダンスは、かつてダンサーを目指したこともあるサンドラの心を癒し、忘れかけていた情熱を思い出させるのだった――。












































本編 1時間19分
デジタル
カラー
エンジェル、見えない恋人 字幕 
 mon ange
●監督・脚本:ハリー・クレフェン●出演:フルール・ジフリエ/エリナ・レーヴェンソン(『ルルドの泉で』)/マヤ・ドリー/ハンナ・ブードロー/フランソワ・ヴァンサンテッリ●2016年/ベルギー

ふたりにだけ、見える愛がある――

「こんにちは、はじめまして」「……ぼくのことが見えるの?」「見えないけど、声と匂いがするから」――“姿の見えない少年”と“盲目の少女”。世界の片隅で出会ったふたりの、とびきりピュアな小さな恋の物語は、『ぼくのエリ 200歳の少女』や『シザーハンズ』に続く、切なくも愛おしい究極のラブロマンス。

■エンジェルが生まれ育つのは、ある閉ざされた施設の中。彼の母親、ルイーズはマジシャンの恋人に捨てられ、心を病んでしまい施設に入居。その後、特異体質を持つ赤ん坊エンジェルを生む。母親と仲良く暮らしていたある日、初めて施設を抜け出して外の世界に出たエンジェルは、盲目の女の子マドレーヌと知り合う。エンジェルの秘密に気が付かないマドレーヌ。次第にふたりは心惹かれ合っていく。そんな時、マドレーヌは目の手術を受けることになるが…。












































本編 1時間58分
デジタル
カラー
ブレス しあわせの呼吸 字幕
 breathe
●監督:アンディ・サーキス(『大英博物館プレゼンツ 北斎』ナレーション)●出演:アンドリュー・ガーフィールド(『 ハクソー・リッジ』)/クレア・フォイ(『ミスティック・アイズ』)/トム・ホランダー(『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』)/スティーヴン・マンガン/ディーン=チャールズ・チャップマン●2017年/イギリス

人生は 冒険だ

28歳で余命数ヶ月と宣告されて36年。型破りな発想とユーモアで、世界一幸せに生きた男とその家族――『ブリジット・ジョーンズの日記』の名プロデューサーが両親との素晴らしい思い出を映画化した笑いと感動の実話。

■運命の恋に落ち、家族や友人に祝福されて結婚し、最高に幸せな日々を送っていたロビンとダイアナ。ところが、出張先のナイロビで、突然ロビンが倒れてしまう。診断結果はポリオ、首から下が全身マヒとなり人工呼吸器なしでは息もできない。時は1959年、医師からは「余命数カ月」と宣告される。

英国に戻り息子が生まれたが、ロビンは絶望の中にいた。病院を出たいと望むロビンのために、医師の反対を押し切り自宅で看病する決意をするダイアナ。無謀とも呼べる彼らの決断は、ロビンの運命を大きく変えていく――。












































本編 2時間17分
デジタル
カラー
愛しのアイリーン 
 itoshi no irene
●監督:吉田恵輔(『犬猿』)●出演:安田顕(『俳優 亀岡拓次』)/ナッツ・シトイ/河井青葉(『二重生活』)/ディオンヌ・モンサント/福士誠治(『日輪の遺産』)●2018年/日本

二人で歩む、地獄のバージン・ロード。

失恋した42歳童貞の中年男がフィリピンのお見合いツアーに参加し、現地で結婚したアイリーンを家に連れて帰ると、父の葬儀の最中で、激昂した母はアイリーンに猟銃を向ける――未だに熱狂的なファンを持つ「ザ・ワールド・イズ・マイン」や、ドラマ化された「宮本から君へ」で再び脚光を浴びる、生ける伝説・新井英樹の傑作漫画を初めて映画化した、魂揺さぶる人間ドラマ。

■一世一代の恋に玉砕し、家を飛び出した42歳のダメ男・宍戸岩男はフィリピンにいた。コツコツ貯めた300万円をはたいて嫁探しツアーに参加したのだ。30人もの現地女性と次々に面会してパニック状態の岩男は、半ば自棄になって相手を決めてしまう。それが貧しい漁村に生まれたフィリピーナ、アイリーンだった。

岩男がとつぜん家を空けてから二週間。久方ぶりの帰省を果たすと、父の源造は亡くなり、実家はまさに葬儀の只中だった。ざわつく参列者たちの目に映ったのは異国の少女・アイリーン。これまで恋愛も知らずに生きてきた大事な一人息子が、見ず知らずのフィリピーナを嫁にもらったと聞いて激昂するツル。ついには猟銃を持ち出し、その鈍く光る銃口がアイリーンへ……!












































本編 1時間59分
デジタル
カラー
宇宙の法 黎明編
 uchu no hou reimei hen
●監督:今掛勇(『UFO学園の秘密』)●声の出演:逢坂良太(『UFO学園の秘密』)/瀬戸麻沙美(『ポッピンQ』)/柿原徹也(『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』)/金元寿子(『星を追う子ども』)/千眼美子(『さらば青春、されど青春。』出演)●2018年/日本

想像を絶する、“始まり”へ。

3億3千万年の時空を超えて――いま、壮大なスケールで描かれる真実の創生記。この星に込められた、「地球神」の愛とは――幸福の科学・大川隆法製作総指揮『UFO学園の秘密』の3年後が描かれる本作は、悪質レプタリアンの地球侵略阻止に挑む5人の若者からなる“チーム・フューチャー”の活躍を描くSFファンタジー・アニメーション。

■大学生のレイ、アンナ、タイラ、ハル、エイスケの5人は、それぞれの夢を追いかけながら学生生活を送っていた。しかし彼らには宇宙からの侵略者であるレプタリアンたちと戦うもう一つの顔があった。

あるとき、邪悪な宇宙人ダハールの罠に落ち、消息を絶ったタイラを探し出すため、レイは3億3千万年前の地球へとタイムジャンプする。その時代、新たな文明の創造を計画していた地球神アルファは、ゼータ星の女帝ザムザが率いるレプタリアンを地球に招き入れていた。そこに現れたダハールの狙いとは何か。レイとタイラの運命は!?そして“地球神の文明計画”とは──。












































本編 1時間44分
デジタル
カラー
いつも月夜に米の飯 
 itsumo tsukiyoni komenomeshi
●監督・脚本:加藤綾佳(『おんなのこきらい』)●出演:山田愛奈(『最低。』)/和田聰宏(『恋愛奇譚集』)/高橋由美子(『四月の永い夢』)/渡辺佑太朗(『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』)/春花(『空と海のあいだ』)●2018年/日本

わたしの人生は、炊きたてのごはんみたいにあったかくて、塩引鮭よりもばかしょっぱい。

母親と離れて東京で暮らす女子高生の元に突然、地元で小料理屋を営む母親が突如失踪したとの連絡が入り、代わりに働くことになるが――新潟県を舞台にした、おいしそうでちょっぴり焦げついた、ごはんと恋と家族の物語。

■母親と離れて東京で暮らす女子高生の千代里の元に、地元の新潟で居酒屋を営む母親・麗子が突然失踪したとの連絡を受ける。女手一つで千代里を育てた麗子は、昔から男癖が悪く、自由奔放。そんな母へのわだかまりを抱えたまま新潟に戻った千代里は、店を守ろうとしている料理人のアサダと出会う。母の代わりに女将として働くことになるが、個性豊かな地元の客たちを相手にするうち、徐々に心を開いていく。やがて仕事に慣れるにつれ、次第にアサダに心惹かれていく千代里。そんな幸せな日々の中、突然、麗子が帰ってくるが…。












































本編 1時間36分
デジタル
カラー
最後のランナー 字幕
 on wings of eagles
●監督・脚本:スティーヴン・シン(『項羽と劉邦 -その愛と興亡-』)/マイケル・パーカー●出演:ジョゼフ・ファインズ(『恋におちたシェイクスピア』)/リシャール・サンデルソン/ブルース・ロック(『ロボコップ3』)/ショーン・ドウ(『サンザシの樹の下で』)/オーガスタ・シュ・オランダ●2016年/中国・香港・アメリカ

たとえ燃え尽きようとも、走った先にある、希望《ゴール》を信じて――。

あの熱い感動が再び――世界中が胸を熱くした、アカデミー賞受賞の名作『炎のランナー』。伝説の金メダリストの知られざる、壮絶な“その後”の物語。無限の可能性を秘めた若きランナーは、スポンサー契約を申し出てきた数多くの有名企業の誘いを断り、なぜアジアの新天地へと旅立ったのか。その驚くべき真実に迫り、リデルの波瀾万丈の軌跡を今に伝える感動作。

■パリ・オリンピックで金メダルを獲得したエリック・リデルが、その翌年の1925年に中国の天津へ旅立った。敬虔なクリスチャンである彼はアスリートとしてのさらなる栄光を追い求めず、両親と同じく宣教師として生きる道を選んだのだ。

しかし1937年、日本軍が天津を占領。妻子をカナダに退避させ、ひとりこの地に留まったリデルは人道支援を続けようとする。やがて中国における外国人を取り巻く状況は悪化し、リデルは大勢の欧米民間人とともにウェイシン収容所に入れられてしまう。外界と隔絶したその施設で過酷な抑圧と体調不良に苦しむリデルは、“走る”ことで不屈の情熱と信念を示し、仲間や子供たちに尊い希望をもたらすのだった…。












































本編 1時間39分
デジタル
カラー
十年 Ten Years Japan
 juunen
●監督:早川千絵/木下雄介(『水の花』)/津野愛/藤村明世(『見栄を張る』)/石川慶(『愚行録』)●出演:杉咲花(『湯を沸かすほどの熱い愛』)/田中哲司(『病葉流れて』)/太賀(『海を駆ける』)/木野花(『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』)/川口覚(『アレノ』)●2018年/日本

未来とは、今を生きること

高齢化、AI教育、デジタル社会、原発、徴兵制。5人の新鋭監督が《十年後の今》を見つめる――10年後の香港を舞台に5つの近未来を描き、世界の映画祭を席巻した『十年』。この香港版を元にした国際共同プロジェクトの日本版で、『万引き家族』の是枝裕和が総合監修を務めたオムニバス映画。75歳以上の高齢者に安楽死を奨励する未来版“姥捨て”の「PLAN75」、AIによる道徳教育を描く「いたずら同盟」など全5話。

■「PLAN75」:75歳以上の高齢者に安楽死を奨励する国の制度“PLAN75”。公務員の伊丹は、貧しい老人達を相手に“死のプラン”の勧誘にあたっていた。/「いたずら同盟」:AIにより理想的な道徳を刷り込まれているIT特区の小学校。用務員の重田が世話する老馬に殺処分の判断が下された時、クラスのはみ出し者の亮太は…。

「DATA」:母の生前のデータが入った“デジタル遺産”を手に入れた舞花。データを元に母の実像を結ぶことに喜びを感じていたが、知られざる一面を見つけてしまい…。/「その空気は見えない」:原発による大気汚染から逃れるために地下の世界に住む少女・ミズキ。友達のカエデから地上の話を聞き、母の意向に反発して地上の世界に憧れを抱くようになり…。/「美しい国」:自衛隊徴兵制が導入された日本。告知キャンペーンを担当する広告代理店の渡邊は、ベテランデザイナー・天達のもとに、ある報告をしに訪れるが…。












































本編 1時間25分
デジタル
カラー
黙ってピアノを弾いてくれ 字幕
 shut up and play the piano
●監督・脚本:フィリップ・ジェディック●出演:チリー・ゴンザレス/ピーチズ/トマ・バンガルテル(ダフト・パンク))●第68回ベルリン国際映画祭 正式出品●2018年/ドイツ・フランス・イギリス

その旋律に、人生が詰まっている。

〈狂気〉と呼ばれた男が奏でるピアノ。その音色は、なぜこんなにも美しく、感動的なのか――挑発的な言動、強烈すぎるキャラクター、そして唯一無二の音楽性で知られるピアニスト・作曲家、チリー・ゴンザレス。ビョーク、ダフト・パンク、ジェーン・バーキンらが心酔する天才音楽家の破天荒で感動的な魅力に迫る傑作ドキュメンタリー。

■チリー・ゴンザレスは、グラミー賞受賞歴のある作曲家であり、名ピアニスト、そしてエンターテイナーである。ラップ、エレクトロ、ピアノの間を縦横無尽に交差し、従来の枠にとらわれない唯一無二のポップパフォーマーとなった。このエキセントリックなアーティストは、ファイストやジャーヴィス・コッカー、ピーチズ、ダフト・パンク、ドレイクといったようなアーティストたちにインスピレーションを与え、共にコラボレーションをしている。

本作は、ゴンザレスを、母国カナダから90年代後半のベルリン、そしてパリを経て、世界の名だたるフィルハーモニーホールの演奏まで追う。ゴンザレスの自信喪失と誇大妄想がコインの裏表になっており、彼のステージでの人格のダイコトミー(二分法)に深く潜り込んでいく。ゴンザレスの遊び心に満ちたキャラクターは、本作の演出にも反映されている。ゴンザレスの幅広い映像アーカイブを用いた本作は、新たに撮影されたインタビューやコンサートシーンに全く異なる時間の架空の素材を織り交ぜることで、彼の人物像を探索していく。私たちがチリー・ゴンザレスの世界へと旅をするにつれ、現実とフィクションの境が不鮮明になっていく。












































本編 1時間42分
デジタル
カラー
オーケストラ・クラス 字幕
 la melodie
●監督・脚本:ラシド・ハミ●出演:カド・メラッド(『プチ・ニコラ』)/サミール・ゲスミ(『カミーユ、恋はふたたび』)/アルフレッド・ルネリー●第74回ベネチア国際映画祭 特別招待作品●2017年/フランス

人生も音楽も、こんなにも素晴らしい。

挫折したバイオリニストと夢を見つけた子どもたち。パリの空に奇跡のメロディーが響きだす――フランスで2,000人以上が体験した実在の音楽教育プロジェクト「Démos(デモス)」。音楽に触れる機会の少ない子供たちに、無料で楽器を贈呈しプロの音楽家が音楽の技術と素晴しさを教えるこの情操教育プログラムにインスピレーションを得て描かれ、音楽を奏でることの喜びと人生の素晴らしさを愛おしく紡ぎ上げた感動のヒューマンドラマ。

■パリ19区にある小学校へ音楽教育プログラムの講師としてやってきたバイオリニストのシモン。音楽家として行き詰まったシモンは、気難しく子供が苦手。6年生の生徒たちにバイオリンを教えることになるが、楽器に触れたこともなく、いたずら盛りでやんちゃな彼らに音楽を教えるのは至難の業で、たちまち自信を喪失してしまう。しかし、クラスの中でひとり、バイオリンの才能を持った少年アーノルドと出会ったことをきっかけにシモンの人生が再び動き出す。

アーノルドの影響もあって、感受性豊かな子供たちは音楽の魅力に気づき、演奏することに夢中になっていく。ときには、練習中に喧嘩になったり、他校との合同練習で赤っ恥をかいたり、失敗や経験を重ねながら音楽をとおして少しずつ成長していく子供たち。そんな彼らに向き合うことで、音楽の喜びを取り戻していったシモンは、生徒たちと共に一年後に開かれるフィルハーモニー・ド・パリでの演奏会を目指していく…。












































本編 1時間45分
デジタル
カラー
チャーチル ノルマンディーの決断 字幕
 churchill
●監督:ジョナサン・テプリツキー(『レイルウェイ 運命の旅路』)●出演:ブライアン・コックス(『ボーン・アイデンティティー』)/ミランダ・リチャードソン(『愛しすぎて 詩人の妻』)/ジョン・スラッテリー(『スポットライト 世紀のスクープ』)/エラ・パーネル(『わたしを離さないで』)/ジェームズ・ピュアフォイ(『その女諜報員 アレックス』)●2017年/イギリス

史上最大の作戦に最後まで抵抗した男の知られざる苦悩と真実。

映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』の舞台から4年後、1944年6月。第二次世界大戦末期、イギリス首相チャーチルは、連合国軍がナチスドイツ占領下の北西ヨーロッパへ侵攻する“ノルマンディー上陸作戦”を止めるために必要な説得の言葉を吟味していた――ダンケルクから4年、ノルマンディー上陸作戦決行までの96時間を追った、夫婦愛と人間愛に満ちた感動の物語。

■1944年6月、第二次世界大戦中のイギリス。 “ダンケルク救出作戦”から4年、英国首相ウィンストン・チャーチルは、ナチスドイツ占領下の北西ヨーロッパに侵攻する“ノルマンディー上陸作戦”の遂行に反対していた。第1次世界大戦中の1945年、自らの計画で遂行した“ガリポリ上陸作戦”で50万人もの死傷者を出した惨敗が繰り返されることを恐れていたからだった。

チャーチルは英国王ジョージ6世が同席する前で、この作戦を率先して推し進める連合国軍最高司令官であるアイゼンハワーに真っ向から反対意見を述べる。しかし意見は却下され、チャーチルは遂行阻止のために奔走することになる。すでに、連合国軍はイギリス南岸に100万人もの兵士を配備していた。長年の戦争と不況に疲弊しきった国民には、チャーチルがヒトラーの電撃戦に「抵抗し続けた」という貢献度は評価されていなかった。秘書に八つ当たりをするなどチャーチルの行動に心が離れそうになりながらも懸命に支え続けていた妻クレメンティーンの愛情あふれる行動が、チャーチルの心に深く刺さる。そして、1944年6月6日午前6時。チャーチルの国民を勇気づける演説が始まった――。












































本編 2時間00分
デジタル
カラー
妻の愛、娘の時 字幕
 love education
●監督・脚本:シルヴィア・チャン(『君のいた永遠〈とき〉』)●出演:シルヴィア・チャン(『山河ノスタルジア』)/ティエン・チュアンチュアン(『ウォーリアー&ウルフ』監督)/ラン・ユエティン/ウー・イエンシュー/ソン・ニンフォン●2017年/中国・台湾

同じお墓に入りたいって、お祖母ちゃん、本当に言った?

それぞれが信じる家族への想い――『恋人たちの食卓』など数多くの香港・台湾映画に出演してきた大女優、シルヴィア・チャン。映画監督・プロデューサーとしてもアジア映画界を代表する存在として活躍してきたチャン監督の最新作は、母の死をきっかけに、田舎にある父の墓をめぐる3世代の女性たちのそれぞれの想いを切実に、時にユーモアを交えて描いた感動作。

■母の死を看取ったフイインは、母を父と同じ墓に入れるため、田舎にある父の墓を自宅のそばへ移そうとする。夫や娘と共に、父の故郷を久しぶりに訪れるが、父の最初の妻ツォンや、彼女に同情した村人たちに激しく抵抗され、大きな波紋を巻き起こしてゆく。長年務めた学校教師の職をもうすぐ定年退職することも相まって、思い通りに事が進まずイライラを募らせていく。

そんな妻を優しく見守る夫・シアオピンは、彼女のために定年祝いのメッセージカードを買いに行ったりと陰ながら支えようとするのだが、ひょんなことから、勤め先の自動車教習所の生徒・ワンさんとの仲を、妻に疑われてしまう。フイインの娘・ウェイウェイはミュージシャンのボーイフレンド、アダーから北京に一緒に行こうと言われ迷っていた。そんな折に、彼女が働いているテレビ局が、フイインとツォンの「お墓をめぐるトラブル」に目をつけ取材をしようとする。フイイン、ウェイウェイ、ツォン。大切に想う人への気持ちが複雑に交錯するなか、それぞれが最後に下した決断とは…。












































本編 1時間57分
デジタル
カラー
恋のしずく
 koi no shizuku
●監督:瀬木直貴(『ラーメン侍』)●出演:川栄李奈(『センセイ君主』)/小野塚勇人(『丑刻ニ参ル』)/宮地真緒(『人間椅子』)/中村優一(『スレイブメン』)/蕨野友也(『リアル鬼ごっこ2』)●2018年/日本

一生忘れられないもの、みつけました。

詩織が実習先の酒蔵で出会ったのは、命が宿る幻の酒造り――日本三大酒処の一つとして有名な東広島市・西条を舞台に、伝統文化の象徴である日本酒造りを軸としながら、その土地で暮らす人々の生活、そして幻の日本酒を巡る出会いと別れを繊細に描いた心温まる人間ドラマ。

■東京の農大でワインソムリエを目指す“日本酒嫌い”のリケジョ・橘詩織の実習先は、意に反して東広島・西条の日本酒の酒蔵に決まってしまった。酒蔵での実習を終えないと単位が取得できず、夢のワインの本場フランスでの海外留学への道も閉ざされてしまう。渋々実習先の乃神酒造へ訪れた詩織だったが、今年は実習生の受け入れ予定はないと言われてしまう。

実は、蔵元が受け入れを断ったにも関わらず、息子である莞爾が父親への反抗心から勝手に進めていたのだった。絶対に単位が欲しい詩織は食い下がる。農家の娘美咲の助けもあり、なんとか杜氏の坪島から蔵に来るように言われ、酒蔵で修行に近い「実習」が始まる。人々との出会いや日本酒造りを通じて、今までにない喜びを見出す詩織。そんな時、蔵元の体調が急変し、思わぬ転機が訪れる。詩織は好きになった日本酒、西条の街や人々、そして思いがけず抱いた莞爾へのほのかな思いをどう決断していくのか――。












































本編 1時間48分
デジタル
カラー
ファイティン! 字幕
 champion
●監督:キム・ヨンワン●出演:マ・ドンソク(『新感染 ファイナル・エクスプレス』)/クォン・ユル(『バトル・オーシャン 海上決戦』)/ハン・イェリ(『ハナ -奇跡の46日間-』)●2018年/韓国

絆のために頂点を目指す!

かつて世界レベルのアームレスリング選手だったマークは、チャンピオンになることを夢見ている。そこに加わる自称業界最高のスポーツエージェントのジンギ。そしてマークが新しく見つけた家族スジンと彼女の子供たち。一人一人が自分自身の夢を追う――『新感染 ファイナル・エクスプレス』で注目され、個性的かつマッチョな風貌で人気上昇中のマ・ドンソク主演。50センチの上腕筋パワーが放つ、感動の腕相撲(アームレスリング)アクション・ドラマ。

■アメリカ・ロサンゼルス。子供の頃に韓国から養子に出されたマークは、アームレスリングの世界で頂点を目指したが、八百長疑惑をかけられて除名されて諦め、今はクラブの警備係として働いていた。そこにスポーツエージェントを名乗るパク・ジンギが現れ、マークを韓国で行われる大会に誘う。考えた末に韓国へ向かったマークは、ジンギから教えられた実母が住む家の住所に向かうが、家の反応はなく、やむなく立ち去る。それを部屋の中から見ていたのは、ジュニョンとジュニの二人の子供とその母親のスジンだった…。












































本編 1時間37分
デジタル
カラー
ライ麦畑で出会ったら 字幕 
 coming through the rye
●監督・脚本:ジェームズ・サドウィズ●出演:アレックス・ウォルフ(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』)/ステファニア・オーウェン/クリス・クーパー(『アダプテーション』)/エイドリアン・パスダー(『カリートの道』)2015年/アメリカ

明日はきっと、今日よりはマシさ。たぶんね。

1969年、アメリカのさえない高校生ジェイミーは小説「ライ麦畑でつかまえて」の舞台化を思いつき、許可を得るため作者のサリンジャーを探すが、居所がつかめない。そんな中、学校である事件が発生し――青春小説の金字塔として、世代を超えて愛されているJ.Dサリンジャー著「ライ麦畑でつかまえて」。そんな不朽の名作に心を奪われた青年の成長を描いた珠玉の青春映画。

■1969年、アメリカ・ペンシルベニア州。学校一冴えない高校生のジェイミーは、周囲ともなじめない孤独な生活を送っていた。そんなある日、若者のバイブル「ライ麦畑でつかまえて」に感銘を受け、演劇として脚色することを思いつく。しかし、舞台化には作者であるJ.D.サリンジャーの許可が必要だと知る。そこで、連絡を取ろうと試みるものの、隠遁生活をする作家の居所はつかめないまま。

その最中、学校である事件が発生し、ジェイミーは寮を飛び出してしまう。そして、演劇サークルで出会った少女のディーディーとともに、サリンジャー探しの旅に出ることを決意するのだった。新たな一歩を踏み出したジェイミーが見つけた“人生のヒント”とは…?












































本編 1時間36分
デジタル
カラー
ペギー・グッゲンハイム アートに恋した大富豪 字幕
 peggy guggenheim art addict
●監督:リサ・インモルディーノ・ヴリーランド(『ダイアナ・ヴリーランド 伝説のファッショニスタ』)●出演:ペギー・グッゲンハイム/ラリー・ガゴシアン/ハンス・ウルリッヒ・オブリスト●2015年/アメリカ

魅力的な世間知らず。自己顕示欲のかたまり。自由な女性の“荒れた”見本。20世紀美術のミューズ

20世紀を代表するアートコレクションをたった一人で築き上げ、華麗な恋愛遍歴とともに、多くの伝説を生んだ女性の痛快な一生――20世紀美術の綺羅星のような芸術家たちとの愛の遍歴も含め、いまや伝説となった女性の華麗な生の魅力を描いたドキュメンタリー。

■水の都、ヴェネツィア。アートの都としても有名なこの地に、個人のものとしては質・量ともに世界最大級のコレクションを有する美術館が存在する。その名も「ペギー・グッゲンハイム・コレクション」だ。

NYの富裕な家系に生まれたペギーは、20代の頃、伝統と格式だらけの世界から逃れるため、第一次大戦後の開放的な雰囲気にあふれるパリへ単身渡欧。当時、まだ価値を認められていなかったシュルレアリスムや抽象絵画のような同時代の革命的な表現に出会う。自由を謳歌する反骨的な芸術はペギーの肌になじみ、芸術家たちを支援する傍ら、世間知らずの令嬢から現代美術のコレクター、そして伝説のパトロネスへと華麗なる転身を遂げていく――。












































本編 1時間46分
デジタル
カラー
ステータス・アップデート 字幕
 status update
●監督:スコット・スピアー(『ミッドナイト・サン -タイヨウのうた-』)●出演:ロス・リンチ(「オースティン&アリー」TV)/オリヴィア・ホルト/コートニー・イートン(『キング・オブ・エジプト』)/グレッグ・サルキン/ロブ・リグル(『ミッドナイト・サン タイヨウのうた』)●2018年/アメリカ

願いを叶える魔法のアプリがくれたものとは――?

様々な問題に直面していた平凡な青年が、ある日、願いが何でも叶う魔法のアプリを手に入れる。「ブルーノ・マースのように歌って踊りたい」「好きな人と両想いになりたい」「リッチになりたい」全てが思い通りになる世界で彼が見つけ出した人生の答えとは?――『ヘアスプレ-』製作チーム最新作。幸せを探す全ての人に贈る、愛と人生の青春ドラマ。

■カリフォルニア出身の青年カイルは、両親の別居により、母と妹と3人で祖父のいるコネチカット州へ移り住む。自分に自信のないカイルは学校になじめず、恋人がいないのが悩みだった。そんなある日、不思議な男が、“ユニバース”というソーシャルアプリがダウンロードされたスマホをカイルに手渡す。“ユニバース”に投稿したことは全て現実になるという。魔法のアプリを駆使して望むものを何でも手に入れたカイルだったが、やがて重大なことに気がつく。さらに、人生最大の選択が目の前に迫っていた――。












































本編 1時間37分
デジタル
カラー
若い女 字幕
 jeune femme
●監督・脚本:レオノール・セライユ●出演:レティシア・ドッシュ/グレゴワール・モンサンジョン/スレイマン・セイ・ンディアイ/ナタリー・リシャール(『ヴィオレット-ある作家の肖像-』)●2017年/フランス

嘘つき、泣き虫、見栄っぱり

交際10年の恋人は去り、額の傷と白い猫だけが残った。やけっぱちのポーラが繰り広げる、等身大のパリ暮らし――何もかも失くした孤独なヒロインが、新たな人生に向かって少しずつ前へと進んでいく。現代に生きるすべての女性に贈る、孤独と自由、そして希望の物語。

■フランス、パリ。31歳のポーラは、10年付き合った写真家の恋人に突然別れを告げられる。お金も、家も、仕事もないポーラは、恋人の飼い猫とともにパリを転々とするはめに。ところが、気ままな性格が災いし、居候先の友人宅からも、安宿からも追い出され、疎遠だった母親にも拒絶されてしまう。パリにはポーラの居場所などなかったのだ。なんとか住み込みのベビーシッターのバイトを探し出し、ショッピングモールの下着屋でも働き始める。ようやく自分の居場所を見つけたかに思えたが…。













































本編 1時間45分
デジタル
カラー
チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛 字幕 
 tulip fever
●監督:ジャスティン・チャドウィック(『 マンデラ 自由への長い道』)●出演:アリシア・ヴィキャンデル(『トゥームレイダー ファースト・ミッション』)/デイン・デハーン(『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』)/ジュディ・デンチ(『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』)/クリストフ・ヴァルツ(『007 スペクター』)/マシュー・モリソン(『恋愛だけじゃダメかしら?』)●2017年/アメリカ・イギリス

花に狂い、愛に狂う

17世紀オランダ。人々を魅了する希少な品種のチューリップ。その球根一つの値段は邸宅一軒分にまで高騰し、史上最古のバブル“チューリップバブル”を巻き起こしていた――チューリップへの熱と、愛する人への想いが交わる中、それぞれの人生が交錯する。豪華実力派俳優とオスカー常連スタッフが贈る、フェルメールの絵画から生まれた愛と裏切りのヒューマン・ミステリー。

■17世紀のオランダ・アムステルダム。遥か東の国から来た珍しく美しい花―チューリップ―を、人々は我を忘れて手に入れようとした。その中でも特に高価なのが、希少な縞模様のチューリップ。それを人々は“ブレイカー(色割れ)”と呼んだ。この神々しく、真紅の縞模様が入った白い花が、人々の運命を変えていくことになる――。

孤児として修道院で育った美しい少女ソフィアは成人し、富豪で有力者の商人コルネリスに嫁ぐ。しかし、いつまでたっても子どもを授からないソフィアとの生活にコルネリスは焦りを感じる。気晴らしとして、コルネリスは絵画商人マテウスに頼み、ソフィアとの肖像画を描いてもらうことを思いつく。そのマテウスが紹介したのが、将来を嘱望されている若手画家ヤン・ファン・ロースであった。階段から降りてくるソフィアの姿を見た瞬間、恋に落ちたヤン。彼の横柄な態度に最初は嫌悪感を抱いていたソフィアだったが、絵を通じて向き合う時間の中で、徐々に彼に惹かれるようになっていく。

一方、サンツフォールト家の女中マリアは、魚売りのウィレムに恋をし、日々の逢瀬に幸せを感じていた。ウィレムは、愛するマリアとの結婚の為、一攫千金をかけてチューリップ売買の世界に飛び込み、球根の所有権証明書を手に入れる。それは一般的な白いチューリップの証明書のはずだった…。












































本編 1時間20分
デジタル
カラー
モーターヘッド/クリーン・ユア・クロック 字幕
 motorhead/clean your clock
●出演: レミー・キルミスター(『地獄に堕ちた野郎ども』)/フィル・キャンベル//ミッキー・ディー●2016年/アメリカ

大極悪!!計画なし。昼寝なし。後悔なし。

怒涛のスピードと圧倒的音圧によるシンプルで攻撃的なロックンロールを40年間続け、メインストリームとは真逆のロックの裏街道を驀進したが、2015年レミー・キルミスターが70歳でこの世を去り活動終了――不眠不休の曲作りとツアーを続けた、人類史上部類の暴走ロックンロールバンド《モーターヘッド》最期の公式ライヴ映像。

■1975年の結成以来、シンプルで攻撃的なロックンロールを40年間にわたって演奏し続け、常に孤高の存在でありながらも世界に多大な影響を及ぼした暴走ロックンロールバンド《モーターヘッド》の最後の公式ライブ映像を劇場公開。ボーカル&ベースをつとめたフロントマン、レミー・キルミスターが2015年12月28日に他界する約1カ月前にドイツ・ミュンヘンで行われたライブを収録。衰えながらも当時69歳とは思えないほどの暴走を見せるレミーの超人ぶりや、それを支えるギターのフィル・キャンベルとドラムのミッキー・ディーの奮闘ぶりなど、モーターヘッドという唯一無二なバンドの底力を、スクリーンを通して伝える。












































本編 1時間34分
デジタル
カラー
ムタフカズ 
 mutafukaz
●監督:西見祥示郎(『下妻物語』アニメパート演出)/ギヨーム・ルナール●声の出演:草なぎ剛(『ストリングス~愛と絆の旅路~』)/柄本時生(『彼女の人生は間違いじゃない』出演)/満島真之介(『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』)/上坂すみれ(『劇場版 艦これ』)/成河(『美女と野獣(2017)』吹替え)2018年/日本・フランス

■カラーギャングが日夜抗争を繰り広げるL.A.のダウンタウンを舞台に、見た目はキュートなキャラクターたちが死にもの狂いのサバイバル劇を展開するバイオレンス・アクション・ファンタジー――『鉄コン筋クリート』『マインド・ゲーム』など、刺激的かつ先鋭的なアニメを世に放ってきたSTUDIO4℃が、フランスのバンド・デシネ(コミック)とコラボした日仏合作アニメ。

■ここはDMC(ダーク・ミート・シティ)、犯罪者と貧乏人の吹き溜まり。この街に生まれ育ったアンジェリーノ、通称“リノ”は、ガイコツ頭の親友ヴィンスとボロアパートの一室に同居中。バカで臆病な友人ウィリーと共に3人で毎日つるんでダラダラと過ごしているが、将来の見通しは全くない。そんなある日、リノは天使のような美少女ルナにひと目惚れ。直後に遭った交通事故のせいで、人間のなかに混じった奇怪な存在の幻覚を見るようになる。さらに、謎の黒服集団や武装警官に命を狙われ、街じゅうを逃げ回るはめに。絶体絶命の危機に陥るなか、突然スーパーパワーに目覚めたリノは、またたく間に追手たちを血祭りに上げてゆく――。












































本編 1時間11分
ブルーレイ
カラー
人間機械 字幕
 machines
●監督・脚本:ラーフル・ジャイン●サンダンス映画祭 ワールドシネマドキュメンタリー 審査員特別賞●チューリッヒ映画祭 ドキュメンタリー国際長編部門 最優秀賞●2016年/インド・ドイツ・フィンランド

超絶音響 工場労働 記録映画

インドの繊維工場の過酷な労働を驚異的な音響と映像美で描き出す――1895年、リュミエール兄弟が『工場の出口』を発表して以来、映画は工場を捉えてきた。絶えず「労働」と「人間」を巡って来たともいえる映画の歴史に、本作はどのように位置づけられるのか?「記録」と「芸術」の境界を探求する、新鋭ラーフル・ジャイン監督による、世界中の映画祭で話題を集めたドキュメンタリー。

■今日、著しい経済成長を遂げているインド。北西部グジャラート州にある巨大な繊維工場内部に入っていくカメラが捉えるのは、劣悪な環境で働く労働者たちの姿。中には幼い子供もいる。あからさまな労働力の搾取。グローバル経済の下で歴然と進行する労使の不平等。出稼ぎ工場労働者が囚われる過酷な労働状況の告発を主題とする一方で、流麗なカメラワークによる画面はまるで宗教絵画のような「美しさ」を漂わせている。そして、画面を凌駕する圧倒的なまでの音響。作業機器から出る音の反復とその独特のうねりには、高揚感すら生まれるだろう。高精細・高解像度で記録され構築されたオーディオ・ビジュアルは、嗅覚や皮膚感覚まで刺激するかのように見る者の体感に訴える。












































本編 1時間50分
デジタル
カラー
ディヴァイン・ディーバ 字幕 
 divine divas
●監督・脚本:レアンドラ・レアル●出演:ブリジッチ・ディ・ブジオ/マルケザ/ジャネ・ディ・カストロ/カミレK/フジカ・ディ・アリディ●2016年/ブラジル

女として生きてきた 歌うことが生きること

1960年代、軍事独裁政権下で自由と権利を求めて花開いたディーバ達。ブラジル発“ドラァグクイーン版”『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』――日本ではお茶の間でおなじみの異性装、もしくはトランスジェンダーのタレント、広く“オネエ系”と称されるさまざまな才能が活躍している。そんな芸能に長けた異性装のパフォーマー、ドラァグクイーン達のブラジルにおけるカルチャー黎明期を追ったドキュメンタリー。

■ドラァグクイーン達の拠点となったヒバル・シアターは、レアンドラ・レアル監督の祖父がリオ・デ・ジャネイロに設立した劇場。創立70周年を記念し、この劇場から巣立ったレジェンド達を集めて「ディヴァイン・ディーバ・スペクタクル」が開催された。本作では、2014年に行われた彼女達のデビュー50周年祝賀イベントのプレミアに向かう様子が映し出される。長い間舞台の仕事からは遠ざかっていた高齢の彼女達に輝かしい60年代のシーンを振り返ってもらう構成だ。彼女達が語る波乱万丈でドラマチックな人生に貴重な歴史映像や写真が織り込まれ、ブラジルのサブカルチャーを紐解く史料的な価値をも見出すことができる。












































本編 1時間32分
デジタル
カラー
A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー 字幕
 a ghost story
●監督:デビッド・ロウリー(『セインツ -約束の果て-』)●出演:ケイシー・アフレック(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)/ルーニー・マーラ(『キャロル』)●2017年/アメリカ

これは、記憶の旅の物語――

不慮の事故で他界した主人公は、シーツ姿の幽霊となり、悲しむ妻を見守り続ける。やがて妻は前に進むためある決断をし――死んでもなお、愛する妻への想いを胸に、何十年もの時を彷徨い続ける幽霊の旅路を、切ない音楽とともに紡ぎ出す感動ファンタジー。

■アメリカ・テキサスの郊外、小さな一軒家に住む若い夫婦のCとMは幸せな日々を送っていたが、ある日夫Cが交通事故で突然の死を迎える。妻Mは病院でCの死体を確認し、遺体にシーツを被せ病院を去るが、死んだはずのCは突如シーツを被った状態で起き上がり、そのまま妻が待つ自宅まで戻ってきた。Mは彼の存在には気が付かないが、それでも幽霊となったCは、悲しみに苦しむ妻を見守り続ける。しかしある日、Mは前に進むためある決断をし、残されたCは妻の残した最後の想いを求め、彷徨い始めるーー。












































本編 1時間54分
デジタル
カラー
ごっこ
 gokko
●監督:熊澤尚人(『ユリゴコロ』)●出演:千原ジュニア(『劇場版 新・ミナミの帝王』)/優香(『羊の木』)/平尾菜々花/ちすん(『ヒーローショー』)/清水富美加(『暗黒女子』)●2017年/日本

「パパやん」と呼ばれた日、オレは本物の父になった。

大阪の帽子店で仲睦まじく暮らすアラフォーの城宮と5歳の娘ヨヨ子。だが実はこの二人、他人に知られてはいけない秘密を抱えた親子だった――早世の鬼才・小路啓之が遺した伝説の漫画、ついに映画化。狂気を内包する不器用な父性愛と自己犠牲の連鎖を描いた父と娘の物語。

■大阪の寂れた帽子店には、40歳目前にも関わらずニートの城宮と、5歳児・ヨヨ子の親子が仲睦まじく暮らしていた。実はこの二人、他人に知られてはいけない秘密を抱えた親子だった。十数年ぶりに城宮が実家に戻ったことを知る幼馴染で警察官のマチは、突如現れたヨヨ子に疑いの目を向ける。ごっこ生活のような不安定な二人のその日暮らしはある日突然、衝撃の事実によって崩壊してしまう…。












































本編 1時間58分
デジタル
カラー
嘘はフィクサーのはじまり
 norman: the moderate rise andtragic fall of a newyork fixer
●監督・脚本:ヨセフ・シダー(『ボーフォート レバノンからの撤退』)●出演:リチャード・ギア(『HACHI 約束の犬』)/リオール・アシュケナージ(『オオカミは嘘をつく』)/マイケル・シーン(『フロスト×ニクソン』)/スティーヴ・ブシェミ(『スターリンの葬送狂騒曲』)/シャルロット・ゲンズブール(『パパの木』)●2016年/イスラエル・アメリカ

あなたのゴタゴタ引き取ります。

ニューヨークの自称フィクサー、ノーマンは、出世のためにイスラエルのカリスマ政治家エシェルに近づき、やがてエシェルが大統領に就任すると、ノーマンも超大物たちの間で暗躍し始めるが――リチャード・ギアが、過度の”忖度”で混乱を巻き起こしてしまうフィクサーを演じたブラックコメディ

■世界金融の中心地、ニューヨーク。その一端を牛耳るユダヤ人上流社会に食い込むべく、自称フィクサーのノーマン・オッペンハイマーは小さな嘘を積み重ねて人脈を広げてきた。ある日、ニューヨークを訪れていたイスラエルのカリスマ政治家エシェルの肩書きを利用することを思つく。偶然を装って彼に近づき一流ブランドの革靴をプレゼントして、私用の電話番号を手に入れるのだった。しかし、せっかく招待した有名投資家主催の食事会にはエシェルは現れなかった。

それから3年後、エシェルはイスラエル首相に大出世した。ノーマンはワシントンD C で開催された支援者パーティに参加する。そして、奇跡は起きた。あの夜以来、音信不通だったエシェルが、感激した面持ちでノーマンを抱きしめ、“ニューヨークのユダヤ人名誉大使”と人々に紹介したのだ。あらゆる業界の人々から羨望の眼差しで見つめられ、ノーマンは成功を確信した。帰りの車中、興奮冷めやらぬ彼は、イスラエル法務省の女検察官アレックス(シャルロット・ゲンズブール)と知り合う。壮大な計画を得意げに語るノーマンだったが、怪しいやり口に彼女が疑惑を持ったとは気づくはずもなかった…。












































本編 1時間41分
デジタル
カラー
真っ赤な星 
 makkana hoshi
●監督・脚本:井樫彩●出演:小松未来/桜井ユキ(『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』)/毎熊克哉(『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』)/大原由暉/小林竜樹(『走れ、絶望に追いつかれない速さで』)●2018年/日本

14歳の少女と27歳女性の交わることのない愛の日々。

怪我で入院した14歳の陽は、27歳の優しい看護師・弥生に特別な感情を抱く。しかし退院の日、弥生が突然看護師を辞めたことを知る。1年後、ふたりは再会するが――2017年、日本人最年少で第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門にノミネートした22歳の新鋭・井樫彩の最新作は異色のラブ・ストーリー。

■14歳の陽は、怪我をして片田舎の病院に入院する。いつも優しくしてくれていた看護師の弥生に対し特別な感情を抱き始めるが、退院の日、弥生が突然看護師を辞めたことを知る。1年後、陽は買い物の帰り道で偶然弥生と再会するが、彼女は男たちに体を売って生計を立てており、過去の優しい面影はすっかり消えていた。学校にも家にも居場所がない陽は弥生に近づいていくが、弥生は誰にも言えない悲しい過去を抱えていた。互いに孤独なふたりは弥生のアパートで、心の空白を埋めるような生活を始める…。












































本編 1時間33分
デジタル
カラー
いろとりどりの親子
 far from the tree
●監督:レイチェル・ドレッツィン●2018年/アメリカ

どんなときも、わたしはあなたを愛してる

“普通”とは違う子どもたち。その親の戸惑いと、愛情――身体障がいや発達障がい、LGBTなど、さまざまな“違い”を抱える子を持つ300以上の親子に取材し、家族の本質を探ることに尽力し、世界24カ国で翻訳された大ベストセラー「FAR FROM THE TREE」を映画化。大きな困難を抱える子どもと親が語る、飾らない真実のストーリー。6組の親子の感動のドキュメンタリー。

■本作では、さまざまな“違い”を持った子どもが直面する困難とその経験から得られる喜びについてのプロセスが描かれる。映されるのは、原作者であるソロモンとその父ハワード、かつてダウン症の人々の可能性を世に示す代弁者として人気を博し「セサミストリート」にも出演していたジェイソンと、母エミリー、タイピングを覚えるまで言葉を発することがなかった自閉症のジャックと、彼のためにあらゆる治療法を試したオルナット夫妻ら、6つの親子だ。“違い”をどう愛するかを学んでいく親子の姿を追いながら、その“違い”を欠陥としてではなく光として祝福する方法を見出していく本作は、しあわせの形は無限に存在していることを、私たちに気づかせてくれる。












































本編 1時間47分
デジタル
カラー
えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。
 echitetsu monogatari -watashi kokyo ni kaettekimashita-
●監督:児玉宜久(『妻の恋人』)●出演:横澤夏子/萩原みのり(『ハローグッバイお笑いタレントの横澤夏子が映画初主演』)/山崎銀之丞(『サニー/32』)/笹野高史(『武士の一分』)/松原智恵子(『ゆずの葉ゆれて』)●2018年/日本

笑顔と涙を乗せて、人生が再び走り出す――

福井県からお笑いタレントを目指し上京するもまったく売れない山咲いづみは、友人の結婚式に出席するために帰郷し、その披露宴でえちぜん鉄道の社長からアテンダントにスカウトされ――お笑いタレントの横澤夏子が映画初主演。福井県えちぜん鉄道を舞台にした、泣いて笑える人間ドラマ。

■「人を笑顔にしたい」という夢を抱き、お笑いタレントを目指し福井から上京した山咲いづみ。しかし、コンビを結成するもまったく売れず解散寸前に。そんな心が折れそうな時、友人の結婚式で帰郷し、披露宴で出会ったえちぜん鉄道の社長・越智からアテンダントにスカウトされ、新しい道を歩みだす。

血のつながらない兄・吉兵の家族が住む実家で居候を始めるが、自分が養女だというわだかまりを抱き続けるいづみは、兄とギクシャクした関係のまま。職場では腰掛け的な態度が出てしまい空回りが続き、整備士の南部がいづみの心のオアシスになっていた。そんななか、列車内である事件が起る。その時、いづみがとった行動は…。











































本編 時間分
デジタル
カラー
夜明け
 t























































本編 時間分
デジタル
カラー

 t